みくる「ふたなりになりましゅた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのNG集

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:03:08.81 ID:iCLulFp+O

みくる「はうう・・・おちんぽはえちゃったれしゅ・・・とりあえず、なにかにはめてかくしたいれしゅ・・・」

みくる「しょうだ!」

みくる「ハルヒちゃんのおしりにハメてかくしまっしゅ!みくるがんばりまっしゅ!」




ふたなり未来人朝比奈みくるは走り出す。
ヨダレと先走り汁を廊下に撒き散らしながら文芸部室に居る涼宮ハルヒの元へ。
だっしゅれしゅ!

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:03:59.52 ID:iCLulFp+O

みくる「ハルヒちゃん!おしりだすれしゅ!」

ハルヒ「みくるちゃん!?いきなりなにんむうっ!?」

ヨダレまみれの唇で小うるさい涼宮ハルヒの口を塞ぐと、パンツを引きちぎった。

みくる「んぷぁあああっ!おしりれしゅっ!おしりれしゅっ!
ここにみくるみるくちんぽ、かくしちゃうれしゅっ!んちゅうっ!」

ハルヒ「ちょっとみくるちゃん汚い・・・あはぁっ!?」

みくる「くしゃいれしゅ!ハルヒちゃんのうんこあなは、くしゃいれしゅっ!ハルヒちゃんのうんこあなあっ!んむちゅっんむちゅっ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:08:40.90 ID:iCLulFp+O

ハルヒ「あひああああん!?お尻の穴吸っちゃやああああっ!?」

みくる「あふぅ・・・うんこあじれしゅ・・・みくるのお口、ハルヒちゃんのうんこあじでいっぱいれしゅ・・・ああん!もうっ!がまんれきないれしゅっ!!」

そう叫んだ気違いふたなり未来人は、涼宮ハルヒの生意気なお尻の穴にみらくるおちんぽの先端をぐりぐりっ!
ぐりぐりしたんれしゅけど、もうみくるは本当に我慢できないれしゅうっ!えいいっ!

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:14:27.23 ID:iCLulFp+O

ハルヒ「あぎいっ!」
みくる「うふぅ!ねもとまでじゅっぽりいっ!?ハルヒちゃんのうんこあなにみらくるおちんぽぉ!」

ハルヒ「いたいっ・・・やらあっ・・・いぎひいっ!?」

みくる「涼宮ハルヒちゃんとあなるっ!あなるせっくすっ!せっくすしてるぅ!今せっくすしてるのぉ!ふわああああんっ!!
うんこの穴にじゅぽじゅぽぉ!みらくるおちんぽしごきいひぃんっ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:22:46.34 ID:iCLulFp+O

訳のわからない言葉を発しながら、涼宮ハルヒを犯しまくるふたなり牛乳女!
無理矢理の挿入でけつあなから血が出てましゅけど、それが涼宮ハルヒちゃんのうんこ汁とわらしの先走りみるくびぃむと混ざり混ざってすっごくいい感じっ!わはあっ!

ハルヒ「いぎっ・・・いぎっ・・・!」

みくる「泣いちゃらめえっ!泣いちゃらめなのおっ!
そんな切ない泣き顔されたらみくる・・・みくる・・・!」

ハルヒ「ひあっ・・・!?」

みくる「あなりゅしぇっくしゅ頑張っちやうふうううっ!?おちんぽでハルヒちゃんのうんこあな、かきまぜちゃいますうっ!
ほらあっ!?八の字みらくるおちんぽでぇ!?かいちゃうのおおおっ!!」

ハルヒ「だめ・・・だめ・・・んああっ!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:28:23.80 ID:iCLulFp+O

みくる「あふぁ!きもちひいんっ!こんなうんこあなはじめてっ!はじめてらのぉ!
みらくるおちんぽがしゅごいことにぃ!?」

ハルヒ「うああ・・・」

みくる「もういきまっしゅう!生意気ハルヒちゃんのうんこあなでぇ!
みらくるせいしぃ!みらくるせいしを受け止めて欲しいのれしゅう!みらくるせいしぃ!ハルヒちゃんに出すうっ!出すうっ!いっぱいみくるみるくびぃむ!!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:35:31.21 ID:iCLulFp+O

もうみくるビームがハルヒしりあなの中で発射かうんとだうんっ!
その時部室のドアを開く者があらわれたのれしゅっ!


キョン「なんの騒ぎを・・・!?」

ハルヒ「やだぁ!?ダメ見ないでキョン!!みくるちゃんやだぁ!!」

みくる「あはっ!キョン君れしゅっ!キョン君れしゅっ!
キョン君に見られて出しゅっ!出しちゃうんれしゅみらくるせいしぃ!
あはっあはぁっ!キョン君しっかり見るれしゅっ!団長おしりに未来からの精子をたっぷり注ぐしゅがたを見て見てみてえええんっ!あふあはあああああんっっっ!!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:42:25.76 ID:iCLulFp+O

みくる「ふわわぁ!?出てるぅ!びゅくびゅくみらくるみるくぅ!
いっぱいいっぱい生意気団長お尻にひぃ!あああんっ!ぜんぶ吸いとられちゃうう・・・!!」

ハルヒ「あ・・・あ・・・!」

みらくる未来精子をたっぷり注ぎ込まれたしゅじゅみやハルヒは産まれたての小鹿みたいにがくがくしてるれしゅ。
きっとしゅごく満足してるはじゅれしゅ。みくるもいっぱい出せて嬉しく思いましゅ。あはっ!


キョン「ハルヒ・・・朝比奈さん・・・い、いったい何を・・・」


冷静に何かを言おうとしてもおちんぽ勃起してましゅよキョンくふぅん!?うふうふふっ!!

