キョン「ハルヒって乳でかくね?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「ゴヨウガーディアンをシンクロ召喚しますよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:22:50.04 ID:8V4PWhKw0

キョン「なあ?」

古泉「どうしました急に」

キョン「いやたまには猥談もいいかなって」

古泉「あなたがそういうことに興味持つのも珍しいですね」

キョン「でもたまにこういう話とかしてみたくね?せっかく二人きりなんだし」

古泉「なるほど…。実は僕もそういう話をするのにあこがれていまして」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:26:00.40 ID:8V4PWhKw0

キョン「ほう。お前もか」

古泉「ええ、まあ僕も一応高校生ですし…周りにそんな話を振ってくれる人もいないんで」

キョン「そうか。谷口でも貸してやりたいな」

古泉「いえ、彼レベルはちょっと…」

キョン「なるほど。実は俺もちょっとあいつには引いててな」

古泉「ほう。なぜですか?」

キョン「いやクラスの女子を数値化するのは引くだろ…さすがに。前あいつのノートを見たら
クラスの女子のスリーサイズが書いてあった」

古泉「なるほどそれはちょっと引きますね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:31:24.79 ID:8V4PWhKw0

キョン「しかも根拠はあいつの脳内だぜ。ちょっと友人をやめたくなったな」

古泉「なるほど」

キョン「それでまあ、そのとき見た中でハルヒの推定バストが大きくてな」

古泉「いくらだったんですか?」

キョン「86のDだった」

古泉「なるほど。それは大きいほうにあたりますね」

キョン「まあ数字だけ言われてもぴんとこないがな」

古泉「七海ななと同じくらいですね」

キョン「AV女優か?」

古泉「そうです」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:36:46.17 ID:8V4PWhKw0

キョン「お前AVとか見るんだな」

古泉「そうですね。まあ割りと見るほうです」

キョン「そっかあ。でもお前なら彼女作ったほうが早いんじゃね?」

古泉「まあ作ろうと思ったら作れますけど」

キョン「うわ。何その上から目線」

古泉「いえそういうわけじゃないんですが…仕事のほうが忙しくてですね」

キョン「ああ、そういやお前ハルヒの後いつもおっかけてるしな」

古泉「そういう言い方はやめてください。でも忙しいですね」

キョン「なるほど」

古泉「そう考えると彼女を作っても満足させられないと」

キョン「そうかあ。…ちなみにどんなときが忙しいんだ?」

古泉「それはやっぱり彼女の生理中が一番多いですね」

キョン「お前ハルヒの生理の周期知ってるの?」

古泉「ええ。排卵日からオナニーの数まですべて把握してますよ」

キョン「うわ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:43:06.19 ID:8V4PWhKw0

古泉「何ですか。その微妙な距離感は?」

キョン「いやあ、ちょっと引いたわ」

古泉「これも仕事のうちなんですから引かないでください」

キョン「ないわあ…」

古泉「いやいやいや本当に仕事のうちなんですって」

キョン「とかいってお前それでちょっと興奮してたんだろ?」

古泉「そうですね…実は少し興奮しましたね」

キョン「引くわあ。ちょっと俺の中でお前の脳内ランク下がったぞ」

古泉「下げないでください。…ちなみに今何位くらいなんですか」

キョン「今お前は谷口より下だ」

古泉「それはひどい」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:49:04.64 ID:8V4PWhKw0

キョン「いやあ谷口はまだ趣味の範囲内だけどお前はねえ…」

古泉「ちょっとへこむじゃないですか。ランク戻してくださいよ」

キョン「いやあ…」

古泉「あなたが聞いたから正直に答えただけですよ」

キョン「でもねえ…。まあそれはおいといてだな、ハルヒってオナニーすんの?」

古泉「教えません」

キョン「おい、なんだよその態度は」

古泉「どうせ言ったらあなたは馬鹿にするんでしょ」

キョン「悪い悪い。もう馬鹿にしないから」

古泉「本当ですか?じゃあ言いますけど彼女は結構オナニーしてますね」

キョン「そうなんだ?どれくらい?」

古泉「大体週に10回くらいですね」

キョン「多いな」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 13:56:21.91 ID:8V4PWhKw0

古泉「しかも一日三回しているときもありますからね。ちょっと驚きでした」

キョン「それにしても多いだろ…俺と一緒くらいだぞ」

古泉「おや、あなたもそれくらいしてるんですか?」

キョン「でも普通それくらいしない?」

古泉「まあしますね。僕も一日二回くらいしてますし」

キョン「それはちょっと多いだろ…」

古泉「え?それくらいしません?」

キョン「いやあしないって。やっぱりお前はむっつりか」

古泉「いやいやそういうのやめて下さいよ」

キョン「まあお前の下半身の事情はおいといてやるよ。問題はハルヒだ」

古泉「はい」

キョン「あいつ昔体をもてあましているとか言ってたけどもてあましすぎだろ…」

古泉「そうですね。実は彼女それを言った日にも家でオナニーをしてました」

キョン「マジで?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:02:24.79 ID:8V4PWhKw0

古泉「マジです」

キョン「うわあ。ちなみにあいつは何でオナニーしてるの?」

古泉「だいたい想像ですね」

キョン「ほう。どんな感じの想像なんだ」

古泉「結構日によって違いますね。あなたに言った日の場合はあなたに言った後、あなたが涼宮さんを
いきなりトイレに連れて行って無理やり犯すというシチュエーションでした」

