キョン「なんだこれは?どういうことだ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン..中で出してぇぇ...」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 19:58:12.09 ID:KpOTXr/b0

キョン「…だれかこの状況を説明してくれ」

ハルヒ「なに一人でブツブツ言ってんの!」

朝倉「早く決めて!!」

長門「あなたは早急に決断すべき」

みくる「優柔不断は禁則事項です!」








古泉「おやおや」クスッ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:02:57.27 ID:KpOTXr/b0

キョン「待て待て!意味が分からない!てかなんで朝倉までいるんだ?」

朝倉「…それって私は選ばないってこと?ひどい…」

長門「朝倉涼子は帰っていい。選ばれるのはこの私」

ハルヒ「ちょっと有希!抜け駆けは許さないわよ!」

みくる「ふえー!無視しないでください!!」


キョン「古泉!どういうことか説明しろ!」


古泉「わかりました」ニコッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:07:49.77 ID:KpOTXr/b0

古泉「何から説明しましょうか?」

キョン「手短にわかるように三行でミュージカルは無しだ!」



古泉「…」

キョン「…」



古泉「おっと、バイトが入ったようです。失礼します」バタン

キョン「古泉ーッ!!」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:10:56.09 ID:KpOTXr/b0

〜数時間前〜

ハルヒ「なんか今日も暇ねえ…」

キョン「そう毎日毎日なにか起こってたら身がもたんだろ?」

ハルヒ「私は毎日なにか起こった方が楽しくていいわ!」

キョン「…はいはい、そうだな」


みくる「お茶です〜」コトッ

長門「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:16:28.93 ID:KpOTXr/b0

キョン「毎日毎日そうやって考えてるほうが暇だとおもうがな…たまには気分転換でもしてみたらどうだ?」

ハルヒ「…そうね、なんか面白そうなことでもさがしましょう!」バッ ブイィィン

キョン(…結局パソコンでネットサーフィンか、進歩せんな、こいつも)

長門「…」ペラッ

みくる「ミソミソミラクルミックルソルソ♪」


キョン(まあ、いつも通りの平和な部室だな)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:21:31.07 ID:KpOTXr/b0

長門「…危険」ボソッ

キョン「ん?」

長門「局地的な世界変革が起きている。この学校の敷地内は危険」ボソボソッ

キョン「なん…だ…と?」

みくる「?どうしたんですか?」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:28:59.93 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「…ねえ、ちょっと。これおもしろそうじゃない?」

キョン「ん?どれどれ…お前…またこんな胡散臭いものを…」

みくる「…惚れ薬の作り方ですか?」

長門「…」

ハルヒ「いいじゃない!どうせデタラメなんだから、科学部にお邪魔して遊びましょ♪」


キョン「おい長門…まさか?」

長門「…99.75%の確率で異性を虜にするフェロモンを発する物質の精製法」

キョン「マジか?…人類の夢がいまここに…」ドドドドドド

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:32:49.94 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「そうときまったら早速科学部に突入するわよ!」

キョン「科学部って…うちの学校にそんな部あったっけ?」

長門「…1分28秒前、発生した。理科室で活動中」

キョン「…なんか自然発生したクラゲ見たいな扱いだな…」

みくる(惚れ薬…あんなことやこんなことや…)モンモン

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:37:16.85 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「ごちゃごちゃ言ってないで!先に行くわよ!!」バタン

キョン「…長門」

長門「…大丈夫、材料は…地球外物質のみで構成されている」

キョン「なんてこった!人類の夢と希望が…!!」

長門「…ユニーク」


みくる「…そんな…だめです…でも…」モジモジ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:45:07.73 ID:KpOTXr/b0

長門「材料には特殊空間で採取される気体と地球外生命体の体毛とこの時代では存在しない物質が必要。生成は不可能」

キョン「…残念だ。至極残念だ」

みくる「はうぅ〜…」モジモジ

長門「…!!」

キョン「どうした長門?」



古泉「どうも、遅くなりました」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:51:33.09 ID:KpOTXr/b0