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:50:55.01 ID:iCLulFp+O

みくる「キョン君!ちゃんと見るでしゅ!
今からおちんぽ抜きましゅよぉ・・・・!」

ハルヒ「ダメ・・・やらぁっ!今抜いたら・・・バカキョン見ないでぇ!?」

みくる「しょれぇっ!!」

なんかうるさいのでうんこあなからおちんぽ勢いよく抜いてやったれしゅ!そしたらしゅごい事がおきましゅたっ!

ハルヒ「ひっ!!やっ・・・ああああああっダメダメ見ちゃダメぇ!キョン見ないで見ないで見ちゃやらあああああっっ!!」

うんこれしゅっ!みくるのみるくせいしと団長うんこがいっぱい出てきたのれしゅ!
これはしゅごいれしゅっ!ハルヒちゃんは泣き泣きしながらうんこ出してましゅっ!目がはなせませえんっ!

みるく「キョン君ちゃんと見てましゅか?」

キョン「・・・」

よかったれしゅ。ガン見れしゅ。ハルヒちゃんよかったれしゅね。
うんこ好きな人に見られて。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 22:56:27.73 ID:iCLulFp+O

ハルヒ「ひぐっ・・・うっ・・・」

泣くほどに嬉しいんれしゅね。うんこ穴にみらくるおちんぽ突っ込んだかいがありましゅた。
それにしてもキョン君、黙ってないでおちんぽ出して?次はキョン君の番れしゅよ?

キョン「朝比奈さんいったいどうしちゃったんですか・・・こんなの・・・」

みくる「おちんぽおっきくさせて言わないでくだしゃいっ!」

さわさわキョン君のおちんぽさわると、うんこいっぱい出したハルヒちゃんが叫んだのれしゅ。

ハルヒ「キョンはだめぇ!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:08:23.95 ID:iCLulFp+O

みくる「だめってなんれしゅか?キョン君のおちんぽハルヒちゃんがしゃぶしゃぶするでしゅっ!
もちろん私もしゃぶしゃぶしるれしゅっ!
ね?ふたりのお口でしゃぶしゃぶしたいのれしゅ。キョン君そうするれしゅ。」

キョン「朝比奈さんあなたは・・・」

みくる「ええいっ!さっさとするれしゅっ!みくるビーム!」

キョン「うおっ!?」

ハルヒ「!!」

久々のみくるビームはキョン君のズボンを吹き飛ばしましゅた!
便利でしゅ!キョン君下半身丸出しれしゅ!今度鶴屋しゃんに使うれしゅっ!


みくる「ハルヒちゃんはやくしないと、みくるが先にキョン君の童貞おちんぽ舐めちゃいましゅよぉ?んーっ!」

ハルヒ「だめぇ!だめぇ!キョンの初めては全部私じゃなきゃやあっ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:12:21.77 ID:iCLulFp+O

みくる「わかりましゅた。ハルヒちゃんから童貞おちんぽしゃぶってくだしゃいっ!」

ハルヒちゃんはうんこまみれでキョン君のおちんぽに近付いてきましゅ。
愛って素敵でしゅ。ちょっと羨ましいでしゅ。

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「ハルヒ・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:38:11.04 ID:iCLulFp+O

チュッチュッと可愛い唇で童貞おちんぽにキスするのは、えすおーえすらんっらんちょうの涼宮ハルヒしゃん!
なんかまどろっこしいのれしゅ!えいっ!

ハルヒ「んぶっ!?」

キョン「うっ!」

みくる「しゃぶるのがキョン君も気持ちいいれしゅよ!ちゃんとねもとまでお口でご奉仕!
お口くちゅくちゅもんだみんっ!
歯みがきみたいにおちんぽでお口の裏側も歯もごしゅごしゅするでしゅ!」

ハルヒ「ふぐぐっ!」
みくる「うえの歯したの歯いっぱい童貞おちんぽでごしゅごしゅでしゅ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:44:27.17 ID:iCLulFp+O

みくる「おちんぽ歯みがき終わったら、こんどは上下にふぇられしゅっ!ほらぁっ!キョン君も大喜びのおふぇらちおっ!
童貞おちんぽのお腹こわしちゃうザラザラチンカスまいっぱい味わっておふぇら・・・みくるもあじわいたいっ!あじわいたいれす童貞おちんぽっ!二人でえすおーえすふぇらんふちゅうっ!」

ハルヒ「ぷあっ!やだあズルいみくるちゃんっ!」

みくる「んーっ!んんむんんん!?んんんーんっ!」

キョン「うはあっ!スゴすぎる・・・!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:48:48.34 ID:iCLulFp+O

ハルヒ「かえしなさいよっ!んぶっ!んぶっ!」

みくる「やんっ!むーっ!!
じゃあ、たまたまはいただきますれしゅ!ちゃるるっ!」

キョン「うおおっ!!」

ハルヒ「んむうっ!んむむうっ!」

みくる「たっぷり精子たまってそうなたまたまタンクれしゅ!二つ同時にお口にんふうっ!」

キョン「もうダメだ・・・いっちまう・・・!!」

ハルヒ「!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 23:55:58.24 ID:iCLulFp+O

キョン「ううっ・・・」

ハルヒ「・・・んぐっ・・・ごくっ・・・!」

みくる「やああ!?ズルいれしゅズルいれしゅっ!童貞精子独り占めはだめぇ!
みくるにもっ!みくるにもおっ!」

ハルヒ「んぷっ!・・・ふぁいみふゅるひゃん・・・!」

ふわわ!ハルヒちゃんのお口から童貞精子がっ!はやくしないと地面に落ちちゃいましゅっ!お口でたすけなきゃいけましぇん!

みくる「どうていせいしんちゅうっ!んちゅっ!んちゅるっ!」

ハルヒ「んふ・・・ふあっ・・・!」

れろれろれしゅっ!ハルヒちゃんの舌と唾液とキョン君の童貞精子!みくるは今しあわせれしゅっ!!

