みくる「いい加減にしてくだしゃい!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:犯罪者涼宮ハルヒ

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 01:13:10.68 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「あ…」

みくる「いい加減にしてくだしゃい!私は涼宮さんのおもちゃじゃありません!」

ハルヒ「…ごめんなさい」

みくる「だからきらわ…」

みくる「あ、いや、何でもないです」

ハルヒ「え?ちょっと!今の何よ!?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 01:16:17.18 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「私…嫌われてるの?」

みくる「そんなことありませんよ?」

ハルヒ「でも…今…」

みくる「大丈夫ですよ」

ハルヒ「…」

みくる「うふふ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 03:56:14.79 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「ねぇ?嫌われてるの?」

みくる「そんなことありませんよ」

ハルヒ「本当は?ねぇ?」

みくる「だからそういうとこが…あ、」

ハルヒ「どうなの?」

みくる「何でもないです。うふふ」

ハルヒ「ああああああもう!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:00:17.66 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「誰に嫌われてるの?言って頂戴!」

みくる「え?だから嫌われてませんよ?」

ハルヒ「もう隠さないで!言いなさい!」

みくる「…分かりました」

みくる「今からメールで確認するから少し待ってて下さいね?」

ハルヒ「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:06:44.21 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…1時間たったわよ?」

みくる「来ないですね」

ハルヒ「…本当に送ったの?」

みくる「さぁ?」

ハルヒ「みくるちゃん!いい加減に…」

みくる「あなたに言われたくないです」

ハルヒ「…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:09:06.92 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…誰なの?」

みくる「…言えません」

ハルヒ「…」

みくる「でもメール来ませんね」

ハルヒ「そうね」

みくる「いつも眠そうだし寝てるのかな?」

ハルヒ「!」

みくる「どうしました?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:11:22.61 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「まさか…キョンなの?」

みくる「何でですか?」

ハルヒ「だって…眠そうだって…」

みくる「古泉君だって普段は目が開いてませんよ?」

ハルヒ「それはそうだけど…」

みくる「長門さんだってたまにぼーっとしてるじゃないですか」

ハルヒ「…そうよね」

みくる「涼宮さんのうっかりさん。うふふ」

ハルヒ「…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:15:56.52 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「みくるちゃんも私の事嫌い?」

みくる「何でですか?」

ハルヒ「だって…みくるちゃんに散々迷惑かけたから…」

みくる「おもちゃなんですよね?いいんじゃないですか?」

ハルヒ「…」

みくる「うふふ。変な涼宮さん」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:19:08.25 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…」

みくる「あ、メール来ましたよ」

みくる「言わないでくれだそうです」

ハルヒ「…」

みくる「言えません」

ハルヒ「…誰よ?」

みくる「禁則事項です♪」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:21:41.61 ID:Up2dCyBvO

みくる「…」

ハルヒ「…」

みくる「…」

ハルヒ「帰りましょうか?」

みくる「着替えるから出て行ってくれませんか?」

ハルヒ「…うん」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:25:38.23 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「って待ってよ。女同士だから気にしないでいいじゃない」

みくる「だって…」

ハルヒ「ほら、>>21も言ってるわ。気にしないで言いなさい」

みくる「あんまり着替えは見られたくないんですよ。特にす」

みくる「あ、何でもないです。着替えますね」

ハルヒ「出て行くわ」

みくる「はい♪」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 04:22:58.05 ID:jGQOi1ouO

女同士で出るかよ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:28:16.94 ID:Up2dCyBvO

みくる「着替え終わりました」

ハルヒ「早いわね」

みくる「え?まだ居たんですか?」

ハルヒ「…」

みくる「わざわざ待たなくていいのに。あ、鍵の戸締まりをするから先に帰ってて下さい」

ハルヒ「…分かったわ」

みくる「じゃあ、お気をつけて。うふふ」

ハルヒ「うん…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:31:49.25 ID:Up2dCyBvO

みくる「さて、と。掃除用具入れっと…」

みくる「皆さん。どうでした?」

古泉「中々ですね。んっふ」

キョン「朝比奈さん!凄いですよ」

長門「…」

古泉「明日は僕ですね」

キョン「頑張れよ」

古泉「おやおや。ありがとうございます」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:38:37.00 ID:Up2dCyBvO