古泉「ちょっと用事で遅くなr…涼宮さんは今日はお休みですか?」

キョン「いや、団長様は科学部に出張だ」

古泉「科学部…ですか?そんな部ありましたっけ?」

キョン「ちょっと前にな、ところでどうした?その頭?」

古泉「??何かついてますか?」

キョン「お前の頭は神経だけどっかに忘れてきたのか?それとも超絶な不感症か?」

古泉「冗談ですよ、どうやらさっき閉鎖空間に行った時にくっついてきたようですね。神人のヘモグロビンです」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:59:34.41 ID:KpOTXr/b0

みくる「ふえ〜!なんですかこれぇ?気持ち悪いですぅ…」

キョン「ああ、朝比奈さん、うかつに触らないほうが…」

みくる「ぴいいぃぃ!!!!!くっ付いて!!!!」ブンブン

長門「…」

みくる「気持ち悪いですぅ!!!」ブンッ






朝倉「こんにちわ、長門さんいr」べちゃ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:03:48.27 ID:KpOTXr/b0

みくる「ああ!ごめんなさい…ああ!!私のブレスレットがぁ!!」

長門「…これはひどい、朝倉涼子の眉毛と朝比奈みくるのブレスレットと神人のヘモグロビン内の気体で惚れ薬が生成されてしまった」

キョン「なんだと!どこだ?どこにあるんだ!人類の夢は!!」

古泉「大変興味深い話ですね、詳しくお聞かせ願いませんか?」


ハルヒ「ちょっと!みんな遅いわよ!なにやってr…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:07:10.63 ID:KpOTXr/b0

キョン「ハルヒ、今はそれどころじゃ…ん?どうした?」

ハルヒ「…キョン、私を好きにして!」

キョン「!!!!!!!!!!!!!!」


古泉「おやおや」

長門「…」プルプル

みくる「…キョン君」モジモジ



朝倉「あの…私すっかり空気何だけど?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:12:16.03 ID:KpOTXr/b0

キョン「ハハハハハルヒ…さん?」

ハルヒ「キョン…」ジーッ

キョン(いかん!なんという殺人的な上目遣いだ!加藤鷹も即落城もんだ!)

みくる「…キョン君…」ギュ

キョン「!!あああ朝比奈さん??」

長門「…」ギュ

キョン「長門!お前まで!!どうなってんだ??」


朝倉「…なに?この感じ…これってまさか恋?」

古泉「おやおや、うらやましい限りです」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:17:45.48 ID:KpOTXr/b0

朝倉「キョン君!好き!!」ガッシ

キョン「朝倉!待て待て!どこに抱きついてるんだ!」

朝倉「だって、ここ以外は涼宮さんたちにとられてるんだから、ここしかないじゃない」

キョン「そこは…アーッ!!!!」

長門「…あなたは私だけ見ているべき」

みくる「キョン君は私がいいんです!」

ハルヒ「あんたたち!古泉君がいるでしょ!キョンは渡さないわよ!!!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:25:58.62 ID:KpOTXr/b0

古泉「…どうやら例の惚れ薬はあなたに適用されたようですね。男の僕でもあなたからフェロモンがガンガン発せられてるのを感じます」

キョン「気色の悪いことをいうな!寒気がしたぞ!!」

古泉「うらやましいですね、夢がかなったじゃないですか?」

キョン「それはそうだが…身動きがとれん」


ハルヒ「キョン♪」

みくる「キョン君〜♪」

長門「…」ギュ

朝倉「ああ、キョン君♪」ギュ〜



キョン「…どうすりゃいいんだ?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:32:20.09 ID:KpOTXr/b0

古泉「いいじゃありませんか。このままハーレムで人生を過ごす。男としてこれ以上ないことですよ?」

キョン「…そりゃそうだが」チラッ

ハルヒ「キョン〜♪」ギュ〜

キョン「…俺には耐えられん!!!」

古泉「意外とウブなんですね」

キョン「…長門、もとに戻すにはどうしたらいいんだ?」

長門「…それは不可能」




キョン「…なんですとおぉお!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:41:36.70 ID:KpOTXr/b0

