ハルヒ「キョン、明日私の家に来る?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「うわ、なんですかこれ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:40:05.42 ID:fcA0m7FoO

キョン「どうした急に」

ハルヒ「いや、たまには団員との親睦を深めたいからさ…。だから…」

キョン「不思議探検はどうなる?」

ハルヒ「明日は休みにするわ!」

キョン「また勝手なことを…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:47:05.59 ID:fcA0m7FoO

長門「…」パタン

古泉「おや、もうこんな時間ですか。明日も例の喫茶店で?」

ハルヒ「明日の不思議探索は中止よ!」

古泉「えぇと…何故でしょうか?」

ハルヒ「それは、その…歯医者よ!」

古泉「そうですか…」

みくる「お大事にですぅ」


キョン「…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:51:06.88 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「じゃ、私はもう帰るわね!色々準備があるから♪」
タッタッタ…

古泉「残念ですね…毎週楽しみにしていたんですが…」

みくる「私も何もすることないです…」

長門「明日、ここの四人で私の家に来る?」

古泉「おぉ!それは良い考えですね」

みくる「やったぁ!」

キョン「あの、実は…」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:52:46.95 ID:fcA0m7FoO

キョン「ってわけなんだが、俺はどうしたら良いかな?」

古泉「…」

みくる「…」

長門「…」

キョン「皆、そんなに落ち込むなよ…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:56:09.22 ID:fcA0m7FoO

古泉「行くべきです。あちらに」

みくる「私たちは私たちで盛り上がっちゃいますからねー」

長門「そう」

キョン「あら…なんか冷たくないか?」

古泉「気のせいですよ」

みくる「そうそう」

長門「そう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 16:58:45.62 ID:fcA0m7FoO

キョン「あの…皆、ごめんなさい…」

古泉「いえ、お気にせずに」

みくる「謝らないで良いですよぉ」ニコ

長門「そう」


キョン「じゃ…俺も今日は帰るわ…さいなら!」
タッタッタ…

キョン「何なんだよあの空気!ちくしょお!」
タッタッタ…

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:01:19.79 ID:fcA0m7FoO

古泉「ふふ…帰りましたね」

古泉「提案があるんですが…」

みくる「なんですかぁ?」

長門「何…」

古泉「明日、彼らを監視しましょう」

長門「…わかった」

みくる「ふぇ…?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:05:50.49 ID:fcA0m7FoO

〜翌日〜

ハルヒ「あ、やっと来たわね…!いらっしゃい…」

キョン「おう、お邪魔しまーす」

ハルヒ「あ、あの、誰もいないからくつろいじゃって良いからね…」

キョン「おう」



古泉「涼宮さん、緊張してるみたいですね」

みくる「ふふ…若いって良いなぁ」

長門「わくわく」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:11:25.48 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「あ、お…お、おかし食べる?」

キョン「ん〜…何があるんだ?」

ハルヒ「ピザポテトとか…」

キョン「おぉ!大好物だ」

ハルヒ「や、やっぱりね!そうだと思ったのよ!持ってくるから待ってなさい!」
タッタッタ…




みくる「さすが涼宮さんですねぇ」

古泉「きっと周到に準備してきたんでしょう」

長門「パリ…パリ…ピザポテトうまい」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:17:51.45 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「あっ!」

ガッシャーン!

キョン「どうした?大丈夫か!?」
タッタッタ…

ハルヒ「大丈夫よ…ちょっと手が滑って…ジュースが…」

キョン「ジュースやコップは良いが、お前は怪我してないか?」

ハルヒ「し、してないけど…」

キョン「そうか…なら良いんだが…」

ハルヒ「心配してくれてありがとう…」ボソッ

キョン「ん?何か言ったか?」

ハルヒ「なっ何でもないわよ!!」



古泉「我々には聞こえましたよ」

みくる「ちょっと嫉妬しちゃいますぅ…」

長門「パリパリ…ふむ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:23:27.72 ID:fcA0m7FoO