キョン「しっかし機関がハルヒにストレスを与える方針になったとはな」

古泉「僕も上には逆らえませんから」

キョン「それは仕方ないな。だけど長門と朝比奈さんは大丈夫なんですか」

長門「楽しみ」

みくる「うふふ。禁則事項です♪」

キョン「そうですか。なら良かった」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:47:00.14 ID:Up2dCyBvO

翌日

ハルヒ「今日は古泉君だけなのね」

古泉「えぇ」

ハルヒ「ちょうどいいわ…古泉君は私の事嫌い?」

古泉「…ふむ」

古泉「…」

ハルヒ「…(何で悩むのよ)」

古泉「嫌いではないと思いますよ?」

ハルヒ「…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 04:52:34.83 ID:Up2dCyBvO

古泉「どうなさいました?」

ハルヒ「…何でもないわ」

古泉「まさか…朝比奈さんですか?」

ハルヒ「っ!」

古泉「みんなで内緒にする約束ですのに…困ったものです」

ハルヒ「!」

古泉「なんて冗談ですよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 05:00:49.46 ID:Up2dCyBvO

古泉「何があったかわかりませんが気にしてはいけません」

古泉「我が団の団長様がそれではいけませんよ」

ハルヒ「古泉君…ありがとう」

古泉「もうすぐ夏休みなんですから楽しまないと」

ハルヒ「そうね!じゃあ出始めに古泉の親戚の別荘に…」

古泉「…僕を便利屋か何かと?」

ハルヒ「…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 05:27:18.77 ID:Up2dCyBvO

古泉「あなた、親戚の家で飲酒しましたよね?警察に見つかったらどうするんですか?」

ハルヒ「…」

古泉「しかも後片付けはちゃんとしました?」

ハルヒ「ごめんなさい」

古泉「ちょっと…今回は無理ですね」

ハルヒ「…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:24:23.99 ID:Up2dCyBvO

古泉「他の事をすればいいんですよ」

ハルヒ「じゃあバイトをしましょう」

古泉「あなたのお金になるのに?」

ハルヒ「あ…」

古泉「彼が可哀想ですよ」

古泉「奢らされ、バイトの給料を取られ」

古泉「彼には僕達3人のカンパしてますがキツいんですよ?」

ハルヒ「…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:27:45.76 ID:Up2dCyBvO

古泉「…ふぅ」

ハルヒ「ごめんなさい…帰るわね」

古泉「どうぞ」

ハルヒ「…」



古泉「帰りましたね」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:36:22.35 ID:Up2dCyBvO

古泉「さて、掃除用具入れはっと…」

古泉「掃除用具入れから長門さんの家に繋がっているのはいいですね」

古泉「どうでした?」

キョン「昨日の朝比奈さんの方がインパクトはあったな」

みくる「えへへ」

長門「そんな事はない、彼も中々」

古泉「ありがとうございます」

長門「明日は私」

古泉「期待してますよ」

長門「任せて」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:38:37.13 ID:Up2dCyBvO

後日

ハルヒ「入るわよ」

朝倉「あら、涼宮さん。久々」

ハルヒ「何であんたが…」

朝倉「ちょっとね。ね、長門さん?」

長門「そう」

ハルヒ「…何なのよ?何で私のSOS団に来たのよ!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:40:45.14 ID:Up2dCyBvO

朝倉「夏休みにみんなでカナダに来る話になってるのよ」

ハルヒ「え?じゃあSOS団もとうとう世界進出なのね!」

朝倉「え?来るの?」

ハルヒ「え?」

朝倉「あ、長門さん。聞いてないわよ?」

長門「そう」

朝倉「そうじゃないわよ!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:43:18.19 ID:Up2dCyBvO

長門「飛行機も四人しか予約を取ってない」

ハルヒ「そんなの今からでもどうとでもなるわ!」

朝倉「ごめんなさいね涼宮さん。四人はファーストクラスで来るのよ」

ハルヒ「じゃあキョンをエコノミー辺りにすればいいじゃない」

朝倉「…」

長門「なら私は行かない」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:47:30.25 ID:Up2dCyBvO