長門「…だから諦めて、早く私を抱くべき」

朝倉「長門さん!一人だけずるいわよ!!キョン君!私から抱いて!!」

みくる「キョン君!いつもいつも見てくれてたのに私は抱いてくれないんですか?」ウルウル

キョン「朝比奈さん!そんな目で俺を見ないでくだs」

ハルヒ「キョン!私以外抱いたら死刑よ!例えじゃなく死刑よ!!!」


キョン「おいハルヒ…あれ?みなさんどうしちゃったのかな?息あらいですよ?てか目怖いですよ?」





古泉「おっと、バイトがはいったようです。失礼します」バタン

キョン「古泉ーッ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:46:34.61 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「キョン!早く私を抱きなさい!!」ふわっ

みくる「いえキョン君!私ですよね?」ぷるん

朝倉「キョン君…ひどいわ、こんなになってるのに…」ぷりん

長門「…情報結合の許可を」ペタん


キョン(なんだ?どうなってるんだ?なんだか雲行きがあやしくなってきたぞ?)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:53:20.10 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「キョン…なんで私を選んでくれないの…」

キョン「待てハルヒ、落ち着け!な?」

みくる「…キョン君…遊びだったんですね…ひどい」

キョン「朝比奈さんまで、そんな罰当たりなこと微塵もおもってませんから」

朝倉「…どうしなの?どうして私じゃだめなの?」

キョン「朝倉、お前はとりあえずパス」

長門「…あなたの思考が理解不能」ポロッ

キョン「長門…!お前…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:57:44.68 ID:KpOTXr/b0

キョン「…涙…」

長門「…」ポロポロ

キョン「長門…朝比奈さん…ハルヒ…」

みくる「ううぅ…」グスン

ハルヒ「キョンのヴァカぁ…」ぼろぼろ

朝倉「…」


キョン「みんな…すまん!!」



バタン!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:04:58.34 ID:KpOTXr/b0

キョン(とりあえず部室からは逃げたものの…このままだと家に帰るのも難しいな…どうすりゃいいんだ)

鶴屋「ん??あれ〜?キョンくんじゃないか?どうしたんだい?そんなに慌てて?」

キョン「つ、鶴屋さん!」(まずい、このままじゃ鶴屋さんに…)

鶴屋「あれ?なんか胸がドキドキして…めがっさ切ない気持になって…」

キョン「まずいまずい!」

鶴屋「ああ、キョン君…私もう、我慢できない…ここで」スルスル

キョン「つ、鶴屋さん?????」

鶴屋「キョン君!!!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:13:02.28 ID:KpOTXr/b0

キョン(なんてことになったら…一大事だ!俺はうれしいが鶴屋さんに恥をかかすわけにはいかん!)

鶴屋「はは〜ん…さてはまたハルにゃんなんか頼まれたね?いいねぇ、仲がよくって!おねえさん羨ましいよ!」

キョン「…はは、そんなんじゃないんですけどね」

鶴屋「またまたぁ〜!端からみたらどうみても恋人同士にょろ!」

キョン(…ん??)

鶴屋「じゃあ、私は帰るよ!またねぇ!!」


キョン「…あれ??」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:21:45.11 ID:KpOTXr/b0

キョン「鶴屋さん…普通だったな?なんでだ?」

古泉「おそらく惚れ薬が特定の人にしか効力がないからでしょう」

キョン「ぬおわあああ!!!古泉!!いつわいてきた!!」

古泉「人をプランクトンのように言わないでください。さっきの続きですが」

キョン「!!まて!特定のってどういうことだ?」

古泉「つまり、あれです。あれは異性を虜にするフェロモンではなく、好意をもった異性の気持ちを増幅させる薬と考えています」






キョン「つまりあれか。鶴屋さんはまったく俺に興味ないと?」

古泉「結論、そうなりますね」

キョン「…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:26:36.29 ID:KpOTXr/b0

キョン「待て待て!じゃあ朝倉はどうなんだ?」

古泉「簡単です。好意をもっているから薬に影響されたのでしょう。長門さんが一番わかりやすい例ですね」

キョン「…どこからみてた?」

古泉「いやだなあ、最初からですよ。まさかあなたが理性に勝って部室を飛び出すとはおもっていませんでしたが」





キョン「ははは、こやつめ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:30:49.71 ID:KpOTXr/b0

