キョン「ハルヒ…胸を揉ませてくれないか?」ハルヒ「死にたいの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋「デコニキビが出来た・・・・・・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:03:10.35 ID:pX5vhZX50

キョン「……何だ、この小さい変な壷は?」

古泉「涼宮さんが拾ってきたんですよ」

キョン「また妙なものを」

みくる「ついさっきまで蓋を開けようと頑張ってたんですけどぉ」

古泉「蓋が開かないどころか、叩いても踏みつけても傷一つつかず」

みくる「結局開かずに、怒って先に帰っちゃいました……」

キョン「しょうがないやつだな……小学生か、アイツは」

キョン「……しかしこの壷、何か妙なオーラを感じるな。気のせいか?」

長門「…」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:06:12.29 ID:pX5vhZX50

ガンッ! ガンッ!


キョン「確かに頑丈だな。まぁただのガラクタなんだろうが」

キョン「中身が気になるっちゃあ気になるな。蓋は……」


キュポン


キョン「え? あれ? あっさり外れ…」


ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ


みくる「ひゃあああ! 何ですかぁ〜煙がたくさん……!!」

古泉「こ、これは……?」

???「ぶっはーー!! やーっと出られたぜーーー!!!」

キョン「な、何だ何だ! 何だコイツ!!!」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:09:10.23 ID:pX5vhZX50

キョン「こいつは……天狗?」

???「天狗じゃねえ。俺はこの壷の精だ! よろしくぅ!!」ビシィ!

キョン「壷と同じ手の平サイズの割には、随分と偉そうな奴だな……」

壷の精「ほう? お前、あんまり驚かないのだな」

キョン「まぁ、もっと凄いモノと散々遭遇してきたからな」

みくる「あああああたしは十分驚いてますよぅ!!」

古泉「壷の精……そんな存在が…」

壷の精「よっしゃ! 俺を解放してくれた礼だ! 何でも願いを叶えてやる!!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:12:09.36 ID:pX5vhZX50

キョン「願いって……3つの願いを叶えるというランプの精みたいなアレか?」

壷の精「お前ぐらいの男のガキの願いといったら、エロだな! そうだろ!!」ビシィ!

キョン「うおぃ! 勝手に決めつけるな!」

キョン「というか、まだいろいろと心の整理ができてないのに、勝手に話を進めるな!」

壷の精「ならば『女の胸を揉ませてやる』、これにしよう! 人数はドーンと10人だ! 嬉しいだろう!!」

キョン「人の話を聞けっての!!」

長門「待って」

キョン「ん? 長門、どうした?」

長門「離れて……この壷の精からは危険なものを感じる……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:15:09.76 ID:pX5vhZX50

キョン「え? 危険なものって……確かに胡散臭いが」

壷の精「お〜い、娘っ子よ〜〜」

壷の精「……邪魔すんなや」ギン!!

長門「!!!」グォッ!!


ダァン!!!


キョン「な!! 何だ! いきなり吹っ飛んだ!?」

キョン「おい!! お前、長門に何しやがった!!」ガシッ

壷の精「ひひひ…俺に触ったな……契約成立だ!」

キョン「な、何、契約だと?」

壷の精「今からお前は、俺とある『ゲーム』をしなければならない」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:18:12.74 ID:pX5vhZX50

キョン「ゲ、ゲームだと?」

壷の精「そうだ。内容はさっき言ったとおり『10人の女の胸を揉む』…これができればお前の勝ちだ」

壷の精「しかし、もしも負ければ、お前の身体に取り付けた爆弾が爆発してゲームオーバーだ」

キョン「な!! 爆弾だと!! そんなものどこに!」ガサゴソ

キョン「んん? 何か妙な違和感が……もしかして」ゴソゴソ

みくる「あ、あれ? キョンくん、何でそんな隅っこに移動するんですかぁ?」

キョン「ほわあああああ!! 何てところに取り付けやがる!!!」

みくる「ひゃあぁぁ!! ど、どこにあったんですかぁ!?」

キョン「え? あ、いや、その……男の…シンボルです……」

みくる「へ? ひ、ひゃあああ!! ご、ごめんなさいぃ〜〜」

古泉「他に契約を解除する方法はないのですか?」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:21:10.99 ID:pX5vhZX50

壷の精「ないね。あったとしても使わん」

壷の精「せっかく久しぶりに外に出られたんだ、たっぷり楽しませてもらうぜ」

キョン「ちくしょう、何が願いだ! おもいきり呪いじゃねーか!!」

長門「この壷の精の力は本物……あなたが助かるには条件をクリアするしかない」

キョン「長門!! 大丈夫なのか?」

長門「大丈夫。しかし、この壷の精には情報操作が通用しない……私の力を大きく上回っている」

キョン「なに!! 長門でも駄目なのか……くそっ!!」

壷の精「な〜に安心しろ、爆弾といってもそこまでの殺傷力はない。命まではとらねーよ」

壷の精「ただ、おまえのチ○コは2度と使用できなくなるがな」

キョン「いやだあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:24:10.42 ID:pX5vhZX50

古泉「長門さんでも駄目となると、条件を飲むしかありませんね」

壷の精「そういうこった、じゃあ細かいルールを説明しておくぞ」

壷の精「まず『期限は明日の夜8時まで』だ。あんまりダラダラやられても困るんでな」

壷の精「次に『相手に胸を揉む理由を話してはいけない』、当然俺のこともな」

壷の精「遠回しに、胸を揉むことができなければ大変なことになるってことを伝えるのも禁止だ」

壷の精「『胸を揉むのは10秒間くらい』だな。俺が合図すればOKだ」

壷の精「あとは『金品等を渡して胸を揉ませてもらうのも禁止』、よって風俗も不可!」

キョン「未成年だ、俺は」

壷の精「……まぁこんなところかな」

キョン「お前が約束を守る保障は?」

壷の精「心配すんな、嘘はつかねぇよ。てか俺たち壷の精は嘘がつけねぇんだよ」

古泉「あなたがこんなことをする目的は何ですか?」

壷の精「暇つぶし。もっと言えば、お前ら人間が無様に右往左往するのを見て楽しむことかな?」

キョン「……クズが」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:27:10.60 ID:pX5vhZX50

壷の精「ふむ、それでは今からスタートな、せいぜい頑張れよ」

キョン「くそっ、いまいましい」

古泉「10人の女性ですか……とりあえずは」チラッ

長門「…」

みくる「ひぅ!」

キョン「……すまん長門…いいか?」

長門「構わない」

キョン「本当にすまん、決してやましい気持ちはないからな、仕方なくだからな」

長門「……どうぞ」

キョン「…」

長門「…」ジー

キョン「ううう……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:30:11.38 ID:pX5vhZX50

キョン(くそ!! 確かに女の子の胸を触るのは男にとっての夢だが、こんなのは勘弁してくれよ!)

長門「……どうしたの?」

キョン「あ、いや……やる! 今からやるから!」

古泉「ふむ」ジー

みくる「はわわ…」ジー

キョン「……2人とも、後ろを向いててくれるとありがたいんだが」

古泉「これは失礼しました」クルッ

みくる「ひゃわあ!! ごごごめんなさいぃ!!」クルッ

キョン「さて、と……」

長門「…」ジー・・・



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:33:10.23 ID:pX5vhZX50

キョン(ええい! いつまでも悩んでたってしょうがない!! やってやる!!)

キョン「長門……本当にすまん!!」


フニ


長門「…」


フニフニフニフニフニフニ・・・・・・・


キョン(ううう…長門の無表情が何か怖い……しかし、長門ってやっぱり貧にゅ)

長門「今、何を考えてるの?」

キョン「ぽわあああ!! 考えてない! 何も考えてない!!!」

壷の精「おっ、10秒たったな、もういいぞ」

キョン「ぜぇ、ぜぇ、ま、まず1人……」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:36:10.18 ID:pX5vhZX50

キョン「はぁ、事情を理解してくれて協力的な長門ですら、ここまで精神力を消耗するとは……」

キョン「この先大丈夫かな俺、不安だ」

古泉「では、次も済ませましょうか」

みくる「ぴぃ!!!」

キョン「朝比奈さん、その………お願いできますか?」

みくる「ふぇ! あ、はい……キョンくんのためですからね……仕方ないです……」

キョン「すみません。絶対にやましいことは考えてませんから」

みくる「……それはそれで、女として何だか傷つく気がしますぅ」ボソッ

キョン「何か言いましたか?」

みくる「ななな何でもないですうぅぅぅ!!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:39:10.71 ID:pX5vhZX50

キョン「で、では……」

みくる「は、はい……」

キョン「……」ゴクリ・・・

みくる「はうぅぅぅ……」ジワッ

キョン「……」スッ

みくる「ひゃあああ!!」バタバタ

キョン「あ、朝比奈さん!?」

みくる「ひゃうう……ごめんなさい、分かってはいるんですけど、その、どうしても…」

キョン「……俺も無理強いはしませんよ。止めておきますか?」

みくる「い、いえ、大丈夫です! もう一度お願いします!!」

キョン「……分かりました、では」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:42:11.23 ID:pX5vhZX50

キョン(躊躇すると余計にやりにくくなる。ここは迷わず!)


ムニュン!


みくる「!!!」ビクン!


ムニュンムニュンモニョンモニョンムニュンモニョンムニュンモニョン・・・・・・・


みくる「ひん! ふぇぇぇぇぇん……」

キョン(こ、これは! 何という……こんなに柔らかいものなのか……)

キョン(餅というかマシュマロというか……ワンダホウッ!!)



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:45:10.18 ID:pX5vhZX50

ムニュンムニュンモニョンモニョンムニュンモニョンムニュンモニョン・・・・・・・


みくる「ひ…ひ……」

キョン(…………………………)


ムニュニュンモニョニョンムニュニュンモニョニョンムニュモニョン・・・・・・・


壷の精「おーい、もうとっくに10秒は過ぎてるぞー」

みくる「キョキョ、キョンくぅ〜〜ん……」ポロポロ・・・

キョン「はあああ!! すすすみません!! ごめんなさいぃ!!!」バッ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:48:10.39 ID:pX5vhZX50

みくる「ひっく、ふええん……」

キョン「本当にどうかしてました!! この通りです!!」土下座!!

