ハルヒ「チン体測定を盗撮するわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「変形合体エヴァンゲリオン!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 17:26:20.79 ID:g+n8kk1jO

 登場人物

涼宮ハルヒ 唯我独尊のSOS団団長,BL物やレズ物のエロ本が大好物
願望を現実の物にする能力を持つ。

長門有希 宇宙人製のアンドロイド,ショタ物やフタナリ物に目が無い
涼宮ハルヒの観測を任務とするが河原で拾ったショタ物のエロ本を見てからというもの本来の任務を疎かにしがち。

朝比奈みくる SOS団専属メイドであり未来人,巨乳ヒロインがレイプされるシチュを好む。

ハルヒ「準備は万端ね,有希!」

いつものSOS団の部室,普段なら放課後の憩いの場所となってるこの部屋も今日は少し違う。
組み立て式の長い机の上にはTVモニターが5台俵積みになっている

長門「・・・完璧。」

長門「・・・保健室内に256台に及ぶ隠しカメラを設置した,死角は無い。」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 17:31:59.51 ID:g+n8kk1jO

有希がゆっくりと,だがそれでいて力強く頷く。

みくる「じゃ,じゃあキョン君達の大事な所を余す所無く見れるんですかぁ?」

少し恐れの表情を見せながら有希に聞き返した娘は朝比奈みくるちゃん
我がSOS団の書記を兼ねる萌え萌えのマスコットよ!

長門「・・・そう,彼らがどんな向きをしていようと我々の鷹の目から逃げる事は不可能。」

今や私達は劉備3兄弟と同等,いや,違うわ!それ以上の熱き絆で結ばれた義姉妹と言っても過言ではないわ!
この様な日がいずれくるだろうと思い温存しておいた腕章を机から取出し装着する,書かれてる文字は勿論こうよ!!
『超!田代』

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 17:40:56.69 ID:g+n8kk1jO

今から私達が何をするのかと言うと・・・まあ平たく言って盗撮ね!
今年から通常の身体測定と共にチンポに関する事も測定するみたいだからそれを私達で見物する!って事になったのよ!
有希がそれを提案してきた時は少し躊躇ったけど・・・団員の事を隅々まで理解するのも団長としてのつとめだからしょうがないわよね!

長門「・・・カメラをONにする。」

そう呟き有希がスイッチを押すと保健室の様子が映しだされた

ハルヒ「丁度キョン達の番の様ね!飛んで火に入る夏の虫!とはこの事だわ!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 17:45:56.40 ID:g+n8kk1jO

   〜保健室〜

キョン「うぅ〜,もう5月とは言えパンツ一丁だとさすがに寒いな・・・。」

まったく,仕方の無い事とはいえこうも裸で待たされては流石にキツいな。
それに今年からはふざけた内容の事も測定するとなればテンションが上がるはずも無くLOWにセットされたテンションは下降の一路を辿るのみである・・・
やれやれ,と思っていた所に見知った顔の二人が近付いてきた

谷口「よおキョン,いつも涼宮の相手をしてるお前でも流石に憂鬱な様だな。」

キョン「当然だ,この年になって衆人の前で裸になって嬉しいはずがあるまい。」

国木田「・・・ふぅ,憂鬱だよ。」

アホの谷口はともかく国木田の方は深刻そうだ。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 17:55:56.19 ID:g+n8kk1jO

   〜保健室〜

キョン「うぅ〜,もう5月とは言えパンツ一丁だとさすがに寒いな・・・。」

まったく,仕方の無い事とはいえこうも裸で待たされては流石にキツいな。
それに今年からはふざけた内容の事も測定するとなればテンションが上がるはずも無くLOWにセットされたテンションは下降の一路を辿るのみである・・・
やれやれ,と思っていた所に見知った顔の二人が近付いてきた

谷口「よおキョン,いつも涼宮の相手をしてるお前でも流石に憂鬱な様だな。」

キョン「当然だ,この年になって衆人の前で裸になって嬉しいはずがあるまい。」

国木田「・・・ふぅ,憂鬱だよ。」

アホの谷口はともかく国木田の方は深刻そうだ。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:02:26.96 ID:g+n8kk1jO

谷口「で,どうなんだ?お前らの息子に対しての自信の程は。」

キョン「よくわからんが恐らく普通程度だろう。」

どうせ黙ってても後々解る事だ,答えてやろう。

谷口「国木田,お前は?」

国木田「二人共余裕そうだね・・・羨ましいよ。」

中学生の修学旅行の時見たままのサイズなら国木田が憂鬱なのも頷けるが,さて・・・

谷口「ま!気楽に行こうぜ,女が見てる訳じゃねえんだからな。」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:05:15.58 ID:g+n8kk1jO