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:29:53.47 ID:bKfWARxpO

みくる「ハルヒちゃん、キョン君の童貞おちんぽはまだ物足りないようでしゅよ。
今度はハルヒちゃんの処女まんこでしてあげるのれしゅ。」

ハルヒ「うん・・・」

真っ赤な顔して可愛いれしゅハルヒちゃん!
キョン君の上に股がるとハルヒちゃんは団長処女まんこをくぱぁと開きましゅた!

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:35:12.54 ID:bKfWARxpO

ハルヒ「キョン・・・私の奪って・・・」

キョン「ハルヒ!!」

もはや二人を止められましぇんっ!
キョン君はハルヒの腰をつかむと、騎乗位体勢のままどうていおちんぽを下からハルヒちゃんの処女まんこにずぷぷっとつっこんだのれしゅ!しゅてきっ!

ハルヒ「いっ・・・おっき・・・!」

キョン「動くぞハルヒ・・・!」

ハルヒ「ふあっ!あっ!あっ!んああっ!キョン!キョン!!好きっ!好きなのおっ!いっぱいっいっぱい私を突いてえっ!あああんっ!!」

キョン「ハルヒ・・・ハルヒ!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:41:15.53 ID:bKfWARxpO

素敵でしゅ!素晴らしいでしゅ!
ハルヒちゃんはヨダレを垂らして恍惚の顔してまっしゅ!処女のくせに自分で腰をふってるでしゅっ!

キョン君もでしゅ!そのヨダレを舌で受け止めながら、ハルヒちゃんのおっぱいをもみくちゃにして腰を思いっきり上下に動かしてましゅっ!

キョン「ハルヒ・・・愛してるぞ!」

ハルヒ「私もよ!キョン・・・!」

騎乗位のまま舌を絡め始めましゅた。
こちらから処女まんこと童貞おちんぽの結合してるトコがはっきりみえましゅ!
興奮しまっしゅ!でも二人の邪魔は今はできましぇん!

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:45:54.97 ID:bKfWARxpO

キョン「ハルヒ・・・もう・・・!」

ハルヒ「あっ!あっ!出してえっ!中に出してよぉ!いっぱい・・・いっぱい中にっ!キョンのせーしいっぱい出してえっ!!」


ビクンッ
と聞こえたかと思いましゅた。あんなに激しかった二人の動きが止まりましゅた。

ハルヒ「あはっ・・・はっ・・・すごい・・・出てるのがわかるよぉ・・・いっぱい出てるぅ・・・」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:48:37.68 ID:bKfWARxpO

みなさん拍手でしゅ!

今やっと二人が結ばれたのでしゅっ!

見てくだしゃい!まだ離れようとしない、まんことおちんぽ!

うううーっ!うらやましいでしゅっ!みくるもまんこに入れたいでしゅっ!もうガマンできましぇん!

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 00:54:08.48 ID:bKfWARxpO

みくる「ろいてっ!!ちゅぎはわらしのばんらのぉ!?キョン君のおちんぽぉ!!」

ハルヒ「きゃあっ!?」

キョン「あ、朝比奈さん・・・」

みくる「うふふえふあはあっ!!おちんぽ!!キョン君のおちんぽハルヒちゃんのまんじるとせいしまみれえっ!!
しゅごいっ!しゅごいおいしそう過ぎて下のお口がもうげんかいれしゅっ!!
みくるのおまんこにも味わせてくらひゃいいっ!?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:00:51.88 ID:bKfWARxpO

おちんぽれしゅ・・・キョン君のおちんぽを・・・わらしのまんこに・・・えいっ!!

みくる「んはあっ!!しゅごいっ!!まだびんびんっ!?」

キョン「うおおっ!?」

みくる「しゅごいれしゅっ!しゅごいれしゅっ!!キョン君のおちんぽっ!!三発目はみくるの子宮にぶちまけてくだしゃあいっ!!
あひっ!あひっ!!しゅごしゅぎてみくるのみらくるおちんぽもびんびんれしゅうっ!!ふあっ!あっ!ふああんっ!!」

ハルヒ「みくるちゃん・・・!」

みくる「!?」

ハルヒ「みくるちゃんっ!お尻を犯した責任取って貰うんだからっ!!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:07:00.43 ID:bKfWARxpO

あひっ!あひっ!はるくぇいど!?あんっ!
みらくるおちんぽを、はるくぇいどちゃんがヨコからおふぇらちおっ!!

みくる「あひあああっ!きもちっ!きもちよすぎるうっ!!
はるくぇいどちゃんはしんそっ!?吸い付き方がしゅごしゅぎるのお!!これがおちんぽを壊すちからあっ!!んはあああんっ!!」

ハルヒ「んじゅっ!んじゅっ!!んじゅうっ!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:11:28.48 ID:bKfWARxpO

ハルヒ「んはあっ!・・・はあっ・・・はあっ・・・みくるちゃんっ!!」

みくる「ひううっ!?」

キョン「か、回転!?うああっ!?」

はるくぇいどじゃなかったでしゅ。ハルヒちゃんはおちんぽ繋げたまま私180度をくるりんぱっ!!おまんこの中でキョン君のおちんぽぐりゅりゅんでしゅっ!!


ハルヒ「みくるちゃん・・・みくるちゃんのおちんぽちょうだい・・・」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:17:19.93 ID:bKfWARxpO

みくる「はひいっ!そんな事したらあっ!みくるはおかしくなっちゃうっ!あたまがくるくるぱーになっちゃいしゅうっ!?」

ハルヒ「最初っからおかしいわよ・・・でももっとおかしくさせてあげるわっ!」

みくる「あひぃっ!!」

ハルヒちゃんのおまんこにずっぽりみらくるおちんぽが入りましたでしゅ!!
下からみくるのおまんこにはキョン君のおちんぽ!
上からみくるのおちんぽにハルヒちゃんのおまんこ!
きゅうきょくサンドイッチでしゅ!だいたーん!!

