ハルヒ「ふぅ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「え・・・私のことが・・・好き?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:27:58.89 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…!」ぴーん

ハルヒ「…」くたぁ…

ハルヒ「ふぅ…」

ハルヒ「シャワー浴びてこよ…」





ザァー

ハルヒ「なにかしら、この虚無感」

ハルヒ「なんか違うのよね」

ハルヒ「妄想して自分で弄って…確かに気持ち良いんだけど」

ハルヒ「もっとすごいオナニーないのかしら」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:31:40.34 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「というわけでアダルトビデオショップに来たわ」

ハルヒ「緊張するわね…」

ハルヒ「制服じゃないし大丈夫か」

ハルヒ「へぇ…色んなやつがあるのね」

ハルヒ「痴漢、レイプ、SM…」

ハルヒ「…スカトロ、ぶっかけ、近親相姦…」





ハルヒ「なんか違うのよね…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:34:37.42 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「そもそも妄想が映像になったところで、手で弄るのは変わらないのよね」

ハルヒ「確かに興奮するかも知れないけど、それじゃなんの解決にもならないわ」

ハルヒ「私が求めてるのはオナニー改革」

ハルヒ「今まで体験した事ないような快感が欲しいのよ」

ハルヒ「性交よりも自慰の方が楽しいもん」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:38:14.02 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「相手と身体を重ねて愛情を深める…」

ハルヒ「相手を気遣い、快楽を共有しながらね」

ハルヒ「それはそれで素晴らしい事だと思うわ」

ハルヒ「だけど」

ハルヒ「オナニーには相手が存在しない」

ハルヒ「ただひたすら自分を辱め、堕ちていく…」

ハルヒ「いえ、違うわね。堕ちていくんじゃなく、昇りつめるのよ」




ハルヒ「…一人で何言ってるのかしら私」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:41:07.30 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「一通り散策したけど、めぼしいものはなかったわね」

ハルヒ「AVは却下」

ハルヒ「…あ!」

ハルヒ「AVショップって、グッズも置いてるんだ」

ハルヒ「所持金5000円…。なんか買って帰ろうかな」

ハルヒ「バイヴ、ローター、ローション…」

ハルヒ「うーん…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:44:24.89 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「いろいろあるのね。悩むなぁ…」

ハルヒ「ローターなんて安いし、ちょうど良いんじゃない?」

ハルヒ「500円か。これ買おうっと」



店員「ありがとうございましたー」

ハルヒ「レジカウンターって、店員と客が顔合わせないようになってるんだ…」

ハルヒ「…」





ハルヒ「買っちゃった…はじめて大人のおもちゃ買っちゃった…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:46:56.39 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」ドキドキ

トテトテ

ハルヒ「…」ドキドキ

トテトテ

ハルヒ「…き、緊張する…興奮する…」

トテトテ

トテトテ

ハルヒ「この袋の中にローターが…」

ハルヒ「どんな感じなんだろう…」ドキドキ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:50:09.46 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「ただいまー」

ガチャ

ドタドタドタ

ぽふっ

ハルヒ「さっそく開けてみよ」

ガサガサ

ででーん

ハルヒ「うわ、改めて見るとすごい卑猥だわ」

ハルヒ「AVで見てたローターがついに自分の手に…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 12:59:41.12 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」ドキドキ

クイ

ヴィィィィィ

ハルヒ「おお…」びくっ

ハルヒ「すご…こんなに震えるもんなんだ」

ハルヒ「…ちょっと当ててみようかな」

ぬぎぬぎ

パサッ

ハルヒ「…」ドキドキ

そぉ〜…

ハルヒ「ひっ!!」ぴくん

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:02:21.31 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「やばい。これはやばいわよ」

ハルヒ「手でするのなんて比べものにならないじゃない…」

ハルヒ「しかも最大出力じゃないのにこれなんて。最大にしたらどんくらい震えるのかしら」

ハルヒ「…」ドキドキ

クイ

ブィィィイイイイン!!!

ハルヒ「!…これを直接…」ドキドキ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:04:23.09 ID:51+b3gvBO






ハルヒ「…ふぅ」

ハルヒ「すごい。すごかったわ」

ハルヒ「途中で足がつるかと思うくらい気持ちよかった」

ハルヒ「でも…」






ハルヒ「やっぱりなんか違う…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:08:41.80 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「やっぱりローターって洗うもんなのかしら」

ハルヒ「ぬるぬるだし、臭い取れなかったら嫌だし」

ハルヒ「シャワー浴びるついでに洗っとこうかな」




ザァー

ハルヒ「…本当にすごいオナニー」

ハルヒ「ローターを使って気持ちよかったけど、こんなもんじゃないわ」

ハルヒ「中毒になっちゃって気絶とかして、廃人になっちゃうようなオナニー…」

ハルヒ「ないのかしらね…」はぁ…

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:11:31.60 ID:51+b3gvBO

キーンコーンカーンコーン

ハルヒ「という訳で次の日学校にローターを持って来ましたー」

ハルヒ「手段を変えても改革にならないのなら!」

ハルヒ「シチュエーションを変えてオナニー改革を目指すわよ!」

ハルヒ「…今私の鞄のポケットにはローターが入ってるわ」

ハルヒ「間違っても授業中にONにならないように電池は抜いてるけどね」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:15:55.35 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」ドキドキ

キョン「どうしたハルヒ?朝からずっと顔赤いぞ」

ハルヒ「そ、そう?」

キョン「体調悪いんだったら無理しないで帰れよ?」

ハルヒ「別に、あんたに心配されるような事じゃないわよ」

キョン「そうかい」


ハルヒ(いけないいけない…普通にしとかないと)スーハースーハー

ハルヒ(…まさか私がローター持ってるなんて思いもしないでしょうね)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:19:08.70 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」ガタッ

キョン「ん、トイレか?」

ハルヒ「う、うっさいわね!いちいちそんな事言う必要ないでしょ!」

キョン「すまん、しかしトイレに鞄は必要ないと思うが」

ハルヒ「…!」カァァ

ボガッ!

キョン「痛ぁ!」

ハルヒ「ほんっとにデリカシーのかけらもないわね!女の子にはいろいろあんのよ!」

キョン「す、すまん…」うるうる

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:22:01.53 ID:51+b3gvBO

knkd「今のはキョンが悪いよ」

キョン「…いやぁ、まずったな」
knkd「もう少し女の子の気持ちがわかるようにならなきゃね」





トテトテ

ハルヒ「はぁ…」

ハルヒ「あんな事言って鞄持って来ちゃったけど」

ハルヒ「…トイレ……してみようかな」ドキドキ

トテトテ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:29:46.96 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「こういう時は女子トイレっていいわよね」

ハルヒ「全部個室だから、怪しまれないし」

ハルヒ「…」ドキドキ

しゅるしゅる

ぱさっ…

ハルヒ「ふぅ、緊張するわ…」

ハルヒ「音とか大丈夫よね?弱にしとけばバレる訳ないよね?」

ぴとっ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:35:36.98 ID:51+b3gvBO





ハルヒ「んくぅ……!」ぴーん

ハルヒ「…ふ…」

ハルヒ「ふわぁ…」くたぁ

ハルヒ「…」

ハルヒ「ふぅ…」



ハルヒ「なんだろう。確かに緊張や罪悪感もあって興奮したけど」

ハルヒ「なんか…なんか違うのよね」

ハルヒ「なにが足りないのかしら」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 13:40:37.76 ID:51+b3gvBO

トテトテ

すとっ

ハルヒ「…」

キョン「おう、お帰り」

ハルヒ「ん」

キョン「…?」

ハルヒ「なによ、どうかした?」

キョン「鞄、なんか紐みたいなの出てるぞ」

ハルヒ「!!」がばぁっ!!