ハルヒ「キョン達,私達に見られてるとはしらず呑気なものね。」

ハルヒ「でも古泉君が違うクラスというのは残念ね・・・,キョン達と同じクラスなら一網打尽なのに。」

長門「・・・皆で祈る。」

有希がぽつりと呟く

みくる「祈るって・・・神様〜みたいな感じですかぁ?」

長門「・・・そう,皆が本気で願えば叶うやもしれない。」

ハルヒ「そうね!日頃の我々の行いを考えればきっと神様も叶えてくれるはずよ!
さあ!皆!祈りなさい!」

ハルヒ「古泉君のチンポ,イケメンのチンポ,古泉君のチンポ,イケメンのチンポ。」

みくる「古泉君来てくださ〜い!(す,涼宮さん呪文みたいで不気味です〜。)」

長門「・・・来て・・・チンポ。」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:09:50.70 ID:g+n8kk1jO

保健室

ガチャ ←保健室のドアを開ける音

保健室の扉が開き保健の先生が入ってきた・・・と,思いきや入ってきたのは予想に反して我がSOS団の誇る超能力者,古泉一樹だった。

古泉「ふふ,こんにちは。」

俺が驚きの表情をしていると別に聞いてもいないのに無駄にさわやかな笑顔でしゃべりだした

古泉「どうやら保健委員の方の手違いで僕の測定表がこちらのクラスに紛れ込んでしまっているようでしてね,ついでなので僕もあなたと共に測定を受ける事にしたんですよ。」

キョン「そうかい,勝手にしろ。」

古泉「んっふ。」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:11:03.17 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「来たわ!みくるちゃん!有希!古泉君来たわよ!!」

みくる「よ,良かったですぅ〜。」

長門「・・・これで役者は全員揃った。」

ハルヒ「そうね!後はチン体測定が始まるのを待つだけよ!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:13:17.21 ID:g+n8kk1jO

ハルヒ「遂に古泉君のチンポを見る事が出来るのね・・・ドキドキが止まらないわ。」ゴクリ

みくる「涼宮さんは古泉君のが楽しみなんですかぁ?」

ハルヒ「そうよ,あれだけのイケメンだもん,そりゃ胸の鼓動も高鳴るってもんだわ!
それにね,もう一つ確かめたい事があるのよ。」

長門「・・・確かめたい事,とは?」

ハルヒ「うん,何かね,古泉君がキョンを見つめる視線が普通じゃない気が最近するのよ,何というか獲物を見付けた肉食獣の様な目に見えるのよ!
古泉君て女子にモテそうなのにそういう噂聞かないじゃない?だから古泉君はもしかしたらそういう趣味があるように見えるのよね。」

みくる「そ,そうだといいですね(涼宮さん,気持ち悪いですぅ)」

長門(この性癖にはついていけない)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:19:02.63 ID:g+n8kk1jO

ハルヒ「みくるちゃんは?」

みくる「私はキョン君のが楽しみですぅ。」

ハルヒ「きっとキョンのチンポなんて大した事ないわよ,何もかもが普通そうね。」

みくる「それがいいんですよぉ。」

ハルヒ「まあでも楽しみではあるわね!有希は?やっぱ国木田?」

長門「・・・そう。」

ハルヒ「成る程ね,あ!そろそろ始まるみたいよ!皆!気を引き締めなさい!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:20:04.91 ID:g+n8kk1jO

保健室

キョン「さて,通常の身体測定も終わりついに始まるわけだが・・・。」

谷口「元気出せよ国木田,大きさなんてまやかしだぜ。」

何故谷口のアホはあんなに元気なんだ・・・ほんの2mmでいいから分けてもらいたい
どうやら順番は古泉,国木田,谷口,俺の様だな

古泉「僕が先頭の様ですね,では行ってきます。」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:25:01.65 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「こ,古泉君がでて来たわ・・・。」ゴクリ

みくる「ほ,本当におちんちんを出すんでしょうかぁ。」」ゴクリ

ハルヒ「有希・・・チン体測定のプログラムはどういう風なの?」ハァハァ

長門「・・・まず勃起時の全長を測定する・・・その後射精までの時間を量り精液は保管される。」

ハルヒ「ザ,ザーメンも採取するわけね・・・まあそうじゃないと面白くないわね・・・。」ゴクリ

長門「・・・精液の採取にはNASAの最高技術を駆使したオナホが使用される。」

ハルヒ「それにしても古泉君はこんな時も笑顔を崩さないのね・・・,男の前でチンポを出すのになれてるのかしら。」ハァハァ

みくる「そ,そうだといいですねぇ(涼宮さん気持ち悪いですぅ)」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:29:39.12 ID:g+n8kk1jO

   保健室

古泉「お手柔らかにお願いします。」ニコリ

やや固さはあるもののこんな時も笑顔か・・・こういうとこは見習いたいもんだ

看護師「それでは下着を脱いでください。」

古泉「んふっ」スルリ

古泉が躊躇なくパンツを下ろし見たくもないもんが視界に入る,見たくなきゃ目を逸らせばいいだろ?と思うかもしれないがそれでも他人のサイズは気になってしまうのが男としてと本能であろう
そして看護師が古泉のケツに指を突っ込む,おいおい,こんなのいいのか!?

