朝倉「あなたに毎日お弁当を作って涼宮ハルヒの出方を見るわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、あんた精子になりなさいよ!」

ツイート

666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 01:43:44.01 ID:u3DKqDWBO

キョン「お前の寝顔…そ、その…か、可愛いかった、ぞ…」

朝倉「!(や、ヤバいよ〜…キュンってきちゃった…)」

キョン「あ、あ〜、その〜、なんだ…遅くなったし、さっさと買い物行こうぜ」

朝倉「あ、ちょ、ちょっと待ってよ〜」

タッタッタッ…

コソッ

ハルヒ「…あのバカキョンに彼女?よりによって朝倉?」

ハルヒ「…違う。認めたくない…」

ハルヒ「真実を…確かめなきゃ!」
タッタッタッ…

…スッ

古泉「…やれやれ。困ったものです」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 02:14:21.97 ID:u3DKqDWBO

―商店街―
ざわざわ…

キョン「やっぱり夕方は混んでて…おっと」

朝倉「きゃっ!…危なかったわぁ」

キョン「はぐれる原因にもなりかねん…しょうがない。あ、朝倉」
朝倉「? なぁに、キョンくん」

キョン「そ、その…手、つながないか」

朝倉「!」

キョン「ほ、ほら、あれだ…これだけ人が多いとはぐれる原因にもなりかねんし…」
キョン「な、何より一緒に買い物に来たわけだし…(は、恥ずかしい!我ながら何を言ってるんだ!)」

朝倉「…(幸せだわ…何も考えられない…)」

キョン「その…嫌ならかまわんが…」

朝倉「嫌なわけないわ!ぜひ!ぜひつなぎましょ!」

キョン「あ、ああ。(朝倉の顔…真っ赤だ…俺も真っ赤だろうな)」

ハルヒ(何…あの二人?急に真っ赤になってうつむいてるわ)

ハルヒ(もう少し、様子を見るべきね)

古泉「ご利用の皆様、夕方のタイムサービスですよ〜(やれやれ、どうなるのでしょうか)」

701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 11:51:55.96 ID:u3DKqDWBO

おk。携帯だから時間かかるし、今から出社だから長い時間は書けないが、よろしく。


キョン「とりあえず、手始めはどこに行くんだ?」

朝倉「野菜から買いましょ。」

キョン「一気に買えばいいじゃないか。ほれ、あそこにスーパーがあるぞ」

朝倉「はぁ…何もわかってないわ。いいから私についてきて」

てくてく…

朝倉「ここよ」

キョン「…八百屋だな」

八百屋のオヤジ「おっ、涼子ちゃん、らっしゃい!!」

キョン「…どこかで見たことある気が…」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 12:02:12.88 ID:u3DKqDWBO

朝倉「いつも買いに来てるの。安くておいしいのよ」

オヤジ「いつもご贔屓に。涼子ちゃん、男なんて連れちゃって…恋人かい?」

朝倉「(カアッ)もう!おじさんたら!玉ねぎとジャガイモちょうだい!」

オヤジ「おお〜怖い怖い…あいよっ!」

朝倉「もうっ…」

キョン(気まずいというか恥ずかしいというか…)

オヤジ「今日もサービスしとくよ!彼氏さんと仲良く食べとくれ!」

朝倉「スイカ半玉なんてもらえないわよ。お代払うわ」

オヤジ「いいからいいから!毎度あり!」

朝倉「おじさん…ありがとうっ!」

キョン「あ、ありがとうございますっ!」

704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 12:12:00.21 ID:u3DKqDWBO

キョン「いい人だったな」

朝倉「だからいつも買いに行ってるの。この前のポテトサラダもジャガイモくれたから作ってみたの」

キョン「またジャガイモ買ってたようだが…?」

朝倉「おいしくなかった…?ダメ…かな?」

キョン「(ドキッ)いやいや!断じてそれはない!ぜひ頼む!」

朝倉「よかった…この前よりもっとおいしく作るからね!」

キョン「楽しみにしてるぞ。よし、次は肉屋だな!」

朝倉「ふふっ、これも任せといて♪」

キョン「よし、行こう(ギュッ)」
朝倉「!…うん!(ギュッ)」

てくてく…

ジーッ…

ハルヒ(手、つないでる…恋人…なのかしら…)

古泉「押さないでください!列に並んでください!(ちょっとマズイかもしれません…僕自身が)」

ここまで。
夜残ってたら書きに来ます。

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 20:41:58.96 ID:u3DKqDWBO

キョン「ここか…おい、列ができてるぞ」

朝倉「早く並びましょ。…ちょっと遅かったかしら」

古泉「ひき肉がお買い得…(! 誘導をしていたら二人が並んでしまった…)」
古泉(うまくごまかすしかないようですね)

キョン「・・・?あれ?古泉か?」

古泉「これはこれは。お二方揃ってお買い物ですか?」

キョン「まぁな。さっき偶然出くわしたんだ」

朝倉「そ、そうなのよ!…いい?ほんと偶然なのよ!」

古泉「では、そういうことで。私はバイトです」

キョン「見ればわかる。ご苦労なこった」

古泉「別のバイトも増えなければいいですが…(チラッ)」


740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 20:43:11.09 ID:u3DKqDWBO

