鶴屋「キョン君、お願いがあるんだけど…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ASKAが精神汚染されていたあげく警察に捕まった……」

ツイート

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/09(月) 23:29:52.03 ID:tPmtYjumO

 八月。この漢字にすると二文字の時期には、悪い印象しか残ってない。
 去年の終わらない夏休み事件。あれには参った。
 いや、長門以外は記憶まで戻されていた為、実際には精神面に害は無かったわけだが。

 話は変わるが、夏と言えば何だろうか?
 スイカ、海、花火、そして祭り。
 祭りなんざ夏以外にもある行事だが、やはり夏祭りは別格だと思う。
 何故かって?


「うん? どうかしたかいっ?」

 それは、目の前に居る女性を見れば分かる事だ。

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/09(月) 23:42:32.32 ID:tPmtYjumO

 時は数時間程さかのぼり、俺の携帯にメールが入ったところから始まる。


 ――俺は自分の部屋で、学生に課せられた義務であり、学生が最も嫌う物。
 所謂夏休みの宿題と向き合っていた。
 扇風機から送られてくるのは緩い風。焼け石に水とはこの事だろう。

 本より乗り気でない行為ではあったが、この暑さのお陰で更にやる気など湧き上がる
はずもない。
 ノートの上に転がされたままのペンを見て、肺から空気を追い出す。

「…あっついな、しかし」

 声に出して呟くと、より蒸し暑さを感じられた。

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:24:14.77 ID:Cg2/qTIQO

>>336

 もはや、これ以上作業を進めるのは無理だと悟り、床に身を任せる。
 まだ八月に入ったばかりだ。大丈夫だろ。
 そう自分に言い聞かせ、安易な現実逃避に走ったところで、携帯の着信音が耳に届い
た。

「ん? メールか」

 グダグダと起き上がり、ベッドに置いていた携帯を手に取る。
 ディスプレイに表示されている名前を見て、またもや溜め息。

「ハルヒの奴、今年は何をさせようってんだ…」

 件名は無しか。本文は…

『本日の夏祭りはSOS団総出で参加よ!!』

 そうか、祭りか。バイトの誘いなんかじゃなくてホッとしたぞ。
 去年は色々と強制参加させられたが、今夏はこれが初めてのイベントだ。
 あいつも、少しは大人しくなったって証拠だろうか?
 ああ、でも、お決まりの団活は日常的に行われてはいるな。

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:26:05.13 ID:Cg2/qTIQO

 送られてきたメールは、先程述べたように簡潔なものだった為、すぐさま返信してや
る。
 集合時間を曖昧にされると、毎度お馴染みの罰金刑を宣告されちまう。

「…それが狙いか?」

 あいつもそこまで性悪ではないと信じたいが、念の為メールが返ってくる度に確認し
てると、『しつこい! 死ね!』とやりとりを終了させられちまった。
 『生きる!』とだけ打って返信を送り、携帯をベッドに放り投げた。

 しばらく投げた携帯を見つめていたが、それ以降着信は無く、気分転換でもと思い、
CDプレイヤーを取り出す。
 暑い中で聴いてみるのも一興だろ。

「……ダメだ、セミの鳴き声のほうが耳に響きやがる」

 窓を閉め切っても、あれほどうるさいのは何故だろう、何故だろう。

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:27:28.69 ID:Cg2/qTIQO


 ――夕方。
 出掛けるところを妹に見つかり、直感的に急いで玄関を出ようとしたが、それを見た
妹は足に掴まって阻止する。
 妖怪『つれてって』と格闘する事五分。
 今度プールに連れて行く事を約束し、ようやく家を出る事に成功した。
 これはもう、遅刻を覚悟するしかないだろう。
 自転車に跨り、通学で鍛えられた脚力で、出せる限りの速度で現地に向かった。


 ――数十分後、すっかり日の落ちた、出店の立ち並ぶ祭り会場に着いたが、誰も来ていない。
 集合時間の十分前なのにだ。
 もう中を見て歩いているのか?

