ハルヒ「南・・・夏奈・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:博士「できたぞ新一、光彦君と居場所を入れ替えるスイッチじゃ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:02:01.20 ID:AF/vGsFQ0

もう完結してます。たぶん短いです。

気軽によんでけ!

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:02:59.74 ID:AF/vGsFQ0

キョン「おっすハルヒ!今日も一段とかわいいな」

ハルヒ「( ;゚;ж;゚;)ノブッ・・・か、開口一番何言ってるのキョン!!それより聞いた!?」

キョン「聞いてない。何か知らんけど」

ハルヒ「転校生よ!しかも今度は我がクラスに!こんな短期間で二人も転校生なんて・・・
しかもあたしたちのクラス!これはもう何かあるに違いないわね!」

キョン(マジか・・・・否定できないのが悲しい!確かにおかしすぎだろ・・・
今度は何だ!?また超能力者か!?それとも異世界人がとうとう来たか!?)


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:03:59.78 ID:AF/vGsFQ0

キョン「そんなことよりおはようのちゅーしようぜ!」

ハルヒ「( ゚д゚)ポカーン ・・・・・キョンどっかに頭ぶつけた?」

ハルヒ「なぞの転校生第二弾・・・なぞなぞの転校生ね!!男か女か知らないけど、
必ずSOS団に入ってもらいましょ!」

キョン「おいおい・・・まだ会ってもいないのに・・・勧誘は別にいいがせめて本人の意思は
ちゃんと尊重してやれよ」

ハルヒ「(o*´∇`)oワクワク」

キョン「・・・・わかいい・・」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:06:56.44 ID:AF/vGsFQ0

ガラッ・・・

岡部「えーなぜかもう情報が回っているらしいが、突然だが今日からみんなの仲間になる子がいる。
つまり転校生だ。じゃあ自己紹介して」

夏奈「南夏奈です!よろしく!」△

                               ,.-:'7:⌒ヾ¨`: 、
  ┏┓        ┏┓              __/ : / /: : : : : Y.: :ハ,       ┏┓┏┓┏┓
┏┛┗━┓┏━┛┗┓        /´/.: :/:/{: : : : : : |.:. : :l`ヽ.     ┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┓┃┗━┓┏┛┏━━━  /: /{.:. :|:.| ト、.: : .:|:/V: : :|:. :. ━━┓┃┃┃┃┃┃
  ┃┃┃┃    ┃┃  ┃     /: :/ |.:.:.:|,えミ \:ノ七リ: :.ハ .: |    ┃┃┃┃┃┃┃
  ┃┃┃┃    ┃┃  ┗━━━/ : :| V:从tヒッ   化ッ〉.:.| |:. :|..━━┛┗┛┗┛┗┛
  ┃┃┃┃  ┏┛┃          |.:. :.|  仆ゝ  r ┐  从厂!:.:.|..     ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛┗┛  ┗━┛          |.:. :.|     `>r`´t<,_   |_:._|.     ┗┛┗┛┗┛





キョン「・・・・・・か、かわええええええええええええ!!!!!!!」

ハルヒ「南・・・夏奈・・・」

キョン「な、なんだこの胸のときめきは・・・俺はこんなキャラだったのか?・・・
か、わ、ええええええええええええええええええええええ!!!!!」

ハルヒ「キョンうっさい!」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:07:59.94 ID:AF/vGsFQ0

ハルヒ「ねぇちょっといい?」

夏奈「ん?なに?」

ハルヒ「あんt・南さんは入る部活とかもう決めてる?」

夏奈「いや、全然」

ハルヒ「そう!じゃあ我がSOS団に入団決定ね!!そうと決まれば今日は進入部員歓迎会
開かなくちゃ!とりあえず今日の放課後は帰らないであたしときてね!」

夏奈「な、な、なにさ急に。SOS団!?・・・・団?あたし入るなんて一言も言ってないぞ!
っていうかお前誰だ!」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:08:58.56 ID:AF/vGsFQ0