キョン「よくはわからんが、働きすぎるなよ」

古泉(気づいてない…)

朝倉「あ、買えそうだわ!行きましょ♪(ぐいっ)」

キョン「おっと、わかったわかった。じゃあな、古泉」

古泉「ええ、ではまた学校で。」

ハルヒ(あれは古泉君よね?…あの二人、腕…組んでる。)
ハルヒ(やっぱり付き合ってたのね…)
ハルヒ(…)

ハルヒ(帰ろ…)

肉屋「あら、涼子ちゃん!いらっしゃい!」

朝倉「いつもお世話になってます。」

肉屋「あらあらとんでもない。ところで…となりのナイスガイは?(ニヤニヤ)」

朝倉「く、クラスメイトでしゅ…(噛んじゃった…)」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 20:48:02.48 ID:u3DKqDWBO

肉屋「ふーん…へぇー…ところで今日はどうするの?」

朝倉「ひき肉300gと豚バラ200gください♪」

肉屋「はい、ちょっと待っててね」

キョン「お前、知り合いが多くないか?(ボソッ)」

朝倉「いつも利用してるからね。キョンくんが最初に見つけたスーパー、高いのよ
。」

朝倉「それに、人の温かさみたいなものが心地よくて…変かしら?」

キョン「そんなことないぞ。それが人情ってやつだ」

朝倉「そうね…私にも少しわかる気がするわ」

キョン「? 人間だから人情がわかって当たり前だろ?」

朝倉「・・・いいのよ。ふふっ」

肉屋「おまちどうさま。少ないけどオマケつけといたからね」

朝倉「いつもありがとうございます、おいしくいただきますね」

キョン「ありがとうございます」

肉屋「あらあら…二人とも仲良くね。いつもありがとね〜」

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 20:49:07.59 ID:u3DKqDWBO

てくてく

キョン「今度からはお袋に商店街を勧めてみようかな」

朝倉「ばったり会っちゃうかもね」

朝倉「さ、うちまで帰りましょ♪(ぎゅっ)」

キョン「…うん。帰ろうか」

古泉(初々しいですね…案の定もうひとつのバイトですか…)

古泉(まったく、困ったものです)

とりあえずここまで。先に仕事終わらせるわ

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 21:00:54.14 ID:u3DKqDWBO

てくてく

キョン「マンションか」

朝倉「うん。事情があって一人暮らしなの」

キョン「なんと!さぞかし裕福な家庭なんだろうな…」

朝倉「…まぁ、ね。とりあえず行きましょ」

ういーん…

キョン「5階か」

朝倉「階段だとちょっと大変かな。まぁめったに使わないけど」

キョン「いい運動にはなるだろ」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 21:02:17.84 ID:u3DKqDWBO

チーン…

朝倉「えっと、鍵鍵…あ、帰ってるのか」

キョン「? !…両親か!?」

朝倉「いいのいいの、上がってって」

キョン「いやいやいやいや…さすがにマズイだろ」

朝倉「一人暮らしって言ったじゃない…とにかく上がってって」

キョン「あ、あぁ…おじゃまします…」

長門「…」

朝倉「遅くなっちゃったわ。すぐ準備するわね」

キョン「…」

長門&キョン「…」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 21:13:38.14 ID:u3DKqDWBO

キョン「…長門?」

長門「何?」

キョン「どうして朝倉の部屋にいるんだ?」

長門「同居している」

キョン「あれ、一人暮らしじゃなかったっけ?お前も朝倉も」

長門「同じマンションの同じ部屋とは言っていない」

キョン「それはそうだが…」

パタパタ…

朝倉「ねぇ、二人とも。今日は豚肉のしょうが焼きよ♪」

キョン(俺はその瞬間、雷が落ちたような衝撃を受けた)

キョン(そう、朝倉の姿を見た瞬間だ)

キョン(この世に舞い降りた女神…そうとしか言い表せなかった)

キョン(鮮やかな青色に、ワンポイントで大きな朝顔の花が描かれているエプロン…)

キョン(制服にエプロン…これに勝るエプロンと言えば裸エプロンしか思いつかない…)

キョン(そう。ただ、ただ完璧だった)

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 21:41:21.52 ID:u3DKqDWBO

朝倉「? キョンくん?どうしたの?口開けてよだれ垂らしながら涙なんか流して…」

キョン「幸せだ…自分という存在が小さく感じるぜ…」

長門「彼は私に任せて。あなたは調理に集中して」

キョン「あー…もう気持ちよくなってきた…」

朝倉「任せたわよ。冷蔵庫のキャベツを刻んで…ブツブツ」

長門「ああなった彼女は止められない。まずはあなたを元に戻す」

キョン「あばば〜…痛い痛い!はっ!何があった!?」

長門「頬をつねっただけ」

キョン「朝倉はきれいだよな…谷口が高評価していた理由がよくわかるな」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 21:47:59.97 ID:u3DKqDWBO

