鶴屋さん「差し入れの焼き芋っさー!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「球磨ー」球磨「クマー?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:03:14.92 ID:FgKt4lpS0

ハルヒ「焼き芋ね」
キョン「ああ、焼きたてのほかほかだな」

古泉「どうやら石焼きのようですね」
みくる「クンクン……これは、紅あずまでしゅね」

長門「……」ぺら

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:05:57.96 ID:FgKt4lpS0

ハルヒ「放課後に部室で焼き芋というのはとてもオツよね」
キョン「うむ、冬の深まった昼下がりには最高のおやつだな」
みくる「部室で……っていうのも、なんだか背徳感があって素敵ですよね」
古泉「玄米茶ともよく合いそうですね」

長門「……」ぺら

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:08:31.60 ID:FgKt4lpS0

ハルヒ「……焼きたてのお芋の寿命は短いものよね」

キョン「ああ、ぱっくりと割れた断面から漂う甘い湯気とは、気を抜くと失われてしまうものだ」

古泉「まるで恋のようですね。心がほぐれるような安らぎ、甘いひと時……それはいつの間にか薄れてしまうものです」

みくる「全部でいつつ……ですね」

長門「……」ぺら

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:10:52.81 ID:FgKt4lpS0

ハルヒ「……」
キョン「……」
みくる「……」
古泉「……」
長門「ぺら」……


みくる「あの……冷めちゃいません?」
ハルヒ「そうね、うかうかしてると……焼きたてじゃなくなってしまうわ」

キョン「それはそれで嫌いではないが、焼きたての焼き芋をみすみす取り逃すのは……」

古泉「とても惜しいことだと思います。人生のわずかなチャンスを失ってしまう、愚かな青少年たちのようになりたくはないですね」
長門「……」ぺら

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:16:52.25 ID:FgKt4lpS0

ミスった 選択肢にキョンがねえ

大文字ならハルヒ
小文字ならキョン
記号なら古泉
数字ならみくる

↓のIDで分岐しちゃおうかな

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:18:20.29 ID:JFiy5ygVO

ん?

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:22:49.54 ID:FgKt4lpS0

=ハルヒ=

キョン「……なあ、そうこうしてると、マジで冷めちまうぞ? ハルヒ、食べないのか?」
ハルヒ「え、あ、あたし?」

古泉「そうですよ、涼宮さん、お芋はお嫌いなんですか?」
ハルヒ「そ、そういうわけじゃないわよ、もちろん。焼き芋、おいしいじゃない」
みくる「あっ! それなら、あたしはいいですから、涼宮さん、あたしの分も食べていいですよ?」
ハルヒ「えっ……や、で、でも?」
キョン「! ……こらこら、そういうのは良くないぞ。ちゃんと人数分あるんだから
    だがまあ、どうしてもといいなら、俺の分をやるからそれで我慢しろ」
ハルヒ「な、何よ、べつに、あたしだって一つで……いや」
古泉「おや、珍しいですね。涼宮さん、いつもとてもよく食べられるではないですか」
ハルヒ「あ……えーと……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:26:19.79 ID:FgKt4lpS0

ハルヒ(たっ……確かに焼き芋は大好物だけど)

ハルヒ(いえない……最近冬の味覚にかまけすぎて、体重がヤバイなんて!)
ハルヒ(ただでさえ、今日は自分へのゴホウビ(笑)にから揚げ定食なんか食べちゃって、カロリーオーバー気味なのに!)