長門「……最低」

キョン「うぐ……」

古泉「ま、まあまあ、ともかくこれで2人達成しました。残るは8人です」

みくる「すん……そうですね、あたしもいつまでも泣いてなんかいられませんね……」

みくる「大丈夫です、キョンくん。あたしも頑張ってキョンくんに協力します!」

キョン「朝比奈さん……ありがとうございます」

壷の精「ひゃっひゃっひゃ!! やっぱり人間ってのはおもしれーな!!」

キョン「くそっ、このやろう」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:51:10.41 ID:pX5vhZX50

キョン「あと8人か。期限が明日の夜8時だから、急がないと」

古泉「待ってください。そんなに焦っても仕方ありません、じっくりと作戦を立てないと」

キョン「そんな悠長なこと言ってられるかよ!」

古泉「落ち着いてください。こちらのお二人は事情を知っていたから協力してくれました」

古泉「しかし、これからはそう簡単にはいかないんですよ」

キョン「う……それはそうだが……」

古泉「何も知らない人にいきなり『胸を揉ませてくれ』では変態扱い、下手すれば犯罪者です」

古泉「そのことも含め、慎重に相手を選ばないと」

古泉「そのためには、僕らのように能力について知っている関係者のほうがいいでしょう」

古泉「あとでしっかり説明すれば分かってくれるでしょうし。一般人ではそうはいきませんからね」

キョン「う、む……そうだな、ちゃんと考えるべきだな」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:54:10.51 ID:pX5vhZX50

古泉「今日はもう遅いですし、今夜じっくり考えて、明日の早朝から行動を開始しましょう」

キョン「分かった、俺もいろいろと考えておくよ」

みくる「あたし達も精一杯お手伝いしますぅ!」

長門「あなたは必ず守る」

キョン「みんな……ありがとう。なに、今回も絶対に乗り切ってみせるさ!」

壷の精「チ○コに爆弾つけた男が、なぁ〜にカッコつけてんだか」

キョン「うるせえ!! この呪いが解けたら覚えてろよ!!」

壷の精「おお怖い怖い。ああ、壷はお前が持ち運べよ、ポケットにでも入れとけ」

キョン「ちっ、いまいましい奴だ」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 20:57:10.56 ID:pX5vhZX50

キョン宅


キョン「はぁぁ、誰に頼むかなぁ……誰にしようが気が重いが」

壷の精「おいおい、堂々と胸を揉めるチャンスなんだから、もっと喜べよ」

キョン「喜べるか!! お前は黙ってろ!! たくっ!」

キョン妹「キョンく〜ん、どうしたの〜? 大きな声出して〜」ガチャ

キョン「ああすまん、何でもない…んだ……」

キョン妹「んん〜? どうしたの、あたしの顔じっと見て〜?」

キョン(妹も……一応『女』だよな……?)

キョン(……よし、やってみるか! 手伝ってくれるアイツらの負担を少しでも減らすために!)



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:00:10.65 ID:pX5vhZX50

キョン「よう、たまには一緒にゲームでもしないか?」

キョン妹「ふぇ? キョンくんから誘うなんてめずらしいね〜、いいよー!」

キョン「ほら、俺あぐらかくから、この上に座れ」ポンポン

キョン妹「おっけー」ストン

キョン(よし、妹の胸の前でコントローラーを持って、さりげなく胸を……)

キョン(万が一怪しまれても、兄妹同士のスキンシップだと言い張ればいい!!)

キョン(よし、やるぞ!)


ソォー・・・ サワサワサワ


キョン妹「きゃん! キョンく〜ん、くすぐったいよ〜」

キョン「ん? ああ、すまんすまん。でもたまにはいいじゃないか、こうして触れ合うのも」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:03:10.77 ID:pX5vhZX50

キョン妹「何それ〜? キョンくん変なの〜」

キョン「何をー! そういうことを言うやつはおしおきだ! くすぐってやる!」


サワサワサワサワサワサワサワ・・・・・・・


キョン妹「きゃはははははは!! きょ、キョンくん、くすぐったいってば〜〜!」

キョン(う〜ん、予想通りとはいえ、やっぱりまったく胸ないな)

キョン(というか、そろそろ10秒たったろう! まだなのか!!)チラッ

壷の精「ああ、言っておくが肉親はカウントしねーぞ」

キョン「先に言えクラアァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:06:11.01 ID:pX5vhZX50

キョン「ちくしょう、無駄な労力を使わせやがって……」

壷の精「妹の胸をまさぐる兄貴……変態だねぇ〜〜」

キョン「黙れ!! この元凶が!!」

壷の精「まぁそう怒るなって。さっきから誰をターゲットにするか迷ってるようだが」

壷の精「どれ、頭貸してみ? 俺が決めてやるから」グイィ

キョン「おいおいおい! 何してるんだよ!!」

壷の精「安心しろ、少し記憶を覗いているだけだから……ふむふむ」

壷の精「よっし! んじゃあ、この紙に書き写してっと…」カキカキ

壷の精「できた! ほら、残りのターゲット決めてやったぞ。順番もな」

キョン「こ、これは……」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:09:10.69 ID:pX5vhZX50

壷の精「何だ? 不満でもあるのか?」

キョン「……いや、知り合いを中心に、俺もほぼこのメンバーで考えていた」

壷の精「ならいいじゃねーか。精々足掻きなよ」

キョン「ちっ、とりあえず、このことを古泉達に連絡しておくか」

キョン「……3人目のコイツにも今連絡しとくかな。あの2人にも声をかけてもらうとして」

キョン「ひさしぶりだってのに、何でこんな用件で呼び出さにゃならんのか……」

壷の精「楽しみか〜〜? おっぱいが」

キョン「ぶっ殺すぞ!! いいから黙ってろ!!」

キョン「まったく! おう、もしもし、ひさしぶりだな。実は明日なんだが………」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:12:10.48 ID:pX5vhZX50

翌日 早朝


キョン「よう、おはよ…」

古泉「こんな時でも最後に来るとは、あなたもなかなかの大物ですね」

みくる「キョンくん大丈夫ですかぁ〜? 何だかやつれてるように見えます…」

キョン「平気ですよ、ただよく眠れなかっただけで」

壷の精「まったくだらしねーなー、これだから人間は」

キョン「お前が一晩中、耳元で『オッパイオッパイオッパイ・・・』って呟き続けるからだろうが!」

長門「あなたに言われた通り、該当の人物に今日一日何も予定を入れないように頼んでおいた」

キョン「ん、ああそうか。ありがとな、長門」

みくる「理由が言えませんから、ちょっと大変でしたぁ」

古泉「ところで、あなたが呼び出した彼女達は?」

キョン「もうすぐ来ると思うが……お、来た来た」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:15:10.95 ID:pX5vhZX50

佐々木「やあキョン、おはよう。少し遅れちゃったかな?」

キョン「いや、俺達も今来たところさ」

キョン「それよりもすまなかったな、いきなり呼び出したりして」

佐々木「構わないさ、君から電話をくれるなんてそうそうないからね。余程のことなのだろう?」

キョン「……察しがよくて助かるぜ」

佐々木「君に言われた通り、あの2人も連れてきたよ」

橘「まさかあなたの方から呼ばれるなんて、思ってもいなかったのです」

九曜「――――」

橘「ひょっとして、涼宮さんの能力を佐々木さんに移す件、了承してくれるんですか?」

橘「だとしたら、大変喜ばしいのですが。なぜ他の方々まで来ているのです?」

キョン「残念だろうが、今回はその件はまったく一切関係ない」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:18:11.55 ID:pX5vhZX50

橘「な〜んだ、ならなぜあたしや九曜さんまで呼ばれたのです?」

九曜「――――」

佐々木「僕も知りたいね。キョン、そろそろ話してくれないか?」

キョン「ああ、悪いが1人ずつ話させてくれないか?」

佐々木「1人ずつ? それは構わないが、なぜそんな回りくどいことを?」

キョン「こっちの都合だ。そうだな……あっちの人目につかない路地裏へ」

佐々木「路地裏? 何か怪しいことをするのではないだろうね?」

キョン「んなことしやしないさ」(するんだけど……)

佐々木「冗談だ、君がそんなことをするはずがないからね」

キョン「う……じゃあ行こうか。お前らはそこで待っててくれ」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:21:13.79 ID:pX5vhZX50

佐々木「さて、こんなところで2人きりになって、何の話かな?」

キョン「佐々木、お前に頼みたいことがあるんだ」

佐々木「頼み? 内容によるが……深刻なのかい?」

キョン「今から俺が言うことは、冗談でもふざけてるんでもない。本気で聞いてほしい」

佐々木「そんなに言いにくいことなのかい? 分かった、聞くよ」

キョン「……」

佐々木「どうしたんだい? 僕と君の仲じゃないか、何でも言ってくれよ」

キョン「胸……」

佐々木「うん?」

キョン「胸を……揉ませてほしい……」

佐々木「…………はい?」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:24:11.40 ID:pX5vhZX50

佐々木「キョン……君は何を言ってるんだい?」

キョン「胸を揉ませてほしい、と言ったんだ」

佐々木「すまないが、意味が分からない」

キョン「言っただろ! 俺は冗談で言ってるんじゃないんだ!」

佐々木「理由を説明してくれないか? いくらなんでも突然すぎる」

キョン「理由は説明できないんだよ!」

佐々木「いきなり何の説明もなしに『胸を揉ませてくれ』と言われて、了承する女性がいると思うかい?」

キョン「分かってるさ! それを承知で頼む! 胸を揉ませてくれ!!」

佐々木「頭を下げられても困るんだが」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:27:11.11 ID:pX5vhZX50

佐々木「君はさっき『理由は説明できない』と言ったね。それには何か事情があるのかい?」

キョン「……ああ」

佐々木「僕の知っている君は、こんな事は絶対に言わない。無論僕が知らないだけという可能性もあるが」

佐々木「わざわざ君のお仲間も連れてきていることだし、どうやら本当に何かあるようだね」

佐々木「それがなぜ僕の胸を揉むことに繋がるのか、さっぱり分からないが」

キョン「そ、それじゃあ、いいのか佐々木!!」

佐々木「まだいいとは言ってない。異性に胸を揉まれるんだぞ? そう簡単に決断できるものじゃない」

キョン「う……そ、そうだよな。すまん…」

佐々木「……ハァ」


壷の精(この場合は、相手の方が察したからOKという事にしといてやるか)



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:30:10.72 ID:pX5vhZX50

佐々木(なんでなんで! 何でこんなことになってるの!!)

佐々木(キョンから『明日会えないか』と電話がきて大喜びして……)

佐々木(『橘さんと九曜さんも連れてきてくれ』と言われて、奈落の底に突き落とされ……)

佐々木(それでも久しぶりにキョンに会えるからと、楽しみにしてたのに……)

佐々木(なに、この状況? 胸? 胸を揉ませてくれって?)

佐々木(僕の胸を……キョンが……)カアァァ

キョン「あ、あの、佐々木……?」

佐々木「待ってくれ! 心の準備をさせてくれ!」

佐々木(キョンは本当に深刻な状況のようだ……それは間違いないと思う)

佐々木(………仕方ない……よね)

佐々木(うん! 仕方ない! これは仕方ないことなんだ!!)



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:33:10.91 ID:pX5vhZX50

佐々木「分かったよキョン。い、いいよ……」

キョン「え? あ、す、スマン佐々木、ありがとう」

佐々木「そのかわり、責任は取ってほしいね」ボソッ

キョン「ん? 何か言ったか?」

佐々木「何でもないさ。じゃあ……どうぞ」グッ

キョン「う、むぅ」

佐々木「なんだい? 僕だってかなり恥ずかしいんだぞ。しっかりしてくれよ」

キョン「す、スマン、分かった」

キョン「念のために言っておくが、別にやましい気持ちはない、仕方なくだからな」

佐々木「…」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:36:11.05 ID:pX5vhZX50

佐々木(やましい気持ちはない、か……って、何をがっかりしてるんだ僕は!)

佐々木(僕だって別に何か期待してるわけじゃないさ! 仕方なくだよ、仕方なく!)

キョン「じゃ、じゃあ佐々木、いくぞ」

佐々木「あ…う、うん」


フニュ


佐々木「あ…ふ……」ピクン


フニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュ・・・・・・・・・・


佐々木「ふ…ああ……ひ…んん……」ビクビクン

キョン(何も考えるな! 無心になれ、無心に!!)

