ハルヒ「キョンて、忌野清志郎が好きなのよね!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさえ「今日の晩はシチューよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 20:02:15.91 ID:7I4Hz9WrO

キョン「…え?」

ハルヒ「好きな時に歌っていいわよ。歌いたいわよね…?そうよね?歌っていいのよ?(イライラ)」

キョン「…知らんがな」

ハルヒ「なに…?」

古泉「(ボソッ)まずいです。このままでは閉鎖空間が…お願いです。歌ってください。」

キョン「そういわれても…俺は忌野清志郎なんて…」

古泉「…僕が小声で歌いますからそれに続けてください…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:11:55.88 ID:7I4Hz9WrO

古泉「ブーアのも・り〜ブーアのも・り…さあ」

キョン「ぶーあのもりー…ぶーあのもりー」
古泉「さあーいっしょにー手をつないでー」
キョン「さあーいっしょにーてーをつないでー」

古泉「歩こうーいぇあー」

キョン「歩こうーいぇあー」


ハルヒ「なんかぎこちないわね…でもまあいいわ…続けなさい!」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 20:17:05.87 ID:7I4Hz9WrO

古泉「………」

キョン「(ボソッ)…おい…どうした!古泉!」

古泉「…(ボソッ)後はしりません…」

ハルヒ「どうしたの?キョン??」

キョン「なに?!」

古泉「すみません、みんなの歌で少し聴いたただけなんです…どうしましょうこのままでは閉鎖空間が…」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:25:40.69 ID:7I4Hz9WrO

キョン「どうするんだ古泉よ…ん…どうした長門?」

長門「私に続けて…」
古泉「(救世主!!!)」

キョン「お…おう…」

長門 「この雨にやられてぇ、エンジンイカれちまったあ」

キョン「こ…この雨にやられてえーエンジンいかれちまったー…」

ハルヒ「>>3神曲ね!しっかり歌いなさいキョン!!」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 20:33:05.70 ID:7I4Hz9WrO

長門「おれらのポンコツ…とうとうやられちまった」

キョン「おれらのポンコツーとうとうやられちまったー」

長門「……………」

キョン「……………」


古泉「どうしたんですか長門さん!!」

ハルヒ「…古泉君なに言ってるの?そこはどうしたんだへへいへい!よ?有希じゃないわ。」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:38:33.80 ID:7I4Hz9WrO

長門「………あ!どうしたんだへへいべいべー」

キョン「(思いだしたのか!)どうしたんだへへいべいべー」

長門「……バッテリーはびんびんだずぇ(照)」

キョン「バッテリーはびんびんだっぜ…(照)」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:46:23.03 ID:7I4Hz9WrO

長門「いつものようにいキメテふっとばそうぜえ」

キョン「いつものようにキメテえふっとばそうぜえ」

ハルヒ「やるじゃないキョンなかなか味が出てたわ!じゃあ次はママもうやめてを歌ってくれる?私あれ結構好きなのよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:53:57.44 ID:7I4Hz9WrO

キョン「(ボソッ)おい…長門!ママもうやめてって分かるか?」

長門「…まだ分からない…情報統合思念体から引出すまでには時間が必要…」

ハルヒ「…キョン?忌野清志郎が好きなのよね?(イライラ)」

古泉「ああーどうするんですかあーへいさくうかんー」

キョン「鬱陶しいやつだな…分からんもんは分からん。諦めろ」


ガラガラっ

みくる「すみませぇん!遅れちゃいましたあー」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 20:58:27.18 ID:7I4Hz9WrO

みくる「着替えるので少しいいですかあ…?」

キョン「ああ…はい」
古泉「(ボソッ)……閉鎖空間いやだよぅ」

キョン「黙れ」

ハルヒ「キョン!戻ってきたらママもうやめて歌ってよね!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 21:10:38.32 ID:7I4Hz9WrO

