ハルヒ「有希は、もっと笑うべきよね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ(36歳無職)「オラもう・・・う゛あ゛あああああ!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:15:46.93 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・唐突に、なんだ?」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「いまさらだけど、有希って全然笑わないじゃない!」

キョン「まぁ、確かに」

キョン(・・・宇宙人だしな)

ハルヒ「せっかく可愛い顔してるのになー」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:17:04.21 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「もっとこう、女の子らしく・・・」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「オシャレしてお化粧して、とまでは言わないけどさぁ」

ハルヒ「女っ気がないの!クールすぎるのよ、有希は!!」

長門「そう」

ハルヒ「せっかく可愛いんだから、これじゃ損よ!」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:18:19.94 ID:lU7vHoFm0


キョン「思いついたように訳の分からないことを言い出すな、お前は」

ハルヒ「ね、ね!キョンもそう思うでしょ!?」

キョン「あ、ああ・・・」

長門「・・・・・・・・・」

キョン「・・・なんだかんだ言って可愛い顔をしてるのは、確かだな」

ハルヒ「でしょ!?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:20:34.90 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・しっかし、本当にいまさらだな」

ハルヒ「当たり前になりすぎてたのよ!」

キョン「なるほど」

ハルヒ「男の子なんてほっとかないと思うのよね、有希のこと」

長門「・・・・・・・・・」ペラ

ハルヒ「古泉君は?古泉君も、有希のこと可愛いと思うわよね!?」

古泉「・・・ええ、大変可愛いらしい容姿をしていらっしゃると思いますよ」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:22:48.99 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「あら、もしかしてタイプかしら?」

古泉「そうですね。この質問は、肯定しても否定しても同じ意味に取られそうなので・・・」


古泉「とりあえず、ノーコメントとさせていただきます」

古泉(宇宙人ですしね)

ハルヒ「あら、釣れないわねぇ」

長門「・・・・・・・・・」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:24:13.01 ID:lU7vHoFm0


古泉「涼宮さんの言う、『長門さんは笑ったほうが可愛い』ということも、納得できますが・・・」

ハルヒ「できますが?」

古泉「そうですね」

古泉「長門さんの場合はそのキャラクターが・・・」

長門「・・・・・・・・・」

古泉「・・・つまり、無口で無愛想なところが、いいのではないでしょうか?」

ハルヒ「む・・・、た、確かにそれもそうだけど・・・」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:26:32.06 ID:lU7vHoFm0


キョン「そうだぞー、ハルヒ。これが長門の良さだ」

ハルヒ「そ、そりゃあたしは今の有希も好きだけどさぁ・・・」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「・・・なんていうんだろ、女から見て?みたいな」

キョン「はぁ?」

ハルヒ「同性から見ると、ってことよ!」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:28:31.58 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・すまん、意味が分からないんだが」

ハルヒ「女の子から見ると、『あー、なんでこの子可愛いのに、もったいないなぁ』ってなるの!」

キョン「それ、長門に失礼じゃないか?」

ハルヒ「有希の場合は、欠点じゃないもの!」

ハルヒ「とーにーかーく!こんなに可愛いんだから、もっと女の子女の子するべきよ!」

キョン「女の子女の子ってお前・・・」

ハルヒ「みくるちゃんなら分かってくれるはずだわ!」

みくる「はわっ、わ、わたしですかぁ〜?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:29:49.22 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「みくるちゃんも、有希が笑わないの、もったいないと思うわよね!?」

みくる「は、はぁ・・・」

長門「・・・・・・・・・」ペラ

みくる「・・・長門さんは、顔も整ってますし・・・」

ハルヒ「もっと表情豊かに生きるべきよね!?」

みくる「べ、別にそこまではぁ」

みくる(だって宇宙人さんですし・・・)


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:32:39.88 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「ゆ〜きっ!」

長門「なに」

ハルヒ「笑いなさい!」

長門「何故」

ハルヒ「いいからっ!」

長門「・・・・・・・・・」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:35:00.34 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「ほらっ!ちょっとでいいのよ!」

長門「・・・・・・・・・」じー

ハルヒ「微笑む感じで、ほらっ、ニコッっと・・・」

長門「・・・・・・・・・」じー


キョン「・・・・・・・・・」

古泉「・・・・・・・・・」

みくる「・・・・・・・・・」

長門「・・・・・・・・・」じー


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:36:16.50 ID:lU7vHoFm0


キョン(・・・あの目だ。小動物的というかなんというか・・・)

古泉(・・・あの長門さんの微動だにしない見つめ方は、相変わらずですね・・・)

みくる(・・・あ、あぅ・・・。や、やっぱり長門さんの見つめ方って・・・)


長門「・・・・・・・・・」じー


キョン(・・・可愛いな)

古泉(・・・可愛らしい)

みくる(・・・可愛いです)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:38:03.99 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・・・・・・・」

長門「・・・・・・・・・」じー

ハルヒ「・・・・・・・・・」

長門「・・・・・・・・・」じー

ハルヒ「・・・可愛い」ヒシッ!


キョン「!」

古泉「!」

みくる「!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:40:02.78 ID:lU7vHoFm0


キョン(・・・かぁ〜、流石ハルヒだ・・・。簡単に抱きつけるのはあっぱれだな)

キョン(俺がそんなに気安く抱きついたら、長門なら気にしないだろうが危うく警察沙汰だっ!)

キョン(こういうときばっかりは、お前は心底羨ましいぞ、ハルヒぃ・・・!)


古泉(・・・ふぅむ、流石は涼宮さん。本能に忠実というかなんと言うか・・・)

古泉(そこで迷いなく抱擁が出来るとは・・・。僕にはまず無理でしょう、社会的に)

古泉(抱きつきたいのに抱きつけない・・・、そんな迷い、あなたは微塵もないんでしょうね・・・)


みくる(・・・ああぁぁぁ!いいな、いいなぁ・・・!涼宮さん、いいなぁ!!)

みくる(わ、わたしも・・・!わたしは、女の子だから抱きついても不自然ではないはずだから・・・!)

