魅音「先生、キノコは無いと思います!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】めいたんてい加賀さん

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:40:38.49 ID:81UI/H9oO

カレー「今日から転校生がきまーす」
カレー「転校生の涼宮さん、朝比奈さん、キノコさんです」
魅音「先生、いくら髪型がふかわりょうだからってキノコは無いと思います!」
カレー「あらあら、すいません長門さんでした」
長門「…カレー臭女」
カレー「今、カレーを侮辱しましたね」
長門「ヒー」
魅音「まぁまぁ先生落ち着いて!涼宮さん、朝比奈さん、キノコ、よろしくね!おじさんは園崎魅音!魅音でも何でも好きなように呼んでね!皆は下の名前は何て言うの?」
長門「……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:42:40.12 ID:81UI/H9oO

朝比奈「朝比奈みくるです」
涼宮「私は涼宮ハルヒ!」
長門「…長門…有希」
レナ「じゃあ、みくるちゃんにはるちゃんにゆきちゃんだね!私は竜宮レナ!レナって呼んでね」ニコッ
圭一「俺は前原圭一!雛見沢でわかんないことがあったら何でも聞いてくれよな!」
沙都子「北条沙都子でございますわ!おーほっほっ」
梨花「古手梨花といいますです。にぱー★」
魅音「これで部活メンバーが増えたね!」
圭一「そうだな!これから楽しくなりそうだぜ!」
涼宮「部活…?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:43:46.51 ID:81UI/H9oO

梨花「皆でゲームをして遊ぶ部活なのです」
沙都子「負けた人は罰ゲームですのよ!」
魅音「おじさん、やるからには手加減しないからねぇ〜」
圭一「よし、始めようぜ!」



長門「…」
レナ「ゆきちゃんの敗けだね!だね!」
圭一「罰ゲームは…なにがいっかな」
魅音「キノコ狩りの刑〜」
長門「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:44:19.44 ID:81UI/H9oO

圭一「結局スクール水着かー。これもこれでいいけどな」ニヤニヤ
レナ「お持ち帰りー!!」
魅音「ヒンヌーだとスク水がよく似合うねぇ〜」
キノコ「……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:46:24.38 ID:81UI/H9oO

レナ「ほらほら魅ぃちゃん、次いこ次ーっ」
魅音「うん、それじゃ…いざ!!」



朝比奈「負けちゃいました」
涼宮「みくるちゃんの負けね!」
梨花「罰ゲームはエンジェルモートの制服なのです★」
朝比奈「エンジェルモート?」
圭一「ウホッ楽しみだぜー」ニヤニヤ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:47:27.83 ID:81UI/H9oO

レナ「はうー!!!!!!!おもちかえりー!!!!!!!!!」
圭一「なかなかそそるなぁ」ハァハァ
魅音「おっ、おじさん興奮してきたよー」モミモミ
朝比奈「や、辞めてください〜」
レナ「はうー!!!!!魅ぃちゃん駄目だよぉ!」ガツン
魅音「ぐはっ」ピクピク
沙都子「次いきますわよ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:49:56.46 ID:81UI/H9oO

梨花「みぃ…負けてしまったのです」
魅音「梨花ちゃんもヒンヌーだからスクール水着かな!」
梨花「(チッ)ボクはまだ成長途中なのですよー」
長門「……来て」


梨花「みぃ…こんな場所に呼び出して何なのですか?」
長門「さっき舌打ちした」
梨花「なんのことなのですか?」
長門「私にはわかった。同じヒンヌーとして感じた。あなたの心の舌打ちを。気にしてるはず。ヒンヌー」
梨花「…ええ。認めるわ。さっきは魅音にムカついたわ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:52:08.70 ID:81UI/H9oO

長門「あなたは私と組むべき。魅音をフルボッコに。」
梨花「ふふふ…それも面白いわね。」


圭一「二人してなにやってたんだよー!」
梨花「有希に着替えを手伝ってもらってたのです★」
長門「次のゲーム」



魅音「あーあ、おじさん負けちゃったよー」
圭一「魅音が負けるなんて珍しいな!」
梨花「(ふふふ…)」ニヤリ
長門「(くけけけけけけ)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:53:56.89 ID:81UI/H9oO

梨花「魅ぃは顔面落書きの刑なのです★」
長門「…」
圭一「よし、皆ペンの用意はいいかー」
魅音「ヒィィイイ」


レナ「今日は楽しかったね!」
魅音「うー」
圭一「また明日な!」
沙都子「おーほっほっ」
朝比奈「さようならぁー」
魅音「あ、みくる!一緒に帰ろ!おじさんみくるのこと気に入っちゃったー!」
朝比奈「は…はい!」
圭一「いいなあー二人とも美人だし巨乳だし、並ぶと絵になるなぁ」
魅音「け、圭ちゃん何言って…///」
梨花「魅ぃの胸はシリコンでできてますのです」
魅音「え……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:55:26.08 ID:81UI/H9oO

