キョン「暇だし安価で古泉に何かしてみるか。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョンが長門に嫌われたようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 13:11:52.43 ID:vylDdxJn0

キョン「というわけで>>5たのんだぞ。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 14:01:15.83 ID:tslBC8U0O

お前ハルヒのこと好きなんだろと訳知り顔で言う

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:16:41.20 ID:PHxBvTit0

キョン「なぁ、古泉」
古泉「なんですか?」
キョン「突然で戸惑うかも知れないが…一つ聞いてもいいか?」
古泉「ええ、構いませんよ」
キョン「…お前、もしかしてハルヒの事が好きなんじゃないか?」
古泉「…そうですね。少なくとも、嫌いではありません。ですが、恋愛対象、とも違うような気もします」
キョン「ハッキリしないな」
古泉「ンッフ、そもそも、神に恋するなど、恐れ多いことです」

いまいちしっくりこない解答だな
まあいいや、次はどうする>>13

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:21:02.31 ID:01tzgJvRO

加速

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:22:38.79 ID:PHxBvTit0

キョン「仕方ない、再安価させて貰うぞ>>18
しかし、案の定伸びはイマイチだな」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:23:16.09 ID:01tzgJvRO

長門の髪を触る

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:31:52.15 ID:PHxBvTit0

古泉になんかするってスレタイだった気がするが、まぁ>>1も居ないし気にするほどでもないな

キョン「そうか、まぁ、そんなモンだよな」
古泉「ご納得頂けましたか」
キョン「しっくりこなさは否めないがな。…長門、ちょっとこっち来いよ」
長門「……何」トコトコ
キョン「いや、特に用はないんだが。しかし、長門の髪は指通りが良いな」ナデナデ
長門「……そう」
古泉「おやおや、仲睦まじいですね」
キョン「そう見えるか」
古泉「ええ。長門さんも、まんざらでもないように見えます」
長門「………」
キョン「ふむ」

ガチャ
ハルヒ「はーい!皆集まってる!?団活を……」
ハルヒ「な、何やってんのよキョン!!有希から離れなさいよ!」

五月蝿いのが来たな
どうする?>>29

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 14:35:14.53 ID:kKo6lFHR0

長門に愛の告白

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:42:18.84 ID:PHxBvTit0

また無茶な安価が来たな
仕方ない、なるようになれ!

キョン「ハルヒ、いくら団長様のご命令でもな、こればかりは譲らないぞ」
ハルヒ「な、なんでよ!?いいから離れなさいよ!」
キョン「……分かった。今、俺はここで声を大にして宣言しよう。……俺は、長門が好きだぁぁぁ!」
ハルヒ・古泉「……え?」
長門「……そう」
キョン「……」

空気が止まったぞ、どうしてくれる

ピリリリリ
古泉「あ、はい……分かりました」
ピッ
古泉「急用でして、バイトに行ってきます」

……すまん、古泉
何とかしなければ……>>39

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 14:44:15.47 ID:kKo6lFHR0

押し倒せ

54 名前:キョン[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:56:15.26 ID:PHxBvTit0

どうやらこのスナイパーは、よほど世界が憎いらしいな
まったく、勘弁してくれ

キョン「長門、お前はどうなんだ」
長門「……私の持ちうる情報には、そのようなデータが存在しない。……でも、貴方に対して私という個体が好意を抱き始めている可能性は、ゼロでは無い。……よくわからない」
ハルヒ「そ、そうよ!有希がアンタなんて好きなわけないじゃない!ありえないわよ!!」
キョン「そうか…。ならこれはどうだ?」
ドサッ
ハルヒ「………ッ!?」パクパク
キョン「長門、今お前は俺にのしかかられているわけだが、嫌か?」
長門「……嫌ではない」
キョン「…だろうな」

そもそも、ヒューマノイドなんちゃらに押し倒されて嫌がる感情があるわけがないんだ
わかってたさ、そんなこと
さて、マズイな、そろそろ本気で古泉が危ない……>>59


(おまけ)
古泉「う、うわ!神人が巨大化した上増えてきています!増援を、増援をー!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 14:58:20.30 ID:BHengQGO0

ズボンを脱ぐ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 15:15:44.97 ID:PHxBvTit0

