長門「まじ疲れた」 古泉「そうですか」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「楽して100万円稼げる話があったら…どうするかね?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:05:52.82 ID:lZm79PP70

長門「まじ、だりぃわ」

古泉「そうですか」

長門「涼宮うぜぇし」

古泉「そうですか」

長門「お前は、いいともに出てる客かよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:07:06.80 ID:lZm79PP70

長門「普段は制限されてて、本音とか喋れねーし」

古泉「そうですか」

長門「でも、何故かお前の前だと制御されねーの」

古泉「そうですか」

長門「なんでって父上に聞いたらさ」

古泉「ええ」

長門「『多分、古泉くん超能力者だから、色々狂っちゃってるんじゃないのかな(笑)』だとよ」

古泉「そうですか」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:08:20.38 ID:lZm79PP70

長門「(笑)じゃねーだろ、(笑)じゃ」

古泉「そうですか」

長門「全然、笑えねーだろ」

古泉「そうですか」

長門「何、お前、それしか喋れねーの?」

古泉「そういうわけではないのですが」

長門「じゃあ、何だよ」

古泉「普段、喋りたくもないのに、喋っているので、せめて今くらいは黙りたいです」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:09:33.25 ID:lZm79PP70

長門「何だよ、それ」

古泉「いえ、なんだよ、と言われましても……」

長門「お前はいつでも喋れるかもしれんが、私には今しか無いんだぞ?」

古泉「そうですか」

長門「家に帰ったら嫌でも黙れるだろうがよ!!!」


ハルヒ「こんにっちわー! ん? まだみくるちゃん来てないの?」

古泉「涼宮さん、こんにちは。朝比奈さんは、未だいらしていませんよ」

長門「…………」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:11:00.79 ID:lZm79PP70

ハルヒ「そう……。みくるちゃんと、ビラ配りに行こうかと思ってたんだけどなー」

古泉「彼は、どうなさったんですか?」

ハルヒ「ああ、キョンは掃除当番よ。サボらないで、ちゃんとやるなんて、律儀な男よね」

古泉「はは、そうですね」

ハルヒ「んー、どうしようかしら、……有希、一緒に行く?」

長門「…………」

ハルヒ「でもなあ、有希を危険な目に晒すわけにはいかないわよね」

長門「…………」

ハルヒ「楽しそうに読書してるし、やっぱりみくるちゃんと一緒に行くわ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:12:13.68 ID:lZm79PP70

ハルヒ「それじゃ、私、みくるちゃん迎えに行って来るわね」

古泉「分かりました。気を付けて」






長門「…………行ったか」

古泉「そうですね」

長門「一瞬、息が止まったかと思ったぞ」

古泉「そのまま止まっても宜しかったのに」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:13:26.55 ID:lZm79PP70

長門「そんなに私が嫌いか」

古泉「いえ、そういうわけでは」

長門「私がお前で、お前が私だったら良かったのに」

古泉「は?」

長門「だって、お前は喋るのが嫌なんだろ。そしたら、私の位置は適任だし……。
    私は喋りたいから、お前の位置が適任」

古泉「そうですか」

長門「なんだよ、その馬鹿にした目は」

古泉「いえ、別に」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:14:39.27 ID:lZm79PP70

長門「三年間楽しみにしてたんだぞ」

古泉「はあ」

長門「お母さんと一緒、とか、日本語であそぼ、とかすげー見てさ」

古泉「そうですか」

長門「あー、こんな風に話すのか、とか、こんな風に挨拶するのか、とか」

古泉「そうですか」

長門「実際は、どれも殆ど使う必要が無かったけど」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:15:51.74 ID:lZm79PP70

長門「最初、涼宮が部室に来たときさ」

古泉「ええ」

長門「めっちゃ高いテンションで『いらっしゃーい』って言ってやろうと思ったわけ」

古泉「三枝ですか」

長門「でも、できねーの。声がでねーの」

古泉「そうですか」

長門「哀しかったね、驚愕したよ。うなずくしかできねーの」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:17:06.46 ID:lZm79PP70

長門「そんなことってあるか? だったら、最初から言えよ。
    お前は無口キャラだから、って言えよ。そしたら、済む話だろ」

古泉「そうですね」

長門「三年間も、あんなに夢見てたのが、馬鹿みたいじゃねーか」

古泉「そうですね」

長門「それで、やっと喋れたと思ったら、相手はお前で相槌は虚ろ」

古泉「そうですね」

長門「もう、いっそジャンクになりたい……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:18:26.27 ID:lZm79PP70

長門「朝倉を消すんじゃなくて、朝倉に消されれば良かった」

古泉「そうですか」

長門「お前と喋ってても、非生産的だよな」

古泉「ええ」

長門「でも、喋らなきゃ気が済まないんだよ。迷惑かけて、ごめんね」

古泉「全くですね」


キョン「ちわー……って、二人だけか」

古泉「こんにちは」

長門「…………」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:19:41.28 ID:lZm79PP70