キョン「マジで?あいつ結構Mなんだな」

古泉「そうですね。基本的に彼女はMと思いますよ。前もクリップで乳首挟んでたりしてましたし」

キョン「うわあ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:10:22.50 ID:8V4PWhKw0

古泉「割と最近の彼女は責められる妄想が多いですね」

キョン「何でなんだ?」

古泉「おそらく最近読んだレディコミが原因だと」

キョン「レディコミ?ああ少女漫画のことか」

古泉「まあ少女漫画というよりかはどちらかというとエロ本ですね」

キョン「あいつそんなの買ってるんだ」

古泉「ええ。ここの部費で買ってますね」

キョン「ひどい話だな。道理で学校からもらった部費の詳細を言わないわけだ
ところで何であいつの妄想まで分かるんだ?」

古泉「それはもちろん僕が彼女の閉鎖空間に行くからですよ」

キョン「閉鎖空間ってそんな世界だったっけ?」

古泉「たまにそんなエロティックな場合もありますね」

キョン「へえ。なら俺も連れて行って欲しいもんだ」

古泉「でもかなり危ないですよ。前も一人死にましたからね」

キョン「マジで?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:18:21.98 ID:8V4PWhKw0

古泉「マジです。こう頭がボーンってはじけてましたからね」

キョン「うわ、こわっ。それって良くあることなのか?」

古泉「そうですね…普段はあまりありませんが半年に2人くらい死んでますね」

キョン「結構怖い仕事なんだな。俺の知ってる人?」

古泉「いえ。あなたは知らないかと。僕もあまりしゃべったことありませんでしたしね」

キョン「そっかあ悪いこと聞いたな」

古泉「いえいえ慣れてますから」

キョン「俺の脳内ランクでお前結構上がったよ」

古泉「ほう。今どれくらいですか?」

キョン「谷口と一緒くらいだ」

古泉「それはひどい」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:24:18.10 ID:8V4PWhKw0

古泉「さっきとあまり変わってないじゃないですか」

キョン「いや結構出世したほうだよお前」

古泉「さっきどれくらい下だったんですか」

キョン「聞きたい?」

古泉「良いです、もう」

キョン「何かお前の話を聞いて格好よく思ったんだがな」

古泉「それならもっと順位を上げてくださいよ」

キョン「いやあ…でもやっぱりハルヒのHな妄想で死ぬ危険があるってのがなあ…」

古泉「まあそう言われたらそうですけど、結構危ないんですって」

キョン「何か想像したら笑ってしまいそうだ」

古泉「ちくしょう」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:32:10.79 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ冗談だ。それより話を戻そうか」

古泉「そうですね。何か僕のことを馬鹿にしてるような気がしてきたんで」

キョン「まあそれはその通りだがな」

古泉「ここが閉鎖空間だったらあなたも頭ボーンってしてましたよ」

キョン「怖いことを言う奴だ」

古泉「冗談です。すいません」

キョン「しかしハルヒにたいしても見る目が変わったな」

古泉「そうですか?割と彼女は開けっぴろげな感じですが」

キョン「まあそうだけど、こうなんていうかちょっとイメージが崩れた感じ」

古泉「なるほど。まあ言いたいことは分かりますよ。そういえばあなたは彼女を好きなんですか?」

キョン「何だ急に」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:38:39.56 ID:8V4PWhKw0

古泉「別に急ってわけでもないと思いますが」

キョン「いやあ、さすがにちょっとなあ」

古泉「あなたは彼女のこと嫌いなんですか?」

キョン「ん〜嫌いでもないが、そういう関係になるのはちょっとなあ」

古泉「ですが結構彼女はあなたのことを思ってますよ」

キョン「マジで?」

古泉「何だやっぱり嬉しいんじゃないですか」

キョン「いや、まあそう言われたらちょっと嬉しいな。ちなみにどんなときに思ってるんだ?」

古泉「まあさっき言ったオナニーしてるときとかですかね。閉鎖空間でもあなたの顔は常連ですから」

キョン「マジで?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 14:47:08.35 ID:8V4PWhKw0

古泉「マジです」

キョン「俺どんな風に登場してるの?」

古泉「割と日によって違いますね。あなたのことで妄想しているときはふにゃふにゃした感じの
顔でうろうろしてますし、あなたと喧嘩したときはあなたが悪魔のような格好で暴れてます」

キョン「マジか?それをみんなで倒してるわけ?」

古泉「そうです。みんなそれぞれの能力を使って倒してますね。ちなみに今週であなたが8柱くらい出てきましたね」

キョン「マジかよ…スライムじゃないんだから。あと柱って何だ?」

古泉「ああ、神人の数え方です。専門用語使ってすいませんでした」

キョン「そうか、でもへこむなあ」

古泉「まあ、あなたは気にしないでください。割と弱いほうなんで倒すのが楽ですから」

キョン「そういう問題じゃない」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:43:32.49 ID:8V4PWhKw0