古泉「…とにかく、彼女たちの気持ちは薬で増幅されているとはいえ、本物です。」ズキズキ

キョン「ああ、そうかい」

古泉「…いいんですか?」

キョン「…なにがだ?」

古泉「涼宮さんの気持ちにこたえなくて…?」

キョン「…超特大の閉鎖空間でもできたか?」

古泉「ええ、恐らく、あなたとこうして話せるのもこれで最後でしょう」

キョン「…おい、冗談だろ?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:34:49.71 ID:KpOTXr/b0

古泉「冗談ではありませんよ。今回は生き残れる可能性はほとんど0です」

キョン「…」

古泉「機関のこともありますが、これは友人としての僕からの問いかけです。では、もう行かなくてはいけません」

キョン「…!古泉!!」

古泉「…いままで楽しかったですよ。ありがとうございます」ニコッ




キョン「…いっちまいやがった…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:42:57.67 ID:KpOTXr/b0

キョン「…まいったな…」

長門「…そう」

キョン「そうなんだ…って!長門!!いつからいた??」

長門「…さっきから」ピトッ

キョン「長門!あんまりくっつくと…」

長門「…嫌?」

キョン「いや、そういうわけじゃないんだが」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:46:27.33 ID:KpOTXr/b0

長門「…あなたにあえてよかったと思っている」

キョン「…どうしたんだ急に?」

長門「…あれ」スッ

キョン「…あれ?」




朝倉「…キョン君ひどいよ。私だけ何も言ってくれないなんて」ギラッ




キョン「朝倉!なんだあのおびただしい数のナイフは?」

長門「…彼女は危険」


朝倉「振り向いてくれないなら…せめてこの私の手で…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:51:42.20 ID:KpOTXr/b0

長門「…彼女は以前のようにはいかない。私でも抑えきれるかわからない」

キョン「…長門!まさか!!」

長門「大丈夫、あなたは私が守る。死なせはしない」


朝倉「…またそうやって長門さんばっかりひいきして…悔しいな」

キョン「まて!朝倉!話せばわかる!!」

朝倉「…女が抱いてくれっていってるのよ?それを逃げるなんて…」

長門「…彼は渡さない。彼に抱かれるのはあなたでも涼宮ハルヒでもない。この私」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 22:54:11.13 ID:KpOTXr/b0

朝倉「…そっか、やっぱり長門さんに毒されてたのね?かわいそうなキョン君…」

キョン「ちょっとm」

朝倉「 い ま 助 け て あ げ る か ら 」

長門「aqwsedrftgyhujikolp;@:」ブウゥゥン


キョン「…消えた…長門?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:00:57.11 ID:KpOTXr/b0

キョン「…どこ行ったんだよ?長門?」

みくる「長門さんは別次元で戦ってます。キョン君に危害が及ばないように」

キョン「朝比奈さん…って!どうしたんですか???半分透き通ってますよ??」

みくる「…ごめんなさい、禁忌を犯したので元の時間軸に強制送還されるんです」

キョン「強制送還って…なんなんですか禁忌って!!」

みくる「…私はこの時間軸で恋なんかしちゃいけないんです…でも」

キョン「!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:07:34.78 ID:KpOTXr/b0

みくる「…あなたのことを好きになってしまいました…ごめんなさい」ニコッ ポロポロ

キョン「そんな…朝比奈さん!!」

みくる「強制送還されたら最後、二度とこの時間軸には来れません。それだけじゃなくY時間方位軸に20年幽閉されることに…」

キョン「…」

みくる「…ごめんなさい、キョン君にこんなこといってもわからないよね」

キョン「朝比奈さん…」

みくる「さようなら。キョン君、だいs」


フッ



キョン「…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:14:54.18 ID:KpOTXr/b0

キョン(なんだこれは?どういうことだ?誰か説明しろ!いや、すまんしてください!!)

