谷口「キョンだけいい思いしやがって・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「スタンド使いになったゾ…」

ツイート

3 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 15:53:03.94 ID:FIWRCI33O

スレ立てどうもです


谷口「何故俺はモテないッッ!?」

谷口「この時代を先取りしているオールバックッ!!」バンッ

谷口「女なら誰でもイチコロのイケメンルックスッ!!」バンッ

谷口「何故だッ!?何故なんだッッッ!?」ババンッ

谷口「……………」

谷口「はぁ…またキョンがフラグ折ってんのをただ黙ーって過ごす毎日が始まるのか」トボトボ

6 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 15:56:33.20 ID:FIWRCI33O

国木田「おはよう谷口」ポン

谷口「おぉ…」

国木田「どうしたの?元気無いね」

谷口「…なぁ………………なんでキョンはモテんのかな」

国木田「いきなりどうしたんだよ。谷口らしくないね」

谷口「いや…なんか最近キョンモテ期入ってないか?……原因は何かなと思ってさ」

国木田「うーん優しいからかなぁ。でもキョンは自覚してないけどね」

谷口「優しいからモテるのか!?なぁそうなのかッ!?」ガシッ

国木田「おっ落ちつきなよ!」

10 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 15:59:39.15 ID:FIWRCI33O

国木田「ただ優しければいいんじゃなくてさ、キョンは相手の気持ちを理解してる優しさがあるんだよ」

谷口「ふむふむ」

国木田「それにくらべて谷口の優しさっていう物は…下心が見え見えなんだって」

谷口「なッ!?」

国木田「この前だって朝倉さんのプリント配りを手伝っただけでメールアドレスを聞こうとしてたじゃないか」

谷口「あれくらいならいいだろ!!」

国木田「うーん…谷口には無償の善意って物が皆無だね」



11 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:02:23.88 ID:FIWRCI33O

谷口「まぁデートに誘うのはやり過ぎたとは思う」

国木田「珍しく反省してるね」

谷口「(朝倉にボロクソにけなされたからな…)」

国木田「じゃあキョンを今日一日見て学んだらどう?」

谷口「そうだな。敵を知るならまず味方から…ってか」

国木田「まずそのカッコイイと思った台詞をすぐに言う癖をやめないとね。馬鹿がバレるよ」

15 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:07:40.00 ID:FIWRCI33O

谷口「噂をすれば……おす。キョン」

キョン「おー……ふぁぁ…」

谷口「なんだ?夜更かしか〜遅くまで何やってたんだ?」

キョン「いや……ハルヒのやつメールをきりなく送ってくるからついな」

谷口「……」

キョン「…あふぁ……」

谷口「お前涼宮と付き合ってないんだよな…?」ワナワナ

キョン「ん?あぁ。んなわけないだろ」

谷口「………ちくしょうッ!…俺だって寝不足になるまでメールしてぇよ……」

キョン「?」

16 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:11:49.04 ID:FIWRCI33O

 ・昼食・

谷口「キョンー飯食おーぜ」

キョン「おう」

朝比奈「あのぅ…キョン君いますかぁ?」ガラッ

谷口「朝比奈さんッ!?ご用ですか!!」サッ

朝比奈「ふぇ!?…あ、あのキョン君に…」

キョン「おい谷口。朝比奈さん怖がってるだろ。しっしっ」

谷口「えっ…」

キョン「どうしたんですか?朝比奈さん」

朝比奈「あの…これ…」カサ
キョン「?…旨そうな匂いしますけど…」

朝比奈「調理実習でクッキー作ったんですぅ…よかったら…その…」



18 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:15:28.29 ID:FIWRCI33O

谷口「………」

キョン「有り難うございます。これから昼飯なんで感想は放課後でいいですか?」

朝比奈さん「はい。でもあの…ちょっと焦げちゃって…その……えと…」

キョン「大丈夫ですよ。朝比奈さんの作るクッキーは少し焦げても美味しいですから」ニコッ

朝比奈「!!…あ、有り難うキョン君…じゃ!じゃあまた」パタパタ

谷口「……キョン」

キョン「ん?なんだこれはやらんぞ」

谷口「お前よくあんな台詞がでるな…」

キョン「なんの事だ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/23(火) 16:23:24.34 ID:FIWRCI33O