                            _ __
     ───────          ,...イ / ./ :.:.:>.、 ,__────    ────
                        /ァ'./:/ィ/...., ヘ:..l..、V {=}
 ─────       ─────  /:.:.;|メ、|:/,. -}イ:./ ,ィ'′  ──────
                       /}ィ:./r=ミ′ r=ミ|/ /l:ト.
                      /..,.イ'l:/{  _, -、 ,rく /リ|.. l
___      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ィ彡'/  jハ{ヽ. ヽ.ノィ'::::::::〉|:.|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄
  ┏┓        ┏┓     /7:./ ,ri、_./::::ノ ー/::::::::/  |:.,:|     ┏┓┏┓┏┓
┏┛┗━┓┏━┛┗┓   / /:./  /ー1l!:::::::i ヽ__ノ ヾ/i  j/リ      ┃┃┃┃┃┃──
┗┓┏┓┃┗━┓┏┛┏━ i:./━━ー´`‐1    ,  i━━/' ━━┓┃┃┃┃┃┃
  ┃┃┃┃    ┃┃  ┃  |′        .ノ   /  |  ./     ┃┃┃┃┃┃┃
  ┃┃┃┃    ┃┃  ┗━━━━━━ /    i   l━━━━━┛┗┛┗┛┗┛───
  ┃┃┃┃  ┏┛┃           〆        i         ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛┗┛  ┗━┛  ――――     [[=[ニ]==]]==]] ____  ┗┛┗┛┗┛
                         「ノ::::::::』:::::::::::::|ノ
       ─────────    ´|:::::::::Tフ:::::::::/ ____       _____
  __                     |:::::::::| (::::::::〈、
           ̄ ̄ ̄ ̄           |::::::::|  \::ノ}
   _____       ___   |:::::::j    ヒフ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:09:48.44 ID:AF/vGsFQ0

ハルヒ「あたしは涼宮ハルヒ。SOS団の団長よ!そしてこの影の薄いのが平団員のきょん。鹿よ」

キョン「どうも(ピーー)です。と、とりあえず部室だけでも見に来てもらえませんか?
それから入るか入らないか決めてもらって構わないので・・・」

ハルヒ「だめよ!!もう入団決定だから!!」

キョン(や、やめろハルヒそれ以上印象悪くすんな!!!)

夏奈「うん。いいぞ。なんか面白そうだな!」

キョン(ハルヒGJ!!!!!!!!!!!!!)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:13:57.23 ID:AF/vGsFQ0

夏奈「こんっにっちわー!」

みくる「ほぇ!?」

ハルヒ「みんないるわね・・・紹介するわ!我がSOS団の新たな団員、なぞなぞの転校生の
南夏奈ちゃんよ!」

古泉「これはまた突然でs・・・・か、かわいいいやないかっーーー!!!!!!
惚れてまうやろおおおお!!!!!!!!!」

みくる「あわっわわわわ!!!古泉君が鼻血出しながら失禁してますぅぅ!!」

キョン(わかるぞ・・古泉・・・・)

長門「ゆにーく」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:15:52.77 ID:AF/vGsFQ0

ハルヒ(なによキョンも古泉君もさっきから・・・そこそこかわいいけど別に普通の女の子
じゃない・・)

ハルヒ「それでは・・・変態はほっておいて歓迎会!始めるわよ!みくるちゃん、シャンパン
用意して。キョンはケーキ買ってきて。有希は・・・・ちゅーしてあげる!」

キョン「なんでまた俺が・・・・あ、おれもちゅーするちゅーーー」

ハルヒ「平なんだからしょうがないじゃない!」

夏奈「じゃああたしも付いて行くよ!」(タダでケーキ食べれる!やっぱ見て決めなくちゃね!)


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:17:17.67 ID:AF/vGsFQ0

ひとひとりもいねえええええええええええええええええ
やめとくか・・・

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:19:30.85 ID:AF/vGsFQ0

キョン「いやいやそれは駄目ですよさすがに・・みなm・夏奈ちゃんの歓迎会なんだから」
(言えた!!ごく自然に言えた!!いぇーーいこの学校の第一号だ!!)

ハルヒ(夏奈ちゃん・・・・・?)

夏奈「いやいやそんな細かいこと気にするなよーー一人より二人のほうがお得だろ?」

キョン(え?何が?・・・・まぁいっか)「そうですか、そこまでいうなら・・
じゃ、そういうわけでちょっくらケーキ買いにいってくるわ」
(うひょおおおおおおおいきなりツーショットおおおおお)