キョン「遠慮せんでいいぞ、俺は昼飯のあとで、焼き芋一本は重すぎるしな」
みくる「そ、そうでしゅよ、なんでしたら、本当にあたしの分だって食べちゃっていいですって」

ハルヒ(く……食べても太らない健康女子(笑)を気取って、みんなの前で食べまくってたのが、こんなところであだになるなんて……!)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:30:29.60 ID:FgKt4lpS0

分岐はまあ最初の切り口をどれにするかぐらいで、大体全員のメンタル書くよ

キョン「いや、朝比奈さん、こいつを必要以上に甘やかしたらダメですって。
    ハルヒがいらないってんなら、朝比奈さん、俺の分も食べていいですから」
みくる「う……いや、あたしはちょっと……いま、ダイエット中でしゅし」

ハルヒ(ktkr!)
ハルヒ「何よみくるちゃん、ダイエットなんて、出るところ出てるわりに細すぎるぐらいじゃない!」
みくる「や、えええと、実は見えないところがでしゅね……」
キョン「見たことないところなんてありませんが?」
ハルヒ「そうよそうよ! みくるちゃんこそ、あたしの分も食べていいわよ!
    ちゃんと栄養摂らなきゃ、団員の健康管理も、団長の務めだもの!」
みくる「ふ、ふええええええ?」

長門ぺ……ら「」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:35:51.08 ID:FgKt4lpS0

=みくる=

キョン「ほらほら、朝比奈さん、冷め始めちゃってますよ」
みくる「や、そんな、ほんとに気を使っていただかなくても……」

みくる(きょ、キョン君……どうあってもあたしに焼き芋を食べさせる気ですう……)

みくる(で、でも、こんな時間におイモを食べたら……きっと夜に、お、おならが……)

キョン「……ニヤリ」

みくる(うう……やっぱり、それが狙いなんですね、キョン君……)

みくる「あの、あたしはほんとに、お野菜中心で食生活してましゅから……
    キョン君こそ、食物繊維とか、ちゃんととってないんじゃないでしゅか?」

キョン「しょ、食物繊維? や、俺は母親の作る食事をちゃんと食べてますよ?」

ハルヒ「でも、確かにキョン……お昼はパンだし、お弁当の時も、動物性たんぱく質が多いわよね」
キョン「な、え、そ、そうか?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:42:16.97 ID:FgKt4lpS0

=キョン=

ハルヒ「そうよ、キョンこそ食物繊維をとるべきね。
    あんた最近からだ弛んでるし、サツマイモはアスリートが主食代わりにするくらい良質な炭水化物なのよ!」
みくる「そ、そうでしゅよキョン君。お腹がふくれちゃったら、その分ゆうごはんを軽めにすればいいじゃないでしゅか!」

キョン「く、詳しいな、お前ら……」

キョン(く……流れがヤバイ方向になってきたな)
キョン(しかし、俺は今日、綿密な計画を立てた食事を取っているのだ……ここでそれを乱すわけには!)

キョン「あ、いやな……実は今日、夕食を妹が作ることになっていてだな?
    俺に食べさせるのを、妹はとても楽しみにしているらしいんだ。だから、あまり間食は……」

みくる「う……い、妹さんでしゅか」
ハルヒ「そ、そうなの……何よまったく、男ならそれぐらい平らげなさいよ!」
キョン「……お前、食生活を正せとさっき言っていなかったか?」

ぺら「長門」……

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:45:16.96 ID:FgKt4lpS0

=みくる=

みくる(妹ちゃんをダシにするとは……ヒキョウです、キョン君!)

みくる(涼宮しゃんは何故か食べたがりませんし……このままじゃ、低体重のあたしが分が悪いでしゅね)
みくる(でも、このまま流されたら、キョン君の思う壺……どうすれば!)

