俺「おーいかがみん」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「クリスマスパーティーを開こう」蒼龍「クリスマスパーティー?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 18:32:12.89 ID:cF5+rrtR0

かがみん「なーに?俺君」

俺「ふふ、呼んでみただけ」

かがみん「なによ!照れくさいわね」

俺「俺とかがみんが付き合い始めてもう10年かー」

かがみん「出会ったころは小学生だったもんね」

俺「俺とかがみんは麹と米だね」

かがみん「俺君に酔っちゃいたい・・・・・・」

俺「かがみん・・・・・・」


               HAPPY END・・・・・・

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 18:44:10.75 ID:cF5+rrtR0

俺「ってまぁお酒なんて飲んだことないんだけどね」

かがみん「じゃあ何であんなこと言ったのよー」

俺「かがみんの前で大人ぶりたかった俺?みたいな?」

かがみん「やーだ俺君ったら・・・・・・///」

俺「早く大人になってかがみんと大人なことしたいなー」

かがみん「・・・・・・俺君だったら今すぐでもいいよ」

俺「だめだよかがみん!俺たちはまだ高校生なんだから!!」

俺「ちゃんと責任を取れるようになったら、その時はかがみんの唇は俺のものだよ☆」

かがみん「俺君・・・・・・こんなに大切に思ってくれてるなんて・・・・・・」

俺「当たり前じゃないか。かがみんは俺の大切な人なんだから」

かがみん「俺君・・・・・・」

俺「かがみん・・・・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 18:54:41.46 ID:cF5+rrtR0

みさお「はい、カーット」

あやの「俺君も柊ちゃんもすごい演技力ねー」

みさお「実は演技じゃなかったりしてな〜」

俺「な、何言ってるの日下部さん!俺たちはまだそんな・・・・・・」

みさお「おい聞いたか〜、ひいだぎ〜?こいつまだとか言ってんぞ〜」

かがみん「///」

みさお「まんざらでもないってか〜?カンベンしてくれよ〜」

あやの「今日はここまでね。明日は本番だからがんばりましょうね!!」

一同「おー!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 18:58:18.83 ID:cF5+rrtR0

かがみん「明日が高校最後の文化祭か・・・・・・」

かがみん「・・・・・・」

かがみん「・・・・・・」

かがみん「・・・・・・」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:01:02.74 ID:cF5+rrtR0







かがみん「・・・・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:02:58.65 ID:cF5+rrtR0

俺「このまま柊と友達のままでいいのか・・・・・・?」

俺「・・・・・・」

俺「・・・・・・」

俺「・・・・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:05:18.04 ID:cF5+rrtR0






俺「・・・・・・」







12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:12:04.20 ID:cF5+rrtR0

文化祭当日

俺「いよいよ本番か・・・・・・柊!頑張ろうな!!」

かがみん「そうね!絶対大賞とりましょ!!」

みさお「ひいだぎ〜、俺〜、幕上がるぞ〜」

あやの「がんばってね!二人とも!」

俺「・・・・・・フゥー。よし!行くぞ!!」



・・・・・・そして幕が上がった・・・・・・・・・・・・

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:24:43.60 ID:cF5+rrtR0

かがみん「俺君!どうしてあなたは俺君なの?」

俺「ああ、かがみん!俺たちは結ばれない運命なのか・・・・・・!?」


あやの「なんか二人とも乗ってるわね〜」

みさお「文化祭ってこと忘れてんじゃねえの〜?」


俺(今日の柊きれいだな・・・・・・今なら言えそうな気がする・・・・・・)

かがみん「わたしをさらって!!俺君!!!!」

俺「かがみん!!」バッ

かがみん(ちょっと!俺君近いよ・・・・・・///)

俺「かがみ・・・・・・」

かがみん(えっ・・・・・・?)



ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:27:27.21 ID:cF5+rrtR0






ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・







16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:30:19.93 ID:cF5+rrtR0







             CHU・・・・・・







17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:34:02.90 ID:cF5+rrtR0

ざわ・・・・・・ざわ・・・・・・・・・・・・

みさお「うわ〜なにやってんだあいつら〜///」

あやの「こんなの台本にないわよ〜///」

つかさ「お姉ちゃん・・・・・・///」

こなた「あー!わたしのかがみんに〜!」

めがね「かがみさん、大胆ですわね///」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:38:31.09 ID:cF5+rrtR0

俺「かがみ!ずっとずっと好きだったんだ!!!」

かがみん「・・・・・・わたしもよ、俺君・・・・・・」

俺「障害は多いけど俺が守ってみせる!!かがみ、俺と行こう!!!」

かがみん「うん・・・・・・大切にしてね」


             ・・・・・・CHU


ワァァァァァァァアアアアアアアアアア(スタンディングオベーション)


「いいぞー!!」

「見せつけやがってちくしょー!!」

「あなたたちが大賞よー!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:48:11.53 ID:cF5+rrtR0

舞台裏

みさお「なにやってんだよ〜おまえら〜」

あやの「でもそのおかげですごい盛り上がりだったわね」

かがみん「あっあれはわたしの役者魂が急騰したというか・・・・・・」

俺「そっそうそう!さながら原油価格みたいに、なぁ柊?」

かがみん「そ、そうよ!もうすっかり落ち着いてるもの・・・・・・」

俺「なんだったんだろうなー混乱だけ残して・・・・・・ははは」

みさお「じゃあなんでまだ手つないでるんだよ〜」

俺・かがみん「!!」

俺「まあ原油が下がってもまだ物価は下がらないし・・・・・・」

かがみん「そうよね!意地汚いわよね〜ははは」

あやの「まぁまぁ、それくらいにして。行きましょ?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:53:47.00 ID:cF5+rrtR0

放課後 屋上

かがみん「俺君、あの時かがみんじゃなくてかがみって・・・・・・」

かがみん「でもただの役者魂の奔流よね・・・・・・」

かがみん「俺君もそう言ってたし・・・・・・」



俺「柊はどこ行ったんだろう・・・・・・?」

俺「勢いでああなっちゃったけどやっぱり怒ってるのかな?」

俺「いや、勢いなんかじゃない!おれはあの時確かに・・・・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 19:58:10.13 ID:cF5+rrtR0

俺「あっ、柊・・・・・・」

かがみん「俺君・・・・・・なんでこんなところに?」

俺「それはこtっちの台詞だよ・・・・・・みんな待ってるぞ」

かがみん「俺君、ちゃんと答えてほしいことがあるんだけど」

俺「な、なに?」

かがみん「あの時の俺君の言葉、ただの役者魂の奔流だったの?それとも・・・・・・」

俺「かがみ!!」

かがみん「!!」


ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:00:08.61 ID:cF5+rrtR0







ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・








32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:07:31.06 ID:cF5+rrtR0

俺「あの時のおれの心はリーマンショック後の世界経済より冷静だった」

かがみん「俺君・・・・・・」

俺「俺は冷静に、そして心の底から」

俺「役としての俺じゃなく、一高校生の俺として」

俺「柊かがみ、お前が好きだと言えたんだ!!」

かがみん「わたしもね、俺君」

かがみん「そりゃ、少し驚いたけど・・・・・・」

かがみん「全然嫌じゃなかったよ」

俺「かがみん・・・・・・」

かがみん「だって、ずっと好きだった俺君だったから」

かがみん「すっごいうれしかったんだから!」

俺「かがみん・・・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:09:36.74 ID:cF5+rrtR0







            HUG・・・・・・

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:12:39.84 ID:cF5+rrtR0







            AND KISS・・・・・・







37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:19:47.06 ID:cF5+rrtR0

かがみん「うれしい・・・・・・両想いだったなんて・・・・・・」

俺「俺もだよ、柊」

かがみん「か・が・み」

俺「ふふっ、俺もだよかがみ」

かがみん「うん・・・・・・」

俺「よし、みんな待ってるしそろそろ行こう!!」

かがみん「そうね!行きましょ!!最後の打ち上げだものね!!」

俺「おいおい、置いてかないでよ、かがみ〜」



              Caenival End・・・・・・

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:32:01.56 ID:cF5+rrtR0

12月20日

俺「もうすぐクリスマスか〜。かがみはくれるの?」

かがみん「何言ってるの?受験生にはクリスマスなんて関係ないわよ!」

俺「そ、そんなぁ〜」

かがみん「ま、一緒に勉強ぐらいはしてあげるけどね!」

俺「ほんとに!?やったーーーーー!!」

かがみん(ほんとはセーター編んでるんだ、ふふふっ驚くかなぁ〜)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:38:19.98 ID:cF5+rrtR0