キョン「…!!ハルヒ???ハルヒ!」

キョン(嫌な予感しかしないなんて…)


バタン!

ハルヒ「!!キョン…」ビクッ

キョン「馬鹿ヤロウ!!こんなロープどっから持ってきた?」

ハルヒ「やめて!放して!死なせてよ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:19:53.95 ID:KpOTXr/b0

キョン「何考えてるんだ!!」

ハルヒ「キョンが振り向いてくれないんだったら生きてても仕方ないのよ!」

キョン「…本気でそんなこといってるのか?」

ハルヒ「当り前じゃない!こんなこと冗談で言えるわけないじゃない!!」

キョン「…」

ハルヒ「…辛いのよ…あんたが誰かのものになるのが…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:28:04.97 ID:KpOTXr/b0

キョン「…なんだよそれ?そんなことで首吊ろうとしてたのかよ…」

ハルヒ「そんなことって何よ!私にとっては」

キョン「古泉や長門は命がけで戦ってるんだ…」

ハルヒ「…?」

キョン「朝比奈さんは時間牢に幽閉されるとわかってて…」

ハルヒ「キョン?なにいってるのよ?大丈夫?」

キョン「…全部お前が…!!」ぐぐぐっ

ハルヒ「!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:31:11.87 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「キョ…やめ…くる…し…!!」

キョン「…全部…全部お前が…」グググッ

ハルヒ「…がっ…は……」びくんびくん

キョン「…せ」

ハルヒ「……」ピクピク

キョン「…えせよ…」

ハルヒ「…」

キョン「…かえせよ…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:37:42.91 ID:KpOTXr/b0

ハルヒ「……」

キョン「…どうして元にもどらないんだよ…?」

ハルヒ「…」

キョン「…そうか、お前を抱いたら戻るんだな?」ジーッ

ハルヒ「…」ゆさゆさ



キョン「…なんでだよ?…なんで元にもどらないんだよ?」






                    「無駄よ」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:41:14.87 ID:KpOTXr/b0

キョン「…お前か」

朝倉「…涼宮さん殺しちゃったのに、世界が元通りになるはずないじゃない」

キョン「…俺は…」

朝倉「…なにも言わなくていいわ」

キョン「…朝倉?」

朝倉「…私がいるじゃない」ニコッ

キョン「朝倉!」






朝倉「 今 楽 に し て あ げ る か ら 」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:43:58.12 ID:KpOTXr/b0

キョン「朝倉…ひどくさみしいんだ…抱かせてくれよ…」

朝倉「…うん」

キョン「朝倉!!」





朝倉「 そ れ 無 理 」 ドスッ



キョン「…え?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:48:07.07 ID:KpOTXr/b0

朝倉「だってあなたいまさっき涼宮さん抱いたじゃない?」

キョン「あう…ああ…」どくどく

朝倉「…せめて苦しまないように殺してあげる…」ずちゃ

キョン「…がは…」ピクピク



朝倉「…それが…せめてもの私の愛…」ぽろぽろ








                                 B A D  E N D

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:55:04.59 ID:KpOTXr/b0

キョン「…っておい!長門!」

長門「…だから最初に言った。私を選ぶべきと」

古泉「ほう、朝倉ルートはヤンデレですか?」

みくる「うう…内容的にもR18ですぅ」

ハルヒ「愛するがゆえに刺す…なかなか意味深な終わり方ね!」

朝倉「…なんか私としてはあんまり納得いかなんですけど??」

キョン「まあ、長門制作のゲームだからな…(一部完全に18禁だろ??)」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 23:59:03.07 ID:KpOTXr/b0

キョン「俺は普通の恋愛モノだとばっかり思ってたよ…」

ハルヒ「で?次はだれでいくの?もちろん私よね?」

長門「いや、ここは真打ちで私がお勧め」

みくる「ふえー!!みくるルートも気になります!!」

キョン「やれやれ、じゃあここはお勧めの長門ルートで初めてみるか」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「たまちゃん、友達料金って何なのさ……」