レナ「レナははるちゃんと帰りたいな!…いいかな?かな…?」
涼宮「いいわよ!」
レナ「もしよかったらレナと宝探ししてから帰ろ!」
涼宮「楽しそうね!そうするわ」
レナ「じゃあ皆、ばいばーい」
梨花「……」チラッ
長門「……」コクリ
梨花「今日は有希と帰りますです★」

沙都子「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 14:56:04.26 ID:81UI/H9oO

沙都子「圭一さ…」
圭一「おっと!今日は母さんに人参頼まれてるんだった!じゃあなー沙都子!」

沙都子「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 15:15:59.60 ID:81UI/H9oO

レナ「ほら、ここだよ!だよ!」
涼宮「わあ…(ゴミ…)」
レナ「レナの宝物がたっくさんあるんだよ」
涼宮「すごいわね…(キョンの家みたい)」
レナ「じゃあ、宝探し開始っ!」
涼宮「レナ…行っちゃったわ」

パシャッパシャッ
涼宮「なに!?」
時報「僕は富竹!フリーのカメラマンさ!」
涼宮「……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 15:18:17.01 ID:81UI/H9oO

梨花「あなたとなら…奇跡を起こせるかもしれない…」
長門「奇跡…?」
梨花「私たちの手で…キョヌーになってやるのよ…」
キノコ「そう」


沙都子「圭一さぁん、わ、私も一緒にセブンスマートに…」
圭一「だが断る」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:19:59.72 ID:81UI/H9oO

時報「嫌な事件だったね」
涼宮「(え、いきなり何!?)」
時報「腕が一本、まだ見つかっていないんだろ?」
涼宮「(なんの話よ、この人怖い…)」
時報「ハッハッハッハッ」
涼宮「………」
レナ「はるちゃーん!お待たせ!あっ富竹さん!」
涼宮「(知り合い…だと…?)」


沙都子「な、なんでですの?!」
圭一「今日は撮っといた笑点見なきゃなんだよ!わりぃ沙都子!」
沙都子「……」

沙都子「私より……笑点…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:21:22.44 ID:81UI/H9oO

涼宮「その人は?」
レナ「富竹さんだよ!カメラマンなんだって!こちらは涼宮ハルヒちゃん、昨日雛見沢に引っ越して来たんですよ!」
富竹「ハルヒちゃんかぁ〜よろしく!」
涼宮「…………よろしく」
レナ「じゃあ富竹さん、さようならー!」
涼宮「……」


梨花「吸いとるのよ…魅音とみくるから」
長門「…乳?」
梨花「そう、私とあなたならやれるわ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:21:56.96 ID:81UI/H9oO

沙都子「圭一さんのいじわるぅ!」
沙都子「あははっわりーわりー冗談だ!一緒に帰ろうぜ!」
沙都子「…はいっ!」
沙都子「にーにーって呼んでも、いいんだぜ?」
沙都子「にーにー!」

沙都子「…………はぁ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:27:03.75 ID:81UI/H9oO

次の日

涼宮「それにしても昨日のおじさんは……」
レナ「はるちゃん!帰ろっ」
涼宮「あ…うん」
魅音「じゃあ私たちも帰るね〜」
沙都子「圭一さ…」
圭一「おっと!撮っといたエンタ見なきゃ」沙都子「エンタ………か……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:31:53.38 ID:81UI/H9oO

涼宮「ねぇ、昨日の富竹さんって人がさ、嫌な事件があった、って言ってたんだけど…」
レナ「嫌な、事件?」
涼宮「腕が見つかってないとか」
レナ「レナ、わかんないな…レナもね、一年前に越してきたの」
涼宮「ふーん」
涼宮「(まぁいいわ、あのおじさん少し変だったし)」
レナ「ところではるちゃん、今日も宝探し行かない?」
涼宮「うん!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:35:58.68 ID:81UI/H9oO

レナ「どっちが先にかぁいい物見つけるか勝負だよ!だよ!」
涼宮「いいわ!いくわよ!」
レナ「はー!うー!」
涼宮「かぁいいモードのレナはすごいわね。私も探さないと…」
時報「やぁ」
涼宮「またお前か」
時報「酷いなあ…」
涼宮「あっそういえばこの前の話…嫌な、事件………」
時報「あぁ…そういえばハルヒちゃんは雛見沢初心者だったね」
時報「事件っていうのは…バラバラさつ…」
レナ「まーちゃーん!見つかったよーう!」
時報「レナちゃん、また会ったね」
レナ「あっ富竹さん」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:42:07.97 ID:81UI/H9oO