みくる(・・・あ、でも・・・、抱きつかれたままの長門さんも可愛いです・・・)


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:41:32.06 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「有ぅ希ぃ〜、笑ってってば〜」グリグリ

長門「何故」

ハルヒ「そっちのほうが可愛いからよ!」ワシワシ

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「黙ってても可愛いけどさぁ〜」フニフニ

長門「そう」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:43:20.12 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・ま、まぁ確かに。ハルヒの言うとおり、笑った長門は可愛いかも知れん」

ハルヒ「や、やっぱり?キョンもそう思う!?」バッ

古泉「・・・ええ。普段と違うキャラクターというのも、乙かも知れませんね」

ハルヒ「うんうん!さっすが古泉くん!分かってるわね!」

みくる「わわ、わたしも!わたしも、笑ってる長門さん、見てみたいかもですぅ!」

ハルヒ「もー、みくるちゃんまで!みんな、やっぱりそう思うわよね!」

長門「・・・・・・・・・」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:44:59.47 ID:lU7vHoFm0


・・・パタン

古泉「・・・おや」

ハルヒ「あっ、もうこんな時間」

キョン「あー・・・、そろそろ、帰るか」

ハルヒ「そうね、今日は解散にしましょう!」

みくる「じゃ、じゃあ、着替えるので・・・」

長門「・・・・・・・・・」スタスタ


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:48:14.25 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「みんなバイバイ!」ダッ

長門「・・・・・・・・・」

キョン「じゃ、また明日な、長門」ポンポン

長門「・・・・・・・・・」コクン

古泉「では、お先に失礼しますね」スタスタ

長門「・・・・・・・・・」コクン

みくる「な、長門さん、さ、さようなら・・・」バタン

長門「・・・・・・・・・」コクン

長門「・・・・・・・・・」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:50:33.13 ID:lU7vHoFm0


―――次の日。


キーンコーンカーンコーン・・・

キョン「・・・んー・・・疲れたなっ・・・と」

キョン「ま、週末だしな。・・・休日も休めるか不安だが・・・」

キョン(あー・・・、今日は古泉とチェスでもするか・・・)

キョン(オセロはもう飽きたしな・・・)

キョン(と言うか、古泉が弱すぎて・・・」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:53:11.63 ID:lU7vHoFm0


ガチャ

長門「・・・・・・あ」

キョン「よう、長門。相変わらず早いな」バタン

長門「・・・・・・うん」

キョン「お前も、たまには休んで良いんだぞー」ギィ

長門「・・・だ、だいじょうぶ」

キョン「・・・しっかし、早く来ると、なんと言うか、得だな・・・」

キョン「長門と二人っきりになる機会は多いが、やっぱり・・・」


キョン「・・・・・・!?」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:54:29.25 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・・・・・・・」モジモジ

キョン「・・・な、長門か・・・?」

長門「・・・・・・・・・」コクン

キョン「な、なんか、顔・・・、赤くないか・・・?」

長門「そ、そんなことない・・・」

キョン「・・・・・・・・・」

長門「・・・へ、平気」カァァ

キョン「・・・長門がなんか変!!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:55:47.34 ID:lU7vHoFm0


バターンッ!

古泉「お困りだと思って駆けつけましたぁ!!!」

キョン「さっすが古泉!話が早い!」

長門「・・・こ、こんにちは・・・」

古泉「・・・!?」

キョン「お、おいどういうことだ!?長門が、長門じゃないんだが・・・!」

古泉「こ、これは・・・」

長門「・・・あ、あんまり見ないで・・・」ブンブン

古泉「・・・ど、どどどどういうことでしょうか・・・」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 01:58:24.25 ID:lU7vHoFm0


バターンッ!

みくる「よよよっ、呼ばれた気がしましたぁっーー!!!」

キョン「さっすが朝比奈さん!話が早い!」

古泉「朝比奈さん、長門さんが・・・!」

みくる「な、長門さんが・・・?」

長門「・・・・・・・・・」モジモジ

みくる「・・・!?」

キョン「一体どういうことだっ・・・?」

みくる「あ、あゎゎゎゎ・・・!!」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:00:17.92 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・涼宮ハルヒが来る前に、せ、説明するから・・・」

長門「・・・とりあえず、座って・・・」スッ

古泉「こ、困ったものです」ストンッ

キョン「古泉、椅子に座るんだ。床に体育座りじゃない」カチャカチャ

古泉「あなたのほうこそ、今は服を脱ぐ必要はないのですが」

長門「・・・おおおお願いだから、落ち着いて・・・!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:01:38.48 ID:lU7vHoFm0


キョン「な、長門が、どもりながら普通に喋ってるぞ」

長門「ふ、服を着て」

キョン「ガッテン!」

古泉「表情も普通に、感情に合わせて変わりますね」

みくる「ひ、表情が読み取れますぅ・・・!長門さんからぁ!」

長門「・・・あ、えっと・・・」テレッ

長門「話を・・・」

みくる「・・・可愛いです」ポツリ


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:03:03.66 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・っ!?」ドキッ

キョン「朝比奈さん!それを言ったらおしまいですって!」ガタンッ!

古泉「そうです!僕だって言いたくてうずうずしていたんですから!!」ガタンッ!

みくる「だ、だってだって、本当に可愛いんですもん!!」

キョン「可愛いですよそりゃあ!!」

古泉「ええ!可愛いですとも!!」

みくる「でしょぉ!?」

長門「は、は、話をさせて・・・!」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:04:20.47 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・よし、冷静になろう、なる」

古泉「ひとまず、落ち着いたほうがよさそうですね・・・」

みくる「あ、あせっても仕方ないですからぁ・・・」

長門「さっきから言ってるのに・・・」

キョン「悪かった悪かった。ここまでの破壊力とはな・・・」

古泉「私にもまったくの予想外でしてね」

みくる「だ、大丈夫ですよぉ・・・、大丈夫です・・・」

長門(・・・なんか怖い・・・)


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:06:21.11 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・あ、改めて・・・」

キョン「・・・ハルヒ、だよな」

長門「・・・たぶん」

古泉「昨日の話の延長上ってところですね。分かりやすい」

みくる「す、涼宮さんが長門さんに笑って欲しかったから・・・」

長門「それも、もちろんあるけど・・・」

キョン「・・・『女の子らしく』、とかなんとか言ってたよな?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:07:35.45 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・うん」

古泉「・・・昨日の涼宮さんの、『長門有希に女の子らしくなって欲しい』という願望が」

古泉「『力』によって今日、具現化した、と。そういうことですね?」

長門「・・・そう」コクン

キョン「じゃあ、今の長門は、普通の女の子ってことか?」

古泉「簡単に言うとそうでしょう」

古泉「おそらく、感情や考え方等が、一般的な16歳の少女と同じレベルになっているはずです」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:12:45.53 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・・・・・・・」コクン

