電波王「涼宮ハルヒちゃんにあいたいよぉ・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「よし仲間集めだ。10人はほしいな」

ツイート

1 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 11:46:59.37 ID:hJU3s8mp0

電波王「ぼくは涼宮ハルヒちゃんがいないとなにも出来ない醜い人間なんだ」

電波王「おねがい涼宮ハルヒちゃんぼくを独りにしないでたすけて」

電波王「今日はもう寝よう・・・」

3 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 11:51:23.05 ID:hJU3s8mp0

電波王「はぁ、もう昼か・・・でも何だろう変なかんじがする」

電波王「ちょっと散歩でもしようかな」

ガチャッ

電波王「ここは・・・どこだ?」

5 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 11:57:19.79 ID:hJU3s8mp0

電波王「なんか見たことある風景」

電波王「あ、女子高生達が歩いてる帰宅中かな」

電波王「え・・・これって北高の制服!?」

ハルヒ「それでさー!みくるちゃんが…」

電波王「!!!!」

7 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:03:29.79 ID:hJU3s8mp0

電波王「涼宮・・・・・ハルヒちゃんだ!ぼくは夢でもみてるのかな」

電波王「ハルヒちゃんに聞いてみよう」

電波王「涼宮ハルヒちゃんやっと会えたね、ぼくの夢に来てくれるなんてうれしいよ」

ハルヒ「…は?なにこいつ…頭おかしくなっちゃったんじゃないの?」

キョン「おいおい電波王、今日学校休んだけど頭でも強く打ったのか?明日はちゃんと来いよ」

8 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:08:17.76 ID:hJU3s8mp0

電波王「え?え、う、うん」

キョン「じゃあな」

ハルヒ「ちょっとキョン!あんな奴相手にしなくたって良いじゃないの」

キョン「おい、電波王に聞こえてるぞ…一応同級生だし無視するわけにもいかんだろ」

電波王「どうなってるんだ・・・」

9 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:12:45.17 ID:hJU3s8mp0

電波王「とりあえず、明日学校にいこう・・・」

帰宅

電波王「あ、ちゃんと北高の制服がある」

電波王「なんかすごくうれしいよ、今日はもう寝よう」

11 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:18:03.22 ID:hJU3s8mp0



電波王「朝か・・・良い夢みたな・・・北高の制服があったりして」

電波王「あ、ある!」

電波王「夢じゃないんだ!早速行ってみよう」

坂道

電波王「はぁ・・はぁ・・・つらいなぁこの坂道は」

谷口「よ、電波王!昨日はなんで休んだんだよ。もうサボんなよ、じゃ先行ってるから」

電波王「う、うん…」

電波王「涼宮ハルヒの世界が今ぼくの現実になってるよ・・・」

14 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:24:20.17 ID:hJU3s8mp0

ハルヒ「それでさ、キョンと一緒に食べに行ったのよ」

みくる「ずるいですぅ。わたしも行きたいですよぉ」

電波王「あ、ハルヒちゃんだ、挨拶してみよう」

電波王「ぉお、お、おおはようハルヒちゃん」

ハルヒ「…みくるちゃん行きましょ」

みくる「え…は、はい」タタタ

電波王「行っちゃった・・・ちくしょうなんでむしするんだよあの女・・・」

電波王「でもいまにきっとハルヒちゃんはぼくのことがすきになるはず」

17 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:29:49.66 ID:hJU3s8mp0

教室

ガララ

電波王「ぼくの席はどこだろう・・・あ、ハルヒちゃんとキョンが話してる」

ハルヒ「キョン!今日サボったら死刑だからね!」

キョン「わかってるよ」

電波王「なんだよあいつ・・・ハルヒちゃんはぼくのものなんだ、キョンなんかにハルヒちゃんを取られたくない」