長門「彼あってのSOS団。彼が居ないのなら私はいい」

朝倉「…そうね、辞めとく?」

長門「…朝比奈みくるも古泉一樹も彼と行きたがっている。彼と」

長門「私が辞退すればいい。彼は楽しむべき。彼は」

長門「残念」

朝倉「…やっぱり辞めましょうか?」

ハルヒ「…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:49:18.63 ID:Up2dCyBvO

長門「いい、涼宮ハルヒ。あなたは楽しんで」

長門「私は辞退する」

ハルヒ「有希…ありがとう!」

長門「…(エラー)」

朝倉「じゃあそうする?(エラー)」

ハルヒ「それしかないわ!有希の分も楽しんでくるわね!」

長門「エラー」

朝倉「エラー」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:55:05.41 ID:Up2dCyBvO

長門「彼に報告するべき。電話する」

朝倉「私が電話するわ」

ハルヒ「え?」

朝倉「あ?キョン?久々!昨日も電話した?」

朝倉「…あなたと1日離れただけでも私は寂しいのよ?」

朝倉「うん、そうそうカナダの話ね、長門さんが来ないらしいわ」

朝倉「うん、長門さんと代わるわね?」

ハルヒ「…え?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 07:59:26.10 ID:Up2dCyBvO

長門「もしもし」

長門「あなたは昨日の午前1時23分32秒に私と電話しながら寝た」

長門「その後に何も連絡なし、寂しい」

長門「…でも朝比奈みくるにした時はちゃんと連絡して一緒にパフェを食べに行ってた」

長門「酷い」

長門「あ、それはそうと本筋は私の代わりに涼宮ハルヒがカナダに行く事になった。それだけ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:02:35.76 ID:Up2dCyBvO

長門「それは駄目」

長門「…分かった。涼宮ハルヒに伝える」

長門「今そこに居る古泉一樹と朝比奈みくるに伝えて」

長門「ゆきりんもすぐ帰る。冷凍庫のアイスは食べていい。と」

長門「では」

ハルヒ「…」

朝倉「うふふ。仲が良いのね?」

長門「海外通話でお金がかかるのに電話しあうあなた達にはかなわない」

朝倉「うふふ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:09:36.31 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「で?なんて?」

長門「彼からは自分が行かないから私に行けと言われた」

長門「それに古泉一樹の親戚の家に今度四人で行くからその時遊ぼう。と」

長門「ちなみに三泊四日」

ハルヒ「え?そ、そう…」

長門「あ、古泉一樹と朝比奈みくるも行かないとの事。だから私も行かない」

ハルヒ「じゃあ私独りになるじゃない!」

朝倉「だったら私が長門さんの家に行くわ」

長門「それがいい。私の家で桃鉄大会兼勉強会を四泊五日でする。朝倉涼子も来るべき」

朝倉「あら?ありがとう」

ハルヒ「…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:13:49.69 ID:Up2dCyBvO

朝倉「それにしてもあなた達は仲が良いのね」

長門「みんなあだ名で呼び合ってる」

長門「私はゆきりん」

長門「彼はキョン」

長門「古泉一樹はいつきん」

長門「朝比奈みくるはみくるん」

長門「学年は関係ない。みんな呼び捨て」

朝倉「ワンパターンねw私だったらどうなるのかしら?」

長門「谷」

朝倉「ちょっとwwww長門さんwwwwwww」

長門「ジョーク」

ハルヒ「…私は?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:15:55.53 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「団長の私は?」

長門「…くさ」

長門「何でもない」

長門「哈爾浜。どう?」

ハルヒ「ハルビンか!可愛いじゃない!さっすが有希ね!」

朝倉「…ぷっ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:19:17.54 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…話は変わるけど何で私だけ呼ばれないのよ?」

長門「気のせい」

ハルヒ「気のせいじゃないわよ!なんでよ!?」

長門「…後悔しない?」

ハルヒ「しないわよ!」

長門「あなたと寝泊まりすると彼が興奮する。止めるのが大変」

長門「あなたに興奮する(怒りで)」

ハルヒ「興奮するのね…だから童貞は…(バカキョン…///)」

長門「ユニーク」

朝倉「ユニーク」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:22:04.66 ID:Up2dCyBvO