キョン「うわ!?なんだいきなり鞄隠して」

ハルヒ「うるさいこのバカ!!!!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:20:40.09 ID:51+b3gvBO

ハルヒ(あっぶなぁ〜…)

ハルヒ(こんなのバレたら団長の威厳もなにもあったもんじゃないわ…)

ハルヒ(それどころか人としておしまいよね)

キョン「?」

ハルヒ「なんでもないわよ!さっさと前向きなさい!」

キョン「やれやれ…わかったよ」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:24:10.16 ID:51+b3gvBO

キーンコーンカーンコーン

ハルヒ「やっと放課後だ…」

ハルヒ「今日は部室でいろいろ調べてみようかしら」

ハルヒ「きっと世の中にはもっとすごいオナニーがあるハズだもの」

ハルヒ「あたしが今まで知らなかったような世界があるに違いないわ!」

ガチャ

ハルヒ「ヤッホー!皆揃ってる!?」

みくる「あ、涼宮さん。こんにちはぁ」

キョン「よう」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:26:14.23 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「ん、さすがは我がSOS団員ね!感心感心」

キョン「人が遅くなったら文句垂れるくせに…」

ハルヒ「なによキョン、文句ある?」

すとっ

ポチ

ウィーン…

ハルヒ「さて…と」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:29:34.25 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」

カチカチ

ハルヒ「…」

カチカチ

ハルヒ「…」

みくる「涼宮さん、今日はいつになく真剣にネットしてますね」

キョン「どうせくだらない事ですよ、心霊スポットとかね」

古泉「ふふ、結構ではありませんか。どうです一勝負?」

キョン「お前も飽きないな」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:31:38.62 ID:51+b3gvBO

ハルヒ(…ふーん、世の中には色んなもんがあるのね)

ハルヒ(アナルバイヴ…アナルかぁ)

ハルヒ(興味なくはないけど、痛そうよね…)

ハルヒ(…)








ハルヒ「アナルかぁ…」ぽつり

他「?!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:33:51.50 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」カチカチ

キョン「あー…ハルヒ?」

ハルヒ「んぁ?」

キョン「お前…何を見てるんだ」

ハルヒ「別になんでも良いじゃない。あんたには関係ないわよ」

キョン「そうかい」

ハルヒ「そうよ」

キョン「何を見てようが勝手だが、音読はやめてくれな?」

ハルヒ「え?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:35:59.87 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「声…出てた?」

キョン「ああ…俺にはアナル、と聞こえたぞ」

ハルヒ「…」カァァ

キョン「ま、ほどほどにな」

ハルヒ「う、うっさい!バカキョン!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:38:29.62 ID:51+b3gvBO

ハルヒ(いけない…)

ハルヒ(でも…どんなのか興味あるわ)

ハルヒ(もうちょっとだけ調べてみよう…)

ハルヒ(…)

カチカチ

カチカチ

ハルヒ「ん?これは…」

『セルフ浣腸』

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:40:08.54 ID:51+b3gvBO

ハルヒ(浣腸…浣腸かぁ)

ハルヒ(動画で見た事あるけど…)

ハルヒ(あれを自分でやるのかぁ…)

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」カチカチ

ハルヒ(…気持ち良いのかな)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:44:48.44 ID:51+b3gvBO

ハルヒ(…やり方は)

ハルヒ(なるほどねぇ。シャワーのヘッドを直接当てたり、ヘッドを外したり)

カチカチ

ハルヒ(…お、おしりにぬるま湯を注入)ドキドキ

ハルヒ(量は初心者だと多くても400ml)ゴクリ…

ハルヒ(…ちょっと…興味あるかも)ドキドキ



キョン「ハルヒの奴どうしたんでしょう…」

みくる「なんだか顔が赤いですねぇ」

古泉「怒っているようではなさそうですが…なにか照れているんでしょうか」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 18:54:19.03 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「よし!今日は先に帰るわ!」バン!

キョン「うわ!急に大声をだすなよ」

ハルヒ「いちいち口答えしない!じゃあ私は帰るからね。戸締まりよろしく!」

ガチャ

バタン!

長門「…」

みくる「行っちゃいましたねぇ…」

古泉「なんだったんでしょう?今のところは閉鎖空間は発生していないようですが」

キョン「多分原因はあれだろ」すっ

古泉「ええ、PCでしょうね…ふふ、困ったものです」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 19:21:51.32 ID:51+b3gvBO

キョン「…」すっ

みくる「キョン君?どうしたんですか?」

キョン「や、あいつ多分履歴消してないだろうと思って」

古泉「…ふむ」

みくる「ひぇ!?だ、ダメですよぉ…怒られますよ?」

キョン「今のハルヒの動向を知っていくのも大切ですよ」

古泉「たしかに涼宮さんの趣向は把握しておきたいですね」

キョン「決まりだな」

みくる「ひぇ〜…」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 19:46:30.13 ID:51+b3gvBO

カチカチ

キョン「思った通りだ。履歴そのまま残ってるぞ」

古泉「気は引けますが、仕方ありませんね。確認させて貰いましょう」

みくる「ホ、ホントに見るんですかぁ…」ドキドキ

長門「…」

キョン「履歴、今日みたページ…これか」

古泉「これは…」

みくる「うわ、エッチぃのはダメですよぉ…」

キョン「大人のおもちゃ屋やら大人のブログやら…」

古泉「最後はどうやらこれですね」

カチ



『セルフ浣腸』

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 19:50:28.81 ID:51+b3gvBO

古泉「…我々も性に敏感な年頃ですから。色んな事に興味を持ちますよ」

キョン「…だな。興味本位で見てただけかも知れないし」

みくる「え?でもこのページ見て帰っちゃったんですよね?」

長門「…」

古泉「…」

キョン「…」

古泉「朝比奈さん。時には大人の目で優しく見守る事も必要です」

キョン「誰だって興味は持つんですから。もう触れないであげましょう」

みくる「ご、ごめんなさい…」しゅん

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 19:53:55.82 ID:51+b3gvBO

トテトテ

ハルヒ「あぁ、今から緊張してきちゃったわ…」

ハルヒ「なにかしらね、この新しい快感を前にした高揚感は」

ハルヒ「自然と足早になっちゃうわ」

トテトテ

トテトテ

ガチャ

ハルヒ「たっだいまーっ!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 19:59:55.58 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…」ドキドキ