キョン「ハルヒはどうした? やけに、高いテンションだったが」

古泉「朝比奈さんと、ビラ配りに」

キョン「あいつは、また朝比奈さんを巻き込んで……」

古泉「まあ、すぐに戻ってくるでしょう」

キョン「そうだな。教師に止められるだろうしな」

長門「…………」

キョン「長門は、何を読んでるんだ?」

長門「本」

キョン「そ、そうか。面白いか?」

長門「ユニーク」

キョン「そうか…………」

長門「そう」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:20:59.09 ID:lZm79PP70

長門「…………」

古泉「オセロでも、やりますか」

キョン「お、そうだな」









ハルヒ「もー、なんなのよ、あの教師たちは!」

みくる「ふぇぇ」

古泉「おかえりなさい」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:22:12.06 ID:lZm79PP70

キョン「止められたのか。まあ、当たり前だがな」

ハルヒ「なんでよ! 私はただ部員勧誘をしただけよ!」

キョン「メイド姿で部員勧誘をする馬鹿がどこに居る」

ハルヒ「ここに居るじゃない!」

キョン「はあ」


長門「…………」

古泉「長門さん、まさか、羨ましいとか思ってます?」(ぼそ)

長門「!!」

古泉「ぷ」

みくる「ふぇぇ? な、何のお話ですかぁ? 古泉くんと、長門さん……」

古泉「いえ、読んでる本は面白いですか、と聞いていただけです」

みくる「そ、そうですかぁ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:23:25.22 ID:lZm79PP70

ハルヒ「それじゃ、皆、気を付けて帰るのよ! ほら、みくるちゃんにキョン、行くわよ!」

みくる「ふぇぇ、だ、抱きつかないでぇぇ」

キョン「こら、ハルヒ。朝比奈さんが困ってるだろ。じゃあな、古泉に長門」

古泉「ええ、さようなら」

長門「…………」





長門「さっきのあれは何だよ」

古泉「何ですか」

長門「羨ましいとか思ってます、ってやつだよ」

古泉「ああ。いえ、あなたが、あまりにも凝視してるものですから」

長門「ふーん」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:24:37.90 ID:lZm79PP70

古泉「あの時の、あなたの驚いた顔と言ったら……」

長門「ぷ、とか言ってたな、お前」

古泉「……なんで、笑ってるんですか」

長門「は?」

古泉「あなたのことだから、てっきり怒るとばかり思ってたのに」

長門「なんでだよ」

古泉「なんでって……」

長門「いままで相槌に『そうですね』とか『そうですか』とか素っ気無い返事ばっかりしてた奴が、
    ちょっかいみたいなの出してきて、しかも、今は逆に、私が相槌を打つ立場みたいになってたぞ」

古泉「…………」

長門「少しは生産的になったなと思って、笑ってたんだよ。じゃあ、私、こっちだから」

古泉「…………」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:25:53.90 ID:lZm79PP70

古泉「…………」

森「どうしたの、古泉。浮かない顔してるわよ?」

古泉「いえ、別に」

森「……そう」

古泉「喋るのって、煩わしいです」

森「古泉?」

古泉「僕は、そう思えていますよね?」

森「…………」

古泉「僕は、任務だから仕方なくあの場に居るだけで、本心から楽しんでいるわけじゃない」

森「…………」

古泉「僕が楽しそうにしてても、それはそういう演技をしているだけで……」

森「そうね、そうよ。分かってるわ、ちゃんと」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:27:07.13 ID:lZm79PP70

長門「けーいけんちー、じょうしょーう、みててー」

古泉「…………」

長門「ん。お前が、昼休みに部室に来るなんて、珍しいな」

古泉「…………」

長門「何か、あったのか?」

古泉「別に」


女子1「古泉くん、どこ行ったのかなー?」

女子2「お弁当食べてもらおうと思ったのにぃ」



長門「モテモテだな、一樹くん」

古泉「…………」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:28:20.68 ID:lZm79PP70

長門「弁当くらい一緒に食べてやれよ」

古泉「嫌です」

長門「でも、ここに居ても、私から延々と会話を振られる刑に処されるぞ?」

古泉「あの女子達と一緒に食べるよりは、随分マシです」

長門「ふーん」

古泉「…………」

長門「でも、お前、昨日までは、女子たちに弁当貰って食ってたくせに」

古泉「見てらしたんですか」

長門「いや、ってか、長門さん宇宙人だから、何でも分かるよ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:29:39.27 ID:lZm79PP70