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:28:37.71 ID:bKfWARxpO

みくる「あんっ!しゅごいれしゅっ!あふっ!しゅごいれしゅっ!
おちんぽもおまんこもっ!はあっ!大変なことになってましゅうっ!!」

ハルヒ「あああんっ!みくるちゃんのおちんぽもスゴいのぉ!キョンッ!キョンももっとみくるちゃんの中で動いてえんっ!伝わるのっ!伝わってくるのぉ!!」

キョン「うおおっ!!」

みくる「あはあっ!?そんなに二人でおちんぽとおまんこいじめたら、みらくるおかしくなりましゅっ!
みらくるきもちよすぎてみっくるんるん!?
あひいっ!!ハルヒちゃんおっぱいらめぇっ!!あっ!ああーっ!!おしりにもほおっ!!キョン君のゆびっ!ゆびか入ってくるうううっ!?
感じすぎるふうっ!?あううっ!!らめえっ!!おかしくなるっ!!あたまおかしくなるうっ!!えすおーえすぅっ!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:35:52.73 ID:bKfWARxpO

みくる「もうらめえっ!もうらめれしゅっ!いくのぉ!いっちゃうっ!いっちゃうっ!
ハルヒちゃんもキョン君もきてぇ!?いきたいのっ!!いきたいのぉっ!!」

ハルヒ「みくるちゃんっ!キョンも出してっ!いっしょにっ!いっしょにいっ!!」

キョン「ハルヒッ!朝比奈さんっ!ああっ!出るっ・・・!!」

ビュクッ

みくる「はあっ!?せいしっ・・・わたしもっ!!」

ビュクッ

ハルヒ「あひっ・・・きっ・・・!!
いっちゃううううううんっ!!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:43:22.66 ID:bKfWARxpO

みくる「んふあ・・・せいし・・・せいしぃっ!」

ハルヒ「んちゅっ!んちゅっ・・・!」

キョン君のせいしまみれのおちんぽをお口できれいきれいしてあげてるわたしのおまんこをハルヒちゃんがちゃうちゅうしてましゅ。

しゅごいでしゅ。この言葉は何回叫んだかわかりません。

キョン君のがまたお口の中で元気になってきましゅた。しゅごいでしゅ。

みくる「ぷあっ・・・キョン君、ハルヒちゃんのおまんことお尻に入れてあげるでしゅ。」

キョン「ああ・・・」

ハルヒ「キョン・・・今度はお尻から・・・ひうっ!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:46:09.85 ID:bKfWARxpO

キョン「はあっ・・・はあっ・・・!」

ハルヒ「はあんっ!おしりっ!スゴいのっ!あはあっ!!」


お二人共頑張ってくだしゃい。

これで計画通りでしゅ・・・。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:49:52.90 ID:bKfWARxpO


二人を置いて部室を出た私はもう賢者。

あの方に報告すべく私はマンションに向かった・・・


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 01:54:31.33 ID:bKfWARxpO

あの方が待っているマンションに到着。

私は一度深呼吸をしてからインターホンを押した。

「そのまま部屋に来て。」

その声を聞いただけで賢者タイムが終了しましゅた。

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:00:50.79 ID:bKfWARxpO

部屋に入ると、いつものように古泉君と長門さんが出迎えてくれます。
置物みたいになってますけど。

あの方の許可が降りるまで、この二人は時が止まったままなのでしゅ。

「上手くいったようね。物凄い情報フレアを確認したわ。これで妊娠すればもっと・・・」

「朝倉しゃん・・・」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:06:39.67 ID:bKfWARxpO

朝倉「急進派はご満悦のようね。貴方達と組んだ甲斐があったわ。」

みくる「・・・あの・・・その・・・」

朝倉「・・・どうしたの?」

みくる「み、みくるは頑張ってきました!朝倉さんのいうとうりにっ!!」

朝倉「わかってるわよ・・・ウフフ・・・」
朝倉さんはナイフを手に持つと私に近付いて・・・

朝倉「そんなに今すぐご褒美が欲しいの?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:13:28.03 ID:bKfWARxpO

みくる「ひうっ!」

朝倉さんは意地悪でしゅ。ナイフでおちんぽをチクチクいじめ始めました。

朝倉「ウフフ」

みくる「ひぎっ・・・・あひいっ!!」

朝倉「ナイフで血だらけにされて、こんなに大きくさせちゃうなんて・・・朝比奈さんぐらいよ?」

さらに朝倉さんはチクチクとみくるのおちんぽを虐めましゅ。
痛いはずなのにみくるはどうしてこんなに興奮してしまうのでしょう。

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:22:12.16 ID:bKfWARxpO

朝倉「可愛いわよ朝比奈さん・・・」

みくる「あっ!あんんっ!」

朝倉さんは血塗れおちんぽを舌でいじめ始めました。

ビクンッビクンッ動いてしまうので、綺麗な朝倉さんの顔に返り血が付いて・・・そんな返り血だらけの顔でおちんぽ舐められたら・・・みくる・・・みくるはもう・・・やんっ・・・くわえたまま見つめられたら・・・!!

みくる「ふあっ・・・んああっ!!」

朝倉「んくっ・・・んくっ・・・!!」

いっぱい朝倉さんの口に出してしまいました。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:30:40.71 ID:bKfWARxpO

朝倉「ウフフ・・・それじゃあご褒美・・・あげるわぁ。」

みくる「はあっ・・・はいいっ!ご褒美くだしゃいっ!!」

見てくだしゃいっ!朝倉さんのスカートの中にはおちんぽがふたちゅっ!!
みくるのおまんことおしりを同時にいじめる為の、スペースおちんぽがあるのでしゅっ!!
みくるは朝倉さんのスペースおちんぽのためならなんでもしまっしゅ!!

ハルヒちゃんとキョン君を無理矢理くっつけちゃう未来えんじぇるまじかるみくるっ!!
すべてはこのご褒美のためでしゅっ!!
朝倉さんっ!今夜もいっぱいいじめてくらしゃいっ!
朝倉さんのダブルおちんぽでおまんこもおしりもみらくるめちゃくちゃにしてくだしゃいっ!!