キョン「何それで俺どういう扱いなの?出たときはキョンが出たってみんなで言うわけ?」

古泉「あなたもこだわりますね」

キョン「そりゃお前自分と同じ顔してる奴がバンバンやられてるのを想像したら良い気分ではないだろう」

古泉「安心してください。みんなあまり気にしてませんから」

キョン「なるほど良かった」

古泉「まあ一日三回出たときはちょっとイライラしますが」

キョン「そういう言い方やめて」

古泉「すいませんでした。ほらおっぱいの話しましょう。あなた好きでしょう」

キョン「好きだが今そんな気分じゃない」

古泉「そんなすねないでくださいよ」

キョン「すねてない」

古泉「後で涼宮さんの盗撮写真あげますから」

キョン「マジで?」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:51:27.55 ID:8V4PWhKw0

キョン「というか何で持ってるの?」

古泉「いやそれは仕事の関係で」

キョン「とかいってお前の趣味なんだろ本当は」

古泉「いやいや本当に仕事の関係なんですって」

キョン「いやらしいやつだ。このムッツリ太郎め」

古泉「そんなこと言うとあげませんよ(うぜえ…今度見つけたらオーバーキルしてやる)」

キョン「ごめんごめん。今あるの?」

古泉「家にありますね」

キョン「じゃあ今度お前の家遊びに行くわ」

古泉「良いですよ。バイトがなかったら遊びましょうか」

キョン「でもお前の家AVとか多そうだな」

古泉「あまりありませんよ」

キョン「どれくらい?」

古泉「僕はPCに入れてるので大体300Gくらいですかね」

キョン「引くわあ」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:57:19.19 ID:8V4PWhKw0

古泉「え?でもこれくらい普通でしょ?」

キョン「多いよ」

古泉「そうなんですか…じゃあ帰ったら削除します」

キョン「まあ削除する前に少し俺によこしたまえ」

古泉「何ですかあなたも興味津々じゃないですか」

キョン「まあそれはそれこれはこれだ。ちなみにお前はどういうの好きなの?」

古泉「そうですね…。色々ありますがどっちかというと炉利系ですかね」

キョン「うわあ」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:03:32.99 ID:8V4PWhKw0

古泉「え?引きます?男って若い女の子が好きじゃないですか」

キョン「ちょっとお前の言ってることおかしいって」

古泉「いやいや、男は潜在的に炉利がすきなんですって」

キョン「はいはい分かった分かった」

古泉「ちくしょう」

キョン「じゃああれなの?お前もしかしてうちの妹狙ってたりしてるの?」

古泉「いやあさすがにそれは」

キョン「そうだよな。ちょっとあせったわ」

古泉「ええ。中学生にならないと犯罪じゃないですか」

キョン「え?」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:10:32.73 ID:8V4PWhKw0

古泉「僕何かおかしいこと言いました?」

キョン「ぱねえ」

古泉「ちょっと距離置かないでくださいよ!中学生ってほら、可愛いじゃないですか」

キョン「お前俺の家に出入り禁止な」

古泉「それはひどい」

キョン「お前中学生はないだろ…」

古泉「いやいや年齢で言うと2歳か3歳くらいしか変わらないじゃないですか。五年後には
全然差がないですって」

キョン「いやその理屈はおかしい。それに俺の妹をそんないやらしい目で見ないで欲しい」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:19:21.67 ID:8V4PWhKw0

古泉「別にそんな目で見てませんよ」

俺「嘘言え。またお前のランク下がったし」

古泉「またって何ですか。ちなみに今はどれくらいなんですか?」

俺「何か昔コンピ研の部長がなってたでかいカマドウマと一緒くらいだ」

古泉「まじですか」

俺「ああ。これでもまだ控えめなくらいだ」

古泉「なんという…。あなたが猥談をしようって言ったから乗っただけじゃないですか」

俺「まさかお前がここまで解放してくれるとは思わなかった」

古泉「じつにひどい」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:25:21.70 ID:8V4PWhKw0

うっかり自己を解放させすぎてキョンと俺を間違えた



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:31:33.14 ID:8V4PWhKw0

キョン「じゃあロリが好きならお前長門でいいじゃん」

古泉「いや彼女はちょっと」

キョン「何で?」

古泉「確かに体型は好きですが僕の好きなタイプと違いまして」

キョン「お前ロリが好きなんだろ?」

古泉「いえ僕の場合は妹系なロリが好きでして」

キョン「妹系?」

古泉「なんか僕のことをお兄ちゃんって言うようなそういう子が好きなんですよ」

キョン「やべえ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:37:38.94 ID:8V4PWhKw0

古泉「引きました?」

キョン「なんか引きすぎて分かんない事になってきた」

古泉「内緒ですよ」

キョン「まあ黙っとくが。じゃあお前は長門がお兄ちゃんって言ってくれたらありなの?」

古泉「確かにぐっと来ますね。でもそうじゃないんです」

キョン「なるほど。俺には良く分からん話だな」

古泉「分かってもらえませんでしたか残念です」

キョン「ちょっとお前のレベルが高すぎてな」

古泉「そんなにレベルが高いですか?」

キョン「結構高いほうだと思う」

古泉「あなたはどんな女性が好きなんですか?」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:42:31.78 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ前も言ってたかもしれんが」

古泉「ポニーテールですか?」

キョン「そうだ」

古泉「他にはないんですか?」

キョン「他はあれだな。胸だ。大きいほうがいい」

古泉「なるほど。率直ですね」

キョン「実はだな」

古泉「はい」

キョン「朝比奈さんのメイド姿で勃起することがあるんだ」

古泉「それは言わなくて良いです」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:51:26.56 ID:8V4PWhKw0