キョン出すタイミングなかったんだ




時報「じゃあ僕はこれで」
レナ「はるちゃん!何か見つかった?」
涼宮「ううん…私の負けよ」
レナ「じゃあ罰ゲームにはるちゃんは明日一日レナのメイドさんなんだよ!はぅ」
涼宮「め、メイド!?」
レナ「うん!たくさんご奉仕するんだよ!」
涼宮「あっ、そういえばやっぱり事件あったらしいわよ」
レナ「え……?」
涼宮「富竹さんが言ってたわ。えっと…確か…バラバラ…」
レナ「嘘だよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:47:42.48 ID:81UI/H9oO

涼宮「え…………?」
レナ「富竹さんは…嘘をついたんだよ」
涼宮「レナ…?どうしたの…?」
レナ「事件なんてなかったんだよ」
涼宮「でも…レナ去年越してきたって…」
レナ「なかったんだよ」
涼宮「何でレナが知って…」
レナ「なかったの。事件なんてなかったの」
涼宮「わ、わかったわよ…」

レナ「…あ、もう暗くなってきちゃった!はるちゃん、早く帰ろー!」
涼宮「(怖い…)」
レナ「はるちゃん?どうしたの?」
涼宮「う、ううん…な…何でもないよ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:56:09.96 ID:81UI/H9oO

綿流しの日

圭一「とうとうやって来ました!雛見沢八凶爆闘!!」
魅音「負けないからねえ」
沙都子「圭一さんを地獄の底に落として差し上げますわ」
圭一「やれるもんならやってみろ!」
涼宮「……」
朝比奈「どうしたんですかぁ?元気ないですよ」
涼宮「ううん…大丈夫」
レナ「まーちゃん、相談なら乗るよ?」
涼宮「だ、大丈夫だから!!」
レナ&朝比奈「そ、そう…ごめん」
涼宮「(はぁ…なんだかなぁ)」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:49:25.37 ID:81UI/H9oO

魅音「ほらほらぁ〜ハルヒ、頑張らないと罰ゲームだよう〜」
涼宮「…(きっとレナのあれは聞き違いよね)」
涼宮「……よし…負けないわよっ!」
魅音「おっ!やっと士気が沸いてきたね!おじさんに勝てるかなぁ〜」
涼宮「そっちこそ!」


涼宮「ふぅ。疲れたけど楽しかったわね!やっぱり部活は最高よ!梨花ちゃんの奉納演舞もすごかったし…今日は思い出の日ね…」
レナ「あーいたいた!はるちゃん、綿流し、しに行こ?」
涼宮「綿流し?」
レナ「ほら…こうやって綿を流すの。オヤシロさまにありがとうって心の中で言いながら…」
涼宮「オヤシロさま?」
レナ「雛見沢の、神様なんだよ…オヤシロさまは」
涼宮「ふーん…」

とみたけ「やぁ」
涼宮「またお前か」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:52:19.29 ID:81UI/H9oO

ハルヒって年上にタメだっけ
まぁいいや
見ててくれてありがとう

34「あらやだジロウさんたら嫌われ者ね」
時報「酷いなあ…ははは」
時報「こちらは鷹野三四さん。診療所の看護婦さんだよ」
涼宮「初めまして」
34「初めまして。可愛い子ね。名前は?」
涼宮「涼宮ハルヒです」
34「ハルヒちゃん。よろしくね。」
時報「知ってると思うけどハルヒちゃんは最近雛見沢に越してきたんだ」
34「最近ってことは…知らないのよね」
涼宮「なにをですか?」
34「オヤシロさまの祟り、って…きいたことあるかしら」
涼宮「オヤシロさまの…祟り……いえ。ないです。なんなんですか、それ」
34「本当に、ききたい?…後悔するかもしれないわよ」
ハルヒ「(面白そうね)お願いします…」
34「【祟りの説明する】」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:56:11.72 ID:81UI/H9oO

ハルヒがおかしくなってくんだけど
違うの期待してたらすいません

涼宮「じゃあ…富竹さんの言ってた事件って…」
時報「うん。オヤシロさまの祟りのことだよ。僕は祟りなんか信じてないけどね」
涼宮「オヤシロさまの…祟り」
34「くすくす…今年の犠牲者は…あなたかもしれないわね」
涼宮「私?」
34「くすくす」
時報「ちょっと鷹野さん、あんまりハルヒちゃんをからかっちゃ駄目だよ」
34「…じゃあ私たちはそろそろ…くすくす」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:59:28.77 ID:81UI/H9oO