「ウフフ・・・朝比奈さん、愛しているわ。」

「みくるもっ!みくるも愛してるいましゅうっ!」


おはり

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:41:13.16 ID:bKfWARxpO

長門「終わらせない」

朝倉「時空震っ!?拘束を自力でっ!?」

古泉「ふんもっふ!!」

朝倉「ぎゃあああっ!?眉毛がああああっ!?」

長門「これも邪魔」

朝倉「ひぎいっ!!」

みくる「いやあっ!!スペースおちんぽがあっ!?」

古泉「正気に戻って下さい朝比奈さんっ!」

みくる「おちんぽ・・・ご褒美おちんぽが・・・朝倉さんから千切れちゃった・・・!!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:46:08.04 ID:bKfWARxpO

長門「終わりよ朝倉涼子」

長門有希が高速で呟くと同時に朝倉涼子の身体が消滅し始めた。

朝倉「あーあ・・・また失敗か・・・朝比奈さんに宜しくね」

古泉「消えた・・・?」

みくる「おちんぽ・・・おちんぽが・・・」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 02:51:26.70 ID:bKfWARxpO

長門「・・・おちんぽおちんぽうるさい」

古泉「・・・気持ちはわかりますが、彼女の洗脳を解いて時間遡行しなければ安定は望めません。」

長門「・・・わかっている。少しイラっとしただけ。」


蛇足とわかりながら、なんと無く書きたくなった眉毛引きちぎりと長門のおちんぽ発言に満足した俺は眠りに付く事にした。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 08:40:55.05 ID:bKfWARxpO

みくる「ひどいでしゅっ!ひどすぎましゅっ!朝倉さんを消滅させて何のつもりでしゅか!?
ご褒美おちんぽかえしてっ!!かえしてよっ!!」


古泉「・・・これは重症ですね。元に戻るんですか?」

長門「・・・満足させれば。」

古泉「またそれですか。僕には自信がありません。長門さんお願い出来ますか?」

長門「・・・わかった」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 08:45:56.81 ID:bKfWARxpO

長門「貴方は出ていって。後で連絡する。」

古泉「わかりました。長門さん、頼みます。」

古泉一樹は部屋を出ると携帯を取り出した。

古泉「もしもし・・・監視班に連絡・・・撮影の用意を。
・・・大至急です!責任は僕が取ります!急いで!」

電話に向かって珍しく声を荒げる超能力者がそこにいた。

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 08:54:52.09 ID:bKfWARxpO

みくる「ふぐぅ・・・うっ・・・うっ・・・かえして・・・ご褒美おちんぽかえして・・・」

長門「・・・朝比奈みくる」

みくる「・・・」

無視でしゅ。長門さん嫌いでしゅ。大嫌いでしゅ。ご褒美おちんぽのために頑張って来たのに。

長門「・・・ご褒美おちんぽならここに。」

みくる「!!」


長門さんがスカートをめくりあげましゅた!
そこにはなんと!おぱんちゅからはみ出るご褒美おちんぽがっ!
朝倉さんよりたくましいダブルおちんぽ!!

長門「・・・これを貴方に。」

好きっ!大好き長門しゃんっ!!

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:02:18.19 ID:bKfWARxpO

さっきまで萎え萎えみくるのみらくるおちんぽもびんびんっ!
おまんこもおしりも準備かんりょーれしゅっ!

みくる「長門さんっ!私・・・私っ!!」

長門「・・・落ち着いて朝比奈みくる。」

みくる「落ち着けるわけないでしゅ!ダブルスペースおちんぽでしゅっ!長門さんのダブルおちんぽで宇宙をっ!うちゅーを感じるのでしゅ!感じたいっ!はやくっ!はやくっみくるにっ!みくるのふたちゅのえっちあなにぃっ!?」

長門「・・・約束して。満足したら私の言う通りに。」

みくる「しますっ!しますからあっ!!」

長門「・・・あともう一つ。」

みくる「!?」

長門「・・・有希って呼んで。」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:06:10.85 ID:bKfWARxpO

みくる「有希っ!有希ぃっ!!もうガマンできませんっ!!」

長門「・・・先ずは口で味わって。」

みくる「はいっ・・・はいいっ!!」

ご褒美でしゅっ!有希からのご褒美おちんぽ!!
おまんこ用とお尻用のふたちゅのおちんぽ味わいたいっ!たっぷりお口で味わう!!んぢゅうっ!!

長門「・・・!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:15:06.28 ID:bKfWARxpO

みくる「んちゅるんちゅるっ!おいしいっ!おいひすぎますっ!こんなにおいしいのは何故っ!?何故でしゅかあっ!?
んぶっ!んぶぶっ!ぷあっ!?ダブルおちんぽたくましすぎぃっ!ふたちゅ同時にお口に入りませんっ!!」

長門「・・・!」

あはっ!有希は声をガマンしてるみたいでしゅ!それにしても素晴らし過ぎるこの二本!未来にもこんなダブルおちんぽはありませんっ!みくるの舌でダブル亀頭ぐりゅぐりゅうっ!!

長門「んっ・・・!」

みくる「気持ちいいでしゅか!?舌で亀頭をペロペロするのが有希はいいんでしゅね!?」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:21:02.36 ID:bKfWARxpO

長門「・・・!」

手強いでしゅっ!なかなか声を出してくれましぇん!でも有希も気持ちいいはずでしゅっ!
だってこんなにダブルおちんぽから先走りご褒美お汁が!!ちゅうっ!ちゅううっ!!

長門「ん・・・!」

まだ有希はガマンしてましゅっ!顔を真っ赤にして下唇かんでます!
聞きたいっ!聞きたいですっ!有希のあえぎ声っ!みくるはどうしても聞きたいれすっ!うちゅーじんのあえぎ声!てれぱしー!