古泉「こ,これはちょっとしたスペクタル・・ですね・・・。」ムクムク


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:33:19.97 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「あ,あれが古泉君のチンポ・・・やっぱり古泉君くらいのイケメンだとチンポから漂うオーラが桁違いね・・・高貴な雰囲気がただよっているわ・・・。」ジュワァ-

長門「・・・古泉一樹の勃起を確認した。」

ハルヒ「!?お,大きさは?いくつくらいなの!?」

長門「・・・勃起時の全長は13・3cmこれは日本人の平均くらい,角度も良好,包皮も勃起と同時に全て剥けたのを確認した。」

ハルヒ「ハァ,ハァ,ハァ。」

みくる「あれがおちんちん,すごいです・・・。」

ハルヒ「ハァ,ハァ,ハァ。」

ハルヒ「ハァ,ハァ,ハァ。」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:38:05.77 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「古泉一樹君,13・3cmです。」

古泉「ありがとうございます。」

古泉が戻ってくるなりさわやかな笑顔で話かけてくる

古泉「どうでしたか?」

キョン「どうもこうも無い,男のピーなんぞみても気色悪いだけだ。」

古泉「まあ,そうでしょうね,喜ばれても僕が困ります。」ニコ

キョン「お前は13cmか,恐らくいい方じゃないのか?」

古泉「どうでしょうか,恐らく平均程度だと思うのですが・・・。」

俺と古泉がこんな話をしていると次の奴の名前が呼ばれた

キョン「次は国木田か。」

国木田「・・・。」

看護師「次は,国木田君,こちらにきてパンツをおろしてください。」

国木田「・・・はい。」

面白い事が見付からないハルヒ以上に憂鬱な表情で国木田が歩っていく


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:44:15.68 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「国木田君,どうしたんですか?後がつかえています,早くパンツをおろしてください。」

看護師に急かされ国木田がパンツを下ろし始める,いつもは飄々としている国木田だが今は顔は真っ赤に染め上がっている

国木田「・・・脱ぎました」

国木田がパンツを下ろすと同時に保健室内には嘲笑に似たどよめきが起こった

看護師「あら,可愛らしいわね。」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:48:57.41 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「ようやく国木田の奴パンツを下ろしたわよ!有希!・・・有希?。」

みくる「な,長門さん?」

ガシャン!!

国木田がパンツを下ろすと同時に有希が凄い勢いで立ち上がりTVモニターにかぶり付いた

長門「私の予想を遥かに越えている・・・エラーエラーエラー。」ジュンジュワ-

ハルヒ「ちょ,ちょっと有希!見えないじゃないの!!そこをどきなさい!みくるちゃんも手伝って有希をモニターから剥がして!」

みくる「な!長門さぁん!離れてくださ−い!」

ハルヒ「な,何よ重さは・・・まるで地面と同化してるみたいに重いぃぃぃ!!」

長門「・・・すごいすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごいすごい。」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:52:51.29 ID:g+n8kk1jO

数分後,ようやく有希をモニターから剥がし椅子に座らせる事に成功した私達に有希が申し訳無さそうに呟いた

長門「・・・余りの衝撃に我を忘れてしまった,申し訳ない。」

ハルヒ「衝撃って・・・国木田のチンポの事?」

長門「・・・そう。」

みくる「え?で,でもぉ,国木田君のおちんちんは・・・。」

ハルヒ「みくるちゃんの言う通りよ,国木田のチンポはかなりの粗チンじゃないの,あれじゃあまるで朝顔のつぼみよ。」

長門「・・・あなた達の神経が理解できない,彼のペニスこそ至高。」

長門「・・・高校生に似つかわしくないミクロなサイズ,朝顔のつぼみを連想させるフォルム,陰毛も産毛程度で摩擦による色素の変色も非常に少ない,彼の中性的な顔立ちにこれほどマッチしているペニスはありえない。」ハァハァ

ハルヒ「そ,そうなの(有希の性癖には付いて行けないわ)。」

みくる「そ,そうだったんですかぁ(長門さんも気持ち悪いです・・・)。」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 18:59:40.77 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「それでは勃起させますね。」

