谷口「SOT団立ち上げようぜwwwwwww」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:冬月「碇!こいつをエヴァに取り付けろ!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:19:59.04 ID:Cai8rAgn0

国木田「なにそれ?」
谷口「世界を大いに盛り上げる谷口の団!」
朝倉「あら、面白そうじゃない。私も参加しようかしら」
谷口「うぉーっ!マジすかっ!?えっ!うそー!」
朝倉「うふふ、本気よ」

なにやら、谷口が変なことやり始めたらしい、それにしてもSOS団にそっくりな名前だ。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:23:40.02 ID:Cai8rAgn0

谷口「おっじゃまっしまーっす!」

なぜか、文芸部室に谷口と朝倉さんが入ってきた。

キョン「なんの真似だ谷口、SOS団に入団するつもりか?」
谷口「いや、涼宮が部室共同で使っていいって言うからよ」
キョン「は?あいつが?」

と、そのとき部室の扉が再び開かれた。

ハルヒ「お待たせーっ!あら、谷口に朝倉さんもきてたんだ。」
谷口「はい!部室ありがたく使わせていただきます!」
ハルヒ「ええ、いいわよー。あと、そこのキョンはうちとアンタたちで共同で雑用にしましょ」
キョン「うぉい!なんだそれ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:26:23.60 ID:Cai8rAgn0

キョン「まあいい!それより、国木田は?」
谷口「あいつ入団してくんねーってさー、ノリわるいぜ」

それが真っ当な人間の行動である。

朝倉「ねぇ、長門さん」
長門「なに」
朝倉「キョンくん、殺っちゃいましょうか?」
長門「オーケイ、シンデレラ」

キョン「は?」

その瞬間、部室が亜空間に変わる。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:28:37.69 ID:Cai8rAgn0

朝倉さんの手から何かが複数、俺に向かって伸びてきた。

谷口「キョンー!!!!」

衝撃とともに弾き飛ばされる俺、そして俺が元々いた場所には

谷口「か…はぁ…」

谷口がいた。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:34:48.76 ID:Cai8rAgn0

キョン「お前は俺を怒らせた。完璧にプッツンだぞ、おい」

朝倉「人間ごときになにができるの?ねぇ、長門さん」
長門「ええ、こいつの戦闘力は1」

しかし、怒ったところで俺になにができる?
でも、やらなくちゃ…

キョン「長門ぉぉぉぉぉ!」
まずは長門を潰す。一直線、真っ向から長門に突っ走った。

すかさず伸びてくる"何か"

だが、俺にはそれが"視えた"。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:38:44.41 ID:Cai8rAgn0

キョン「つうっ…!」

だが、体が追いつかない。そらそうだ。運動部に所属しているわけでもない。

朝倉「あら…確実に腕をもぎ取ったと思ったんだけど、ずれたかしら」
長門「敵は視覚が特化している可能性がある。眼を潰すべき」
朝倉「なるほどね」

俺に向かってまたアレが伸びてきた。ダメだ。
俺は目を瞑る。が、それは俺には当たらなかった。

ハルヒ「ぐ・・・ぅ…」

ハルヒがいた。ハルヒが俺をかばった・・・?
なんで、ハルヒが・・・?頭が混乱している、整理が追いつかない。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:43:27.58 ID:Cai8rAgn0

キョン「ハルヒ!?」
ハルヒ「何で私、こんなことしたんだろう・・・ねぇ、キョン・・・?」

知るかよ。そんなこと俺が聞きたい。なんでそんなバカなことしたんだ。

朝倉「あらあら、お別れくらいゆっくりさせてあげましょう、ね?」
長門「・・・(コクリ)」

ハルヒ「キョン・・・?聞いてる?」
キョン「ああ、聞いてるぞ」
ハルヒ「みんなで不思議探ししたときね、私、本当はキョンと一緒に回りたかった」
キョン「・・・ああ」
ハルヒ「もっと、もっと、キョンと…色々…」

そこで彼女は絶命した。

キョン「ハルヒ…」

俺はそっと彼女に口付けし、朝倉さんと長門を見据えた。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:48:08.06 ID:Cai8rAgn0

なぜか、今の俺は何でも上手くいく気がした。

キョン「おい、朝倉」
朝倉「・・・なぁに?」

呼び捨てされたことによる怒りか、それとももう終わりにするということか、
朝倉はニッコリと微笑みながら答えた。

キョン「こいよ」
朝倉「・・・!」
キョン「ほら、来てみろ」

また、"アレ"が伸びてくる。視えた。猫は自分が歩くところの先まで、
自分が足を置く場所を計算しているというが、それなのか、
俺がどこへ避けるべきなのかが明確にわかった。

朝倉「え・・・?」

やはり、目標変更だ。攻撃手段がわかっている朝倉から潰す。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:53:27.28 ID:Cai8rAgn0

