長門「……朝倉涼子の弱みを握った」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺は今、人生の絶頂期にいるのかもしれない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 20:58:36.59 ID:aaDs5MRgO

朝倉「ふぁ……あ」

朝倉「まだ6時か……」

朝倉「なぜか休日って早く起きちゃうのよね」

朝倉「長門さんはまだ起きないし……コーヒー飲みながら小説でも読みましょう」

朝倉「確か長門さんが借りてきてたやつが……」

朝倉「あった!忍空……じゃなくて『恋空』?」

朝倉「恋愛物か……くだらないわねww」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:01:16.21 ID:aaDs5MRgO

朝倉「うぅ……グスッ……泣けるわ……」

朝倉「はぁー面白かった、こんな文章が書けるなんて作者はきっと天才ね!」

朝倉「私も愛………欲しいな」

朝倉「な、なーんちゃってなーんちゃって!あは、私ったらおませさんエクスプレs……」

長門「ジー………」

朝倉「な…が…と…さん?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:04:48.27 ID:aaDs5MRgO

長門「どうしたの、さあ早く続けて」

朝倉「あの……長門さんいつから?」

長門「くだらないわねwwから」

朝倉「えと……ごめんなさい」

長門「いい、それは文章が幼稚すぎると評価されてて逆に見たかっただけ」

朝倉「そ…う…でしたか」

長門「ニヤリ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:07:42.88 ID:aaDs5MRgO

朝倉「長門さん……誰かに言うなんてことは」

長門「………」

朝倉「………」

長門「ニヤリ」

朝倉(絶対言う気だわ!!!)

朝倉(まだよ!たとえ長門さんが言いふらしたとしても証拠がないじゃない!)

長門「……カチッ」

『私も愛………欲しいな』

『な、なーんちゃってなーんちゃって!あは、私ったらおませさんエクスプレs』

長門「今日は弱みが握れそうだったからICレコーダーを持っていた」

朝倉「いやあああああああああああああああああああ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:11:06.17 ID:aaDs5MRgO

朝倉「いったい何が望みなの……?」

長門「?別に何も望まない」

朝倉「え!?ほ、本当ですか!?よかった……」

長門「うん、喜緑江美里の家に遊びに行ってくる」

朝倉「ちょっと待ったああああああああああ」ズザザァ

長門「……なに?家でスライディングは危険」

朝倉「明らかに言いふらす気満々じゃないですか!」

長門「ただあなたが恥ずかしさに悶える姿を見たいだけ」

朝倉「余計にたちが悪い……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:14:38.55 ID:aaDs5MRgO

朝倉「お願いよ長門さん……秘密にしておいて」

朝倉「じゃないと私……明日から学校やめてヒキオタニートになるわ」

長門「それは同じ宇宙人としてハジだからやめて」

朝倉「ね?お願いよ長門しゃん…グヒンッ……」

長門(涙で顔が酷いことに……ひどい)

長門「わかった、それじゃあ今日1日あなたは私の下僕となる それなら秘密にする」

朝倉「うう……分かりました……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:17:40.90 ID:aaDs5MRgO

長門「それじゃあ朝倉涼子、朝食を作って」

朝倉「はい……っていうかいつもと変わりませんね」

長門「フレンチトーストにベーコンエッグ、それに紅茶も」

朝倉「もう……どこの貴婦人ですか」

長門「紅茶はアリアリでツメシボも」

朝倉「どこの雀士ですか」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:20:43.41 ID:aaDs5MRgO

朝倉「どうですか?」

長門「うむ、まあまあ」

朝倉「生意気な………」ボソッ

長門「むっ……食後の運動をする」

朝倉「あら、珍しいですね ランニングでもするんですか?」

長門「四つん這いになって」

朝倉「えっ!?長門さん何を……アッー!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:23:28.71 ID:aaDs5MRgO

朝倉「びっくりした〜……いきなり乗っからないでくださいよ!」

長門「これから食後の運動」

朝倉「運動って……もしかして」

長門「乗馬 早く走って」ペシッ

朝倉「いたっ!もう分かりましたって……」

長門「分かればいい……ニヤ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:27:28.15 ID:aaDs5MRgO

朝倉「ハァ…ハァ……いつまで走ればいいんですか……」

長門「まだまだ もっと早く走って」ペシッ

朝倉「痛いっ!長門さんお尻叩かないでくださいよ〜……」

長門「……馬は喋らない」

朝倉「……え?」

長門「馬なら馬らしく鳴くべき」

朝倉「い、嫌ですよ!どうせ長門さん笑うつもりでしょう!」

長門「大丈夫、絶対笑わない 神に誓う」

朝倉「うーん……それなら」

長門「えい」ペチンッ

朝倉「ひ、ヒヒィンッ!」

長門「wwwwwwwww」

朝倉「………」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:31:27.12 ID:aaDs5MRgO

