キョン「ハルヒ頼む!おっぱいをもませてくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門、明日予定あるか?」

ツイート

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 02:21:32.30 ID:NTeRPQTY0




      ――勝手に再開――





167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 02:24:17.86 ID:NTeRPQTY0

キョン「じかに触ると、やはり心地良いな」

 乳首が手のひらに当たるように、キョンの右手は強引にハルヒの胸を包み、揉み
しだく。それに応じて、ハルヒの顔も次第に紅潮する。

ハルヒ「こ、こら、強いわよ……//」

キョン「おいおい、俺はまだやめないぞ」

 いつもとは違う強引な口調のキョンに、ハルヒの喘ぎ声は高ぶる。それを聞いた
キョンも良い気分になった。

キョン「やわらかいなー、ハルヒの胸」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 02:45:35.92 ID:NTeRPQTY0

 待ってましたと言わんばかりに、>>167は続きを書くためにキーボードを叩き始
めた。


 熱を帯びたハルヒの体から伝わってきたかのように、キョンの体も熱くなる。揉
むだけと言っていたキョンだが、その指は淡い桜色の突起にまで這った。

ハルヒ「はぅっ! 揉むだけって言ったでしょうが!」

キョン「こんなに硬くしておいて何言ってるんだか」

ハルヒ「バカキョン、そこはやめなさい!」

キョン「五分はまだまだだぞ」

ハルヒ「くぅっ……」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 02:51:08.99 ID:NTeRPQTY0

 五分とは短いように思えて、長い。その五分という長い時間を、キョンはとこと
ん楽しもうと決めた。もう揉むだけというルールなど知った事ではない。

 その突起に、今度は舌を這わせた。

ハルヒ「あぁん、舌はやめなさい舌は」

キョン「甘いぞ、ハルヒ。この甘味をお前に味あわせてやれないのが残念だ」

ハルヒ「舌……舌を離しなさい、キョン」

キョン「離さないといってるだろう。我慢だ我慢」




 今更だが、涼宮ハルヒの憂鬱って見たこと無かったわ

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 02:56:38.51 ID:NTeRPQTY0

 舌で吸い付くように、桜色の突起を舐める。濡れそぼっているのは、決して唾液
によるものだけではない。
 少し強い刺激を加える度にハルヒは体を震わせ、喘ぎ声を高くする。それはサデ
ィストの加虐心を煽るだけだった。

キョン「そろそろ、下も濡れてきたんじゃないか?」

ハルヒ「う、うるさいバカキョン! あたしがこれしきのことで興奮するとでも思
ってるわけ!?」

キョン「ほう、その言葉、どうぞ確認して下さい、と受け取っていいんだな?」

ハルヒ「えっ……!?」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:02:53.16 ID:NTeRPQTY0

 無表情を装ったキョンは、ハルヒのスカートの中へと手を這わせた。
 ビクンッと体を震わせた直後、ハルヒは涙がたまった上目遣いで抗議の声をあげ
た。

ハルヒ「もうやめてよ、キョン……」

キョン「やめない」

 ハルヒの股間は、布地の上からでも濡れそぼっているのが容易にわかった。ねっ
とりとした蜜が、布地を通してキョンの指先に伝わる。

キョン「何がこれしきのことで興奮するとでも、だ。大洪水だぞ」

ハルヒ「うるさいわよ、バカキョン」



 地の文は無くしたほうがいいかな?

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:08:35.10 ID:NTeRPQTY0

 そのまんまでいかせて貰う



 外側の太股や尻にも手を抜かない。それらの部位に、キョンは同じ様に手を這わ
せる。
 足がガクガクと震えている。溢れ出した蜜は、布地を通り越して太股にまで伝っ
ている。

キョン「お前のアソコは水脈か。少しは慎め」

ハルヒ「お前が言うな、バカキョン」

キョン「強がるな」

ハルヒ「―――っっ!!」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:15:20.83 ID:NTeRPQTY0

 キョンの手は、布地の内部へと侵入していった。

キョン「やっぱり胸にしろココにしろ、直接触らないとつまらないな」

 まだ柔らかい産毛が生えたばっかりのハルヒの秘部は、キョンの侵入を歓迎する
かのように拒否ということを知らない。蜜壷から溢れ出した蜜に、キョンの右手は
たちまちビショビショになる。

ハルヒ「や、やめなさい! そんな……ひゃぁ!」

キョン「そんなに悦ぶな。もっと気持ちよくさせてやるから」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:19:34.10 ID:NTeRPQTY0

 温かい桃色の宝石を摘む。コリコリとした弾力性のある柔らかいそれは、触る人
も触られる人も快楽に溺れさせる魔力を持った魔法の宝石だった。

キョン「ココは初めてか?」

ハルヒ「んと、はじめて」

キョン「本当か?」

 意地悪そうに笑うと、ハルヒは顔を赤くした。

ハルヒ「ほんとは、一人の時にやってる……」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:22:22.16 ID:NTeRPQTY0

キョン「ふーん、一人の時はオナニーばっかする淫乱っ子なのかお前は」

ハルヒ「ち、違うわよ!」

キョン「そんなこと言って、俺にしてもらって気持ち良いんだろ?」

ハルヒ「違うって言ってるでしょ!」

キョン「自分でやったほうが気持ち良いのか……。じゃあ、俺の前でオナニーしろ」

ハルヒ「くっ……コイツ」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:27:01.39 ID:NTeRPQTY0

キョン「ほらほら、さっさとやれよ」

ハルヒ「う、うるさいうるさい! 今やるわよ!」

 ハルヒはスカートの中に手を入れると、布地の内部――否、深部までをも強制的
な快楽に導こうとする。

キョン「滑稽だな、団長さんが部室で俺の為にオナニーとは」

ハルヒ「黙れ!」

キョン「つーかさ、スカートが邪魔なんだけど」



 これ、得する人俺しかいなくね?