キョン「とらえた…!」

朝倉を蹴り飛ばす。思い切り頭に一撃食らわした。だけど、まだだ
さらに追撃、指で眼球を潰し、鼻を殴り潰した。

朝倉「ああああああああああああああ!!!!!!!」

作り物でも、痛がるんだな。
と、身の危険を感じ、朝倉から離れた。

その瞬間、朝倉がベキベキと音を立てて変な形になった。

長門「空間を捻じ曲げた。よく避けれたな」

敵は二体だった。といっても一体はもう再起不能か、ならば残るはこいつだ。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:55:21.03 ID:Cai8rAgn0

キョン「なん…だ?」

視界にノイズが走る・・・。

キョン「え、ここまできて・・・これかよ・・・」

急に目の前が真っ暗になった。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 18:57:37.16 ID:Cai8rAgn0

コンピ研部長「ずいぶんストレス溜まってたんだな、すごいだろう!我がコンピ研が開発したヴァーチャルシステム!」

キョン「・・・あ、ああ」

そうだった。そういえばそうだった。あほくさ、帰って寝る。



終わり

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:00:50.01 ID:Cai8rAgn0

いや、リアルにこれで終わりなんだwwwwwww
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1233969319/
これに感化されてやった。後悔してます。

だいぶ前に谷口と長門のSSスレ立ててたんだけど、覚えてる人いるかな・・・

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:06:46.46 ID:Cai8rAgn0

谷口「あれ、集まったのこれだけ?」
朝倉「そうよ、私と谷口くんだけ・・・っていうか団員がそれだけじゃない」

ちょ、それってデートじゃないか?朝倉さんとデートとか、え、俺やべぇよ。

谷口「え、と、じゃあ腹減ってない?ご飯でも」
朝倉「そうねー、まずは腹ごしらえね。」

バツグンの笑顔で返された。たまんねぇよ、眉毛とか特に

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:09:51.33 ID:Cai8rAgn0

店員「何になさいますかー?」

谷口「えっと、俺ミックスガストーズセットとドリンクバー」
朝倉「私はハンバーグとエビフライセットで」

店員「ドリンクバーはひとつでよろしいですか?」
谷口「あ、二つで!」
朝倉「あら…いいのに」
谷口「いえいえ、おごりっすよ!ハハ!」

どうしよう、SOT団とかすげーどうでもよくなってきた・・・。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:13:41.28 ID:Cai8rAgn0

朝倉「ねぇ、どうかしら?似合う?」
谷口「は、はい!すげー似合ってます!」
朝倉「ふふ、ねぇ、何でさっきから敬語なの?」
谷口「え、えっと…」
朝倉「もっとナチュラルに、ね?」
谷口「あ、ああ、わ、わか、わかった…。」

あれ、デートだろ、これ…
なんで、朝倉さんと俺が、夢か?

朝倉「…くん!谷口くん!」
谷口「ああああ、ははははいいいっ!」
朝倉「何か今日、朝からボーッとしてるわね、どっかで休む?」
谷口「そ、そ、そうっすね。あ、ああ、公園があったから、あそことかどうすかね」
朝倉「また敬語になってるー」
谷口「あああ、すんません!じゃなくて、ごめん!」
朝倉「ふふ、おもしろいわね谷口君て」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:17:03.72 ID:Cai8rAgn0

谷口「あ、ジュース買ってきます!」
朝倉「うん、待ってるわね」

谷口「自販機自販機〜っと、あれ、やべ、朝倉さんに何がいいか聞くの忘れた。とりあえず、お茶でいいか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:21:11.79 ID:Cai8rAgn0

朝倉「ねぇ、谷口君」
谷口「あ、は、はい!」
朝倉「いま、好きな人いる?」
谷口「え…?」

いるにはいるが、目の前に、こういうことって正直に言うものか?
…言おう、俺は…谷口だ!

谷口「い、いる」
朝倉「それって、どんな人?」
谷口「え、えーと、ああっと…あ、あ、あ、」
朝倉「ん?」
谷口「あ、朝倉…さん」
朝倉「え…?」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:23:03.47 ID:Cai8rAgn0

朝倉「今日はもう帰りましょ?」
谷口「あ、うん…」

やってしまった。明日からは朝倉さんと会話することなんて出来ないだろう。
近づいてももらえないかもしれない。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/07(土) 19:27:02.64 ID:Cai8rAgn0

翌日

谷口「ああ、欝だ…」
朝倉「おはようー」
谷口「あ…」
朝倉「ん?どうしたの?」
谷口「お、おはよう…」
朝倉「元気ないなぁ、彼氏がそんなんだと私まで元気なくなっちゃうぞ」
谷口「だって…え?かれ…し?」
朝倉「これからよろしくね!」

そういって彼女は学校へ駆けていった。彼女の眉毛は美しかった。

数日後


国木田「朝倉さん、引っ越したらしいね」
谷口「ああ、突然だよなぁ」
キョン「…まあ、何かあったんだろ」




長門「対象者の記憶の一部改変、完了」



                              終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:扶桑「提督、今日も良い天気ですね」