キュッ

ザァー…

ハルヒ「お湯になるまでの時間が歯痒いわ…」ドキドキ

ハルヒ「このシャワーから出てる水があたしのお尻に…」ドキドキ

ハルヒ「あ、お湯になった」

ハルヒ「…」

ハルヒ「そういえばウチのシャワーってヘッド外せるのかな…」ドキドキ

キュッ

キュッ

かぽっ

ハルヒ「は、外れた…」ドキドキ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:02:46.68 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「でもいきなりこんなの入らないわよねぇ」

ハルヒ「やっぱりここは…」チラ

ハルヒ「このゆび」クイッ

ハルヒ「を入れるの…かな」ドキドキ

ハルヒ「うぅ〜…抵抗ある…」

ハルヒ「先に口に含んで湿らせといて…と」

ぱくっ

レロレロ

ちゅぴっ


ハルヒ「…いざ!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:12:21.32 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「背中から手を回した方がいいのかな?」

ハルヒ「屈んで股下から手を回したほうが良いのかな…」

ちら

ハルヒ「!」

ハルヒ(くぅ〜…鏡で見ると…)

ハルヒ(あたしなんて卑猥な恰好してんのよ…!)カァァ

ハルヒ(でも…)

ハルヒ(恥ずかしい恰好のほうが興奮するわ!)

ハルヒ「よし、屈んで股下から…いくわよ」

ぐぐ

ぐ…

ハルヒ「うぅ…」

ぐいっ!

ハルヒ「んぅぅ…!いったぁ…!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:14:24.35 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「いたい…想像以上に痛い…」

ハルヒ「痛いよぉ…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「なんか…中って暖かいのね」

ハルヒ「…うぅ、なんかお腹をえぐられてる感じ」

ハルヒ「もうちょっと奥まで入れてみよう」

ぐぐぐ…

ハルヒ「ひぁぁ…」ぞくぞく

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:16:54.30 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…これで根本までか…ちょっと慣れたわね」

ハルヒ「確か前立腺は…指をこう曲げたとこだっけ?」

くいっ

ハルヒ「うぁっ!」ぴくん

ハルヒ「…良いかも」

クイッ

ハルヒ「…ん、なんか良い」

ぐりぐりぐり

ハルヒ「〜〜〜…」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:18:53.97 ID:51+b3gvBO





ぬぷっ

ハルヒ「…ふぅ」

ハルヒ「お尻…なかなか良いじゃない」

ハルヒ「背徳感が快感を煽るわね」

ハルヒ「さて…」ちら

ジャー…

ハルヒ「いよいよこいつ…」ごくり

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 20:20:53.92 ID:51+b3gvBO

ハルヒはエロサイトで知識を得てるから、耳年増という設定。
伏線だから気にしないで

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:01:27.43 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…ごくり」

スッ

ぐぐ…

ハルヒ「く…痛…」

ぐぐ…

ハルヒ「入らない…」

ぐぼっ!

ハルヒ「〜〜〜!!!」

ハルヒ「…痛い痛い痛い痛い…」

ハルヒ「…角度悪かったかな…痛すぎる…」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:06:50.75 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…なんとか入ったわ」

ハルヒ「でも…」

ハルヒ「蛇口を捻るのが怖い…」

ハルヒ「…」じーっ

ハルヒ「出過ぎちゃったりしないのかな」

ハルヒ「よくよく考えたらお腹痛いんじゃないかな」

ハルヒ「案じるより生むが安し…」

ハルヒ「せいっ!」

キュッ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:13:09.44 ID:51+b3gvBO

じわぁぁぁぁ…

ハルヒ「くぁぁ…!」

ハルヒ「入ってる…お湯が…お腹に入ってきてるぅ…」

じわぁぁぁぁ…

ハルヒ「くぅ…すごい…!腸を逆流していってるのがわかるぅ…!」

ハルヒ「…ん?」

じわぁぁぁぁ…

ハルヒ「熱ッ!なんか熱くなってきた!あちちち!」

ハルヒ「お水、お水も出さなきゃ…!」

キュッ

ぎゅるるるるるる

ハルヒ「!?」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:19:34.27 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「きゃああ!で、出過ぎ、出過ぎぃ!!」

ぎゅぅうう

ハルヒ「止めなきゃ、と…止めなきゃ…」

ぎゅうぅぅ

キュッ

キュッ

キュッ…

ハルヒ「………うぅ」

ハルヒ「入れ過ぎちゃった…」

ハルヒ「お腹…張ってる…たぽたぽだわ…」

ハルヒ「……とにかく抜かなきゃね」

ぐ…

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:41:52.64 ID:51+b3gvBO

ぐぐ…

ぐ…

ハルヒ「〜〜…く…痛い…!」

ぬぽっ

ピュッ

ハルヒ「ふ…ふぅ…苦しい…苦しい…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「出す事をまったく考えてなかったわ」

ピュッ

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:49:42.98 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…どうする」

ハルヒ「…どうするよあたし?」

ハルヒ「身体を拭いてトイレに行くか」

ハルヒ「それとも…」

ハルヒ「…」

ピュッ

ハルヒ「…」





ハルヒ「…ダメだ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 21:59:31.88 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「大丈夫…水しか入れてないんだから水しか出ない…」

ハルヒ「…水しか出ない」

ピュッ

ハルヒ「水しか…」

ピュッ

ハルヒ「うぅ…止めたいのに…」

ピュッ

ハルヒ「止めたいのにぃ…」

ピュッ

ぴっ

ぷしゃあああああああああ





ぼとっ

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:05:08.80 ID:51+b3gvBO

ぷしゃああああ

ハルヒ「…」

ぼととっ

ぷしゃああ…

ハルヒ「…」

ぷしゃ………

ハルヒ「…」






ハルヒ「…グス」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:14:10.02 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「あ…」

ハルヒ「…後片付けしなくちゃ」

ハルヒ「…後片付け…」

ハルヒ「どうやって?」

ハルヒ「まさか手でやる訳にもいかないし…」

ハルヒ「袋でも持ってこようかな」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:19:23.02 ID:51+b3gvBO

ガチャ

ふきふき

ハルヒ「あたし…なにやってるんだろう」

ハルヒ「やっぱり違うわ」

ハルヒ「なんか違う…たしかに気持ち良いし、背徳感もあるし」

ハルヒ「でもなんか違うのよね…」

がさがさ

ハルヒ「あ、この袋でいいか」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:23:08.20 ID:51+b3gvBO

ガチャ

ハルヒ「さぁ片付けに来ましたよー…」

ハルヒ「うっ」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」

すっ

むぎゅ

ハルヒ「く…屈辱だわ…」

すっ

むぎゅ

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:33:58.61 ID:51+b3gvBO





ハルヒ「ふぅ…」

ハルヒ「浣腸は興奮するけど、終わってからオーガズムを求めるほどじゃないわね」

ハルヒ「あくまで偏った性的嗜好の遊び、ってところかな」

ハルヒ「…でもまぁ」

ハルヒ「アナルオナニーも浣腸も気持ちよかったし」

ハルヒ「たまには良いかも知れないわね」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:36:06.10 ID:51+b3gvBO