ハルヒ「ちょ、ちょっとまちなさいky」

古泉「ちょっと待ってください!」

キョン「お、起きたんかお前」

古泉「ここは僕が行きましょう。たまにはゆっくり休んでいてください」

キョン「いや気にすんな。じゃ、いこっか」

バタンッ

古泉「・・・・・・・」

長門「ゆにくーーー」

ハルヒ「あいつ・・・・・殺してやる!!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:21:08.85 ID:AF/vGsFQ0

prrrrr

古泉「・・・・すみません僕ちょっとバイトが入っちゃったんで帰らせてもらいます。
後はみなさんで楽しんでください・・・ではっ・・・」

みくる「く、空気がおもいですぅぅぅうううう」






よかった続ける


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:22:34.05 ID:AF/vGsFQ0

夏奈「なぁきょん。ところであの団は何をする団なんだ?」

キョン(キョンて呼んでくれた!!)「うーーん大体ハルヒがその日思いついた面白い
遊びをしたり、宇宙人や未来人や超能力者を探す団です」

夏奈「・・・・・・・」

キョン「やっぱ引かれた!?でもいずればれるし・・」

夏奈「お、おもしろそうじゃないか!」△キラキラッ

キョン「そ、そうか?よかったよそう言ってもらえて」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:24:17.72 ID:AF/vGsFQ0

数日後

ハルヒ「あ、きょん今日も相変わらずおそいわn」

キョン「夏奈ーー昨日もらったカレーうまたっかぞ」

夏奈「それよりお前!千秋に何したんだ!昨日お前が帰ってから次お前が来るのは
いつだいつだってうるさかったんだぞ」

キョン「そうなのか?俺は何もしてないぞ。千秋ちゃんの方から勝手に寄ってきたんだ。
まぁ俺同じくらいの妹いるから接しやすかったのかもな」

夏奈「自分でいうなぁ!まぁとりあえず今日も放課後こいよ。千秋が夕飯作って
待ってるらしいから」

キョン「いいのか?わかった行くな」

ハルヒ「・・・・・・・・・」がーん


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:26:00.20 ID:AF/vGsFQ0

日曜日

ハルヒ「じゃあ今日も不思議探検するわよ!ってきょんがまだきてないじゃない!
ったくあの鹿は!」

キョン「おーそろってるなーまた俺最後かー・・ビクッ・・はぅぅ・・今日も
一段とかわいいな・・・・ぶちゅーーーー」

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョンいきなりなにいってn」

夏奈「や、や、やめろーー!△////

ハルヒ「・・・・・・・」

みくる「あわわわわ・・・ふぁびょっ・・・」

古泉「すみません・・・まだなにも始まってませんが僕はそろそろおいとまさせていただきます」

長門「ゆーニクー・・」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:27:38.54 ID:AF/vGsFQ0

ハルヒ「・・・・じゃあ・・・くじ引き・・・しとく?・・・」

みくる「涼宮さん・・あからさまに不機嫌・・どうしよう。きょんくんて
名前の通りKY(kyon)だったのね・・」

キョン「いえーーーい!!!ヒューヒュー!!!!」

夏奈「するするーー!!!!これだ!!」

みくる「長門さん、ここはキョン君と涼宮さんを一緒にして下さいね」ボソッ

長門「・・・・・・・・」

ハルヒ「えーとじゃあ・・・」

ハルヒ「・・・・・・」ワナワナ

ハルヒ「あたしとみくるちゃんと有希班と・・・その他ね・・」

キョン「よssssっしゃああああああああああああああ!!!!ktkr!!」

みくる「えええええ?長門さん!?なんで!?」

長門「・・ダイジョブー」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:29:18.22 ID:AF/vGsFQ0

キョン「夏奈・・・・大事な話があるんだが・・いいか?」

夏奈「きもちわるい・・なにさ急に改まって。告白ならお断りだよー」

キョン「!?いや・・違うとりあえず聞いてくれ」

キョン「俺実は・・」

キョン「ツインテール萌えだったんだ・・・・」

キョン「毎日お前がしてるそのツインテール・・・・」

キョン「反則的なまでにかわいいぞ・・・・」

キョン「俺と・・・付き合ってくれ!!!」

夏奈「・・・・や、やっぱ告白じゃないかーーー!」△

キョン「・・・・で、返事は?・・・」

夏奈「・・・・・・・」

夏奈「絶対無理」

キョン「え?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:31:12.53 ID:AF/vGsFQ0

夏奈「あたし好きな人いるもん。っていうかその人と付き合ってるから!」

キョン「え?」

夏奈「藤岡っていう・・あんたと違ってサッカーうまくて」

キョン「え?」

夏奈「将来はプロに行くようなすごい奴なんだよ!!」

キョン「え?」

夏奈「すごいだろ?!」///△

キョン「・・・・・・」

夏奈「というわけだから!」

キョン「そう」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:33:16.64 ID:AF/vGsFQ0