「おっと」

 人混みに視線を動かしていると、ズボンに入れていた携帯が震える。
 取り出してみると、古泉からの電話だった。

「よう、どこにいるんだ?」

『ああ、やはり見ていなかったみたいですね』

「ん? 何をだ?」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:30:08.71 ID:Cg2/qTIQO

『メールですよ。返信がなかったので、直接電話しました』

「気づかなかったな。で、用件は何だ?」

 まぁ、聞くまでもなく薄々気づいていた。条件は揃っているしな。
 時間になっても現れないメンバー。ハルヒではなく古泉からの連絡。
 簡単な話だ。

『涼宮さんが急に熱を出したようなので、中止になりました』

 もう少し早く教えてほしかったよ。ああ。
 こんな事なら、妹を連れて来た方が良かったな。

「お前も来ないのか? 長門や朝比奈さんは?」

『長門さんは分かりませんが、朝比奈さんは涼宮さんだけを残して楽しめないとのこと
 です』

 流石朝比奈さん。優しい人だ。
 しかし、長門はどうしたんだ? 用事が出来たのか?

「まぁいい。お前は……あー、バイトか」

『その通りです。久しぶりの閉鎖空間ですよ』

 残念なのは分かるが、こんな事で面倒を起こしてやるなよ団長様。

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:34:02.89 ID:Cg2/qTIQO

 古泉に労いの言葉を掛け、簡単に別れを告げて通話を切る。
 画面にメールの受信が表示されていた。確かに古泉から来ていた様だ。
 気づけなかった少し前の自分を呪い、楽しげな祭り独特の雰囲気を羨ましく眺める。
 それとなく楽しみにはしていたからな。

「やれやれ…」

 一人でこの雑踏に紛れる程の勇気も無い為、到着して数分で帰宅を余儀なくされてし
まった。
 簡易駐輪場に舞い戻り、もう一度溜め息を吐く。

 ――その時だ。
 自転車のハンドルに手をかけた俺の視界に、注意を引くものが映った。

「あれは…」

 緑の長い髪を後頭部で一括りにした、淡い水色の浴衣に、赤い帯を巻いた人物。

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:36:08.43 ID:Cg2/qTIQO

 向こうも俺の姿を見つけたのか、手を振って近づいてくる。

「やぁやぁ、キョンくん」

「こんばんは、鶴屋さん」

「いやぁ、待たせてゴメンにょろー」

 目の前まで来ると、鶴屋さんはそう言って両手を合わせ、申し訳なさそうに謝った。

「は?」

 何故謝られたのか分からない俺は、間抜けな声で聞き返す。
 鶴屋さんと待ち合わせをした覚えはない。

「おや、みくるから聞いてなかったのかい?」

「朝比奈さん?」

「今日はこの鶴屋さんも参加させてもらうのさっ」

 あー…朝比奈さん、中止の連絡を忘れましたね。
 被害者が一人増えたようです。

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:40:03.86 ID:Cg2/qTIQO

 一先ず、自分達の置かれた状況を説明してみる。
 すると、何が可笑しいのか急に吹き出した愉快な先輩は、ぽんぽん俺の肩を叩いた。

「だって一人佇むキミを想像したら…っ」

「笑いごとじゃないですよ…」

「いやぁ、ゴメンねっ」

 今度は片手で拝み、可愛らしく舌を出して謝ると、

「それじゃ、行こうじゃないかっ」

 すぐさま俺の手を取って歩き出した。

「え、あの…」

「このまま帰るなんてつまらないにょろ! 一緒に見て回ろ?」

 確かに、虚しいままで終わるよりはマシですが…

「俺なんかと回って楽しいですか?」

「もちろんっ! それとも、みくるとの方が良かったかなっ?」

「いや、そんなことは…」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:43:14.26 ID:Cg2/qTIQO

 返事に満足したのか、鶴屋さんはニッと笑みを浮かべると、掴んでいた手首を離し、
今度は腕を組んでくる。
 突然の行動に戸惑っていると、ダメ押しと言わんばかりに、とんでもない言葉を発し
た。


「今日は一日恋人同士だからねっ」

 谷口辺りなら発狂しそうな発言に、不覚にも目眩を起こしそうになる。
 この人は勘違いを起こすプロだと思う。
 そんな足取りもおぼつかない俺を、鶴屋さんは引っ張る形で、この賑やかな人の波へ
と誘う。
 世間一般的に、間違いなく美人に分類されるであろう先輩を連れ立って歩く。
 これは何のご褒美なんだろうな?

