梨花「ここは・・・どこなのです?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの依存。

ツイート

1 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 15:00:48.87 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif
見覚えのない光景が広がっていた。
鉛色の空。
辺りには、普通の草木は一本もなく代わりに、
赤黒い人間の臓器を思わせる気色の悪い植物が群生している。
身体や服に湿り気を感じるほどの多量の湿気と、強い腐臭を帯びた空気。
私は、やがて何が起こったのかを思い出した。

梨花「そう・・・だったわね、羽入―――」

すでに、居なくなってしまった友に呟く。

梨花「う・・うぅ・・・うええええん・・・うぅ・・・」

思わず、涙がこぼれる。
しかし、私の涙に答える者はいない。
今やこの世界にいる人間は、私のみなのだから。

梨花「・・・どうして私は目覚めたのだろう?」

3 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 15:08:04.13 ID:hB0+8M0hP

私は、当て所も無く歩き出した。

梨花「できれば、目覚めたくなど無かった・・・」

物音一つしない。
耳が痛くなるほどの静寂。

翠星石「・・・何だか、これだけ静かだと狂を発してしまいそうになるわね…」

私は、音の無いグロテスクな狂った世界を、目的も無く歩き続けていると、
ふと、見覚えのある物が目にとまった。

5 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 15:21:00.40 ID:hB0+8M0hP

梨花「ッ!もしかして、古手神社の石段?」

風化し所々ひび割れていたが、間違いない。
これは古手神社の石段だ。
私は、それを確認すると、石段を駆け上がり、
境内にある私と沙都子の家を目指した。

梨花「・・・現実を受け止めるのよ、沙都子がいるわけが――」

疲れも感じずに夢中で石段を駆け上る。
すでに、沙都子がいないことは理解できているはずなのに、
もしかしたらという期待が、境内にある家に向かって私の歩を進めさせた。

8 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:16:23.94 ID:hB0+8M0hP

         __/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
         /  . : : :/: : : : : : : : : : : : : . \: -  : : : .ヽ
      /  / ./ /: .:/: .:/: : : : : : :ヽ: : : : \: :`ヽ: : :ヘ
     〃 / :/ ,' : :,'. : .:| : : : :! : :|: :.', : : ヘ: .ヽ:./ : : : :|
     '/ :/ :/.:,': : :l: : : .:!: : : .:|: :.:|: : .',: : : :', : :}: : : : : :|
    /. .:/. .:/. .:!: : :|: : : .:|: : : :.|_」⊥.. _:}: : : :}/. : :: : : :|
    \:|: : :|: : :|: :.:.|:.斗-|: : : .:|___」ァ≠ュ、:r┘ :| : : : : : :!
        ` 、:|: : :|: : :/ーァ:ュ、 ̄  ´ {:::: ;カ' |: : : :| : : : : : :i
         └-「 ̄「. {! {レム      辷:タ |: : : :|: : : : : : :!
          |: : :l:..',. 弋:タ          |: : : :| : : : :! : :!
          |: : :|: :ヘ.     `- '    j: : : .:! : :l: :| : :|
          |: : :|、l :.`:.. . _   ,.  ´ |: : : :|: : :!: :! : :! n  /7ァ
          |: : :| \: : : :ヽ: : .:「´__  '"|: : : :|: : :|: :| : :| l l. ///7
          |: : :|  \;.ァf¨¨Y´ ̄}  |: : : :|:::フヽ:r 、 | l////
          |: : :|   | /.::ト-'7ヘ._,ノ/|: : : :|/ ,  ヽ.ヽ   {
          |: : :|   /.:::∧/{ L..ノ   ,|: : : :| /   ゝ.   ノ
          |: : :|  ,/.:::/   { {.     |: : : :|/     l  ,′
          |: : :|  /.:::/   { {     |: : :/|     -|  l
          |: : :|厂`ヽ.    { {     |: :/.::|:  / /|   '.
          |: : :{   ノ>   { {     |: {::::::|! |  / │   ',
          |: : :|冂¨´V   { {     |:リヘ::::|{ノ ノ \ l    }

9 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:24:05.21 ID:hB0+8M0hP

      /  _... ----- 、 _ヽ
     /, -――- 、/`ヽ´   `ヽ
    //      /     ハ     ヽ
.  / /       ./     ', i     ヘ
  〃i./     |  /  /   | | |  l  ハ
 / /     |  | i l   |. ! | .!   ハ
   | |   |  | { , |  、 ,' ハ } |   i  !
   | /!  | |,≧=<ヽ',  /≧=< |  | ハ
   lイ |   W {イ_ノ}   ∨ {イ_ノ} V /,| ハ}
   Y\|`ヾ、`ー'   ,  `ー' / ィ /レ′
     ヽ、!`{  :::::::  -( ::::::::: ´}ィレ′
      \≧- ... __  _... - イ∠__
     /  ̄ヘヽ   /l ̄l i  / /  ヽ
     i    ', } / {  } | / /    |
     |     | V  ∨ ∨ .l      !
     |     |     |      !     .!