長門「それにあなたは団長。こんな平のとこにきては駄目」

長門「あなたが関わるべきはコンピ研の部長と生徒会長辺り」

長門「もっと上の人間と関わるべき」

長門「私達は週1で遊んでもらってる。それだけでありがたい」

ハルヒ「…有希……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:25:40.86 ID:Up2dCyBvO

長門「じゃあ私と朝倉涼子は帰る」

ハルヒ「分かったわ!気をつけて!」

長門「じゃあ」

朝倉「ばいばい」

ハルヒ「えぇ!」





ハルヒ「ん?何か違うわよね?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:27:44.96 ID:Up2dCyBvO

長門「…」

朝倉「…元に戻る」

長門「…そうして」

長門「戻った」

長門「…」

長門「一人に戻る」

長門「…」

長門「戻った。帰る」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:51:19.16 ID:Up2dCyBvO

長門「帰った」

キョン「やるな」

古泉「えぇ。素晴らしいです」

みくる「ふえぇ」

長門「明日はあなたの番」

キョン「任せろ」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 08:52:54.61 ID:Up2dCyBvO

翌日

ハルヒ「今日はキョンだけ…?」

キョン「悪いか?」

ハルヒ「何よ!その態度は!」

キョン「いつもお前が俺にとる態度だろ」

ハルヒ「…生意気ね」

キョン「カナダが駄目になったからそりゃ生意気にもなるだろ」

ハルヒ「!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:01:19.12 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「あんたが空気読めば…いい話じゃない…」

キョン「そうでしたね。団長様」

ハルヒ「…ごめんなさい」

キョン「…何だって?」

ハルヒ「ごめんなさい」

キョン「聞こえない」

ハルヒ「ごめんなさいっ!」

キョン「うるせぇ!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:04:10.05 ID:Up2dCyBvO

キョン「…悪いと思ってるのか?」

ハルヒ「えぇ…まぁ一応ね…」

キョン「…ここに俺の脱いだパンツがある。頭から被れ」

ハルヒ「え?」

キョン「被れ」

ハルヒ「…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:08:24.56 ID:Up2dCyBvO

キョン「白のブリーフだ。これが今日からお前の頭のリボン代わりだ」

ハルヒ「あんた!ふざけないでよ!」

キョン「ふざてない。被れ」

ハルヒ「…」

キョン「被れないなら帰る」

ハルヒ「…被るわよ」

ハルヒ「被るからみんな私を仲間外れにしないで!」

キョン「…分かった」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:13:31.65 ID:Up2dCyBvO

キョン「お前がそれを被ればみんなと仲良しだ!やれ!」

ハルヒ「分かったわ!キョン!」

ハルヒ「…どう?似合う?」

キョン「はは…本当に被る奴がいるかよ…」

ハルヒ「え?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:14:39.01 ID:Up2dCyBvO

キョン「いや、ひくわ…」

ハルヒ「え?じゃあ脱ぐわよ…」

キョン「脱ぐな!それはお前の業だ!」

ハルヒ「…」

キョン「でも…まさか本当に…ははは…」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:18:02.50 ID:Up2dCyBvO

キョン「俺もさ…みくるんとかゆきりんのパンツはよく顔に被るけどそれはな…」

ハルヒ「…」

キョン「はは…いや…何て言えばいいか…」

ハルヒ「…」

キョン「っ!ハルヒ!変態仮面みたいに被れ!」

キョン「そしたらみんな仲良しだ!」

ハルヒ「…分かったわ」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:21:31.47 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「どう…これでいい」

キョン「うわ…」

ハルヒ「…なんなのよ?」

キョン「Welcomeって言ってくれ」

ハルヒ「うぇるかむ…」

キョン「小さい」

ハルヒ「Welcome…」

キョン「もっと!」

ハルヒ「Welcomeっ!」

キョン「だからうるさい!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:24:23.47 ID:Up2dCyBvO

キョン「はぁ…ハルヒ…」

ハルヒ「何?」

キョン「そのブリーフは新品だ」

ハルヒ「…そう」

キョン「どうだ?おもちゃにされる気分は?」

ハルヒ「…」

キョン「お前は変態仮面だからまだいい。だが映画で全校生徒(多分)にパンツを見られた朝比奈さんはどうだろうな?」

ハルヒ「…」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:27:31.86 ID:Up2dCyBvO