壷の精「お〜〜い、見事なテントが建ってるぞ〜〜」

キョン「だーーー言うなコノヤローー!!」

壷の精「ひゃっひゃっひゃ! ほい、10秒たったぜ、くっくっく」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:39:13.65 ID:pX5vhZX50

佐々木「ハァ…ハァ…ハァ……」

キョン「だ、大丈夫か、佐々木?」

佐々木「ハァ…ん、だ、大丈夫、何とか」

キョン「すまんな佐々木……全て説明するよ」


佐々木「なるほどね、そういうことだったのか」

キョン「本当にスマン。仕方なかったんだ」

佐々木「いいさ、そちらがその壷の精かい?」

壷の精「おうよ! しかし、い〜い喘ぎ声だったな〜そんなに気持ちよかったのか〜?」

佐々木「え! あ…」カアァァァ

キョン「てめえ! 何てこと言いやがる!!」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:42:11.28 ID:pX5vhZX50

壷の精「ひゃっひゃっひゃ!! 怒るな怒るな。ともかく3人目達成おめでと〜」

キョン「ちっ! くず野郎が!!」

佐々木「僕なら大丈夫だよ、キョン。それよりも、ひょっとして橘さんと九曜さんも?」

キョン「あ、ああ、リストに入ってる。だからお前に呼んでもらったんだ」

佐々木「そっか、やっぱりそうだよね……」

キョン「佐々木?」

佐々木「う、いや、何でもないんだ。それより、早く次に進んだほうがいいんじゃないかい?」

佐々木「ただ、あの2人は僕みたいにうまくいくとは限らないと思うよ。特に橘さんは」

キョン「ああ、分かってるさ」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:45:10.49 ID:pX5vhZX50

みくる「あ、2人とも戻ってきましたぁ」

古泉「どうやら、無事終わらせることができたみたいですね」

橘「まったく! いきなり人を呼び出したと思ったら、こんなところで待たせたりして!」

橘「いったい何なんですか……って、佐々木さん、何でそんなに顔真っ赤なんですか?」

佐々木「ふぇ! あ、何でもない! 何でもないんだよ!!」ワタワタ

橘「さては、彼に何か変なことをされたんですか!」

佐々木「されてないってばぁ!!」

キョン「取り込み中すまないが、次はお前だ。着いてきてくれ」

橘「へ? あ、あたし? え〜と」チラッ

佐々木「ここは彼の言うことに従ってくれないかな?」

橘「はあ、分かりました。行ってきます」



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:48:12.48 ID:pX5vhZX50

キョン「古泉、長門、こっそり着いてきてくれ。俺1人じゃあアイツを説得できるか自信がない」ヒソヒソ

古泉「分かりました」

長門「了解」



橘「それで? いったい何の用なんですか?」

キョン「ああ、実は言いにくいんだが……」

橘「まったく! あたしはこれでも忙しい身なのですよ! 変なことで呼ばないでほしいです!」

キョン「え? あ、ああ」

橘「ようやく佐々木さんに能力を移すことについて分かってくれたと思ったのに、期待外れですよ」

橘「あれほど説明したというのに、ま〜だあなたは分かってくれないのですか!」

橘「あたしもいいかげん、ウンザリしてるんですよ!」

キョン「お、おい、ちょっと」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:51:12.94 ID:pX5vhZX50

橘「だいたいあなた、以前朝比奈さんを誘拐した件であたしを嫌っているようですが」

橘「あたしはあの計画には反対だったって何度も説明したでしょう!」

橘「それなのに、いつまでも昔のことをグチグチと」

橘「器が小さいったらありゃしないのです!!」

キョン「……」

橘「まったく分からず屋なんですから! いいかげんイライラしてくるのです!!」

橘「そうです! 何なら涼宮さんを直接誘拐しましょうか? そのほうが手っ取り早いですし」

橘「あなたの味方の機関や未来人さんも大したことはなさそうですしね」

キョン「……」

橘「何ですか? 何か文句でもあるのですか?」


プチッ



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:54:10.53 ID:pX5vhZX50

キョン「ふっ……橘よ、礼を言うぜ」

橘「はい? 何を言っているのですか?」

キョン「おかげで、今からやることに対する罪悪感が薄れた」

キョン「古泉、長門、押さえててくれ」

古泉「分かりました」

長門「…」スッ


ガシッ!!


橘「ひゃあ! ななな何をする気なのですか!?」

キョン「散々好き勝手言ってくれやがって……くらえ!!」


フニュ


橘「みゃあ!!」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:57:10.69 ID:pX5vhZX50

橘「ちょちょちょっと! 何なのですか何なのですかぁ!!」


フニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュフニュ・・・・・・・・・・


橘「やめて、ひん! あ、や、やめてってばぁ!!」

橘「もがっ!!」

長門「うるさい」

橘「むーー! むーー!!」ジタバタ

古泉「しかし、どう考えても犯罪ですよね、これ」

キョン「言うな。仕方ないんだ」

壷の精「ひでーな、お前ら。ほれ、10秒たったぜ」

キョン「よし、解放してくれ」

橘「ううううう……何なのですかぁ、ふぇぇぇぇん」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:00:10.72 ID:pX5vhZX50

キョン「と、言うわけなんだ」

橘「ひっく、うぅ、壷の……精?」

キョン「ああ、コイツだ」

壷の精「よっす」

橘「……どうやら、嘘ではなさそうですね」

橘「でも……こんなのはひどすぎますよぅ」

キョン「悪かったよ、俺もつい頭に血が昇っちまって」

橘「ふん、いいです。佐々木さんに能力を移した暁には、あなた達には消えてもらいますから」

キョン「どうやら、まだやられたりないようだな」ユラリ

橘「嘘です! 嘘ですってば!!」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:03:10.99 ID:pX5vhZX50

佐々木「お疲れ様、橘さん」

橘「ううう〜佐々木さん、あたしが何をされるか知ってたのに、何で止めてくれなかったのですかぁ?」

佐々木「こうしないとキョンが大変なことになるらしいからね。仕方ないさ」

橘「む〜、佐々木さんも揉まれちゃったのに、何でそんな平然としてるんですか?」

佐々木「え? あ、う、ぼ、僕はそんなに嫌じゃなかったというか、何というか……」ゴニョゴニョ

キョン「何を話してるんだ?」

佐々木「ななな何でもないさ! ほらキョン、つつ次行ってきたら!」

キョン「あー、そうだな。次は……」

九曜「―――な――に?」

キョン「こいつか……大丈夫だろうな?」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:06:12.40 ID:pX5vhZX50

キョン「九曜、最後はお前だ。着いてきてくれるか?」

九曜「――わかった―――行く――」

キョン「長門、念のためもう一度来てくれるか?」

長門「了解」

キョン「よし、こっちだ」



九曜「なに――するの――?」

キョン(こいつには下手に遠回しに言うより、ストレートに言ったほうがいいかもな)

キョン(そもそも、こいつに羞恥心なんてものがあるのかどうかも疑わしいし)

キョン「お前の胸を揉ませてほしいんだ、頼む」

九曜「――胸―――なぜ――?」

キョン「理由はあとで説明する。だから頼む」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:09:13.06 ID:pX5vhZX50

九曜「わかった――どうぞ―――」

キョン(えらくあっさりだな、まぁある程度予想はしていたが)

キョン「で、では……」


モニュ


キョン(ん? こいつ……)

キョン(意外というか何と言うか……佐々木や橘よりも胸あるぞ!)

九曜「―――――」


モニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュ・・・・・・・・・・


キョン(同じ宇宙人なのに、この差は何なんだろうね)チラリ

長門「………なに?」

キョン「いいいいいや、何でもない!!」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:12:10.77 ID:pX5vhZX50

壷の精「何の反応もないとつまんねーな。ほい終了」

キョン「はぁ、これで5人か……」

九曜「――満足――した――?」

キョン「どういう意味だよ? まあ、事情を説明するぞ」



キョン「……と、いうわけだ」

九曜「――壷の―――精――」

九曜「――大きな――力を――感じる―――とても――」

キョン「そうか……お前ら宇宙人でも敵わないなんて、一体何者なんだ?」

壷の精「どーでもいーじゃねーか! さ、次だ次!」

キョン「やれやれ」



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:15:10.76 ID:pX5vhZX50

キョン「これでやっと半分か。ここまでは割りと順調と言えるかもしれん」

古泉「しかし、厳しいのはここからです。残り半分は強敵ばかりですよ」

キョン「分かってるよ。はぁ、気が滅入る……」

佐々木「キョン……何か僕達に手伝えることはあるかい?」

キョン「気持ちだけ受け取っておくよ。もうかなり迷惑かけちまったしな」

キョン「それに、こういう危機的状況は初めてでもないしな。何とかしてみせるさ」

佐々木「そうかい、頑張ってくれよ」

キョン「ああ……長門、6人目に連絡は?」

長門「もう呼び出してある。ついてきて」スタスタ

キョン「じゃあな、3人とも」

橘「あたしは当分会いたくないですよ!」

九曜「――――」

佐々木「キョン……」



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:18:10.61 ID:pX5vhZX50

長門「着いた、ここ」

キョン「ああ、もう先に来てるみたいだな」

朝倉「あ! ちょっと長門さん! 一体どういうことなのよ!」

朝倉「1日予定を空けておけだの、電話がくるまで待機してろだの!」

朝倉「こっちが事情を尋ねようとする前に、勝手に電話切っちゃうし!」

キョン「すまんな朝倉、用があるのは俺なんだ」

朝倉「あらキョンくん、あたしに用って何なのよ?」

キョン「まぁとりあえず、あそこの建物の裏に移動しよう。人に聞かれるとまずいんでな」

朝倉「聞かれちゃまずいって……怪しーわね」



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:21:12.41 ID:pX5vhZX50

キョン「朝倉、お前に折り入って頼みがあるんだ」

朝倉「頼み? 何よ?」

キョン「断っておくが、俺は決してふざけちゃいない、真剣に頼みたいんだ」

朝倉「いいから言ってみなさいよ」

キョン「その、む…胸を揉ませてほしい……」

朝倉「………ごめん、もう1回言ってくれる? よく聞こえなかったわ」

キョン「お前の胸を揉ませてほしいと言ってるんだ、頼む!」

朝倉「じゃあねキョンくん、さようなら」スタスタ

キョン「あああ! 待ってくれ! 頼むから!」



341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:24:10.66 ID:pX5vhZX50

朝倉「あのねぇ、どんな深刻な頼み事かと思えば、胸を揉ませてくれぇ?」

朝倉「悪いけど、私は悪ふざけに付き合うつもりはないの」

キョン「さっきも言っただろ! 俺は真剣だ! 頼む、この通りだ!!」ガバァ!