キョン「ハルヒがだな朝比奈さんにセクハラしてるのを見てたときも勃起してたんだ」

古泉「うわあ」

キョン「よく俺が物落とすだろ。そして朝比奈さんが拾ってくれるじゃん」

古泉「はい」

キョン「実はあのときも朝比奈さんの胸が見えるんだ」

古泉「ちょっとそれは…」

キョン「引いた?」

古泉「結構引きましたね」

キョン「そうかあ。普段谷口とこういう話ばかりしてるからちょっと感覚が麻痺してきたな」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 16:58:59.39 ID:8V4PWhKw0

古泉「実はですね」

キョン「うん?」

古泉「朝比奈さんはそのことに気づいてますよ」

キョン「マジで!?」

古泉「ええ。この間あなたがいないところで愚痴ってました」

キョン「マジかよ…。やっぱり物を落としすぎたか…」

古泉「まあそれもありますが目つきがいやらしいとか言われてましたね」

キョン「ちょっとマジでへこんできた」

古泉「それでですね、涼宮さんがですねあなたの落し物を拾うようにするって言ってました」

キョン「まじかよ…」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:08:14.30 ID:8V4PWhKw0

古泉「前ですね」

キョン「うん」

古泉「あなたがいつもどおり落とした消しゴムを涼宮さんが拾ってたじゃないですか」

キョン「はいはいあったあった」

古泉「でもあなたは涼宮さんの胸のあたり見てなかったじゃないですか」

キョン「ああ。まあハルヒだしな」

古泉「彼女ちょっと期待してたんですよ」

キョン「そうなんだ。ハルヒ良い奴じゃん」

古泉「そうですよね。でも見られなかったせいでその晩大変でしたよ」

キョン「また俺が出たの?」

古泉「ええ。めちゃくちゃキョンがいましたよ」

キョン「そういう言い方やめて」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:17:52.76 ID:8V4PWhKw0

古泉「ああ、すいません。つい癖で」

キョン「なに?癖になるほど俺出てるの?」

古泉「まあ月に100柱くらいいますからね」

キョン「マジかよ。せめて名前だけでも変えてくれよ」

古泉「無理ですね」

キョン「何で?」

古泉「実はもう学会に発表されてまして名前が定着してるんです」

キョン「それはひどい」

古泉「びっくりしました?」

キョン「びっくりどころじゃないよ。名前変えれないの?」

古泉「まあ呼びやすいから変わらないんじゃないですか」

キョン「マジかよ。俺が知らないところで有名になってるじゃないか」

古泉「外国でもキョンで通用してますからね。若干アクセントが違いますがキョンって言われてました」

キョン「いいよそんな豆知識」


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:26:21.88 ID:8V4PWhKw0

古泉「そうですか。前フランスの方と一緒に仕事したときのアクセントが面白かったので」

キョン「そんなこと俺に言われても困る」

古泉「へこみました?」

キョン「割とへこんだ。どうやったら俺出なくなるの?」

古泉「ん〜まあやはりあなたが涼宮さんに冷たくしなければ良いんじゃないですかね?」

キョン「アバウトだな。じゃあメールもたまには返してやらないと駄目か」

古泉「そこは人として返しましょうよ」

キョン「いやだってあいつ俺にメールしまくりだもん」

古泉「どれくらいなんですか?」

キョン「1日30通くらいかな」

古泉「仲が良いんですね」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:35:28.67 ID:8V4PWhKw0

キョン「いや、これはちょっとおかしいだろ」

古泉「そうですか?女性ってそれくらいメールしません?」

キョン「しないよ。長門とか朝比奈さんでもそんなにメールしてこないよ」

古泉「おや。意外とあなたはプレイボーイですね」

キョン「まあちょっと自慢みたいだが」

古泉「自慢ですね。そういえばあなたとメールしたことありませんね。交換します?」

キョン「ん〜電話番号は知ってるしいいや」

古泉「ちくしょう」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:41:04.13 ID:8V4PWhKw0

キョン「だって男とメールしても用件くらいしか送ることないじゃん」

古泉「まあそう言われてみればそうですね」

キョン「でも女も訳の分からん絵文字ばっか使ってくるしな」

古泉「確かに」

キョン「前、長門も絵文字使っていたときはびっくりした」

古泉「彼女も絵文字使うんですね」

キョン「ああ、でも見にくいからやめろって送ったら元に戻ったが」

古泉「それはひどい」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:48:36.92 ID:8V4PWhKw0

キョン「いや何かあいつに似合ってなかったからさ」

古泉「あなたもひどいですね。長門さんとはそんなに仲が良かったでしたっけ?」

キョン「まあ悪くはないんじゃないかな。前も家にご飯食べに行ったし」

古泉「めちゃくちゃ仲が良いじゃないですか」

キョン「いや何かカレー作ってくれるって言ってたから」

古泉「僕なんか一人でレトルト作って食ってますよ」

キョン「俺レトルトあんまり好きじゃないから」

古泉「そりゃ僕だって違うもん食いたいですよ」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 17:58:42.48 ID:8V4PWhKw0

