こなた「ねえ、かがみ、お嫁さんごっこしよう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「こんにちは、野比のび太です」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 11:39:47.22 ID:DOXOiE5R0

かがみ「…え?」

こなた「いや、ごっこだよごっこ小さいころやらなかった?」

かがみ「え…いや…まあね…っていやいやいや、おかしいだろ」

こなた「え〜、ちょっと、やってみようよ〜」

かがみ「や、やらないわよ…だ、大体女同士でおかしいじゃない、そんなの」

こなた「え〜、ノリ悪いなかがみんは…」

かがみ「や、やるわけないでしょそんなもの…や、やるわけ…」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 11:41:29.65 ID:DOXOiE5R0

こなた「ま、いいか…、ところでかがみん、明日さ、ーー」

かがみ「全く、女同士でお嫁さんごっこなんて…(ブツブツ)」

こなた「あれ、聞いてる、かがみ?」

かがみ「もう、こなたはいつもそう…」(ブツブツ)

こなた「かがみん?」

かがみ「…」

かがみ「ち、ちなみにさ…」

こなた「ん?」

かがみ「ど、どっちがお嫁さん?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 12:01:16.94 ID:DOXOiE5R0

こなた「え?」

かがみ「ちょ、ちょっと聞いてみただけよ」

つかさ「何の話してるの〜?」

かがみ「つ、つかさ!? な、何でもないわよ…」

こなた「どっちがお嫁さんかなって話」

かがみ「そ、それはちょっと聞いてみただけで…」

こなた「あのね、かがみが…」

かがみ「ち、違うわよ、最初はこなたが言い出したんだからね」

かがみ「つ、つかさ、勘違いしないでね、これはこなたが…」

こなた「え〜、照れることないじゃんw」

かがみ「ち、違うのちがうの(///)」

つかさ「…??」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 12:11:17.94 ID:DOXOiE5R0

こなた「いやあたしが冗談で、”お嫁さんごっこしよう”って行ったらさ…」

つかさ「お、お嫁さん…!?」

かがみ「じょ…冗談…?」(ボソッ)

こなた「ーーーーwww」(かがみには聞こえてない)

つかさ「ーーー」

こなた「ーーーーwww、」

つかさ「え〜、そんなのーーーーだよ〜」

こなた「いやでも、かがみも確かそうだよね?」

かがみ「そ、そうよ冗談よね、そのくらい分かったわよ、あ、当たり前じゃない」

こなた「…かがみん?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 12:17:48.46 ID:DOXOiE5R0

ー放課後ー

かがみ「あれ、こなたのやつ今日は一緒に帰ろうとか言ってこなかったわね…」

みさお「じゃな〜、柊〜」

かがみ「あ、うん…」

かがみ「ま、まあでもいつも一緒なんだから、たまには別々で帰らないと、疲れちゃうわよね…」

かがみ「きょ、今日の帰りは静かでいいわね〜」(チラッ)

かがみ「…」(誰もこない)

かがみ「ふぅ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 12:24:41.45 ID:DOXOiE5R0

かがみ「よ、よし帰るか…」

こなた「かがみ〜、一緒に帰ろ!」(かがみに抱きつく)

かがみ「!!」

かがみ「あ、あんた今日は何かあるんじゃなかったの?」(ドキドキ)

こなた「いや、ちょっとフェイントかけてみようかと…」

かがみ「ちょ、全く、びっくりしたじゃない」

こなた「…あ、いや、ごめん。そんなに驚いた?」

かがみ「い、いきなり来たから驚いたのよ、そうよいきなり抱きつかれたら誰だって…」

こなた「…かがみん?」

かがみ「全くもう、シャレにならん」(ボソッ)

かがみ(ドキドキ)



14 名前:[] 投稿日:2009/02/17(火) 12:27:12.06 ID:DOXOiE5R0

立てたばっかだが少し放置する
すぐ戻ってくると思う、悪い

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:21:20.98 ID:DOXOiE5R0

ー帰り道ー

かがみ「きょ、今日さ、こなた何か予定とかある?」

こなた「ん〜、特にはないかな…急にどしたの?」

かがみ「帰り…どっか寄ってかない?」

こなた「うむ、今日はかがみに付き合うよ、どこでもオッケーだよ」

かがみ「ど、どこでも…?」

こなた「まあでも、あんましお金かかるとこは嫌だけどね」

かがみ「ど、どこでもか…」

かがみ「…」

かがみ「わ、私の家寄ってかない」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:27:48.19 ID:DOXOiE5R0

こなた「かがみの家か〜」

かがみ「い、嫌だった?」

こなた「いや、今日は見たいアニメがあるからそんなに遅くはなれないのだよ」

かがみ「そっか…アニメか…」

こなた「うむ、すぐ帰るようになっちゃうからね」

かがみ「ア、アニメなんて…」

こなた「ん?」

かがみ「わ、私の家で見ていけばいいじゃない…」(ボソッ)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:35:33.13 ID:DOXOiE5R0

こなた「ん、何か言った、かがみん?」

かがみ「べ、別に何でもないわよ(///)」

こなた「そっか」

みゆき「あの…よろしいでしょうか」

かがみ(みゆき…いつの間に!?)

こなた「お、みゆきさん、かがみがさ…」

みゆき「ええ、わ、私でよろしかったら、今日お付き合いできますよ」

かがみ「え?」

みゆき「かがみさんのお宅、お邪魔してもよろしいでしょうか」

かがみ「…う、うん、いいけど…」

かがみ(みゆき、どうしたのかしら、珍しいわね)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:43:28.32 ID:DOXOiE5R0

ー柊家ー

つかさ「ゆきちゃん、珍しいね〜帰りに家よるなんて」

みゆき「そ、そうでしょうか」

つかさ「ほら、昨日お姉ちゃんと作ったクッキー食べようよ」

みゆき「かがみさんと作られたのですか」

かがみ「そ、そうね…、みゆきもこなたみたく”私のだとおいしくない”みたく言わないでよ〜(笑)」

みゆき「い、いえ…」

つかさ「…?」

みゆき「か、かがみさんが作ったから美味しいんです、かがみさんが作ったものだったら何でも…」

かがみ「…みゆき?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:52:56.03 ID:DOXOiE5R0