朝倉「い〜ざ進め〜や〜キッチ〜ン♪目〜指すは〜ジャ〜ガイモ〜♪」ザクザク…トントントン…

キョン「ノリノリだな…いつもああなのか?」

長門「いつも通り。昨日はクッキングパパのOPだった」

キョン「…チョイスがそっち方面だな」

長門「あれが鼻歌に変わると最高潮。プロの手つきになる」

キョン「ちょっと見てくるかな」
長門「ちょっと待っ…間に合わなかった」

キョン「さてさて、調子はいかがかなっと」

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 22:07:24.61 ID:u3DKqDWBO

朝倉「♪〜♪♪〜(鼻歌)」

キョン「朝倉、調子は」

ヒュッ…

ツーッ…

キョン「…え?」

朝倉「ここから先は女の戦場…踏み入ったら…命の保証はないわよ?たとえキョンくんでも」

キョン「…あぁ。よく理解した(目が…ヤバい…身体中で警告音が目一杯鳴り響いてるぜ…)」

朝倉「わかったら向こう行っててくれるかな?」

キョン「せめて飲み物取らせ」

朝倉「うん、それ無理♪」

キョン「(ゾクッ)あ、あぁ…じゃあ向こうで待ってることにする」
てくてく

朝倉「♪♪♪〜♪〜♪〜(鼻歌)」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/24(水) 22:39:05.59 ID:u3DKqDWBO

てくてく

キョン「長門、お前知ってたな?」

長門「あなたは私の忠告を聞かずに行ってしまった」

キョン「…ちょっと浮ついていた自分を恥じたよ。すまんな、長門」

長門「いい、それより私は読書を進めたい。許可を」

キョン「何で俺に聞くんだ?好きなだけ読んでくれ」

長門「…(コクッ)」

ペラ…ペラ…

♪〜♪♪♪♪〜♪〜

トントントン…

しばらく、本の捲れる音ときれいな鼻歌、包丁の奏でるリズミカルな音が静かに流れていた。

794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 07:50:09.55 ID:gR7nK7GeO

―閉鎖空間―
神人「…」

古泉「確かに涼宮さんの閉鎖空間なのですが…神人は動かず立ち尽くしているだけ…」

古泉「…とりあえずはいつも通り、倒させていただきましょう」

ヒュン…



ハルヒ「…キョンのことを考えるとモヤモヤする。でも…朝倉と付き合ってるのは間違いなさそうね」

ハルヒ「…」

ハルヒ「私は…どうすれば…」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:02:23.84 ID:gR7nK7GeO

―朝倉&長門宅―
朝倉「すーなおに好きとー♪言ーえない君ーも♪」

キョン「(歌…上手いよな。顔も身体もレベル高いし…恋人ぐらいいてもおかしくないんだが…)」

長門「…(ペラッ)」

キョン「なぁ、長門。朝倉に恋人とかいたりしないのか?」

長門「いない」

キョン「そうか。なんかもったいない気がするな」

長門「…」

キョン「あ、あぁ…特に深い意味はないんだ。なんとなく気になってな…」

長門「朝倉涼子はあなたに好意をもっている」

キョン「…なぜわかるんだ?」

長門「…」

長門「なんとなく」

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:10:22.70 ID:gR7nK7GeO

キョン「…恥ずかしいな。」

長門「帰ってもあなたの話ばかり。聞いている私が恥ずかしくなる時もある」

キョン「…俺も今それを聞いて恥ずかしいぞ」

朝倉「長門さん、テーブル拭いておいてもらえる?」

長門「了解した」

てくてく

キョン「…(ドキドキが止まらん。)」

朝倉「あとはご飯待ちね。ねぇ、二人とも何話してたの?」

パタパタ…

キョン「いやまぁ…雑談というか(エプロンマジでヤバいって)」

長門「あなたが彼に好意をもっていることについて話していた」

キョン・朝倉「…」

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:21:06.44 ID:gR7nK7GeO

朝倉「やぁねぇ長門さん、何言ってるんだか」

長門「あなたは毎日、顔を赤くしながら彼のことばかり楽しそうに話している。」

朝倉「(カアッ)…な、何言ってるのよ!そんなこと…きょ、キョンくんからも何か言ってよ!」

キョン「お、俺?」

長門「顔が真っ赤」

朝倉「ち、違うわよ。その、あの…(チラッ)」

キョン「…(そんな真っ赤にしながら見られても…俺も恥ずかしいぞ)」

朝倉「も、もう知らない!調理に戻るわ!」

パタパタ…

キョン(やべぇ…めちゃくちゃ可愛い…)

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 08:34:09.32 ID:gR7nK7GeO

キョン「おい、長門。さすがに言い過ぎなんじゃ」

長門「いい。ひどい時は告白のシミュレーションまで私に話していた。仕返し。」

キョン「…ちなみにどんな告白だったんだ?」

長門「それは」

朝倉「な が と さ ん ?」

長門「…私は読書を再開する」

朝倉「…もう。キョンくん、包丁使わない簡単な作業するから手伝ってほしいんだけど…いいかな?(ドキドキ)」

キョン「あ、あぁ。喜んで。(おいおいおい…俺の自制心が暴走しちまうぞ)」

836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 19:38:54.07 ID:gR7nK7GeO

朝倉「えっとね、盛り付けお願いできるかしら?」

キョン「あぁ。俺のセンス、見せてやるよ」

朝倉「ふふっ。期待してるわよ。私はその間洗い物してるから」

キョン(キャベツの千切り、水にさらした紫たまねぎ、しょうが焼きか…)