お前ら、限度ってモンを知らないらしいな。そんなに世界が憎いか、オイ

キョン「さて…抵抗が無いようなら、先に進むが良いのか?」
長門「……いい」
少し顔を背けたな。って事は、何をやるのかはある程度知ってるってことか。不覚にもときめいちまったのは内緒だ
キョン「そうか。それじゃ、遠慮なく」カチャカチャ
ハルヒ「ちょ、ちょっと何やってんのよキョン!神聖な部室でそんな行為は許さないんだからね!?死刑よ、死刑!」
今、死刑より危ない状況にあるってことを、神様自身は知らないんだから、無責任にも程があるな
ハルヒ「とにかく、はーなーれーなーさーいーよー!」
とうとう襟首を掴んで引っ張りあげてきやがった!当然の流れだが痛い痛い痛い

キョン「い、痛いぞハルヒ!分かったから離せ!」
ハルヒ「はーなーれーなーさーいー!」
キョン「わ、分かった!分かったから!」
急いで長門から離れなければ死んじまう…
っておわっ!?
キョン「うわっ!」ハルヒ「きゃあっ!」
ドサッ

マズイ、バランスを崩してハルヒを下敷きにしちまった…この状況は……

みくる「すみませ〜ん、遅れちゃいました〜………ひっ!?」

第三者から見りゃ、そうなるわな。さて、どう弁解するか>>74

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 15:17:25.85 ID:kKo6lFHR0

弁解などしない、周りが虚を疲れたこの隙に
長戸にキスをしそのままやっちゃえ、見せ付けるように

90 名前:キョン[ちょくちょく名前欄忘れるわ] 投稿日:2009/05/30(土) 15:35:02.21 ID:PHxBvTit0

ID:kKo6lFHR0、末代まで恨んでやろうこのスナイパーめ

キョン「朝比奈さんですか、どうも」
みくる「あ、あの、キョン君、これってどういう…」
キョン「見てわかりませんか?愛しあうんですよ」

長門、すまんな。お前の唇は俺が貰うぞ。
……瑞々しい薄紅色の唇が、酷く劣情をもよおさせる……ってイカンイカン、あくまで安価なんだ、俺の意思じゃない

長門「……んっ」ぷちゅっ
みくる「ひゃあっ!」
ハルヒ「………ッ」チーン
キョン「んっ…ふっ…はぁっ…」ぬちゅっ、むちゅっ、くちゅっ
長門「んっ……ふぅっ……」くちゅっ、びちゃっ、ぶちゃっ

ハルヒは完全に意識がどっか行っちまったらしい
鯉みたく口をパクパクさせてやがる
朝比奈さんは手で覆い隠しても分かるくらいに顔を真っ赤にしてるし、長門は……なんだか、やぶさかでもなさそうなんだよなぁ…

キョン「…ぷはっ」
長門「……ふっ…は…」

とりあえず、ご馳走様でした
どうするかな>>100

にしても、急に伸びてきたな
レスの遅さは許して欲しい

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 15:39:10.81 ID:kKo6lFHR0

長門を妊娠させる

114 名前:キョン[] 投稿日:2009/05/30(土) 15:44:53.67 ID:PHxBvTit0

ID:kKo6lFHR0、もうお前が新しい神で良いよ

キョン「長門、お前、子供には興味あるか?」
長門「……子供、という個体の生態には興味がある。……もし、貴方の質問の意図が繁殖にあるなら、期待しない方がいい」
キョン「繁殖って……なんでだ?」
長門「私たちには、生殖機能がない」
キョン「なん…だと…」

仕方がない、安価は実行できないな。
どうするんだ、>>124

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 15:47:09.16 ID:5WWS2/sD0

長門と付き合う事にして二人は幸せになる
ハルヒの醜い嫉妬で小泉は死ぬ

145 名前:キョン[] 投稿日:2009/05/30(土) 15:55:45.05 ID:PHxBvTit0

お前らの鬼畜さはよく理解できた…
もうどうにでもなれ

キョン「長門……子供はいらない。俺と、付き合って欲しいんだ」
長門「……付き合う?」
キョン「ああ」
長門「……よく、分からない」
キョン「そうだな。…つまり、不思議探索が無くても二人で会ったり、どっちかの家にちょくちょく遊びに行ったり、今みたいなことをするって事だ」
長門「……私という個体は、構わない。……でも、情報統合思念体からの許可が降りない」
キョン「親の壁ってヤツか……!」