長門「すまない、いま思い出し笑いをした」

朝倉「なんですかこんな状況で思い出し笑いって……」

長門「えっと……朝倉涼子が馬の鳴き声をしてた」

朝倉「それついさっきのことじゃないですか!?」

長門「違う、昨日の夢で見た」

朝倉「どんな正夢ですか……」

朝倉「とにかく!もう乗馬はダメです!」

長門「そんな殺生な……あっ……」

朝倉「どうしたんですか?」

長門「……プッwwwwwwwww」

朝倉「しまいにゃ泣きますよ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:35:43.18 ID:aaDs5MRgO

長門「うーん」

朝倉「どうしたんですか悩んじゃって」

長門「したいことが沢山あって悩む」

朝倉「……例えば?」

長門「納豆を撒いた学校の廊下を平泳ぎ、あるいは三輪車で買い物に行かせる」

朝倉「それって言いふらされるよりキツいと思うんですよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:38:53.96 ID:aaDs5MRgO

朝倉「そうこうしてる内にもうお昼ですね、ラーメンでも作りましょう!」

長門「ラーメン……!いいことを思いついた」

朝倉「ウゲェー……なんですか」

長門「喜緑江美里と古泉一樹を呼んで 一緒に食べる」

朝倉「あら、いいですね!ご飯はみんなで食べたほうが美味しいですし」

朝倉(長門さんも社交的になったんだなあ……よかった!)

長門「……ニヤリ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:43:03.58 ID:aaDs5MRgO

喜緑「おじゃまします」

古泉「んっふ、お昼を誘ってくれるなんてありがとうございます」

朝倉「いいのよ!みんなで食べたほうが美味しいし……?長門さんどうしましたか?」

長門「喜緑江美里にはゴニョゴニョ……古泉一樹にはゴニョゴニョ……」

朝倉「ええっ!?そんなの私……」

長門「……」スッ

朝倉「分かりました!分かりましたからICレコーダーしまってください!」

長門「分かればいい」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:46:57.60 ID:aaDs5MRgO

朝倉「はい喜緑、ラーメンできたわよ」ゴトッ

喜緑「わー美味しs………何ですかこれ」

朝倉「増えるワカメよ、知らない?」

喜緑「いや知ってますけど……もうワカメで麺が見えないじゃないですか」

長門「wwwwwwwwwwww」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:50:19.05 ID:aaDs5MRgO

喜緑「掘っても掘っても麺が見つからない……」

古泉「んっふふ、ワカメはミネラルが豊富で美容にいいらしいですよ?」

朝倉「はい、古泉くんも」

古泉「ありがとうございます、とても美味しそうで……?どうしm」

朝倉「そぉいっ!」ドパンッ

古泉「ぎゃあああっぢいいいいいいいいいいいい!!」

長門「wwwwwwwww」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:54:45.97 ID:aaDs5MRgO

朝倉「ご、ごめんなさい!つい手が滑って……!」

古泉「さっきそぉいって……」

長門「二人ともすまない、彼女は今ドジっ子の練習中」

朝倉「え?長門さん何を……」

喜緑「なんだ、そうだったんですか」

古泉「はは、それじゃあ仕方ないですね」

朝倉「どんだけドジっ子に寛容なの!?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 21:58:25.68 ID:aaDs5MRgO

喜緑・古泉「お邪魔しました」

朝倉「はーい……長門さん!」

長門「どうしたの」

朝倉「どうしたのじゃないですよ!あれはやり過ぎです!」

長門「………」

朝倉(少しは反省したかな……)

カチッ
『ぎゃあああっぢいいいいいいいいいいいい!!』

長門「wwwwwwwww」

朝倉「………」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:02:42.09 ID:aaDs5MRgO

朝倉「長門さん!これは真剣な話ですよ!」

長門「……私はただ彼らにあんなことをしたかったわけではない」

朝倉「へえ?」

長門「古泉一樹は任務のために自分を偽っている」

長門「だからああやって少しでも素の自分を出させたかった」

朝倉「あら……そうだったの……」

長門「そう、私もちゃんと考えている」

朝倉「ごめんなさい長門さん、私ったら……じゃあ喜緑は?」

長門「え?……えと……ミネラルがこう……不足してて……」

朝倉「信じた私が馬鹿でした」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:06:27.45 ID:aaDs5MRgO