朝倉(キョンくんが真剣に考えてるときの横顔…かっこいいなぁ…)

朝倉(…はっ!見とれてないで洗い物しなきゃ)

キュッキュッ…ジャーッ…
カチャンカチャン…

キョン「よし!ここはキャベツでここにたまねぎ…できた!」

朝倉「あら、結構センスあるのね。見直しちゃったわ」

キョン「まぁな。ってか盛り付けにセンスなんて関係ないだろ」

朝倉「そうかな…キョンくんらしさが出てるわよ」(ポーッ)

キョン「何恥ずかしいこと言ってんだか…これ、持ってくぞ」

朝倉「うん。よろしくね」

キョン(何ポーッとした目で見てるんだよ…恥ずかしいぜ…)

837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 19:40:56.99 ID:gR7nK7GeO

長門「おいしそう」(パクッ)

キョン「コラ!つまみ食いしちゃいけません!」

朝倉「もう、長門さんたら。はい、ご飯持っていってね」

長門「…」スッ…てくてく
キョン「飯になってやっと動くのかよ…」

朝倉「はい、みんな座ったわね。じゃあ…」

朝倉・キョン「いただきます」
長門「」パクッ

朝倉「長門さん!お行儀が悪いわよ!」

長門「問題ない」

キョン「まぁまぁ、いいじゃないか。俺たちもさっさと食べよう。長門に全部食われちまう。」

朝倉「ほんとにもう…」

キョン「うめぇ!!!何これうめぇ!!!うほっ!!!」

朝倉「キョンくんも落ち着いて食べなさい!」

キョン「からあげといい料理上手いな!お前いいお嫁さんになれるぞ!」

朝倉(キョンくんのお嫁さんがいいなぁ…)ドキドキ

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 19:42:15.72 ID:gR7nK7GeO

長門「おかわり」

朝倉「はいはい。ちょっと待っててね」

パタパタ…

キョン「おかわりぐらい自分で行ったらどうなんだ」

長門「朝倉涼子の顔を見て」

キョン「…!すごい嬉しそうな顔だな」

長門「私はあの顔を見たいから」

キョン「たしかに…ずっと見ていたくなるな…」(すごく…きれいだ)

長門「もっと食べなければという気持ちになる」パクッ

キョン「俺も負けてられん!食べまくるぞ!」パクパク

朝倉「あらあら・・・よっぽどお腹すいてたのね」

朝倉「! もう、キョンくん、おべんとつけてどこいくの♪」ひょいっ、ぱくっ

キョン「!!!!!!!」

朝倉「? …!!!!!!!」カアアッ

長門「」パクッパクパクッ

844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 20:18:51.74 ID:gR7nK7GeO

長門「ごちそうさま」

朝倉「…!お、おそまつでした!」
キョン「! 俺もごちそうさま!」

朝倉「おそまつさまでした…。あの…おいしかった?」
キョン「もちろん!これから毎日でも食べたいぐらいだ。」

朝倉「お弁当作ってくって約束したじゃない…」

キョン「そうだったな…。その…ほんとにお願いしてもいいのか?」
朝倉「私が作ってくって言ってるんだからいいの!」

キョン「…じゃあ、これからよろしく頼む。」

朝倉「…!うん♪」

846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 20:23:51.45 ID:gR7nK7GeO



キョン「ほんとにいいのか?洗い物ぐらいできるぞ?」

朝倉「いいのよ。帰るの遅くなっちゃうわよ」

キョン「俺はかまわないが」

朝倉「いいの!帰って宿題でもしたら?ふふっ」

キョン「…それもそうだな。悪いな。じゃ、また明日な。」

朝倉「うん、また明日ね。おやすみなさい♪」

長門「…」

キョン「長門もまた明日な。二人とも、おやすみ。」

長門「また明日」

バタン

キョン「飯うまかったな…明日から楽しみだっと」テクテク

847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 20:26:29.89 ID:gR7nK7GeO



朝倉「♪〜」
ガチャガチャ…キュッキュッ…

長門「いつになく機嫌がいい」
朝倉「キョンくんが来たのよ?嬉しいにきまってるじゃない♪」

朝倉「放課後デートに買い物よ?幸せだわ♪」
長門「そう。それはよかった」

てくてく

朝倉「…長門さんもずっとニコニコしてたくせに。とぼけちゃって♪」
朝倉「♪♪〜」



キョン「ただいま〜」

キョンの妹「あ〜っ、キョンくんだ〜」

キョン「まずはおかえりでしょ。母さんに食ってきたからご飯いらないって言っといてくれ」

キョンの妹「うん、わかった〜」

キョン「さ〜て、宿題でもしますか」
キョン「? 携帯が鳴ってる…」
キョン「誰だ……ハルヒから?」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 21:23:50.18 ID:gR7nK7GeO

キョン「もしもーし」

ハルヒ〈キョン?あたしよ!〉

キョン「携帯見ればそれぐらいわかる…で、どうしたんだ?」

ハルヒ〈…〉

キョン「? 何だ、黙ったりして。変なもんでも食ったのか?」

ハルヒ〈ねぇ…今日の夕方、何してた?〉

キョン「!! …夕方?部活後は普通に家に帰ったが…?」

ハルヒ〈…ほんと?〉

キョン「あ、あぁ…」

ハルヒ〈…そう。わかったわ。私の勘違いだったのかしら…〉

キョン「何がだ…?(まさか…見られてた!?)」

858 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 21:25:48.04 ID:gR7nK7GeO