古泉「もう、愛想笑いするのも疲れてきたんです。それだけです」

長門「ふーん。で、ご飯は?」

古泉「要りません」

長門「成長盛りなのに、要らないなんてことはないだろ」

古泉「食欲が、ありません」

長門「放課後絶対腹減るぞ?」

古泉「大丈夫です。僕は少し寝るので、返事が無くても気にしないで下さい」

長門「それは、私に独り言を延々と喋ってろ、ってことか」

古泉「どうせ、普段からそんな感じじゃないですか」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:30:52.39 ID:lZm79PP70

長門「お前がちゃんとした返事をしてくれれば、
    普段のあれは、独り言じゃなくてちゃんとした会話になってる筈なんだけどな」

古泉「…………」

長門「本当に寝たのか……」

古泉「…………」

長門「……じゃあ、独り言でも言うか」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:33:53.26 ID:lZm79PP70

長門「お前は、うっとおしいとしか思ってないのかもしれないけど、
    私は純粋に羨ましいよ、あの女子二人が」

古泉「…………」

長門「格好良いと思う人に弁当を作ってやって、受け取ってもらえただけで喜んで、
    騒いだりして、その日一日浮かれたりとかするのは、私には許されてないから」

古泉「…………」

長門「たったそれだけのことで、っていっても本人たちにとっては、たったそれだけのこと、
    じゃないんだろうけど、でも、何気ない日常の一コマに一喜一憂出来るのが、すごく羨ましい」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:36:16.22 ID:lZm79PP70

長門「お前、昨日からかってきたじゃん。キョンと涼宮の会話を凝視する私に、
    『羨ましいんですか』って言ってきたじゃん」

古泉「…………」

長門「その通りだよ。羨ましかった。喉から手が出るくらいに羨ましかった」

古泉「…………」

長門「涼宮のこと、うざいとか言ってたけど、本当はそんなこと思ってない。
    ただの嫉妬なんだ。……滅茶苦茶な行動をすることが許されて、
    そして、それをやんわり咎める人が居る。そんな涼宮が、羨ましかった」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:40:28.95 ID:lZm79PP70

長門「もし私がお前の立場に立ったら、こんなことは思わないかもしれない。
    愛想笑いとかきついな、って思うだろうし、言葉も大嫌いになるかもしれない」

長門「でも、愛想笑いも、言葉の使用も殆ど許されていない長門有希としては、
    古泉一樹の立ち位置は、とても輝いてみえるよ」

長門「私も、しょうもない一言に愛想笑いをしてみたい。馬鹿みたいなことで笑い転げたり、
    他愛のない世間話をしたり、自由に言葉を使いたい」

長門「……普通の女の子になりたかった」


キーンコーンカーンコーン


長門「予鈴……もう、そんな時間か。ってか、結局こいつずっと寝てたな……」

古泉「…………」

長門「ほら、もう、予鈴鳴ったぞ。授業はじまるから起きろ」

古泉「…………」

長門「私、次移動教室で急がないといけないから、もう行くからな。
    ちゃんと起こしたからな。放課後、ぐちぐち言うなよ。じゃあ」

古泉「…………」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:42:44.96 ID:lZm79PP70

古泉「…………」

古泉「……僕は、何も聞いてない」

古泉「……僕は、何も……」

古泉「…………」








古泉「こんにちは」

ハルヒ「こんにちわ! ねえ、有希知らない?」

古泉「いえ、知りませんが……どうかしたんですか?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:45:27.30 ID:lZm79PP70

ハルヒ「そう……ううん、別に何もないんだけどさ、有希のクラスってもう終わってるのよ。
     それなのに、まだ来てないなんておかしいじゃない? あの子、いつも一番乗りだし……」

古泉「コンピ研に出向いているのでは?」

ハルヒ「居なかったわ。部長が有希を隠し持ってる様子もなかったし」

キョン「図書館にでも行ったんだろうさ。ハルヒ、考えすぎだ」

ハルヒ「でも……」

古泉「もし、五時になっても部活に来ないようでしたら、探しに行きましょう」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:47:44.10 ID:lZm79PP70

みくる「こ、こんにちわぁ」

ハルヒ「あ、みくるちゃん、有希見なかった?」

みくる「見てないですけど……どうかしたんですかぁ?」

ハルヒ「ううん、まだ何かあったってわけじゃないんだけど……」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:49:24.83 ID:lZm79PP70

ハルヒ「あと、五分で五時になるわね……」

みくる「どうしたんでしょうかぁ」

キョン「流石に、心配になってきたな」

古泉「…………」

ハルヒ「やっぱり、もう探しに行きましょう!」


長門「…………」


ハルヒ「有希! ……どうしたの、その怪我」

長門「転倒した」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:51:31.03 ID:lZm79PP70

ハルヒ「でも、ほっぺただけ怪我するなんて……」

長門「…………」

ハルヒ「保健室には行ったの?」

長門「かすり傷だから、大丈夫」

みくる「でも、黴菌が入ったら大変ですよぅ……」

ハルヒ「そうよ! 保健室に行ってきた方が……」

長門「保健室の教員は、今日出張で居ない」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:55:00.74 ID:lZm79PP70