かがみ「そ、そんなこと言われたの久しぶりよ(笑)」

つかさ「そ、そうだね」

みゆき「きっと…」

かがみ「ん?」

みゆき「きっと、相性が良いのですね、”舌が合う”とでも言うのでしょうか」

かがみ「そ、そうかもね」

みゆき「だとすると、泉さんとかがみさんは相性悪いかもしてませんね」

かがみ「…え?」

みゆき「ええ、きっと泉さんはかがみさんを駄目にしてしまうと思うんです…その点、私だったら…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 13:57:38.47 ID:DOXOiE5R0

ー夕食後ー

かがみ「今日、みゆきちょっと変じゃなかった?」

つかさ「そ、そうだね」

つかさ(お姉ちゃん、気が付いてないのかな…)

かがみ「それにしても…」

つかさ「アハハ」(テレビを見ている)

かがみ(お嫁さんごっこかぁ…いぃかも…考えたこと無かったなぁ…)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 14:12:05.35 ID:DOXOiE5R0

かがみ(もし私がお嫁さんだったら…)

ーかがみ妄想中ー

かがみ「おかえりなさい、こなた」

こなた「ただいま、かがみん♪」

かがみ「ご飯にする?お風呂にする?それとも…(///)」

こなた「う〜ん、じゃあかがみにしようかな」(チュッ)

かがみ「もう、あなたったら(///)」

ーー

かがみ(きゃ〜、なんてなんて><)

つかさ「お、お姉ちゃん、どしたの?」

かがみ「はっ!?い、いや何でも…」(我にかえる)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 14:31:14.10 ID:DOXOiE5R0

かがみ(どっちもお嫁さんってのもアリかしら…)

ーピロピロ

かがみ「あ、メール、こなたからだ♪」



件名:今日の話の続きw

ご飯にする、お風呂にする、それとも…www

                    こなた


かがみ「ちょ、これって…」

かがみ(わ、私の考えてた展開どうりだ…)

かがみ「こ、これが以心伝心ってやつかしら…(///)」

かがみ「ああもう…こなた…」(ドキドキドキ)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 14:46:31.50 ID:DOXOiE5R0

こなた「おはよ、かがみ」

かがみ「あ、こなた、昨日のメールだけどさ…」

こなた「ああ、ごめん、昨日かがみ以外と乗り気だったのかな、っておもってふざけて送っちゃって」

かがみ「そ、そっか、ふざけてか…」

かがみ(ほ、本気で私の意志が伝わったのかと思ったのに…)

かがみ「でも…」(ドキドキ)

こなた「ど、どしたのかがみん、そんなにくっついてきて…」

かがみ「べ、別にくっついていってる訳じゃないわよ…勘違いしないでよね(///)」(すぐ離れる)

こなた「ああ、そっか」(素直にこっちも離れる)

かがみ「〜〜っ!」

かがみ(ああもう私ったら、どうしてこう素直になれないのかしら)

41 名前:[] 投稿日:2009/02/17(火) 14:52:14.65 ID:DOXOiE5R0

すまん、またちょっと離れる
あんまし需要なさそうだが、残ってたら続き書くよ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 15:35:56.31 ID:DOXOiE5R0

教師「それでは二人組みを作って下さい」

ーー

こなた「みゆきさん、組も…」

みゆき「つかささん、組みましょう」

つかさ「う、うん、いいけど」(チラっとこなたを見る)

こなた「えっと…」

みゆき「ごめんなさい、泉さん」

こなた「い、いや、いいよ…」

みゆき「こんなとき…」

つかさ「…」

みゆき「こんなとき、かがみさんが助けてくれたらいいですのにね♪」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 15:44:24.53 ID:DOXOiE5R0

ー昼休みー

みゆき(モグモグ…)

かがみ「全くもう、こなたは…」

こなた「アハハ♪」

つかさ「…」

みゆき「随分と…………ですね」(ボソッ)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 15:46:59.11 ID:DOXOiE5R0

こなた「…え?」

みゆき「随分と…お二人は仲が宜しいのですね」

かがみ「え…?そんな仲良しだなんてそんな…(///)」

こなた「えー、仲良いじゃんw」

かがみ「も、もう、こなた…(///)」

みゆき「…」

つかさ「あ、あのさ…」

みゆき「そのまま………て下さいね」(ボソッ)

こなた「え?」

みゆき「そのまま…永遠に仲の良い友達でいて下さいね」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:03:53.88 ID:DOXOiE5R0

ーバン!!

かがみ「みゆき!!」

みゆき「は、はい!?」

かがみ「何よもう、最近おかしいと思ったら、やっと分かったわよ」

みゆき「…え?」

かがみ「そうやっていつもウジウジとして…私分かったのよ、…みゆきの気持ちが…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:08:38.87 ID:DOXOiE5R0


つかさ「…ぉ、お姉ちゃん…やっと気が付いたみたい…」

かがみ「だって…私も…みゆきと同じだから…」

みゆき「そ、それってもしかして…」(ドキドキ)

かがみ「わ、分かるのよ、私も…その…素直になれないタイプだから…」

みゆき「か…かがみさん…(///)」

かがみ「み、みゆきも…その…」

みゆき「は、はい」(ドキドキ)

かがみ「こ、こなたが好きなんでしょ?(///)」(ボソッ)

つかさ「あ、あれ?」

みゆき「…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:24:22.21 ID:DOXOiE5R0

かがみ「よし、分かった」

みゆき「…はい?」

かがみ「こなたに選んでもらうわよ」

つかさ「あ、あのさ…お姉ちゃん…」

かがみ「それでどっちが選ばれても恨みっこなし」

みゆき「あ、あの、かがみさん…私は…」(すでに泣きそう)

かがみ「大丈夫よ、みゆきを選んだとしても、私は素直に諦めるわよ」

みゆき「いえ…違…」

かがみ「逆にみゆきだったらいいかなって思ってるくらいだもん…」

みゆき「…」

かがみ「他の男とかに取られるくらいなら…みゆきのことも大好きだもん、私」

みゆき「あ、あの…」(褒められているので、性格上断れない)

つかさ(…みゆきさん…これはさすがに可哀想すぎる)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:37:13.58 ID:DOXOiE5R0

かがみ「こなた!」

こなた「ん?」

かがみ「今日の放課後、空いてる?」

こなた「う、うん…どしたの急に…」

かがみ「大事な話があるの、ね、みゆき」

みゆき「え、ええ…」(すでに振られているため、放心状態でどうでもよくなってきている)

つかさ「…頑張って、ゆきちゃん!」(この状況を楽しみ始めている)

かがみ「いい?教室に誰も居なくなったら行くからね、ちゃんと待ってなさいよ」

こなた「う…うん…?」

かがみ「頑張ろうね、みゆき」(何も気が付いていない)

