つかさ「こなちゃんってアソコに毛、生えてないよね?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「…ふぅ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:06:59.39 ID:UBuVRR28O


つかさ「この前、海に行ったときは生えてなかったけど、今も生えてないの?」
こなた「な……つかさだって薄かったじゃんっ」

つかさ「私の事は良いの。ねぇ、ちょっと見せてくれない?」
こなた「やだよ。何で見せなきゃいけないのさ」
つかさ「うぅ〜……」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:08:56.43 ID:UBuVRR28O


かがみ「おーっす……って、どうしたの」
こなた「つかさが、」
つかさ「こなちゃんがマンコ見せてくれないんだよ」ションボリーン
こなた「マ……って」

かがみ「つかさ……。ちょっとこなた! 何でそれくらい見せてあげないの?」
こなた「えぇー、だって……」

かがみ「だってじゃないの。いつも宿題見せてあげてるでしょ? さっさとスカート上げなさい」
こなた「そんなぁ……」

かがみ「早く」
こなた「うぅ、分かったよ……でもせめて場所変えようよ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:10:52.95 ID:UBuVRR28O


〜一階、階段の下〜

こなた「ん……」
かがみ「へぇー、こなたってもっと子供っぽいの穿いてると思ってたのに」
こなた「む、馬鹿にしないでよ」

つかさ「じゃあショーツ脱がすよー」
こなた「!? 自分で脱ぐよ!」
つかさ「だーめ♪」

スルスル

こなた「あ、あぁ……」

つかさ「わー、やっぱりまだ生えてないんだー」
こなた「も、もう良いでしょ?」
つかさ「すごーい、スベスベだぁ」

こなた「ひゃっ、触って良いなんて言ってないよ!」
かがみ「後ずさるこなた」
つかさ「お姉ちゃん、実況は良いからこなちゃん捕まえといて」

かがみ「しょうがないわね」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:13:42.91 ID:UBuVRR28O


こなた「言っとくけど私、武道習ってたんだよ?」
かがみ「……アンタまさか友達を殴る気?」
こなた「え、それは……」

かがみ「酷いわね、私たち友達じゃなかったんだ……」
こなた「ち、違うよ! 友達だよ」

かがみ「私は構えを解いたこなたの隙を見逃さなかった」
こなた「へ?」
かがみ「こなたの背後に周り両脇に腕を通し以下省略」ガッキーン

かがみ「はい、捕まえた」
こなた「しまったぁ」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:14:50.29 ID:UBuVRR28O


つかさ「お姉ちゃんありがと〜」
かがみ「まったく、次からは自分でやりなさいよ?」
つかさ「えへへ♪ あ、そだ、このスカートも邪魔だね。よいしょっと」
こなた「え、ちょ!?」

ホックヲ ハズシテ ストン

こなた「やだぁっ」
つかさ「あ〜、脚閉じちゃダメだよ〜」
かがみ「はぁ、こなた〜?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:16:11.39 ID:UBuVRR28O


こなた「だって、こんなの恥ずかしすぎるよ!」
かがみ「抵抗するともっと恥ずかしい事になるわよ? つかさ、足持って」
こなた「え?」
つかさ「はーい、っと。わぁ、こなちゃん軽いね」

かがみ「このまま外に運ぶわよ」
つかさ「うん☆」

テクテク

こなた「ま、待って! 分かった! 分かったから!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:17:51.43 ID:UBuVRR28O



かがみ「もう抵抗しないでよね」
つかさ「じゃあ脚開いてね?」
こなた「ん……」

つかさ「あ、そだ」
こなた「え?」

ピロリロン♪

つかさ「写メ撮っちゃった♪」
こなた「や……消して、」
かがみ「暴れないでよ」ギュ
こなた「うぅ……」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:19:21.79 ID:UBuVRR28O


つかさ「すべすべ、もみもみ」
こなた「つかさ……も、もう、良いでしょ?」

つかさ「まさかー、もしかしてこれで終わりだと思った? 広げるに決まってるでしょ」クパァ
こなた「あ! ダメ! そこは見ちゃダメだよ」

つかさ「何今更恥ずかしがってる……あれ?」
こなた「!?」
かがみ「つかさ、どうしたの?」

つかさ「お豆さんが見当たらないの」
かがみ「え? それってまさか……」
こなた「いや……お願いもう見ないでぇ」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:21:09.39 ID:UBuVRR28O