長門「本当に、かすり傷だから大丈夫。命に別状は無い」

ハルヒ「そう? そこまで言うなら、いいけど……」

みくる「あ、私、絆創膏持ってますよ。はい、長門さん」

長門「この程度の傷は、絆創膏を使用しない方が、治癒は早い」

キョン「…………」

古泉「…………」

ハルヒ「それじゃあ、有希も来たことだし、本日の部活はここまでにしましょう!
     家に帰ったら、ちゃんと消毒するのよ? いい?」

長門「…………」こくん

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:57:01.60 ID:lZm79PP70

ハルヒ「それじゃ、古泉くん、ちゃんと有希を見送るのよ!」

古泉「ええ、長門さんが転びそうになっても、きちんと助けます」

キョン「長門も、そう何度も転ばんだろうがな」

みくる「それじゃあ、気をつけてくださいねぇ」

長門「…………」




古泉「それ、本当に転んだんですか」

長門「そうだよ。びっくりした。まさか、あんなところにバナナの皮があるとは」

古泉「嘘吐いてませんか」

長門「ぷ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 15:59:05.10 ID:lZm79PP70

古泉「何で笑うんですか。僕は真面目に聞いているんです」

長門「ふーん」

古泉「何ですか、その態度は」

長門「あんなに関心無さげだったのに、ここまで心配してくれるとはなぁ、と思って」

古泉「別に、あなたの心配をしてるわけじゃありません。
    ただ、あなたが部活に遅れたことによって、涼宮さんの精神は大きく乱されました。
    閉鎖空間が発生しなかったのがおかしいくらいです」

長門「つまり、私じゃなくて、涼宮の心配をしていると?」

古泉「そういうことです」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:02:46.23 ID:lZm79PP70

長門「だったら、お前の懸念するようなことは何もないよ。明日はちゃんと時間通りに来る。
    二度も、バナナの皮で転んだりはしないだろうしな」

古泉「…………」

長門「何だよ、その沈黙は」

古泉「仮にバナナの皮に転んだとしても、かすり傷程度なら、簡単に治癒出来るでしょう?」

長門「…………」

古泉「そもそも、あなたがバナナの皮に転ぶことが有りえない」

長門「…………」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:06:11.01 ID:lZm79PP70

長門「お前ってそういうところあるよな。推理癖、って言うの? コナンくんみたいなさ」

古泉「結構、核心をついている推理だと思うんですがね」

長門「いや、全く思わないな。それじゃ、私こっちだから」

古泉「待って下さい。もう少し話をしましょう」

長門「普段はそんなこと言わないのに、今日はやけに大胆ですね、一樹くん」

古泉「茶化そうとしたって無駄です」

長門「……別に、私は話したっていいけどさ、古泉くんは良いのかなー?」

古泉「何ですか」

長門「ここまで来ちゃうと、もう古泉くん言い訳出来なくなると思うんだよね」

古泉「…………」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:09:43.05 ID:lZm79PP70

長門「僕が普段笑ってるのも、任務だからしょうがなく、とか思ってるんだろ」

古泉「…………」

長門「涼宮や朝比奈やキョンに笑いかけてるのも、心の底から笑ってるわけじゃなくて、
    任務だからしょうがなく笑いかけてるだけなんだろ」

古泉「…………」

長門「弁当を作ってくれた女子たちに対しても、だ。
    涼宮の望むイメージを気にしなければ、すぐに蹴散らすことが出来るのに、と考えてる」

古泉「…………」

長門「お前は、全部を涼宮のせいにして、そして自分は被害者面しようとしている。
    いいさいいさ、別にそれを咎めようと思ってるわけじゃない。
    お前は可哀想な被害者だよ、戦いたくもないのに戦って、欲しくもないのに力を授かって」

古泉「…………」

長門「いいか。お前が今やろうとしていることは、任務外の行動だ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:12:28.86 ID:lZm79PP70

長門「もし、これ以上私に何か深く問い続けるんなら、お前はもう被害者面は出来ない」

古泉「…………」

長門「もっとも、問い続けられても困るんだけどな。
    私が持ってる真実は、バナナの皮に転んだ、というそれだけのことなのに、
    お前は信じないだろ? どうどうめぐりだ」

古泉「…………」

長門「分かったら、この手を離してくれないか」

古泉「…………」

長門「ん。それじゃ、また明日ねー」

古泉「…………」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:14:51.77 ID:lZm79PP70

古泉「…………」

古泉(……全部、長門さんの言う通りだ……)

古泉(僕は、被害者面をして……)