朝倉「……ハァ、何の真似よ、それ」

朝倉「土下座までして胸を揉ませてほしいなんて、あなたよほどの変態なのね」

朝倉「男として…ううん、人として恥ずかしくないの? 最低」

キョン「う…うう……」

朝倉「だいたいあなたhゲボオッ!!!」


ドサッ


キョン「な! え、朝倉!?」

長門「これで静かになった」



354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:27:40.11 ID:pX5vhZX50

キョン「うおぃ長門! お前何してんだ!!」

長門「当身で気絶させただけ。問題ない」

キョン「どう見てもボディブローだったじゃねぇか! ボディで気絶ってどんだけ!!」

古泉「ま、まあまあ……それよりも、今がチャンスじゃないですか」

長門「この方法がもっとも手っ取り早かった。今のうち」

キョン「う、むぅ……相手が気を失ってるうちにってのも気が引けるが」

キョン「そんなことを言ってる場合でもないか。じゃあみんな、後ろ向いててくれ」

キョン「……よし」


ムニュ


キョン(む、こいつもなかなかええ乳しとるのぅ)


ムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュ・・・・・・・・・・


壷の精「もう少しお前さんが罵られるところを見てたかったなー、ほい終了」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:30:11.15 ID:pX5vhZX50

キョン「で、朝倉はどうするんだ?」

長門「このまま、ここに放置しておく。大丈夫、5分もすれば目覚める」

キョン「そっか、面倒なことにならないうちに行くか」

みくる「何だかだんだん大変になってきてますねぇ」

古泉「では、7人目の元へ……」

朝倉「待ちなさい! 長門さん! キョンくん!!」

キョン「おわあ!! 復活した!!」

朝倉「よくもやってくれたわねぇ〜〜覚悟しなさいよ〜〜」ゴゴゴゴゴ・・・

キョン「ひいいい! 物凄い殺人オーラが!!」



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:33:11.01 ID:pX5vhZX50

長門「あなたたちは先に行って。ここは私が食い止める」

キョン「え? な、長門……」

長門「大丈夫、私もすぐに追いつく」

古泉「あまり時間を取られるわけにはいきません。ここは長門さんを信じて行きましょう」

キョン「あ、ああ……すまん長門!!」ダッ

朝倉「有希ーー!! 喰らいなさーーい!!!」

長門「!!!」グッ


ズガーン! ボォーン!! ドガガガガ! ズァオオオ!! チュドーーン!!!


キョン「わーお、ゴジラvsキングギドラ……」

古泉「感心してる場合じゃありません。行きますよ」ダダダッ



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:36:11.33 ID:pX5vhZX50

キョン「長門、無事だといいんだがな」

古泉「我々には我々の出来ることをしましょう。次の相手ももう呼び出してますので、こちらへ」

みくる「何だかああいうのを見ると、この先怖くなってきますぅ……あ!」

キョン「どうしました、朝比奈さん……って、あいつは!!」

ハルヒ「うん? あーー! あんた達、そんなとこで何してんのよ!!」

キョン「お、お前こそ何でこんなとこにいるんだ!」

ハルヒ「あたしは退屈だったから、適当にブラブラしてただけよ」

ハルヒ「何故だかみ〜んな、今日の不思議探索を欠席しちゃったおかげでね」

ハルヒ「しかも何よ! 今日は一切予定入れるな、夕方くらいに電話するから待っててくれって!」

ハルヒ「夕方までなんて、暇で暇でしょうがないじゃないの!!」

キョン(しょうがないだろ! お前はラストなんだから!!)



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:39:11.35 ID:pX5vhZX50

ハルヒ「いったいどういうつもり? あたしだけ除け者にして」

ハルヒ「サプライズでも企ててるの? 言っておくけど、今日は誕生日でも何かの記念日でもないわよ」

キョン「落ち着いてくれ、 えっと、これはだな……」

古泉「涼宮さん、今日の夕方、彼から大事な話があります」

ハルヒ「え?」

キョン「へ?」

古泉「僕達はそのための相談を受けてたんですよ。今は少し休憩して、昼食をとりに行く途中です」

ハルヒ「だ、大事な話……?」

キョン「あ、ああ、そ、そうだ! 本当に大事な話なんだ!」

キョン「だから頼む! ここは何も聞かないで待っててくれないか…?」

ハルヒ「あ、うう……わ、分かったわよ………待ってる……」カァァ

キョン「ありがとな、ハルヒ」



416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:42:14.47 ID:pX5vhZX50

古泉「何とか切り抜けましたね」

キョン「助かったよ古泉。それにしても、ハルヒのやつ何であんなに顔赤くしてたんだ?」

みくる「キョンくん、それ本気で言ってます?」

キョン「え? は、はぁ」

古泉「あなたも相変わらずですね。その調子ですと、終わった後が怖いですね」

古泉「と、そろそろ到着です。あそこの公園ですよ」

壷の精「今度はもっとたのしませてくれよ〜」

キョン「忘れられそうになるからって、いちいち出てくるな」

古泉「最初に言っておきますが、今日のあの人はかなりの難敵ですよ」



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:45:10.67 ID:pX5vhZX50

キョン「なんか森さん、かなり機嫌悪そうじゃないか?」

古泉「そうなんですよ。昨日電話した時からずっとあの調子です」



森(まったくもう! いつまで待たせるのよ!)

森(昨日はせっかく楽しみにしてたプリキュアを録画失敗してて、ただでさえ頭にきてるのに!)



古泉「きっと凄く嫌なことがあったんでしょうね」

キョン「まぁそんなことを言っててもしょうがない。行くか」

古泉「どうも森さん、お待たせしてすみません」

森「やっと来たわね。それで、何の用なの?」

キョン「よ、用があるのは俺です。森さんにお願いしたいことが」

森「なに?」ギロッ

キョン「すみません。ちょっとタンマです」



443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:48:12.43 ID:pX5vhZX50

キョン「おいおいおい古泉! 何あの森さん! メッチャ怖いんだけど!!」

みくる「あんな森さん初めて見ますぅ〜」

古泉「待たせたことでさらに悪化してるようですね。困ったものです」

キョン「それで、どうするんだよ! 何かいい方法はないのか!?」

古泉「方法も何も、誠心誠意頼み込むしかありません。土下座でもしてね」

キョン「それで本当に大丈夫なのかよ?」

古泉「僕と朝比奈さんも一緒にお願いします。そのほうが効果は高いでしょう」

みくる「あ、あたしも行くんですかぁ!?」

古泉「それに勘のいい森さんのことです。僕らの必死な態度を見て察してくれるかもしれません」

キョン「……そうだな、下手に小細工するよりもそのほうがいいかもしれん」

キョン「よし、行くか!!」



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:51:26.81 ID:pX5vhZX50


キョン「森さんお待たせしました! 聞いてください!!」

森「遅いわよ!! そんなに私を怒らせたいのですか!!」

キョン(怖えぇぇ! い、いや、怯むな! いけ!!!)

キョン「森さん! あなたの胸を揉ませてください!!」ガバァ

森「ふぇ!? 土下座!! 胸ぇ!?」

キョン「これは冗談でもなんでもありません! お願いします!!」

古泉「僕からもお願いします! 彼は真剣です!!」ガバァ

みくる「ああああたしからも、おおおお願いしますうぅぅ!!」ガバァ

森「……」




キョン「察してくれなかった……」

古泉「華麗なサッカーボールキックでしたねぇ……」

みくる「ぴいぃぃ!! チョップ痛かったですうぅぅぅ!!!」



468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:54:56.31 ID:pX5vhZX50

ここまでで大体半分くらいです
このペースですと、下手すると終わる前に1000いってしまうかもしれません
これ以上投下ペースを早くすると、さるさんを喰らってしまう可能性もありますので
できればあまり関係のないレスは控えてもらえないでしょうか?

物凄くわがままなお願いだとは承知していますが、よろしくお願いします


475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:57:11.14 ID:pX5vhZX50

キョン「一瞬、川の向こうにアンディ・フグが見えたぞ……」

みくる「森さん、行っちゃいましたね」

キョン「どうするんだよ古泉、もう無理じゃないか、これ」

古泉「こうなれば仕方ありません。特攻しましょう」

キョン「特攻?」

古泉「力づくですよ。我々、男2人でかかればあるいは……」

キョン「相手はあの森さんだぞ。無茶じゃないのか?」

古泉「無茶だろうが何だろうが、やるしかないんですよ。あなたの股間を守るためには」

キョン「その通りなんだが、妙な言い方はやめてくれ」

キョン「しかし、そうだよな。やるしかないか」

古泉「朝比奈さんはここで待ってて下さい。さぁ、行きましょう!!」



485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:00:10.69 ID:pX5vhZX50

森「まったくもう、昨日も今日も最悪だわ!」スタスタ

古泉「も〜りさーーーーん!!!」ダダダダダッ

キョン「ぬぅおおおおおおお!!!」ズダダダダダッ

森「え? え? 何! 何なのよ!!」

古泉「はあああ!!!」ガッシィ!

古泉「押さえ込みました! 今です!!」

森「何すんのよ! この!!」ゴスッ!

古泉「ぐぼっ!! エルボー……」

キョン「だあああ!!!」グァァ

森「はああ!!」バキィ!

キョン「けぴぃ!! あ、あの状態からハイキック……」

キョン「つ、強えぇ……無理! やっぱ無理!!」



490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:03:11.04 ID:pX5vhZX50

古泉「諦めてはいけません! まだ活路はあります!!」

キョン「いや、しかしだな!」

森「まだ懲りないのですか? こうなれば徹底的に叩き潰してあげましょう」スッ

古泉「森さん、これがなんだか分かりますか?」

森「なによ……え?」


カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ


森「いやあああ! ゴキブリィィィィィィィィ!!!」

キョン「ひょえええ! ゴキブリィィィィィ!!!」

古泉「いや、あなたまでびびってどうするんですか!!」

古泉「ともかく、隙ができました! いきますよ!!」

キョン「もうヤケクソだ! ちぇぇい!!!」



499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:06:11.36 ID:pX5vhZX50

古泉「はあああああああ!!!」

キョン「だりゃああああああ!!!」

森「いやああああああああ!!!」

キョン「いまだああああああ!!!」


モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ・・・・・・・・・・


森「あん! ちょ! やめ! ゴキブ! いやぁ!!」

壷の精「よし、いーぞー」

キョン「よし古泉! 逃げるぞ!!」

古泉「はい! おわっ!!」

森「ふふふ……逃がさないわよ、こんガキどもーーー!!!」

古泉「ここは僕が食い止めます! あなたは行ってください!!」



509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:09:12.04 ID:pX5vhZX50

キョン「え? しかし、古泉……」

古泉「後で必ず追いつきます! 僕なら大丈夫ですから早く!!」

キョン「……すまん! 古泉!!」ダダッ

森「きしゃーーーー!!!」

古泉「ぎゃああああ!!!」



みくる「あ、あれ? キョンくん、どうしたんですかぁ?」

キョン「朝比奈さん、急いでここを離れますよ!」

みくる「ふぇぇぇ!? ここ古泉くんはどうしたんですかぁ?」

キョン「古泉なら後で来ます! ともかく早く!!」

壷の精「ッッッッッッ〜〜!! ひ〜〜、ひ〜〜!!」

キョン「てめーは、さりげなく笑い死にしそうになってんじゃねーよ!」



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:13:01.04 ID:pX5vhZX50

キョン「はぁ、はぁ、こ、ここまで来れば大丈夫でしょう」

みくる「何だかどんどん人数が減っていきますねぇ……」

キョン「……俺のせいです。俺が不用意に蓋を開けたせいで、みんなに迷惑を」

みくる「そんなことないですぅ! こんな事になるなんて、誰にも分からなかったじゃないですかぁ!」

みくる「キョンくん落ち込まないで。最後まで頑張りましょう、ね?」

キョン「……そうですね、少し弱気になってました」

キョン「残りはたった3人です! 絶対にやり遂げますよ!!」

みくる「そうですぅ! あたしも今まではあまり役に立たなかったけど、精一杯お手伝いしますぅ!」

キョン「……と、意気込んだばかりで申し訳ないのですが」

キョン「次の相手の連絡先が分かりません……」



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:15:12.50 ID:pX5vhZX50

みくる「ほぇ? 分からないって…?」

キョン「本来なら長門に呼び出してもらう予定だったんですが、長門は現在バトル中ですし」

キョン「あらかじめ長門に聞いておけばよかったんですが、どうしたものか」

みくる「どどどどうするんですかぁ! 何か方法はないんですかぁ!?」

キョン「いや待てよ、この時間ならひょっとして……」

キョン「朝比奈さん、ついてきて下さい。何とかなるかもしれません」

みくる「え? あ、はい」


みくる「ここは……あたし達がいつも使っている喫茶店ですけど」

キョン「……いた! よかった、当たりでしたよ」

みくる「ふぇ? あっ!」



527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:18:12.08 ID:pX5vhZX50

喜緑「いらっしゃいませ、こちらの席へどうぞ」

みくる「喜緑さん、このお店でバイトしてたんですかぁ?」

キョン「俺もつい最近知ったんですけどね」

喜緑「ご注文をどうぞ」

キョン「あ、喜緑さん、この後時間取れますか?」

喜緑「ええ、もうすぐで休憩ですけど、何か?」

キョン「頼みたいことがあるんです。あとで裏口のほうへ来てもらえませんか?」

喜緑「構いませんよ、分かりました」

キョン「すみません、ありがとうございます」

キョン「さて、あの人もかなりの強敵だぞ」

みくる「あああたし、何かできることあるんでしょうか? はうぅぅ」



529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:21:11.75 ID:pX5vhZX50

裏口


喜緑「それで、何の御用でしょうか?」

キョン「あ、あのですね、その……」

キョン(今は頼りになる長門も古泉もいない……いるのは)