と看護師が呟き国木田のケツに指をつっこむ。

これは何かの魔法なのか?先程まであれ程縮こまっていた国木田のピーがみるみる内に反り返っていく

谷口「おいおい,国木田,それでMAXかよw」

谷口がデリカシーの欠片も無い事を言っているが聞き流しておこう

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:05:02.35 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「国木田君,8,4cmです。」

看護師が無慈悲にも国木田のピーのサイズを告げる,クラスの生徒達から安堵に似た声が洩れている

国木田「はぁ・・・」

国木田が深い溜め息を漏らす,ねぎらいの言葉をかけようと思ったがほおっておくのが武士の情けというものか

谷口「次は俺の番だな!HAHAHA」

谷口がまだ呼ばれてもいないのに歩きだす


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:11:59.58 ID:g+n8kk1jO

呼ばれてもいないのに前へと出た谷口が躊躇なくパンツを下ろした。

キョン「なん・・・だと・・・。」

古泉「これは・・・。」

国木田「谷口・・・」

谷口(昨日,キョン達の何とか団の長門有希が保健室にカメラを設置してたのは確認済みよ,という事は涼宮達が見てやがるんだろう
望む所だぜ!さあ!俺のマグナムをとくと見やがれ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:18:18.16 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「次はアホの谷口のようね!」

ハルヒ「じゃあ私は今のうちにトイレに行ってくるわ!」

長門「・・・私も。」

みくる「私も今の内にポットにお水入れてきますね。」」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:25:45.05 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「谷口君,※※cmです。」

谷口の自信満々の笑みはこういう事だったか,その自信満々にたがわぬでかさの様だ

谷口(今ごろ涼宮達,俺のマグナムに腰を抜かしてるに違いないな)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:28:34.53 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「ふう,すっきりしたわ,ん?丁度谷口が終わったみたいね。」

みくる「ふぅ,ポット重かったです。」

長門「・・・ただいま。」

みくる「ひぃ!涼宮さん!長門さん!足下が洪水になってますよぉ!」

ハルヒ「あら,ついつい古泉君のチンポに興奮しすぎた見たいね!でも安心してみくるちゃん!こんな事もあろうかとオムツを購入してきたわ!」

長門「・・・私も買ってきた,ムーニーマン。」

ハルヒ「これを履けば問題ないわ!」

みくる(涼宮さん,老人様のオムツです。)

長門「・・・ムーニーウーマン。」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:33:09.96 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「次はキョンね,これで国木田ばりにショぼかったらバカにしてやるわ!」

みくる「キョン君はきっと立派ですよぉ。」

長門「・・・やはり彼のは楽しみ。」

ハルヒ「さあ胸を張って下ろしなさい私達が余す所なく見てあげるわ!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:38:36.04 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「!!!」 ガクガクブルブル

みくる「ひぃぃぃぃ!キョン君の禁則事項,禁則事項すぎますぅぅぅ!」

長門「・・・人類の限界を遥かに越えている・・・。」ガクガクプルプル

長門「統合情報思念体も彼の陰茎に新たな進化の可能性を見出して始めた。」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:45:38.98 ID:g+n8kk1jO

保健室

看護師「・・・・・。」アングリ

キョン「あの,いくつでした?」

看護師「・・・※※※君・・・28cm・・・」ガタガタブルブル

やはり俺の名前が聞き取りづらい,
それはさて置き今日は28cmか,まずまずだな

谷口「SONNABAKANA・・・」

谷口は放心状態か,古泉は

古泉「やれやれ,あなたには完敗ですね,涼宮さんがあなたを選んだ気持ちが良くわかります。」

表情はいつもの薄ら笑いを崩さないものの膝がBSEの牛の様に震えている,国木田は・・・

国木田「す,すごいよキョン//」

待て,国木田よ!何故お前は勃起している!(8・4cm)


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:51:34.75 ID:g+n8kk1jO

部室内

ハルヒ「・・・キョンの・・・凄かったわね・・・」

長門「・・・Tウイルスに感染していると思う程の大きさだった・・・。」

みくる「あわわわわ。」

みんな放心状態ね・・・でも無理は無いわ,まさかキョンがあれ程とは


ハルヒ「さ,さあ皆!まだチン体測定は終わってないわよ!次は・・・え−と・・・何だっけ?有希!」

長門「・・・次は精液の採取。」

ハルヒ「そうだったわね!さあ皆!戦いはまだ始まったばかりよ!」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 19:56:52.48 ID:g+n8kk1jO