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:28:37.94 ID:bKfWARxpO

こうなったらおっぱいでしゅ!みくるのおっきなおっぱいなら、ふたちゅのおちんぽ同時にはさめますっ!
これぞだぶるパイズリ!?おとうさんおかあさん!みくるはこんなに立派なおっぱいになりましゅたっ!
育ててくれてありがとー!りゅりゅりゅっ!!

長門「ひあっ!?」

みくる「ふあっ!!気持ちいいでしゅか!?未来おっぱいパイずりんっ!?有希の先走りお汁でろーしょん不要なおっぱいしごきぃ!!ちろちろっ!舌先も使ってごほうしごほうしれしゅっ!!」

長門「んく・・・っ」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:36:12.05 ID:bKfWARxpO

みくる「あはぁっ!?有希の息があがってきてるぅっ!」

長門「ふ・・・うっ・・・あっ!?」

みくる「がんばりましゅっ!がんばりましゅおっぱいしごきっ!
がんばりましゅから、うちゅーせいしかけてっ!?ふたちゅどうじにびゅーっ!びゅーってみくるのおかおにうちゅーせいしをっ!!」

長門「はっ・・・あっ・・・!!」

有希も腰を動かしてきましゅたっ!だぶるおちんぽがビクンッビクンッしてましゅっ!そろろなんでしゅね!
正に歴史的しゅんかんっ!!宇宙人のだぶるおちんぽから飛び出すせいしが未来人のみくるのお顔とお口にたっぷりきんきゅーちゃくりくっ!!
その時れきしがうごきまくりっ!!えぬえちけえのおばかぁっ!?

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 09:53:50.05 ID:bKfWARxpO

長門「ひあっ!!」

ビュクッ×2

みくる「あふうっ!いっぱいいっぱいみるくぅっ!!はあんっ!?」

いっぱいでしゅ!たっぷりでしゅ!んくっ!まさにかけるっ!かけるふたちゅっ!かけてかかってうちゅーみるくっ!
お口にびゅーっ!お顔にもびゅーっ!最高れしゅっ!!
有希のうちゅーみるくがお口の中でびっくばんっ!
だぶるおちんぽから飛び出すみるくは、まさにみるきーうぇいっ!
おちんぽみるくの天の川っ!
いまなら有希のだぶるおちんぽみるくで目覚めるせぶんせんしずっ!?
おいしいでしゅっ!うちゅーみるくおいしいでしゅんくっ!んくっ!ごくっ!ぷはぁっ!!

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 10:03:41.46 ID:bKfWARxpO

長門「は・・・あ・・・」

みくる「びくんびくんしてましゅ有希のだぶるおちんぽ・・・いっぱいでましゅたね・・・」

長門「う・・・」

そのままへたりこむ有希ちゃんっ!かわいいれしゅ!あまりにもかわいいれしゅっ!私は押し倒して馬乗りになってだぶるおちんぽをおまんこすまたっ!

長門「・・・!」

みくる「ぐりゅぐりゅすまた気持ちいいれすかぁ?んちゅっ!」

長門「んっ!」

もうたまんないです有希ぃ!うちゅーおちんぽみるくなみくるのお口と舌で、でぃーぷなキス!みるくまみれの舌を絡めてれろれろでしゅっ!

長門「んっ・・・んっ・・・ふあ・・・!」

とろんとした瞳がしゅてきすぎましゅっ!二人のお口をつなげる糸は唾液なのでしゅか!?おちんぽみるくでしゅかっ!?

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 10:11:22.72 ID:bKfWARxpO

みくる「有希っ!有希ぃっ!!ご褒美っ!がんばりましたから有希からのご褒美ちょうだいっ!おしりとおまんこにいっ!!有希のだぶるおちんぽぉっ!!」

有希に馬乗りのまま、だぶるおちんぽに手を添えて、だぶるおちんぽ先端をおしりとおまんこに・・・ゆっくりしないと折れちゃうかもしれやしぇんっ!
ひだりてはっ!そえるだけっ!あんじゃいしぇんしぇっ!みくるはだぶるおちんぽしごきを、おまんことおしりでしたいのれしゅっ!!

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:08:52.53 ID:bKfWARxpO

ゆっくりだぶるおちんぽをそーにゅーしまっしゅっ!ふたちゅの亀頭からぬぷぷっ!

長門「ふあ・・・!」

みくる「有希は本当に亀頭が弱いんでしゅねっ!あとで舌でぺろべろ舐めてあげるでしゅうっ!!
あふっ!それにしても有希のだぶるおちんぽ朝倉さんよりぃっ!?」

太いでしゅ!長いでしゅっ!有希りんのだぶるおちんぽっ!みくるのおまんことおしりがぎちゅぎちゅしてましゅうっ!
あひいっ!?はあんっ!はあんっ!ふたあなにおちんぽぉ!!だぶるおちんぽ入ってくるぅん!!

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:10:44.17 ID:bKfWARxpO

みくる「うふぅっ!朝倉さんはここまでの長さでしゅた・・・あんっ!でも有希りんのおちんぽはまだ全部収まっていましぇん!!
ここから先は未開発なおまんことおしりぃっ!!有希りんのだぶるおちんぽでしっかり開発してくだしゃいっ!!有希りんっ!思いっきりっ!思いっきりだぶるおちんぽでふたあな突いてぇっ!!」

長門「・・・!!」

有希りんが腰を思いっきり上に動かして根元までみゃああああああああっ!?

ビュクッ

みくる「ふああっ!?あひっ・・・ああっ??」

長門「!?」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:17:57.29 ID:bKfWARxpO

みくる「いひぃっ!?みくるびぃむ出しちゃったあんっ!!あんっ!しゅごいまだ出てるくふぅん!!みくるのみらくるみるくぅっ!!」

しゅごいれしゅ!しゅごいれしゅっ!
じゅっぽり有希りんのおちんぽ入れただけで、みくるいっちゃいましたはあんっ!!こんなのはじめてぇ!!

