ハルヒ「はぁ?キョン、あんたってマザコンなの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジー。しゃむい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:39:32.54 ID:ncxdfu410

キョン「ああ、そうだが…」

ハルヒ「うわぁ…マザコンとか引くわ…キモッ」

みくる「気持ち悪いので近づかないで下さい」

キョン「なんだよ!マザコンの何が悪いんだよ!」

ハルヒ「ごめん、まじキモイから話しかけないで」

みくる「キョンくんとは、もう絶交です」

キョン「そんな…」

ハルヒ「ほらっ、有希もこのマザコン男に何か言ってあげなさいよ」

長門「………」ギュッ

キョン「なが…と…?」

長門「今日から私があなたのママになる」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:44:35.73 ID:ncxdfu410

キョン「ほっほんとか!長門!」

長門「ほんと。だから私をお母さんと呼ぶべき」

キョン「ありがとう!長門!」

長門「違う、長門ではない…“お母さん”」

キョン「母さん!」ギュッ

長門「いい子、いい子」ナデナデ

ハルヒ「ちょっと!なにやってんのよ!離れなさいよ!」

長門「なぜ…?」

ハルヒ「なぜって…抱きついたりして不自然じゃない!」

長門「彼は私の子供、子が母親に抱きつくのは不自然ではない」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:51:28.55 ID:ncxdfu410

ハルヒ「嘘つきなさいよ!有希はキョンのお母さんじゃないでしょ!」

長門「そう、私は彼のほんとうの母親ではない…」

ハルヒ「ほらみなさい!」

長門「でもこれからは彼のママになる。マザコンを否定したあなたには関係のないこと」

ハルヒ「!!」

キョン「母さん…」

長門「大丈夫、これからは私があなたを守る。誰にもあなたをバカにさせない」ナデナデ

キョン「長門…いや、母さん、俺、心からうれしいよ」

ハルヒ「イライライラ」

みくる「(私もキョン君のお母さんになりたいです…)」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:59:20.93 ID:ncxdfu410

長門「それにマザコンは悪いことではない…」

長門「子供が母親を好きのは自然なこと…だからあなたは間違いではない」

キョン「母さん、俺、母さんのこと好きだよ!」

長門「私もあなたのことが好き…だから自信を持つべき」ギュッ

ハルヒ「ちょっと!いい加減にしなさいよ!いつまで抱きついてるのよ!」

みくる「そうです!そうです!キョンくんから離れてください!」

ハルヒ「さっさと離れなさいよ!このっ!」ドン

長門「痛い…」

キョン「母さん!おいっ!ハルヒ!母さんになんてことするんだ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:07:36.48 ID:ncxdfu410

ハルヒ「なにって…軽く小突いただけじゃない」

キョン「母さん、大丈夫か!?怪我はないか?」

長門「どこも怪我をしていない…」

キョン「ああっ良かった…」クルッ

キョン「おいっ!ハルヒ!母さんに謝れ!」

ハルヒ「なっなんでよ!」

キョン「いいから謝れ!お前のせいで母さんは怪我をしそうになったんだぞ!」

ハルヒ「それは悪いとは思ってるわよ…」

キョン「俺のことをバカにするのはいい…だけどもし今度母さんを酷い目に
     あわせたら俺が許さないからな!覚えてとけよ!」

長門「うれしい…」

みくる「(私もキョンくんに心配されたいです〜)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:14:44.93 ID:ncxdfu410