クリスマス当日

俺「かがみ〜、来たよ〜」

かがみん「い、いらっしゃい・・・・・・」

俺「かがみ、どうしたの?」

かがみん「ここここれっ!わたしから俺君に!!」

俺「これって・・・・・・」

かがみん「俺君いっつも寒そうだから・・・・・・」

俺「ありがとう!うれしいよ!!」

かがみん「はい、クリスマスはここまで!勉強するわよ!!」

俺「ああ、そうだな!絶対第一志望に行くぞー!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:44:39.55 ID:cF5+rrtR0

二時間後

かがみん「いい加減コート脱いだら?」

俺「いや、いいんだ。このほうが集中できるし」

かがみん「なに言ってんのよ。汗かいてるじゃない!さあ脱いだ脱いだ」

俺「あっやめろよかがみ・・・・・・やめろって!!」

かがみ「ッ!!ごめんね俺君・・・・・・怒った?」

俺「嫌だって言うことはやめようよ、ね?」

かがみん「でも・・・・・・」

俺「じゃあ今日は解散な!また明日から頑張ろう!!」バタンッ

かがみん「俺君・・・・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:48:38.44 ID:cF5+rrtR0

俺「言えるかよ・・・・・・!!」

俺「同じような柄のセーター、しまむらで買ったなんて・・・・・・」



かがみん「俺君・・・・・・」

かがみん「わたしのこと嫌いになったのかな・・・・・・」




          ・・・・・・すれ違う二人の心・・・・・・

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 20:57:49.66 ID:cF5+rrtR0

なんやかんやで新学期・・・・・・


俺「おーすかがみー、つかさちゃん」

かがみん「おはようー(わたしのセーター着てくれてるー///)」

つかさ「あ〜、それ前しまむらで買ってたやつだよね〜?わたしみてたんだ〜」

俺・かがみん「!!」

つかさ「あれ〜?違うの〜?」

俺「ひ、人違いじゃないかな?平凡な顔出し」

つかさ「え〜、間違いないよ〜。うちの征服だったし〜」

俺「ちょっ、つかさちゃん」

かがみ「もういいわよ!わたしのセーターがヘタだったから買ったんでしょ!!」タッタッタッ

俺「違うってかがみ!!」

つかさ「あれ〜、わたしいけないこと言っちゃった〜?ごめんね〜」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:08:45.83 ID:cF5+rrtR0

放課後・・・・・・

俺「違うんだかがみ!」

かがみん「もう知らない」グスッ

俺「話を聞いてくれよ!!」

かがみん「知らないって言ってるでしょ!!」

俺「あれはクリスマス前に買ったんだって!!」

かがみん「え・・・・・・」

俺「それでたまたまあのクリスマスの日に着てて」

俺「それで俺、あの日・・・・・・」

かがみん「そうだったんだ・・・・・・」

俺「それで俺、あの日コート脱げなくて・・・・・・」グスッ

かがみん「ごめんね、俺君。俺君はこんなに優しいのに・・・・・・」グスッ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:11:37.33 ID:cF5+rrtR0

俺「ははっばかみたいだね、俺たち」

かがみん「そうねこんなつまらないことで二人とも泣いちゃって・・・・・・」

俺「おっ、俺は泣いてないよ!」

かがみん「目ぇ真っ赤にしてよく言うわよ。ふふっ」

俺「そんなこと言う口はこうだ!」バッ

かがみん「きゅっ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:13:44.39 ID:cF5+rrtR0