キョン「電車で巫女の服を着せられてどんな気分だったろうな」

ハルヒ「…」

キョン「その後慰めるのは大変だったぞ?」

ハルヒ「!」

キョン「可哀想なみくるん…あぁ…可哀想だ!」

ハルヒ「…」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:36:26.61 ID:Up2dCyBvO

キョン「謝れ!」

ハルヒ「…ごめんなさい」

キョン「もっと大きく!」

ハルヒ「ごめんなさい」

キョン「あぁ?」

ハルヒ「ごめんなさいっ!」

キョン「いや…俺に謝られても…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 09:42:01.64 ID:Up2dCyBvO

キョン「気をつければいいんだ、な?」

ハルヒ「そしたら元に戻れるの!?」

キョン「あぁ…頑張ればな」

ハルヒ「じゃあ頑張るわ!キョン!見ててちょうだい!」

キョン「あぁ」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 12:06:32.04 ID:Up2dCyBvO

翌日

ハルヒ「あ、今日はみんな揃ってるのね」

ハルヒ「ん?パソコンのゲームをスクリーンに移してる?何てゲームなの?」

キョン「fallout3だ」

ハルヒ「何それ?」

長門「ググれ」

ハルヒ「…ググれ?」

長門「言語で伝えるより検索したほうが早い」

ハルヒ「…分かったわよ」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 12:08:47.21 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「ふむふむ」

ハルヒ「へぇ〜凄いゲームね」

キョン「HARUHI…トイレの水を飲むなよ…」

ハルヒ「ばっちいわね!何言ってんのよ?」

みくる「HARUHIがゴキブリの肉を食べました…」

ハルヒ「だから食べてないわよ!」

キョン「ゲームのキャラクターの名前だ。気にするな」

ハルヒ「…そう」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 12:11:12.94 ID:Up2dCyBvO

古泉「HARUHIが核を爆発させましたよ!」

ハルヒ「…」

長門「ユニーク」

ハルヒ「…」

ハルヒ「名前…変えれない?」

長門「無理」




※falloutは本当にこんな事が出来るよ!めがっさめがっさ

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 12:36:28.30 ID:Up2dCyBvO

キョン「人肉まで食い始めたぞ」

古泉「カニバリズムですね」

みくる「追い剥ぎまで…」

キョン「なんでもありだな。HARUHI」

ハルヒ「操作してるのは有希じゃない…」

長門「…ユニーク」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:09:29.31 ID:Up2dCyBvO

キョン「HARUHIにはがっかりだな」

古泉「まぁHARUHIですし」

みくる「トイレの水はちょっと…」

長門「吹き飛んだ手足も再生し皮膚は樹脂。人間ではない。しかもサイボーグ」

ハルヒ「…」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:13:05.19 ID:Up2dCyBvO

キョン「次は牧場物語しようぜ」

古泉「初代ですね」

みくる「1年目の春で結婚してますね〜」

長門「改造した」

長門「はるひは牧場、女房を放置して他の女にうつつを抜かしてる」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:15:38.28 ID:Up2dCyBvO

キョン「はるひ…勝手に女の子の日記を覗いてたぞ…」

みくる「…」

古泉「しかも嫌いな人に雑草を…」

長門「ユニーク」

ハルヒ「…」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:18:10.27 ID:Up2dCyBvO

長門「今日はもうお開き」

キョン「そうか」

みくる「残念です〜」

古泉「帰りますか」

ハルヒ「…ぐすっ」

キョン「ハルヒ、鍵頼む」

ハルヒ「…」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:23:44.17 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…私…変わりたい」

ハルヒ「信じなくちゃ…願った日々を…」

ハルヒ「getaway!」

ハルヒ「戦わなくちゃ」

ハルヒ「現実と!」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:29:48.71 ID:Up2dCyBvO

数日後

ハルヒ「みんな、呼び出してごめんなさい」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「みんなには迷惑かけて、私考えたの」

ハルヒ「変わらなくちゃって」

ハルヒ「だから…新しい私を見て!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:32:32.32 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「私…私…」