レナ「あーっ!はるちゃん何処行ってたのー?」
涼宮「(レナはきっと祟りの話を知ってたのよ…だから様子がおかしかったのね。でも何で隠したの?まさか本当に今年私が…?ううん、そんなわけない。レナがそんなことするわけ…)」
レナ「…はるちゃん…大丈夫?」
涼宮「あ…うん大丈夫よ!皆のとこ行きましょ!」
レナ「うん!」

魅音「れなー!ハルヒー!遅ーい!」
圭一「待ちくたびれたぜ」
レナ「(あれ…魅ぃちゃんの胸が縮んでる…?)」
長門&梨花「…」ニヤリ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:01:09.73 ID:81UI/H9oO

次の日

朝比奈「また負けちゃいましたぁ〜」
梨花「みくるの猫耳かぁいいのですよ★」
圭一「まさに萌えだな!」
ガラガラ
カレー「涼宮さん、ちょっと」
涼宮「?」



カレー「涼宮さんにお客さんよ」
大石「んっふっふっふ」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:04:14.86 ID:81UI/H9oO

大石「ちょっと車に乗って頂けませんか?」
カレー「大丈夫です。警察の方ですよ」
大石「大石です。以後お見知りおきを」

涼宮「それで…なんですか?」
大石「単刀直入に言うとね、亡くなられたんですよ」
涼宮「え?」
大石「富竹さんと…鷹野さんが」
涼宮「オヤシロさまの…祟り」
大石「知ってらっしゃるなら話が早い」
大石「二人ともね、不可解な死に方をしてるんですよ」
大石「富竹さんは自分で喉をかきむしり、鷹野さんは山で焼死体となって出てきました」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:07:18.08 ID:81UI/H9oO

大石「涼宮さん、あなた何か知ってるこてとかありませんか?小さなことでもいいんです」
涼宮「………」
大石「次の犠牲者は…あなたかもしれないんです!」
涼宮「!」
大石「どうしたんです」
涼宮「私鷹野さんにも言われたんです。次の犠牲者は…あなただって」
大石「!!」
涼宮「あと…レナが…(でもこれは関係ないわよね)………いや、何でもないです」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:11:04.41 ID:81UI/H9oO

大石「どんな小さなことでも!お願いします!」
涼宮「【レナの話をする】」
大石「【レナの過去とかの話】」
涼宮まさ…か…」
大石「あまり頼みたくないんですがね…お友達に変な動きがあったら報告して頂きたいのです」
涼宮「…………はい」
大石「長く話して悪かったですね」
涼宮「いえ、それでは」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:13:40.08 ID:81UI/H9oO

レナ「あっ!はるちゃんお帰りなさい!」
魅音「どったのー?」
涼宮「ちょっと電話がきたのよ」
魅音「続きやろ!」


涼宮「(あの話…本当なの…?皆があんな人間だなんて…)」ボー
レナ「(はるちゃん…最近おかしいよ…)」
レナ「大丈夫…?」
涼宮「…大丈夫よ」
レナ「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:16:54.43 ID:81UI/H9oO

放課後

レナ「はるちゃーん!一緒に帰ろ!」
涼宮「う、うん…」
レナ「久しぶりに…宝探し、行かない?」
涼宮「いいわよ」


レナ「かぁーいーものあーるかな♪」
涼宮「……」
レナ「あ…ケンタくん人形……かかかかかかかぁーいー!!!!!!!おもちかえりー!!!!!」
涼宮「…よし、二人で掘り出すわよ!」
レナ「うん!」
レナ「はうー」
涼宮「レナってかわいいわね」クスッ
レナ「あ、やっと笑ってくれたね。はるちゃんが元気ないから、心配だったんだよ。だよ」
レナ「はるちゃんが笑うとレナも嬉しいんだよ!だから…笑って。ね?」
涼宮「…うん!ありがとう」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:20:32.37 ID:81UI/H9oO

涼宮「(信じていいの…?レナ、私わかんない。どうしたらいいの…?でも…)」
レナ「はるちゃん、困ったことがあったらレナが力になるよ…」
涼宮「………レナ…あのね、富竹さんと鷹野さんが……亡くなったらしいのよ」
レナ「!!」
涼宮「それで…次は私が死ぬかもしれないって……オヤシロさまの、祟りなのかもって」
レナ「誰から、きいたの…?」
涼宮「それはっ…ちょっと小耳に挟んで。たまたまきいたの」
レナ「……そう」
涼宮「でも…もう私は大丈夫。話したらちょっと楽になったし…祟りなんて…オヤシロさまなんているわけないわよね!」
レナ「……るよ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:23:39.00 ID:81UI/H9oO