ハルヒ「…結局道具でするのもダメ、環境を変えるのもダメ」

ハルヒ「きっと露出オナニーや公開オナニーでもたいして変わらないわ」

ハルヒ「はぁ…」

ハルヒ「究極のオナニーって、なんなのかしら」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:39:00.39 ID:51+b3gvBO

キーンコーンカーンコーン

ハルヒ「という訳で結局満足出来ないまま次の日ね」

ハルヒ「あら?まだキョンが来てないわ」

ハルヒ「まったく…学校にまで遅刻するなんて、まだ自覚持ってないのかしら」

ハルヒ「…つまんない…」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:43:44.41 ID:51+b3gvBO

【部室】

キョン「さて、朝早くから集合をかけたからには何か重大な事があるんだろうな」

古泉「えぇ、もちろんです」

みくる「もしかして、涼宮さんの事ですか?」

古泉「ご名答。その通りです」

みくる「…結局涼宮さんはどうなったんだろう」

古泉「まぁ、それは置いときましょう。僕達の知り及ぶところではありません」

キョン「で、なんだよハルヒの話って」

古泉「単刀直入に聞きますよ?みなさん」

古泉「エナジーオーガズムをご存知ですか」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:09:25.59 ID:51+b3gvBO

みくる「えなじー?」

キョン「オーガズム?」

長門「知っている」

古泉「おや、さすがは長門さん。お二方はご存知ないようですね」

みくる「はい…」

キョン「ご存知ないな」

古泉「でしたら結構です。詳しくは説明しませんが、自慰行為の一つです」

みくる「気になりますぅ」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:20:21.84 ID:51+b3gvBO

キョン「たしかに気になるな」

みくる「エナジーオーガズム?って、いったいどんなオナニーなんですか」

キョン「あ、朝比奈さん…」

みくる「あ…」かぁぁ

古泉「聞きたいですか?ふむ…すこし長くなりますが」

長門「私から説明する」

古泉「おや、そうですか。たしかに長門さんのほうがわかりやすく説明してくれそうだ」

キョン「じゃあ長門、頼む」

長門「了解した。聞いて」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:26:05.74 ID:51+b3gvBO

長門「エナジー・オーガズム(以下EO)とは呼吸法によって行われる自慰行為」

キョン「呼吸法?そんなもんで気持ちよくなれるのか」

長門「なれる。すごく。これはもともとタントラの一種で、局部に一切手を触れない」

みくる「手を使わない…って、道具を使うって意味ですかぁ?」

長門「違う。まったく触れない。基本姿勢は仰向け」

キョン「そんな自慰があるのか…」

長門「ある」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:36:49.63 ID:51+b3gvBO

長門「呼吸法と骨盤庭筋の締め付け、それに加えて性的興奮状態が必要」

みくる「エッチな気持ち…ってことかな?」

長門「まさにその通り。誰か、或いは何かに犯されるようなイメージを持つと良い」

キョン「それは女にしかできないのか」

長門「EOは男女を問わない」

長門「説明を続ける。ここでは手順は省くが、さっき言ったような方法でオーガズムが体験できる」

長門「その際に得られる性的快感は射精の約数十〜100倍程度と言われている」

みくる「射精って言われても…どんな感じなんですか?」

キョン「そりゃあもう気持ち良いですよ。ぴーんってなるくらい」

みくる「ふぇ?女の子だってぴーんってなりますよぅ」

長門「…説明を続けても良い?」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:52:55.98 ID:51+b3gvBO

長門「さっき話した状態で必要条件が重なると、ドライオーガズム状態になる」

長門「そして快楽の波はとどまることを知らず、絶頂が何度も何度も訪れる」

キョン「何度もって…一回以上は無理だろ」

長門「無理ではない。ドライオーガズムとは射精を伴わないから」

みくる「女の子も一緒なんですか?」

長門「ドライオーガズムと女性のオーガズムは似ている。…と私は感じる」

みくる「それが何度も何度もなんて…気絶しちゃいますよぅ」

長門「そう。まさにそれがこのEOの危険なところ」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:07:22.16 ID:xi/39YEQO

長門「オーガズムが続く状態のことをマルチプルオーガズムという」

長門「この状態が長く続きすぎると危険」

キョン「き、危険って…どうなるんだよ」

長門「絶頂時は脳内麻薬が大量分泌されている。DOは長くて1時間以上継続される」

長門「そんな状態が1時間も続いたら、精神的にも肉体的にも以上をきたす恐れがある」

みくる「異常ってなんなんですかぁ…」びくびく

長門「精神面では、鬱状態や発狂」

キョン「発狂!?」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:15:05.48 ID:xi/39YEQO

長門「そして肉体的には、日常生活でも突然絶頂に近い快感に襲われることがある」

長門「つまり、通常の生活ができなくなる場合もあるということ」

長門「それに加えて、EOは体力を激しく消耗する」

キョン「体力を?」

長門「そう。俗に言われる、射精に消耗する体力と800m走の消耗量が同じというのをイメージして」

キョン「たしかにそんなのが続いたらそれはもうえらいことだな」

長門「それはもうえらいこと」

みくる「それにしても長門さんは詳しいですねぇ。それも情報調合思念体の情報ですか?」

長門「違う。実体験に基づく」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:21:32.67 ID:xi/39YEQO

キョン「へ、へぇ…」

みくる「すごいですぅ…。羨ましいなぁ。どんな感じですか?」

長門「まさに地獄。二度としたくない」

キョン「なんでだ?快感なんだろう?」

長門「さっきも言ったように、快感を制御できなくなる」

長門「たとえば…想像してみて欲しい」

長門「学校に行かなければならない、しかし体は言うことをきかない」

長門「思考はスパークし、何も考えられない、叫んでも叫んでも快楽は収まらない」

長門「やがて自分がどこに居るのかもわからず、半狂乱になる」

長門「快楽は続きすぎると苦痛に変化し、延々と襲い掛かって、呼吸困難に陥った」

長門「非常に苦しい思いをした。思わず平行世界を生成してしまうほどに」

キョン「え…」

みくる「…ひえぇ…」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:25:50.16 ID:xi/39YEQO

古泉「さて、そろそろ説明はいいでしょう」

古泉「長門さん、どうもありがとうございました」ニコ

長門「別にいい」

古泉「長門さんはEOの恐ろしさも含めて説明してくださったので、手間が省けました」

古泉「皆さんに集まってもらったのは他でもありません、このことです」

キョン「EOか?朝から猥談したかったのかお前は」

みくる「授業サボってまで…?」

古泉「いいえ。実はこれを、涼宮さんに提供しようと考えています」

キョン「な…」

古泉「ああ、もちろん間接的に、ですがね」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:30:53.59 ID:xi/39YEQO