つかさ「あ! 皮被ってるぅー!」
かがみ「え、マジで!?」
こなた「あ……ぅあ、……あぅぅ」

かがみ「こなた、ちょっと万歳して」
こなた「へ? 何……で?」
かがみ「早く!」

 こなたはもうどうして良いのか分からず、言われるがままに両手を上げた。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:23:08.31 ID:UBuVRR28O


かがみ「どーせだから上も脱いじゃいなさいっと」
こなた「あ、ちょ!?」


かがみ「え、うそ……ノーブラかよ」
こなた「こ……これは、違うよ」
かがみ「まぁいいわ、とりあえずこれであんたは何処にも逃げられないわね」

 今のこなたが着用しているものは、上履きに紺色の靴下、それに膝まで下ろしたショーツのみ。

こなた「酷いよかがみ……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:25:46.23 ID:UBuVRR28O


かがみ「どれどれ?」
つかさ「ほらこれ」
かがみ「うわ、マジだ。小学生かよ」
こなた「そんなのしょうがないじゃんっ」

ピロリロン♪

こなた「!?」
つかさ「珍しいから撮っちゃった♪」
こなた「そんなぁ……」

かがみ「あれ? あんた既に濡れてるじゃない」
つかさ「ホントだ。じゃあ私がやってあげるよ」
こなた「やるって……ここひゃぁっ」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:27:37.83 ID:UBuVRR28O


こなた「痛い痛いつかさ!」
かがみ「つかさ、そこは尿道よ」
つかさ「あ、間違っちゃった。こっちだね?」
こなた「あ……」

かがみ「さて、じゃあ私は乳首でも弄ろうかな」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:31:53.47 ID:UBuVRR28O


こなた「はぁ……んぁ、はぁっぁ……」
かがみ「どう? 一度に両方攻められて気持ち良い?」

 かがみはクリクリと突起したこなたの乳首を、片方は指で摘んだり、
もう片方は舌で舐めたりして弄りまわしていた。

こなた「んっ、く……」

 下ではつかさがこなたの秘部を念入りにほぐし、くちゅくちゅといやらしい音を出している。
 一本、二本と入れる指を増やしていき、ぐるんと一気に指を回転させる。

こなた「あっ、はぁん!」
かがみ「こなた、そんなに大きい声出したらばれちゃうわよ? まだ休み時間なんだし」
こなた「……っ、んん」

 こなたは両手で口を抑え、必死に声を漏らさないようにしていた。
 しかし、そんなことはお構いなしに柊姉妹の攻撃は続く。

こなた「っ……、ぅぁっ……っくぅ……」
かがみ(……)
こなた「はぁ……ぁぁぁっ」

キーンコーンカーンコーン



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:37:01.19 ID:UBuVRR28O


かがみ「やば、予鈴だ」
つかさ「あわわ」

こなた「……へ?」

 急に二人が行為を止めてしまい、戸惑うこなた。

かがみ「ほら、さっさと服着なさい。授業始まるわよ。つかさも」
つかさ「はーい」
こなた「まっ……て」

 微かな声で呼び止める。

こなた「中途半端は、嫌だよ……」
かがみ「え? 何か言った?」
つかさ「早く着替た方が良いよ?」

こなた「最後まで……」
かがみ「ん〜?」

こなた「最後までやってよ! このままじゃ気持ち悪いよ!」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:40:31.73 ID:UBuVRR28O


かがみ(思い通り)
つかさ(思い通り!)
かがみ&つかさ(思い通りっ!!)