みくる「えっとぉ……はうぅぅ……」

キョン(自力で何とかせねばなるまい。しかしなぁ)

喜緑「何ですか?」

キョン(相手は喜緑さんだ、もし下手すれば……)


 (朝倉『よくもやってくれたわねぇ〜覚悟しなさーい!!』)

 (森『ふふふ……逃がさないわよ、こんガキどもーーー!!!』)


キョン(恐ろしい……こんなことになったら終わりだ)ガタガタ

喜緑「あの、できれば早くしてほしいのですけど」

キョン「ひゃ! ひゃいい!!」



534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:24:11.76 ID:pX5vhZX50

キョン「いや、あの、そのそのですね……」

キョン「おおおおっぱいを揉ませてくれませんか!!」

喜緑「はあ、おっぱいですか?」

みくる(きょきょキョンくん! その言い方はストレートすぎますぅ!!)

キョン(はああ!! やっちまった!!)

キョン(終わった……何もかも)

喜緑「いいですわよ」

キョン「へ?」

みくる「ほへ?」

キョン「き、喜緑さん、今なんて?」

喜緑「ですから、私の胸を揉んでもいいと言っているのですよ」



540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:27:11.94 ID:pX5vhZX50

キョン「ま、マジですか! なんで!!」

喜緑「そこまで必死に頼むということは、何か事情があるのでしょう?」

キョン(すげぇ! さすが喜緑さん! ああ、喜緑さんが輝いて見える……)

キョン「そうなんです! 大変なことなんです!! 事情は後で説明しますが……」

キョン「それで、その……本当にいいんですか?」

喜緑「ええ、どうぞ」

キョン(とはいえ、後ろめたいことに変わりはないな……ん?)

キョン(な、なんだ! 身体が、身体がすくんで動かん!!)

喜緑「どうしました? さあ……」ゴゴゴゴゴ・・・・

キョン(だあああ!! 喜緑さんからドス黒いオーラが!!!)



546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:30:12.71 ID:pX5vhZX50

キョン「き、喜緑さん、怒ってるんですか?」

喜緑「いいえ、なぜですか?」

キョン「じゃあ、そのオーラはなんですか!!」

喜緑「オーラ? 気のせいではないですか?」

キョン「いーや! そのヒョードル100人分ぐらいのオーラ! 気のせいなんかじゃありません!!」

キョン「朝比奈さんも何とか言って……って失神してるし!!」

みくる「ふにゃぁ……」

喜緑「もう、しょうがないですわね。そちらが来ないのなら、こちらから」スススッ

喜緑「両手を掴んで……えい」


ムニュ



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:33:11.10 ID:pX5vhZX50

キョン(う、うううう……)


ムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュ・・・・・・・・・・


キョン(りょ、両手からは素晴らしい感触が伝わってくるのに…)

喜緑「うふふ、いかがです?」

キョン(喜緑さんの得体のしれないオーラが怖すぎて、それどころじゃない!!)

喜緑「割と胸には自信があるほうなんですけど」ニコッ

キョン(怖い! その笑顔が何より怖い! 今までで一番怖い!!!)

壷の精「う〜ん、まあこれでもいっか。もういいぜ〜」

喜緑「あら、どちら様?」

キョン「た、助かった……」



557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:36:12.00 ID:pX5vhZX50

喜緑「なるほど、そういうことだったのですか」

キョン「すみませんでした」

喜緑「いえいえ、何なら下も触りますか?」

キョン「ごべっ!!!!」

喜緑「ふふ、冗談です」

キョン「やめてくださいよ、もう……」

壷の精「お前ずっとやられっ放しだなぁ。男として情けなくないのか?」

キョン「じゃあ喜緑さん、俺達急ぎますので」

喜緑「お気をつけて」

壷の精「遂にスルーかい」



568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:39:12.19 ID:pX5vhZX50

キョン「朝比奈さ〜ん、起きてくださ〜い、行きますよ〜」

みくる「ふにゃあ……」

キョン「次の相手は朝比奈さんが連絡する予定でしょう。目を覚ましてくださいよ〜」ユサユサ

みくる「ふみぃ……」

キョン「……また揉みますよ」ワキワキ

みくる「ほみゃあ!!!」ガバァ

みくる「きょきょきょキョンくぅん! ひどいですよぅ!!」

キョン「すみません。一刻を争うので」

みくる「もう……えっと、じゃあ電話して呼びますね」



579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:42:10.62 ID:pX5vhZX50

キョン「さて、次の9人目ですが、かなり難しいですね」

みくる「ええ、今までは『後で説明すれば何とかなる』という状況だったんですけど」

キョン「相手が一般人では説明するわけにもいきませんからねぇ」

みくる「どうするんですかぁ、キョンくん?」

キョン「一応考えてはいます。というより、これしか思いつけなかったのですが」

みくる「ふぇ? 何です?」

キョン「酔っ払っているフリをします」

みくる「酔っ払う、ですかぁ?」

キョン「これだってまともな方法ではありませんけどね」

キョン「『あの時は酔っていて全然覚えていないんです、すみません』で、押し通そうと思います」

みくる「う〜ん、それで大丈夫ですかぁ?」



585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:45:16.78 ID:pX5vhZX50

みくる「でも、あたしも他にいい方法が思いつきませんし、やってみるしかないですね」

みくる「それで、お酒はホントに飲むんですかぁ?」

キョン「酒の匂いを出すのと、勢いをつけるために少しだけ飲みます」

キョン「親父の酒を少しだけビンに入れてきました。行動に支障をきたさない程度に少しだけ」

キョン「んくっ、んくっ、うーー微妙な味……」

みくる「酔っ払って見えるように、メイクもしたほうがいいですね……はい、できましたぁ」

キョン「よし、これで準備は万端です!」

キョン「設定として、ハルヒに不思議探索で強引に酒を飲まされたということにしてください」

みくる「あ、はい、分かりましたぁ」

キョン「む、どうやら来たようですね」



590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:48:12.74 ID:pX5vhZX50

鶴屋「やっほーーみくる! おまたせ!!」

キョン「では朝比奈さん、お願いします」ボソッ

みくる「わ、わかりました」

鶴屋「おんや? キョンくんもいるのかい? 何か大切な話があるって聞いたから来たんだけど」

みくる「つつ鶴屋さん、すみませぇん、手伝ってくれませんかぁ?」

キョン「うーーいい、ひっく……」ヨロヨロ

鶴屋「おやおやキョンくん、酔っ払ってるのかい?」

キョン「どぉおもぉおお鶴しゃま、うぇへへへへ……」

みくる「そ、それが、涼宮さんに無理矢理お酒飲まされちゃって」

鶴屋「ハルにゃんに? ほえ〜〜」



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:51:13.80 ID:pX5vhZX50

鶴屋「相変わらず振り回されてるようだね、にゃはははは」

キョン「メロンちゃんが一匹、メロンちゃんが二匹、げひゃひゃひゃひゃ!!!」

みくる(キョンくん、迫真の演技ですぅ)

みくる(ここまでかなりの修羅場を潜り抜けてきたから、吹っ切れちゃったのかなぁ?)

鶴屋「ありゃあキョンくん、相当出来上がっちゃってるねぇ」

キョン「うぅ〜〜いぃぃ…ひぃっく」フラリ

鶴屋「おっとっと、大丈夫かい、キョンくん?」トスッ

キョン(よし! さりげなく寄りかかることに成功した! あとは…胸を…)スッ

鶴屋「よっ」サッ

キョン(なにぃ! 避けられただとぉ!!)



604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:54:14.40 ID:pX5vhZX50

キョン(くっ、もう一度!!)ヌゥゥ

鶴屋「ほっ」ササッ

鶴屋「キョンくん、何か妙な動きしてるねぇ。酔っ払ってるからしょうがないけどさ!」

キョン(ぬおおお! 負けるかぁ!! ほりゃほりゃほりゃあ〜〜!!!)

鶴屋「よっ、ほっ、はっ、と」サッ サッ サッ

キョン(なぜだぁ! なぜ揉めん!!)

鶴屋「キョンくん、さっきから変なところを触ろうとしてないかい?」

みくる(動きでバレバレですよう、キョンくん……)

鶴屋「何だかよく分かんないけど、その程度ではあたしは捕まらないっさぁ!!」

キョン(ぐぅぅ…だめか…もう他に方法は……)

???「「おおっと、足が滑ったぁぁ!!」」



609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 23:57:13.22 ID:pX5vhZX50

鶴屋「な、なに! にょわわ〜〜!!」


ドドド ドシーン


キョン(なんだ! いきなり誰かが鶴屋さんに覆いかぶさるように……!!!)

佐々木「すみません、何かに足を引っ掛けちゃったようで」

橘「まったく、おかげであたし達までコケちゃったじゃないですかぁ」

九曜「――――」

キョン(佐々木! それに橘に九曜まで! 何でコイツらがここに!!)

鶴屋「ちょ、ちょっと君達、早くどいてくれないかなぁ?」

佐々木「えーと、そうしたいのは山々なんですけど」

橘「何かいろいろ絡まって動けないのです!」

キョン(しかし、見事に鶴屋さんを押さえつける形になってるな、まさかコイツら……)

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:00:13.34 ID:9aZj2s3f0

佐々木「……」チラッ

キョン(ん? 何か佐々木が合図を送ってきてるような?)

キョン(はっ! あれは! 鶴屋さんの胸のあたりに僅かに隙間が!!)

キョン(……そういうことか、感謝するぜ、3人とも!!)

キョン「ふひひひひ……よっと」


モニュ


鶴屋「わきゃあ!! ちょちょちょっとキョンくん、なにしてるっさ!!!」


モニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュモニュ・・・・・・・・・・


鶴屋「うひゃあん!! や、ひん! はう! にょーー!!」

壷の精「はいカット、オッケー」

キョン「よし、後は逃げる! 朝比奈さん、フォローは任せました!!」

みくる「はわわわ……あ、は、はいぃ、分かりましたぁぁ」



625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:03:13.27 ID:9aZj2s3f0

鶴屋「にょーーわーーー!!!」ガッバァァ!!