朝倉「電波王くん何そこで立ってるの?早く席に着きなよ」空席に指を指している

電波王「う、うん・・・」


21 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:38:36.89 ID:hJU3s8mp0

教師「よし、電波王は今日来たな。お前、この前の小テスト白紙じゃないか。今日は居残れよ」

電波王「は、はいわかりました(はぁ・・・)」

昼休み

電波王「みんな外へ行っちゃったな。VIPでもみようか・・・あ、ハルヒちゃんの筆箱が出しっ放しだ」

電波王「くんくんくん、はぁぁぁあ良いにおい・・・これがハルヒちゃんのにおい・・・」


25 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:46:40.92 ID:hJU3s8mp0

教師「今日の授業は終わりだ。電波王は残れ」

電波王「はい・・・」

2時間後

電波王「こんな問題わかんないよ・・・あ」

ガララ

ハルヒ「…」

電波王「(ハルヒちゃんだ…わすれものかな・・・あ!目が合った)」

ハルヒ「…(うわ、なんかこっちじろじろ見てるし、逃げよ)」ガララ ピシャッ

電波王「いっちゃった・・・でもぼくとハルヒちゃんは今からつきあってることになったんだ」

電波王「涼宮ハルヒちゃんもきっとわかってくれるはず」

ハルヒ「あーぁ…筆箱見つかんなかったなぁ…」

29 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:52:44.50 ID:hJU3s8mp0

次の日

ガララ

電波王「(あ、ハルヒちゃんもう居る・・挨拶しよう)」

電波王「す、す、ず、す涼宮ハルヒちゃんおはよう」

ハルヒ「…あんた気持ち悪いのよ…話しかけないで」

キョン「…おいおい、ちょっと冷たすぎるんじゃないか?ちょっとは話しかけてやれよ」

ハルヒ「(あんたが言うなら…)あ、ごめん。おはよう、昨日は頑張ってたんじゃない?」

電波王「う、うん!(涼宮ハルヒちゃんにほめられた・・・えへへ・・・w)」

31 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 12:58:34.38 ID:hJU3s8mp0

昼休み

電波王「やっぱりぼくはハルヒちゃんとつきあってるんだ」

電波王「ハルヒちゃんの散歩ルートは把握してるし話しかけてみよう」

電波王「(ここで待ち伏せ・・・あ、きたきた)」

電波王「涼宮ハルヒちゃん!ぼくのことすき?」

ハルヒ「!!(何こいついきなり…無視しよう)」

電波王「ねぇ」

電波王「むししないで」

ハルヒ「…」タタタタタ

電波王「いっちゃったよ・・・」

32 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:08:19.34 ID:hJU3s8mp0

電波王「(今日は掃除の当番か・・・ハルヒちゃんと一緒だ!)」

電波王「(そうだ、泣かぬならなんとかとかいうし・・・いじってみよう)」

ハルヒ「…(こいつと当番とか最悪…)」

電波王「(そうだこの濡れ雑巾を顔に投げてみよう)」

ビュンッ ベチャッ

ハルヒ「ちょっと!あんたいきなりなにすんのよ!」

電波王「え、ご、ごめん(きっと喜んでくれたはず)」

ハルヒ「最悪…私帰るから!」ガララ、ピシャッ!

電波王「ハルヒちゃんかわいいよ」

33 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:14:57.64 ID:hJU3s8mp0

電波王「よしかえるか・・・」

電波王「あ、ハルヒちゃんの上履きだ!もってかえろう」

電波王「くんくん、ハルヒちゃんのあしってけっこうくさいんだなぁ」

電波王「画鋲を入れて明日返そう」

次の日

ぐさっ

ハルヒ「きゃあああ!」

電波王「(あ、ハルヒちゃん喜んでくれてる)」


39 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:21:18.63 ID:hJU3s8mp0

電波王「涼宮ハルヒちゃんおはよう」

ハルヒ「あんた臭いの!近寄らないで!」

電波王「(ひどいよ、そうだぼくのうんこをハルヒちゃんの筆箱に入れて返そう)」

ハルヒ「あ、私の筆箱が机に置いてある!」

キョン「よかったじゃないか」

ギー

ハルヒ「なによ…これ…」

電波王「(ぼくからのプレゼントだよ涼宮ハルヒちゃん)