キョン「なぁ…」

ハルヒ「な、何?」

キョン「何する?」

ハルヒ「な!あんたバッカじゃないの!?そんな…変なこと…」

キョン「ん、変なこと言ったか?ゲームとか映画見るとか…そういうのはないのか?」

ハルヒ「あ、そっちね!あるわよたくさん!昨日TSUTAYAで借りてきたし!!」



古泉「何を早とちりしたんでしょうね…パリ…」

みくる「涼宮さん可愛いなぁ…パリパリ…」

長門「バリバリバリバリバリハリバリバリバリバリハリバリ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:29:12.75 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「何見る?」

キョン「何があるんだ?」

ハルヒ「えっとね…恋空、僕の彼女を紹介します、ブエノスアイレスの夜…」

キョン「おいおいおい、何で恋愛ものばっかなんだよ」

ハルヒ「あ、そういうの嫌いだった…?あとは、呪怨とか着信アリとか…」

キョン「お、着信アリ見ようぜ!あれ見たことないんだよ」

ハルヒ「はうぅ…」



古泉「空気を読まずにホラーに走るあたり、さすがです」

みくる「涼宮さんかわいそうですぅ…」

長門「ゲーップ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:33:11.09 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「…」ガクガク

キョン「おー」

ハルヒ「や…」ガクガクブルブル

キョン「加代子きたー」

ハルヒ「いやぁ…!」ギュッ

キョン「おい、そんなくっつくなよ」

ハルヒ「怖いんだもん…グス…」



古泉「苦手なのに何でホラー借りたんでしょうね」

みくる「これを計算してたんじゃ…」

長門「眠い…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:39:28.94 ID:fcA0m7FoO

キョン「ふぅ…なかなかグロいんだな、呪怨って」

ハルヒ「おわったのー?」

キョン「あぁ、だからコタツから出てこいよ」

ハルヒ「ふぅ…ぷはぁ」

キョン「はは、怖がりなんだな」

ハルヒ「う…うるさい!」


古泉「SOS団団長なのに…」

みくる「まあ、普通の女の子なんですよぉ」

長門「膝枕…」

みくる「ふふ…はいはい」

長門「…すや…すや…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:44:39.35 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「なんか眠くなってきたわ…」

キョン「ん?じゃあ帰るか」

ハルヒ「ちょちょっと待ちなさいよ!まだお昼じゃないの!」

キョン「だって眠いんじゃ…」

ハルヒ「もう大丈夫だから!あ、お昼食べる?」

キョン「あー、頼む」



古泉「僕もお腹空きましたね…」

みくる「私もですぅ…」

長門「…すや…すや…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:50:31.88 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「じゃあちょっと待っててね!美味しいの作ってきてあげるから」

ハルヒ「ふんふふーん♪」

キョン「…」

ハルヒ「なんか夫婦みたいね♪」

キョン「することねぇ…」



古泉「長門さーん」

長門「すや…すや…」

みくる「えい」ツンツン

長門「ん…?何」

古泉「カレー作って良いですか?」

長門「私のも作って…すや…すや」ギュッ

みくる「あぁ…また膝枕…?動けないから古泉君作ってください…」

古泉「僕作れないんですけど…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 17:56:32.15 ID:fcA0m7FoO

キョン「ハルヒ〜、暇だから手伝わせてくれ」

ハルヒ「あ、じゃあ玉ねぎ切って」

キョン「よし来た」



古泉「幸い涼宮さんがカレーを作るようなので参考にします」

みくる「長門さんの家のはレトルトでしょ?」

古泉「あの…どう違うんですか…?」

みくる「…お嫁さんもらえませんよ?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 18:00:16.62 ID:fcA0m7FoO

キョン「痛っ」

ハルヒ「大丈夫!?」

キョン「切った」

ハルヒ「絆創膏持ってくるわ!」
タッタッタ

キョン「ん〜、いつもより優しい気がする…」



古泉「えっと…ここで暖めるんですね…」

みくる「知らなかったんですか?呆れますね。はぁ…」

古泉「いつもより冷たい気がするんですが…」


ご飯食べてくるね

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 18:49:09.69 ID:fcA0m7FoO

ただいま

ハルヒ「痛い?」

キョン「たぶん大丈夫だ」

ハルヒ「もう…あんたは休んでなさい」

キョン「すまん…」

ハルヒ「何落ち込んでんのよ!全然気にしてないんだから!
むしろ手伝ってもらえてうれしかったわよ!!」

キョン「お前、なんか今日は優しいな」

ハルヒ「う…う、うるさいバカキョン♪!!」



古泉「ご飯焦げてしまいました…」

みくる「…」

長門「彼女を呼ぶ…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 18:53:45.50 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「できたわ!カレーとチーズサラダよ!」