キョン「食べれば良いじゃないか」

古泉「そういう意味じゃないです」

キョン「長門の料理食いたいなら呼んでやるが。あまりおいしくないけど」

古泉「すごい上から目線ですね」

キョン「おっとすまん」

古泉「あなた長門さんと付き合ってるんですか?」

キョン「いや。俺は今誰とも付き合ってないけど」

古泉「あなたの発言を聞いてたらカップルと間違えそうになりましたよ」

キョン「気のせいだって」

古泉「いやあ絶対そう聞こえますよ」

キョン「だって俺あいつとHしてないよ」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 18:06:56.11 ID:8V4PWhKw0

古泉「いやあそういうこと言われても困りますけど」

キョン「だってお前が聞いたんじゃないか」

古泉「付き合うって言ってもいきなり肉体関係になるのはどうかと」

キョン「さすがロリは紳士だな」

古泉「いやいやそれは関係ないです」

キョン「そうだなごめん」

古泉「まあ分かってくれたら良いですよ。あなたは涼宮さんとは付き合う気はないんですか?」

キョン「何だ急に」

古泉「いえ、あなたと長門さんの関係を聞いて少し不安になりまして」

430 名前:328[] 投稿日:2009/03/08(日) 19:36:21.65 ID:8V4PWhKw0

キョン「やっぱり機関的には俺とハルヒが付き合ったほうがいいの?」

古泉「まあどちらかといえばそうですけど」

キョン「どちらかと?」

古泉「実はですねあなたと涼宮さんを付きあわせるか付き合わせないか議論がありまして」

キョン「マジで?」

古泉「マジです」

キョン「それで今はどっちが有力なの?」

古泉「まあ現状維持ですね」

キョン「意外と機関も普通な意見しか言わないんだな」

古泉「あなたが涼宮さんと付き合ったらどうなるか分かりませんからね」

キョン「なるほど。それでお前はどっち寄りなの?」

古泉「僕は付きあわせない派ですね」

キョン「なぜ?」

古泉「それは純粋に僕の嫉妬です」

キョン「なんと」

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 19:44:39.97 ID:8V4PWhKw0

古泉「だって部室でイチャイチャされてたら腹が立つじゃないですか」

キョン「まあ気持ちは分からんでもない」

古泉「しかもですね、あなたと涼宮さんが喧嘩をするたびに仕事に行かないといけなくなるんですよ」

キョン「そう考えると反対したくなるな」

古泉「というわけなんです。でも、できるだけ涼宮さんには優しくしてください」

キョン「そうか。じゃあ今度クリップで乳首を挟んでやるか」

古泉「意味が分かりません」

キョン「だってあいつそういうの好きなんだろ」

古泉「いやいや喜ぶかもしれませんけど駄目です」

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 19:49:02.33 ID:8V4PWhKw0

キョン「じゃあ洗濯バサミでもいいの?」

古泉「駄目ですよ。乳首伸びちゃうじゃないですか」

キョン「伸びたほうが感度良くなるって」

古泉「それは初耳ですが駄目です」

キョン「そうか残念だ」

古泉「あなたは涼宮さんのことをどう思ってます?正直に言ってください」

キョン「正直に言うとだな」

古泉「はい」

キョン「一発だけやりたい」

古泉「うわ」

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 19:54:21.53 ID:8V4PWhKw0

キョン「お前が正直に言えと言ったのに何だその態度は」

古泉「いや、だって正直すぎるじゃないですか」

キョン「だってセックスしたら付き合わないといけないんだろ?」

古泉「まあそうですね」

キョン「正直に言うとハルヒは面倒臭そうだ」

古泉「ほう?でも意外と尽くしてくれるかもしれませんよ」

キョン「まあその可能性もなきにしもあらずだが、あいつの普段の態度を見るとそうは思えん」

古泉「いやいや、女は男ができたら変わりますって」

キョン「何かあいつは重そうなんだよ」

古泉「何がです?」

キョン「うーん。男に依存しやすそうと言うか」

古泉「ほう」

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 19:58:07.12 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ俺の直感だから違うかもしれないが」

古泉「多分大丈夫ですって。もし付き合ったら機関もサポートしますよ」

キョン「たとえば?」

古泉「そうですね…ゴムがないときにさりげなく置いておくとか」

キョン「なんという」

古泉「あなた方が行くホテルを半額にするとか」

キョン「そういうサポートはいいです」

古泉「まあそうでしょうね」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 20:02:43.34 ID:8V4PWhKw0

キョン「それにだ」

古泉「はい」

キョン「何かあいつは嫉妬深そうだ」

古泉「まあ否定しません」

キョン「俺が他の女としゃべっているだけで怒るかもしれん」

古泉「さすがプレイボーイ」

キョン「ちゃかすな」

古泉「すいません。まあそこは我慢しましょう」

キョン「前もだ」

古泉「はい」

キョン「俺と長門が買い物をしていたとき」

古泉「やっぱり付き合ってるじゃないですか」

キョン「セックスはしてないから大丈夫だ」

古泉「やっぱりあなたの言ってることが良く分かりません」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 20:10:34.63 ID:8V4PWhKw0

キョン「ハルヒと偶然あった」

古泉「修羅場ですね」

キョン「とりあえずその場は軽く雑談をして終わった」

古泉「おや意外ですね」

キョン「ところがだ」

古泉「はい」

キョン「その晩に20通くらいメールが来たのだ」

古泉「仲が良いのは良いことです」

キョン「途中から面倒になったので返すのをやめたが」

古泉「ひどいじゃないですか」

キョン「ひどくない。俺はたまたま長門と会っただけだと説明したのに」

古泉「さすがプレイボーイは馴れてらっしゃる」

キョン「ちゃかすな」

古泉「すいません」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 20:55:37.66 ID:8V4PWhKw0