二度も続けて安価が実行できなかったが、まだつづけるか?>>155

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 15:58:40.60 ID:twZe62kjO

だからハルヒを抱け

171 名前:キョン[] 投稿日:2009/05/30(土) 16:08:54.45 ID:PHxBvTit0

キョン「そろそろ、ハルヒも起こさないとな」

さっきからハルヒも朝比奈さんも空気だし、古泉に至っては生きているかもわからん
この辺りで俺×長門ワールドから抜け出さなければ

キョン「ほら、起きろハルヒ」ユサユサ
ハルヒ「…う、うーん…」
キョン「いつまで寝てるんだ。起きろ」
ハルヒ「……あ、あれ?なんで私、寝てんだろ…」

どうやら記憶がないらしい
好都合だ

キョン「ハルヒ…」ギュッ
ハルヒ「ひゃわぁっ!?な、な、なんなのよバカキョン!?」

抱きしめてみたが、後が続かん。
どうしたもんか>>180

(おまけ)
古泉「ハァッ、ハァッ……あれ?急に神人が減っていってますね…何があったんでしょうか?
まぁ、何はともあれ助かった、と言うべきでしょうか…」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 16:08:32.51 ID:/rCl1hrj0

ハルヒ殴って突き放し、古泉に連絡を入れる

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 16:10:47.74 ID:LTyHFbfe0

>>170
>>170
>>170
>>170
>>170
>>170

202 名前:キョン[お前らは女子をなんだと思ってる] 投稿日:2009/05/30(土) 16:21:46.14 ID:PHxBvTit0

女子に手を上げるのは嫌だが、安価だからな、仕方がない…
もう世界とか知るか

キョン「そぉい!」バシーン
ハルヒ「いたぁっ!何すんのy…」
キョン「わっせろーい!」ドサッ
ハルヒ「きゃあっ!?」

ピパポポピ

キョン「もしもし!?古泉か!!」
携帯「どうもー、いっちゃんで〜す。ただいま電話に出ることが出来ません。発信音の…」

やっぱりな。
このやたらムカつく音声は無視していいとして、ハルヒは無視するわけにもいかないよな、やっぱ…>>215

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 16:25:34.02 ID:OlK3OLZ40

ハルヒに愛撫しながらみくるをがんみ

236 名前:キョン@純日本人[お腹減ったお(′・ω・)] 投稿日:2009/05/30(土) 16:46:38.32 ID:PHxBvTit0

朝比奈さんを救う安価が来たが、俺を救う安価が来ないのはどうしてだ

キョン「ハルヒ、さっきは突然叩いたり突き飛ばしたりして悪かったな」
ハルヒ「本当よ!おかげで頬とお尻がヒリヒリするわよバカキョン!」
キョン「そうか、頬とお尻が痛いんだな」ナデナデ

結構柔らかいな、ハルヒの尻は。掌に吸い付くみたいだ。頬もふっくらしてるし、なにより肌もきめ細かいから、癖になりそうだ

ハルヒ「ちょ、ちょっとどこ触ってんのよキョン!」
キョン「お前がガキの頃に、親がよく痛いところを撫でたりしなかったか?」ナデナデ
ハルヒ「し、したけど…」
キョン「俺がやってんのはそれだ。他意はない」サワサワ
ハルヒ「そういう問題じゃ……ふぁんっ!」ビクッ

朝比奈さんは、部室に来てからずっと真っ赤な顔を手で覆い隠してへたり込んでいる
眺めるのは構わないが、全く動きがないな

ハルヒ「ちょっとキョン!なにみくるちやんを見てるのよ!」
キョン「え、ああ」

言い訳するべきか?>>247

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 16:51:08.94 ID:qpN7Ji6l0

kskst

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 16:51:09.39 ID:ojWCrR/vO

すまんすまん、長門の貧乳と朝比奈さんの巨乳のどちらに正義があるか考えてた
あ、お前の普乳はツマらんから最初から対象外にしてる

271 名前:キョン[お腹鳴ってるお( ′・ω・)] 投稿日:2009/05/30(土) 17:07:17.58 ID:PHxBvTit0

よく分かった。お前たちは余程ハルヒが嫌いらしいな。まぁ、俺もこいつのワガママにはウンザリしているが。

ただな、ハルヒは巨乳なんだよ

キョン「すまんすまん、長門の貧乳と朝比奈さんの巨乳のどちらに正義があるか考えてたんだ 。あ、お前の普乳はツマらんから最初から対象外にしてるぞ」
ハルヒ「なっ…!?あ、私だって胸大っきいわよ!そりゃ、みくるちゃんほどじゃないけど……」
キョン「部室基準だと見事に中間乳なんだよお前は。はっきり言って、乳に関してキャラが薄い」
ハルヒ「な、なんですって!?聞き捨てならないわよ、バカキョン!!」

すまんなハルヒ。それもこれも安価が悪いんだ…

ハルヒ「むーっ……。だ、だったら比べるわよ!みくるちゃん!有希!立ちなさい!」
みくる「ふ、ふえぇ?」
長門「……」スクッ
キョン「まて、訳が分からないぞハルヒ」
ハルヒ「胸は大きさじゃないの!如何に手に馴染むかが重要なのよ!だからいまここで、揉み比べなさい!!」
みくる「ひぃっ!?」
長門「……」