キョン「なに考えてやがる?お前ハルヒを廃人にしたいのか?」

みくる「そ、そうですよぅ!危険だってわかってるならどうして?」

古泉「…涼宮さんは今自慰に対して非常に関心を持っています」

古泉「それは最近の動向やネットの履歴からも明らかです」

キョン「たしかにそうだな」

古泉「そして世の中にはもっと危険な誘惑がたくさんあります」

みくる「ゆうわく?たとえばどんなのですか?」

古泉「そうですね…ドラッグオナニーや、精神に異常をきたす催眠オナニー、などでしょうか」

キョン「ドラッグ…」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:36:03.25 ID:xi/39YEQO

自己催眠は回帰をしないと鬱になる人もいるって長門が言ってた

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:38:23.35 ID:xi/39YEQO

古泉「いわば妥協策なのですよ」

古泉「危険が10で快楽が5のものを取られるならば」

古泉「危険が5で快楽が10のものを取ってもらおう、というわけです」

キョン「…なるほどな。納得はできないが理解はした」

みくる「ふぇぇ。ホントにするんですかぁ…」

古泉「このEOについて、涼宮さんが興味を持ちやすい状態で帰り道に放置しておきます」

古泉「そうすれば今日にでも彼女はEOに挑戦するでしょう」

キョン「ハルヒが興味もつ状態って…」

古泉「ええ、エロ本です」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:42:52.66 ID:xi/39YEQO

古泉「そこで、貴方達に忠告をしておこうと思って呼び出させていただきました」

キョン「EOに手を出すな、ってことか」

古泉「理解が早くて助かります」

みくる「…でも、ちょっと興味あるかな…」

長門「やめておいたほうがいい。推奨しない」

みくる「そういえば、長門さんはその頃からどうやって復帰したんですか?」

長門「思念体に助けてもらった。今はもう通常の自慰行為も制限されている」

みくる「通常も!?」

キョン「おいおい、それこそ異常をきたすだろ。欲求不満になったりしないのか?」

長門「…すこしだけ」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:16:36.13 ID:xi/39YEQO

ガチャ

キョン「すんませーん、遅れました」

先生「早く席に着きなさい」

キョン「はい…」

ガタ

すと

ハルヒ「…遅いじゃない。なにしてたのよ」

キョン「いや、何って…寝坊だよ」

ハルヒ「かばん置いて?」

キョン「…」

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:35:29.81 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「キョン?あんたなんか隠してるわね」

キョン「人聞きの悪い事を言うな」

ハルヒ「じゃあホントの事言いなさいよ!」むぅ

キョン「あーもう…トイレだよトイレ!」

ハルヒ「え」

キョン「おっきぃ方。お前だって腹下す事あるだろ」

ハルヒ「!」

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:42:29.94 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「く…」

キョン「な?そういう事だ」

ハルヒ「なによ…」

ハルヒ(…あたしも今日お腹ゆるいだけにこれ以上言えないわね)

ハルヒ(もう…昨日の浣腸がまだ響いてるわ…)

きゅるるる

ハルヒ「!」ビクッ

キョン「ん?どうした」

ハルヒ「別になんでもないわよ…」

ハルヒ「…」

ハルヒ(き…きたぁ……)プルプル

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:45:51.37 ID:xi/39YEQO

キョン「どうした?顔色悪いぞ?」

ハルヒ「なんでもないって言ってるでしょ!バカ!」プルプル

キョン「バカは余計だ。熱でもあるんじゃないか?」

すっ

ハルヒ「!」

キョン「ん〜…熱はないみたいだが…」

きゅるるるる

ハルヒ「む…」

ハルヒ「ううぅ……」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:50:24.11 ID:xi/39YEQO

ハルヒ(ダメだ…)

ハルヒ(決壊しそう…)プルプル

ぎゅるるる

ハルヒ「!」

バンッ!

キョン「うわ?!びっくりするだろ、いきなり立ち上がるな」

ハルヒ「…く」

キョン「なんか鳥肌立ってるぞ…」

ハルヒ(限界が近づくとなんで鳥肌立つんだろ…)

先生「ん?どうした涼宮」

ハルヒ「あの…トイレ…」プルプル

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:52:31.52 ID:xi/39YEQO

先生「…行って来なさい」

ハルヒ「はい…」ヨチヨチ

キョン「…よっぽど我慢してたのか」

ハルヒ「…」ヨチヨチ

ガラガラ

ピシャン!

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 17:57:18.77 ID:xi/39YEQO





じょぼぼぼ

かさかさ

かさかさ

ジャー…

ハルヒ「…ふぅ」

ハルヒ「危なかったわ…」

ハルヒ「これだけ苦しい思いしてるんだもの」

ハルヒ「今日こそ究極のオナニーを発見出来るような気がするわ」

ハルヒ「…ううん、確信ね。今日こそ究極のオナニーを発見する!」

きゅるるる…

ハルヒ「…うぅ…」

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 18:25:27.02 ID:xi/39YEQO

【放課後】

キョン「本当にやるのか」

古泉「ええ、もちろんです」

キョン「…大丈夫なのか」

古泉「それは涼宮さん次第ですね」

古泉「ただ一つ言えるのは」

キョン「なんだ」

古泉「彼女が望んだからこそ、僕たちはこうしてEOを提供するのですよ」

キョン「…」

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 18:31:11.17 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「…」カチカチ

ハルヒ(はぁ…今日はほとんど収穫なしね)

ハルヒ(やっぱり、廃人になっちゃうようなすごいオナニーなんて存在しないのかしら)

ハルヒ「はぁ…」

trrrrr

古泉「はい、古泉です」

古泉「…そうですか。わかりました、すぐに向かいます」

古泉「すみません、涼宮さん。バイトが入ってしまいました…」

ハルヒ「…そう、しかたないわね。気をつけて」

古泉「恐れいります。それでは」ちら

キョン「…」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 18:34:09.37 ID:xi/39YEQO

長門「…」パタン

ハルヒ「あ、もうこんな時間か。今日の部活はおしまいね」

みくる「そうですね。お疲れ様でしたぁ」

キョン「…」

ハルヒ「キョン、みくるちゃん着替えるんだから先に出る!」

キョン「わかってるよ」

ガチャ

バタン

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 18:53:50.25 ID:xi/39YEQO





みくる「じゃあねぇ」

ハルヒ「バイバイ!悪い男に気をつけなさいよ!キョンみたいなの!」

キョン「いちいち余計だ」

みくる「あははは、じゃあ…ばいばい」フリフリ

キョン「じゃあなハルヒ、気をつけてな」

ハルヒ「ふん、あんたに言われるまでもないわよ!じゃあね」

キョン「可愛くない奴だ…」

トテトテ

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:00:58.10 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「はぁ…」トテトテ