古泉「・・・理由は分かりませんが、長門さんは、感情の起伏、表情のパターンがかなり乏しかった」

古泉「考え方についても、極めて簡潔で、多くの情報量を持っています」

キョン「それが、今は違うのか」

古泉「嬉しいときには笑い、悲しいときに泣く。恥ずかしがり、怖がる・・・」

古泉「・・・あくまで予想ですが、『普通』。つまり『人間らしく』ということは、こういうことではないでしょうか」


51 名前:説明=古泉の考え方が根強かった[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:16:23.73 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・だ、大体、あってる。と、思う・・・」

キョン「普通の長門は、口下手なわけか」

みくる「き、記憶はどうなんですかぁ?」

長門「それは・・・大丈夫。いままでのことは、きちんと覚えてる」

みくる「そ、そうですか・・・」

長門「・・・でも」

キョン「?」


長門「・・・い、今まで感情が薄かった分、今、何をしたらいいか分からない・・・」シュン

長門「とても、混乱してる・・・」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:17:50.29 ID:lU7vHoFm0


古泉「そうですか」ツー・・・

キョン「古泉、鼻血」スッ

古泉「これは失敬」

みくる「朝からずっとなんですかぁ?」

長門「・・・そう。起きたときから・・・」

長門「学校では、出来るだけ平静を保ったつもりだけど・・・、こ、怖かった・・・」

みくる「そうですかぁ・・・」ツー・・・

キョン「朝比奈さん、鼻血」スッ

みくる「ありがとう、キョンくん」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:21:46.79 ID:lU7vHoFm0


キョン「じゃあ、今の長門は宇宙人じゃないんだな?」

長門「・・・そう、いうこと」

古泉「統合思念体との交信も、出来ないんですか?」

長門「・・・完全に途絶えてる。情報操作もチャレンジしたけど、駄目」

古泉「・・・ふぅむ」

キョン「どうかしたのか?」

古泉「長門さんが現在、情報操作が不可能というのは、なかなか危険ですね」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:23:08.02 ID:lU7vHoFm0


キョン「た、確かにそうだな・・・」

みくる「ほ、他の宇宙人さんや組織が攻めてきたら、大変です!」

古泉「厄介なことにならなければいいのですが・・・」

長門「・・・ご、ごめんなさい」

キョン「え?」


長門「こ、こんなことになって・・・」グスッ


キョン「・・・・・・・・・」ツー・・・

古泉「・・・・・・・・・」スッ

キョン「おっと、すまん」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:24:59.93 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・大切なときに、みんなを守れない・・・」シュン

キョン「な、なぁに、気にすんな。今回もハルヒの仕業だろ?仕方ないさ」

古泉「そうですよ。ましてやあなたが気に病む必要なんて、ありませんよ」

みくる「そ、そうですよぉ!いままで、長門さんには頼りっぱなしだったんだし・・・!」

長門「でも・・・」

キョン「あー、気にすんなって。朝比奈さんの言うとおり、俺達が頼りすぎなのは確かなんだ」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:26:50.74 ID:lU7vHoFm0


古泉「ここは何もないことを祈って、いち早く問題の解決に努めましょう」

みくる「それまで、長門さんは休憩・・・ってことで、ど、どうでしょうかぁ?」

長門「・・・みんな」ウルッ

キョン「!」

古泉「!」

みくる「!」

長門「わ、私・・・、すごく、不安で・・・」

長門「不安っていうのも、初めてで・・・。す、すごく、心細くて・・・」ポロポロ


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:28:12.50 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・み、みんなが居てくれて、本当に良かった・・・」

長門「・・・ありがとう」ニコッ


キョン「・・・古泉、ティッシュ」トントン

古泉「切れました」トントン

みくる「・・・・・・・・・」トントントン

長門「・・・は、鼻血のときは、首の後ろをトントン叩いちゃ駄目・・・」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:29:31.99 ID:lU7vHoFm0


バタン!

ハルヒ「やっほー!おっ、みんな揃ってるわねー!!」

ハルヒ「関心関心!団長様のぉ・・・」

キョン「は、ハルヒ・・・」

ハルヒ「ん?なぁにキョン・・・。みんな?どうかした?」

古泉「あのですね・・・」

ハルヒ「・・・有希?」

長門「・・・・・・・・・」ペコ


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:31:19.95 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「有希!?な、泣かされたの!?」

長門「・・・ち、違」

ハルヒ「ちょっとキョン!有希になにしたのよっ!!」

キョン「待て待て!そうじゃない!」

ハルヒ「だって、泣いてるじゃないの!!」

キョン「ええい、だいたい長門が泣くとこなんて、見たことあるか!?」

ハルヒ「誰だって泣くときは泣く・・・、あっ?」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「・・・有希、よね?」

長門「・・・・・・・・・」コクン


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:32:58.39 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「な、なんか、違くない?」

長門「・・・・・・・・・」ブンブン

ハルヒ「きょ、キョン!どういうこと!?」

キョン「こ、これはだな、その、あー・・・」チラッ

古泉「・・・・・・・・・」コクン

キョン「・・・イメチェン、ってやつじゃないか?」

長門「!」

ハルヒ「・・・イメチェン?」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:34:31.34 ID:lU7vHoFm0


キョン「昨日、お前が長門に笑えだの、女の子らしくしろ、だの言ってただろ」

キョン「だから少し、あー、表情を緩める練習をだな。始めた、らしい」

長門「・・・・・・・・・」コクコク

キョン「長門も女の子だからな、変わりたいんじゃないか?」

ハルヒ「・・・・・・・・・」

キョン(・・・っていうのは、ちょっと苦しいか・・・)

ハルヒ「・・・泣いてたのは?」

長門「・・・ちょっと、混乱しただけ。か、彼もみんなも、関係ない」

ハルヒ「・・・なーんだ、そういうこと!」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:36:27.40 ID:lU7vHoFm0


キョン「そ、そういうことだ!」

ハルヒ「もー、有希ったら!びっくりしちゃったわ!」ガシッ

長門「あぅ」

ハルヒ「私の言ったこと、気にしちゃった?」グリグリ

長門「・・・そ、そんなことない」

ハルヒ「あーもー!可愛いわねぇ!よしよし!」ワシワシ

長門「あ、わ、わ」

ハルヒ「有希も、やっぱり女の子ねー!!」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:38:47.93 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「ほら、笑ってみて!ほら!」

長門「・・・え、えっと・・・」カァァ

ハルヒ「いいからほら!ニコッて!」

長門「・・・・・・・・・」ニ、ニコッ

ハルヒ「あー!やっぱり可愛いわ!ほら!最高よ!」


キョン(・・・ああ、最高だな!)

古泉(・・・まったく、最高ですね!)

みくる(・・・ほ、本当、最高です!)