キョン「おぉ、こりゃうまそうだな」

ハルヒ「ふふん♪」




朝倉「呼んだかしら?」

古泉・みくる「!?」

長門「カレー作って…すや…すや…」


朝倉「まったく…私以外の女の子の膝で寝るなんて…」ブツブツ

ジャー…

古泉「なんだかんだで作るんですね…」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:22:31.16 ID:fcA0m7FoO

ごめんなさい…
食後の仮眠とってました…

続き

ハルヒ「どう?おいしい?」

キョン「う!うまいぞ!何杯でもいけるぜ!」

ハルヒ「そ、そんな誉めないでよぉ♪!」



古泉「ふう…できましたよ長門さん」

朝倉「まあ!ほとんど私が作ったのに!!」

みくる「そうですよ古泉君…最低です」

長門「さて…」スック…

長門「ありがとう朝倉涼子、朝比奈みくる」

朝倉・みくる「いえいえ」

古泉「この30分で僕の株は急落しましたね…」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:34:04.76 ID:fcA0m7FoO

prrrrr

キョン「お、電話だ。出ていいか?」

ハルヒ「許可するわ」


キョン「もしもし、何だ?」

佐々木『やあ、今日は何か予定あるのかな?』

キョン「わからんな」

佐々木『くつくつ…わからんとは…どういう意味だい?』

キョン「今友達の家にいるから、この後何時になるかわからんのだ。急用か?」

佐々木『今日は暇でね…久しぶりに君と話がしたいと思ってさ』

キョン「あぁ、じゃあ解散したら電話するよ」

佐々木『わかった。じゃあまた後でね、キョン』

キョン「おう」
プツン

ハルヒ「だ…誰から?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:40:04.14 ID:fcA0m7FoO

キョン「中学の頃の友達だ」

ハルヒ「ふーん…」

キョン「ん、どうした?」

ハルヒ「佐々木さん…?」

キョン「そうだ。よくわかったな」

ハルヒ「やっぱりそうなの…」



古泉「あ、ちょっとバイト行ってきます」
タッタッタ…

みくる「ふぇ?同じチームなのにいきなり抜けないで下さいぃい!!」

朝倉「やっぱりこのゲームはチームバトルに限るわよね」

長門「朝倉涼子、ハートのうつわは私に取らせて」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:45:07.08 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「もう帰りたい…?」

キョン「ん〜、やることないならもう帰るが…」

ハルヒ「あ…じ、じゃあゲームしましょ!!ねっ?」

キョン「あぁ、いいぞ」



朝倉「長門さん、他に面白いゲームはないの?朝比奈さんが弱すぎて不公平だわ」

みくる「うぇ〜ん…すみません…」

長門「スターフォックスならある」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:50:43.32 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「ふふん!七連鎖よ!どう!?」

キョン「なぁ…」

ハルヒ「え、何…?」

キョン「勝てる気がしないんだが、他に何かないか?」

ハルヒ「他には…何もないわ」

キョン「そうか…じゃあ…」スッ

ハルヒ「待って!!帰らないでぇ!!!」ギュッ

キョン「あ?トイレだよ。借りるぞ」

ハルヒ「う…うん」



朝倉「スリッピーがさっきから同じところ回ってるみたいだけど…」

みくる「わ、私ですぅ…ひゃい!?」

長門「とりあえず殺した。朝倉涼子、一騎打ち」

朝倉「受けて立つわ」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 21:56:51.86 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「どうしよう…このままじゃキョンが帰っちゃうわ…何かないかしら…」オドオド