ハルヒ「今日も何もないまま終わるのね」トテトテ

ハルヒ「そして…普通のオナニーをしてシャワー浴びて寝る」トテトテ

ハルヒ「つまんない…」トテトテ

ハルヒ「…ああもう。どっかにないの?」トテトテ

ハルヒ「死んじゃいそうなくらい気持ちよくって」トテトテ

ハルヒ「二度とやめられなくなって」トテトテ

ハルヒ「廃人になっちゃうようなのが…」トテトテ

トテトテ

トテトテ




ハルヒ「……ん?」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:09:40.54 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「あれは…エロ本か」

ハルヒ「小学校のときにそういえば拾ったわよね」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」キョロキョロ

ハルヒ「…」キョロキョロ

ハルヒ「…誰もいないよね」ドキドキ

ハルヒ「…」ドキドキ

ばっ

スタスタ

スタスタ

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:12:42.03 ID:xi/39YEQO

古泉「…ふむ。すんなり拾っていただけたようですね」

森「ふふ。エロ本拾って早歩きになるなんて、可愛らしいところもあるのね」

古泉「彼女はもともとそういう性格ですよ」

森「それにしても、考えたわね古泉。エロ本を媒体にしてEOを提供するなんて」

古泉「森さんの協力のおかげですよ」

森「女性に頼む仕事ではないわよ?」

古泉「いえいえ、まさかあそこまで過激なものを作っていただけるとは」

森「黙りなさい。より効果的に彼女の欲求不満を解消するためよ」

古泉「す、すみません…」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:16:44.13 ID:xi/39YEQO

ガチャ

ハルヒ「ただいま!!」

ハルヒ「…今日も誰もいないわね」

タッタッタッタ

ヌギヌギ

ポイッ

ぽすん

ハルヒ「さぁ…どんな内容なのかしら?くだらないものだったら承知しないわよ」

ペラ

ペラ

ハルヒ「…」ドキドキ

ペラ

ハルヒ「…」ドキドキ

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:20:35.65 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「…」むふー

ペラ

ハルヒ「あれ?袋とじになってる」

ハルヒ「『壊れる覚悟のある方のみご開封ください』…」

ハルヒ「…たかがエロ本で壊れる奴なんかいないわよ」ドキドキ

ハルヒ「望むところだわ」

ビリビリ

ビリビリ

ペラ

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:25:51.21 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「!!」

ハルヒ「うあぁ…すご…」

ハルヒ「この女の人…狂ったみたいに泣き喚いてる」ドキドキ

ハルヒ「…なにされたらこんな表情できるのかしら」ドキドキ

ペラ

ハルヒ「え…オナニー!?」

ハルヒ「一体どんなオナニーを…」

ハルヒ「『人格崩壊・狂乱のエナジーオーガズム』…」

ハルヒ「大変危険ですので興味本位では絶対に試さないでください…」

ハルヒ「…いいよね?ちょっと読むくらい…」

ペラ

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:35:36.98 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「…絶頂継続時間90分か。すごい、写真つきで解説してるのね」ドキドキ

ハルヒ「…泣いてる。こんなにすごいもんなのかしら…」ドキドキ

ハルヒ「それにしても、この女性どっかで見たことあるような…」

ハルヒ「すごい…すごいよぉ…狂ってる…」

ハルヒ「すっごく怖いけど…」

ハルヒ「なんだか…」

ハルヒ「試してみたい…!!」ドキドキ

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:43:03.68 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「…」ゴクリ

ハルヒ「まず…十分リラックスする…か」ドキドキ

ハルヒ「この女の人はシャワー浴びてるわね」

ハルヒ「…今は家に誰もいないし、リラックスできてるわよね。次」

ペラ

ハルヒ「性的興奮…?えっちぃ妄想すればいいのかしら」ドキドキ

ハルヒ「正座して、大きく深呼吸を行う…できるだけエロチックに…」ドキドキ

ハルヒ「こうかしら…」

すっ

ハルヒ「すぅ…はぁ…すぅ…はぁん…」ドキドキ

ハルヒ「ううぅ…照れる…。すぅ…はぁん…」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 19:56:19.86 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「気持ちがリラックスしたら仰向けに横たわる…」

ハルヒ「…なんかもうエッチな気分になっちゃったわ…」ドキドキ

すっ

ハルヒ「一体どんな快感がくるのかしら…」ドキドキ

ハルヒ「次は…呼吸法か。背中を逸らしながら息を吸って」

すぅ…

ハルヒ「吐くときに思いっきり骨盤底筋をしめる」
ふぅ…
ぎゅぅ

ハルヒ「コレを続けて…」

すぅ…
ふ…
ぎゅぅ

ハルヒ「慣れてきたら底筋を締める時に、膣内になにかが侵入してくるイメージ…か」

ハルヒ「すぅ…ん…」ピクン

ハルヒ「ん…ん…なんか…?…ホントになんか…ちょっと気持ちいい…?」

ぎゅぅ

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:06:27.97 ID:xi/39YEQO

【20分後】

ハルヒ「はぁ…あああ…あああぁん…」ぎゅっ ぎゅっ

ハルヒ「声を…出したくなったらぁ…ぅん…我慢せずに出して…」ぎゅぅ ぎゅぅ

ハルヒ「うあああ…!」ぎゅぅ

ハルヒ「はぁ…はっ…はっ…」

ハルヒ「呼吸が速くなろうとするけど…がまん…がまんんんぅ…」ぎゅぅ

ハルヒ「ゆっくり…すぅ…ゆっくり……ふぅうあああああ…!!」ぎゅっ ぎゅっ

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:11:26.55 ID:xi/39YEQO

【更に20分後】

ハルヒ「ふぅうああああ…ああぁああぁああん」ポロポロ

ハルヒ「うぅ…すぅ…うえぇぇん…」ポロポロ

ぎゅっ ぎゅっ

ハルヒ「きもちぃ…きもちいよぉお…あああぁ…」ポロポロ

ハルヒ「なんか…掴むものがほしぃ…とんじゃう…とんじゃうよぉお…」ポロポロ

ぎゅうぅぅぅ

ハルヒ「ああ…がまん…して…こきゅう…こきゅ…つづけ……がまん…が…あ…あ…」ポロポロ



どくん!!!

ハルヒ「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:15:14.79 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「うああああああああああああああああああ!!!!!」ビクゥ!!

ハルヒ「ひああ!!!!ひあぁあ!!」

ハルヒ「腰が…!!!こしがぁああああ…!!!!!」

ハルヒ「こひぃ…こひがないぃぃいいいいい!!!!!!!!!!」

ハルヒ「いあああああああああああああああああああ!!!!!!」

ハルヒ「あが…あああがぁあああ…」ポロポロ

ビクン!!

どくん どくん

ハルヒ「せなか…せなかからぁあああ…くるぅう!!!!!」

ハルヒ「うあああああ!!!!きがくるぅううう!!!!」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:19:39.25 ID:xi/39YEQO

【更に20分後】

ハルヒ「あぁああ…あがぁあああ!!!!」ポロポロ

ハルヒ「しぬ…しんじゃうううう…!!!!」ポロポロ

ハルヒ「あうあ…あうううああ…!!!」ポロポロ

ハルヒ「うえぇ…!!ううぅぅうぅ…!!!」ポロポロ

ハルヒ「〜〜〜〜〜〜〜〜」ビクン!