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:40:08.65 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「やっぱり私の目に狂いはなかったわね!」

長門「・・・あ、ありがと」

ハルヒ「もー、なにこの抱きしめたい感!可愛い!」ギュッ

長門「・・・うぁ」

ハルヒ「有希〜!ゆぅきぃ〜!!」グリグリ

長門「・・・!」アセアセ


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:42:03.27 ID:lU7vHoFm0


みくる「わ、わたしもぉ!」ダッ

キョン「あっ!ズルい!!」

古泉「とんでもない裏切り行為ですよ!あなた!!」

ハルヒ「え?みくるちゃんも?」

みくる「は、はいぃ!」

ハルヒ「そうよね〜!ぎゅっとしたいわよね〜!!」

みくる「え、えいぃ」ギュッ

長門「・・・く、苦しい・・・」ジタバタ

みくる(・・・あー、幸せ・・・)


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:43:43.93 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・ひとまず、大丈夫そう、か?」

古泉「・・・ええ。そうですね。警戒するにこしたことはありませんが・・・」

キョン「しっかし、ハルヒが単純で助かったな」

古泉「いえ、とっさにしては、なかなかまともな誤魔化し方だったと思いますよ」

キョン「そうか?まぁ、不自然がられないで良かったな」

古泉「そうですね」

キョン「・・・・・・・・・」

古泉「・・・・・・・・・」


キョン「・・・混ざりたい」

古泉「・・・抑えてください。僕も限界なんです」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:45:39.61 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「―――みくるちゃん!お茶!」

みくる「は、はぁい!」

キョン「・・・古泉、今日はチェスにしよう。オセロは飽きた」

古泉「おや、チェスなら少々自信がありますよ」

長門「・・・・・・・・・」ドキドキ

キョン(基本的に、本は好きなんだな・・・)


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:46:54.83 ID:lU7vHoFm0


コポポポ・・・

みくる「・・・はい、お茶でぇす」コトッ

ハルヒ「ありがとう!みくるちゃん!」

みくる「置いておきますよぉ」トンッ、トンッ

キョン「あ、すみません」

古泉「どうも」

みくる「いえいえ〜」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:48:32.58 ID:lU7vHoFm0


みくる「・・・はい。長門さんもどぉぞ」コトッ

長門「・・・あ、ありがとう。えっと・・・」

みくる「?」

長門「・・・み、みくる」

みくる「・・・!」

長門「あ、あの・・・。ごめんなさい、馴れ馴れしく・・・」

みくる「・・・な、長門さんが、わた、わたしの・・・」

長門「・・・朝比奈さん?みくるちゃん・・・、違う、えっと・・・」

みくる「いいんですよぉ!みくるでいいんですぅ!!」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:50:27.02 ID:lU7vHoFm0


古泉「な、長門さん!」ガタンッ

長門「・・・な、なに・・・?んと・・・一樹?」

古泉「・・・・・・・・・」グッ!

キョン「な、長門長門!お、俺は!?」ガタッ

長門「・・・キョン」

キョン「あ、ああ。やっぱそっちか・・・」ストン

ハルヒ「ん?みんな、どうかした?」

長門「・・・は、ハルヒ」

ハルヒ「なぁに?有希」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:52:10.75 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・な、なんでも、ない」

ハルヒ「なぁーによっ、可愛いわね!」

長門「べ、別に・・・」

ハルヒ「・・・あ、そうだわ!」

キョン「・・・なんだー、またなんか閃いたのかー?」

長門「?」

ハルヒ「明日の不思議探検はお休み!みんなで遊びに行きましょう!」

長門「あ、遊びに・・・?」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:54:25.24 ID:lU7vHoFm0


キョン「どういう風の吹き回しだ?」

ハルヒ「せっかく有希が女の子らしくなったんだもん!次はファッションよ!」

長門「ふぁ、ファッション・・・?」ピク

ハルヒ「ショッピングよ、ショッピング!」

ハルヒ「新しく出来たショッピングモールがあるじゃない?

ハルヒ「あそこへ行って、有希の服を買いましょ!」

長門「服・・・」

キョン「それは、お前が長門を着せ替えしたいだけじゃないのか?」

ハルヒ「黙りなさい、キョン!とにかく決定なんだから!!」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:55:44.96 ID:lU7vHoFm0


キョン「まぁ、いつもみたいにだらだら過ごすよりかマシか」

ハルヒ「すっごく遺憾だけど、見逃してあげる・・・」

ハルヒ「とにかく行くわよ!有希!」

長門「・・・わ、分かった」

古泉「じゃあ、またいつもの駅前集合ということで、よろしいですかね?」

ハルヒ「そうね!遅れた人は、また罰ゲームだからね!キョン!」

キョン「俺に言うなっての」

長門「罰・・・」

ハルヒ「それじゃあ、今日はもう解散!帰っていいわよ!!」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 02:58:49.21 ID:lU7vHoFm0


バタン

ハルヒ「明日、遅れないでよ!バイバイ!!」ダッ

長門「・・・ば、ばいばい」フリフリ

古泉「・・・さて、早く終わって助かりました。僕も帰ります」

古泉「一応今回のことを、機関に報告に行ってきますね」

長門「お、お願い」

古泉「いえいえ。十分に用心するとしましょう。それじゃ」スタスタ

長門「・・・・・・・・・」フリフリ

キョン「ふぅ、なんにも無ければいいんだが・・・」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:00:04.72 ID:lU7vHoFm0


キョン「じゃあな、長門。いろいろ大変だと思うが・・・」

長門「・・・待って」ハシッ

キョン「ん?」

長門「あの、えっと・・・」

キョン「どうかしたか?」

長門「・・・た、助けて欲しい」グッ

キョン「!?」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:01:25.90 ID:lU7vHoFm0


キョン(あの長門が・・・、いや、この長門はあの長門ではないんだったな・・・)

キョン(と、とにかく・・・!俺に助けを求めている・・・!)