11 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:31:38.25 ID:hB0+8M0hP

レナ「沙都子ちゃん、やめてよ……」


沙都子「父親が離婚したときに母親からたっぷり慰謝料を、もらってらっしゃるんでしょ?
     そのお金をちょっぴり私に恵んでくれるだけでいいのですわぁ〜?」

レナ「冗談じゃないわよ。な、なんで家のお金を…」

沙都子「四の五の言わずによこせって言ってるのがわからないんですのっ!」

沙都子が拳でレナの頬を殴った。

亜美「ひっ!」

12 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:37:52.57 ID:hB0+8M0hP

レナ「わ、わかったわよ。渡せばいいんでしょ、渡せば。
    だからもうやめてよ……」

沙都子「わかればいいのですわぁ」

レナ「……」

実乃梨「いや〜、助かりましたわ。レナさん。これで今月は心置きなく遊べそうですわ。
     あ、そうそう、このこと他の誰かにチクったら、その時は、レナさんのお父さんを殺してしまいますわよ。
     ちゃんと肝に銘じておくんですのよ。私は、何人殺そうと少年法で刑事罰にはとわれないんですもの。
     それじゃ、ごめんあそばせっ!」

レナが家の金庫から取り出した100万円の札束を受け取ると沙都子は、走り去っていった。

レナ「……糞ガキがっ!」

13 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:41:56.87 ID:hB0+8M0hP

                     _/              丶
                   /`                 \
                  / /                 、  ヽ
                  /   /                 ヽ  Y
                 /    /    /   ,   /  i  、 ヽ   Y l
              /    /    /   /  /   l   ヽ   ヽ  ! |
              \  /    /    l   l   │    l   l  l l
                Y    /    /   !    |    l   l   |!
                 ゝ _1   i|レ ¬ト   |-─-、!   _j ィ'|
                   ハ.└‐┬'` ̄ ̄´` ̄ ̄` ̄ ̄ `T´   ! |
                      j !   l _,r==ミ      r==、 j  / l
                 l |   ト、      ,      /  1  l
                 | |  i !ヘ     、‐-ァ    /  /j   !
                 !_⊥、l l ト 、_   `´   .ィ/   / !  |
                /´   ⌒ヾ | | フ ‐-‐ T ´ l/   /‐'´ ̄ `丶、
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\─┴─ 、
                /     お     て     も    と     ヽ二二二.>
             厶三三二二二ニニ≡≡======┬┬┬‐テ 元ヾ
                ト _j| j|  / /l ト 、___,  ィ ∧ ヽ ヽ l、__j
                |  lしリゝ'`´!j  !  /イ ト\  | ヘ_-ヘツし! |

14 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:43:31.11 ID:hB0+8M0hP

魅音「なんで圭ちゃんは学校に来ないのよっ!
   うおおおぉぉぉぉぉぉっっ!!」



16 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:50:10.34 ID:hB0+8M0hP

沙都子「魅音さん荒れてますわね…」

梨花「無理もないのです。圭一が不登校になってしまったのですから」

魅音「……」

叫び続けていた魅音が、脈絡もなく突然叫ぶのをやめると、
感情を持たない空ろな目をして、ふらりと教室から出て行った。

沙都子「魅音さんは、一体どこへ行ったんですの?」

梨花「…きっと、部活なのですよ」

17 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:54:23.11 ID:hB0+8M0hP

沙都子「えっ、でも、もう部活は…」

梨花「魅音は、校舎の裏で一人きりで、今でも部活を続けているのですよ」

沙都子「えぇっ!…な、何でそんなこと」

梨花「圭一が、自分のせいで不登校になったという現実に耐え切れなくて、
   妄想の世界に逃避してしまったのでしょう。」

沙都子「魅音さん…かわいそうですわ」

梨花「しかたがないことなのです…。
    ボクたちには、ただみんなの心の傷がいえるまで、待つことしかできないのです」

18 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 16:57:58.94 ID:hB0+8M0hP