佐々木「わっ!」

橘「きゃっ!!」

鶴屋「キョンくぅん……酔っているとはいえ、ちょ〜っとお痛が過ぎたようだねぇぇ」ゴゴゴゴ・・・

キョン(ひいぃぃ!! やっぱりこうなるのか!!!)

鶴屋「覚悟はいいかい……んん? あれ? これは何っさ?」


ワサワサワサワサワサ・・・・・・・


鶴屋「これは、髪の毛!! 身体中に絡みついて……何これ、動けないっさ!!」

九曜「―――――」

佐々木「ナイスだよ九曜さん! キョン、行くよ!!」ガシッ

キョン「へ? あ、ああ」ダダダッ

鶴屋「ああ! こらっ待つっさーー!!!」

橘「あああ、動かないでください。今ほどきますから」



634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:06:13.48 ID:9aZj2s3f0

キョン「ぜぇ、ぜぇ、助かったよ、サンキューな、佐々木」

佐々木「あれからやっぱり心配になってきてね。どうしても手伝いたくて追ってきたのさ」

佐々木「橘さんを説得するのには苦労したけどね、渋々OKしてくれたよ」

佐々木「ちなみに君達の居場所は九曜さんが突き止めてくれた」

キョン「迷惑かけたってのに、すまないな。 ん? おっと、電話だ」ピッ

キョン「おう、無事だったか! ああ、今は駅前にいる。ああ、分かった、待ってる」ピッ

キョン「長門と古泉もこっちに向かっている。少し休憩するか」

佐々木「ああ」



643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:09:11.37 ID:9aZj2s3f0

古泉「どうも、お待たせしました」

長門「…」

キョン「おお、よく無事だったな、お前ら!」

長門「少々手こずったが、行動不能にしてきた。1ヶ月は動けない」

古泉「僕は駆けつけた長門さんに助けられたんですよ。危うく森さん共々警察に捕まるところでした」

キョン「そっか、朝倉や森さん、あと鶴屋さんにもきちんと謝っておかないとなぁ」

佐々木「まぁ、今は残りの1人に集中したほうがいいんじゃないかい?」

古泉「おや? またお会いしましたね。なぜあなたがここに?」

キョン「ついさっき助けられたんだよ、危ないところをな」

古泉「そうなんですか、それはどうもありがとうございます」

佐々木「いいさ、それよりもキョン、そろそろ涼宮さんに連絡したほうが…」



649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:12:12.97 ID:9aZj2s3f0

キョン「そうだな。しかし、何だかんだであと1人か。よくここまできたよなぁ」

古泉「そのあと1人が厄介なんですけどね」

キョン「今まで散々ひどい目に遭ってきたんだ、もう何でも来いという心境だよ」

古泉「あんまり無茶なことをして、僕の仕事を増やさないでくださいよ」

キョン「はは、努力するよ」

壷の精「お話し中のところ悪いが、ちょっといいか?」

キョン「おわ! びっくりした!! いつも忘れた頃に出てくるなお前は」

壷の精「お前、ルール違反したろ」

キョン「へ? なにって……?」

壷の精「お前はルールを犯したって言ってんだ。聞こえなかったのか?」



656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:15:13.34 ID:9aZj2s3f0

キョン「俺が! ルールを犯したって!! いつ!!」

壷の精「あの黄緑色の髪の娘っ子の時だよ」

壷の精「お前は『何か事情があるのでしょう?』と聞かれた時、『そうなんです! 大変なことなんです!!』と答えたよな?」

壷の精「俺はルール説明の時、『遠回しに、胸を揉まなければ大変なことになると伝えることも禁止』と言ったはずだぞ」

キョン「あ、あ、いや、その……ていうか、ならなぜその時に指摘しなかったんだよ!」

壷の精「別に〜。気まぐれだよ、気まぐれ」

古泉「待ってください! そもそも『遠回しに』という設定自体が曖昧じゃないですか!!」

壷の精「知るか。俺がルール違反つったらルール違反なんだよ」

キョン「まじかよ……ここまできて……」



665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:18:13.14 ID:9aZj2s3f0

壷の精「とはいえ、これでゲームオーバーってのもあれだよな。何かペナルティを…」

長門「……させない」スッ

壷の精「うっとーしーな、はっ!!」ズォ!!!

長門「がふ!!!」


ダンッ! ダンッ! ズシャアア!!!


佐々木「な、何!? 長門さんが吹き飛んで……」

壷の精「お前はそこで転がってろ。邪魔すんな」

キョン「長門! く、くそ、この野郎!!」

壷の精「さてと、お前へのペナルティは……よし、これにしよう」ミョンミョン

キョン「うわ! なんだ! 手首が光って……ん? なんじゃこりゃ?」



672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:21:16.51 ID:9aZj2s3f0

キョン「これは……紐? これが何だってんだ?」

佐々木「きょ、キョン、その紐の先……」

キョン「紐の先? んん? 何だ、この黒い箱みたいなのは?」

壷の精「爆弾だ」

キョン「ば!! お、おい、マジかよ!!」

壷の精「なぁに、安心しろ。爆弾といっても、人1人が吹っ飛ぶ程度のものだ」

キョン「安心できるか! はずせチクショウ!!」

壷の精「せめてもの情けだ。密着させてたら確実に即死するから、紐で2mほど離してやった」

壷の精「ま、せいぜい足掻いてみな」

キョン「何が情けだ!! 股間の爆弾が爆発するよりひでぇじゃねーか!!」

古泉「ぐっ!! はあああ!! だ、だめです! 固くて外れません!!」



677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:24:13.82 ID:9aZj2s3f0

壷の精「んじゃ、カウントダウンするぞ〜、はい1分前〜」

キョン「うわわわわ!! 待て待て! 待ってくれ!!」

古泉「何か爆風を遮るものは……何もない! くっ!!」

佐々木「キョン、キョン! どうしよう、どうしたら……」

壷の精「はい、残り50秒〜」

キョン「くそ!! どこか壁になるところへ移動して……」

キョン「が!! か……な、何だ! 体が動かん!!」グググ・・・

壷の精「ぶふ!! ぐひひひひ!!!」

キョン「どこまでクズなんだ、てめぇは!!!」

壷の精「は〜い、あと40秒〜」



680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:27:13.39 ID:9aZj2s3f0

キョン「いやだいやだ!! 助けて! 助けてくれぇ!!!」

古泉「くぅぅ!! 何か、何か方法は……」

佐々木「キョン! 大丈夫だから! ひっく……どおしよぉ」ジワッ

長門「身体…動かな…情報そうさ…しよう……ふのう……」

古泉「駄目です……すみません……どうしようもない……」

佐々木「ひぐっ! うええ……キョン、いやだよ……キョン……」ポロポロ

キョン「佐々木……古泉……長門……」

壷の精「あぁとぉ〜〜30秒〜〜〜」

キョン「……………………」

キョン「ありがとよ……2人とも、俺から離れてくれ。長門も連れてできるだけ遠くに……」



687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:30:12.85 ID:9aZj2s3f0

佐々木「キョン!! 諦めないで!! 何とかするからぁ!!!」

キョン「いいから!! 早く離れろ!! お前らまで巻き込みたくないんだよ!!」

佐々木「キョン……キョン……」ポロポロ

キョン「長門を安全なところまで連れてってくれ、あの位置も大丈夫とは限らないからな」

キョン「頼む……な?」

佐々木「キョン……ひぐっ、キョン……ひっ……」タタッ・・・

キョン「ありがとな、佐々木」

壷の精「残り〜〜20秒〜〜」

キョン「おい古泉、お前も早く……」

キョン「古泉……お前、何してんだ?」



702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:33:15.28 ID:9aZj2s3f0

キョン「お前、そんなところに立っていたら、危ないだろ!」

古泉「ええ、分かってますよ?」

キョン「分かってますよ? じゃねえよ!! 何考えてんだ!!」

古泉「ですから、あなたの盾になるつもりです」

キョン「な!!! お前、何言ってんだ!! ふざけてんじゃねぇよ!!」

キョン「俺は誰も巻き込みたくないって言っただろ!! 離れろこの馬鹿!!」

古泉「うるせえ!!! 黙ってろボケ!!!!!」

キョン「!!!!」

古泉「お前を死なせるわけにはいかねえんだよ!!! 大人しくしてろ!!!」



721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:36:48.93 ID:9aZj2s3f0

キョン「古泉……お前……」

古泉「……すみません。ですが、本当にあなたを死なせるわけにはいかないんですよ」

古泉「あなたは涼宮さんにとっての鍵……世界の命運を握る鍵なんです」

古泉「僕は超能力者として……機関の一員として、あなたを守らなければならない」

古泉「僕が盾になった程度で守りきれるかどうかは分かりませんが……これが僕の使命ですから」

キョン「古泉……」

壷の精「はあ〜〜い、あと10秒〜〜〜」

古泉「ふふ……やっぱり違います」

キョン「え?」

古泉「超能力者でも機関の一員でもなく、ましてやSOS団の仲間としてでもなく……」

古泉「ただ1人の……僕の大切な友人を守りたい……それだけですよ」

キョン「古泉……おい! 古泉!!!」

古泉「大丈夫ですよ。それなりに鍛えてますから」ニコッ

壷の精「3…2…1…ジ・エ〜ンド!!」

バァァン!!!!!!!!!!!!!


723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:39:14.05 ID:9aZj2s3f0

キョン「ぐは!!! げほっ! げほっ!」

キョン「はぁ、はぁ、い、生きてる……? 身体も動く!!」

キョン「古泉!! 古泉いぃぃぃ!!!!」ダッ

キョン「こいず…み……」

佐々木「キョン!! 大丈夫かい!?……ひっ!!」

キョン「古泉……そんな……」

壷の精「ん〜〜? おー、すげーなコイツ、まだ生きてんぞ。即死は免れたみてーだな」

キョン「な!!! 古泉!!!」ガバァ

壷の精「しかし、その様子だと直に息絶えるな! さぁどうするぅ?」



737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:42:15.54 ID:9aZj2s3f0

長門「古泉…一樹……」ズリ・・・ズリ・・・

壷の精「ひゃひゃひゃ!! 頼みの綱の宇宙人娘もあのザマだしなぁ!!」

キョン「てめぇ……ぶっ殺してやる!!!」グァ!!