ハルヒ「うああぁぁぁ!!」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:24:05.01 ID:xi/39YEQO

【1時間後】

ハルヒ「ひゅ……ひゅ…」

ハルヒ「あぁぁぁ…い……いく…まら…まだ…いくぅぅ」

ハルヒ「もういい…もういいぃ…もぉいいぃいああああああ!!!!」

ハルヒ「あ、あ、あ、くるぅ、またくる、またくる!!!」

ハルヒ「くるぅうぅうううう〜〜〜〜〜!!!」





ぷつん

ハルヒ「     」

どさっ…

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:27:54.76 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」パチ

ハルヒ「…えあぁ」

ハルヒ「うぁぁ…?う…」

ハルヒ「おえぇえええ」びしゃびしゃびしゃ

ハルヒ「えぐ…うぐぅ…ふぅ…ふぅ………」

ハルヒ「あた…ま…あたま……あたま…」

ハルヒ「うげぇえええええええ」びしゃびしゃびしゃ

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:32:13.37 ID:xi/39YEQO

ハルヒ「ふぅ……ふぅ…」

ハルヒ「あぁ…おさ…まぁ…たぁ?」

どさっ…

ハルヒ「…」

ハルヒ「ひもち…よかったぁ…」

ハルヒ「……しあやせ…わぁ…てんごくいらぁくあ」

ハルヒ「あぢゅあいいんられってら?」

ハルヒ「おういっかい…もういっかい…」

すぅ…ふぅ…

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 20:39:57.10 ID:xi/39YEQO

【次の日】
キョン「…来てないぞ」

キョン「おい、大丈夫なのか」

長門「私は推奨しないと言った」

みくる「涼宮さん、大丈夫なんでしょうか…?」

古泉「今のところ閉鎖空間の発生などは確認できていません」

古泉「もしかしたら疲れて眠っている可能性もあります」

キョン「…無責任だな。俺はハルヒの様子を見てくる」

古泉「…責任は僕にあります。ご一緒しますよ」

みくる「わたしも!わたしもいきまぁす!」

長門「…いく」

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:40:46.46 ID:jW1QxVPKO

キョン「ハルヒの家は当然知ってるんだろうな」

古泉「ええ、もちろんですよ」

キョン「…こんな時までよくニコニコできるな?」

古泉「失礼しました。…クセのようなものなんですよ」

キョン「…まぁ、ハルヒが無事なら良いさ」

古泉「そうですね。僕も無事であることを祈ってます」

キョン「他人事だな」

古泉「これは手厳しい」

みくる「あ、あれじゃないですか?涼宮ってお家がありますよ!」

古泉「ええ、そうですね。あそこで間違いありません」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:45:52.90 ID:jW1QxVPKO

キョン「…」

ピンポーン

キョン「…」

ピンポーン

女性『はい。どちら様でしょうか』

キョン「!」

キョン「ハルヒさんの知り合いの者です。今日学校休んでたので…」

女性『ハルヒは体調が優れませんので…』

キョン「…なにか…あったんですか」

女性『それが…昨日仕事から帰ってきたら…』

女性『……立ち話もなんですから、どうぞおあがりください』

キョン「…失礼します」

ガチャ

女性「どうぞ」

みくる「わぁ…涼宮さんのお母さんすっごい綺麗…」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:49:56.66 ID:jW1QxVPKO

ハルヒ母「実は昨日…仕事から帰ってきたらハルヒが部屋で泣いてたんです」

キョン「泣いてた?」

ハルヒ母「ええ。何事かと思って部屋に入ると…」

キョン「…」ごくり

ハルヒ母「まるで狂ったみたいに泣き喚いてたんです…尋常じゃないくらい」

キョン「そんな…」

ハルヒ母「…なにがあったのかご存知ないでしょうか」

キョン「…」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:54:26.48 ID:jW1QxVPKO