キョン「とにかくその日から何かとメールの数が増えたのだ」

古泉「なるほど道理で」

キョン「何がだ?」

古泉「いえ。その日からキョンが大量発生し始めたので」

キョン「人をゴキブリみたいに言わないで欲しい」

古泉「すいません。これは学名なんで」

キョン「ちくしょう」

古泉「なるほど。あなたの涼宮さんに対する思いは分かりました」

キョン「分かってくれたか」

古泉「これで心置きなく閉鎖空間でキョンを殺せます」

キョン「なんという」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:00:09.83 ID:8V4PWhKw0

古泉「実は敵とはいえあなたの顔をしているので少し心苦しかったのです」

キョン「できればその気持ちを大事にして欲しかった」

古泉「みんなにも伝えておきます」

キョン「やめてくれ」

古泉「絢爛舞踏を取ったら報告しますね」

キョン「その報告はいいです」

古泉「今度新技で殺しますから」

キョン「それはひどい」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:04:46.73 ID:8V4PWhKw0

古泉「でもですね」

キョン「なんだ?」

古泉「ある意味涼宮さんがそこまで思ってくれるのも一種の愛なんではないでしょうか?」

キョン「もしかしたらそれも愛というやつなのかもしれない」

古泉「じゃあ、いいじゃないですか。二人きりでチュッチュしててくださいよ」

キョン「何だその言い草は」

古泉「正直に言いますとね」

キョン「うん」

古泉「あなたと涼宮さんが喧嘩をするたびに僕の仕事が増えるので勘弁して欲しいんです」

キョン「それは悪かった」

古泉「あなたあまり反省してませんね」

キョン「反省はしているが俺は無力なんだ」

古泉「悔しい」

610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:15:06.23 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ話を戻そうか」

古泉「そうですね。もともと何の話してましたっけ?」

キョン「お前の性癖についてだ」

古泉「おやおや、何か飛ばしてませんか?」

キョン「いや。俺の中では飛ばしていない。お前って彼女いないの?」

古泉「そうですね。できたことないです」

キョン「お前、顔だけは良いのになあ」

古泉「言い方がひっかかりますがまあ否定はしませんね」

キョン「調子に乗るな」

古泉「すいません」

616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:22:10.64 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ作ろうと思ったら忙しくてもできないことはないだろ」

古泉「おっしゃるとおりです」

キョン「じゃあ何で作らないの?ためしに俺の妹と付き合ってみるとか」

古泉「いいんですか?」

キョン「駄目だこのロリコン」

古泉「これはひどい」

キョン「まあ想像で良いから言ってみてくれ。想像なら逮捕されないし」

古泉「あなたは大分、僕を誤解してますね」

キョン「今日のぶっちゃけトークでお前の8割くらいは分かった気がしたがなあ」

古泉「いえいえ。そんなことはないですって。僕はもっと思慮深い人間です」

キョン「とても信じられない」

古泉「ちくしょう」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:34:55.75 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあそれは置いとこうか」

古泉「できたらもう触れて欲しくないですね」

キョン「そんなにカリカリするな。はげるぞ」

古泉「僕の家系は禿げてないから大丈夫です」

キョン「そうか…俺の家系は爺ちゃんが禿げてるからな…」

古泉「まああなたの髪の毛には興味ありません」

キョン「薄情なやつだ」

古泉「そういえば朝比奈さんについてあまり語ってなかったですね」

キョン「おっぱいについては少し言及したがな」

古泉「さすがにそれだけだと失礼でしょう」

キョン「いやあ、語る場所があるだけ良いと思うがな」

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:38:16.64 ID:8V4PWhKw0

古泉「それは屁理屈ですよ」

キョン「まあこれが俺の取りえだ」

古泉「ろくなもんじゃありませんね。そんなの企業の面接くらいでしか役に立ちませんよ」

キョン「それにさえ役立てば御の字だ」

古泉「キョンの野郎」

キョン「おい。どうした」

古泉「いえ。今のうちに閉鎖空間での戦いに向けてモチベーションを上げてたのです」

キョン「そういうの本人の前でするのはやめてくれないかな」

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:45:40.96 ID:8V4PWhKw0

古泉「まあ朝比奈さんについて語りましょうか。彼女は優しいですよね」

キョン「まあそのことについては否定はしないが、お前は彼女のこと嫌いじゃなかったっけ?」

古泉「何でですか?」

キョン「朝比奈さんのことをぶりっ子してるとか言ってたじゃないか」

古泉「ああ、あれはですね。僕の勘違いでした。彼女は良い人ですね」

キョン「調子のいいやつだ」

古泉「あのころはちょっと僕も色々警戒してましたからね。でも未来人って何ですか。ドラえもんじゃあるまいし」

キョン「それは俺も思ったが超能力を使うお前が言うもんでもないような」

古泉「僕の能力は限定されてますからね。普段は一般人ですよ」

キョン「なるほどAT限定免許みたいなもんか」

古泉「全然違います」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:51:05.43 ID:8V4PWhKw0