壷の精「おいおい、お前如きがかなうわけねーだろ」ヒョイ

キョン「ぐっ……ちくしょう……」

佐々木「キョン!! 早く救急車を!!!」

壷の精「ぐひゃひゃ!! そんなもん呼んでも、もう間に合わねーよ!!」

壷の精「ザマーミ……おごっ!! な、何だ、身体が、動かな…」ギギギ・・・



喜緑「あなたは調子にのりすぎです」

朝倉「ゴメンね、長門さん、キョンくん、遅くなっちゃった」

キョン「朝倉! 喜緑さん!」



750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:45:12.74 ID:9aZj2s3f0

長門「朝倉…涼子……」

朝倉「長門さん、ちょっと待っててね。すぐに終わるから」

キョン「朝倉、お前、長門にやられたんじゃあ?」

朝倉「あの後あっという間に組み伏せられてね。事情を説明されて、ちゃんと納得したわよ」

朝倉「それで、長門さんからあの壷の精のデータを受け取って、今までずっと解析してたのよ」

キョン「長門が? データを?」

朝倉「長門さんだって、ただやられてばかりいたわけじゃないわ」

朝倉「アイツにバレないよう、密かに情報収集してたのよ」

朝倉「長門さんにはコイツの監視のために、一足先に合流してもらって」

朝倉「後を引き継いだ私が、データを解析して、コイツの能力を無効化することに成功したってわけ」

壷の精「うおおい!! マジかい、マジかよ!!」

喜緑「こちらも何とかなりそうですよ。情報操作で治してみせます」

古泉「う……」

キョン「ほ、本当ですか、喜緑さん!!」


760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:48:14.87 ID:9aZj2s3f0

朝倉「あんた、あんまり私達を舐めないでもらえる?」

壷の精「ぐぅ……」

朝倉「まったく、散々弄んでくれちゃって、どうしてくれようかしらね」

朝倉「もっとも、今のあんたには、もはや何の力も残っていない、ただのゴミだけどね」

壷の精「ちっ、はあ〜あ、ここまでかよ」

朝倉「ただ……ゴメンね、キョンくん」

キョン「ん? 何だ?」

朝倉「キョンくんのチ……股間に取り付けられてる爆弾、それだけは外せなかったの」

朝倉「その爆弾を外すには、ゲームをクリアするしかない。つまり……」

キョン「ハルヒ、か……分かった、ありがとう」



770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:51:14.05 ID:9aZj2s3f0

キョン「……」

壷の精「はぁ、なんだよ?」

キョン「てめぇをぶっ飛ばすのは、全てが終わってからだ」

壷の精「ああそーかい」

キョン「喜緑さん、古泉をお願いします」

喜緑「ええ、任せてください」

キョン「朝倉も、長門を頼む」

朝倉「言われなくても分かってるわよ」

佐々木「キョン、君1人だと心配だ。ついて行くよ」

キョン「ああ、ありがとう」

キョン「………行くか」



775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:54:16.62 ID:9aZj2s3f0

佐々木「キョン、大丈夫なのかい…?」

キョン「ああ」

佐々木「古泉君に庇われたとはいえ、君だって相当な怪我を負ってるんだぞ」

佐々木「さっきの、ええと朝倉さんに治してもらったほうが良かったんじゃないかい?」

キョン「いやいい。今は早く用を終わらせて、アイツをぶん殴るのが先決だ」

佐々木「……そうかい」

佐々木「あんまり……無茶はしないでくれよ」

キョン「ああ、ありがとな」ピッ

キョン「もしもしハルヒ、今から……」



785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 00:57:13.92 ID:9aZj2s3f0

キョン「いよいよ……か」

佐々木「何か作戦はあるのかい、キョン?」

キョン「さっきのゴタゴタで全部吹っ飛んだ。当たって砕けるだけだ」

佐々木「そう……あ、来たみたいだね。じゃあ僕は隠れてるよ」ガサガサ

キョン「ああ、さて、と」

ハルヒ「あ! キョン!! 何よ、さんざん人を待たせたりして!!」

キョン「待ってたのはこっちだぞ」

ハルヒ「そうじゃないわよ! 自宅で待ってろだの、今すぐ来いだのとよくも振り回してくれたわね!」

キョン(いつもお前がやってることじゃないか…)

キョン「なあハルヒ……大事な話があるんだ」

ハルヒ「何よ……って、よく見たら、アンタ怪我してるじゃないの! どうしたのよ!!」



790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:00:14.43 ID:9aZj2s3f0

キョン「いや、大したことないから聞いてくれ」

ハルヒ「大したことないって、そうは見えないわよ! すぐに病院に……」

キョン「いいから聞いてくれ!!!」

ハルヒ「!!!」

キョン「お前に話というのは……その、お前に頼みたいことがあってな」

ハルヒ「頼みたいこと? 何よ?」

キョン「真剣な頼みだ、心して聞いてほしい」

ハルヒ(な、なに……キョンのこんな顔初めて見るわ……この雰囲気、まさか、告h)

キョン「ハルヒ…胸を揉ませてくれないか?」

ハルヒ「…………は?」

キョン「お前の胸を揉ませてほしいと頼んでるんだ」

ハルヒ「死にたいの?」



802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:03:14.76 ID:9aZj2s3f0

キョン「いや、だから」

ハルヒ「何よ! 意味ありげな雰囲気でいきなり胸揉ませろって!!」

ハルヒ「馬鹿にしてるの? そんなに今ここで短い生涯を終えたいの?」

キョン「そりゃ言い過ぎだろう。ともかく、俺は本気で頼んでるんだ!!」

ハルヒ「なお悪いわよ!! あたしはてっきり…その……」

キョン「てっきり? 何だよ?」

ハルヒ「うっさい!! もう帰る!!!」ズンズン

キョン「おい! ちょっと待てって!!」ガシッ

ハルヒ「触らないで!!」バチーン!!

キョン「へぶぉっ!!!」

ハルヒ「…………ばか」ズンズンズン・・・

キョン「は、ハルヒ…待ってくれ……」



806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:06:14.73 ID:9aZj2s3f0

佐々木「キョン……あの頼み方はないと思うよ」

キョン「し、しかし、他に方法が思いつかなくてだな」

佐々木「………はぁ、しょうがない。作戦を授けよう」

キョン「なに! 何かいい考えがあるのか!!」

佐々木「うまくいく保証はないけどね。たぶんいけると思う」



キョン「な!! 俺がそんなことを言うのか!!!」

佐々木「どの道、他に方法は思いつかないんだろう?」

キョン「それはそうだが……しかし、これだとさっきよりひどいことになるぞ! 絶対に!!」

佐々木「ああもう、つべこべ言わずに行ってきなって!!!」ドン!

キョン「おわっと! 分かったよ、行ってくるよ。もうどうなっても知らん」



807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:09:14.67 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ「もう! なによなによなによ……」

キョン「ハルヒ! 待ってくれ!!」

ハルヒ「なに! まだやられたりないの?」

キョン「さっきの俺はどうかしてたんだ! あまりに緊張しすぎてテンパりすぎてたんだよ!」

ハルヒ「はぁ、それで?」

キョン「お前にはまだ一番大事なことを伝えていない! 聞いてくれ!!」

ハルヒ「あーもー! 何なのよ!!!」


キョン(言うのか? 本当に言わなきゃいけないのか!!)

キョン(ええい、いまさら悩んでも仕方ない! もうヤケクソだ!!!)

キョン「ハルヒ!! お前のことが好きなんだよ!!!」



812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:12:15.12 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ「へ? え?………………えええ!!!」

キョン「お前が好きだ!! 好きで好きでたまらないんだ!」

ハルヒ「あ…え…うぁ……うぅ……」

キョン(さぁどうなる!! 鬼が出るか蛇が出るか!!)

キョン(………あれ? パンチもキックも飛んで来ない?)

キョン(どうなって……ん?)

ハルヒ「キョン……それ…本当なの……?」カアァァ

キョン(あれ? 何でこいつ俯いて顔赤くしてんだ? あれぇ?)

キョン「あ、ああ、本当だ、本当だとも!!」

キョン「だから……胸を揉ませてくれないか?」



佐々木「何でそうなる……はぁ、キョンってここまで重症だったっけ?」

佐々木「今日はいろいろあったから、そのせいで正常な思考が出来ていないということにしておこう」



825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:15:16.05 ID:9aZj2s3f0

キョン「な、頼む! この通りだ!!」

ハルヒ(な、何なの……そりゃいきなりあんな告白されてビックリしたけど……)

ハルヒ(嬉しかった……凄く嬉しかった……なのに)

ハルヒ(何でまた『胸』なのよーーー!!!)

キョン「お願いだハルヒ!! いいだろう!!」

ハルヒ「ちょちょちょ、待ちなさい! 待ちなさいってば!!!」

ハルヒ「あ、あたし、まだ返事してない! そ、それに……」

キョン「それに?」

ハルヒ「じゅ、順序ってものがあるでしょ! いきなり胸なんて触らせるわけないでしょ! 馬鹿!」

キョン「じゃ、じゃあ、どうすれば……?」

ハルヒ「……あーーもう!! 馬鹿! 馬鹿キョン!!」



832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:18:15.39 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ(確かに変なことを言ってるけど……キョンは凄く真剣だわ。それは分かる)

ハルヒ(あたしも……答えなきゃ)

ハルヒ「…………きよ」ボソッ

キョン「え? 何て言ったんだ?」

ハルヒ「あたしもアンタのことが好きだって言ったのよ!! このアホキョン!!」

キョン「…………へ?」

キョン(何だ? 何なんだ、この展開は?)

キョン(えーと、ハルヒは俺のこと好きって言ってくれたんだよな。なら胸揉んでもOKなんだよな?)



佐々木(あの様子だと、またろくでもない思考パターンに嵌っているようだ)

佐々木(やれやれ、こればかりは涼宮さんに同情するよ)



839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:22:12.66 ID:9aZj2s3f0

キョン「ハルヒ……よかった、ありがとな」

ハルヒ「キョン……」

キョン「じゃあ胸揉んでいいか?」

ハルヒ「だから何でそうなるのよ!! いきなり胸はないでしょ胸は!!」

キョン「う……じゃ、じゃあ、どうすりゃいいんだ?」

ハルヒ「アンタとことん間抜けなのね……もう」

ハルヒ「その、胸は駄目だけど……き、キス、からなら……」

キョン「へ? き、きす?」

ハルヒ「な、何度も言わせないで! ほ、ほら!!」グッ

キョン(何だコレ? と、とりあえず、キスすれば胸揉ませてくれるのかな……?)



佐々木(あ………)ズキン・・・



848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:24:16.65 ID:9aZj2s3f0

キョン(やや上を向き、目をつぶっている……間違いなく待ってるよな?)

キョン(ここはやっぱり、いったほうがいいのだろうな。じゃないと揉ませてもらえそうにないし)

キョン(よし!! ここは勢いでいっちまえ!!!)グッ!!


佐々木「あ……う……」


ハルヒ「ふにゃあ」

キョン「ん? ふにゃあ?」

ハルヒ「…」ユラリ

キョン「うおっとお! 危ねえ!!」ガッシィ!

キョン「お、おい、ハルヒ! どうしたんだ、いきなり倒れこんだりして!!」


佐々木(え? え? なに? 何なの?)