ガラガラ

古泉「お願いしますっ!朝比奈さんが着替えている間になんとかママもうやめてを歌えるようにしてください!」

キョン「なんだよ…もういいだろ。諦めろ。」

みくる「ひゃあ〜凉宮しゃあ〜んやめて下さい!」

キョン「は!…朝比奈さん!!ハルヒ!もうやめろ!何をしてるんだ!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 21:22:17.92 ID:7I4Hz9WrO

みくる「たすけてくださ〜い」

キョン「ハルヒ!すぐやめろ!どかうしてるぞ!」

ハルヒ「なんでもないわよ!」

キョン「朝比奈さんの泣き声が聞こえるだろ!」

ハルヒ「なんでもないったら」
ガラガラ

キョン「メイド服に、ポロポロ涙こぼれる姿が目に浮かぶわ」

ハルヒ「…替え歌にするなんて、やるわね、キョン。」

朝比奈「…今のキョン君の言葉、ママもうやめてと大体同じでしたね!」



分かりにくいかも、キョンのセリフはママもうやめてと大体同じ





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 21:29:32.70 ID:7I4Hz9WrO

古泉「(奇跡ー!!)」

ハルヒ「じゃあ、続き歌ってちょうだい!キョン!」

古泉「(ピンチー!)」
キョン「いやあ…ハルヒ…俺最初から…」

みくる「(そういうことですか〜分かりました…ボソッ)キョン君キョン君、私に続けて歌ってください」

キョン「え…」

古泉「(やったー!)なんでもないですよ凉宮さん!彼は忌野清志郎大好きですから!!ね!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 21:38:29.27 ID:7I4Hz9WrO

みくる「ママーもうやめて♪なにをしてるのぉ〜」

キョン「ママー↑もうやめてぇ〜♪なにをしてるのぉ〜↑」

古泉、ハルヒ、長門「(((……音痴!!!)))」


みくる「(キョン君〜そんなとこまでマネしないでください〜)ママ〜すぐやめてどうかしてるよぉー↑」

キョン「ママ〜すぐやめてどうかしてるよぉー↑」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/16(木) 21:49:54.32 ID:7I4Hz9WrO

みくる「傷ついたからあ↑だ〜くらやみでふるえてる〜」

キョン「傷ついたからあ↑だ〜くらやみでふるえてる〜」

ハルヒ「……音痴…(イライラ)」


古泉「(マズイ…マズイですよ…)」


ハルヒ「みくるちゃん!お茶よ」

みくる「よ・ご・れた〜…ひゃぁい!」

キョン「よ・ご・れた〜…ひゃあい!」

ハルヒ、古泉、長門「!?!?!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 21:57:39.65 ID:7I4Hz9WrO

ハルヒ「キョン…今のなによ?」

キョン「あーなんつうかだな…つられちまった…」

ハルヒ「なんで…?」
みくる「す…凉宮さん!お茶ですぅ…」

ハルヒ「ありがとうみくるちゃん…で?なんで?なんでみくるちゃんにつられたの…?」
キョン「それは…」


古泉「(うわーどうするんですか…本当、凉宮さんもうやめて…)」

長門「聴こえる…」

古泉「?どうしたんですか長門さん…」

長門「隣の部屋…」


コンピ研部長「まま!もうやめって〜どうかしてるよ〜」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:12:51.06 ID:7I4Hz9WrO

古泉「(部長氏!!!)」


ハルヒ「ねえキョン…まさか」

古泉「いやあ!ちょっと!ちょっとすいません!こっちへ来てください!ね(これに合わせて下さい)」

キョン「…お…」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:19:48.87 ID:7I4Hz9WrO

部長氏「心のやーみは、残酷な支配者 あのこの ひとみにうつるのはーだれたんだろおー」

部員「アスカ!アスカ!」
部員「部長ー!新手のウイルスですー!」
部員 「徹子の部屋www」
部員「ジャイアンつええww」






キョン「…心のとーもよ残酷な天使のテーゼ てつこの へーやで うつるのは ウイルスなんだろー」

古泉「やっちまった…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:26:56.61 ID:7I4Hz9WrO