かがみ「でも授業があるし」
つかさ「ねぇ?」
こなた「お願いだよ二人とも……もう一人でなんてイけないよ」

かがみ「まぁ、こなたがそこまで言うんじゃあ……」
つかさ「仕方ないよね♪」

 再び定位置につく二人。



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:44:18.21 ID:UBuVRR28O

かがみ「これ以上遅れるわけにはいかないから一気にいくわよ」
こなた「うん、お願いッ!?」

 つかさは既に始めていた。今度は指を使わず、舌で攻めている。
 割れ目をなぞり、舐め回すように具を堪能すると、最後にぐいぐいっと舌を膣内に侵入させていく。
 指とは又違った感覚に、こなたの少しばかり醒めていた身体も再び熱を帯びる。

こなた「あぁっ、あっん、んん……」

 対してかがみは、こなたの口を自らの口で塞いだ。

こなた(かがみぃ……)

 舌を入れるかどうか迷っていたかがみであったが、
こなたの方から舌で舐めてきたので遠慮なく侵入する事が出来た。



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:49:23.37 ID:UBuVRR28O


かがみ(やばい……本気で好きになりそう)

 本来あってはならない同性同士の舌と舌の絡み合い。
そして自分より少し小さな舌にかがみ自身も興奮し始めていた。

かがみ(こなたこなたこなた……!)

 暴走したかがみは空いている左手で胸を寄せて揉み始めた。

こなた(気持ちいぃ……私、もう)
つかさ(お姉ちゃんやるなぁ、私も負けない!)

 つかさは舌を素早く抜き出し、皮を被ってるクリに噛み付いた。
 それがスイッチだった。



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:52:58.07 ID:UBuVRR28O


こなた(あ……)
つかさ「! ひゃっ!?」
かがみ「ぷはっ、どうし……うわっ」

 ぷしゃあぁぁぁ……
こなたはイクと同時に尿を漏らしてしまったのだ。
 つかさはその場をすぐに離れたため、顔に直撃は避けられたが、
制服にかなり付着してしまった。

こなた「ふわあぁぁぁぁ……」

 やがてソレも収まり、こなたの足元には水溜まりが出来ていた。
疲れたこなたはそんなことお構いなしに、そこに座り込んでしまう。

かがみ「こなた……」
こなた「あ、ごめん」
つかさ「これどーするのー?」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:56:21.34 ID:UBuVRR28O


かがみ「とりあえずコレは掃除当番に任せましょ」
つかさ「そ、そうだね」
かがみ「私たちは保健室に……つかさも制服濡れちゃったしね」

かがみ「こなたー? 立てる? おーい」

 返事がない、どうやら気絶してしまったらしい。

かがみ「マジかよ……」

ピロリロン♪

かがみ「って、つかさ」
つかさ「記念写真だよ♪」
かがみ「……私も撮っておこう」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 17:00:44.11 ID:UBuVRR28O


つかさ「お姉ちゃぁん、こなちゃんの下半身びしょ濡れだよー」
かがみ「それでも着させて。このまま運ぶわけには行かないんだから」

 二人はこなたに制服を着せて、なんとかその場から離れることが出来た。

かがみ「あーぁ、私がイかせたかったのに……」
つかさ「じゃあさ、今度は家でやらない? 思いっきり出来るよ?」

かがみ「そうだけど、こなた誘いに乗るかしら?」
つかさ「大丈夫だよ。この写メもあるし♪」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 17:06:52.68 ID:UBuVRR28O


かがみ「あんまり脅しには使いたくないんだけど……まぁ、一回くらいなら良いわよね♪」
つかさ「うん!」

 その後、保健室に行った三人は天原ふゆきに問い詰められ
つかさが馬鹿正直に全て説明してしまい、たっぷりと絞られるのであった。


〜放課後の一年掃除担当組〜

ひより「な、なにこれ?」
パティ「ぺろっ、これはこなたの尿液!!」
みなみ「……今、舐めたの?」
ゆたか「お姉ちゃん……こんな所で漏らさないでよ」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 17:08:18.16 ID:UBuVRR28O

以上です。短くてごめんね
エロゲとかやった事ないから知識も浅く、思ったままに書いたけど
反省はしていない

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/30(火) 17:23:21.44 ID:UBuVRR28O

みんな読んでくれてありがとう。
やっぱすぐにレスが付くVIPは良いな!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「鉄骨のスリルで勃起が収まらない」