みゆき「…ええ、頑張りましょう、かがみさん」(何も考えられなくなっている)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:53:36.11 ID:DOXOiE5R0

ー放課後ー

つかさ「後で話聞かせてね〜♪(笑)」

かがみ「いい?みゆき、自分の気持ちはちゃんと自分で言わなきゃダメだよ」

みゆき「え…ええ」

ーーガラッ

かがみ「こなた」

こなた「遅かったね、待ったよ〜」

みゆき(自分の…気持ち…)

かがみ「あのね、今日はね話があって…」

こなた「いや、だからそれはもう聞いたってw」

みゆき(私の…本当の…気持ち…)

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:58:05.61 ID:DOXOiE5R0

かがみ「私とみゆきはね、今同じ気持ちなの」

こなた「ふむ」

みゆき(私…本当は…)

かがみ「それをこなたに聞いて欲しくて…」

みゆき「私は…」

こなた「…」

みゆき「私は…本当は、かがみさんが好きなんです!!」

かがみ「…は!?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:07:33.40 ID:DOXOiE5R0

こなた「ふむ…同じ気持ちか…」

かがみ「え?いやいや、違うのよ、こなた、これは…」

みゆき「違くないです、私はかがみさんが…グスッ」(泣いている)

こなた「そっか、じゃあかがみもみゆきさんの事が…」

かがみ「…え、え??」(すでに混乱状態)

こなた「そっか…一緒に居たけど、こらは全然気が付かなかったよ」

みゆき「…ヒック…グス…」

かがみ「あ、いや…え?違…ほら、みゆき…」(みゆきも泣いているので、どうして良いか分からない)

こなた「あ〜いや、気にしなくていいよ、私は全然そういうの否定しない方だし」

かがみ「いや…いやいやいや…え?…は!?あれ?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:22:29.84 ID:DOXOiE5R0

こなた「おめでと!今度つかさとお祝いでもしよっか」

かがみ「あ…いや…」(こなたがあっさり受け入れたのでショックを受けている)

みゆき「ぁ…ありがとう…ございます…泉さん…グスッ…」

かがみ「み…みゆき…!?」

かがみ(そ、そういう話だったっけ?…って言うか…これは…振られた…のか?)

かがみ「…ぅ…ぅぁぁ」

かがみ「ぅ…うぁぁん……」(泣き出す)

こなた「ああ良いよい、あんまり嬉しいからって二人で泣くなってば」

かがみ「…ぅぁぁん、違…(ギュッ)」(みゆきに抱きしめられる)

みゆき「もう…いいんです…かがみさん……グスッ…」(状況を見て、ここぞとばかりに)

こなた「あぁ、私お邪魔なようなので先帰るよ、ごゆっくりーw」(気まずそうにして帰る)

かがみ「こ…こな…(ムグッ)」(みゆきがうまく抱きつきながら口を塞ぐ)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:38:01.85 ID:DOXOiE5R0

ー帰り道ー

手を繋いで帰る二人

みゆき「ー♪」(もう諦めていたので、嬉しくてしょうがない)

かがみ「…」(あまりの出来事に放心状態)

みゆき「初めてですね…手を…その…繋いで…(///)」

かがみ「…え?…ああ」(ここで手を繋がれていたことに気付く)

みゆき「ここでお別れですね…名残惜しいですが…」

ースッ

かがみ「…」(何も言わず、味気なくみゆきと別れる)


みゆき「かがみさん…」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:45:25.83 ID:DOXOiE5R0

かがみ「ただいま…」

つかさ「おかえり〜、お姉ちゃん♪」

かがみ「…」

つかさ「ね、今日どうだった、ねえどうだった、ねえねえ?」

かがみ「…さぁ」

つかさ「”さぁ”って…話したんじゃないの?」

かがみ「ぅん…」

つかさ「ねね、どっちがこなちゃんと付き合うことになったの??(笑)」

かがみ「…さぁ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:52:23.85 ID:DOXOiE5R0

つかさ「う〜ん」(何としてでも状況を知りたい)

ーピロピロ

つかさ「あ、ゆきちゃんからメールだ」

つかさ「…」(一旦、頭の中で整理する)

つかさ「ー♪」(全てを理解する)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 17:58:54.74 ID:DOXOiE5R0

つかさ「お姉ちゃ〜ん」

かがみ「…ぇ」(死にそうな顔をしている)

つかさ「よかったね、お姉ちゃん♪」

かがみ「…」

つかさ「今ゆきちゃんからメールあってね」

かがみ「そぅ…」

つかさ「それにしても、知らなかったな〜、お姉ちゃんが本当はゆきちゃんの事を…」

かがみ「(ギロッ)!!」(すごい勢いでつかさを睨む)

つかさ「…(ビクッ!)…ぁ、あはは、じゃあまたね」

つかさ 「(調子に乗りすぎた…かな…)」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 18:05:39.88 ID:DOXOiE5R0

かがみ「何で…こんなことに…」

まつり「よっ、かがみ、どしたの、元気ないじゃん」

かがみ「うん…ちょっとした勘違いが原因で、いろいろと…ね」

まつり「何だよ、かがみらしくないな」

かがみ「…え?」

まつり「勘違いなんて、ちゃんと説明すれば分かってもらえるわよ」

かがみ「そ、そうかな…」

まつり「そうよ、ちゃんと真っ直ぐ話せば分かってもらえるって」

かがみ「ー」

まつり「ー」

ーーーー

かがみ「そっか、そうだよね…」

かがみ「ありがとう、お姉ちゃん、私頑張ってみる」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 18:09:02.35 ID:DOXOiE5R0

かがみ「まずはみゆきさんにメールしないと…」

ーー

かがみ「よし、あとはこなたね」

ーー

かがみ「明日、ちゃんとこなたにも気持ちを伝えるか…」


ー翌日ー

みゆき「かがみさん、昨日のメールは一体…」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 18:14:15.19 ID:DOXOiE5R0

かがみ「うん、そういうこと、それよりこなたは?」

つかさ「ち、遅刻みたいだよ」

かがみ「そ、そっか」

かがみ(昼休みまで待つしかないか…)

ー授業中ー

かがみ「お、こんな時間に社長出勤か…あいつ」(窓の外を見ながら)

かがみ「…こなた」(ドキドキ)

かがみ(私はやっぱりこなたが…)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/17(火) 18:25:46.77 ID:DOXOiE5R0