ハルヒ「と言うわけで次は皆のザーメンを見れる訳だけど皆の注目人物は?」

長門「・・・やはり国木・・・いや,彼の精液も気になる,私という固体は2人の精液が出るとこを期待している。」

ハルヒ「流石の有希もキョンのラージなチンポは気になるのね!みくるちゃんは?」

みくる「やっぱりキョン君ですかね,でも国木田君のおちんちんも少し気になりますぅ。」

長門「・・・それはどういう風に気になるの?詳しく述べて。」

みくる「ひっ!長門さん・・・
それはですねえ,国木田君のおちんちんは先っぽがかくれんぼしちゃってるんで・・・そのおちんちんからどういう風に出るのか気になりますぅ・・・。」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:04:13.34 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・朝比奈みくる,あなたもわかってきたようで嬉しい。」

みくる「え?は,はぃぃ(何か勘違します,長門さん)」

ハルヒ「私は正直な所全員のが気になるわ!」

長門「・・・涼宮ハルヒ,あなたは古泉一樹のを見たいと思っていた。」

ハルヒ「有希とみくるちゃんにはまだ解らないかも知れないけど,ザーメンて人によって全然違うのよ!
そう,ザーメンとは今まで生きてきた証の集大成と言っても過言ではないわ!」
長門「・・・そう(涼宮ハルヒはビッチというのがわかった)」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:11:26.36 ID:g+n8kk1jO

  保健室

キョン「さて・・・次は採精か,一体どうなる事やら。」

古泉「そうですね,射精といってもそう簡単に出せるものではないですからね。」

国木田「でも早さなら自信があるんだよね,これなら皆に負けないんじゃないかなあ。」

国木田よ,それはまったく自慢にならんぞ・・・

谷口「それなんだがな,どうやら物凄いオナホを使うらしいぞ。」

谷口の情報なんぞあてになりそうもないが一応聞いてやるか

キョン「・・・そんなものここにあるってのか?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:16:42.59 ID:g+n8kk1jO

古泉「成る程・・・そういう事でしたか・・・。」

古泉がいかにも聞いてこいと言わんばかりに呟いている
わかったよ!聞けばいいんだろ?

キョン「何が成る程なんだ,俺にもわかる様に説明しろ。」

古泉「それがですね・・・
先日アメリカのNASAから物凄い物がここ北高に運ばれたらしいのです。」

キョン「NASAだって?それは何だ?勿体ぶらずに早く言え。」

古泉「・・・オナホですよ。」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:21:55.47 ID:g+n8kk1jO

キョン,国木田「・・・。」

長門ばりに3点リーダを使ってしまった,だがそれも当然であろう,NASA?しかもそのNASA製のものがオナホだと?

谷口「NASAだかFBIだか知らないが俺から簡単にザーメンを絞れると思ってちゃ大間違いだぜ!」

古泉「どうやらこのチン体測定はただ事ではないようですね。」

キョン「やれやれ,こんな馬鹿げた事はハルヒがらみだけで十分だ・・・。」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:23:26.02 ID:g+n8kk1jO

>>82>>83
逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:31:43.71 ID:g+n8kk1jO

看護師「それでは採精をします,古泉君,こちらへ来てください。」

古泉「ここで話ていても解決しません,虎穴に入らずんば虎児を得ず・・・危険は承知で行ってきます。」

古泉がそう訳のわからん事を呟きながら向かっていった。

谷口「NASAのオナホか,俺のかがみん風オナホに勝てるとは思えないがな。」

谷口が何か言っている,よし!無視しよう。

国木田「ねえキョン,オナホって何?」

早さ自慢の国木田も何か言っているがこれも無視だ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:38:11.75 ID:g+n8kk1jO

看護師「それでは採精を始めます。」

古泉「お手柔らかに。」ニコ

そういうと看護師は古泉のケツに指突っ込み勃起させるとオナホを古泉のピーに装着ししごき始めた

古泉「!?こ,これは!?」

何と古泉からいつもの笑みが消えた,それほどまでにNASA製のオナホはすごいのか?ええ?どうなんだ古泉よ!

看護師「なかなか粘りますね」ニヤリ

そう看護師が呟くと手コキのスピードをあげた

古泉「これはちょっとしたスペクタクル,いや,エクスタシーですね,くは//」

古泉が喘ぎ声をあげる,やめろ!気持ち悪い!

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:44:32.16 ID:g+n8kk1jO

   部室内

ハルヒ「こ,古泉君のあの表情を見て!ほら!有希!みくるちゃん!」

みくる「こ,古泉君,気持ち良さそうですぅ//」

長門「・・・あのオナニーホールの構造からすると通常の手淫の108倍の効果あると見られる。」

ハルヒ「あの古泉君があんな乱れた顔をするなんて・・・有希!!古泉君の顔をアップにしなさい!」

長門「・・・わかった(声がでかい)」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 20:52:33.71 ID:g+n8kk1jO

    保健室

NASA製のオナホによる刺激が6,7分は続いたであろうか,古泉はいつの間にか地面に仰向けに倒れふんもっふ!ふんもっふ!と意味不明の声をあげていた・・・
古泉よ,これは笑うとこなのか?