ハルヒ母「何を言ってるのかよく聞き取れなかったんですが…」

ハルヒ母「よく聞くと…死ぬ、死ぬって連呼してたんです」

ハルヒ母「…どうしていいかわからなくて、病院にも連れて行けてないんですけど…」

キョン「…ハルヒさんに会わせてもらえませんか」

ハルヒ母「…ええ。今は上で大人しく寝ています」

キョン「上がってもよろしいですか?」

ハルヒ母「お願いします…」

キョン「…」

794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:56:55.52 ID:jW1QxVPKO

トン

トン

トン

キョン「…古泉」

古泉「はい?」

キョン「ハルヒがこうなる事はわかってたのか」

古泉「正直どうなるかは僕達にも完全には予想できませんでした」

古泉「先日申し上げたとおり、これは妥協策なのです」

キョン「…ほっといたらドラッグに手を出すかもしれないから、か」

古泉「その通りですね」

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:04:06.20 ID:jW1QxVPKO

みくる「ここが涼宮さんの部屋ですかぁ」

キョン「…あけるぞ」

ガチャ

キョン「…ごくり」



ハルヒ「すぅ……すぅ……」

古泉「寝ておられますね」

キョン「なんて顔だ…まるで死人じゃないか…」

キョン「こんなになるまで続いてたのか。こんなになるまでコイツは苦しんだのか」

長門「観測によると、涼宮ハルヒがEOによってエクスタシーを感じた時間は1時間49分」

長門「体力、精神力ともにかなり危険な状態にある」

キョン「…」

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:06:30.67 ID:jW1QxVPKO

キョン「古泉」

古泉「はい」

キョン「他にも方法はあったはずだろう?なぜこの方法を選んだんだ」

古泉「…」

キョン「お前が、ハルヒが壊れちまうような方法を取るとは考えにくいんだが」

古泉「言ったでしょう?これは彼女が望んだことなのです」

キョン「…それでも、お前はこんな方法を選ばないはずだ。なんでだ?」

古泉「…涼宮さんを壊したかったから」

古泉「だとしたらどうします?」

キョン「それを本気で言ってないってことが解らんほど俺はバカじゃない」

806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:10:38.33 ID:jW1QxVPKO

古泉「んっふ。かないませんね」

キョン「結局なんでなんだ」

古泉「僕は彼女の願望をかなえたかった。ただそれだけです」

古泉「彼女が望んだからこそ、たまたま僕のところにEOの情報が入ってきて」

古泉「それを彼女に提供することになったのでしょう」

キョン「…」

古泉「本音を言うとですね」

キョン「なんだ?」

古泉「涼宮さんには学んで欲しかったんです」

キョン「学ぶ?」

808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:14:40.61 ID:jW1QxVPKO

古泉「彼女の欲望は必ず達成される」

古泉「そう、願いさえすればいとも簡単に、ね」

キョン「…確かにそうだな」

古泉「しかしそれは彼女にとって幸せなものとは限らない」

古泉「今回のように、『廃人になるようなオナニーがしたい』と望んだとしたら」

古泉「それによって苦しむのは彼女自身なのです」

キョン「…実際にハルヒは苦しんでるしな」

古泉「ええ。今回ならまだマシです」

古泉「これが例えば『死にたい』という願望だったとしたらどうしますか」

キョン「…」

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:20:29.12 ID:jW1QxVPKO

古泉「そんな無茶なことを望まないで欲しいからこそ、僕はEOを提供したのです」

キョン「…なるほどな」

古泉「ご理解いただけたようで何よりです」

キョン「…ま、ハルヒも勉強になっただろう」

みくる「あ…涼宮さんが目を覚ましますよ」

キョン「…ハルヒ」



ハルヒ「…ん」

ハルヒ「…んぁ?」

ハルヒ「…んんん…ぁ…ん…」ピクン

ハルヒ「んああ…」ぎゅ

ハルヒ「い…や…もういや…」ぎゅぅ

ハルヒ「もういいぃ…もういやだぁ…」ぎゅ  ぎゅっ

823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:28:22.61 ID:jW1QxVPKO

キョン「ハルヒ?!」

長門「骨盤底筋が自律コントロールできていない。呼吸に反応して収縮している」

みくる「ひぇ?!もしかしてまた?」

長門「…また涼宮ハルヒはEOを体感する」

キョン「…ハルヒ」



ハルヒ「ふぁぁぁああ…ひっあ、あぁあ…」ピクン どくん

ハルヒ「…たうえて…くうひぃ…くうぅ…!!」ぎゅぅう

長門「今なら情報操作で助けることができる。…どうする?」

キョン「…」

829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:33:42.72 ID:jW1QxVPKO

ハルヒ「あぁぁ…くる…くる…こないれぇええええええ!!!」

ガクガクガク

ハルヒ「おあああああああああ!!!!!」ぎゅぅぅ

ハルヒ「おああない!おあんないよぉお!!!」ポロポロ

ハルヒ「うわぁぁぁああ!うえぇぇえん…!!!」ポロポロ

ハルヒ「…あ…が…ぐ……!!!!」ガクガク

長門「…危険な状態。早く決断を」

キョン「…もう十分反省しただろ」

長門「では助けるの?」

キョン「…ああ。助けてやってくれ」

ハルヒ「くぅしい!くる…くるし、しし、しんひゃうよぉおおおおおおお!!!!」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:41:29.22 ID:jW1QxVPKO


長門「ブツブツブツブツブツ」

ハルヒ「〜〜〜〜〜〜」ふっ

どさ…

古泉「…おさまりましたか」

キョン「大丈夫か、ハルヒ!ハルヒ!!」ゆさゆさ

ハルヒ「れあおおあえあ…おう…おう…」パクパク

キョン「ハルヒ…」

長門「もう心配ない。PS筋の収縮は抑えた。あとは収まっていくだけ」

キョン「…精神に異常は?」

長門「数週間の療養が必要。障害が残るほどではない」

キョン「そうか…」

840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:53:26.79 ID:jW1QxVPKO

【2週間後】




ハルヒ「なんか…ぼ〜っとする…」

ハルヒ「あたし…寝てたのかな?」

ハルヒ「なんかすっごい夢見てたような気がするわ…」

ピクン

ハルヒ「っ!?」

ハルヒ「そ、そうだ…あたし…」

ハルヒ「エナジーオーガズムを試してみて、その後…」

ハルヒ「…」ぶるぶる

ハルヒ「…なにが廃人になるほどのオナニーよ」

ハルヒ「とんでもなかったわ。死ぬかと思うくらい」

ハルヒ「あんなの…もういや…」

844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 03:57:03.07 ID:jW1QxVPKO

【学校】


ハルヒ「おっはよ〜!」

キョン「お、来たか。久しぶりだな」

ハルヒ「ふっふ〜ん。寂しかったでしょう?」

キョン「元気そうでなによりだ」

ハルヒ「何があったか聞かないのね」

キョン「聞いて欲しいのか?」

ハルヒ「べっつに!あんたに教えるわけないでしょ!べ」

キョン「やれやれ…」

848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 04:02:00.85 ID:jW1QxVPKO

【放課後】

古泉「ふふ、久しぶりに団長が来られると気が引き締まりますね」

ハルヒ「ふふん、そうでしょ!しばらく留守にしてごめんね!」

みくる「もう体調は良いんですか?」

ハルヒ「うん、もう全然!ただの風邪に2週間も休んじゃうなんて不覚だわ!」

みくる「えへへ、そうですね。久しぶりに会えて嬉しいです」ニコ

ハルヒ「もう、みくるちゃんったら相変わらず可愛いわね。はむっ」

みくる「ひゃぁ〜」

ハルヒ「…」ピク

ハルヒ「ん…いけないいけない……注意しなきゃ」

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 04:06:44.91 ID:jW1QxVPKO

古泉「いやぁ、やはりこうして平和に将棋でも打つのが一番ですね」

キョン「ああ、同感だ。王手」パチ

古泉「おや」

ハルヒ「…」カチカチ


ハルヒ(EOはすごすぎだったけど…)

ハルヒ(途中でしたアナルなんかもよかったなぁ…)

ハルヒ(前立腺?マッサージだっけ…ちょっと調べてみようかな)

カチカチ

856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 04:11:18.81 ID:jW1QxVPKO

ハルヒ(へぇ…こんなのがあるのね)

ハルヒ(ええぇ?!!前立腺って男の人にしかないの!?)

ハルヒ(知らなかった…こないだのでも十分気持ちよかったのに)

ハルヒ(男の人にやってあげるもんだったのね…)

ハルヒ(ふぅん。ドライオーガズムねぇ)

ハルヒ(オナニーでは痛い目見たけど、今度は相手にしてあげるのも面白いかも)

ハルヒ(…誰に、とは言わないけど)チラ

キョン「?」

ハルヒ(アイツにやったらどうなるのかしら…)ドキドキ



ハルヒ「前立腺マッサージかぁ…」ぽつり

他「!??」

864 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/24(土) 04:16:18.85 ID:jW1QxVPKO

キョン「おい古泉」

古泉「はい、何でしょう」

キョン「治ってないぞ」

古泉「おや、治っているではありませんか」

キョン「どこがだ」

古泉「以前に比べればかわいいものです。それに今回は対象が自分ではないようですし」ニコ

キョン「…そういう問題か」

古泉「ああ、ちなみにご存知かと思いますが願望は例外なく実現されますよ。頑張ってください」

キョン「…勘弁してくれ」





ハルヒ「キョン!あんた前立腺マッサージって知ってる?」


おわり

871 名前: ◆r3yksmPHg2 [] 投稿日:2009/01/24(土) 04:19:19.58 ID:jW1QxVPKO

すみません、限界でした…
また機会があれば長門編エナジーオーガズムやキョンドライオーガズム編も書くかも。
こんな変態SSに保守・支援thxありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:誠「ん?ここはどこだ?……陵桜学園高等部?」