長門「・・・先になんてズルい。」

みくるのみるくまみれの有希りんがあひぃっ!?

みるく「らめえっ!らめらめぇっ!?今だぶるおちんぽ動かしちゃおまんことおしりがああああああんっっ!!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:28:41.03 ID:bKfWARxpO

暴れてますっ!暴れてます有希りんのだぶるおちんぽがおまんことおしりの中でっ!

みくる「こわれるうっ!こわれちゃうっ!!うわあああんっ!?」

長門「・・・壊してあげる」

そう呟やくと、ぬぷんっとふたあなからおちんぽを有希りんは抜きましゅたっ!いったい何をするつもりでしゅかっ!?ドキドキみくるっ!!

長門「・・・後ろを向いて」

みくる「あっ!?」

有希りんがみくるが四つん這いにしてっ!今度は有希りんがみくるを上からうちゅーレイプッ!?
さっきおまんこにはめたおちんぽをおしりにっ!?
そしておしりにはめたおちんぽをおまんこにひぃっ!!これぞだぶるおちんぽのっ!だぶるおちんぽのキワミッ!!
あああんっ!!先端がっ!有希りんのだぶるおちんぽのしぇんたんがみくるのふたちゅのいりぐちにぃっ!!

長門「・・・!!」

みくる「おふわはあっ!?」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:35:53.99 ID:bKfWARxpO

ぎちゅぎちゅ入ってっ!!みくるのふたあなに有希りんのだぶるおちんぽがぁっ!!

長門「・・・全部入れる」

みくる「いひぁっ!はあんっああああああああああっ!!」

はいりましゅたっ!根元までじゅっぽりいっ!!さっきの快感はきっとこれぇっ!!あはっ!奥の奥までふたあな突きまくってえんっ!
有希りんのっ!おちんぽでぇっ!有希りんがっ!がめんはしぃっ!ばあしゅとよんでっ!またはいるぅっ!ふわああああああああんっ!!

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:43:13.24 ID:bKfWARxpO

長門「・・・」

ぬぷんっ!!

みくる「やっ!やだあっ!?なんでっ!?なんで抜くの有希りんっ!?やだやだはやくふぅっ!!」

長門「・・・おしりとおまんこ」

みくる「!?」

長門「・・・ひとつだけ選んで」

まさかっ!まさか一つの穴にだぶるおちんぽをそーにゅーっ!?
そんな事しちゃったらっ!!しちゃったらみくるはホントにあたまくるくるぱーになっちゃいましゅっ!!

長門「・・・はやく決めて」

みくる「あう・・・どっちもほしい・・・れも・・・>>165がおまんこかおしりか決めてくらひゃいっ!!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:45:20.36 ID:gH/aFzAI0

両方

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:50:05.85 ID:bKfWARxpO

みくる「両方にぃっ!にだぶるおちんぽを、おまんことおしり交互に入れてかきまぜてくだしゃいっ!!」

長門「・・・まかせて、お尻からする」

ふたちゅのおちんぽを有希りんはみくるのお尻に・・・あっ!はいっ!あはあんっ!しゅ、しゅごしゅぎるうううううっ!?

入ってくるだぶるおちんぽおっ!?こんなのしゅごしゅぎるうっ!?こわれるっ!ホントに有希りんのうちゅーおちんぽでこわされちゃうっ!

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 11:56:41.89 ID:bKfWARxpO

みくる「有希りんしゅごいっ!うちゅーおちんぽがみくるのおしりの中でえっ!!ごりゅごりゅっ!!ごりゅごりゅ暴れてえええええんっ!?」

長門「あっ・・・んっ!」

みくる「有希りんっ!有希りんも気持ちいいんれふねっ!?あはっちゅきっ!だいちゅき有希りんっ!!もっといじめてええんっ!!みくるをだぶるうちゅーおちんぽでこわしまくるでしゅうううっ!!」

長門「んんっ・・・次はここに・・・!!」

みくる「はひんっ!おまんこっ!おまんこにもごりゅごりゅくだしゃいっ!
だぶるおちんぽでいやらしいみくるのとろとろおまんここわしてえっ!!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 12:50:04.47 ID:bKfWARxpO

有希りんのだぶるおちんぽがぐりゅりゅとみくるのおまんこにひぃっ!?

長門「んあっ!!」

みくる「あひわあああっ!?」


おしりもしゅごかったけど、おまんこはもっとしゅてきいっ!!あっ!?
だぶるおちんぽでごりゅごりゅおまんこの肉壁をいじめっこぉ!あはあんっ! ふたちゅの暴れん坊おちんぽ将軍がみくるのおまんこを成敗してましゅっ!はあんっ!おみごとっ!!

長門「ふぅっ・・・あっ・・・朝比奈みくる・・・!」

みくる「有希りんっ!!呼んでっ!もっとみくるの名前よんでぇっ!?」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 12:55:55.57 ID:bKfWARxpO

長門「みくる・・・みくるっ・・・!」

みくる「しゅごいしゅごいっ!さらにはげしくうっ!?あああんっ!ほんとにっ!ほんとにみくるのおまんこをこわすのですねっ!有希りんっ!
んはあっ!こんなに気持ちよかったらこわされてもいいっ!!こわしていいのぉ!!
有希りんっみくるをめちゃくちゃにこわしてえんっ!!はあんっ!!はあんっ!!はああああんっ!!」

長門「・・・みくる・・・あっ・・・みくるっ・・・」
有希りんのだぶるおちんぽがおまんこの中でびくんびくんっ!!
これはそろそろっ!?そろそろ有希りんのおせいしがっ!?