キョン(これは・・・、場合によっては不謹慎だが、ハルヒ様々だな・・・)

キョン「ど、どうかしたのか?」

長門「ふ、服が・・・」

キョン「え?」

長門「あ、明日着ていく・・・、服が、ない・・・」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:02:41.59 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・服?だっていつも・・・、ああ」

長門「わた、私、今まで全然気にしなかったけど・・・」

長門「まともに着て行けるのは、制服しかなくて・・・」オロオロ

キョン「制服で十分だと思うんだが・・・」

長門「だ、駄目。お出かけだから・・・」

キョン「・・・・・・・・・」

キョン(何故だろう、今物凄く贅沢をしている気がする・・・)


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:04:31.41 ID:lU7vHoFm0


長門「ど、どうしよう・・・」

キョン「・・・そうだなぁ」

キョン「今からテキトーに安い店に買いに行くとか、後は・・・」

ガチャ

みくる「・・・あれ?待っててくれたんですか?」バタン

長門「・・・み、みくる・・・!」

みくる「ふぇ?ど、どうしましたぁ!?」

キョン「・・・朝比奈さんに、借りるとか」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:06:34.68 ID:lU7vHoFm0


みくる「・・・な、なるほど、お洋服ですかぁ」

長門「・・・・・・・・・」コクン

みくる「・・・サイズが大きくなるかも知れませんが・・・」

キョン「ワンピースとかなら大丈夫じゃないですか?)

キョン「それに、明日だけ着られれば良いわぇですし」

みくる「そうですねぇ、わかりました!長門さん、わたしの家に行きましょう!」

キョン「それが良いぞ、長門。行って来い」

長門「・・・よ、よろしくお願いします」


キョン(・・・正直、買い物イベントを逃すのは惜しいけどな・・・!)キッ

みくる(・・・わたし、今日とってもツイていませんかぁ?)ニヤッ


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:08:20.68 ID:lU7vHoFm0


―――夜。

パタン・・・

長門「・・・・・・・・・」

長門「・・・つ、疲れた・・・」

長門「・・・みくる、すごく楽しそうだったな」

長門「なにも、あんなに着せなくてもいいのに・・・」

長門「こんなに洋服持たせなくても・・・」

長門「・・・・・・・・・」

長門「・・・でも、私も、楽しかった・・・」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:10:07.62 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・・・・・・・」

長門(・・・疲れたも)

長門(楽しいも、嬉しいも・・・)

長門(悲しいも、怖いも、心細いだって・・・)

長門(全部、初めて)

長門(・・・・・・・・・)

長門(すごく、新鮮で・・・)

長門(すごく、心地良い)


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:11:44.70 ID:lU7vHoFm0


長門(いままでのことを思い出しても・・・)

長門(・・・やっぱり、楽しい)

長門(今までのことを、私は楽しんでた)

長門(夏も、冬も、みんなといろいろ過ごして・・・)

長門(いろいろあって、どれも、楽しいって、思える)

長門(今も、楽しい)

長門(私は、ちゃんと・・・、楽しいって、思えてる・・・)


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:13:19.31 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・もうこんな時間」

長門「早く、寝なくちゃ」

長門「・・・・・・・・・」

長門「眠いも、眠くないも、初めて・・・」

長門「私は今、眠くない・・・」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:14:55.88 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・明日、なに着ていこうかな・・・」

長門「みくるの貸してくれた服は、どれも可愛いし・・・」

長門「・・・・・・・・・」

長門「鏡が・・・。あ、窓に映れば・・・」

長門「・・・ナイスアイディア・・・」

スッ

長門「・・・こっち?それとも・・・」

長門「これもいいけど・・・、少し、派手?」

長門「これも・・・、やっぱり、これが・・・」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:19:50.05 ID:lU7vHoFm0


―――朝。


ハルヒ「・・・なんか、みくるちゃんツヤツヤしてない?」

みくる「そうですかぁ?そんなことないですよぉ」ツヤツヤ

古泉(その様子だと、昨日何かありましたね・・・。また抜け駆けですか・・・)

キョン「・・・おーす」テクテク

みくる「あ、キョンくーん」

ハルヒ「遅いわよ!キョン!」

キョン「お前らが早いんだ。まだ約束の5分前だぞ?」

ハルヒ「もっと先を見越して行動するべきなのよ!」


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:21:48.40 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・朝比奈さん、昨日、どうでしたか?」ヒソヒソ

みくる「色々着て貰いました♪多めに貸しましたけど、どれも可愛かったですよぉ」

古泉「ちょ、kwsk」

キョン「お前はどーでもいい」

ハルヒ「さて、今日もキョンの奢りでー・・・って、あれ?」

キョン「どうした・・・」


ハルヒ「・・・有希は?」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:23:15.99 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「―――有希が遅刻って、珍しいわよね・・・」

キョン「まぁ、まだ10分過ぎただけだし・・・」

ハルヒ「別に咎めるつもりなんてないわよ!あんたは別だけどね!」

キョン「そーかい」

古泉「・・・なにか事件に巻き込まれていなければいいのですが・・・」ボソッ

キョン「・・・!じゃ、じゃあ」

みくる「あ!あれ、長門さんじゃないですかぁ!?」

キョン「お・・・?」


タッタッタッタッ・・・


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:27:43.39 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・はぁっ、はぁっ・・・!」

キョン「お、おい!大丈夫か?」

長門「・・・ごめっ・・・、なさぃ・・・、遅れ・・・」

ハルヒ「な、なに言ってんのよ!そんな日もあるわよ!」

長門「・・・でもっ・・・!」ヒューヒュー

古泉「と、とりあえず落ち着いて・・・、ね?深呼吸ですよ」

みくる「だ、誰も怒ってませんからぁ!いいんですよぉ!」サスサス

長門「・・・っ・・・っ」ゼェゼェ


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:29:34.34 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・落ち着いたか?」

長門「・・・う、ん」ハァ・・・

ハルヒ「め、珍しいわね、有希が遅れるなんて・・・」

長門「・・・ご、ごめんなさい。ちょっと・・・」カァァ

ハルヒ「いいってば。それよりも・・・」

長門「?」

ハルヒ「・・・もっと珍しいわよね!制服以外の有希!」

長門「・・・あ、えっと」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:32:19.61 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「可愛い可愛い!似合ってるわ!」

みくる「・・・あ、やっぱりアレにしたんですね。すごく気に入ってましたし」ボソッ

キョン「朝比奈さん良い仕事しますね」ヒソヒソ

みくる「ふふ、でも、選んだのは長門さんですよ♪」ヒソヒソ

古泉「とても良く似合っていますよ」

長門「な、なんか・・・恥ずかし・・・」

ハルヒ「なーに言ってんのよ!ばっちりだってば!」

キョン「団長のお墨付きってわけだ。胸張っていいぞー」

長門「・・・う、うん」カァァ


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:34:01.32 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・じゃあ、行きましょうか!喫茶店寄る?」

キョン「必要ないんじゃないか?向こうで昼飯にしちまおう」

長門「・・・!」

ハルヒ「それもそうね・・・。このまま向かっちゃいましょう!」

ハルヒ「罰ゲームはそこでね!今日の罰ゲームは・・・」


長門「・・・わ、私」シュン


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:35:27.84 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・・・・・・・」