ハルヒ「あんた…本当に忌野清志郎さん好きなんでしょうね??(イライラ)」

キョン「………」

古泉「(…すきって言って下さい!)」

キョン「………………」

古泉「(…好きって!)」






ガラガラっ

谷口「WAWAWA僕の好きなせんせえ〜………あらお呼びでない………失礼しましたあっ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:41:17.10 ID:7I4Hz9WrO

古泉「(ピンチです…どうにかして彼に忌野さんの歌を歌わせなければ…しかし…もうこれ以上凉宮さんの目を逃れるのも難しいでしょう…はっ!!ならば!!)」


ハルヒ「好きよね!?」

キョン「……」

古泉「い…一緒に歌いませんか!!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:50:06.03 ID:7I4Hz9WrO

古泉「彼はシャイなんです…でも…よく僕とこの歌を歌うんですよ!!ね!カラオケで!!そうでしょ!(合わせて!!お願いしますっ)」

キョン「……おう…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:52:36.72 ID:7I4Hz9WrO


古泉「じゃ…いきます…」

古泉「君がいなけりゃ〜 夜は 暗い〜

キョン「〜夜は暗い〜」

古泉 「(そう!その調子…!!)春の日ざしの中も とても クライ〜 」

キョン「とてもクライ〜」

古泉 キョン「「べーべいおーべいべー」」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 22:54:16.68 ID:7I4Hz9WrO

古泉「い・け・な・い・ルージュまーじっく」

キョン「い・け・な・い・ルージュまーじっく」

古泉キョン「「べいべーおーべいべー」」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:04:37.03 ID:7I4Hz9WrO

古泉 キョン「「い・け・な・い ルージュまーじっく」」

古泉 「べいべーいけないよーべいべーおーべいべーどこいくのぉーNOーNOー」

キョン「…のーのー」

古泉「ひとのめをー気にしてえー 生きるなんてーくだらないことさあー」

キョン「…くだらないことさあ」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:09:32.92 ID:7I4Hz9WrO

古泉「僕は道端でえー…泣いてるこどもおおー!」


キョン「子どもー…」

ハルヒ「?……古泉君の方が熱い気がするのは気のせいかしら…?」

みくる「(古泉くん…!!)気のせい…気のせいですよ凉宮さん!!」

長門「…気のせい…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:18:23.27 ID:7I4Hz9WrO

古泉キョン「「べいべーおーべいべー い・け・な・い ルージュまーじっく べいべー おお べいべー い・け・な・い ルージュまーじっく」」

古泉「君がいなーけりゃ よるはくらーい」

キョン「よるはくらーい」

古泉「春の日射しも…とてもくらーい」

キョン「とてもくらーい」

古泉キョン「「べいべーおーべいべー い・け・な・い ルージュまーじっく べいべー おお べいべー い・け・な・い ルージュまーじっく」」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:20:48.21 ID:7I4Hz9WrO

古泉「NoーNoー他人がとやかく言ってもーどうしようもないことさああ」

キョン「どうしようもないことさあー」

古泉「だれもー

あ の こ を とめられなあああい!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:35:10.51 ID:7I4Hz9WrO

古泉「ふう…ど、どうですか凉宮さん…彼は、忌野清志郎さんが大好きですよ。」

ハルヒ「…え?…むしろ古泉君が…」

キョン「いや…ハルヒ!俺は忌野清志郎さんが大好きだぞっ」

古泉「(あなたっ…!)」

キョン「(…古泉っ…お前ってやつは思えば悲しい人生だったんだなっ…閉鎖空間は作らせねえよ…)」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 23:38:56.82 ID:7I4Hz9WrO

ハルヒ「そ…そうなの?さっきまで答えなかったくせに…??」

みくる「す、凉宮さん!キョン君は忌野清志郎さんが大好きってことが、さっきの歌で良く分かりましたっ!
(閉鎖空間は作らせませんよ!)」

長門「彼はどうみても忌野清志郎が好き…」


古泉(皆さん…!!!)