涼宮「え?」
レナ「いるよ。オヤシロさまは…いるの」
涼宮「レナ…?」
レナ「オヤシロさまはいるの」
レナ「私…見たもの。オヤシロさま。いたんだよ。オヤシロさま」
涼宮「わ、わかったわよ!わかったからやめて!」
レナ「オヤシロさまが…レナを助けてくれたの。はるちゃんも信じるよね?よね?」
涼宮「し、信じる!信じるわ!(レナ…絶対おかしい…)」
レナ「……」
涼宮「……」

レナ「…あ!また話してたら暗くなっちゃったね!かえろっか?」
涼宮「う…うん(さっきのは…レナは二重人格なの…?それとも普段のレナが偽物…?)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:27:49.44 ID:81UI/H9oO

次の日

涼宮「レナに会いたくないわ…」
ガラガラ
魅音「きゃあああああああ」
圭一「み、魅音!どうした!」
魅音「胸が…おじさんの胸が…」
レナ「つるぺた…だね…」
梨花「みぃ…」ペタペタ
魅音「さ、触らないでぇ〜」
梨花「魅ぃがつるつるぺったんなのです★」ニヤリ
長門「……貧乳はスク水を着るべき」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:30:52.93 ID:81UI/H9oO

レナ「あっ!はるちゃんおはよ!」
皆「おはよー!」
涼宮「お、おはよう…(優しくされるとわかんなくなる…。でもあれは偽物のレナなんだから…惑わされちゃだめよね)」
カレー「授業はじめます!」
魅音「…きり…つ……れ…い……」
ガタン
涼宮「(笑顔で部活できる自信ない…)先生、体調悪いので帰ります」
カレー「わかりました」
ガラガラ
涼宮「はぁ…なんか疲れたわ」トコトコ
涼宮「ただいまって…私一人暮らしじゃない…いい加減慣れないと…」
涼宮「北校の頃が懐かしい…今度の休みに遊びに行きたいわ」
涼宮「キョンとか…元気にしてるかな」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:31:52.19 ID:81UI/H9oO

ピンポーン
涼宮「誰かしら…?大石さん?」
ピンポーン
涼宮「はーい」
ガチャリ
涼宮「!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:36:16.25 ID:81UI/H9oO

マルコポーロ「…あ………」
長門「…」
朝比奈「お見舞いにきました。大丈夫ですか?」
涼宮「二人とも…ありがとう。あがってく?」
朝比奈「はい!」
長門「私たちが食事を作る。あなたはゆっくり休むべき」
涼宮「……ありがとう」

朝比奈「できあがりですー」ホカホカ
涼宮「おいしそうね!いただきまーす」モグモグ


マルコポーロ「ごちそうさまー!美味しかったわよ、ありがとう!」
朝比奈「よかったぁー!早く元気になってくださいね」ニコ


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:41:22.34 ID:81UI/H9oO

マルコポーロ「(なんか気が楽になったわ)」
朝比奈「あの……」
涼宮「?」
朝比奈「最近どうしたんですか…?」
涼宮「え?」
朝比奈「学校でも元気無いし…それに…悩み、ありますよね?ちゃんと…相談してください…北校の時から同じ部活の仲間じゃないですかぁ」
涼宮「…ありがとう。実は…」
長門「オヤシロさまの祟り」
涼宮「え…?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:46:26.58 ID:81UI/H9oO

朝比奈「大石さんと話してからですよね、涼宮さんがこうなったの」
長門「そう。皆心配してた。どうして話してくれないのか」
涼宮「(あの時のレナみたい…怖い)」
朝比奈「ねぇ?どうして話してくれなかったんですか?」
朝比奈「私たちのこと 信 じ て な い か ら で す か ? 」
涼宮「し、信じてるわよ!」
長門「あなたは教えるべき。何て言われたか」
朝比奈「色々吹き込まれたんですよね? 大 石 さ ん に 」
涼宮「(ど、どうして大石さんのこと…。)」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:46:58.23 ID:81UI/H9oO

マルコポーロは打ち間違い
涼宮ハルヒのこと

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:52:21.70 ID:81UI/H9oO

朝比奈「吹き込まれたんですよねぇ。オヤシロさまの祟りのこと」
涼宮「ち…違うわ!それに大石ってだれよ!」
長門「あなたは“嘘”をついてる」
涼宮「嘘なんてついてないわ!」
朝比奈「やめてください。“嘘”なんてつくの」
涼宮「嘘じゃない!!」
長門「そう」
涼宮「…ふ、二人だって…私になにか隠し事してるじゃない!」
朝比奈「はい。してます。でも、そのうちわかるので 教 え ま せ ん 」
長門「じきにわかる」
涼宮「なにそれ…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:56:23.33 ID:81UI/H9oO