キョン「・・・・・・・・・」

長門「・・・ば、罰ゲームは、絶対、だから・・・」

ハルヒ「・・・い、いいの!有希は奢らなくていいのよ!」

長門「そ、そんな・・・」ドキッ

ハルヒ「キョンが!キョンが奢りたがってるから!」

キョン「お、おう!俺もなんだか奢りたい気分!!」

長門「・・・でも・・・」


古泉「面白いくらい涼宮さんたちは長門さんに甘いですね」ヒソヒソ

みくる「まぁ、わたし達も例外じゃありませんよぉ」ヒソヒソ


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:37:21.78 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「ゆ、有希に奢らせたらいけない気がするのっ!」

長門「わ、私だからといって、特別扱いはよくない・・・!」

キョン「俺が奢りたいんだ!こう、ぱぁっとな!」

長門「そ、そんな人間はいないはず!」

ハルヒ「きょ、キョンはアホだから!」

キョン「そう、俺はアホだから!!」

長門「でもっ・・・」


古泉「こじれてますねー」ヒソヒソ

みくる「平和ですねー」ヒソヒソ


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:39:35.24 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「とにかく駄目ー!」

長門「な、何故・・・!」

ハルヒ「駄目ったら、駄目なの!」

長門「わ、私は・・・」ウルッ

ハルヒ「うぇ!?」

キョン「うお!?」

長門「わた、私は・・・」グスッ


古泉「・・・はいッ!」ビシッ!

ハルヒ「は、はいっ!古泉くん!」

古泉「こういうのはどうでしょうか?」

ハルヒ「な、なに!?」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:42:24.73 ID:lU7vHoFm0


古泉「涼宮さんの選んだ服を、長門さんが絶対に買う・・・」

長門「・・・?」

古泉「・・・という罰ゲームです。長門さんに同じ金額を使わせるんなら、問題ないでしょう?」

長門「そ、それは罰じゃな・・・」

ハルヒ「・・・採用!!」ビシッ

キョン「決定ー!!」ビシッ

みくる「賛成でぇす!」ヒョイッ

長門「・・・え、あ」

古泉「だ、そうです。いいですよね?」ニコッ

長門「・・・ん、む・・・」コクン


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:44:46.32 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「ほらほらっ、有希!行こっ!」パシッ

長門「・・・う、うん」

ハルヒ「れっつ、ごーっ!」ダッ

長門「ま、待って、早い・・・!」タッ

キョン「・・・ふぅ、助かった、古泉」

古泉「甘やかす形での特別視は、時に疎外感を生みますからね」

キョン「悪かったよ。・・・あの顔を見るとどうしても、な」

古泉「痛いほど良く分かりますよ。おそらく涼宮さんもそうでしょう」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:49:06.73 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「〜♪」ブンブン

長門「・・・っ」アセアセ


キョン「しっかし・・・」

古泉「ええ・・・」

みくる「はい・・・」


キョン(・・・俺も手、繋ぎたいなぁ)

古泉(・・・僕も手を繋ぎたいですね・・・)

みくる(・・・私も手を繋ぎたいです・・・)


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:50:48.65 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・そういえば、どうして遅れたの?」

長門「な、内緒」

ハルヒ「えー?怒ってないのよ?」

長門「そ、それでも、駄目」

ハルヒ「寝坊とか・・・」

長門「・・・ち、違う」。全然、違う」ブンブン

ハルヒ「ふーん。ま、いいけどね!」


長門(・・・楽しみで、眠れないなんて・・・)

長門(こんなこと、あるんだ・・・)


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:52:44.72 ID:lU7vHoFm0


―――ショッピングモール。

ハルヒ「さ、さ!どこ行く?どこ行く!?」

キョン「団長様にお任せするよ」

古泉「同じく」

みくる「私もですー」

ハルヒ「有希は、どこか見たいとこある!?」

長門「ぜ、全然分からないから・・・」

ハルヒ「んー、じゃあ、テキトーに片っ端から見ていきましょうか!」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:56:31.66 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「―――これはどう!?」

長門「・・・か、可愛い」

みくる「こっちもいいと思いますよぉ」

長門「ん・・・、迷う・・・」

ハルヒ「どっちも着ていいのよ!着るのはタダなんだから!」

長門「で、でも・・・」

ハルヒ「ほら!試着室いくわよ!」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 03:58:48.81 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・き、着たけど・・・」

ハルヒ「お、どう?サイズは?」

長門「・・・大丈夫」

ハルヒ「よかった。出てらっしゃい!見せて見せて!」

長門「え、は、恥ずかしい・・・」

ハルヒ「みんなー!有希着替え終わったってー!」

長門「よよよ呼ばないでっ・・・」


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:01:28.88 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「開けるわよー!」

シャアッ

長門「わっ・・・」

キョン「・・・おぉ」

古泉「・・・ふむ」

みくる「・・・わぁ」

長門「・・・変・・・じゃない・・・?」

ハルヒ「・・・なに言ってんのよ!めちゃくちゃ可愛いじゃないっ!!」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:02:49.86 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・そ、そう?」

みくる「うんうん!とっても似合ってますよぉ!」

キョン「・・・おう、かなーり、いい線だぞ」

古泉「やはりモデルがいいんでしょうね。大変良くお似合いですよ」

長門「そ、そんな、私・・・」カァァ

ハルヒ「うーん、有希の魅力を引き出しているわ!」

ハルヒ「やっぱり私の見立ては正しかったようね!」

キョン「この服は、ハルヒが選んだのか」

ハルヒ「そうよ!なかなかのもんでしょう!」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:05:12.64 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「有希、回ってごらん?」

長門「・・・こう?」クルン

みくる「あ、背中のフリル、いいですねぇ〜」

長門「そ、そう・・・?」クルン

ハルヒ「うんうん!似合う似合う!」

長門「・・・・・・・・・」クルンクルン

キョン「気に入ったか?」

長門「・・・う、うん」コクリ


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:07:35.58 ID:lU7vHoFm0


キョン「じゃあハルヒ、これを・・・」

ハルヒ「じゃ、次はこっち!」

長門「え?」

キョン「また着せるのか?」

ハルヒ「もちろんっ!絶対こっちも似合うんだから!」

長門「で、でも・・・」

ハルヒ「いーからいーから!これも可愛いでしょ?」

長門「・・・可愛い」コクン


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:12:05.19 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「有希はなに着せても似合いそうだもんねー!」