まて、どんなエロゲ的展開だ、これは。
どうすればいい、>>285

(おまけ)
古泉「さっきから神人が減ったり増えたり!何をしてるんですか彼は!」ドカンバコン

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 17:04:37.22 ID:sWp162kz0

ハルヒを縛り付けて、長門、みくる、鶴屋さんと遊びにいく

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 17:10:39.18 ID:En4Fsgbn0

>>270
>>270
>>270
>>270
>>270
>>270
>>270
>>270

305 名前:キョン[スレの方向性が分からないお…] 投稿日:2009/05/30(土) 17:29:44.45 ID:PHxBvTit0

やっぱり揉み比べなんて出来るわけがないだろう、バカハルヒ

キョン「そんなこと出来るか。お前は周りの事を少しは考えろ」
ハルヒ「な、なによ!キョンの癖に生意気よ!」
キョン「ハァ…ハルヒ、少しじっとしてろ」シュルシュル
ハルヒ「な、何すんのよ!?」
キョン「たまたま手元にあった紐でお前の両手を後ろに縛り上げている」シュルシュル
ハルヒ「そんな説明じみたセリフは求めてないわよ!離しなさい!!」
キョン「だが断る」キュッ

ハルヒはジタバタと暴れているが、紐が解ける様子もない
これなら安価実行出来そうだな

キョン「さて、長門、朝比奈さん。どっか遊びに行きませんか?鶴屋さんも呼びましょう」
みくる「え、でも、涼宮さんは…」
キョン「ほっときましょう」
ハルヒ「キョン!私を置いて行くなんて許さないわよ!バカキョン!!」

俺は暴れるハルヒを尻目に、朝比奈さん&長門と部室を出ようとした
だが…

ハルヒ「……キョン…私を…置いて行かないで……お願い…」ポロポロ

な、泣き出されちまった!
やりすぎたか、フォロー頼むぞ>>320

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/30(土) 17:33:11.52 ID:8zEQcfY4O

ゲロ吐くまで腹に蹴り入れる

347 名前:キョン[こ、怖いお…(′;ω;)] 投稿日:2009/05/30(土) 17:38:36.12 ID:PHxBvTit0

流石に>>320を実行するのは気が引ける
だから>>360あたりで、実行するかしないかを決めよう
多分、この選択でこのスレの方向性が決まるんじゃないか

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 17:40:56.69 ID:kUIAufQ50

雑巾で涙を拭いてあげながら優しく「俺お前の事嫌いなんだ」と囁き
口に雑巾を詰めて、長門、みくる、鶴屋さんと遊びにいく

これくらいならいいだろ

393 名前:キョン[皆ドSさんだお…] 投稿日:2009/05/30(土) 17:58:07.58 ID:PHxBvTit0

仕方がない、>>360でいこう。古泉、この世界、じゃあな。また、会えたらいいな。

キョン「ハルヒ…」スタスタ
ハルヒ「ひぐっ…何、キョン?」
キョン「ほら、涙拭けよ」スッ
ハルヒ「キョン……!」ぱあっ

キョン「お前の泣き顔見てるとな、反吐がでるんだよ。とっとと涙でグシュグシュになった面拭けよこのキチガイがよ。」グシグシ
ハルヒ「い、痛いっ…!」
キョン「ああ、痛かったか、そりゃすまん」ナデナデ
ハルヒ「ひぐっ……」
キョン「あのなあ、ハルヒ。俺なぁ、お前が大っ嫌いなんだよ。このまま死ね、阿婆擦れ」グシッ
ハルヒ「はぐっ!」

俺はハルヒの口に雑巾を詰めると、朝比奈さんと長門を連れて部室を出ようとしt



ガチャ
ハルヒ「はーい!皆集まってる!?団活を……」

fin

(おまけ)
古泉「神人に囲まれ…う、うわぁぁぁああっ」

ブチャッ

397 名前:キョンもとい>>6[] 投稿日:2009/05/30(土) 18:01:00.94 ID:PHxBvTit0

なんだがスレ乗っ取りの上にグダグダエンドで申し訳ないです…
また機会があればよろしくお願いします

皆さん、ドSもほどほどに☆

ってことで飯食ってきます

残ってたらまたやるかもです

459 名前: ◆BE/7vZkX1k [] 投稿日:2009/05/30(土) 20:13:00.90 ID:PHxBvTit0

保守がてらトリテス



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:新ジャンル朝倉にいじめられるハルヒ