「あっ、焼きそばがあるよキョンくん! 食べよう食べようっ」

 下らない妄想を打ち消すかの様に、既に周りの雰囲気に溶け込んだ彼女の声が、ふわ
ふわしていた意識を戻す。
 いかんいかん。祭りと関係の無いところで楽しみを見出しそうになってた。

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 10:46:56.71 ID:Cg2/qTIQO

「――あの、鶴屋さん」

「んむ? なにかなっ?」

「何かを食べる時ぐらい腕を外しませんか?」

 焼きそばを買う時もだったが、現在進行系で片腕は鶴屋さんに持っていかれたまま。
 正直、歩き辛いし恥ずかしさでいっぱいいっぱいだ。

「ああ、気づかなくてゴメンにょろー」

 俺の気持ちを汲み取ってくれた……わけではなかった。

「はいっ、あーん」

 何故か俺の分の焼きそばを箸ですくわれ、口元に差し出される。
 よし、時に落ち着こう。どうしてこんな事をされてんだ?
 その疑問を声にする前に、先に鶴屋さんが答えを言ってくれた。

「腕もらってたらキョンくん食べれないもんね。だから私が食べさせてあげるっさ!」

 なんだ、朝比奈さんに負けず劣らず、この人も天然か。
 周りの視線――主に男共の目が痛い。
 今日日、バカップルでも相当の度胸が必要な行為に、本日二度目の立ち眩みが襲う。

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:26:21.85 ID:Cg2/qTIQO

>>447

 しかし、この厚意を無碍には出来ないだろう。
 無邪気、と言うのも凶器となる様だ。勉強になりましたよ。
 意を決して、差し出されたままの焼きそばに食いつく。
 味を感じられる筈もないが、顔を覗き込んだままの鶴屋さんの期待を裏切るわけにも
いかない。

「お、美味しいですね」

「だよねっ! こういう場所で食べると、不思議とウマいっさ」

 笑顔を絶やさない鶴屋さんの口から覗く八重歯に、青ノリが付いていた事を、俺は指
摘できないまま、彼女が新たに見つけたわたがし店に引っ張られる。
 ふと、その途中で見た事のある人物が居た気がしたが、人の多さに見失う。

「歩くのが遅いにょろキョンくん」

「人が多いから速く歩けませんよ」

 何より、この子供の様な先輩が居ては、そんな事を気にしてられん。

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:29:16.67 ID:Cg2/qTIQO


 ――金魚掬い、射的、輪投げなど、ある種の伝統的嗜好も楽しみ、出店の通りから離
れて一息吐く。
 もちろん、今も腕は組まれたまま。
 外してもらったのは、上記の動きを伴う遊びの時ぐらいだ。
 俺の体温が上がり続けているのは、暑さの為だけではないのは明白だろうな。
 この人も分かっててやっているとしか思えん。

「あっ、ベンチが空いたよ! 座るにょろー」

 促されるまま腰を下ろし、遠くに感じる喧騒から目を逸らし、夜空を見上げる。
 もう夜にも関わらず、近くの木で鳴いているセミの声が、この時ばかりは心地良く感
じられた。

「いやぁ、夏だねー…」

 唐突に呟いた彼女に目を向けると、どこか寂しそうにも見える表情。
 先程までの喜色が消えていた。

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:30:45.43 ID:Cg2/qTIQO

 普段見せない顔に、思わず心臓が跳ね上がった。
 仕方ないだろ? 所謂ギャップというものだ。
 うっすらと掻いた汗で張り付いている髪。滅多に見られない浴衣。そしてポニーテー
ルと、その髪型だからこそ見えるうなじ。
 これでドキリとしない男は、頭がどうかしてる。