キョン「そうか…」

古泉「でも彼女みたいに1名だけ派遣して涼宮さんを監視すると聞いたので僕みたいに優秀な方だと思ってたんです」

キョン「ごめん、聞こえなかった。もう一回言って」

古泉「いや彼女は優秀なのかなと思いまして」

キョン「誰かさんみたいにってのが聞こえなかったからもう一回言って」

古泉「性癖を暴露しただけでここまでコケにされて悔しい」

キョン「冗談だ。でも俺も未来人と聞いたからもっとすごい能力を持ってるかもしれないと思ったもんだ」

古泉「たとえば?」

キョン「う〜ん。どんな道具でも出してくれるとか」

古泉「それはただのドラえもんじゃないですか」

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 21:57:12.08 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあドラえもんはおいといてだな。何かすごいことをしてくれそうな気もした」

古泉「分かります。未来って言葉だけで何か許せますしね」

キョン「ああ、しかもムチムチした豊満ボディがたまんねえしな」

古泉「そこまでは言ってないです」

キョン「すまん。お前はロリ好きだったな」

古泉「その話題もうやめて」

キョン「まあおいといてだな。実は俺も朝比奈さんに何かされるかもしれないと思った」

古泉「ほう例えば」

キョン「実は朝比奈さんが俺を色気で誘惑して涼宮ハルヒに何らかのアタックをさせようかとか」

古泉「うわ」

キョン「いやいや。でもあの体を見てるとそう思うって」

古泉「あなたそれはただのAVの見すぎでしょう」

663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 22:02:52.03 ID:8V4PWhKw0

キョン「AVを300G持ってる奴に言われるとは」

古泉「いや僕は見慣れてますからフィクションと現実の区別くらいつきますよ」

キョン「このAVマニアめ」

古泉「普通よりも卑猥に聞こえますからそういうこと言わないでください」

キョン「まあ俺はそう思ったんだよ」

古泉「そういえばあなたは彼女の未来の姿も見てるんですよね?」

キョン「ああ」

古泉「どんな感じでした?」

キョン「うーん。何か今より良い意味でモチモチさせたような」

古泉「ほうそれはそれは」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 22:08:20.83 ID:8V4PWhKw0

キョン「何かよくある童貞狩りの女教師みたいな感じだった」

古泉「適切なたとえありがとうございます」

キョン「個人的に俺の童貞も奪って欲しかった」

古泉「おや。あなたはまだ童貞なんですね」

キョン「ああ。あまり早いうちからセックスするのもどうかと思ってな」

古泉「なるほど。昨今の倫理観に欠如した若人の多い中立派な志です」

キョン「まあ俺の童貞はおいとこう」

古泉「そうですね」

キョン「朝比奈さんはあれだな。何かどじをしても許せてしまうな」

古泉「実は僕はちょっとあれはうざいなと思ってまして」

キョン「これだからロリコンは」

古泉「キョンの野郎!!」

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 22:15:33.44 ID:8V4PWhKw0

キョン「もうモチベーションは十分上がっただろう」

古泉「ええ。何か自分の中でベストスコア出せそうですよ」

キョン「そうか。その報告はあまりしなくていい」

古泉「そうですか。残念です。今度写メ見せますから」

キョン「やめて」

古泉「でも朝比奈さんのあれはわざとじゃありません?もしお茶の中に炭素菌を入れてて実は僕たちを暗殺しようとしてたら」

キョン「すごいことを仮定してるなお前は」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:07:06.43 ID:8V4PWhKw0

古泉「機関の人間は皆それくらい訓練を受けているんです」

キョン「なるほど。だからお前みたいなゆがんだ性癖の持ち主ができるんだな」

古泉「もうその話題やめません?」

キョン「謝るから俺の頭をつかむのはやめて欲しい」

古泉「すいません。ついここが閉鎖空間と錯覚し始めて」

キョン「相変わらず怖いことを言う」

古泉「まあ朝比奈さんの話に戻しましょうか」

キョン「そうだな。しかしもう彼女はおっぱい以外語るところはない気がするがな」

古泉「またそういうことを言う。おっぱいでしか判断できないなんてつまらない人生を歩みますよ」

キョン「よっ。ロリ大統領」

古泉「死刑だ!!」

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:13:18.86 ID:8V4PWhKw0

キョン「まあ冗談は置いといて朝比奈さんは何か年上が好きそうなイメージがあるな」

古泉「なるほど。確かに彼女のようなものに庇護欲を働かせる人は多いでしょうな」

キョン「そして朝比奈さんは既婚の男性と付き合うのだ」

古泉「俗に言う不倫と言うやつですな」

キョン「彼女のような控えめな人はちょうど二号さんというのにぴったりだと思うのだ」

古泉「意外とあたってるかもしれませんね」

キョン「多分彼女には今まで体目当てで寄ってきた男が多いから、君の内面を見てるんだという台詞にころっと落ちそうだな」

古泉「僕も一度はそんな洒落た台詞で口説いてみたいもんです」

キョン「通報されるぞ」

古泉「ちゃんと14歳以上を狙うから大丈夫です」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:19:35.60 ID:8V4PWhKw0