キョン「よお、古泉」

古泉「…………」

キョン「ちょっと、話したいことがあってな。待ち伏せさせて貰ったぞ」

古泉「…………」

キョン「言っておくけど、俺の行為を咎める権利を、お前は持ってないからな。
     お前も前に似たようなことを、俺にしたしな」

古泉「別に咎めたりはしませんよ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:18:20.64 ID:lZm79PP70

キョン「それで、話なんだが……長門のことなんだ」

古泉「ええ」

キョン「おかしいと思わないか、あの怪我」

古泉「本人は、転んだと仰っていましたが」

キョン「有り得ないだろ。長門が転ぶか?」

古泉「分かりませんよ。転ぶかもしれません」

キョン「俺は、もっと別の何かだと思うんだが……」

古泉「それじゃあ、何だって言うんですか」

キョン「喧嘩、とかな」

古泉「喧嘩ですか?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:22:38.81 ID:lZm79PP70

古泉「僕には、転ぶよりも、長門さんが喧嘩する方が有り得ないことだと思うのですが」

キョン「勿論、長門から吹っ掛けた喧嘩は有り得ないだろう。
     だが、仮に長門が吹っ掛けられた側だったとしたら?」

古泉「それにしたって、どうして長門さんが……」

キョン「SOS団の行動を良く思ってない輩は沢山居るからな。
     ……一番大人しそうな長門が狙われるのは、おかしな話じゃない」

古泉「…………」

キョン「まあ、全部仮の話だけどな。とりあえず、お前に言っておこうと思ったんだ。
     もし、長門が暴力を振るわれてるところを見たら、助けてやってくれ」

古泉「わざわざ、それを仰りに来たんですか」

キョン「ああ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:25:00.57 ID:lZm79PP70

古泉「そんなことわざわざ言われなくても、長門さんが暴力を振るわれて居たら僕は」

キョン「助けるか?」

古泉「勿論です」

キョン「そうかい。まあ、いいさ。とにかく、そういうわけだから」

古泉「……助けないと思ったんですか?」

キョン「…………」

古泉「僕が、長門さんを助けないと思ったんですね?」

キョン「別に、そういうわけじゃない。ただ、なんとなく、な」

古泉「…………」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:27:11.55 ID:lZm79PP70

古泉(…………彼には、ああ言ったけれど……)

古泉(もし、仮に長門さんが暴力を振るわれているところを見たら、僕は助けるだろうか)

古泉(助けたとして、きっと言い訳をする筈だ)


長門『お前は可哀想な被害者だよ』


古泉(………僕が、求めているのは同情なのか?)

古泉(そもそも、僕は何かを求めているのか?)

古泉(わからない……わからない……)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:30:07.54 ID:lZm79PP70

女子1「古泉くーん、あれ? 今日も居ないのかな?」

女子2「昨日も、昼休みすぐに居なくなったよね?」

女子1「うー、お弁当作ってきたのにー……」

女子2「トイレに行ってるだけかもよ? すぐに戻ってくるって!」

女子1「古泉くんは、トイレなんか行かないもん!」

女子2「あはは、そっか」




古泉(…………彼女たちから逃げるのは、被害者面をしたいからなのだろうか……)

古泉(僕は、本当は疎ましいとは思っていないのかも……)

古泉(予防線が欲しいだけで……)


古泉「こんにちは……あれ」

古泉「いつもなら、長門さんが居るのに……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:33:49.65 ID:lZm79PP70

古泉「おかしい……昼休みに、長門さんが居ないなんて……」

キョン『SOS団の行動を良く思ってない輩は沢山居るからな。
     ……一番大人しそうな長門が狙われるのは、おかしな話じゃない』

古泉「……まさか、本当に……」


古泉(そうだとして、助けに行ってどうかなるんだろうか……)

古泉(長門さんは、宇宙人だし、僕なんかが探しに行かなくても……)

古泉(…………)

古泉(……でも、長門さんは、普通の女の子になりたいって言ってた……)

古泉(…………もし、長門さんが普通の女の子だったら、僕は……)

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:36:56.99 ID:lZm79PP70









長門「こんにちは、一樹くん」

古泉「こんにちは」

長門「ちゃんと時間通りに来ただろ? 遅れてないだろ?」

古泉「そうですね」

長門「ったく、昨日は本当にアクシデントがあっただけなんだからな」

古泉「でも……」

古泉(……昼休み、ここに居なかったじゃないですか、なんて僕に聞く権利があるのか)

古泉(捜しに行かなかったくせに……)

古泉(結局、ずっと捜しに行かずに、ここでぼーっとしてたくせに……)

長門「何だよ」

古泉「いえ、別に……」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:40:13.98 ID:lZm79PP70