国木田「まだ出ないんだ,あれじゃあ学校でしても休み時間内に終わらないよ。」

国木田が何か言っている・・・国木田が不憫でならない

古泉「んんっふ!」

不憫な国木田を眺めていると突如古泉が不快な叫びをあげ絶頂にたっした,
その瞬間看護師がビーカーみたいなのを古泉のピーに当て精液を受けとめた

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:04:31.77 ID:g+n8kk1jO

   部室内

ハルヒ「古泉君があんなに乱れてザーメンを出した・・・やっぱりイケメンもザーメンが出るのね・・・。」ジョロロロ

みくる「す,涼宮さぁん!オムツの吸収量を超えて漏れだしてますよぉ!」

ハルヒ「うるさいわ!みくるちゃん!古泉君の射精シーンを見たのよ!?こんなの常識の範囲内じゃないの!」

長門「・・・愛液で水溜まり・・・ユニーク。」

ハルヒ「古泉君,ものすごい量だったわね//どのくらいの量なのかしら。」

長門「・・・6ccの射精を確認した,これは人類の射精量を遥かに越えている。」

ハルヒ「人類の限界を超えるなんてさす我がSOS団の副団長ね!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:11:09.70 ID:g+n8kk1jO

   保健室

古泉がパンツを履くとやけにテカテカした顔で話かけてきた

古泉「あれは想像以上ですよ,こんなに早く達してしまうとは・・・困ったものです。」

キョン「普段ならどれくらいもつんだ?」

古泉「そうですね,計った事は無いのでおおよそではありますが・・・30分は楽しんでいるはずです。」

古泉がオナニーをするというのが一番の驚きだが,あのオナホは5分の1にオナニー時間を短縮する程の代物か,心してかからなければな

看護師「次は国木田君。」

次は国木田だが・・・何やらクラスメイトと話しているようだ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:17:36.18 ID:g+n8kk1jO

クラスメイトA「早いのは自慢になんね−んだぞ,国木田w」

クラスメイトB「早濡っていってだな,どちらかと言うと恥ずべき事だぞw」

クラスメイト一同「wwwww」

国木田「・・・。」

国木田が呆然としている,どうやら真実を知ってしまったらしい・・・すまん国木田!俺にはどうしてやる事もできん

看護師「国木田君,後がつかえています,早く来てください。」

国木田が死刑執行される囚人の様に歩いていく・・・

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:22:12.75 ID:g+n8kk1jO

   部室内
ハルヒ「国木田が来たわね!何度見てもミクロなチンポね!さっきより縮み上がってるんじゃないの!?」

長門「・・・彼のペニスの構造を考えると勝負は一瞬で決まる,集中して・・・。」

みくる「ミケランジェロの石像みたいですぅ。」

長門「・・・(ついに3次元で美少年の射精を見れる)」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:29:30.15 ID:g+n8kk1jO

看護師「それでは採精をします」

と看護師がオナホを国木田のピーに近付ける・・・
って!それ古泉に使った奴じゃないか!まさかの使い回し!?

看護師「包皮を剥いてください,そうでないと正確な採精が出来ません。」

国木田「え?む,剥くんですか・・・。」

看護師「そうです,剥かないと精液をビーカーに入れるのが困難です。」

国木田「・・・ません。」

看護師「はい?何ですか?」

国木田「剥けません・・・痛くて。」

国木田がそういうのと同時にクラスメイトから爆笑が起こった,今日のMVPは国木田で文句は無かろう

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:37:52.62 ID:g+n8kk1jO

   部室内

ハルヒ「国木田の奴何してんの?さっさとしなさいよね!」

長門「・・・恐らくペニスの皮を剥く事ができないと思われる。」ワクテカ

長門「・・・包皮を剥かないと精液の採取が困難になる。」ワクワクテカテカ

ハルヒ「これだから粗チンは困るわ!」

長門「涼宮ハルヒ,貴女はまったくわかってない,まさにここが本日一番の見所と言っても過言ではない。
無理矢理包皮を剥く・・・まさに至高のシナリオ,それにあの表情・・・恐れと,恥辱が入り交じっている,素晴らしい。」ビシャアアア

みくる「ひぃ!(長門さんのオムツからも壊れた蛇口の様に汁が噴出してますぅ)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:45:24.71 ID:g+n8kk1jO

看護師「我慢してもらわねばなりません,それでは剥きます。」

看護師が冷静かつ淡々と話し国木田のピーに手をかけ一気に剥いた!
い,痛そう!