朝比奈「それで、涼宮さんは何て言われたんですかぁ?」
長門「私たちに教えるべき」
涼宮「お、大石なんて知らない!」
朝比奈「……」
長門「……」
涼宮「……」
朝比奈「……」ニコッ
涼宮「あ…」


朝比奈&長門「 嘘 だ っ ! 」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:02:22.01 ID:81UI/H9oO

涼宮「え…」
長門「まぁいい」
朝比奈「もうすぐ私たちの“隠し事”がわかるので、その時教えてくださいね?」
長門「そう」
涼宮「(も、もしかして私を…殺すの…?)」
朝比奈「それじゃあ私たちは帰ります」
朝比奈「あ、そうそう。これ」
涼宮「これ…………なに?」
朝比奈「気分がスッキリするから“絶対”食べてくださいね?さようならぁ〜」
長門「……明日…学校休んじゃ嫌」


涼宮「これは…何かの薬?飲まない方がいいわよね…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:06:20.52 ID:81UI/H9oO

プルルル プルルル
涼宮「今度は…誰…」
プルルル ガチャ
大石「もしもし、興宮書房の大石ですが…ハルヒさんいらっしゃいます?」
涼宮「私です…」
大石「どうされました?気分が悪そうですが」
涼宮「さ…さっき!さっき…みくるちゃんと有希がうちに来てっ!」
大石「朝比奈みくると長門有希ですね。それで、何があったんですか…!?」
涼宮「私…殺される!嫌!」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:08:47.91 ID:81UI/H9oO

大石「涼宮さん、落ち着いてください!涼宮さん!」
涼宮「嫌…嫌…死にたくない…」
大石「涼宮さんは私たち警察が必ずお守りしますから!落ち着いてください!」
涼宮「はい……」
大石「いいですか涼宮さん、オヤシロさまの祟りとは言いましたがね、犯人はきっと人間です。今わかったことなんですけどね、富竹さん、何者かに襲われたみたいなんですよ」
涼宮「人間に?」
大石「はい。恐らくその後何か薬を投与され首をかきむしり亡くなられたと思われます」
涼宮「く…すり?薬!?」
大石「!!何かあったんですか?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:12:47.72 ID:81UI/H9oO

涼宮「さっき…みくるちゃんが私に…薬、絶対飲めって……」
大石「ほ、本当ですか!!まさか飲んでいませんよね?」
涼宮「はい…大丈夫です」
大石「どんな薬でした!?」
涼宮「小さくて…丸い粒の薬です…直径5ミリくらいの…」
大石「絶対にとっておいて下さいね!証拠になりますから!」
涼宮「わかりました…」
大石「それと…前にも言いましたよね。お友達の皆さんには充分注意してください」
涼宮「あ…さっき…みくるちゃんと有希が…私を殺すみたいな話を……嫌!嫌ああああ」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:15:23.94 ID:81UI/H9oO

大石「落ち着いてください!」
涼宮「私殺されるんです!助けて!助けてください!」
大石「あなたはきっと助けます!ですから落ち着いてください!」
涼宮「はぁ…はぁ…大石さん…もう…切っていいですか?これ以上電話してても…」
大石「わかりました。何かあったらすぐに電話してください」
涼宮「はい…さようなら」
ガチャリ プーッ プーッ プーッ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:19:24.03 ID:81UI/H9oO

涼宮「あ…明日学校休んじゃ駄目なのよね…休んだら…きっと殺しに来る…」
涼宮「今日はもう寝るわ。学校なら先生も居るし殺される心配はないと思うし」
zzz


チュンチュン
涼宮「もう朝ね…みくるちゃんと有希…北校での生活は嘘だったのかなぁ…二人とも私を殺したく…ううん、やめよう」
涼宮「いってきまーす…って……誰も居ないのよね…はぁ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:26:11.63 ID:81UI/H9oO

ガラガラ
レナ「はるちゃん!」ドタドタ
レナ「大丈夫だった!?昨日…お見舞い行けなくてごめんね」シュン
涼宮「う、ううん…大丈夫よ」
朝比奈「あ、涼宮さんおはようございます!学校来れてよかったぁ」
涼宮「おはよ…」
カレー「授業始めますよ!」
魅音「きりーつ!れい!」



カレー「授業を終わりにします!」
魅音「きりーつ!れい!」
涼宮「帰ろ…」
魅音「部活やるよー!皆さん集まって集まってぇ〜!」
涼宮「私はいいわ。気分じゃないの」
レナ「でも…はるちゃん」
涼宮「ほっといて!気分じゃないって言ってるでしょ!」
梨花「ハルヒ…」
涼宮「あ………ごめん」
皆「……」
涼宮「じゃあね…」