キョン「そうか」

古泉「そうです。じゃあ次は長門さんの話でもします?」

キョン「そうだな。でもあまり言うべき点はないような」

古泉「あなた仲良くしておきながらその態度はひどいでしょ」

キョン「いや、こうあいつは女友達みたいな感じなんだ」

古泉「つまり付き合う対象ではないと?」

キョン「付き合うの定義が何かいまいち分からんが、セックスする気になるかと聞かれればノーだ」

古泉「はっきり言いますね」

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:29:32.66 ID:8V4PWhKw0

キョン「じつは俺は正直者で通っているからな」

古泉「こういうところで正直にならなくてもいいのに」

キョン「やはりこういうのははっきりしとかないと駄目だ」

古泉「変なところで男らしいですね。でも長門さんはあなたのことを好きだと思ってましたが」

キョン「俺もあいつのことは結構好きだ」

古泉「おお言いますね。なら気持ちにこたえてあげないといけないのでは?」

キョン「多分あいつは好きという気持ちを良く分かってないんだと思う」

古泉「そんなことはないでしょう。それだけくっついていたら誰もそう思いませんよ」

キョン「俺は部員としてあいつのことが好きだしあいつも同じだろう。それに恋愛感情を混ぜるのはフェアじゃない気がする」

古泉「何かかっこいいこと言ってますね。でも本当は違うんでしょ?」

キョン「正直に言うと髪型と胸が俺のタイプじゃない」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:36:07.76 ID:8V4PWhKw0

古泉「正直ですね〜。ここまでぶっちゃけますか」

キョン「正直者のキョン君で通っているからな」

古泉「初めて聞きましたよ。でも見た目であなたも判断するんですね」

キョン「まあな。でもそれもお互い様だと思う」

古泉「お互い様とは?」

キョン「長門も長門で俺のことを顔で選んでる感があるからな」

古泉「ほう?それはまたどうして?」

キョン「まあ何となくだ。それにああいうおとなしい子は結構理想が高い場合が多い」

古泉「またもあなたの偏見ですか」

キョン「今までこの偏見で乗り切ってきたから変えるつもりはない」

777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:45:30.05 ID:8V4PWhKw0

古泉「実に男らしい。僕が女性なら交際を申し込んでるところでした」

キョン「モロッコに行って男性器を切り落としてくるなら考えてやっても良い」

古泉「はは。面白いジョークですね」

キョン「まあな。俺ほどウィットにあふれた人間はそうはいないさ」

古泉「あなたとここまで話ができて中々嬉しかったですよ」

キョン「まあいつもは困るが月に一度くらいならいいかもしれんな」

古泉「普段はあまりそこまで踏み入った話はしませんからね」

キョン「確かにそうだな。そういえばお前はいつも俺とゲームをしているときは負けてるがあれはわざとか?」

古泉「実はそうです。あれも業務の一環なので」

キョン「なんと」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:51:57.59 ID:8V4PWhKw0

古泉「冗談ですよ。そこまで僕も芝居はうまくない」

キョン「なんだ。びっくりした」

古泉「いやあ僕だけ驚かされているのも面白くなかったのでつい」

キョン「そうか、見事に引っかかったよ」

古泉「まあ僕も能力がないときは普通の人間ですからね。閉鎖空間でキョンをぶち殺すのが関の山ですよ」

キョン「やめてくれ。慈悲の心はないのか」

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/09(月) 00:10:33.66 ID:hnG3XtYs0

古泉「冗談ですよ。大分あなたと仲良くなれて少しは嬉しくなりました」

キョン「そうか良かった良かった。また今度お前の家に遊びに行くからそのときにでも
ハルヒの盗撮写真でもくれ」

古泉「ええ良いですよ。とびきりの一枚を編集しときますから。あとロリも良いもんです」

キョン「なるほど。ロリは認めがたいがお前の熱意は買おう。法に触れない範囲で頑張ってくれ」

古泉「まあ法律なんかばれなければセーフですからね」

キョン「また怖いことを言う」

コンコンッ

ハルヒ「遅れてごめ〜ん」

855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/09(月) 00:18:20.89 ID:hnG3XtYs0

キョン「おや噂をすれば何とやらだな」

古泉「そうですね」

キョン「どれ。あいつにクリップでもプレゼントしようか」

古泉「ちょっとやめてください!キョン無双しますよ」

キョン「それは困る」

ガラッ

ハルヒ「いやあ掃除が長引いてね、遅れちゃった。来てるのは二人だけ?」

キョン「ああ、どうやら俺らだけみたいだ」

古泉「他のメンバーの方たちは遅れてくるようです」

ハルヒ「ふ〜んそうなんだ。何かあんたたち楽しそうね。何かあったでしょ?」

866 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/09(月) 00:23:05.03 ID:hnG3XtYs0

キョン「ま、まああったっちゃあったかな。なあ古泉」

古泉「まあそうかもしれませんね」

ハルヒ「ふ〜ん。でも団員同士の秘密は厳禁よ。後でたっぷり聞かせてもらうわ!とりあえずキョン!お茶」

キョン「へえへえ、人使いの荒い団長様だ」

古泉「おや、ついでですから僕も手伝いましょう」

終わり

876 名前:糞虫 ◆YEqAxToOVE [] 投稿日:2009/03/09(月) 00:24:52.64 ID:hnG3XtYs0

終わりです
何かむしゃくしゃしてたので日常系漫画の男バージョンで立ててみた
今では反省している
完璧俺のオナニーでごめんなさい
それでは



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「人ではないことに変わりはない」