みくる「ふえぇ…いきなりパンツを脱いで顔に被りました…」

ハルヒ「Welcome!」

ハルヒ「Welcome!」

キョン「…」

長門「…」

古泉「…」

みくる「…」

ハルヒ「Welcome!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:33:56.30 ID:Up2dCyBvO

キョン「で、何が変わったんだ?」

ハルヒ「あ…」

ハルヒ「あの…トイレの水を…」

キョン「飲むなよ。ばっちぃ」

ハルヒ「え?あ…うん…」

ハルヒ「…」

キョン「で?本題は?」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:37:08.32 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「も、物真似します!」

ハルヒ「みくるでしゅwwwwwww」

ハルヒ「しゅじゅみやしゃん!」

ハルヒ「…」

ハルヒ「ユニーク」

キョン「だから?本題を言え」

ハルヒ「…」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:41:44.65 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「…」

ハルヒ「ごめんなさい」

キョン「なんだ…どうしたんだ?」

ハルヒ「みんなと…前みたいに戻りたくて…」

キョン「…バッカ!俺たちはいつだってあのままさ、な?みんな」

みくる「はい」

古泉「もちろん」

長門「そう」

ハルヒ「みんな!ありがとう!」

キョン「で?本題は?」

ハルヒ「…」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 13:47:12.63 ID:Up2dCyBvO

ハルヒ「そ、そうだ!不思議探索しましょう!」

キョン「なんだ…そんな話しか…いいぞ。2グループに別れるか」

ハルヒ「ならキョ」

キョン「朝比奈さん。組みましょうか」

みくる「はい!」

古泉「では残りの3人で」

長門「分かった」

ハルヒ「…」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:31:50.66 ID:QYuI9M4qO

長門「…」

古泉「…」

ハルヒ「…(有希と古泉君じゃ盛り上がりに欠けるわ)」

長門「…一発芸が見たい」

古泉「ですね」

ハルヒ「っ!」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:34:07.73 ID:QYuI9M4qO

ハルヒ「そ、そうね!誰かしないかしらね!」

長門「…」

古泉「はぁ…」

長門「いい。私がする」

古泉「いいえ。僕がしますよ」

長門「いやいや、私が」チラッ

古泉「遠慮なさらず」チラッ

ハルヒ「…」

長門「…」

古泉「…はぁ」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:35:22.48 ID:QYuI9M4qO

長門「…」

古泉「…」

ハルヒ「…」

長門「…」

古泉「…チッ」

ハルヒ「っ!」

ハルヒ「わ、私やるわ!」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:38:49.27 ID:QYuI9M4qO

ハルヒ「…」

ハルヒ「布団がふっとんだ!」

古泉「しn…あ、これはこれは」

長門「…しn、ユニーク」

ハルヒ「でしょ!?自信作よ?」

古泉「もう帰りましょうか」

長門「分かった」

ハルヒ「…」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:55:27.62 ID:QYuI9M4qO

古泉「…あ、先に着いてたのか?」

キョン「休憩時間が3時間だったからな」

古泉「おいおい。お熱いなぁ!」

みくる「…////」

長門「あなたはみくるんばかり可愛がって…」

キョン「ごめんな?長門」

長門「…もう」

ハルヒ「…え?」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 09:03:51.62 ID:QYuI9M4qO

長門「ゆきりん」

キョン「ごめんな。ゆきりん」

長門「もう」

キョン「いつきんもごめんな?」

古泉「もう」

キョン「お前が一番締まりがいいからなw」

古泉「馬鹿…」

ハルヒ「…あんた達変態よ!不純よ!」

キョン「冗談だ。な?ゆきりん?」

長門「冗談」

みくる「冗談ですよ」

古泉「えぇ、冗談です」

ハルヒ「…」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 09:37:26.61 ID:QYuI9M4qO

ハルヒ「大体古泉君はなんでキョンにタメ口なのよ?」

キョン「だって…親友だしな?」

古泉「心友。だろ?」

長門「最早リスペクトしあって神友」

みくる「いいえ、一緒に寝るほどの寝友ですよ」

キョン「みんな上手いな」

ハルヒ「…」

ハルヒ「私は?私はなんなのよ?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「私が、この真相を突き止めねばなりませんね…」