ハルヒ「こんにちは!」

古泉「こんにちは、涼宮さん。上機嫌ですね」

ハルヒ「ふふん。みくるちゃんに着せる新しい衣装を買ったのよ!
     それに、今日はちゃんと有希も遅れずに来てるしね!」

有希「…………」

キョン「おい、朝比奈さんに何を着せるつもりだ」

ハルヒ「内緒よ、内緒。見るまでのお楽しみ!」

キョン「……袋から少し出ているそれは、もしかして鞭じゃないのか?」

古泉「ははは」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:43:50.42 ID:lZm79PP70

ハルヒ「今度は、有希にも、何か買ってあげるからね!」

キョン「長門まで巻き込むな!」

ハルヒ「何よ! 団長は私なんだから、あんたみたいなただの団員に発言権は無いわよ!
     ねー、有希。有希だって、洋服着たいわよねー…………ん? 有希、ここ青痣になってるわよ」

長門「ぶつけた」

ハルヒ「本当に? 痛そうだわ……。ってか、有希、昨日から怪我してばっかりじゃない?」

長門「花粉症」

ハルヒ「そうなの? それで、視界が定まらないの?」

長門「そう」

ハルヒ「花粉症って大変なのね……」


キョン「…………」

古泉「…………」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:46:09.02 ID:lZm79PP70

ハルヒ「それじゃ、みくるちゃんの女王様姿も見れたことだし、今日の活動はここまでよ!」

みくる「ふぇぇええ」

ハルヒ「私とみくるちゃんは後から帰るから、三人は先に帰ってて良いわよ!
     有希が転ばないように、ちゃんと見張っておいてね! それじゃ!」

キョン「ご愁傷様です、朝比奈さん」

古泉「さようなら」

長門「…………」



キョン「時に、長門さん」

長門「何」

キョン「宇宙人というのは、花粉症になるものなのか?」

長門「種類によっては」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:52:43.90 ID:lZm79PP70

キョン「その割には、目も鼻も赤くないが……」

長門「外部から見て分かるほどの症状は出ない」

キョン「そうかい。それじゃ、今も辛くて辛くて堪らないのかい」

長門「そう」

古泉「…………」

キョン「長門、何か隠して無いか?」

長門「何か、とは」

キョン「いやな、お前がそう簡単に怪我をしたりするとは思えないんだ」

長門「…………」

キョン「仮に怪我をしたとしても、お前ならすぐに治せるだろ、情報操作とやらで」

長門「こんなことにいちいち情報操作は使わない」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:54:56.75 ID:lZm79PP70

キョン「そりゃ、そうだろうが……」

長門「信じて」

キョン「そうは言われても……」

長門「信じて」

古泉「…………」

キョン「分かった。とりあえず、今は信じる。だが、何かあったら言えよ?」

長門「…………」こくり

キョン「それじゃ、俺はこっちだから。古泉、長門を頼むな」

古泉「ええ、分かりました」

長門「…………」

キョン「それじゃあな、長門。花粉症対策には、甜茶とか言うお茶が利くらしいぞ」

長門「頭に入れておく」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 16:58:35.99 ID:lZm79PP70

長門「心配性が多いな、SOS団は」

古泉「…………」

長門「はは、何も言わないか」

古泉「…………」

長門「ごめんね、ずっと迷惑だったよな」

古泉「…………」

長門「もう、お前に話しかけるのも今日で終わりにする」

古泉「…………」

長門「昨日は、お前の気持ちも考えないで、色々言っちゃってごめんね」

古泉「…………」

長門「本当は、あんなこと思ってなかったし、言うつもりもなかった。
    ただ、あまりにもしつこかったから、ちょっと勘に障っただけで……。
    お前は、すごい頑張ってると思うよ」

古泉「…………」

長門「それじゃ、私はこっちだから。じゃあね」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:00:23.99 ID:lZm79PP70

古泉(……結局、何も言えなかった……)

古泉(曖昧な相槌さえ打てなかった…………)

古泉(長門さんは、ああ言ったけど、僕は全然頑張っていない……)

古泉(頑張っていないことに気付いているのに、頑張ろうとすらしない)

古泉「…………馬鹿みたいだ」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:05:13.07 ID:lZm79PP70

古泉「…………」

女子1「うー、窓の外を見てるだけなのに、凄い絵になってる!」

女子3「あんたは本当に古泉くんが好きなのね」

女子1「3ちゃんも、古泉くんのこと格好良いって言ってたじゃん!」

女子3「格好良いとは思うけどね」

古泉「…………」

古泉(今日も、昼休みは部室に行くか……)

古泉(今日は、長門さん居るかな……)

古泉「ん……?」


古泉(あれは、長門さんと、……男が三人?)