ハルヒ〈あんたが朝倉と一緒にいたところを見たの。それも仲良くね〉

キョン「!!!(まずい!!!) あ…あぁ、あれはたまたま出くわしてな。あいつが悪ノリしてくっついてきたんだよ」

ハルヒ〈そうよね…あんたと朝倉じゃ釣り合わないし!やっぱあたしの勘違いだわ!〉

キョン「…ったく、早とちりしすぎなんだよ(いけるか…!?)」

ハルヒ〈…なんて言うと思った?真相は古泉君に聞くことにするわ〉

キョン「!!!!!(そこまで…!だが古泉には偶然出くわしたと言ってあるし、面倒起こしたくないからうまくかわすはず…)」
キョン「…あぁ、別に構わないぞ。あいつは朝倉と出会ってすぐに会ったからわかってるはずだ」

860 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 21:48:45.99 ID:gR7nK7GeO

ハルヒ〈そうするわ!じゃあね!おやすみ!〉

プツッ…ツーツーツー…

キョン「…念のため古泉には手回ししとくか」
キョン「めるめる(メール打ってる擬音)」

キョン「よし、送信」
キョン「まぁ、大丈夫だろう」

キョン「! もう返ってきた…なになに…」
古泉【よしなに】

キョン「よし、大丈夫だな。宿題でもするか」



キョン「! 寝てしまった!」

どうやら宿題していたら眠ってしまったようだ。
しかし、ある違和感に気付いた。過去、体験したことのある、もう二度とごめんだと思っていたんだがな…

キョン「…校庭」

そして、色のない…

キョン「…閉鎖、空間」

862 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 21:54:13.75 ID:gR7nK7GeO

経験上、次に行く場所はわかっている。
我らが部、SOS団の部室だ。

キョン「…ってことは」

ガチャ

やはりいるわけだ―。

ハルヒ「キョン!またあんたとね!」


―我らがSOS団の団長は。


キョン「よぉ。またお前とだな」

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 21:58:48.45 ID:gR7nK7GeO

まぁ、いざとなれば前回と同じ方法を使えば…。

使えるかは、また効果があるかはわからないが。

ハルヒ「またあんたとだけど、前回の二の舞は嫌よ。近くにこないで。」

…早くも道は閉ざされたようだ。
さて…白雪姫に嫌われてしまっては物語は進まない。

ヤツの言葉じゃないが、

キョン「やれやれ、困ったものだ」

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 22:21:57.22 ID:gR7nK7GeO

存在そのもの


全てが

887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/25(木) 23:54:15.12 ID:gR7nK7GeO

そうだ、そのヒントをもらったのは…

キョン「なぁハルヒ、ちょっとそのPC使わせてくれ」

ハルヒ「嫌よ」

キョン「頼む、どうしても使いたいんだ」

ハルヒ「絶対嫌!」

キョン「何かヒントがあるかもしれん!頼む!」

ハルヒ「絶っ対嫌!!」


オーマイゴッド。こいつは手強いな。
もしかすると、ベリーハードなルートを選んでしまったのかもしれない。

…こいつはマズイ。長門にも頼れない。

889 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:01:45.86 ID:6EI9zBSwO

こうなるとヤツしか頼れない。

…不本意ではあるが。


キョン「ちょっと学校をうろついてみる。前回と違う所があるかもしれん」

ハルヒ「どうぞ。お好きなだけうろついてちょうだい」

ガチャ

少し不愉快な気持ちになりつつも俺は部室を出た。

電気もついておらず、足元もおぼつかぬまま外を目指した。

おっと、ちなみに神人はぼーっと突っ立ったまま動かない。危険がないのか赤い玉も見えない。

…嫌な予感がする。得てして、俺の嫌な予感はこういう時だけ当たるのだ。

キョン「古泉!いるのか?いたらここまで来てくれ!」

893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:10:08.53 ID:6EI9zBSwO

感覚でどのくらいだろう…少なくとも5分は呼んでは待つ、この動作を繰り返した。


―だが、ヤツは現れなかった。


脱出の糸口はなかった。

PCを触るチャンスはあっても、少なくとも古泉とは会えない。

神人は放置されたまま…あの状態を維持してもらうしかなさそうだ。

キョン「PC…いや長門に賭けるしかない」

俺はSOS団部室まで全速力で駆け抜けた。


しかし、思わぬ事態が待っていた。


キョン「ハルヒ、頼む開けてくれ」

ハルヒ「嫌よ。あんたがキョンだっていう証拠もないし」


我らが団長殿は部室にて籠城していた。

897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:21:27.34 ID:6EI9zBSwO

キョン「俺は俺だ、さっきまで一緒にいたじゃないか」

ハルヒ「キョンは前回と違うかもと言ったわ。もしかしたらあんたは本物のキョンじゃないかもしれない」

キョン「そんな訳あるか。とりあえずとっとと開けてくれ」

ハルヒ「嫌!絶対開けない!」


…もうダメだ。只でさえ前回と状況が違いすぎて頭が回ってないというのに。

面倒だ。アレをやろう。男なら一度はやりたいと思うアレを。

899 名前:ID変わっちゃったね(´・ω・`)[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:28:27.34 ID:6EI9zBSwO

俺は覚悟を決め、とりあえず映画のワンシーンを想像した。

キョン「いっせーの…せっ!!!」

ドンッ!!