かがみ(どうしよう、不安でしょうがない…)

かがみ(こなた…こなたに会いたい…今すぐ…)

かがみ「こなた…こなた…」(ボソッ)

ーガタン

みさお「おい柊、いくら自習だからって教室の外に出るのは…」

かがみ「(ーガララ)」(隣の教室へ向かっていく)

ーーガララ

かがみ「こなた!」

黒井先生「ど、どしたんや、授業中やで」

先生の軽い制止をかわし、こなたの席の前に立つ

こなた「ど、どしたのかがみ…」

かがみ「わ、私は、私は、本当はこなたが好きなの!!」(大声で)

ーーシーン(教室の時が止まる)

104 名前:[] 投稿日:2009/02/17(火) 18:28:43.14 ID:DOXOiE5R0

すまん、今度は結構離れる
戻ってきてまだ残ってるようだったら続きかきます

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 08:31:13.22 ID:0WDm+aCj0

ー1分後ー

みゆき「…」

黒井「う、美しい友情に水を差すようで悪いが、…今は授業中なんでな…」

かがみ「ゆ、友情…?違…」

つかさ「ー♪」(何やら楽しそう)

こなた「あ、あのさかがみ…今は授業中だから一旦クラスに…」

かがみ「…い、いやよ」

こなた「…え?」

かがみ「ま、まだ…返事を聞いてないから…」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 08:38:04.25 ID:0WDm+aCj0

黒井「…」(なんとなくもう止めないでいる)

みゆき「…」

クラス中がこなたの返事待ちのような空気になる

こなた「あ…あのさ…」

かがみ「う…うん」

つかさ「(ワクワク♪)」

こなた「わ、私も…かがみの事は…好きだよ」

かがみ「え…それじゃ…」

こなた「だ…だからさ…これからもずっと…友達で…」

かがみ「…っ!!」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 08:43:42.70 ID:0WDm+aCj0

ー放課後ー

こなた「か、かがみ…一緒に帰…」

つかさ「や、やめなよ、こなちゃん」

こなた「いや…一度かがみと話を…」

ードンッ

こなた「痛っ…」

みゆき「どいて下さい」

一人で歩いているかがみ

かがみ「…」

ポンッ(やさしくかがみの肩をたたくみゆき)

みゆき「一緒に帰りましょう…かがみさん」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 08:55:59.92 ID:0WDm+aCj0

ー帰り道ー

みゆき「…」

かがみ「み、みゆき…ごめん、私…」

ーぎゅ (かがみをやさしく抱きしめるみゆき)

みゆき「…いい…ですよ…」

かがみ「…え?」

みゆき「何も言わなくて…いい…ですよ」

かがみ「…みゆき…う…ぅゎぁぁん…」(泣き出す)

みゆき「私は…ずっと…」

かがみ「…ウゥ…グスッ…暖かいょ…みゆき…」

みゆき「私は…ずっと…一緒に居ますから…」

かがみ「みゆきの胸…暖かい…グスッ…優しすぎるょ…みゆき…」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:06:23.98 ID:0WDm+aCj0

ー朝ー

こなた(昨日は…びっくりしたな…、いきなり私を好きとか…)

こなた(でも考えたこと無かった…かがみが私を…)

つかさ「あ、おはよ、こなちゃん」

こなた「お、おはよ…あれ、かがみは一緒じゃないの?」

つかさ「う、ううん、ゆきちゃんと一緒に登校するんだって」

こなた「そ、そっか」

こなた(何だ、結局みゆきさんか…そりゃそうか…二人は私の前で告白なんかしてたし…)

こなた(あれ…だったら昨日のは…)

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:13:54.50 ID:0WDm+aCj0

こなた(でもかがみ…そういう冗談は言わない方だし…)

こなた(…って何意識してんだろ私は…私は別に…)

みゆき「おはようございます」

隠れるようにして手を繋ぐ、かがみとみゆきが現れる

かがみ「お、おはよ…」

つかさ「うわぁ、今日はラブラブだねー(笑)」

こなた(イラッ)

みゆき「そうなんですよ、昨日なんかかがみさんと…」

かがみ「うわあぁぁ、やめてよみゆき!」

みゆき「うふふ…」

こなた「…」

こなた「何だ、結局みゆきさんが好きなんじゃん」(ボソッ)

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:23:45.63 ID:0WDm+aCj0

ー1週間後ー

みゆき「今日はかがみさんにお弁当作ってきたんですよ」

かがみ「うわ〜、美味しそう、さすがみゆきね〜♪」

みゆき「いえ、それほどでは…(///)」

こなた(…イライライラ)

つかさ(…ピーン♪)

つかさ「こなちゃんにも、…私が作ってきてあげよっか(笑)」

こなた「…はぁ?」(ちょいマジギレ)

つかさ「あ、いや冗談じょうだん…」

ーー

こなた「…って」

こなた(何イラついてんだろ私…私は別に…)

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:30:48.66 ID:0WDm+aCj0

ー放課後ー

かがみ「今日どこ寄ってくぅ、みゆき♪」

みゆき「あらあら、寄り道は本当はダメですけど…うふふ」

ーイチャイチャ

こなた「…」

つかさ「…帰ろっか、こなちゃん」

こなた「…うん」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:36:56.25 ID:0WDm+aCj0

ー帰り道ー

つかさ「(…プチッ)アハハ、バルサミコスー(笑)」

蟻を踏み潰しながら歩くつかさ


こなた(帰り道って…こんなに長かったっけ…)

こなた「…ふう」

こなた(…今までは…かがみが一緒だったからな…)

こなた「…かがみ…今何してるんだろう…」(ボソッ)

こなた(…って私…何を言って…)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:42:43.75 ID:0WDm+aCj0

こなた「ただいまー」

ーガチャン

こなた(何でだろう…最近どうしてもかがみが気になってしまう…)

こなた「やっぱり私…かがみのこと…」

ーーー

こなた「ごちそうさま」

そうじろう「何だ、もういいのか、こなた?」

こなた「…うん」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:44:46.93 ID:0WDm+aCj0

こなた(今更…どうすればいいんだろう…)

ーピロピロ

こなた「あ…メールだ…」

件名:なし

  笑えばいいと思うよ(笑)

            つかさ
こなた「…」

こなた(ー削除…と)

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 09:58:55.05 ID:0WDm+aCj0

放課後 久しぶりに四人で帰る

みゆき「うふふ…そんなにくっつかないで下さい、かがみさん(///)」

かがみ「え〜、いいじゃない♪」

こなた(…イライラ)