みくる(!そうでしゅ……)

みくる「あ、あたしより、長門さんのほうが痩せてるじゃないですか!」

キョン「!」
ハルヒ「う……そ、そういえばそうね」

長門「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:50:26.79 ID:FgKt4lpS0

=長門=

みくる「ね、長門さんも、おいも好きですよね?」
ハルヒ「そ、そうね……それに、一人暮らしで、食生活は乱れてそう……よね」
みくる「そうでしゅよ、コンビニのお弁当やカレーだけじゃ、便秘にもなっちゃいましゅよ?
    ここは是非、食物繊維とビタミンDが豊富なおイモを食べるべきでしゅよ」
キョン「う……いや、でも」
みくる「キョン君は、長門さんの腸内環境が悪くなって、お肌が荒れてもいいって言うんでしゅか?」
キョン「ぐ……」

長門「…………」

長門(涼宮ハルヒが体重の増加を恐れて焼き芋を食べることを躊躇しているのは、観測済み)
ぺら(また、朝比奈みくるも……詳細は不明であるが、焼き芋の摂取を拒んでいる)
長門(私の腸内環境は情報操作により問題はない。そして、私の満腹中枢及び味覚は、焼き芋の摂取を求めている)


長門「……それなら、私が」
古泉「ちょっと待っていただけますか?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:56:41.43 ID:FgKt4lpS0

=古泉=

みくる「こ、古泉くん……どうかされたんでしゅか?」

古泉「いえ、その……なんと言いますか」


古泉(……涼宮さんが影で体重維持のために尽力していることは、機関のリサーチによって確認済みです。)
古泉(おそらく彼女は、自分以外の誰かに焼き芋を押し付けてしまいたいのでしょうが……)


長門「……」じー

古泉(長門有希……彼女は涼宮ハルヒが新陳代謝活発な食べても太らない女のコ(笑)を装うために過食に走っている場面で
    彼女と同量、あるいはそれ以上の量の食事を、平然と行っている……)

古泉(彼女は自分の体系を操作することなど容易であり、彼女がそれによって肥満することはない。
    ……そして、涼宮ハルヒは心のそこで……真の【食べても太らない女子】である長門さんを疎ましく思っているはず
    現に、彼女たちが食事をともにした日の夜の閉鎖空間の出現率はかなり高い……
    このごろ落ち着きつつある閉鎖空間の出現率が、これをきっかけに増加する確率は低くない……これは、阻止するべきでしょう
    ……それに)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:05:49.70 ID:x4V9xhD40

古泉「あの……やはり、人数分あるのですから。フェアーに分けるのが道理だとは思いませんか?」

キョン「む……ま、まあ、だが……俺は妹の」
古泉「それでしたら、キョン君の分は僕が頂きますよ。
    実を言うと……今日の夕食をどうするものかと、丁度悩んでいたところでありまして。
    スミマセンが、僕はこの場でいただかずに、持って帰らせていただいても良いですかね?」

みくる「え……古泉くん、そうだったんでしゅか?」
古泉「ええ、僕も一人暮らしをしているもので……おはずかしながら、時々食べるものに困ることがあるんですよ」

ハルヒ「な、なによ! そういうことは早く言いなさいって!
    団員が困ってるのにほっとけないじゃない、あたしの分も持っていっていいわよ!」
みくる「そうですよ、あたしのだって持っていってください! 冷めちゃっても、明日くらいまでなら食べられますし!」

古泉「ええっ、そんな、申し訳ないですよ……」

古泉(……計画通り!)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:11:42.99 ID:x4V9xhD40

古泉(焼き芋……確かに、僕も嫌いな食物ではありません。)
古泉(しかし……僕の傍には、いるのです。焼き芋と言う食物に、異常な執着を持つ人間が!)



――――古泉ー、おい、古泉ー!

――――は、はい? ……ま、まだ六時……な、なんですか、森さん?

――――なんか、焼き芋食べたいから、買ってきて


古泉(まwwwwなwwwwつwwwwでwwwwwすwwwwがwwwww)
古泉(っと……思わず、思い出しテンパりをしてしまいました)

古泉(朝比奈さん、涼宮さん、キョン君、僕の分とで計四本……健啖家の森さんでも、さすがにこれだけあれば満足するはず!)
古泉(これでご機嫌を取れば、今夜の責めだって少しはマシになるはず! まさに僕の思惑通り―――)



キョン「な、なあ、ちょっと待たないか?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:19:24.96 ID:x4V9xhD40