        /                            \
        /             ′                    ヽ
                  /           i              '
    /   /    ′  '               }             ',
    .′  '      i   '   /       |    八            ヽ
   .′ /       |   ハ  ′      |   /  !   }
     /          ! 厶L. {       /| 〃 h   /        l  i
    l / l       八/  ヽハ    / .| /冖¬ト、 /|          l  l
    レ'  |       |  }.ィラミxヽ   /  j/    | / .|   ′     |  |
      |       l 〃´!゚::::::(_.゚ `ヽ/    ィ'iて「ミメ、 !  /     h  l
      │       h   {っ::::ノ}         |゚:::::::::(_.゚∨ /         ′
         l \ハ  弋:::_ゾ       lっ:::::::ノリ }イ   /    '  ′
       ヽ  |   \ヽ `ー '          弋ー:::ソ /   /  ,  /  ′
       \l   八  ゙゙゙゙゙゙゙   '       `ー ' / /   / / /
         ヽ.  | ヽ      、   ァ   ゙゙゙゙゙∠ ィ´   /, /  '
            \|  /\               イ  / / /∨ /
              | ./ \{ ヽ.         イ|  //l  /  |/
              j/    ヽ/ ` ーr‐≦   |/lノ(  |/
             / ̄ ̄ ̄ ̄ )ノ|      { 、 ヽ、
            /   、     / |        V }   \
            /       ヽ  / リ       }ノ    \

20 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 17:36:21.11 ID:hB0+8M0hP

  / .::/  .!     .::i   .::/  /    :ヽ. \:.:::::::::::
 i .:::/  ::|     .::|  .::/  :i  :i    :::':,::. ヽ:.:::::::
 | :,'i   l     ....l  ....i .! .::| .:|    ::::',::: ',:.::::::
 .!:l |  :::|  .  .::::| 、::| '; ::l.! .::l  .  . ::::i';::. l:.::::::
  ',| l  :::';  :::.  .::::l, `lヽ、ヾ '; :|ヽ :::. .::..:::::|';:: !,:::::::
  ! .!  ::::i,. i:::. ::z!‐,=|==-'l、',:!.\ :::. ::::::! !', ,':::::
    ':, ::.::i::v.、!;:::. `ヾヽ.!' -,ri|||li\.、ヽ :::::::/,z.'i'、:::::
    i':, :::ヽ',\\::...::':,.'!.'‐ 二-' ,/   ヾ::/  .!ヾ.,:::::
    l :i .,:ヽヽ、ヽ,!ヽ ;:ヽ` ー ´    ’   ' -:::::
     ',| ':,':\::`:' -i:、` ''        !      :::::::
     ! ヽ::| 'ヽ::::::|'ヽ、     _      _...,. r:::::::::
        ヾ  ヾ:::l ヽ::ヽ..、    ̄   ̄  `’:::::::::

22 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 17:55:35.54 ID:hB0+8M0hP

沙都子「たんぽぽですわ。もうすっかり春ですのね」

梨花「こんにちは、沙都子」

沙都子「あ、梨花!」


23 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 17:57:56.08 ID:hB0+8M0hP

梨花「こんなところで、どうしたのです?」

沙都子「お散歩ですわ。梨花は?」

梨花「ボクもお散歩なのですよ」

沙都子「じゃあ一緒にお散歩しませんか?」

梨花「はいなのです」

二人はピコピコという足音を立てながら、歩き出した。

24 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:00:29.43 ID:hB0+8M0hP

二人は、散歩の途中でトラックにひかれた。

ガシッ!ボカッ!

二人は死んだ。 ひぐらし(笑)

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                d⌒) ./| _ノ  __ノ

26 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:10:22.78 ID:hB0+8M0hP

梨花「ウンウンでるのですっ」

ぷりゅっ!

梨花がアナルからピンク色のゼリーを排出する。

羽入「僕もなのです」

ぷりゅっ!

羽入は水色のゼリーを排出した。

圭一「へー女の子のうんこって、カラフルでゼリーみたいだし、
    それに甘いにおいで、ぜんぜん汚くないんだな」

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                d⌒) ./| _ノ  __ノ

27 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:11:04.70 ID:hB0+8M0hP

沙都子「梨花っ!もうゆるしませんわよっ!腹パンっ」

ポコッ!