ードンッ(勢いでこなたに当たってしまう)

かがみ「あ、ごめん…」

こなた「…ったく…(ブツブツブツ)…」

かがみ「ちょ…ちょっとあんた、最近感じ悪いんじゃない?」

こなた「…そう?」

みゆき「…」

こなた「…どっちが」(ボソッ)

つかさ「…っ…っ」(笑いを堪えている)

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:06:34.06 ID:0WDm+aCj0

かがみ「ちょっと、今何て言ったのよ」

こなた「…別に」

つかさ「まぁまぁ、お姉ちゃん、落ち着いて…」(本気では止めようとしない)

みゆき「…かがみさん、あの…」

かがみ「ちょ…止めないでよ!…この際こなたとは、はっきりさせておくべきよ」

みゆき「(…ドキッ)」

かがみ「ねえ、こなた、あんた私のこと…」

こなた「…え?」(ドキドキ)

つかさ「…」(ワクワク)

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:15:20.84 ID:0WDm+aCj0

かがみ「私のこと…嫌いなんでしょ!?」

こなた「…え、いや…」

かがみ「そうよ、前だって…こなたのクラスで…ほら…振られ…」(ちょっと涙目)

こなた「ち、違うよ…別に嫌いじゃ…」

みゆき「…」

かがみ「違わないじゃない!!最近あんた目も合わせてくれないし…」

こなた(…そ…それは…意識してしまっているだけで…)

かがみ「はっきり言ってよ!”私のことが嫌いです”って」

こなた「わ、私は…私は…かがみのことが…」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:24:28.51 ID:0WDm+aCj0

こなた「す…好き…なんだよ…」

みゆき「!!」

かがみ「…は!?」

こなた「好き…私は…かがみが大好き…」

かがみ「…え、え?いやいや…はい?あ、えっと…」

かがみ「あ、あんた私が好きって言ったとき…その…」

こなた「あ、あの時から…意識しちゃって…あれからずっと…かがみの事ばっか考えちゃって…その…」

みゆき「…この際…はっきりさせるべきですよね」

かがみ「…え、え?」(軽く混乱状態)

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:35:15.60 ID:0WDm+aCj0

みゆき「かがみさんに選んでいただきましょう…私か泉さん…どちらか…」

こなた「…みゆきさん…」

かがみ「は…いやいや…え?」(もはやパニック状態)

かがみ(あれ…何だこの状況…私は…あれ?)

つかさ「すみませーん、あっちの道通ってくださーい」(余計な気を利かすつかさ)

こなた「うん…そう…だね…ぁ、ありがと…みゆきさん…」

ーーシーン

かがみ(あ、あれ、私が選ぶのか?今?)

かがみ(待て待て状況を整理しよう…私は今みゆきと付き合ってて…)

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:46:55.15 ID:0WDm+aCj0

つかさ「…っ…っ」(ジェスチャーでかがみにGOサインを出す)


かがみ「…ごめん」

みゆき「!!」

かがみ「しばらく…考えさせて…」

みゆき「そ…そうですよね…」

こなた「…」

かがみ「明日…はっきりさせるから」


つかさ「…ぅゎ…」(とても残念そうなつかさ)

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:53:03.48 ID:0WDm+aCj0

かがみ「ごちそうさま…」

ーガタンッ

まつり「あれ、かがみ今日はおかわりしないんだね」

かがみ「…」

ーーガチャ

かがみ「ふう…」

かがみ(私は…どっちが好きなんだろう…)

かがみ(みゆきの事は…好き…一番私を分かってくれて…優しくて…)

かがみ(でも…私は…それでも私は…)

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 10:58:48.68 ID:0WDm+aCj0

かがみ(私は…)

ーピロピロ

かがみ「あ、メールだ…」

件名:なし

   いいなー、お姉ちゃんモテモテだねー(笑)

                         つかさ

かがみ(ー削除…と)


かがみ(私が…私が本当に好きなのは……)

かがみ「…よし」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:07:49.27 ID:0WDm+aCj0

かがみ(やっぱり私はこなたが…)

ーーピロピロ

かがみ「またメールだ…」

件名:こんな時間にすみません

   私、分かってますから…本当はかがみさんは…泉さんのことを…。

  私のことは気にしなくて良いですよ、…私なんて…最初から駄目元みたいなもので…

                    ー中略ー

  それではお体に気をつけてーーーーーーーーーーーーーー

                                           みゆき

かがみ(…ズキッ)

かがみ「みゆき…」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:16:10.10 ID:0WDm+aCj0

ー次の日の放課後ー

かがみの前に並ぶみゆきとこなた

かがみ「わ…私…決めたの…」

みゆき「ええ、分かってます…本当はかがみさんは…泉さんが…」

かがみ「違うの、私は…みゆきが…みゆきが好きなの…」

こなた「!!」

みゆき「…え?」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:24:36.71 ID:0WDm+aCj0

かがみ「確かに…前はこなたのことが好きだったけど…」

こなた「…」

かがみ「いつも気をつかってくれて…いつも私のことを…(グッ)」(言い終わる前にみゆきに抱きしめられる)

みゆき「ありがとうございます…かがみさん…」(チラッとこなたを見る)

こなた「…」

みゆき「私も…かがみさんが…一番好きです…」

みゆき「一緒に…帰りましょう…かがみさん」

かがみ「うん…ごめんね、こなた…でもずっといい友達で…(グイッ)」(言い終わる前にみゆきに引っ張られる)

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:31:33.26 ID:0WDm+aCj0

ースタスタ(二人でその場から立ち去る)

みゆき「ごめんなさい、忘れ物をしてしまって…」

かがみ「あ、うん。じゃあここで待ってるね」

ーー

こなた「…」(呆然と立ち尽くすこなた)

みゆき「あら…」(こなたとすれ違う)

こなた「ぁ…みゆきさん…」

みゆき「まだ…そんな所にいらしたんですね…泉さん」

こなた「!!」

みゆき「…クスクス」(笑いながら立ち去る)

こなた「えぇ…な…?」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:42:32.06 ID:0WDm+aCj0

みゆき「ただいまー♪」

ーバタン

みゆき「ん〜フフフ〜♪」(鼻唄をうたっている)

ーピロピロ

みゆき「メール…ですね」

件名:なし

   ”計画通り”みたいな?(笑)

                つかさ

みゆき「…っ(ビキビキ)」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:46:32.77 ID:0WDm+aCj0


   返信:
          何をおっしゃっているのかよく分かりませんがーーーーーー

          ぜひお姉さんによろしくーーーーーーーー

                                     みゆき

みゆき「…チッ」

みゆき(ー削除…と)

みゆき「せっかく…良い気分でしたのに…」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:56:13.22 ID:0WDm+aCj0

ーピロピロ

みゆき「…返信…ですね」(イラッ)


       件名: (笑)


みゆき(ー削除…と)

本文を見ないで削除するみゆき

みゆき「うふふ…明日から…楽しみですね…♪」

293 名前:[] 投稿日:2009/02/18(水) 11:59:32.85 ID:0WDm+aCj0

皆支援ありがとう

すまん、書きおきの分が切れてしまった…
暫らく時間をくれないか?