=キョン=


古泉「ニア、僕の勝ちd……って、は、はい? キョン君?」
キョン「いや、ほら、さすがに四本も持って帰るのも、芸がないじゃないか。ただの焼き芋だし」
キョン「俺の分は古泉にやるとして……とりあえず、みんな一本づつ食べていったらいいじゃないか。
    せっかく鶴屋さんに差し入れてもらったんだし、悪いだろ?」

みくる「う……」
ハルヒ「そ……そう、かしら、ね?」

キョン「ああ。まあ、別に古泉も、一本まるまるじゃなくたって、半分ぐらいはあったかいうちに食いたいじゃないか」
古泉「そ、それはそう……いう、気もしますが」

キョン(危ないところだった……このまま古泉に総取りされちゃ、俺の計画がむちゃくちゃだぜ
    なんとしても、朝比奈さんに、この食物繊維の塊を食ってもらわねば……
    予定では、体育倉庫で落ち合うのが8時……現在午後4時。少なくともあと一時間のうちに!
    そして、俺はこの後ダッシュで駅前へ走り、すっぽん鍋をヤマイモ・にんにくトッピングで腹の限界まで掻きこむ……)

キョン(この完璧な計画を、古泉などに邪魔されてたまるものか!)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:25:56.01 ID:x4V9xhD40

長門「待って」

キョン「うっ……な、なんだ、長門?」
みくる「ど、どうしました、長門さん? あ、やっぱり、焼き芋2つ食べたくなりました? それなら、あたしのを……」
ハルヒ「そうよ、あたしのだって……」

長門「……すでに焼き芋の中心温度は20℃を下回っている」
キョン「……え゛」

ハルヒ「ほ、本当だわ……表面も、焼きたてのつるっとした乾き具合じゃなくて、ただ干からびてしまってるわ!」
みくる「し、新聞紙が湯気を通じて水分を吸いきって、ふやふやになってましゅ!」
キョン「か、可食部の水分量も減少し、口に入れてもぽっさぽさ、牛乳ナシじゃあ飲み込めたモンじゃないレベルになっちまっている!」

長門「……ああだこうだとまごついているから、完全な状態で摂取できる期間を通過してしまった」
キョン「な、なんてこった……」
長門「……私の満腹中枢、校内粘膜、味蕾は、中心温度が50℃を下回った調理済み薩摩芋を求めていない。
    ……貴方たちに譲渡する」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:31:45.41 ID:x4V9xhD40

=なんかもうめんどいからここよりミックス=

古泉(うはwwww思わぬ展開wwww)

ハルヒ「これじゃ……素敵なおやつとは呼べない、わね……」
キョン「ああ……こんなものにかぶりつこうものなら」

  \\                                         //
   \\ 口 の 中 パ ッ サ パ サ だ よ パ ッ サ パ サ//
     \\                                  //

       ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩ ∩∩
       (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・) (・x・)
       ⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂⊂ ⊂
       し-つし-つ し-つし-つ し-つし-つ し-つし-つ し-つし-つ

ハルヒ「なんか……一気に萎えたわ」

古泉「あの……それでは皆さん、いただかないんですよね?」

ハルヒ「ええ。古泉君、ごはんに困ってるんでしょ? 持って帰っちゃっていいわよ」(こうなったら食欲も沸かないわ……ある意味ラッキーかしら)

古泉「それじゃ、お言葉に甘えちゃいましょうかね」(やべえwwwww笑いがとまらねええwwwwww)
キョン「ま、待ってくれ。ほら、玄米茶とあわせればなんとか」(それじゃ困るんだ、せめて一本! 朝比奈さんの腹に、っていうか腸に!)