トコトコ
涼宮「皆に悪いことしちゃったかな……でもあいつらは私の命を狙ってるのよ」
涼宮「これが全部私の妄想なら…私がおかしいだけならよかったのに」
涼宮「でも…気を抜いていられないわね!現実逃避より自分の身を守らなきゃ!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:29:57.50 ID:81UI/H9oO

涼宮「これなんか…どうかしら」シャキッ
涼宮「うん…折り畳み傘がぴったりね。振り回しやすいし」ブンブン
涼宮「よし!これで護身の武器は手に入れたわ!外で練習しよう」


レナ「はるちゃ…キャ!」ビクッ
涼宮「レナ!!」
レナ「どうしてそんな物…振り回してるのかな…かな」
涼宮「別に…イライラしてたからストレス解消よ」
レナ「怖いよ…はるちゃんどうしちゃったの?やめてよ…それ」
涼宮「レナには関係ないでしょ!」
レナ「うっ!」ビクッ
レナ「大石さんのせいなの…?」
涼宮「え………?」
レナ「アイツに吹き込まれたからなのかな…かな」
レナ「大石さん…許さない…絶対に……!コロシテヤル…コロシテヤル…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:33:11.38 ID:81UI/H9oO

涼宮「レ…ナ…?」
レナ「酷いよ…大石さん…」
涼宮「(怖い…。気付かれないように家入ろう)」ソロソロ
バタン
レナ「あ、はるちゃん!」
涼宮「帰って…帰ってよレナ!」
レナ「どうしたの?レナが何かしたなら謝るから…皆心配なんだよ!はるちゃんが変だから…心配なんだよ!」
涼宮「変なのは皆だよ!帰って!帰ってよ!」
レナ「怖がらせちゃって…ごめんなさい。でも…はるちゃんきいて!あのね…」
涼宮「もう嫌!何もききたくない!帰って!帰れ!帰れよぉ…」
レナ「ご…ごめんなさい」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:36:07.56 ID:81UI/H9oO

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:37:07.18 ID:81UI/H9oO

涼宮「な…」
レナ「ごめんなさい」
涼宮「やめて…」
レナ「ごめんなさい」
レナ「ごめんなさい」
涼宮「い…」
レナ「ごめんなさい」
レナ「ごめんなさい」
レナ「ごめんなさい」
レナ「ごめんなさい」
涼宮「嫌ぁあああああ!!!」ドタドタ

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:39:21.47 ID:81UI/H9oO

次の日

チュンチュン
涼宮「あれ…もう朝?」
涼宮「そっか…あの後私寝ちゃったのね」
涼宮「学校…行かなきゃ……傘傘」
涼宮「あった…」
涼宮「行ってきます…」


涼宮「ふぅ。着いたわ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:41:09.83 ID:81UI/H9oO

皆「お早うハルヒ!」
レナ「……」
涼宮「……」
魅音「きりーつ!れい!」

放課後
レナ「あ…あの…」
涼宮「……」トコトコ
レナ「はう………」


涼宮「傘…出さなきゃ」
涼宮「あいつらにはもう関わらない。無防備にしてたら殺されるわ」
涼宮「早く帰ろう」
ガサッ
涼宮「!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:44:10.89 ID:81UI/H9oO

涼宮「だ、誰!?」ブンブン
長門「私」
朝比奈「そんなに振り回さなくても…」
涼宮「来ないで!来たら殴るから!容赦しないわよ!」
朝比奈「涼宮さん…」
長門「私たち一緒に来て欲しい」
涼宮「(!!またあの雰囲気…!)」
朝比奈「前に隠し事の話しまたよね?来れば判りますよぅ」
長門「楽しいこと」
朝比奈「来てくださいよ。ねぇ」
涼宮「いやよ!」
朝比奈「あ…そういえばアレはちゃーんと食べてくれました?美味しかったかなあ?気分がスッキリしたでしょう?食べましたよねえ?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:51:02.05 ID:81UI/H9oO

涼宮「えっ…と、あの日は眠くて飲まなかったんだぁ…」
朝比奈「どうして?あのくらいなら食べられました?」
長門「それに今日は快晴。傘はいらない。おかしい」
朝比奈「そんなに私たちが怖いですかぁ?あはははははははははは」
長門「……」ジー
涼宮「あ…あ…」
長門「とにかく来るべき」ガシッ
涼宮「嫌!放して!」
朝比奈「放さないですよぉ。絶対に来てもらうんですからぁ。あはははははははははは」ガシッ
涼宮「嫌…嫌…嫌ああ!!!!」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:53:28.09 ID:81UI/H9oO