また来て残ってるようだったら続き書こうと思う

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 13:29:57.39 ID:0WDm+aCj0

ー2週間後ー

つかさ「おはよ、こなちゃん」

こなた「うん…おはよ…」



かがみ「もう、みゆきったら」

みゆき「うふふ…」

ーイチャイチャ


つかさ「うーん…」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 13:35:54.34 ID:0WDm+aCj0

つかさ(最近変化がなくて面白くないな…)

つかさ(…ソワソワ)

場を荒らしたくてしょうがないつかさ

ーー

みさお「なあ、柊、今日の放課後…」

かがみ「あ、ごめん、今日もちょっと…」

みさお「何だょ、最近冷てぇなぁー」

つかさ「…」

さりげなく見ていたつかさ

ーー

つかさ「(…ピーン♪)」(何かを閃いたつかさ)

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 13:43:51.96 ID:0WDm+aCj0

つかさ「えっと…日下部さん…だったっけ?」

みさお「…ん? おぉ、柊妹」

つかさ「ごめんね、お姉ちゃんが最近そっけなくない?」

みさお「そうなんだよなー最近柊が全然…」

つかさ「うちのクラスのみゆきさんって分かる?」

みさお「おお、確かクラス委員の…」

つかさ「お姉ちゃんがね、その人のこと好きなんだけど…」

みさお「…え?」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 13:52:17.11 ID:0WDm+aCj0

みさお「…そ、そっか…それで?」

つかさ「でもね、お姉ちゃん、みゆきさんは日下部さんのことが好きなんじゃないかって思っててね」

みさお「…は?い、いやあたしあの人と全然話したこと…」

つかさ「あたしもそう思うんだけどね…でもお姉ちゃんはそう思ってて…」

みさお「いや…え?てゆかあたし一応女…」

つかさ「うん、でもね興味ないんだったらはっきり断ってほしいんだけど…お姉ちゃんのためにも」

みさお「…え…あ…うん…そっか」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 13:57:24.19 ID:0WDm+aCj0

みさお「…??」

ーーー

みさお「あ、あの人だよな…確か…」

みゆき「ー♪」(チラッ)

チラッとみさおを見る

みさお「…え?」

みゆき「ー♪」(上機嫌で通り過ぎていく)

みさお「…」

みさお「…そうか、そうなのか?…いや…」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:02:09.81 ID:0WDm+aCj0

ー帰り道ー

みさお「…あっ」

久しぶりに四人で帰るかがみ達に出くわす

みゆき「うふふ…」

かがみ「…もうっ」

ーイチャイチャ

こなた「…」


みさお「うーん、やっぱりそうは見えないけどな…」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:10:10.63 ID:0WDm+aCj0

つかさ「…あっ」(日下部を発見する)

つかさ「…っ…っ」(ジェスチャーでGOサインを出す)

みさお(…えっ?い…言ったほうがいいのか…?)

みさお「あ、あのさ、タカラさん?」

みゆき「は、はい、何でしょう?」(いきなり話しかけられて少し驚く)

みさお「その…私は…男の人が好き…って言うか…その…」

みゆき「…はい?」

みさお「そ…そういうことなんで…」

ータタタッ

走り去るみさお

みゆき「…??」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:25:11.21 ID:0WDm+aCj0

かがみ「ねえみゆき、日下部と何かあったの…?」

みゆき「…いえ…何も…??」

こなた「…」

つかさ「でも、こないだ日下部さんかわいいねって言ってなかった…?(笑)」

みゆき「…え、い、言ったかもしれませんが、それは別に…」

かがみ「…」(焦るみゆきを見て少し心が動く)

みゆき「い、いえ…かがみさん…これは…その…」

焦るほどドツボにはまっていくみゆき

こなた「…」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:35:25.71 ID:0WDm+aCj0

みゆき「いえ…その…本当に…私は…」

かがみ「…(じ〜)」

つかさ「…(ワクワク)」

みゆき「…えっと…その…」

こなた「…もういいよ…みゆきさん…」

みゆき「…はい?」

こなた「どうせ…つかさの差し金でしょ…」

つかさ「!!」

かがみ「そ、そうなの…つかさ…?」

つかさ「…いや…私は何も…(笑)」

ここで何となく理解したかがみ

かがみ「…こなた…」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:46:39.98 ID:0WDm+aCj0

こなた「私は…こういうこと…しないから」

かがみ「…え?」

こなた「ずっと…待ってるから…」

かがみ「え、ちょ、あんた何を…」

こなた「諦めてないよ…私…」

みゆき「!!」

こなた「いつでもいぃよ…みゆきさんに飽きた時でも…たまたま気分が乗ったときでも…」

かがみ「こ、こな…」

こなた「かがみんの事は…私が世界で一番好…」

ーグイッ

みゆき「い、いきましょう、かがみさん」

強引にかがみを引っ張るみゆき

かがみ「ちょ…痛い…みゆき」

つかさ(け…結果オーライ…かな)

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 14:56:44.15 ID:0WDm+aCj0

みゆき「ーただいま」

ーガッチャン

みゆき(…イライライラ)

みゆき「あのチビ…頭悪いくせにああいう事だけは…」(ボソッ)

みゆき(ま…まずはかがみさんにメールをしないと)

ーーピロピロ

みゆき「あっ、もしかしてあちらからメールを…」


332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:02:22.55 ID:0WDm+aCj0


件名:なし

       今までのは儚い夢でしたージャジャン♪ 残念(笑)

                                  つかさ

みゆき「…プツン」(みゆきの中で何かが切れた音)

ーー

ーーガッシャーン

ーードカーン

グラグラ…

ゆかり「あら…地震でも来たのかしら…」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:11:01.85 ID:0WDm+aCj0