みくる「あっ、じゃあ! 古泉君が持って帰る分は別として、あたしが明日、スイートポテトをつくってきましゅよ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:41:40.61 ID:x4V9xhD40

ハルヒ「すっ……スイートポテト!?」
長門「……薩摩芋を蒸かした物を裏ごしし、生クリームやミルク、ブランデー、バターなどで伸ばしペースト状にし
    そのまま、ないしはタルト生地やパイ生地と合わせ、卵黄やキャラメルソースを塗り、オーブンで焼いた洋菓子。
    主にパン屋などで販売されるケースが多いが、リストランテやパティスリーにて提供される場合もあり
    その場合はアイスクリームやチョコレートを添えて提供されるか、プティフールやフィナンスェなどと共に盛り合わせて提供される場合もある。
    日本ではデザートヴュッフェのメニューとしても人気。
    また、各製菓会社から箱詰めの生菓子としても販売されており、薩摩芋の名産地では名物土産としても人気が高い」
ハルヒ「知ってるわよ!」
長門「私も好む」
ハルヒ「それは別に報告しなくていいわ」

みくる「焼き芋でも、蒸かしなおせば大丈夫だと思いますし、おいしく出来る自信もありましゅよ
    明日の不思議探索でピクニックにでも行って、鶴屋さんも誘っていただきましぇんか?」
    (ふふ……我ながら名案でしゅ。調理済みのものなら、その……おなら誘発効果も薄いでしょうし
     それに、お昼に頂けば、キョン君と会う夜には、いい加減ガスも薄れているはず……)

ハルヒ「そ、そうよね、みくるちゃんのお菓子はおいしいものね……」
ハルヒ(な、なんて余計なことを……スイートポテトなんてしたら、カロリーは上がるのに何個でも食べられちゃうじゃないの!)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:49:56.55 ID:x4V9xhD40

キョン「ま、待ってくれ。しかし、なんだ……ほら、鮮度が心配じゃあないか? 一度冷めた焼き芋でなんて、なんかほら、なあ?」
鶴屋「一度冷ましたのはどこの誰っさ」
ハルヒ「ちょっと待って今の」


長門「スイートポテトは好む。しかし、明日の会合まで待つことはあまり好まない。
    ……朝比奈みくる」
みくる「い、今作れっていうことでしゅか? それはさすがに……」
古泉「え、えっと、でも……朝比奈さんにあまり手を煩わせるのも、その」
古泉(ちょっと待ってくださいよ……森さんは焼き芋でない薩摩芋は薩摩芋にあらずと座右の命に持つほどの人ですよ!?
    スイートポテトなんてもってのほか……
    それに第一、僕が薩摩芋を食べたことがばれたら、森さんに何をされるか……
    古泉、薩摩芋を前にして、あたしの元に届けずに口にするとは良い度胸だな……と……う、うわあああ!!! そ、それはさすがにっ!)

みくる(スイートポテトを今すぐ……オーブンもありますし、材料を買ってくれば無理じゃあないでしゅけど……
    でも、いくら調理済みとはいえ、今日薩摩芋を食べちゃったら……きょ、キョン君にどんな辱めを受けるかっ!)

キョン(く……朝比奈さんが自分で動くつもりはないか
    こうなったら……俺が動くしか!)

キョン「そうだ! なあ、俺が今から芋煮を作るってのはどうだ?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 00:55:13.45 ID:x4V9xhD40

ハルヒ「い、芋煮?」
古泉「そ、それは……一体?」
キョン「読んで字のごとく、芋の入った汁なんだが
    なあ、そもそも観てくれ、もう時間も遅いじゃないか。
    おやつと言うより、夕飯気分でだな。たまには俺が腕を振るうというのも悪くないだろう。
    降りたところのスーパーで材料を買ってきて……野菜も入るし、温まるぞ」

キョン(こうなったらもうなりふりは構えん……すっぽん鍋は諦めるしかない
    しかし、芋煮ににんにくとヤマイモを忍ばせれば、少しはドーピングにもなるはず……
    ついでにレンコン、コンニャクでも入れてやれば、朝比奈さんの腸も良いカンジに活発になるはず……!)