58 名前:1です[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:14:06.09 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「じゃあキョン…ラクに行こうぜって歌ってくれる?アンタにあってるから」


古泉 キョン 長門 みくる 「((((わからない)))))」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:17:16.16 ID:fqqxL4ixO

古泉(もういいです…もう十分ですありがとう皆さん僕頑張って閉鎖空間行きます。)

キョン(諦めるな古泉!ラクに行こうぜってなんか聴いたことあるぞ!)

みくる(そうですよ今までだってなんとかなったんですから!!)
長門(急いで情報思念体からみつける)

ハルヒ「…どうしたの?キョン??歌わないの?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:20:50.57 ID:fqqxL4ixO

キョン「そういうハルヒも…実は結構忌野清志郎歌うんだろ?」

ハルヒ「え?…まあ…そうね…歌うわ…」

キョン(まずは時間を稼がないとな…)

みくる(流石キョン君です!!)

キョン「聴かせてくれよ」

ハルヒ「なんでよ…?」

キョン「聴きたいからだが…」

ハルヒ「わ…わかったわよ…べつにアンタのためじゃないんだからねっ…忌野清志郎が好きなだけなんだからっ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:28:23.89 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「yeahーbaby昇る朝日の中ーyeahーbabyー誓いをたてよう」

キョン「……」

みくる「わたし!ちょっとお手洗いいってきますね!(ラクに行こうぜを探してきますっ)」

長門「私も…」

古泉「では、僕も…」
ガラガラっ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:31:46.80 ID:fqqxL4ixO

キョン「…」

ハルヒ「二度と喧嘩はしない

傷つけあったり しない ふたりだけは愛し合おう…」

キョン「…」

ハルヒ「いつまでもーyeahー」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:37:55.88 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「yeahーbaby 冷たい朝になる

yeahー baby
信じあえないなーら…


キョン「…」

ハルヒ「この世界はー暗くて悲しい夢が溢れーる」





鶴屋「どうしたにょろーん?」

みくる「あの…ラクに行こうぜって歌…しりませんか…?」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:40:03.03 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「二人だけは…愛し合おういつだってーyeahー」


キョン「…………」





古泉「会長!ラクに行こうぜって歌しりませんかっ」

会長「ああ?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:43:43.43 ID:fqqxL4ixO

キョン「…(今更だが…二人きりか…)」


ハルヒ 「good lovin'
good good lovin'…






朝倉「バックアップの私になにか用かしら」
長門「ラクに行こうぜを探して」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:51:25.04 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「

かなしい 世界は いらない

good lovin' good good lovin'…


キョン「(ん?メール…朝比奈さんからか…)」

内容:向かいの校舎の一階の窓をみて」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:54:31.63 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「あたたかそうなスープを横目でみてる 夜は嫌いさー


キョン「(あ!一階の窓には朝比奈さんがいるな…っと、またメールか…今度古泉…」

内容:向かいの校舎の二階の窓をみてください

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 00:58:56.87 ID:fqqxL4ixO

キョン「(二階の窓には古泉がいやがる…またメール…次は…長門か…そうか三階の窓には長門がいるわけだな…)」

ハルヒ「ねえ…キョン!ちょっと!聴いてた!?」

キョン「あ…ああ(…みんなそれぞれ何かいってるみたいだな…しかし全部は見切れん…誰がいいかな…)」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:11:43.08 ID:fqqxL4ixO