キョン「母さん、こんな奴らはほっといて一緒に帰ろう…」

長門「……」コクリ

キョン「なぁ母さん…お願いがあるんだが」

長門「なに?」

キョン「手をつないでもいいか?」

ハルヒ「!!」

長門「構わない…」ニギッ

キョン「ああっ…母さんの手、温かいや」

長門「あなたの手も温かい。温もりが伝わってくる」

みくる「(キョンくん…みくるもキョンくんとニギニギしたいよ…)」

キョン「それじゃあ、また明日な」

ハルヒ「ちょっとバカキョン!まちな―バタン!―

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:23:17.39 ID:ncxdfu410

キョン「なぁ長門…」

長門「だから長門ではなく“お母さん”」

キョン「いや、じつはそのことなんだ…」

長門「??」

キョン「おまえ、ほんとに俺の母さんになってくれるのか?」

キョン「ハルヒや朝比奈さんにも言われたように、俺は母親が
     大好きなキモイマザコン男だぞ?」

長門「さっきも言ったはず。マザコンはキモいことではない…」

長門「それとも私があなたの母親では不服?」

キョン「そんなことはないぞ!さっきはほんとにうれしかった…」

キョン「ハルヒや朝比奈さんに否定された時は、ほんと死にたかった。
     でも長門、お前が俺を受け入れてくれたんだ…今は感謝してる」

長門「そう…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:31:05.68 ID:ncxdfu410

キョン「これからも俺の母さんでいれくてるか?長門?」

長門「おいで…」

キョン「母さん!!」ギュッ

キョン「ああっ!なんて母さんは良い匂いなんだ!」

長門「そう…」

キョン「ずっとこうしていたいぞ…」

長門「なら今日から私の家で暮らすべき」

キョン「!!」

キョン「いや、さすがにそれはまずくないか?長門と暮らしたいのは山々だが」

長門「私はあなたの母親。子が親と一緒に暮らすのは当然のはず…」

長門「なにも問題はない…」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:37:56.71 ID:ncxdfu410

キョン「そうだよな…家族と暮らすんだから何も問題ないよな」

長門「そう、だから遠慮することはない」

キョン「よしっ!じゃあ長門と一緒に暮らすことにするぞ」

長門「だから“お母さん”…」

キョン「すまん。とりあえず一旦家に帰って母さんの許可をもらってくるわ」

長門「……」

キョン「悪いが少しここで待っててくれ!すぐ戻ってくる!」


長門「……彼を真性のマザコンと判断。」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:45:24.73 ID:ncxdfu410

キョン「母さんただいま!」

妹「キョンくんおそ〜い!」

キョン「ごめんよ、母さん…これでも母さんに会いたくて急いだ方なんだよ」

妹「もう〜キョンくんはほんと手がかかる子ですねぇ〜」ナデナデ

キョン「それでね母さん、ちょっと相談事があるんだけど…」

妹「なんですか〜キョンくん?」

キョン「じつはしばらく家を出ようと思うんだ…」

妹「ええっ!!」

キョン「すまん!ほんの2〜3日だけだから!すぐ戻ってくるからさ、ねっ?」

妹「グスン…キョンくんはママのこと嫌いになったんだ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:54:37.27 ID:ncxdfu410

キョン「違う!俺が母さんのこと嫌いになるわけないだろ!」

妹「じゃあキョンくんは、どうしてママのもとを離れるの…」

キョン「それは…でも信じてくれ!俺は母さんのことが大好きだ!」

妹「キョンくん…。しょうがないな〜いいですよ、キョンくん」

妹「可愛い子には旅をさせろだもんね。テヘッ」

キョン「母さん!」ガバッ

キョン「おれ、必ずちゃんと帰ってくるから…約束する!」

妹「グスン…キョンくん…キョンくん…」

キョン「じゃあ行ってくるよ!」



妹「ううっ…キョンくんが親離れしちゃったよ…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:03:42.59 ID:ncxdfu410

キョン「長門!母さんの許可を貰ってきたぞ!」

長門「そう…それは良かった。」

キョン「あっ!しまったな、母さんの許可をもらうのを忘れてたぞ」

長門「???」

長門「あなた今、母親の許可をもらったと言ったはず…意味が分からない」

キョン「そうだよ、母さんの許可をもらったと言ったぞ」

長門「でもあなたは許可をもらうのを忘れたと言った。…理解不能」

キョン「すまん、外泊の許可をくれたのは妹の方なんだ。」

長門「あなたの妹…?母親ではないはず……まさか」

キョン「ああ、妹も俺の母さんなんだ」


長門「………」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:09:37.67 ID:ncxdfu410