            CHU・・・・・・







50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:18:05.33 ID:cF5+rrtR0







              CHUPACHUPA・・・・・・







51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:21:39.71 ID:cF5+rrtR0







             CHUPA・・・CHUPACHUPA・・・・・・







52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:25:21.28 ID:cF5+rrtR0

かがみん「これが大人のKISS・・・・・・」

俺「みんなより一足先に大人になっちゃったね」

かがみん「・・・・・・・ばか」




               Adult End・・・・・・

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:44:04.85 ID:cF5+rrtR0

十年後

俺「かがみと結婚してもう三年か・・・・・・」

俺「俺がこんなスパイまがいのことしてるなんて思ってないだろうな」

パァーン!

俺「ッ!見つかった!?」

俺「・・・・・・今日は引き上げるか」



かがみん「おかえりなさい、あなた」

俺「ああ、ただいま」

俺み「ぱぱおかえりー」

俺「おお俺み!ママの言うこと聞いていい子にしてたかー?」

俺み「うん!!」

俺「元気があってかわいいなー、俺みは」

かがみ「あなた、それくらいにしてお風呂にしたら?」

俺「ああ、ありがとう」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:48:40.50 ID:cF5+rrtR0

かがみん「あら?スーツに傷が・・・・・・」

かがみん「まさかあの時の人影・・・・・・」

かがみん「まさかね・・・・・・考えすぎね!」

かがみん「さ、ごはんごはん」

俺み「ごはんー!」


俺「かがみ、スーツの肩のところ破れてたろ?」

俺「釘に引っ掛けちゃってさ」

かがみん「そうだったんだ、あとで直しとくね」

俺「悪いな、いつもいつも」

かがみん(よく考えたらスーツなんて月一で破れるもんじゃないわよね)

かがみん(やっぱりおかしいわ・・・・・・)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 21:53:30.00 ID:cF5+rrtR0

俺(気付かれたかな・・・・・・)

俺(このヤマもたぶん明日で終わりだし)

俺(終わったら足洗おうかな・・・・・・)

俺(かがみや俺みのためにも・・・・・・!)


かがみん(まさか・・・・・・ね)

かがみん(まぁ明日の取引でわたしは抜けるし)

かがみん(大丈夫よね、たぶん)

かがみん(明日一日くらい・・・・・・!)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 22:01:19.62 ID:cF5+rrtR0

次の日

俺「そこまでだ!!」

俺「最近出回ってる田村先生のBL本の海賊版!」

俺「でどころはここだってわかってるんだ!!」

俺「あと五分もすれば警察も来る!あきらめるんだな!!」

かがみん「あなた・・・・・・」

俺「かがみ・・・・・・!なんてこった・・・・・・こんなところで君に合うなんて・・・・・・」

かがみん「それはこっちのセリフよ・・・・・・アニメ−ターだって言ってたのに」

俺「それは・・・・・・」

かがみん「まぁいいわ・・・・・・もう終わりだもの・・・・・・」

俺「かがみ・・・・・・」

かがみ「あと五分で警察、でしょ?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 22:06:44.79 ID:cF5+rrtR0

俺「そうだ・・・・・・捕まれば極刑もありうる・・・・・・なぜこんなことを!?」

かがみん「あの子をいい大学に入れるため・・・・・・お金がたくさん必要なのよ!!」

俺「そんなことのために・・・・・・ばかだよ、お前は」

かがみん「そうね、おおばかね・・・・・・」

俺「でも・・・・・・ずっと待ってるから、かがみが出所するのを、俺みと二人で!!!!」

かがみん「あなた・・・・・・」


ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 22:08:02.17 ID:cF5+rrtR0







               ドックン・・・・・・ドックン・・・・・・







61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/01(日) 22:10:29.51 ID:cF5+rrtR0

こうして俺たちは離れ離れになってしまった
俺は男でひとつで俺みを育てている

明日は俺みの結婚式、そしてかがみの出所日だ

まだまだこれからだぜ!俺の青春!!




                 Spy End・・・・・・



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ワンピース?日本ではその漫画が流行ってるの?」