「もう半年ぐらいなんだよね」

「なにがですか?」

「卒業まで、さ」

「ああ、そう言えばそうですね」

 なにやら雲行きが怪しい。
 センチメンタルに浸るには、まだ早い気がするが…

「学生としての夏は、これが最後かもしれないにょろ」

「あれ、大学には行かないんですか?」

「んー、どうだろね。お家事情ってものがあるのさ」

 鶴屋さんの家は、確かにお屋敷ではあるが、それで何かを選択する事があるのだろう
か?
 一庶民である俺には、よく分からん。

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:32:38.43 ID:Cg2/qTIQO

「今も花嫁修行の真似事はしてるけど、高校を卒業したら本格的にやることになりそう
 っさ」

「つまり、跡取りを探すためですか?」

「ははっ、結婚なんて、まだ早いと思わないっかい?」

 自嘲気味に笑う鶴屋さんに、俺は返す言葉を探し続ける。
 が、どうにもボキャブラリーが貧困なようで、そのまま黙りこくってしまった。
 静けさに、セミの声だけが脳内に響く。

 しばらくの間の後、俺が下手に言葉を紡ぐ前に、小さな声で彼女が問い掛けてきた。

「キョンくん。キミはセミが鳴き続ける理由を知ってるかい?」

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:33:48.49 ID:Cg2/qTIQO

 急な問いに、思わず面喰らう。
 まさかのセミクイズだ。

「いえ、セミに詳しくはないので…」

「…セミはね? 何年も土の中で過ごして、ようやく外に出てくるんだよ。でも、そこ
 から生きていられるのは一週間程度。だから、子孫を残すために一生懸命に鳴いて、
 相手を探すのさ」

 俺はどんな反応を示せばいいんだろう…?
 いや、鶴屋さんの言いたい事はなんとなく分かる。
 間違っていたとしても、黙りを決めるより、よっぽど生産的だと思う。

「鶴屋さんは…その、セミに憧れているんですか?」

 遠くを見つめていた瞳をこちらに動かし、俺の顔をマジマジ見た後、彼女は小さく笑
った。
 間違っていたか。

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:35:29.07 ID:Cg2/qTIQO

「ううん、違わないっさ。私は一生懸命に鳴いて、自分自身で相手を探したいにょろ」

 でも、もう少し土の中に潜っていたい、と付け足し、再び遠くに視線を向ける。
 その姿に、隣に居るのは本当に鶴屋さんなのかと疑ってしまう。

 互いに言葉を発しなくなってから数分後、ふいに肩が軽くなった。
 鶴屋さんが、乗せていた頭を持ち上げたからだ。
 少し名残惜しい。

「いやいや、申し訳ないっさ! 微妙な話で退屈だったでしょ?」

「いえ、呑気な俺にはタメになりましたよ」

 …境遇が違いすぎるのに、何がタメになったんだ?
 我ながら馬鹿にも程がある。

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:37:11.98 ID:Cg2/qTIQO

「人生の先輩からの教授はここまでにょろ! キミは後悔しない生き方をしたまえ!」

 そう明るく笑い飛ばすと、今度は組んだままだった腕を放す。
 夢心地もこれまでの様だ。
 鶴屋さんはベンチから立ち上がると、くるんと俺に向き直り、目を細めた。

「キョンくん、今日はめがっさ楽しかったにょろ。ありがとね」

 そう言って身を屈めると、俺の耳元で更に囁く。

「最後に…お願いがあるんだけど、いいかなっ?」

 無論、断る理由が見つからない。

「なんです…っ」


 俺が応えるより先に、唇が重なっていた。
 それは触れる程度の、簡単なキス。

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:38:58.90 ID:Cg2/qTIQO

「えへへ、また遊ぼうねっ! ……今度は、キミから誘ってくれると嬉しいかなっ」

 それじゃあねっ!と、顔を赤くした彼女が駆けていく後ろ姿を、俺はただただ眺めて
いる事しか出来なかった。
 と言うより、思考が完全に追いついてなかった。


 ――その後、ベンチで飛んでいた意識を取り戻すと、何故か隣には長門が居た。
 大量の食料と共に。

「ああ…やっぱ来てたのか長門」

「異常な体温の上昇を感知。かき氷、食べる?」

 どうやら見てはいなかった様でホッとした。

「……?」

「いや、今度はちゃんと受け止めないとな」

「…よくわからない」

 そうだな。俺にも分からん。人生、分からん事だらけだよ。
 分かる事と言ったら…



「IDの数×2腹筋だな」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:42:40.47 ID:Cg2/qTIQO

意外と人いたんだなwww
なんか色々ごめんよ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門有希以外の酩酊