国木田「い!痛い!」

国木田のピーを一気にひん剥くと同時にオナホを突っ込みしごき始めた
それと同時に近いであろうか,信じられ無い光景が俺達の目に映った

国木田「あ・・・う。」

国木田が射精した・・・時間にしておよそ5秒程度であろう

看護師「では次ですね,谷口君。」

5秒で射精してもしっかりとビーカーに採精している所はさすがである
だがこの冷静で淡々としている所はまさしくプロだ・・・。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:49:34.22 ID:g+n8kk1jO

国木田は保健室の隅っこに体育座りし微動だにしない・・・ここは何も言わないのが友情であろう
さて,次は谷口か・・・

谷口「俺の番だな!さあ!看護師さん!いつでもどうぞ(キョン,俺は遅漏のみのると言われてるんだ,自称だがな,これはお前に負けないぜ)」

なぜ俺をガン見する,こちらを向くな

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:53:25.93 ID:g+n8kk1jO

   部室内

ハルヒ「国木田は瞬殺だったわね,さすがに不憫になってきたわ。」

長門「・・・。」ホクホク//

ハルヒ「またオシッコがしたくなってきたわ,谷口の隙に行ってくるわね。」

長門「・・・私も。」

みくる「じゃあ皆で行きましょう♪」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 21:58:15.90 ID:g+n8kk1jO

看護師「谷口君の採精終了。」

谷口「10分か,さすがNASAのオナホだな,俺のかがみんオナホより凄いとは思わなかったぜ!(今頃涼宮達も俺の射精シーンに大洪水になってるだろうな!)」

看護師「それでは,最後※※※君,来てください。」

また名前が聞き取りづらい,わざと小さく話してるようにしか思えん。

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:02:51.88 ID:g+n8kk1jO

ハルヒ「ふぅ・・・お茶を飲み過ぎたせいか近かったわね。
お,丁度谷口が終わったのね。」

みくる「ついにキョン君ですぅ,あの大きなおちんちんから出しちゃうんですねえ//」

ハルヒ「すぐに!射精したら死刑よ,キョン!(キ,キョンのザーメン//)」

長門「・・・頑張って。」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:09:21.81 ID:g+n8kk1jO

キョン「それではお願いします。」

ついに俺の番だ,谷口よりも早くイッてしまうという事はすなわちSOS団の敗北を意味する・・・
まあこんなくだらない事で負けてもどうでもいいが,もしハルヒの耳に負けた事が入ると後々面倒になりそうだからな,ここは一つ気張るとするか!

古泉「んふっ,期待してますよ。」

クラス一同「キョン!NASAに勝つのはお前に託したぜ!!」

皆が俺に声援を送っている,何で?

そうこう考えている内にNASA製のオナホが突っ込まれた



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:16:33.15 ID:g+n8kk1jO

キョン「!?」

こ,これがNASAの底力・・・,ピーに突っ込まれた瞬間に尋常では無い刺激が・・・

古泉「気を確かに!冷静さを失えば一気に決められてしまいます!」

こ,古泉,お前のおかげでまだまだ我慢できそうだ・・・
とりあえず国木田以下では無いのに一安心だ

国木田「・・・。」

国木田が恨めしそうに睨んできたが無視でよかろう

クラスメイト「キョン!クラスの不細工な女を想像しろ!!」

名も無き友よ,助かるぞ

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:24:40.93 ID:g+n8kk1jO

皆の応援で多少我慢できたもののこのNASA製のオナホは凄すぎる,俺は一体どんな顔をしているんだ?教えてくれ!ハルヒ!長門!朝比奈さん!!

長門「・・・ユニーク。」

ハルヒ「www」

みくる「み,皆さぁん,笑っちゃキョン君が可哀想ですよぉwww」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:31:31.34 ID:g+n8kk1jO

キョン「ぬわ−−−!」

某RPG主人公の父親の断末魔の様な叫びを上げてしまったがいたしかたないであろう・・・このオナホは凄すぎる・・・。

キョン「今は・・・9分経過,谷口に勝つまではあと最低1分・・・かふぉぉぉ!」

だ,駄目だ・・・勝てない,俺は谷口に・・・負ける・・・?
敗北を悟り快感にもう身を委ねてしまおうと思った時,それは目に入った

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:40:00.85 ID:g+n8kk1jO

という様な上手い話も無く俺はあえなく射精,時間は9分21秒だった・・・

谷口「どうやら持久力は俺が一番の様だなw」

谷口がにやにやしながら話掛けてくる

古泉「ですがあなたは健闘しましたよ,胸を張っていいと思います。」

キョン「古泉・・・」

国木田「なんたって僕の100倍以上我慢したんだからね・・・。」

国木田の目が恐い,目を合わさないでおこう

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:51:09.48 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・これにて全てのプログラムは終了した。」