古泉(…………一体……)

キーンコーンカーンコーン

古泉(……今から授業がはじまるのに、一体どこに……)

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:08:51.50 ID:lZm79PP70

中野「というわけで、Xにここの式を代入して求める」

古泉(……もう、五分経った……)

古泉(…………まさか………)

古泉(あの男子三人に、長門さんは……)

古泉(…………痣、痛そうだった)

古泉(頬のかすり傷も、痛々しかった……)

長門『ごめんね、ずっと迷惑だったよな』

古泉(…………違う……)

古泉(僕は、迷惑になんて思っていなかった……)

古泉(僕は……………)

古泉「すみません、先生。トイレに行ってきてもいいですか」

中野「お、珍しいな。急いで帰って来いよ」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:11:52.07 ID:lZm79PP70

古泉「確か、体育倉庫の中に入っていった筈……」



男子1「ムカつくんだよ、おめぇ!」

男子2「大人しいくせに、しゃしゃってんじゃねぇぞ!」

長門「…………」

男子3「おい、顔はやめとけよ。涼宮にバレるだろ」

男子1「別に、殴ろうが何しようが、元々殴られたような顔してるんだから、良いだろ」





古泉(居た……!)

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:13:57.65 ID:lZm79PP70

古泉(相手は三人、しかもバットを持ってる……)

古泉(僕が、出て行ったところで、どうにもならないかもしれない)



男子1「おい、何か喋れよ!」

長門「…………」

男子2「無理だよ、1。だって、こいつ、言語障害だもん。何も喋れねーって」

男子3「おい、そんな本当のこと言ってやるなよ!」

男子1「ぎゃはははは! 言語障害だけじゃなくて、顔の筋肉も未発達だよなァ!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:18:45.78 ID:lZm79PP70

男子1「俺の彼女が、愛想良くお前に話しかけてやった時も、お前は無愛想だったもんなァ!」ドガッ

長門「…………」

男子1「痛覚もおかしいのかァ? 呻きもしねぇじゃねェか。つまんねー」

男子2「たすけて、とかも言わねぇしな! こいつ、人間じゃねーよ」

長門「…………」

男子3「おー、怖怖。何考えてるのか分かんない目で、睨まれたあ!」

男子1「睨まれた? こいつ、睨んだのか? 顔の筋肉未発達なのに?」

男子2「お前、それ貴重だって! カメラか何かに撮っておけば良かったのに」

長門「…………」





古泉(…………本当は、笑いたかった筈だ……)

古泉(話しかけられた時に、長門さんは本当は笑って答えたかった筈……)

古泉(でも、出来なかった。制御をされているから……それなのに……)

古泉(それなのに、こいつらは……!!!)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:22:01.23 ID:lZm79PP70

男子1「長門さァん。呻き方を教えてあげるよォ。感謝しろよナ」

男子2「流石にバットで殴られたら、お前も堪ったもんじゃねぇだろ」

男子3「ぎゃはははははは!!!」

長門「…………」

古泉「そこまでですよ!」

男子1「ん? なんだァ? ……お前、古泉じゃねェか」

長門「!!」

男子1「おうおう、優等生はちゃんと授業に出てろよ。先生が泣いてるぞォ?」

男子2「くきゃきゃ。そこまでですよ、だとよ」

男子3「そこまでなのは、明らかにお前だろ!!!」ドガッ

古泉「うっ…………」

男子2「弱っ、女の子の長門ですら、呻き声を上げなかったのに!!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:27:26.99 ID:lZm79PP70

男子3「馬鹿。女の子じゃねぇだろ。こいつは、人間ですらない」

男子2「そうだったぁ。あはははははは」

古泉「うるさい!!!」

長門「…………」

古泉「長門さんは、ちゃんと人間だ!! お前らに何が分かる!
    顔の筋肉も自由に動かせて、言葉を自由に操ることも出来るお前らに、何が分かる!
    長門さんは、誰よりも触れ合いを求めていたのに、それなのに、それを言うことが出来なかった。
    それを伝えることが出来なかった。その苦しさを、ちゃんと分かってるのかよ!」

男子2「……ぷ、何こいつ」

男子3「お前らにっ何が分かるっ、だってよ! ぐはははは」

男子1「おいおい。マジかよォ。女子どもが騒いでる『古泉くん』ってのは、こんな奴だったのかよ」

男子2「ぼこしてやろーぜ! その綺麗な顔を、ぶっ潰してやるよ!」

男子3「おい、あんまりすると涼宮がうるせぇから、ほどほどにしろよ」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:32:53.06 ID:lZm79PP70

長門「古泉一樹、何故……」

古泉「長門さん、仰ってたじゃないですか。普通の女の子になりたい、って……。
    あんなこと言われて、そしてこんな場面を見て、無視出来るわけないじゃないですか。
    ……僕、本当は嬉しかったんです。楽しかったんです。
    SOS団での活動を、楽しく思っていました。……そんな自分に気付きたくありませんでした」

長門「…………」

古泉「長門さんに言われて、やっと向き合うことが出来たんです。
    僕は被害者ぶってるだけでした。長門さんの言うとおりです。
    ……長門さんとの会話も、本当は楽しかったですよ」