トイレ
キョン「いやぁ、今日のハルヒはなんか良いなぁ…可愛いよなぁ…」ブリォリリィィイリ…モントッ



朝倉「ふっ、ファルコ敗れたり」

長門「くっ…もう一度やる」

みくる「私もですかぁ…?」

長門「そう」

みくる「うぅ…どうせまたすぐやられちゃうのに…」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:00:28.67 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「もう…思い切って告白…?いや、ダメよ…団長が団員にそんな…」

キョン「ふぅ…さて、出るか」




みくる「ふぇえ!?またキツネさんが追い掛けてきますぅ!!」

朝倉「あはははははははは!」

みくる「あう!」ガクン…

朝倉「あれ?私、今撃ってないわよ?」

長門「俺の獲物に手を出すな」キリッ

朝倉「やはりあなたね」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:06:28.67 ID:fcA0m7FoO

キョン「おう、遅くなったな。そろそろ帰っても…ん?」

ハルヒ「うぅ…はぁ…はぁ…」

キョン「ど、どうした?すごい汗だぞ!」

ハルヒ「急に…頭痛くなって…うっ…」

キョン「ちょっと待ってろ!体温計れ体温!てか体温計どこだ!!」

ハルヒ「あそこの…棚に…」

キョン「よしきた!」



朝倉「また私の勝ちね」

長門「ちっ」

みくる「あの…私マンガ読んでるんで…お二人でどうぞ」

朝倉「あら?この家にマンガなんてあったの?」

長門「最近買った」

朝倉「あら、私にも読ませてよ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:13:24.58 ID:fcA0m7FoO

キョン「38度か…もう今日はこのまま寝ろ」

ハルヒ「キョン…帰る…の?」

キョン「さすがに病人を置いて帰るわけにはいかんだろ…」

ハルヒ「じゃあ看病してくれるの…?」

キョン「つってもおかゆとか作れないからなぁ…。あ、佐々木を呼べば良いのか!」

ハルヒ「え…?」




朝倉「ねぇ、蓮の奥さんってやっぱりメイ…」

長門「それは言ってはいけない」

朝倉「あら、そうなの?」

みくる「グシュ…良かったね…チョッパー…うぅ…」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:19:03.73 ID:fcA0m7FoO

キョン「あ、佐々木か?今友達が急に熱出してさ」

ハルヒ「(ダメよ…!ダメダメダメダメダメ!!)」

キョン「あ、無理になったのか?そうか、何かすまんな。まあ、今度な〜じゃあな」
プツン

キョン「くそ!良いアイディアだと思ったのに…!」

ハルヒ「ほっ…」



朝倉「あ、私もドラム王国の話好きよ。」

みくる「良い話でしゅよね…うぅう…」

長門「長さも適当な上、ヒルルクの昔話とラストの桜がなんとも」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:26:29.31 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「キョン…」

キョン「ん?水か?」

ハルヒ「一緒に寝よう…?」

キョン「何言ってんだ…」

ハルヒ「なんか寒いの…」

キョン「そう言われてもなぁ…」

みくる「ワンピでどのキャラが好きですかぁ?」

朝倉「私はルフィ一筋ね」

朝倉「バギー編で、モージがシュシュの家焼いたことにルフィが怒ってモージをやっつけたとこが一番痺れたわね」

みくる「そうなんですかぁ…。長門さんは?」

長門「ロロノアこそが至高。ルフィより強い」

朝倉「はぁあ?何言ってんのよあなた!覇気も知らないの?」

長門「ロロノアも使えると予想する」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:31:18.22 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「お願い…」

キョン「親御さんが帰ってきたら大変なことになるだろ」

ハルヒ「大丈夫よ…夜まで誰もいないから…お願い…来てよ…」

キョン「わかったよ…」モゾモゾ



長門「剣術がry」

みくる「私はウソップが好きでぇ…」

朝倉「ギガントry」

みくる「なんか私に似てるっていうかぁ〜…」

長門「燃やせるry」

みくる「カヤさんと再会してほしいですよねぇ〜」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:38:07.85 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「うぅ…キョンん…」ギュっ…

キョン「そんなくっつくなよ…(起っちまう…)」

ハルヒ「ありがとう…」ギュうぅう

キョン「んぉ?何がだ?」

ハルヒ「…すや…すや…」

キョン「寝たか…いやぁ…すごい状況だな、これ」



古泉「ただい」

みくる「あー、確かに最近NARUTOはかなり落ち目ですよねぇ…」

長門「ナルトが強くなりすぎた」

朝倉「ペインと長門の違いがよくわかんないしねぇ」

古泉「ま…」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:43:53.91 ID:fcA0m7FoO