ピンポーン
朝倉「あら、はーい」ガチャ

キョン「ちーす、お邪魔させてもらうぞー」

朝倉「キョンくん?どうしてうちに?」

キョン「へ?俺は長門に誘われたんだが……」

朝倉「長門さんが……?」

長門「朝倉涼子はお笑い芸人になりたいらしい、それで芸を見てもらおうと思って呼んだ」

朝倉「お笑い芸人!?私そんなこと一度m」

キョン「まさか朝倉がなあwwwそれじゃ今日は楽しませてもらうぜ!」

長門「彼女の芸は天下一品」

朝倉「な…が…と…さん……!」

長門「ニヤリ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:10:22.91 ID:aaDs5MRgO

朝倉「そ、そんな急に言われても……!」

長門「朝倉涼子、十八番のあれをやって」

朝倉「十八番って……私なにも」

キョン「おっ!なんだなんだ?」

長門「すごい速さで反復横飛びをする高田純次のマネ」

朝倉「うん、それ無理」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:15:13.41 ID:aaDs5MRgO

朝倉「ハァ…ハァ……こんにちは!いつもステキな高田純次です……!」タタンタタンタタン

キョン「ははははははははwwwwwwwww」

長門「wwwwwwwww」

朝倉「ハァ…ハァ……もういいですか……?」

キョン「いや〜面白いなwww」

朝倉「あはは………」

長門「次は足の間に挟まってる臭い毛玉のマネ」

朝倉「もう人ですらない!?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:18:23.40 ID:aaDs5MRgO

キョン「ははははwwwこれも面白いな〜wwwwww」

長門「とてもユニーク……プッwwwwww」

朝倉「……死にたい」

長門「それじゃあ次は……」

朝倉「ちょ、ちょっと待ってください!」

長門「なに?」

朝倉「実は……長門さんに秘密の得意なモノマネがあるんです!」

長門「!……そう、やってみて」

朝倉(長門さんに決められるよりはマシよね……)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:22:14.67 ID:aaDs5MRgO

キョン「おっ!どんなモノマネをしてくれるんだ?」

長門「ワクワク」

朝倉「それではいきます!……木村拓也のモノマネ!」

朝倉「ちょっ………待てよ!」

キョン「………」

長門「………」

朝倉「え、え!?ダメだった!?」

キョン「………」

長門「………」

朝倉「何か喋ってよ!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:25:53.11 ID:aaDs5MRgO

朝倉「えっと……続きましてー……小島よしおのモノマネ!」

朝倉「そんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!」

キョン「あ……もういいわ」

長門「うん……なんかごめん」

朝倉「ちょちょっと待って!これからが本番だから!」

キョン「いやもう本当にいいからさ……」

長門「朝倉涼子……無理をしてはダメ」

朝倉「もとは長門さんがやらせたんでしょ!?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:28:42.69 ID:aaDs5MRgO

朝倉「えっと……ううんと……!」

キョン「じゃあ長門、今日は悪かったな……」

長門「うん、こちらこそすまなかった……」

朝倉「あっ!キョンくんあとちょっと待ってて!」ドドド

キョン「……必死だな」

長門「うん……彼女を見捨てないでほしい」

キョン「ああ、分かってるよ……長門は優しいな」

長門「……そんなことはない」

キョン「ははは……」

長門「………」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:30:57.81 ID:aaDs5MRgO

朝倉「ほ、ほら!小道具を持ってきたわ!これで芸の幅はグンと広がる!」

朝倉「きゃ!バナナの皮で転んじゃった!」ツルン

キョン「………」

長門「………」

朝倉「上からタライがっ!痛い!」ガラン

キョン「………」

長門「………」

朝倉「あは……は……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:33:52.20 ID:aaDs5MRgO

朝倉「えっと……ビックリして耳が大きくなっちゃった!」

キョン「………」

長門「………」

朝倉(もう無理……耐えられない……!)

朝倉「ええと……太眉……ってこれノリじゃないかーい……あはは……」

キョン「ははははははははwwwwwwノリ意味ねえだろwwwwww」

長門「wwwwwwwww」

朝倉(う、ウケた!……けど嬉しくない……)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:37:36.67 ID:aaDs5MRgO

キョン「いや〜今日は楽しかった!ありがとうな、長門に朝倉!」

長門「それはよかった」

朝倉「あははぁ………」

キョン「それじゃあまたネタができたら誘ってくれよ?じゃあな!」バタン

長門「ふう……」

朝倉「長門さん……!」

長門「私のせい?」

朝倉「えっ!いやその……でも……ねえ?」

長門「だだ滑りしたのはあなたのせい、私は関係ない」

朝倉(くっ!言い返せない……!)