一発では開かないようだ。

ハルヒ「何やってるの!?やめなさい!」

キョン「じゃあ開けてくれ」

ハルヒ「だから本物かどうか…」
キョン「……。いっせーの…せっ!」

ドギャッ!!

おっ、いけそうな感じの音。

ハルヒ「やめなさい!壊れるでしょ!」

キョン「いっせーの…せっ!!!」

ハルヒ「やめ」

グシャッバキャッ!!!…バターン!!!

キョン「あたた…手間かけさせやがって」

ハルヒ「…い、いや。来ないで」

901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:39:53.61 ID:6EI9zBSwO

キョン「? どこからどう見ても本物の俺だろ?何言ってんだ?」

泣きそうな目になりながら隅で怯えているハルヒ。一体どうしたんだ?

キョン「ハルヒ、一体どうした」
ハルヒ「来ないで!!!!!!」
…何だ、この豹変ぶりは。まるで駄々をこねる子どもだ。

キョン「…わかった。出来る限りお前に近づかないようにする。ただ、PCを使わせてくれ」

ハルヒ「…好きにしていいから近づかないで」

キョン「じゃあ移動するからな」
てくてく

ささっ…ささっ…

本当に何なんだ?全力で避けられている。どうせならここに巻き込むのを避けてほしかったが。

キョン「頼むぞ…」

祈るようにして電源ボタンを押した。

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 00:50:45.70 ID:6EI9zBSwO

カチッ…フイーン…カリカリ…

起動は成功したようだ。

あとは…つながるのを必死に祈るしかない。

見慣れたOSの起動画面…が大きく歪み、CUI画面が表示された。

いけるのか?これだけでも成功と言えるがまだわからない。

カタカタと打ち込んだ。今まで一番早かったんじゃないだろうか。

>‎ 見えてるか?

頼む。どうか、どうか見えててくれ…!

YUKI.N > 見えている

>‎ こちらはハルヒだけだ。前回と違い古泉はいない。

YUKI.N > 彼はいない。存在していない。

…! どういうことだ…?

>‎ 存在していない?どういうことだ?

YUKI.N > 機関ごと現実世界から消えた。これは涼宮ハルヒの影響
…なんてこった。

908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 01:02:54.42 ID:6EI9zBSwO

>‎ 頼む。今回の鍵を教えてくれ。

YUKI.N > それはできない。

おいおい冗談だろ。こんな辛気臭い所に閉じ込められるのはまっぴらごめんだ。

>‎ どういうことだ?

YUKI.N > 涼宮ハルヒは世界の改変を始めた

YUKI.N > 朝比奈みくるは未来がなくなり消えた

YUKI.N > 私も存在が消えつつある

YUKI.N > もちろん朝倉涼子も


!!!!!

…そんな。みんなが、消えている。

朝比奈さんも長門も古泉も…みんな大事な仲間だ。

しかし、俺個人の感情としては最後の人間が一番心にきた。


朝倉涼子…彼女も消えてしまう…。

一瞬、ほんの一瞬だが、頭が真っ白になった。

914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 01:25:29.44 ID:6EI9zBSwO

>‎ 頼む!どうにかしてくれ!

YUKI.N > 私個人としてももう一度あなたとしょくじdhnwtqgfxa

! 切れる!

キョン「長門!!!」

ガタン!

ハルヒ「!」ビクッ

YUKI.N > place of promise

ブツン…
文字は真っ黒な世界に吸い込まれていった。

ふと顔を上げるとハルヒがこちらを見ていた。

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「!」ビクッ

キョン「どうして急に避け始めたんだ?」

ハルヒ「…」

916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 01:31:11.13 ID:6EI9zBSwO

キョン「ハルヒ、答えてくれ」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「…恐いのよ」

キョン「恐い?」

ハルヒ「また、ただの夢で終わるんじゃないかって」

キョン「…何がだ?」

ハルヒ「…キスよ」

キョン「…」

ハルヒ「ほんとは朝倉が恐いの。キョンを取られてしまうんじゃないかって」

ハルヒ「だから全部1からやり直したいと思った。…この夢が現実になればいいのに」

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 01:43:07.55 ID:6EI9zBSwO

バチン!!