長門「…確認したい。あなたには全部で何人の母親がいる?」

キョン「まず一人は実の母親だろ。次に俺の妹。そして長門…」

キョン「全部で三人だな!」

長門「……そう」

キョン「でも一番好きなのは長門だな。俺を一番理解してくれている」

長門「うれしい…」

キョン「さぁ母さん、早く家に帰ろうぜ」

長門「……」コクリ


〜〜〜〜

長門「ただいま…」

朝倉「お帰りなさい…あらっ?」

キョン「よぉ朝倉」





75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:21:22.12 ID:ncxdfu410

朝倉「キョンくんじゃない?どうしたのよ」

長門「今日から彼は私の子になった。だから一緒に暮らす」

朝倉「ええっ!?」

キョン「そういうことだ。よろしく頼むな、朝倉」

朝倉「ちょっと待ってよ!ごめん、全然話が見えないんですけど」

キョン「母さん、朝倉に説明してやってくれよ」

長門「説明もなにも、私は彼の母親になった。つまりこういうこと―

長門「おいで…」

キョン「母さん!」ガバッ

長門「よしよし…」

朝倉「ふ〜ん…キョンくんってそういう趣味なんだ」

朝倉「私もキョンくんのママになってもいいかしら?」

長門「!!」

キョン「!!」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:31:46.85 ID:ncxdfu410

朝倉「さぁキョンくん、私もお母さんって呼んでちょうだい」

長門「それは無理」

朝倉「あらっ?どうしてよ?私もキョンくんのお母さんになってもいいじゃない」

長門「彼にはすでに私を含めて母親が三人いる。」

朝倉「ええっ!?キョンくん、そうなの!?」

キョン「ああ、ほんとの母さん、妹、長門の三人だ」

朝倉「妹さんって……」

長門「だからこれ以上、母親が増えるのは感心しない」

朝倉「べつに何人増えたっていいじゃない!そもそもキョンくんが決めることよ」

朝倉「ねぇキョンくん…私もあなたのお母さんになってもいいかしら?」

キョン「母さんじゃなくてママって呼んでもいいか?」

長門「!!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:42:48.45 ID:ncxdfu410

朝倉「ええ良いわよ!私のことママって呼んでちょうだい!」

キョン「ママっ!僕、ママのこと大好き!」ギュッ

朝倉「あらあら、キョンくんは甘えんぼさんね。うふふ」

長門「今すぐやめるべき。これでは話が違う…」

キョン「なんだよ長門、話が違うって?」

長門「あなたは私のことを好きといったはず。なのに朝倉涼子に
    対しても好きと言ってる…」

キョン「そうだよ。母さんとしてなら長門が好きだ。でも朝倉は
     俺のママになったんだ。ママとしてなら朝倉が好きだ」

長門「……それは詭弁」

キョン「なんだよ、母さんは俺のことを疑うのか?俺はこんなにも
     母さんを好きのに…酷いや、母さん!」

朝倉「よしよし…」ナデナデ


長門「なにか釈然としない…」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:49:29.79 ID:ncxdfu410

キョン「ママっ!僕、お腹がすいちゃったよ!」

朝倉「そうね、じゃあそろそろご飯にしましょうか」

キョン「やったー!ママのご飯だ!」

長門「(私と涼子の時では、彼の口調が違う…)」

朝倉「じゃあご飯を作るからちょっと待っててね、キョンくん」

長門「私も手伝う…」

キョン「母さんはいいよ。くつろいでてくれよ…」

長門「えっ…?」

キョン「母さんにはいつも迷惑かけてるしさ、たまには俺がやるよ」

長門「うれしい…」

キョン「ママっ!僕も手伝うよ!」

朝倉「あらっキョンくんは優しいのね」


長門「やはり釈然としない…」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:16:11.38 ID:ncxdfu410