鶴屋『うーん…それは忌野清志郎の歌にょろね?でもはっきりとは知らないさーごめんよー』

みくる『そうですか…困りました…』

鶴屋『でも!めがっさいい曲知ってるにょろ!』

みくる『え…?』





古泉『ラクに行こうぜという歌を彼が歌うか歌わないかで、今日閉鎖空間が出現するかしないかがかかっています』

会長『なんだまたあの女がらみか…。ラクに行こうぜってのは清志郎の歌だな?詳しくは知らん…』

古泉『困ったものです…』

会長『清志郎の歌なら…他にもいいのがいっぱいあるぜ…例えばな…』





朝倉『…まさか情報思念体に欠落があるなんて…ラクに行こうぜの情報が歪んでいるわ』
長門『私の方でも修復作業は不可…』

朝倉『…代わりにこれなんてどうかしら…』

古泉 みくる 長門「「「ラクに行こうぜは分からなかったけどこれなら大丈夫!!!」」」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:23:11.72 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「キョン…キョン!!じゃああんたが次は歌ってよね!」



キョン「…ああ…じゃあ…(頼むぞ長門…!!!悪いが朝比奈の手旗信号は意味が分からんし古泉のステップはもっと訳が分からん。)」

長門「準備はととのった…」


キョン「…

(頭の中で音楽が流れる!!) 君と 真夜中に 話した 色んなことー 75ぱーせんとは
忘れてしまったー


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:26:31.01 ID:fqqxL4ixO

キョン「君と長い間…過ごしたこの人生…

80ぱーせんと以上は覚えてないかもー」

ハルヒ「ら…ラクに行こうじゃないのね…」

キョン「まあ聴けって…」


古泉 みくる「「あ、ちゃんと伝わってる!!」」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:29:32.22 ID:fqqxL4ixO

キョン「hey hey hey でもいいのさー

hey hey hey
問題ない

君がそばにいるから…毎日が新しいー」


ハルヒ「キョン…」


古泉 みくる「「その調子その調子」」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:34:10.17 ID:fqqxL4ixO

キョン「僕と これからも 上手くやっていけるか 20ぱーせんとくらいは 疑問を感じるかーい

hey hey hey でもいいのさ

hey hey hey 問題ない
君がいつもそばにいるから毎日が新しいー」

ハルヒ「キョンが僕って言うと…ちょっと気持ち悪いわね…嫌じゃないけど…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:41:20.02 ID:fqqxL4ixO

キョン「hey hey hey

でもいいのさ

hey hey hey
問題ない

君が僕のそばにいるから 毎日が新しいー

今日も朝が来て
君の笑顔を見て
100ぱーせんと以上の幸せを感じるー

100ぱーせんと以上の幸せを感じるー

365ぱーせんと完全に幸せー



ハルヒ「………わ、わるくわなかった…わ…よ」

キョン「お、おう…」


古泉、みくる「「うしゃしゃしゃ大成功ー!!!」」


長門「下がとてもドタバタうるさい…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:44:13.62 ID:fqqxL4ixO

ハルヒ「じゃあ…今日は、もう遅いし…二人で帰らない?」

キョン 「ああ、すまん谷口がまってる。わりいな。鍵しめとくから」


ハルヒ「は?(ぷちっ)」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:48:47.68 ID:fqqxL4ixO

古泉「あれれ…なんでかな…電話がなってる…なんでかな…」



谷口「幸せに〜なりたいけど〜頑張りたくない〜お〜いえ〜ラクに行こうぜWAっWAっWA」
キョン「またせたな〜!何歌ってたんだ?」
谷口「何でもねーよ!行こうぜ!」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 01:53:12.00 ID:fqqxL4ixO

古泉「ずっとゆめ〜をみて〜
安心してた〜

僕は でいどりーむ びりばー そんで彼女はクイーン…」



終わり

86 名前:ハム速転載禁止[] 投稿日:2009/04/17(金) 02:25:59.68 ID:fqqxL4ixO

>>84 名前にも入れてみたよ


今日は清志郎聴いて寝る ここまで読んでくれてありがとう。とりあえず歌わせたい歌は入れれた。


GODとかも入れたかったけど使いどころが見つからなかったよ。


おやすみ…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:木曾「艦娘の前職を知りたい?」