沙都子が梨花のおなかを殴った。

梨花「うっ…ケロっ!」

梨花は口からゲロを吐いた。

圭一「うわっ梨花ちゃんが吐いた」

圭一は梨花の吐いたゲロを指ですくうと舐めてみた。

圭一「こ、これっ、砂糖水じゃないかっ!」

梨花「圭一、知らなかったのですか?女の子のゲロは砂糖水なのですよ」

圭一「へー」

梨花「ちなみに、ウンウンはゼリーで、シーシーはレモネードなのですよ」

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                d⌒) ./| _ノ  __ノ

28 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:21:10.11 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif
俺は少女に名前を聞いた。
「ボクの名前は古手梨花なのですよ」
と少女は名乗った。


29 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:27:12.44 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif
                  _/              丶
                /`                 \
               / /                 、  ヽ
              /   /                 ヽ  Y
             /    /    /   ,   /  i  、 ヽ   Y l
           /    /    /   /  /   l   ヽ   ヽ  ! |
           \  /    /    l   l   │    l   l  l l
             Y    /    /   !    |    l   l   |!
              ゝ _1   i|レ ¬ト   |-─-、!   _j ィ'|
                ハ.└‐┬'`==ミ´` ̄ ̄`r==、`T´   ! |
                  j !   l  | o ヽ      ´ o ∨/ j  /
              l |  : ト、ヘ! .彡  ,  ミ、  ::l   l  l
   ⌒⌒⌒ヽ ! : : : : : :i`';:;,イ  !ヘ     、‐-ァ    l   lj   !
  /    、  ) ̄} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ト 、_   `´   .ィl  l !  |
  | _人、_人_,ノ⌒)}─┐    .,,;:':.,,;:',;:| フ ‐-‐ T ´ l/  l  l´ ̄ `丶、
  |    _,,ノ´ / └───;─―- ゙l    //  l  l
  |   T    /    ! !   l:  ―-、
: |   |:  /     人 !   l .   ` "    .
 |   | /    /
 |  /    /
 |     /
 L  /           :     

30 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 18:57:11.87 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/aibon_face.gif
            . .- :.:‐:.:‐.-. .
       __ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:..、
    /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
.   /:.:./:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:.:.| :.:.:.:.| :.:.:i:.:.:.:.:.:i :.:.i:.:.i
. L.:.:i.:.:.:.:.:.:i :.:.:.:.|:.:.:.:. | :.:.:.:.| :.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.i:.:.i
    |:.:.:.:..:il :.:.:.:.l::i:.:.:.:|j.:.:.:.:ll:.:.:.l:.i:.:.:.:.| :.:.|:.:.|
.   └‐┬ij_:.:..:.:|エ:.:.」i_:.:.:_lL:.:エト.:.:.:|:.:.イ:.:.|
      |:.:.:.:Τ/{ i l     l i lヽ「 ̄:.::|:.:.|
      |:.:.:.:.:|  ヒzソ    ヒzソ .l .:.:.:.:.l::..|
      |:.:.:.;小  :.:.:.  _ _   :.:.: 小.:.:.|:.|:..:l
      i .:.:.:.:i:i:`: .        イ:..|:.:.:.:|:.|:.:.|
      i:.:.i:.:.:i:|:.:..l.:.:.т ‐ т:.:.i.|:.:.|:.:.:.:|:.l:. :i
       |:i::l:.:.:l:|:.:.:l:.:.:.ノ   、:.:.l:|:.:.|.:.:.:.|.:|:.:.:i
.     |:i:.| :.:リ ィ ´      ` iト.:|:.:.:.:|.:| :.:.!
     l |:.l:.:.:l:.l l          |:.:.|`ヽ::.:l:.:.:.i
     | |:.| :.:l:.| i           |:.:.|   '.:.l:.:.:.i
     |:.|:.| i:.l:.| | ──--── |:.:.|  i:.:i:.:.::i

31 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 19:36:19.17 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/anime_onigiri04.gif
死ね!

32 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:02:46.31 ID:hB0+8M0hP ?2BP(301)

sssp://img.2ch.net/ico/anime_onigiri04.gif
梨花「暇なのです・・・」

33 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:08:59.54 ID:hB0+8M0hP

梨花「暇です・・・ん・・・?そうです!圭一のPCをいじってみるのです・・・」
沙都子「梨花?何してるんですの?」
レナ「パソコンをいじるっていってたね」

梨花「うわぁっ!二人とも、いつからそこにいたのですか!」
レナ「さっきからいたけど」
梨花「そういえば2人ともおすすめのダウンロードゲームってありますか?」

沙都子「私、東方持ってますわよ」
梨花「なんなのですそれ?」
沙都子「STGですわ。簡単に言うとシューティング」
レナ「なかなかおもしろいよね。」
沙都子「敵が撃ってきた玉を避けるゲームですわ」

梨花「へ〜なるほど・・・紅魔卿ですか・・・」


一週間後

梨花「きゃああああああぁぁぁぁぁぁっっ!!」

梨花は死んでしまった。

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                d⌒) ./| _ノ  __ノ