長門「でもまあ……最後のは良かった」

朝倉「え?……長門さん……!」

朝倉「って騙されませんよ!初めからキョンくん呼ばなきゃよかったんじゃないですか!」

長門「チッ……バレた」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:40:57.21 ID:aaDs5MRgO

長門「おなかが空いた」

朝倉「はいはい、夕飯作りますよ」

長門「今夜はカレー」

朝倉「いーえ、違います」

長門「……と見せかけて?」

朝倉「カレーではないです」

長門「……からの?」

朝倉「もう、いい加減しつこいですよ!」

長門「………」スッ

朝倉「ごめんなさい、ICレコーダーしまってください」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:43:43.30 ID:aaDs5MRgO

長門「うむ、美味」

朝倉「そうですか……まったく肉じゃが作ろうと思ってたのに」

長門「あまり怒ってると美容によくない」

朝倉「誰が怒らせてると思ってるんですか!」

長門「木村拓也?」

朝倉「………あの」

長門「小島よしお?」

朝倉「……こんな会話はもうやめましょう?」

長門「太眉?」

朝倉「ああんせっかく忘れかけてたのに!」

長門「ニヤリ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:48:19.88 ID:aaDs5MRgO

長門「ごちそうさま」

朝倉「はい、お粗末でした」

長門「……朝倉涼子、一緒にお風呂に入ろう」

朝倉「ええ!?どうしたんですか急に……」

長門「だめ?」

朝倉「だってどうせまた変なことさせるつもりでしょう……風呂あかを舐めさせるとか」

長門「わかった、そこまではしない」

朝倉「やっぱりさせるつもりだったんですか!?冗談で言ったのに!」

長門「うん冗談、ただ今日は頑張ったから背中を流したいだけ」

朝倉「うーん……それならいいですけど」

長門「……そう」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:52:16.95 ID:aaDs5MRgO

ザパァ
朝倉「はぁ〜今日は1日疲れました……?」

長門「ジー……」

朝倉「長門さん……もしかして胸の大きさ気にしてるんですか?ww」

長門「……別にそんなことはない、確かに私の胸は年齢から考えると
わずかに平均を下回るかもしれないがそれほど気にするものではない」

長門「それに胸が大きいほうがいいと言う考えはもう古い、時代は常に
移り変わっていくもので今では貧乳というものがステータスになりつつある」

長門「よってあなたの胸が平均以上であってもそれは何の価値もないただの脂肪の塊にすぎない」

朝倉「………ただの負け惜しみじゃないですか」ボソッ

長門「喜緑江美里の家に遊びに行ってくる」ザパァ

朝倉「こんな時間に!?ちょまっ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:56:35.59 ID:aaDs5MRgO

朝倉「もう……すみませんでしたって」

長門「別に怒ってない、急に遊びに行きたくなっただけ」

朝倉「そ、そう………あっ長門さん!」

長門「なに?」

朝倉「約束は今日まででしたよね?ちゃんとデータ消しておいてくださいよ!」

長門「あ……残念」

朝倉「まったく大変な1日だったわ……」

長門「明日までにしておけばみんな誘って一発芸百連発をしてたのに……」

朝倉「この子なんて恐ろしいことを……」

長門「はぁ……おやすみ」

朝倉「はい、おやすみなさい!

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 22:59:54.60 ID:aaDs5MRgO

チュンチュン
長門「む……朝」

長門「今日はプリキュアがある……」

長門「しかしまだ時間がある」

長門「暇だ」

長門「……!『恋空』を読んでみよう」

長門「……なんとも幼稚そうなタイトル」

長門「これに感動するのはスイーツ脳だけ」パラッ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 23:02:05.38 ID:aaDs5MRgO

長門「………ポロポロ」

長門「………」パタン

長門「……幼稚そうに見えて所々に深い意味が込められている」

長門「数々の苦難を乗り越え結び付く男女の恋、そして感動のスペクタクル」

長門「これはまさに女の子の聖書と言っても過言ではな……」

朝倉「ジー………」

長門「あさくら…りょうこ……?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 23:04:16.08 ID:aaDs5MRgO

長門「もしかして……」

朝倉「はい、今日はなんだか弱みが握れそうだったんで……ばっちり録音しました!」

長門「う……あ……」

朝倉「良かったですね!長門さんの願いが叶いそうですよ?」

長門「な、何を………」

朝倉「今日はみんなを呼んで一発芸百連発ですね!」

長門「エラー、エラー」

朝倉「エラーしたフリをしても無駄ですよ?ああ楽しみ!」

長門「………死にたい」



終わり

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/03/30(月) 23:07:11.76 ID:aaDs5MRgO

短くてすみません

ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、嘘をつきなさい」