朝比奈「あはははははははははは。涼宮さん、行きましょうよ怖くないですからぁ」
涼宮「嫌だ…嫌よ!!!」
朝比奈「涼宮さん」ジー
長門「涼宮ハルヒ」ジー
涼宮「あああああああああ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:54:09.99 ID:81UI/H9oO









       ごめんなさい

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:56:35.26 ID:81UI/H9oO

数時間後 みくる宅

涼宮「………ここは?」
レナ「はるちゃん!!!」
涼宮「…レナ?」
レナ「はるちゃん!よかった…よかったぁ」
涼宮「一体なにがあったの?」
レナ「三人が遅いからレナが見に行ったら…三人とも倒れてたからレナが連れてきたの。一番近いみくるちゃんの家に」
涼宮「!!」
涼宮「(そういえば…二人が私を殺しに…)」
涼宮「(三人で倒れてたって…違う誰かに襲われた?)」
涼宮「(それなら真犯人は別の…いや、でもあの二人の様子は明らかにおかしかった)」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:58:37.11 ID:81UI/H9oO

涼宮「(まさかレナが真犯人なの?)」
レナ「監督に連絡したからもう大丈夫だよ」
涼宮「監督って…」
レナ「監督は監督だよ。野球とか映画とか…色々あるよね。 工 事 現 場 監 督 と か 」
涼宮「え…」
レナ「とにかく今はゆっくり休んでなきゃだめだよ!これ…食べれば気分もスッキリするし」
涼宮「(この薬は!やっぱり私を殺そうとしてるのね!)」
レナ「どうしたの?食べると楽になるよ」
涼宮「や…めて……」
レナ「レナもこれ大好きなんだぁ…美味しいよ?あはははははははははは」
涼宮「や…」
レナ「ほら…食べなよ…レナが食べさせてあげる。あはははははははははは」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:59:48.11 ID:81UI/H9oO

涼宮「や…やめ…ムグっ」ゴクリ
レナ「飲み込んじゃだめだよ。ちゃーんと味わわなきゃ。ね?あはははははははははは」
涼宮「嫌…嫌…」
レナ「おやすみ。はるちゃん」
あははははははははははははははははははははははははははははあははははははははははははははははははははははははははははあははははははははははははははははははははははははははははあはははははははははははははははははははははははははははは
涼宮「嫌あぁあああああ!!!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:01:50.32 ID:81UI/H9oO


     カナカナカナカナ…

涼宮「ん…」キョロキョロ
涼宮「なんか気持ち悪いなぁ…何があったんだっ………」
涼宮「きゃああああああ!!!!」
涼宮「なにこれ…どうして…レナ!レナァアアア!」
涼宮「なんで…私…包丁…ああああああああ」
涼宮「私がやったの?…やだ…やだああああ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:02:59.44 ID:81UI/H9oO

涼宮「そうだ…レナが私を殺そうとして…それで…私…私…」
プップー
涼宮「!!」
涼宮「車…もしかして…監督!?」
涼宮「殺される…逃げなきゃ…」
涼宮「ここ…みくるちゃんちの二階ね」
涼宮「階段どこだっけ…」ドタドタ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:05:06.36 ID:81UI/H9oO

一階

涼宮「出口…出口…確か裏口が…きゃああああああ」
涼宮「なんで…有希……みくるちゃん…血…血が…」
涼宮「これも…私が……?」
涼宮「……」
涼宮「どうしてこんなことになっちゃったの?私は…皆と馬鹿な話して部活やって遊んでればそれだけで幸せだったわよ!私がなにかしたの!?ねぇ、あんたの祟りなんでしょオヤシロさま!!」
涼宮「皆がいるだけで幸せだったのに幸せだったのにぃいいどうしてどうしてどうして私が悪いなら謝るから元に戻してよオヤシロさまぁ…
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:06:35.82 ID:81UI/H9oO

涼宮「ごめんなさいごめんなさいごめ…さい…めんな…ガハッ」ボリボリ
涼宮「首…かゆ………ごめんなさいごめ…さ…」ガリガリ
涼宮「…めん…さい…ヤシロ…さま…」ガリガリガリガリ
涼宮「ごめんな…さい」ガリガリ
ぺたっ
涼宮「誰…私を…見下ろ…す…」バリバリ
涼宮「…シロ………さま」バリ…

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:07:07.16 ID:81UI/H9oO


 不幸せだとあなたは笑った。
  それは本当の不幸を知らないから。

 幸せだと私は笑った。
  それは本当の幸福を知らないから。

 それでも二人は笑っていた。
  それが偽りでも、二人は幸せだった。


       Frederica Bernkastel

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 19:08:20.31 ID:81UI/H9oO

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「正直、私はかなりの美少女」