34 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:10:22.44 ID:hB0+8M0hP

魅音「ほう、ファミチキ・・・?…コロッケも貰おうかね」

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                d⌒) ./| _ノ  __ノ


35 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:24:15.30 ID:hB0+8M0hP

★ コナンvs月vs羽入vsルパンvsハルヒvs古畑任三郎vs真紅 ★


昭和58年○月○日。

一人の人間のために世界中の犯罪率が激減した。
犯罪者が謎の心臓麻痺で次々と倒れていく。
世の人はいつしかその人間に敬意と畏怖の念を込めてこう呼んだ。


『キラ』と。

キラは犯罪者だけでなくFBIをも殺し、自分の敵になる事がどういう事なのかを示した。
キラは正義で、世界の法律。
いつしか世の中はそのように変化しつつあった。
  ・
  ・
  ・


「・・・キラ・・・ね」

テレビ画面の中のキラに心酔したような発言をしているTVキャスターを見ながら
梨花が、一言つぶやいた。

36 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:31:56.73 ID:hB0+8M0hP

「キラ…か。世の中には不思議な存在がいるものね。…羽入」

「あぅあぅ。まったくなのです。戦後数十年たったこの科学の時代に、
 あんな不可思議な事件が起こすなんて、キラって何者なんでしょうか?」

「ねえ、羽入。私、キラの正体に心当たりがあるの」

「えぇっ!本当ですか?梨花?」

「羽入にも心当たりがあるでしょ?キラとそっくり同じような能力を持つ人間に…」

「まっまさか…」

梨花の言葉によからぬ想像をし、羽入の顔が青ざめる。

「そう、沙都子よ。…沙都子がキラなんだわ」

37 名前:亀田ひぐらし ◆XIzTPt6b42 [] 投稿日:2009/03/23(月) 20:38:12.24 ID:hB0+8M0hP

           //_,,,.=-::::"::: ̄:::::::`''''=;,_{     }
       _,,,_///::::::::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::ヽ,,_,イ
      { O///:::::::::::::::::;::::::...:::::..::::::...::.. '''''''  .ヽ::::'i, ○
     /~Oy//:::: :::::::::::::::::|ヽ:::::::::::::i;:::ヾ;::::::::::::::::...;:::i!;:::!i  _,,,,_
   /!o //:::::. :::::::i!::::::::i|  ヽ::;:::::::!,ヽ;;ヾ;::::::::::::::::i::ヾ;::i!, {  }
 r-Y ::::{`Yク::: ':::::::::::i|:::::::i:|   ヽiヽ::::!,"丶,ヾ;::::::i;::::|:::::ヾ!i, `'''"
. 'ー┤::::i|. ト::::: .::::::::::!,|||::::!i'    `:!, ヽ::ヽ `丶ヽ:!ヽi:r-'''''"''ヽ、
ヽ |::::::|!| |.::::γ''"`'!i ||:::/!     ヾ  `>,,__ ヽi }       {i!,
,ノ |:::::| ! }:::::!、  ノ !!/       '   ",:-::c:,`ヽ {     }::}!
.  !::::| ` }.::::::`-:イ  _,,=-        i:::::::::::::} ! .}     {::}}
   !;::|  レ'''''!i;::::|  //:::::o:ヽ      ヽ,,,,.-"...... {     .}:I{
)   ヾ  /   !'i::| {. {::::::::::::ノ         :::::::::::: I,.....、:""`y
 ,,..、  .{     `ミ ヽ `ー-"    ,        ..:"
.(  )  _i,     ヽ.:::::::::''            :"      _,,=-
 ''''" / `ヽ    `,             ,  _.=      /
    {    ,i,   iヾ入      ー- ´_,,- ",,,.:`ゝ   .|
    `ー-" ヽ,,,,.,,,,.ヾr-=----ー ..,,,,r''"..,::'',,..:'''{"  ,...、}
 _  ,.:='''""`ヽ, γ''ヽ,}ニニニニ>/:',,..::'',,.::''.,,::`>"__'''| _          糸冬
( ) /      ヽ`- /`-ー--.'" /,,.::''.,,::,::''',...:::''',,..:::/         ---------------
  _|        ! >ー、..,,,,,,.:::/,,.:/ー-..,,''''''",,..:::_,,=ヽ、        制作・著作 TBS
/" |        レ"`ヽ`'=''ニ`-}'i~ェエェit-ー="へへ入
  }       '"   /   `=ーT.}i::::::::::::{i |/`"i:.i i!Y:{ {,`ヽ、



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「ふわぁーっ。もう昼の3時かぁ…」