ハルヒ「見応え充分だったわね,まだ頭に残っているわ。」

みくる「体が熱いですぅ。」
ハルヒ「それでは今日は解散ね!」

みくる「さようなら〜。」

長門「・・・。」キラン

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:51:55.07 ID:g+n8kk1jO

    放課後保健室内

長門「・・・。」コソコソ

長門「・・・あった,これが皆の精液を保管している冷蔵庫。」ガサガサ

長門「・・・か,き,く・・・国木田・・・発見,これが彼の精液,たくさん。」

長門「・・・早速家に帰り味見をする,楽しみ//」


???「あら,何をしているんですか?電気も付けずに。」

長門「!?」ビクッ


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 22:58:54.25 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・き,喜緑江美里・・・。」

喜緑「どうしたんですか?長門さん,涼宮さん達はとっくに帰ってしまいましたよ?」

長門「・・・忘れものをした。」
喜緑「嘘を付いては行けませんよ,忘れ物じゃなくて盗みにきたんですよね?」

長門「・・・。」

喜緑「本日の長門さんの行動,すべて見てました,統合情報思念体はとても怒っています。」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:06:32.12 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・。」

喜緑「涼宮さんの力を利用してこんないかがわしい身体測定を行わせさらにはそれで採取した精液を盗むなんて・・・。」

長門「・・・。」

喜緑「さらに,保健室に仕掛けたカメラ,どうやって手にいれたんですか?」

長門「・・・。」

長門「・・・カメラ屋で借りてきた。」

喜緑「嘘・・・ですよね?」

長門「・・・。」

喜緑「統合情報思念体からの支給金,この星に来ているインターフェイス全員分の盗んだんですよね。」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:11:49.83 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・。」ガクガク

喜緑「さあ,行きましょう,今から会議が始まります。」

長門「会議?・・・何の?」

喜緑「・・・長門さんの解体処分についてですよ。」ニコ

長門「!?」

喜緑「長門さんは私的に世界を改変させたのは2度目ですからね,当然でしょう?」

長門「・・・許して欲しい。」

喜緑「許すかどうかを決めるのが今からの会議です,行きましょう。」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:18:04.99 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・もうしない,だから許して欲しい,反省している。」プルプル

喜緑「・・・わかりました,長門さんの反省ぶりはよく伝えておきます。」

長門「・・・会議,行かなくていい?」

喜緑「でも,長門さんの手に持ってる精液は捨ててもらいます。」

長門「・・・それは,困る。」

喜緑「反省の色無し・・・と。」

長門「!?捨てる,今すぐ捨てる。」ポイッ

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:25:06.08 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・捨てた,未練は無い(念願の国木田○○の精液が・・・でも今日録画したテープがある・・・これだけでも3年分のオカズにはなる。)」

喜緑「あと今日録画した映像も処分してください。」

長門「!?」

喜緑「どうしたんですか?嫌なんですか?」

長門「・・・嫌では無い,ただ今回の映像を編集してDVDにすると涼宮ハルヒ達と約束した。」

喜緑「それで?」

長門「・・・DVDに出来なかったとなるとかなりの規模の情報フレアが起こると思われる,危険。」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:30:27.63 ID:g+n8kk1jO

長門「・・・特に涼宮ハルヒからは原稿用紙5枚分に及ぶ細かい要望が出ている。」

喜緑「それで?」

長門「・・・危険。」

喜緑「情報操作で記憶を消しておくんで問題ないですよ?」

長門「・・・。」ガクガクプルプル

喜緑「それでは私は行きますね。」

喜緑「あ,そうです,カメラは全部ハードオフに売却してきてくださいね。」

長門「・・・はい・・・。」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:34:39.92 ID:g+n8kk1jO

喜緑(ちょっと厳しく言い過ぎだったかしら・・・統合情報思念体が怒っているのは本当だけど解体処分は言い過ぎたかな。)

喜緑(まあでもここまで脅しておけば長門さんも懲りて2度としないでしょう。)

喜緑(私達は信じてますよ!長門さん♪)

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:38:11.64 ID:g+n8kk1jO

  〜後日,北高廊下〜

ハルヒ「〜♪ふんふ−ん♪」

長門「・・・涼宮ハルヒ。」

ハルヒ「あら,有希じゃないの,どうしたの?」

長門「・・・チン体測定が行われる。」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:40:13.02 ID:g+n8kk1jO

読んでくれた皆さん,ありがとうございます!
かなり読みづらい文ですみません
あと予想より時間がかかってしまい最後ぐだぐだになってしまいました・・・。
本当にごめんなさい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「魂の軌跡」