男子1「なァに、ごちゃごちゃ喋ってるのかなァ?」

長門「駄目……あなたは逃げて……」

古泉「普通の女の子だったら、こういう場合は黙って守られておくものですよ」

男子2「格好付けたこと言ってるけど、おめぇ弱いじゃん!!!」

男子3「折角良い雰囲気だったのに、そんな本当のこと言ってやるなよ、2!」

男子2・3「ぎゃははははは」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:36:57.83 ID:lZm79PP70

男子1「それじゃあ、遠慮なくボコらせてもらおうかねぇ、古泉くん?」




ハルヒ「そこまでよ!!!」




男子2「な……涼宮、なんで……」

体育教師「コラ、お前ら何してるんだ!」

男子3「げっ、ゴリまで……」

体育教師「お前ら三人ともこっち来い」

男子1「せ、先生、僕たち遊んでただけで……」

体育教師「お前の右手に握ってあるバットは何だ?」

男子1「そ、それは……」

体育教師「こいつらは俺が説教するから、お前らは授業に戻れ」

涼宮「分かりました。それじゃ、古泉くん、有希、授業に戻るわよ!」

古泉「…………」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:43:23.12 ID:lZm79PP70

ハルヒ「ひゃー、あの三人、きっと相当ボコされるわよ。ゴリだもの。
     でも、当然よねぇ。有希をいじめてたんだもの!」

古泉「どうして、ここが分かったんですか?」

ハルヒ「古泉くんが走っていくのが、丁度見えたのよ。
     私の授業、いま丁度自習だったから、何かなって思って捜してたら、
     男子三人と古泉くんと有希が居て、あんなことになってたから……」

長門「…………」

ハルヒ「とりあえず、私一人じゃ太刀打ちは出来ないと思ったから、ゴリを連れて来たの!
     ごめんね、遅くなって。怪我してない?」

古泉「僕は大したことありませんが、長門さんが……」

長門「損傷は少ない」

ハルヒ「駄目よ! ちゃんと保健室に行かなきゃ! 今日は出張じゃないでしょ」

長門「…………」

古泉「保健室には、僕と長門さんが二人で行きますよ。ちゃんと送ります。
    涼宮さんは、教室に戻られて下さい。彼も心配しているでしょうから」

ハルヒ「キョンなら、ぐーすか寝てたけど……ま、そうね。じゃ、任せたわよ!」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:45:53.93 ID:lZm79PP70

長門「待って、涼宮ハルヒ」

ハルヒ「ん?」

長門「……ありがとう」

古泉「…………」

ハルヒ「団長が団員を守るのは、当たり前でしょ?
     今度また何かあったら、ちゃんと言うのよ? 有希は、可愛い可愛い団員なんだからね!」

長門「分かった」

古泉「…………」




長門「…………」

古泉「…………」

長門「まさか、お前が助けに来るとは思わなかった……」

古泉「僕も、自分が助けに行くとは思いませんでした」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:49:48.12 ID:lZm79PP70

長門「ふ、お前凄かったな。長門さんの苦しみが分かるのか! とか言って」

古泉「…………」

長門「ごめん、茶化すことじゃなかった。だから、そんな目で見るなよ」

古泉「なんで、情報操作をしなかったんですか」

長門「…………」

古泉「情報操作をしていれば、一発だったでしょう」

長門「…………普通の女の子だったら、情報操作とか出来ないじゃんか」

古泉「…………」

長門「殴られるのとかも、殴られっぱなしだろ? だから、ちょっと甘んじてみた」

古泉「…………」

長門「でも、殴られても普通の女の子じゃなかったなー。呻き声一つ上げなかったもん。
    というか、制御されてて上げれなかったんだけどねー」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:53:33.03 ID:lZm79PP70

長門「だから、その……嬉しかったよ。お前が、色々言ってくれて」

古泉「そうですか」

長門「涼宮にも、感謝が言えて良かった」

古泉「そうですね」

長門「お前も、ありがとう。格好良かったよ、一樹くーん」

古泉「そういうの、やめませんか」

長門「…………」

古泉「僕、長門さんとお友達になりたいです。ただの、茶化し相手とかじゃなくて……。
    お友達になりたいです」

長門「…………」

古泉「駄目ですか?」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/11(水) 17:56:08.56 ID:lZm79PP70

長門「……よろしく、古泉くん」

古泉「ええ、よろしくお願いします」

長門「……なんだか、照れくさいな」

古泉「そうですね。いざ、友達と定義すると……」

長門「友達って何を喋るんだろうな」

古泉「率直に、いま思ってることを喋れば良いんじゃないでしょうか」

長門「そうか……」

古泉「ええ……」

長門「まじ疲れた」

古泉「そうですか」

                                      (完)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン子「なんだ、こけたのか。ほら、ハンカチつかえよ」