谷口「(いや…まてよ……そうか!恥ずかしい台詞を真顔で言えるからモテんのか!)」

谷口「(よし…)」

谷口「おぅ朝倉!旨そうな弁当だな」

朝倉「ふふっ有り難う。これ私が作ったのよ」

谷口「やっぱりか!いや〜朝倉は綺麗だし飯も作るの上手いからいい嫁さんになるなー!!俺が欲しいくらいだ!はっはっは!!!」

朝倉「え……ちょ、ちょっとそんな大声で言わないで。恥ずかしい…」カアア
谷口「なーに言ってんだよ!可愛い眉毛が台なしだそ」キラッ

朝倉「!」ピクッ



朝倉「おい…テメーちょっとツラ貸せ」ボソ

谷口「えっ…」

28 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:34:05.33 ID:FIWRCI33O

谷口「どっ…どうしたんだ朝倉…人気のない教室に連れてきて…」ドキドキ
朝倉「……お前さ、人が気にしてるとこふつーあんな大声で言う?ねぇ」

谷口「いや…そんなつもりは…」

朝倉「あ?」グイ

谷口「な!なんだ!!やめろって!!!」

朝倉「テメー最近少し調子のってねーか?あ?」ギリギリ

谷口「うぐ!…ぐっ…のってないって!…つか嫌なら剃ればいいだ…ろ」

朝倉「あぁ!?」バンッ

谷口「うげっ!!」ドサッ

朝倉「もう眉毛キャラで固定されてんだろーがッ!!あの可愛い眉毛ちゃんっつったら朝倉ってイコール関係結ばれてんだろうが!!それをお前…今から崩せと…?」ギラッ
谷口「ひっ…おっお前は眉毛を気にしてんじゃないのかよ…」

朝倉「黙れッッ!!気にしてても今さら変えられないんだよ!!…次あんな大声で眉毛眉毛言ってみな……その瞬間首から花咲かせてやっからな…」バタン

谷口「…………あいつ…誰?…朝倉なのか…?」ガクガク

29 名前:ハッピーエンドがいいのか、わるいのか ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:39:50.98 ID:FIWRCI33O