キョン「まさか、もっと着せるつもりか?」

ハルヒ「なーに言ってんのよ!まだ一件目じゃない!」

キョン「はぁ?」

ハルヒ「今日はとこっとん、周るの!覚悟しなさい!」

長門「え、でも」

ハルヒ「ほら、有希はきーがーえーてー!日が暮れちゃうわ!」


キョン「わ、我らが団長はタフだな・・・」

みくる「女の子ですからねぇ」

古泉「よほど楽しいんでしょうねぇ」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:16:19.82 ID:lU7vHoFm0


―――それから私達は、いろいろなお店を、見て周った。

     本の中でしか見たことの無いものばかりで、私にはそのひとつひとつが新鮮だった。

     みくるも、一樹も、キョンも、・・・ハルヒも。

     みんな、私のことばっかりで、自分の買い物をしないで。

     私が空腹を我慢していたのをキョンに見破られて、みんなで昼食を食べて。

     話して、食べて、笑って。

     みくるが食器を重ねて片付けてくれて。食べた後、一樹が本屋さんに連れて行ってくれて。

     それから、また、服を見て。アクセサリーもみて、雑貨も見て。

     たまに、別行動を取ったりしながら、それでもみんなで周って。

     着て、脱いで、悩んで。また、笑って。

     歩き回って、楽しくて。いつしか時間も忘れてて。

     ずっと一緒に居たいって、強く、強く、思った・・・。


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:21:43.79 ID:lU7vHoFm0


キョン「―――お。もうこんな時間なのか」

ハルヒ「あら、本当ね」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「いやー、楽しくて楽しくて、あっという間ねー!」

キョン「本当、お前ばっかり楽しんでたよな。長門を連れまわして」

ハルヒ「そ、そんなこと・・・」

長門「・・・そんなこと、ない」

キョン「ん?」

長門「わ、私・・・!とても、楽しかった・・・!」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:27:04.94 ID:lU7vHoFm0


長門「ずっと、ずっと、この時間が続けばいいと、思った」

長門「で、出来れば終わってほしくない、とも、思った・・・」

ハルヒ「・・・・・・・・・」

長門「寂しいけど、それは、仕方ないことだから・・・」

長門「で、でもっ、そのくらい!本当に、楽しかった・・・」

長門「こんなの、初めてで・・・、わ、私・・・」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:29:11.56 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・そっか。俺も、楽しかったよ」ポン

古泉「僕もです。色々な長門さんも見れましたしね」

みくる「わたしもそうです。全然疲れませんでしたしねぇ」

ハルヒ「良かったわ、有希!また来ようね!」

長門「うん、来たい。また、みんなと一緒に・・・」


ハルヒ「・・・でも、なーんか忘れてない?」

長門「・・・あ」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:32:12.09 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・ああ、そういえばそうだったな」

長門「・・・罰ゲーム」

ハルヒ「そうねぇ、何を有希に買わせようかしら」

長門「・・・・・・・・・」ゴクリ

ハルヒ「・・・なぁーんてね。もう考えてあるのよ」

長門「・・・な、なに?」

ハルヒ「今日来た服で、一番有希が気に入った服を買いなさい」

長門「・・・え」

ハルヒ「それが、遅れてきた罰ゲーム・・・」


ハルヒ「・・・団長命令よっ!」


169 名前:動けっ・・・!動けよぉっ・・・!![] 投稿日:2009/06/07(日) 04:48:40.11 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・い、いいの?」

ハルヒ「良いも何も、命令は絶対なの。そうでしょ?」

キョン「んー、残念ながら、そうだな」

古泉「そうですね、団長命令ですから、仕方ありませんよ」

みくる「これは長門さんも、観念するしかないですねぇ」

長門「・・・あ」

長門「・・・あり、がとう」


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:55:03.42 ID:lU7vHoFm0


―――すっごく悩んで、一番最初のお店の、一番最初の服にした。

     キョンは「だったら周る必要なかったかもな」、とちょっと呆れて、

     ハルヒに「女の子だからいいのよ!」と怒られた。

     一樹とみくると私は、それを見て笑った。


     ショッピングモールを出て、満点の星空の下を、みんなで歩いた。

     星の上には今でも、統合思念体が居るのだろうけど、

     ちょっとだけ、もうちょっとだけ、休ませて。と、

     心の中で謝った。

     ハルヒと手を繋いで。キョンと話して、一樹と笑って、みくるにお礼を言った。

     私達は、いつの間にか、いつもの集合場所に戻っていた。



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 04:59:11.54 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「―――はい、お疲れ様!」

キョン「あー、帰ってくると、とたんに疲れるな」

古泉「時間を忘れるとは、このことですね」

みくる「すっごく、楽しかったですねぇ!」

長門「・・・うん」

ハルヒ「・・・あ、そうだ。キョン!忘れるところだったわ!」

キョン「お、ここにあるぞ」ガサッ

長門「・・・?」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:03:22.30 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「はい、有希!これ!!」ガサッ

長門「な、なに?」

ハルヒ「みくるちゃんが可愛いのを見つけて来てねぇ」

長門「可愛い・・・?」

ハルヒ「せっかくだから、プレゼントにしたのよ!」

長門「・・・プレ、ゼント?」

キョン「ま、お世話になってるお礼。ってとこかな」

古泉「いつもの長門さんに渡しても、ちょっと味気ないですからね」

みくる「値段は大したことないんですが・・・。あ、どうぞ開けてみてください」

長門「・・・・・・・・・」ガサガサ


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:04:44.14 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・っ」


―――金色の羽根の形をした、小さな栞。


長門「・・・綺麗・・・」

ハルヒ「有希の本って大体分厚いから、紐がついてるとも思ったんだけど・・・」

ハルヒ「有希=本、みたいなもんだしね!栞よ!使って!使わなきゃ飾る!」

キョン「無茶なことを・・・。まぁ、安直だが、そういうこった」

長門「・・・・・・・・・」

キョン「・・・長門?」


長門「・・・・・・・・・」ポロポロ


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:07:49.14 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・ゆ、有希!?」

キョン「ど、どうした?どっか痛いか?」

長門「・・・・・・・・・」フルフル

古泉「これは・・・」

みくる「な、長門さん!?」

長門「・・・うれっ、しくて・・・」ヒック

長門「・・・嬉しくて、・・・な、涙って・・・」ポロポロ


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:10:51.28 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「な、泣くほど嬉しかった?お、大げさよぉ!」