ハルヒ「!」

ハルヒ「キョンが…キョンが…ぶったぁ…ヒック…」

キョン「お前は…お前はみんなを消してまでそんなに俺といたいのか!」

ハルヒ「…!」ビクッ

キョン「そんなムチャクチャなことやって嬉しいのかよ!」

キョン「何で俺がそんなムチャクチャなことに付き合わなきゃならない!?一瞬たりとも付き合いたくない!」

ハルヒ「ヒック…グスッ…」

キョン「泣くなら泣け!勝手にしろ!」

ハルヒ「うっ…う、うわぁーん…」

place of promise…鍵を探さねば。
俺は部室を飛び出した。

920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/06/26(金) 01:52:51.28 ID:6EI9zBSwO

タッタッタッ…

place of promise
約束の場所…
誰と何を約束しただろう。
約束なんてあってないもの。

タッタッタッ…

覚えてないで忘れられるもの。
でも、これだけはしっかりと覚えていた。
一度忘れていた。でも、また約束した。

タッタッタッ…

あの笑顔に会いたい。
あの照れた顔をみたい。

タッタッタッ…

また一緒に買い物に行きたい。
また一緒に食卓を囲みたい。
またエプロンをつけて鼻歌を奏でてほしい。


キョン「ハァ…ハァ…遠いんだ…よ…ハァ…ハァ…」
ガラッ

俺は勢いよく開けた。約束の場所への扉を。

921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:00:12.30 ID:6EI9zBSwO

“約束の場所”
  教 室   とはね…

「ふふっ、遅かったわね」

キョン「ちょっと寄り道しちゃってな」

キョン「朝倉、お前が鍵だったとはな」

朝倉「ほんとはね、実体がないの。今は長門さんと二人で1つ。」
キョン「なぜ長門じゃないんだ?」

朝倉「…気をきかせてくれたみたい。最後かも、しれないから…」

キョン「最後なんかじゃない!まだお前のハンバーグを食べてない!」

朝倉「…」

キョン「長門とも約束した!お前の作った夕飯をまた一緒に食べるって!」

キョン「だから俺はこの改変を止める!」

922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:07:24.31 ID:6EI9zBSwO

朝倉「そっか…嬉しいな」

キョン「だから、最後なんて言わないでくれ。俺がどうにかしてみせる!」

朝倉「キョンくん…。わかったわ。あなたに任せる」スーッ…

キョン「! おい!朝倉!身体が消えて…」

朝倉「そろそろ構成が持たなくなってきてるの…」

朝倉「…ねぇ、キョンくん」

朝倉「大好きだよ」スーッ…

キョン「!」

キョン「…俺もだ。俺もお前が好きだ」

朝倉「ふふっ…恥ずかしいな…また…会えると…」

キョン「…!」

朝倉「じゃあね…」スーッ……フッ…

キョン「!………」

923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:21:57.11 ID:6EI9zBSwO

キョン「…ゆっくりしてられない。ハルヒをどうにかしなければ…!」

タッタッタッ…

ドーン!!!ドシーンドシーン…
キョン「クソっ…神人が動きだした…急がないと…」



ハルヒ「ヒック…ヒック…」
キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「ヒック…キョ…ン…」

キョン「ぶって悪かった。本当にすまん。」

ハルヒ「私が間違ってたの…ヒック…キョンは悪くない…」

キョン「…そうか。なぁハルヒ、もう一度SOS団で非日常を探しに行こう」

ハルヒ「でも…ヒック…キョンは怒ってる…ヒック…」

キョン「……」

ギュッ

ハルヒ「!」

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:26:04.28 ID:6EI9zBSwO

キョン「もう怒ってない。怒ってたらこんなことしないだろ?」

ハルヒ「…じゃあ…キス…して…」

キョン「…どうしてもしなきゃダメか?」

ハルヒ「嫌なら…もう知らない」
キョン「わかった(朝倉…すまん)」


…そこからは覚えていない。
気が付いたら自分の机の上だった。

とりあえず、世界は戻ったのか?
携帯からメールを送ってみる。



キョン「! 帰ってきた!なになに…」

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:36:39.20 ID:6EI9zBSwO

助かりました。我々も出動したのですが…
今回の閉鎖空間は特殊で、涼宮さんが選んだ人物がうんたらかんたら…読む気になれん。

とりあえず世界は戻ったのだろう。

疲れた。寝てたはずなのに疲れたとは、ハルヒの問題の厄介さがよくわかる。

などと考えていたら深い眠りに落ちていた。



「…ん」

うるさいなぁ…静かにしてくれ…

「キ…ン…ん!」

気持ちいいんだからほっといてくれ…

「キョンくん!」

931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:44:10.60 ID:6EI9zBSwO

キョン「うわぁっ!!」

「やっと目が覚めたの?妹さんの真似した方がいいかしら」

キョン「…?誰だよ…痛っ!」

「ほらほら、ほっぺたちぎれちゃうよ〜クスクス」

キョン「痛い痛い!目、覚めたから離せ!…おー痛かった」

キョン「朝倉ー、少しは手加減しろよな」

朝倉「ふふっ、ごめんなさいね。朝ごはん出来てるわよ」

キョン「…お前が作ったのか?」
朝倉「妹さんが出来てるって言ってたわ。私はお弁当担当でしょ?」
朝倉「ほんとねぼすけさんなのね♪ふふっ」

キョン「…飯食ってこよ」

朝倉「あー!ごまかした!…もう。さっさと逃げちゃった」

932 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:50:02.74 ID:6EI9zBSwO

キョン「いってきまーす」
キョンの妹「いてきまーす」


キョンの妹「涼子ちゃんはキョンくんと結婚するの〜?」

朝倉「う〜ん…どうかな〜?」

キョンの妹「私涼子ちゃんがお姉ちゃんにほしい〜」

朝倉「ふふっ、ありがとう♪」

キョンの妹「あ、私こっちだから!またね〜」

朝倉「気をつけてね〜」

キョン「すっかり慣れてやがる…すまんな、うちの妹が迷惑かけて」

朝倉「とんでもない、可愛らしくていいじゃない♪」

キョン「可愛いんだが…よくわからん」

「キョンー、朝倉ー、おっはよー」

935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 02:55:45.67 ID:6EI9zBSwO