ハルヒ「や、野菜が入る……」
ハルヒ(芋煮……コンニャクでも入ってれば低カロリーだし、繊維質も摂れるじゃない!
    夕食をそれで済ませちゃえば……ここの所ご無沙汰だったお通じだって!」

ハルヒ「い、いいじゃない! キョン、あんたの料理なんてどんなか心配だけど、団長としてお手並み拝見してあげるわ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 01:04:47.76 ID:x4V9xhD40

キョン「多めに作れば、古泉の持ち帰りの分も用意できるぞ?」

古泉(芋煮……他の具材も入るということなら、サツマイモをよけて食べることも出来ますね……
    ……今晩の責めをソフトにすることができなくなるのはザンネンですが
    仕方ない……もともと降ってわいたチャンスです、ここは妥協いたしますか……)
古泉「そうですね、キョン君のお料理と言うのも楽しみですし、みんなで暖かいものを、というのも素敵ですね」



長門(芋煮……けんちん汁や豚汁に類似する、根菜を主とした味噌仕立ての汁料理。
    主な出汁となるのは昆布、具材をかねた椎茸……そして、かしわ肉。程よくほぐれるもも肉の繊維にとろける雛皮、溢れる鶏の香り…)
長門「異論はない。むしろ早急に材料を調達に出かけるべき」


キョン「じゃあ、決まりでいいか? そうとすりゃ、急いでスーパーに行って、材料をそろえなくっちゃな」
キョン(あんまり時間の余裕もないしな……無臭にんにくの漬物も買って、こりゃ楽しみになってきたぜ)

みくる「ふ、ふええ……えーっと、そのお……」
みくる(ば……万事休すでしゅう…………)

ハルヒ「そうと決まれば、突発SOS団芋煮回、開催決定! 材料調達に行くわよ、レッツゴー5匹!」
キョン「アラホラサッサー!」

……




谷口「おーい、キョン……あれ、なんだ、帰っちまったのか?
    なんだこの芋、冷めちまうじゃねえか……勿体ねえな、食っちまうか」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 01:27:13.01 ID:x4V9xhD40

………

……



カタカタ
Haruhi.S>……にんじんダイエットっていうのは果たしてありなのかしら?
konakona>スイーツ乙w



キョン「はあ、はあ……朝比奈さん、痒いですか? 痒いですかっ?」
みくる「はああぅ……か、痒いですぅ、キョン君のカタイのが、かゆいですううう!!
    冗談じゃなくっ、明日までかゆくなっちゃいましゅううう!」



森「……これはこのチキン野郎ってののしってくださいって意思表明か?」
古泉「……明朝のたんぱく質補給も兼ねて、と……」



朝倉「……長門さん、こんにゃくだけのおでんって……おいしい?」
長門「……わりと。そっちの味噌とって」



END

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 01:34:07.50 ID:x4V9xhD40

エンディングテーマ:あなたにポテト 歌・鶴屋さん

午後の授業も六限を回って 放課後まであと30分たらず
焼き芋やさんは学校がえりの 女の子でごったがえすにょろ

あたしもその列に混じって おじさんのとこまでやってきたにょろ
焼芋大好きなみんなのため おいしい奴をかっていくにょろ♪

ひとつがなるべくおっきくって ほくほくそうなのをえらんで
焼き色 大きさの揃った いつつ入りの袋を一つ買うにょろ

横はいりするスイーツにも負けず やっとレジまでたどり着いたら
今度はお財布が見あたらない 笑いながらポケットさぐるにょろ

はっきりいってありがちなおやつ 掘って焼くだけの簡単お芋
それを笑って食べてくれる 世界で一番みんなが好きにょろ
世界で一番おいしいにょろ?

神様 今日もしあわせサンキューにょろ♪

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 01:43:14.52 ID:x4V9xhD40

わかってるさ
俺が未熟なんだろ

読んでくれてありがとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「下着を忘れたので今は穿いてない」