ゆかり「ど…どうしたの…みゆき」

みゆき「いえ…ちょ、ちょっと部屋で転んでしまいまして…」

ゆかり「あらあら…」

みゆき(イライライラ…)

ーピロピロ

ゆかり「ほら、携帯鳴ってるわよ、みゆき」

みゆき「…え?」

みゆき(…こ、今度こそ)

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:19:50.66 ID:0WDm+aCj0

件名:なし

   みゆきさんには…負けないつもりだから…一応

                           こなた

ーーガッシャーン

思わず携帯をブン投げるみゆき

ゆかり「み…みゆき…どうしたの…?」

みゆき「…は!?」(我に返る)

ゆかり「だ…大丈夫、みゆき?」

みゆき「いえ…ちょ、ちょっと手が滑ってしまいまして…」

ゆかり「そ、そう…」

ゆかり「…な、何かあったら…いつでもお母さんに相談していいのよ…?」

みゆき「…いえ…本当に…大丈夫ですよ…」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:37:39.06 ID:0WDm+aCj0

ー朝ー

かがみ「昨日、珍しくメール返してくれなかったけど…あれってやっぱり…」

みゆき「あ、いえ、ごめんなさい、昨日携帯電話を落として壊してしまいまして…」

かがみ「あら、そうだったの、ごめん…」

みゆき(な…何てメールだったのでしょうか…?)

かがみ「でもやっぱりみゆきはちょっと天然って言うか…そういうとこかわいいわよね…笑」

みゆき「いえ…そんな…(///)」

つかさ「あ〜、私もメールしたんだけどなー(笑)」

みゆき「…(イラッ)」

みゆき(てめーのは見たよ、くそっ)

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:45:42.71 ID:0WDm+aCj0

こなた「おはよ、かがみ」

かがみ「あ…ぉ…おはよ…こなた」(ドキッ)

つかさ「あ…こなちゃん…」

みゆき(…くそっ急になれなれしく )

かがみ(ちょ…何で意識しちゃってるのよ…私…)

みゆき(ああもう、朝からイライラするわね…)

かがみ(ち…違うのよ私は…私にはみゆきが…そう決めたんだから…)

かがみ「い…いくわよ…みゆき」

みゆき「…え…えぇ…」

みゆき「…(イライライラ)」

かがみ「…(ソワソワソワ)」

つかさ「…?」



353 名前:[] 投稿日:2009/02/18(水) 15:51:31.28 ID:0WDm+aCj0

少しドロドロ展開になってしまってすまん

悪い、ちょっとパソコン使えなくなる

本当にいつ戻れるか分からないけど、もしまだ需要あって保守してもらえる様だったら戻ったときは続きのせるよ

357 名前:[] 投稿日:2009/02/18(水) 16:05:19.42 ID:0WDm+aCj0

ー1部完ー

本当にいつ戻れるかわからんから、とりあえずこうしておこう

次スレは一応予定していない

374 名前:[] 投稿日:2009/02/18(水) 17:59:09.59 ID:0WDm+aCj0

少しだけ続き

黒井「では、明日から夏休みだけど、−−−」

こなた「…もう…そんな時期か…」

みゆき「夏休み…」

ー放課後ー

かがみ「うーん、やっと一学期も終わったわね…」

かがみ「夏休み…みゆきはどうするの?」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:03:29.49 ID:0WDm+aCj0

みゆき「親戚の家に行ったりはありますけど…特に予定は…」

かがみ「そ、そうなんだ…」

こなた「…」(遠くで話は聞いている)

つかさ「…」(同じく)

みゆき「あの…もしよろしかったら…」

かがみ「…ん?」

みゆき「私の家に…泊まりに来ませんか…?」

かがみ「…え?(///)」

こなた「!!」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:14:55.73 ID:0WDm+aCj0

かがみ「そ…それって…(///)」

みゆき「かがみさんの都合のよろしい時…いつでもいいので、もし宜しかったら」

つかさ「うわぁー、私も行きたい、いきたいー♪」

みゆき「か、かがみさん、ご予定はいかがでしょうか…(///)」

かがみ「…え、 私も特に予定とかないし…いつでも…(///)」

つかさを華麗にスルーする二人

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:19:24.31 ID:0WDm+aCj0

ーーー

かがみ「よし…帰るか」

こなた「か…かがみ…」

かがみ「こ…こなた…聞いてたの?」

みゆき「…」

こなた「私も…予定とかないからさ…誘っていいかな…暇なとき…」

みゆき「…っ!」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:21:08.15 ID:0WDm+aCj0

こなた「何でもいいよ…かがみの買い物とかでも付き合うし…」

みゆき「か、帰りましょう…かがみさん」

ーグイッ

強引にかがみを引っ張るみゆき

かがみ「…ぇ、ぅ、ぅん」

二人で帰っていく

つかさ「じゃあ私の買い物に付き合って欲しいなー(笑) 服とか買いたいもの結構…」

ースッ

つかさを置いて帰ろうとするこなた

つかさ「ま、まってよ、こなちゃん」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:26:55.26 ID:0WDm+aCj0

ー帰り道ー

つかさ「(ブチブチッ)バールサ♪ バルバル♪」

殺した蚊を、さらにひきちぎりながら歩くつかさ

こなた「かがみ…」

こなた(みゆきさんより…先制しないと…ただでさえ不利なんだし…)

こなた「明日…誘ってみようかな…ダメもとだけど…」

ー悲しそうに歩くこなた

ー楽しそうに歩くつかさ

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:33:13.38 ID:0WDm+aCj0

ーピロピロ

かがみ「…あ、メール」

かがみ「…」

みゆき「…誰からですか?」

かがみ「い、いや…別に…」

みゆき「貸して下さい!」

ーガッ

強引にかがみの携帯を奪うみゆき

かがみ「ちょ、みゆき…」

みゆき「っ!」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:42:39.98 ID:0WDm+aCj0

件名:今週のメールマガジン

     ついにあの○○が××でーーーーー

     ーーーーーーーーーーーーーーー



                     同人サイト”萌えの極み”


みゆき「…ほっ」

かがみ「ちょ…違うのよ…みゆき…これはちょっと…」

みゆき(泉さんでは…なかったですね)

かがみ「ち…これは…その…」

一人で焦るかがみ    

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 18:54:45.37 ID:0WDm+aCj0

ー翌朝ー

みゆき「昨日のことは…私の思い過ごしのようですね…」

ーー

ゆかり「みゆき、つかさちゃんからお電話よ」

みゆき「つかささん…居ないって言っておいて…」

ーー

ゆかり「…いるはずだから出してくれって…」

みゆき(チッ…めんどくさい…)