長門「・・・・・・・・・」フルフル

ハルヒ「・・・ま、喜んでくれて良かったわ。ドッキリの甲斐があったわね!」

長門「・・・ほんと、いい、迷惑・・・」ゴシゴシ

ハルヒ「なにおぅ!?」

長門「・・・嘘。びっくりした」

長門「ありがとう、ハルヒ」

ハルヒ「・・・ど、どうってことないわよ!このくらい!」


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:14:02.95 ID:lU7vHoFm0


長門「・・・キョンも」

キョン「ああ」

長門「一樹も、みくるも・・・」

古泉「ええ」

みくる「はい!」

長門「本当にありがとう。嬉しい」

長門「私は、この嬉しいを、忘れない」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:16:35.39 ID:lU7vHoFm0


長門(その前のことも、全部、全部)

長門(私がみんなのとこを大好きっていう気持ちも)

長門(ずっと一緒にいたいって気持ちも、全部)


長門(忘れない)


長門「・・・だから、元の私に戻っても・・・」

長門「私が、覚えてるってことを」


長門「忘れないで―――」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:19:48.62 ID:lU7vHoFm0


―――月曜日。


長門「・・・・・・・・・」ペラ

キョン「・・・ハルヒが飽きた・・・ってことで、いいのか?」

古泉「どうでしょうね・・・、そうとは考えにくいんですが・・・」

ハルヒ「ねぇー、有希ぃ!なんでぇ?イメチェンは?ねぇ!?」

長門「終わり」

ハルヒ「嘘よ!すっごい、楽しんでたのに!」

長門「・・・・・・・・・」ペラ

ハルヒ「お願いだからぁ・・・!笑ってよっ!!」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:21:11.95 ID:lU7vHoFm0


キョン「・・・じゃあ、原因は、ハルヒじゃなかったってことか?」パチン

古泉「いえ、原因が涼宮さんだということは間違いないのですが・・・」

キョン「ですが?」パタパタパタ

古泉「・・・そうですね・・・」

古泉「涼宮さんは心のどこかで、いつもの長門有希も、好いていたのではないでしょうか」パチン

キョン「はぁ?じゃあ、『こっちの長門も捨てがたい!』ってことか?」

キョン「いくらなんでも、そりゃわがまますぎじゃ・・・」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:22:52.15 ID:lU7vHoFm0


古泉「いえ、微妙に違うんでしょう」パタパタ

キョン「と、いうと?」パチン

古泉「涼宮さんは、今回のことで、『長門有希そのもの』を好きになったのです」

キョン「はぁ」パタ


ハルヒ「有希!有希ー!」

長門「・・・・・・・・」ペラ

ハルヒ「笑ってってばー!昨日みたいに!」

長門「できない」ペラ


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:24:09.86 ID:lU7vHoFm0


古泉「つまり、『どちらの長門有希が良い』ではなく・・・」

古泉「・・・『どちらの長門有希も良い』んですよ」パチン

キョン「・・・どっちでもいい?」

古泉「そんな投げやりなことではなく、むしろもっと大きな・・・」

古泉「そうですね。クサいですが、愛情のようなものですかね」パタパタパタ

キョン「ふーん・・・」


ハルヒ「み、みくるちゃんも、お願いして!」

みくる「わ、わたしはこっちの長門さんも・・・」

ハルヒ「なに訳のわかんないこと言ってるの!早く!」


202 名前:歩くのがこんなに難しいなんて・・・![] 投稿日:2009/06/07(日) 05:51:03.46 ID:lU7vHoFm0


キョン「じゃあ、今の長門はどっちなんだ?」パチン

古泉「難しいですが・・・、僕の仮説が正しければ、どちらも、ですね」

キョン「・・・中間ってところか?」パタ

古泉「ええ。もしくは、プラス・・・、つまり、もっと大きなものかも」パチン

キョン「なるほどな・・・」

古泉「・・・お、ここはすごいですよ・・・」パタパタパタパタパタ・・・


203 名前:歩くのがこんなに難しいなんて・・・![] 投稿日:2009/06/07(日) 05:52:21.35 ID:lU7vHoFm0


キョン「とにかく、学んだことは・・・」

古泉「はい?」

キョン「・・・感情のある長門は、可愛い」パチン

古泉「・・・ええ」

キョン「無い長門も、まあ、可愛い」パタパタ

古泉「・・・同感です」

キョン「そして、鼻血はその気になれば止められるってことかな」パタパタパタ

古泉「・・・朝比奈さんは一回駄目でしたね」

キョン「まぁ、そこは仕方ないだろう。あの人は散々近かったし」パタパタパタ・・・

古泉「そ、それより僕の白が・・・」

キョン「・・・お前の圧倒的なオセロの弱さも、追加してやる」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:55:02.48 ID:lU7vHoFm0


ハルヒ「・・・むぅ。有希の馬鹿・・・」

長門「・・・・・・・・・」ペラ

ハルヒ「もー、知らないんだからー」ブツブツ

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・・・・」ツーン

長門「・・・ハルヒ」ボソ

ハルヒ「?」

長門「・・・・・・・・・」

ハルヒ「・・・有希、呼んだ?」

長門「・・・呼んでない」ペラ


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 05:59:28.80 ID:lU7vHoFm0


―――夜。


長門「・・・・・・・・・」

長門「・・・不思議な体験をした」

長門「まるで、人間のように、涼宮ハルヒ達と、買い物をし・・・」

長門「まるで人間のように、一喜一憂した」

長門「これが涼宮ハルヒの力によるものであることは分かっている」

長門「私は服を買い、贈り物までしてもらい、それで・・・」

長門「・・・・・・・・・」


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 06:01:25.17 ID:lU7vHoFm0


長門「栞は、常備持ち歩いている。本来の使い方と異なるが、仕方ないと判断」

長門「・・・この服は・・・」

長門「・・・着ないと、もったいない」

長門「・・・?」

長門「・・・もったい、ない?」

長門「・・・・・・・・・」

長門「・・・・・・・・・」クルン


―――窓ガラスに映る私が、笑った気がした。


END




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/07(日) 06:08:00.18 ID:lU7vHoFm0

やっと終わった!寝れる・・・!もう朝じゃん・・・!!

本当は日をまたごうと思ったんですが、なんだかんだ言っておわしました。ごめんなさい。
途中のさるさんにあしどめされまくってごめんなさい。
寝かせないでごめんなさい。いや、仕事はちゃんと行って・・・。
そういえばなんだかんだ言ってハルヒSSは初めてです。似てようが始めてです。
駄目だ、寝ます、どうもありがとう。
僕はどちらかといえば朝倉派です。おやすみなさいノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:一日目 俺「おっぱい見せて」 長門「嫌っ」