854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:27:16.88 ID:9aZj2s3f0

朝倉「何とか間に合ったみたいね」

キョン「朝倉! お前、何でここにいるんだ!?」

朝倉「長門さんの治療が終わったから、追ってきたのよ。他の人達もじきに来るわ」

キョン「あ、そ、そうか。それで、ハルヒに何をしたんだよ!?」

朝倉「何だか手間取ってるみたいだったから、眠らせただけよ。この方が手っ取り早いでしょ?」

朝倉「それとも、がっかりした?」

キョン「え? あ、いや、がっかりしたというか、ホッとしたというか……」

佐々木「朝倉さん、あなたって人は……」

佐々木「……ありがとう」ガシッ

朝倉「え? は、はぁ……どういたしまして」



860 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:30:16.59 ID:9aZj2s3f0

朝倉「あら、他の人達も到着したみたいね」

古泉「どうも、遅れました」

キョン「古泉!! お前、大丈夫なのか!?」

古泉「ええ、喜緑さんのおかげで、何とか助かりましたよ」

古泉「もっともまだ完治はしていないので、こうやってお二人に支えてもらわないと歩けませんが」

喜緑「かなり危ないところでしたが、命の危機は脱しました。もう大丈夫ですよ」

キョン「そうか…よかった……本当によかった……」

古泉「おや? 泣いていらっしゃるのですか?」

キョン「泣いてねえよ! 馬鹿野郎!!」

長門「現在午後7時半、早めにすませるべき」

キョン「長門、お前も無事だったんだな」

長門「私は一時的に行動不能にされていただけ。平気」



868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:33:15.42 ID:9aZj2s3f0

喜緑「ああそうそう、この方も連れてまいりましたよ」

壷の精「……ちっ」

キョン「よう、これが終わったらすぐにぶっ飛ばしてやるから、覚悟しとけよ」

壷の精「へーへー」

喜緑「朝倉さんと私が行った情報連結の解除により、今この壷の精には力はまったくありません」

喜緑「ただあなたとの契約のためだけに、かろうじて存在している状態です」

喜緑「ですから、あなたがゲームをクリアすれば、すぐにでも消滅しますよ」

キョン「そうなんですか? 分かりました」

キョン「さて、寝ているところを触るのは気が引けるが、やるとするか」

朝倉「私の時に、もうやっちゃってるじゃない」

キョン「あの時もちゃんと悩んだっての」



878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:36:16.25 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ「う…んん……んにゅ……」

キョン「……」ゴクリ

一同「……」ゴクリ

キョン「……後ろ向いてろ、お前ら」

朝倉「あらあら」

古泉「これは失礼しました」

佐々木「……むー」

キョン「たく……さて、と……」


ムニュ


ハルヒ「んん……」ピクン


ムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュ・・・・・・・・・・


ハルヒ「あ……ふ……ふあ………んっ」ピクピクン

キョン「変な声出さないでくれ、頼むから……」


885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:39:15.66 ID:9aZj2s3f0

壷の精「はぁ、もういいぜ……」

キョン「ん、おっ? 股間の違和感が」ゴソゴソ

キョン「おお! 爆弾が消えてる!! やったぜ!!」

佐々木「ふ、振り向くのが少し早かった……」カァァァ

古泉「これでようやく全てが終わりましたね」

キョン「ああ、あとは……」チラッ

壷の精「へいへい、好きにしてくだせぇ」

キョン「よくもまぁ散々弄んでくれやがったな、お前みたいなクズは初めてだったぜ」

壷の精「…」

キョン「そもそもお前は何者なんだ? なぜお前みたいな奴が存在する?」



891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:42:16.26 ID:9aZj2s3f0

壷の精「別に理由なんてありきたりなものさ。俺はお前達人間の欲望が寄り集まって誕生した存在なのさ」

キョン「ありきたりか、それ?」

壷の精「その壷には人間の欲望を吸い集める力があるみたいでな。まぁ詳しいことは俺も知らん」

壷の精「ともかく、俺を生み出したのはお前達人間だ。俺だって生まれたくて生まれたわけじゃねーよ」

キョン「そんなので言い訳になると思ってるのか?」

壷の精「思っちゃいねーよ。ま、十分楽しんだし、もういーさ」

キョン「こいつ……しかし、最終的に負けたとはいえ、長門たち宇宙人の力を上回ってたんだ」

キョン「お前、一体どれだけの欲望を吸い取ってたんだよ?」

壷の精「んな大した人数じゃねーさ。せいぜい30人分くらいだな」

キョン「30人!! たったそれだけなのか!?」

壷の精「人間の欲望ってなそれだけ底無しだってこった。てめーもな」

キョン「……ま、否定はしきれねーけどな」


897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:45:15.88 ID:9aZj2s3f0

キョン「話はここまでだ、それじゃあ……」ブンブン

壷の精「ん? おっ、時間だな」スゥゥゥ

キョン「え? あっ! おい!!!」

壷の精「たっぷりと楽しいものを見せてくれてありがとよ、じゃあな」シュゥゥゥ

キョン「まてこら!! この!!」グァァ


シュン


キョン「くっ!!!」スカッ

キョン「だあああ!! ちくしょーー!! 長く話しすぎたーー!!!」

佐々木「ま、まあまあキョン」

古泉「結局最後まで振り回されてしまいましたね」

キョン「くそ、せめてこの壷を肥溜めに捨ててきてやる……」



904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:48:16.47 ID:9aZj2s3f0

佐々木「それで、涼宮さんはどうするんだい?」

古泉「そうですね、せっかく眠ってもらっていることですし」

朝倉「このまま夢オチということにしときましょうか」

キョン「大丈夫なのか、それで?」

長門「ある程度は記憶を改竄する」

朝倉「あとはみんなで口裏を合わせておけば大丈夫よ」

キョン「はぁ、もうそれでいい。今日はもう疲れた」

古泉「そうですね。今日はもうゆっくり休みましょう」

朝倉「ちょっと、涼宮さんを自宅まで運ぶのも忘れないでよ」

キョン「……やれやれ、もうちょっと頑張るとするか」

佐々木「…むぅ」


キョン「もしもし、朝比奈さん、こっちは全て終わりました。そっちは……」



911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:51:15.98 ID:9aZj2s3f0

翌日 日曜日


キョン「はぁ、昨日一昨日とあんなことがあったし、今日はゆっくり休むか」

キョン「……そういうわけにもいかないんだよなぁ。森さんと鶴屋さんに謝りに行かないと」

キョン「こっちも情報操作でどうにかしてほしかった……まぁ仕方ないか」

キョン「さて、出掛けるか……ん? 電話…ハルヒからか」ピッ

キョン「もしもし」

ハルヒ『キョン、あんた昨日、あたしと会った?』

キョン「いや、会ってないぞ。昨日は親戚の家に行ってたんだから」

ハルヒ『やっぱり? おかしいわねぇ、何かアンタにいろいろされたような気がしたんだけど』

キョン「いろいろ? なんじゃそりゃ」

ハルヒ『昨日は起きたらもう夜の9時だったのよ! こんなのありえないでしょ!!』

キョン「ありえないもなにも、実際に寝てたんだろ。そんなこともあるさ」



924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:54:17.44 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ『そうかしら? あたしってそんなに怠け者だったっけ?』

キョン「よく寝る=怠け者ではないだろ。お前も何だかんだで疲れが溜ってたんじゃないのか?」

ハルヒ『うーん、そうなのかしら……?』

キョン「とりあえず、今日一日ゆっくりしろ。俺も昨日親戚の子の相手をして疲れてるんだ」

ハルヒ『……そうね、そうするわ。悪かったわね、変な電話かけて』

キョン「いいさ、じゃあな」

ハルヒ『うん。それじゃあね』プツッ

キョン「ふう、やけにあっさり納得したな?」

キョン「これも情報操作のおかげかな」

キョン「ま、いっか。さて、覚悟を決めて行ってくるとするか」



940 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:57:17.96 ID:9aZj2s3f0

翌日 放課後


古泉「どうも、生還おめでとうござます」

キョン「それが全然大げさに聞こえないから怖い……ホントよく生きてたよ、俺」

キョン「森さんはお前や機関の人達が説得してくれたおかげで、ハイキック1発ですんだが…」

キョン「鶴屋さんは、あの時逃げたせいで確信犯だと思われてて、まじで殺されそうになった…」

みくる「はうう、ご、ごめんなさい、あたしがもっときちんと説得できていれば」

キョン「いえ、朝比奈さんのせいじゃないですよ。それに、これぐらいは覚悟してましたから」

キョン「幸いどちらも必死に謝って許してもらえたし、これでやっと肩の荷が下りたよ」

長門「あの時から現在まで、壷の精は感知されていない。完全に消滅した」

キョン「そうか。お前も、いや、朝比奈さんも古泉も、今回はいろいろありがとう」


ハルヒ「へいお待ち!! 今日も珍しいもの拾ってきたわよ!!」バァン!

ハルヒ「何か変なランプなんだけど、中身を見たいと思わない?」

キョン「捨ててこい!!!」



949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 01:59:16.83 ID:9aZj2s3f0

帰り道


ハルヒ「何なのよもう、せっかく拾ってきたのに」

キョン「あんな物どうでもいいじゃないか。面白いものなんて、他にもいくらでもあるだろ」

ハルヒ「ふんだ……アホキョン」

キョン「へいへい」

ハルヒ「……」テクテク

キョン「……」テクテク

ハルヒ「ねぇキョン……」

キョン「ん? なんだ?」

ハルヒ「アンタさ……やっぱり胸とか……好き…なの……?」

キョン「は?」

ハルヒ「あああやっぱり何でもない!! 忘れて!!」

キョン「何なんだよ、いったい」



959 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 02:01:12.84 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ「ん、あら?」

キョン「どうした? えっ!」

佐々木「やあ、キョン」

キョン「佐々木! どうしてこんなところに!?」

佐々木「どうしてって、君のことを待ってたんだよ」

キョン「俺を? 何だ、何か用でもあるのか?」

ハルヒ「ちょっと! あたしを無視して話進めてんじゃないわよ!!」

佐々木「ああ、涼宮さん、お久しぶり」

ハルヒ「はあ……で、キョンに何の用なの?」

佐々木「用というか……まぁしいて言えば諦めきれなかったってところだね」

キョン「何かよく分からんぞ。俺は早く帰って休みたいんだが」

佐々木「水臭いなキョン。僕の胸をあんなに触っておいて」

キョン「!!!」

ハルヒ「!!!」



968 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 02:03:20.50 ID:9aZj2s3f0

ハルヒ「キョン、ど〜いうことかしら?」ゴゴゴゴ・・・

キョン「待て待て待て!! ちょっと待ってくれ!!!」

佐々木「僕はあんなことされたのは初めてだったんだ、責任をとってほしいな」

キョン「ちょーーー!!!!」

ハルヒ「佐々木さん……それ本当なの……?」

佐々木「ああ、本当だよ」

ハルヒ「キョン!! アンタって奴は……って、いない!!!」


キョン「冗談じゃない!! 佐々木のやつ、何考えてんだーー!!」ダダダダッ

キョン「おわっ!!!」ガッ

キョン「な、何だ! 何かが足に絡み付いて……こ、これは、髪の毛!!!」

九曜「――――」

橘「ふふふ、おかえしなのです!」



978 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/24(日) 02:06:05.79 ID:9aZj2s3f0

キョン「いやーーやめてはなしてーーー!!!」バタバタ

ハルヒ「キョン!! 見つけたわよ!!!」

キョン「だーーー!!!」

ハルヒ「さぁキョン、覚悟はいい?」ユラリ

キョン「ちっとも良くない! 頼むから話を聞いてくれ!!」

ハルヒ「問答無用!! 喰らいなさい!!!」

キョン「はぎゃあああああああああ!!!!」

佐々木「う〜む、これで涼宮さんがキョンに愛想を尽かしてくれると思ったんだけど」

佐々木「やっぱり、そううまくいくわけないか」

佐々木「何だかこの2人は、この光景がすごくしっくりくる……」

佐々木「でも、私だって負けたくない! 負けないわよ!!」


キョン「ふははは! この手の経験値はたっぷり積んだんだ、その程度では効かんぞ!!」

ハルヒ「何を威張ってんのよ! 馬鹿キョン!!!」


おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカが巨乳だったら僕好みなのに」