みゆき「もしもし…」

みゆき「はい…はい…」

みゆき「っ!!」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 19:00:06.69 ID:0WDm+aCj0

ーファーストフード店にてー

こなた「今日は…来てくれないかと思ったょ…」

かがみ「い、いや…あんまり最近話もしてないし…」

こなた「そっか…嬉しいな…かがみ…」

かがみ「ち…違うわよ…こなたとは一度、ちゃんと話をしておきたくて…」

ーーガチャ

みゆき「はあっ…はあっ…」

息を切らせながら店に入ってくるみゆき

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 19:05:31.08 ID:0WDm+aCj0

みゆき「ど…どういう事ですか…これは…」

かがみ「み…みゆき…どうしてここが…」

かがみ(つ…つかさか…私が昨日うっかり口を滑らせたから…くそっ)

こなた「みゆきさん…これは私がムリヤリ…」

みゆき「泉さんには…聞いてないですよ…」

こなた「…」

かがみ「ち…違うの…これはね…こなたとは一度話をしておきたくて…」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/18(水) 19:11:27.01 ID:0WDm+aCj0

みゆき「なら…どうして私に黙っていたんですか…?」

かがみ「いや…みゆき携帯修理中だし…わざわざ言うことも無いかなって…」

こなた「…」

ーーガチャ

つかさ「…あ、あれ、偶然だねー、みんな(笑)」

わざとらしく入ってくるつかさ

こなた(いや…つかさ…さすがにこれは…)

かがみ「…っ」

かがみ(生まれて初めて…家族を本気で殴りたいと思ったわ…)

409 名前:[] 投稿日:2009/02/18(水) 19:15:45.70 ID:0WDm+aCj0

ー第2部完ー

暫らくパソコンが使えなくなってしまた

すまん、今度は本当にしばらく戻ってこれないと思う

本当にいつになるか分からないけどつづきはあるのでもし残ってたらあげます

何度もすまん

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:06:05.46 ID:LAxsLFVe0

ーーー

みんなでつかさをシカトするような空気になる

つかさ「よっこいしょういち…っと」

当然のように同じテーブルに座るつかさ

みゆき「…とにかく、二人っきりで会うって言うのはーーーー」

みゆき「ーーーーーーー!」

かがみをひたすらせめたてるみゆき

かがみ「話を聞いて…みゆき」

こなた「…」

みゆき「いえ、ーーーーー!!!」

かがみ「だから、−−−−−−!!」

激しくなる口論

つかさ(ースッ)

さりげなく携帯の録音機能を使うつかさ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:12:58.39 ID:LAxsLFVe0

こなた「ふ、二人とも、落ち着いて…」

みゆき「黙ってろ、チビ」(ボソッ)

こなたにだけ聞こえるように言ったみゆき

かがみ「!!」

それを聞き逃さなかったかがみ

かがみ「お…おかしいよ…みゆき」

みゆき「…はい?」

かがみ「前は…そんなこと言う娘じゃなかったよ…」

みゆき(…聞こえてたのでしょうか)

ーーバンッ

かがみ「行こ、こなた」

みゆき「!!」

かがみ「今のみゆきとは…話す気はないから…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:16:30.54 ID:LAxsLFVe0

つかさの携帯「録音を終了しました」

つかさ「ー♪」

何やら嬉しそうなつかさ

みゆき「私は…私は…」

その場で空気と一体化するみゆき


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:21:31.64 ID:LAxsLFVe0

みゆき「ただいま…」

ーガチャン

死にそうな顔で帰るみゆき

ゆかさ「おかえりみゆき、今ちょうどご飯にするところ…」

みゆき「…かがみさんに…かがみさんに謝りのメールをしなくては…(ブツブツ)」

ゆかり「…みゆき?」

ーーー

みゆき(送信…と)

みゆき「返信…してくれるでしょうか」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:25:10.76 ID:LAxsLFVe0

ゆかり「みゆき、ご飯…」

ーーーピロピロ

みゆき「き、来た!」

ーピッ、ピッ

件名:なし

       もう時間の問題やないか〜い(笑)

                        つかさ


みゆき「…ふぅ、ふぅ……ふぅ、ふぅ…」(怒りを放出する呼吸法)

ゆかり「み…みゆき、大丈夫?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:37:16.72 ID:LAxsLFVe0

※今は夏休み中

ー1週間後ー

みゆき(結局…あれ以来返信くれませんでしたね…かがみさん)

ーーピロピロ

件名:なし

   一緒に図書館で宿題でもしない?

                    つかさ

みゆき(ー削除…いや、待てよ)


ー図書館ー

かがみ「ち、違うわよーーーー」

こなた「そっかーーーーー」


みゆき「!!」

仲良く宿題をする二人を見てしまうみゆき

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:40:13.63 ID:LAxsLFVe0

そしてそれを見てニヤけるつかさ

みゆき「…」

ーースッ

おとなしくその場から立ち去るみゆき

つかさ「あ、あれ?」

的が外れたようなつかさ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:46:55.15 ID:LAxsLFVe0

ー公園ー

みゆき「どうして…問い詰めないのか知りたいのですか?」

つかさ「…」(あんまり興味なさそうなつかさ)

みゆき「もう…いいんですよーーーー」

みゆき「これ以上ーーーーーー」



つかさ「ー♪」

最後まで聞かずに砂場で遊びだすつかさ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:50:38.04 ID:LAxsLFVe0

つかさ「バルサビーム♪」

蟻の巣にホースで水を流し始めるつかさ

みゆき「…」

みゆき「それ…懐かしいですね…。」

つかさ「ゆきちゃんも一緒にやる?」

みゆき「私も昔よくやりましたよ…ウフフ…」

つかさ「ー♪」

みゆき「ー♪」

意外なことで良い雰囲気になる二人

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/21(土) 23:58:23.02 ID:LAxsLFVe0

ー1ヶ月後ー

かがみ「だから、私は最初からこなたが…」

こなた「そんなの…私もだよ(///)」

かがみ「もう、こなたったら(///)」

ーーイチャイチャ


ーーー


ーうにゅ〜

知らないアパートの部屋に、瞬間接着剤を流し込むつかさ

みゆき「それ、逃げましょう♪」

つかさ「アハハ♪」

ーーーイチャイチャ


ー完ー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ハァ…ハァ…ハァハァ…ンクッ」