キョン「いやぁ…そういや、こいつとキスしたんだよなぁ」

ハルヒ「…すや…んっ…」

キョン「柔らかかったなぁ…ハルヒの唇…」

ハルヒ「………」////





古泉「あの、僕のお昼ご飯は」

みくる「ハンタって前回どんな終わり方でしたっけ?」

長門「…忘れた」

朝倉「あ、確かあれじゃない?王とネテロが戦い始めようとして…」


古泉「僕の閉鎖空間が拡大中です」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:48:25.71 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「…すや…すや…」

キョン「なんだかんだであいつらも大変だよなぁ」

ハルヒ「すや…?」

キョン「神様の子守りみたいなもんだしなぁ…」



古泉「カップラーメン買ってきましたー」

朝倉「あら?おかえりなさい。お昼まだよね?カレー作ろうか?」

古泉「…さっきもいたんですけどね…おかしいですね…」

みくる「アニメ何見てますかぁ?」

長門「ハヤテ二期」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 22:55:53.86 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「…?」

キョン「まさかこいつも、こんな身近に宇宙人、未来人、超能力者がいるとは思ってないだろうなぁ…」

ハルヒ「すや…??」




みくる「あれ?古泉君いたんですか?」

長門「おかえり」

朝倉「最近、カップラーメンって2分の多いのかしら?大分のびてしまったわ」

古泉「うおー!!!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:01:25.99 ID:fcA0m7FoO

ハルヒ「どういうこと?」
キョン「へっ?」

ハルヒ「誰が宇宙人?未来人?超能力者?」

キョン「冗談だよ…なんか起きてるみたいだから、嘘でからかってやったのさ」

ハルヒ「じゃあ…あれも嘘なんだ…」

キョン「ん?」

ハルヒ「わ…私の唇…柔らかかったって…」

キョン「あ〜…」



朝倉「私がカレー作ってあげるから、落ち込まないでよ」

古泉「感謝します…(それを一度目の帰還の時に言ってくだされば…)」

長門「眠くなってきた…」

みくる「あ…また膝枕しますかぁ?」

長門「する」バスっ

みくる「ふふ…」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:07:13.41 ID:fcA0m7FoO

キョン「いや、そもそもお前とキスなんて…」

ハルヒ「嘘でしょ」

キョン「?」

ハルヒ「あれは夢なんかじゃなかったわ…」

キョン「いや、その…」

ハルヒ「もう一回したい…な…」

キョン「そういう関係じゃないだろ」

ハルヒ「じゃあ、そういう関係になりましょうよ…」

キョン「はい?」




朝倉「古泉君、朝比奈さん、そういえば何であなた達はここに?」

みくる・古泉・長門「はっ!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:10:43.25 ID:fcA0m7FoO

古泉「見ましょう見ましょう!せっかく機関の皆さんが取り付けてくださったんですから!」

みくる「そうですね!」

長門「わくわく…」

朝倉「趣味悪いわねぇ…」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:23:24.52 ID:fcA0m7FoO

古泉「あれ…?」

みくる「これって…」

長門「誰もいない」

古泉「外か…」

みくる「え〜…残念ですぅ…」

長門「…」

朝倉「ふふ…ま、仕方ないじゃない」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:28:46.21 ID:fcA0m7FoO

キョン「もう頭痛は良いのか?」
てくてく

ハルヒ「平気よ!少し寝たから治ったわ」
てくてく

キョン「そうか…」
てくてく

ハルヒ「…」

キョン「なぁ…」
ピタ

ハルヒ「何…?」

キョン「返事まだ言ってなかったよな」

ハルヒ「うん…」

キョン「俺も」



キョン「お前が――――――――――――


朝倉「おしまい♪」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:34:19.58 ID:fcA0m7FoO

今回もなんとかラストまでもってけました…

皆ありがとうございました!

さようなら。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「歩美の家に呼ばれた。安価で行動する」