みくる「長門さん、さっきはどうして・・」コソコソ

長門「・・・・ワッフルワッフル」

みくる「え?」

長門「ピーピー・・・エラーエラー」

みくる「・・・長門さん?」

長門「ピーピー・・・エラーエラー」

長門「直ちに統合思念体にアクセスせよ」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:34:20.77 ID:AF/vGsFQ0

次の日

古泉「災難でしたね」

きょん「・・・・いいから早く説明しろ・・」グスッ

古泉「つまり、前の様に長門さんにエラーが蓄積しすぎてしまったんです」

古泉「そして、長門さんは徐々におかしくなった・・」

キョン「言われれば言動に思い当たる節が・・・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:35:57.45 ID:AF/vGsFQ0

古泉「冷静な判断ができなくなり、エラーの原因である涼宮ハルヒを敵性と判断して
攻撃しようとした」

古泉「しかし、内部のセキュリティーにより物理的直接的攻撃は出来なかった」

古泉「そこで考えたのです。精神的間接的攻撃を。夏奈さんを作り出し、あなたの心を奪わせる」

古泉「まぁここまで言えばわかりますよね。・・まぁ僕まで心を奪われたのは不覚でしたが。んっふ」

古泉「しかし夏奈さんはヒューマノイドインターフェース・・あなたとは天地がひっくり
返ろうと結ばれることはできない存在」

古泉「おかしくなった長門さんでも、あなたを敵性と判断したわけではないので
傷つけることができない。たとえ精神的な問題だとしても」

古泉「真相はこんなところです。いやー大変でしたよ。なんたって神人がしゃがんで
泣いてるんですもの。攻撃していいのか迷いました」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:38:10.90 ID:AF/vGsFQ0

キョン「・・・長門は?」

古泉「自動的に統合思念体にアクセスし、エラーは除去され元に戻りました」

キョン「・・・・・・・はかない青春だった」

古泉「これからまだまだ青春はいっぱいありますよ!!」

ガチャ・・・

古泉・キョン「!?!?」

古泉「長門さん・・・・それは?」

長門「・・・・・・・・・バックアップ用インターフェースにした・・・」

古泉「おやまぁ・・・・・・・またバイト三昧になりそうですね」



キョン「か、か、・・・・・・・・かにゃあああああああああああああああん!!!!」




おわり。呼んでくれた人さんきゅwwwww


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:39:51.96 ID:AF/vGsFQ0

               ,...-ァ:7:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\-...、
              //:.:./ ./     :ヽ.:.:.:.:.:ヽ、\
              / /  .//..!................. |....l   l:\\
           / ...:.:./:.:.,|.|i:.|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.|:.:.:l.:.:.:. |:....ヽ:.ヽ.
            /.:.: i .:.:l:.:/ |:|l|:{.:. :.:.:./ |:.ハ:.:.|.:.:.:.:|.:.:.:.:|:.:. i=.、  それにしてもひといなかったなー
             /:.:/.:|:.::イ:.l j;レ{:::..:.:::/ヽj/ }:.トi:.:.:.|.:.:.:.:l:/|: i|
          l.:./ :.:|斗lヒ´ { Y:ノ  /'``T7T:.:.:}.:.:.:.:|:.:/|,:.l|
          |:l| :.ハ.:| r=ミ、 \ r==ミjz j:.:./.:.:.:.:.l./:イ:.:l|
             l{|:.:l:小:{///    /// /.:/:.::.:.:.:.l:ノ:リ.:.l|
            |:.:|.:.|:.:ト    '        /イ.:.:::.:.j:.リ.::./::.:.l|
           Y!:.!: {         ノ' /イ.::.:./}/:.:イ:::.:. l|
           ヽY人    △     //.::.:/イ/|::.:.:.l|
             トヽ:.:l\        /:::.:/フ'´   |::::.:.:.l|
             |!:. ヽ{  ヽ.. _ . </:イ/ `j}    |::::.. l|
               |!..:|!:| \   |     ノ' /'|   ′  |::::::.:.:l|
                |!.:.リ:.!  ,ィフ         {ヘ、    l:::::::.:: l!
      , -く__ .    リ:./:/_,.イ {´       / ノ` ー- .|_::::::.: l|
    r/  /`Y  /:ノ‐'´   ヽ\__ー_ァ'´ /      `¨ ミ:l|
   / ‐ ´__.ノ´ヽ.//    /:..\ __ ...-‐く           ヽ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:夜神月「くそ!どうにかして粧裕の処女を奪わなければ…」