谷口「一体なんだったんだ……」テクテク

キョン「おぅどこ行ってたんだ?飯なら食っちまったぞ」

谷口「いや朝倉がな」

ハルヒ「ちょっとキョン!!さっき何もらったのよ」グイ

キョン「急になんだ。クッキーだクッキー」

ハルヒ「!……ふーん。…デレデレしちゃって」

キョン「してない」

ハルヒ「うっさいわね!…わ!私だって………」ボソ

キョン「なんだ?」

ハルヒ「じっ…実はお弁当間違えて2個作ってきちゃったの!!だからあんたにあげるわ!今すぐ食べなさい!!」

キョン「あいにくだか俺は自分のべんt」

ハルヒ「うるさいっ!いいからこっちきなさい!!」グイグイ

谷口「あれ……………おーい」

30 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:43:40.68 ID:FIWRCI33O

谷口「もう放課後か…」

谷口「結局あいつから学べるモテポイントは無かったな…」

谷口「…はぁ」

谷口「………帰るか」トボトボ

谷口「おっと忘れ物っと…」

谷口「WAWAWA………あれ?…声聞こえるな…覗いてみっか…」

谷口「ん…!!」

キョン「あのな…教室だといつ誰が来るかわからんぞ。いいのか?」

ハルヒ「…ぅ……は、早くしなさいよ」

キョン「はいはいっと」モミモミ

ハルヒ「…んっ………はぅ…」

キョン「ハルヒ、少し胸が大きくなったな」モミモミ

ハルヒ「…そ……そう…?…んぅ…みくるちゃん…と……どっちが…ぁっ…いい?」

キョン「ははっ。ハルヒでも気にするのか」モミモミ



34 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:51:09.83 ID:FIWRCI33O

ハルヒ「!…う…っさいぃ…あんたが……じろじろ見てるっ!……からぁ…」

キョン「俺はこれが一番さ」ムニュムニュ

ハルヒ「ひゅっ!!…あっ!…あんまりっ…強くしないでよぉ…」フルフル

キョン「だが断る」モミュンモミュン

ハルヒ「んっ!!……もう…馬鹿…」チュ

谷口「………」

谷口「………………」シコシコ

36 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 16:54:49.40 ID:FIWRCI33O

谷口「ふぅ……余計に虚しくなってきたな…」テクテク

谷口「なんなんだよ…くそっ…」トボトボ

谷口「教室でいちゃこくなよ………くそっ…」

谷口「いや…まてよ!今は涼宮もキョンもいないという事はSOS団の部室には朝比奈さんしかいないはずッ!!」

谷口「そうと決まれば…ん?あれは…」

谷口「鶴屋さんっ!!」

鶴屋「やぁやぁ!…えーと君は…確か…………?」

谷口「谷口っす!キョンの親友の!!」

鶴屋「あははっ!!ごめんごめん」



37 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 17:00:47.80 ID:FIWRCI33O

谷口「こんなとこで何してるんすか?」

鶴屋「んー…ちょっとねっ!秘密にょろ!!」

谷口「えー教えて下さいよ〜あ!暇だったら今から一緒に…」

イケメン「わりっ待たせた!」

鶴屋「もー遅いぞっ!レディーを待たちゃいかんなぁ…」

イケメン「悪かったってホラ」ギュ

鶴屋「…えへへ。よし!駅前のパフェで許すにょろ」

イケメン「まじかよ〜金欠なんだけどなぁ」

鶴屋「だーめ!あっ谷口君またねっ!」テクテク

谷口「…………ははは…」

40 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 17:11:08.52 ID:FIWRCI33O

過疎…か…

谷口「…朝比奈さん……朝比奈さんに早く会おう…」

谷口「えーっと確かここだったよな…」テクテク

谷口「ん?変な音すんな…」



朝比奈「気持ちいいですかぁ?古泉君…」ムニュムニュ
古泉「いいですよ最高ですね朝比奈さんのパイズリは…んっふ…」

朝比奈「じゃ……じゃあ今日は最後まで…しましょうね?…まだキョン君達は来ないみたいですからぁ…」ムニュムニュ

古泉「んっふ…そうですね……わかりました」

古泉「しかし…ほんと淫乱ですね……貴女という人は…」


42 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 17:14:01.69 ID:FIWRCI33O

ですよねー まぁお暇つぶしにどうぞ

朝比奈「そ…そんな事言わないでぇ……んっ!!」

古泉「そうですか?…貴女のここはもっといやらしいですよ…」クチュクチュ

朝比奈「ああっッ!!…も…もう我慢できませんよぅ……は、……はやくぅ…」

古泉「わかりましたよ…んっふ…いけない人だ…」

谷口「…」

谷口「………………」シコシコシコシコシコシコシコシコ

43 名前:1 ◆IdX.jzvCrM [] 投稿日:2009/06/23(火) 17:17:46.54 ID:FIWRCI33O

谷口「俺に未来はない…」

谷口「はぁ…帰ってエロゲするか…」トボトボ

谷口「お!国木田ーゲーセン行こうぜ」

国木田「あっ…谷口。ちょっと今日は」

長門「………待たせた」トトッ

国木田「ううん。僕も今きたところだから」

長門「………図書館の閉館時間はもうすぐ…早く行かないと…」ギュ

国木田「うん。じゃ谷口また明日」

谷口「……………」

谷口「……え?ハッピーエンドじゃないの?…」

終わり

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/23(火) 17:29:45.37 ID:FIWRCI33O

俺にはもうできない…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波が笑わないんだ」