42 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:27:06.68 ID:hJU3s8mp0

電波王「今から体育か…」

教師「校庭4週、終わったら準備体操してまってろ」

谷口「だりいなぁ。まぁ女子達を眺められるから我慢するか」

電波王「はぁ…(そうだトイレに行くって言って教室へ戻ろう)」

電波王「委員長、トイレへ行ってもいいですか」

朝倉「いいわよ。でもすぐに戻ってきなよ」

電波王「は、はい(やった!)」

ガララ

電波王「ふぅ・・VIPでもしようか・・・あ!ハルヒちゃんの引き出しにリコーダーが!!」

44 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:32:59.46 ID:hJU3s8mp0

電波王「ぺろぺろぺろ、何か足りない・・・」

電波王「そうだぼくのアナルにつっこんだらきっときもちい」

電波王「はぁはぁああああきもちいいよおおおおお」

電波王「ふぅ…次は音楽だ」

音楽の時間

ハルヒ「ぱくっヒュー(あれ…なんか変な味…)」

電波王「(あ、ハルヒちゃん!僕を受け入れてくれた証拠だね!)」

46 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:39:13.43 ID:hJU3s8mp0

電波王「ハルヒちゃん最近調子はどう?」

ハルヒ「うるさい!あんたなんかには関係ないわこのクズ!」

電波王「(涼宮ハルヒちゃんぼくがいないとすぐさみしくてないちゃうんだからこまっちゃうよ)」

電波王「ハルヒちゃんぼくだけをみて」

ハルヒ「きもいきもいきもい」

電波王「お願いだからむししないで・・・涼宮ハルヒちゃんぼくだけをみて・・・」

ハルヒ「…」

電波王「おい無視するな殺すぞ」

ハルヒ「ひぃっ…」

電波王「ごめんね・・・へんなこといって・・・ぼくは怒ってないからはやくきて」

タタタタッ

電波王「いっちゃった・・・」

47 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:44:46.98 ID:hJU3s8mp0

電波王「ハルヒちゃん電話番号おしえてよ」

ハルヒ「…(適当な番号教えよう)」

電波王「ありがとうハルヒちゃん!今日ねるまえにでんわするね!」



電波王「よし電話してみよう(わくわく…)」

「お客様のおかけになった電話は現在使われておりません。 」

電波王「涼宮ハルヒちゃんを殺したい本当に殺したい」

52 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 13:53:10.05 ID:hJU3s8mp0

駅前

電波王「あ、ハルヒちゃんだ・・・久しぶりだ挨拶してみよう」

電波王「ハルヒちゃんこんにちは」

ハルヒ「…(うわ、こいつと会っちゃった…無視しよう)」タタタッ

電波王「…(返事がなかったけど聞こえなかっただけだよね)」

古泉「待ってましたよ、涼宮さん。では残りの皆さんが来るまで喫茶店にでもうどうでしょうか」

ハルヒ「うん、そうしましょう」

電波王「あ・・・・(ひどいぞただじゃおかない)」


57 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:01:06.03 ID:hJU3s8mp0

古泉「ところで最近おかしな事が起こりませんか?」

ハルヒ「うーん、特に無いわ(筆箱に誰かの糞が入ってた事ぐらいかなぁ)」

古泉「そうですか。わかりました(まだ大きな動きはしていないようですね)」

電波王「ハルヒちゃんが楽しそうにあいつと話してる…超能力者…」

電波王「ハルヒちゃんはぼくだけのものだゆるさない」

60 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:15:18.45 ID:hJU3s8mp0

古泉「長門さん…あなたは今、我々の世界に正体不明の人物が紛れ込んでるのをご存知ですか?」

長門「…」こくん

古泉「その…”彼”の正体は誰なのでしょうか」

長門「恐らくその人物は涼宮ハルヒが望んだ異世界人に相当する。恐らくここは彼にとって下位次元」

古泉「やはりそうでしたか…」

長門「ここの次元の力じゃ彼を止められない。彼が暴走したら何が起こるかわからない」

古泉「となると我々も覚悟を決めなければいけませんね。」

長門「そう」

61 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:20:58.30 ID:hJU3s8mp0

電波王「ハルヒちゃん、きょうあそべる?」

ハルヒ「は?…無理」

電波王「え、・・・わかった(なんでだめなの?なんでだめなの?なんでだめなの?なんでだめなの?なんでだめなの?)」

キョン「おい、ハルヒ!今日俺の家で勉強教えてくれないか?」

ハルヒ「うん、いいわよ」

電波王「(涼宮ハルヒちゃんはキョンのじゃないぼくのだ涼宮ハルヒちゃんはキョンのじゃないぼくのだ涼宮ハルヒちゃんはキョンのじゃないぼくのだ)

63 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:34:14.09 ID:hJU3s8mp0

キョン「じゃあな、ハルヒ」

ハルヒ「うん、また明日」

ガチャン

キョン「ふぅ…うぼぅああえう(口に手を当てられて喋れない!)」

電波王「涼宮ハルヒちゃんはぼくのものだよ?」

キョン「あうううう(目があああ)」ぐちゃっ

電波王「ハルヒちゃんにプレゼントするからね」

電波王「しねきちがい」

キョン「…」

電波王「これでぼくたちのじゃまをする人はいないねハルヒちゃん」



65 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:42:12.75 ID:hJU3s8mp0






電波王「涼宮ハルヒちゃんは僕と永遠にくらすんだよ」

電波王「殺すなら絞殺がいい殺す感触をじかにあじわえる」

精神科「これはひどいですね」

精神科「高度の総合失調症だと思われます」

検察官「やはりそうでしたか」

電波王「涼宮ハルヒちゃんがいない」

電波王「涼宮ハルヒちゃんどこにいるの?」

精神科「直ちに入院させないとまずいですね」

電波王「涼宮ハルヒちゃんにあいたいよぉ・・・」

END

72 名前: ◆KYON..7N2s [] 投稿日:2009/02/10(火) 14:46:55.56 ID:hJU3s8mp0

皆読んでくれてありがとう。
前回はハルヒのバッドエンドでしたが
今回は電波王、まさかの逮捕って設定でいきました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「ちょっとそこのおねぇさ〜ん」マミ「え!?」