キョン「おぉハルヒ、おはよう」

朝倉「おはよう、涼宮さん」

ハルヒ「今日も仲良しねぇ…ま、仲良きことはいいことだわ!」

ハルヒ「あ、あれは有希!有希〜!おっはよー」ダダダダダ…

朝倉「ふふっ、涼宮さんは朝から元気ね」

キョン「あいつはあぁでなきゃな。しょんぼりは似合わんよ」

朝倉「それもそうね。私達も行きましょ♪」(ギュッ)

キョン「そうだな。よし、今日も元気に行きますか」(ギュッ)

タッタッタッ…

936 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 03:02:27.57 ID:6EI9zBSwO

あの騒動の後、俺と朝倉は付き合うことにした。

問題はハルヒだったが、ハルヒはあの騒動がかなり効いたらしく、かなり性格が変わってしまった。
変わったというよりも、負の部分がなくなった感じだ。確かに俺のことは気になっていたらしい。

しかし、自分が起こした事の重大さを恥じたのか、心の中に閉じ込めてしまったようだ。

ついでに朝倉をSOS団の公式部員とし、新たなスタートを切ったSOS団。

非日常的な何かを探して…今日も楽しく騒がしく過ぎていくのだろう。


fin



ごめん、眠いから締めは投げやりww

あと一本朝倉おまけ。いる?

943 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 03:08:01.44 ID:6EI9zBSwO

キーンコーンカーンコーン…

キョン「よし、やっと昼飯だ」

谷口「飯を忘れ物…購買行ってくる…」

国木田「先に食べてるよ」

朝倉「はい、キョンくん今日のお弁当。」

キョン「お、ありがと」

国木田「今日のメインは何だい?」

キョン「ハンバーグなんだ。楽しみにしてたんだよ」

パカッ

945 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 03:13:53.14 ID:6EI9zBSwO

キョン「…ない。ハンバーグがない!!!!!」

キョン「というより弁当の中身がない!!!!!」

国木田「えっ!?…本当だ…」

朝倉「そんなはずは…本当みたいね…」

キョン「そんな…バカな…今日のために朝ごはん減らしたのに…」
朝倉「いいわ、私のお弁当あげる。私購買で買ってくるから」

キョン「朝倉…いや、ダメだ。半分ずつしよう」

朝倉「…!い、いいわ…ょ…」(カアッ)

国木田「キョンも見せ付けてくれるね〜」

谷口「俺の席…ない…うわあぁぁん!!」

947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 03:25:04.08 ID:6EI9zBSwO

―その頃SOS団部室

ハルヒ「あれ、有希来てたの。早いわね」

長門「…」ペラッ

ハルヒ「ま、いいか。あたしも食べよ!いっただきまーす」

長門(さすがに弁当2個はきつかった)

長門(しかし、彼の弁当のハンバーグの方が二倍は大きかった)

長門(非常に由々しき問題。問題提起せねば)

ハルヒ「…有希の顔付きがいつもと違うような…」

949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 03:28:46.23 ID:6EI9zBSwO


キョン「ハンバーグうまいなぁ…ソースがうまい…全部うまい…」
朝倉「ほら、ご飯粒付いてるわよ」ぱくっ

国木田「///…ごゆっくり…」ササッ

キョン「朝倉、口開けて」

朝倉「い、いいわよ!自分で食べれるから!」
キョン「いいからいいから。ほい、あーん」

朝倉「///…ぁ、あーん…」ぱくっ
キョン「ん?おいしいか?」

朝倉「…うん♪ふふっ、今度は私がしてあげる♪」
キョン「ん?いいのか?じゃあ…あーん」

朝倉「あーん…ふふっ♪おいしい?」
キョン「当たり前だろ…///」

朝倉「じゃあ、スレを見てるそこのあなたも。はい、あーん♪」


fin

マジに終わり!おまいら長い間お疲れ様!
朝倉愛してるぞ!!

989 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 11:44:48.63 ID:6EI9zBSwO

みなさんお疲れ様です。
クソみたいなSS書いた者です。
しばらくぶりなので、日本語がおかしかったかも。
いや〜…正直大変だったww


このようなエンドでしたが、お気に召したでしょうか。
うまく書けず申し訳ないです。
手抜きみたいな形になりましたし。
いいSS書けるよう精進したいですね。

どなたか稽古つけてくれたり批評してくださると助かります。
ん〜…あんまり厳しいのは勘弁ですがww

クソSSにお付き合いいただき、本当にありがとうございました!
ろくに寝てないんで寝ます!さらば!

993 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 11:49:46.06 ID:6EI9zBSwO

どうせなら1000取りに混ざりますww

のこり7

1000 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/26(金) 11:54:16.36 ID:6EI9zBSwO

みなさんありがとうございます!
おまいら愛してるぞww



1000なら朝倉とみんなが幸せに。


あと>>989 縦読み



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:魅音「先生、キノコは無いと思います!」