長門「このままでは涼子に彼を取られてしまう…」

長門「……!!」


キョン「ねぇママ、野菜を洗ったよ!」

朝倉「あらっありがとう、キョンくん。じゃあ次は盛り付けお願いね」

キョン「うん!…んっ?なんだよ、母さん。ご飯はまだだよ」

長門「そうではない。あなたに聞きたいことがある」

長門「母さんのことをどう思うか…教えてほしい」

キョン「どうって…大好きだよ」

長門「でも私は朝倉涼子と違って何もできない。ダメな母親…」

長門「私は母親失格…あなたを愛する資格がない…」

キョン「母さん…?」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:22:05.25 ID:ncxdfu410

長門「私はダメな母親…あなたに迷惑かけてばかり…」

キョン「そんなことない!母さんは俺を受け入れてくれたじゃないか!」

キョン「大好きだよ!俺は世界で一番母さんを愛してるよ」

長門「ほんと…?」

キョン「ああ、ほんとだ」

長門「なら母さんにキスして」

キョン「えっ!?」

朝倉「ちょっと!長門さん!」

長門「ああ、やっぱり母さんよりも他の女を…」

キョン「ちがうよ!母さん!」

朝倉「(小癪だわ、長門さん…)」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:32:17.53 ID:ncxdfu410

長門「ならできるはず…早くキスをしてほしい」

朝倉「だめよ!キョンくん!」

キョン「……」

朝倉「キョンくん…?」

長門「??」

キョン「くっくっ…なんだよ、母さん。僕のこと好きだなんだ言っといて
     結局はやりたいだけなのかよ」

長門「えっ…?」ガバッ

キョン「ほんと母さんはやらしい女だ…おしおきしてやるよ」



近親相姦って…あり?



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:41:38.60 ID:ncxdfu410

キョン「息子とキスをしたいなんて、母さんは変態だね」

長門「ああ…許して…」

キョン「嫌だよ、今から母さんは僕のものになるんだ…」

朝倉「ちょっと!キョンくん!」

キョン「ママは黙ってろよ!」

キョン「今はこのいやらしい母さんをおしおきする時間なんだ」

キョン「それが終わったらママも愛してあげるよ…」

長門「だめ…私だけを愛して」

キョン「母さんはほんといやらしい女なんだな…幻滅したよ」

長門「そんな…」

キョン「その証拠にここも濡れてるじゃないか…」クチュクチュ

長門「あぁ…ダメ…」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:51:04.82 ID:ncxdfu410

キョン「母さん、パンツ脱いでよ…」

長門「えっ…」

キョン「母さんのエッチな部分、俺が生まれてきた場所を見せてよ」

長門「恥かしい…」

キョン「おいおい、今更なにを言ってるんだよ。こんなに濡らしておいて」

キョン「いいから、さっさと脱げよ、母さん…」

長門「……」ヌギッ

キョン「これが母さんのエッチな部分…すごいや、毛がまったく生えてないんだね」

長門「ああ…やめて…」

キョン「フゥ〜」

長門「んんっ!!」ピクン!

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:57:30.37 ID:ncxdfu410

長門「ハァハァ……」

キョン「なんだよ母さん、もしかして感じちゃったのかい?」

長門「違う…」

キョン「何が違うんだい?こんなにぐちょぐちょなのに…」

長門「あぁ…」

キョン「入れてほしい…?」

長門「それは…」

キョン「ならさ、僕の言う事を聞いてよ。なら入れてあげるよ」

長門「あなたの言う事を聞く…だからお願い…」

キョン「そう、ならIDの数だけ腹筋して」



バイトの時間なので乙。どうもでした。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ロン「ハリー、肉体強化魔法ばっかり覚えてどうするのさ」