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:07:23.16 ID:bKfWARxpO

みくる「有希りんっ!有希りん出してっ!うちゅーみるく出してくだしゃいっ!!
だぶるおちんぽでふたちゅぶんのたっぷりこくまろみるくをっ!みくるにっ!みくるのおまんこの中にみるくをひいっ!!
あんっ!あんっ!うちゅーみるくっ!今からしきゅーにに有希りんのだぶるおちんぽうちゅーみるくぶっかけっ!!
きっとみくるはっ!このためにっ!有希りんのうちゅーみるくをしきゅーにぶっかけられるために生まれてきたのぉっ!!
あぁんっ!有希りんっ!有希りんっのその顔ちゅきいっ!だいちゅきいっ!!」

長門「みくるっ・・・!!」

みくる「よんでっ!みくるの名前っ!みくるの名前叫んでうちゅーみるくぅっ!しきゅーに向けてはっしゃよういんっ!? 」

長門「みくるっ!!」

ビュクッ

みくる「あひんっ!はあああああああんっ!!出てっ!出てるうちゅーみるくたっぷりとぉ!!
あひっ!あひいっ!しきゅーにぃひんっ!!
んはあっ!ぜんぶっ!有希りんっ!ぜんぶれしゅっ!有希りんのだぶるおちんぽみるくを残さずぜんぶみくるのおまんこにぶちまけてえんっ!!
はあんっ!はああああああああああああんっっ!?」

長門「ふっ・・・うっ・・・ああっ・・・みくる・・・!」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:13:34.04 ID:bKfWARxpO

有希りんっのだぶるおちんぽうちゅーみるくをしきゅーにぶちまけられながら、みくるもみらくるみるくびぃむをいっぱいいっぱい出してしまいましゅた!
みくるはうちゅーいちのしあわせもの・・・このじだいにこれてよかったれしゅ・・・

長門「朝比奈・・・みくる・・・はあっ・・・!」

有希りんが汁まみれのだぶるおちんぽをお口に向けましゅた。
そうれしゅた!有希りんは亀頭をペロペロされるのがだいしゅきでしたねっ!んちゅっ!!

長門「ふあっ・・・!」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:30:07.02 ID:bKfWARxpO

長門「あっ・・・あんんっ!」

みなさん聞いてくだしゃい!あの有希りんがっ!みくるの舌で感じちゃってますぅっ!
そんな声出されちゃったらみくるはますます有希りんのだぶるおちんぽおふぇらちおっ!んぶっ!んじゅるっ!
長門「はっ・・・はっ・・・朝比奈・・・みくる・・・」

みくる「!?」

有希りんは私のお口からだぶるおちんぽを離すと後ろを向いて・・・

長門「今度は・・・私を」

ふわわ有希りんっ!しゅごいしゅごいっ!!
全国一億人の長門有希ふぁんくらぶ会員が涙ながして拍手大喝采でしゅっ!!
有希りんが自分でおまんことおしりを開いておねだりしてまっしゅっ!!みくるのみらくるおちんぽぉ!!

こんなのみせられたら・・・こんな有希りんみせられたらっ!!おかしくなりましゅ!!
有希りんのおまんこもおしりもみらくるおちんぽでれいぷでしゅうううっ!!

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:41:25.94 ID:bKfWARxpO

古泉「・・・今度はみくるさんの番ですか。」

モニターの向こうで長門有希を肛虐し始めた朝比奈みくるを見て溜め息をついた。

古泉「・・・はやく終わって欲しい物です。」

さすが賢者タイムの超能力者はすげえ。
大量のティッシュにまみれた監視室で機関の一員はそう思った。

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:46:22.36 ID:bKfWARxpO

みくる「あはっあはあんっ!」

長門「はんっ・・・んんっ!」

しゅごい気持ちいいれすっ!もう何度みくるびぃむを発射したのかわかりませんっ!
有希りんのおまんことおしりに交互にみらくるおちんぽ出し入れぇ!!また出ちゃうみらくるみくるびぃむぅっ!!
有希りんもいっしょにうちゅーみるくっ!!ふたちゅのおちんぽからどぴゅどひゅでしゅっ!!

いっぱいでしゅ。みるくいっぱい・・・みるく・・・

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:51:09.83 ID:bKfWARxpO





長門「・・・起きて」

みくる「ふあ・・・わたし・・・いつのまに・・・」

あまりの快感に気絶していたみたいです。
長門さんは制服に着替えていました。そして私も。長門さんが着させてくれたのかな?

長門「・・・朝倉涼子に会ったのは?」

みくる「・・・82時間前だと思います。」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 13:57:16.75 ID:bKfWARxpO

みくる「復活した理由は不明ですが、放課後いきなり現れて・・・」

長門「・・・ではそこで貴方に接触する前に朝倉涼子を消滅させる。安定する世界は涼宮ハルヒと彼の純潔をまだ望んでいる。」

みくる「・・・はい。」

長門「TPDDによる時間移動を。」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 14:03:38.33 ID:bKfWARxpO

みくる「長門さん・・・一つお願いがあります。」

長門「・・・なに?」

みくる「終わったら・・・また・・・私と・・・」

長門「・・・」


長門有希さんの笑顔を、私はずっと忘れないでしょう。
安定を望む世界は、アダムとイヴの純潔をその時まで守りさえすればいいのだから。


私がりんご。長門さんは?

長門「・・・蛇。その時が来れば。」




強制終了

つかれたおはり

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/22(日) 14:08:31.53 ID:bKfWARxpO

エピローグ



鶴屋「み、みくるっ!ちょっと今はっ!」

みくる「全部知ってましゅ。生えてきたんでしゅよね?」

鶴屋「な、なんでその事ひうっ!?」

当たり前でしゅ!私が有希りんに頼んで今日の朝からふたなりおでこっ!めがっさみるくくらしゃいっ!!
おちんぽこすりつけにょろっ!!

鶴屋「みくるちゃんも・・・あんっ!?」

みくる「今日はいっぱい楽しむでしゅっ!!」


ホントにおはり寝る



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」