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:30:30.63 ID:NTeRPQTY0

ハルヒ「どうしろっていうのよ!」

キョン「左手が空いてるだろ」

キョン「左手でスカートを上げろ」

ハルヒ「くそっ……」ヒラッ

キョン「おー、見える見える。エロいぞハルヒ」

ハルヒ「これでいいんでしょっ」

キョン「そうだなー……」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:33:49.36 ID:NTeRPQTY0

キョン「『私の変態オナニーを見てくださいキョン様』って言ってごらん」

ハルヒ「だ、誰が言うかバカキョン!」

キョン「聞こえなかったようだな。『私の変態オナニーを見てくださいキョン様』って言ってごらん」

ハルヒ「覚えておけよ……っ」

ハルヒ「わ、わたしの変態オナニーを見てください……きょ、キョン様……」

キョン「よく言えました。俺はしっかり見てるからな、ハルヒ」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:37:44.77 ID:NTeRPQTY0

変態は俺だけじゃなかったんだな



キョン「なあハルヒ、俺もう我慢出来ないんだけど」

ハルヒ「だ、だったら、その……早くいれればいいじゃない!」

キョン「その前に、舐めろ、ハルヒ」


 キョンが自ら制服のズボンを下ろすと、赤く起立した大きな肉棒が露わとなっ
た。それを恍惚の表情で見つめるハルヒ。
 キョンの前まで行くと、しゃがみこんで、早くも先鋒の液が迸っている肉棒を根
元まで咥え込んだ。

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:44:20.47 ID:NTeRPQTY0

ハルヒ「ん、んぐっ……」

 亀頭の裏筋を、ひたすら舌で舐める。口内の熱が肉棒へ、肉棒の熱が口内へ。お
互いの熱がお互いの体へと伝わる。

キョン「なかなか上手だな」

キョン「今まで何本咥えてきたんだ?」

 ハルヒは答えず、ただ一心不乱に肉棒を舐めつづけた。
 クチュ、クチュ……ピチャ、ピチャ――唾液が絡み合う淫らな音が、SOS団の
部室に響いた。

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:49:10.18 ID:NTeRPQTY0

キョン「ハルヒ、もう限界だ――」

 発射の兆しにキョンは気付く。しかし、ハルヒは咥え込んだ肉棒を離そうとはし
なかった。

ハルヒ「なふぁで……だひなはぃ」

 肉棒を咥えたまま喋っている為、キョンには伝わらない。

キョン「中で出すぞ、ハルヒ――」

 そのまま、口の中で白濁液が発射された。

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:53:54.01 ID:NTeRPQTY0

ハルヒ「んぅ……んっ」

 喉に絡むねっとりとした熱い液体を、ハルヒは躊躇いも無く飲み込んだ。その様
子に、キョンは満足した様子である。しかし、彼がそれを表情に出すことはなかっ
た。

キョン「ハルヒ、本番いくぞ。四つん這いになれ」

 言われるがままに床に四つん這いになったハルヒは、プライドの高いハルヒは、
濡れた下着を自ら下げた。

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 03:59:50.86 ID:NTeRPQTY0

 四つん這いになるハルヒの後ろで、キョンはズボンを膝まで下げた。

キョン「入れるぞ、ハルヒ」

ハルヒ「い、いつでもきなさい」

 ゆっくりと、穢れを知らないハルヒの『女』へ、キョンの『男』が入っていく。
 処女の締め付けは、キョンの肉棒へと大きな外的刺激を与える。ハルヒも同じく
半端ではない外的刺激を受けた。

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:05:36.41 ID:NTeRPQTY0

キョン「ハルヒ、すごい締め付けだな」

ハルヒ「……」

キョン「お前、処女なのか?」

 何も言わぬ代わりに、ハルヒは小さく頷いた。

キョン「俺なんかに処女ささげて、ほんとによかったのか……?」

ハルヒ「うるさい。黙って突きなさい」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:09:37.91 ID:NTeRPQTY0

 大好きな人に処女を奉げることが出来、ハルヒは心の中では嬉しくてしょうがな
かった。しかし、それを言葉に出す事はない。

――キョンに、突かれてる

――キョンに、入れられてる

――キョンといっしょに、気持ちよくなってる



 心の中で、ハルヒは幸せを反芻させた。

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:12:49.14 ID:NTeRPQTY0

キョン「やばい、出るぞハルヒ」

ハルヒ「中で出しなさい!」

キョン「お前……」

ハルヒ「お願い、中で出して。キョンの子供なら、あたし産みたい」

キョン「じゃあ中で出すぞ、ハルヒ」

ハルヒ「早く出しなさい!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:18:09.37 ID:NTeRPQTY0

 キョンの肉棒は限界に達し、そして中で大量の白濁液が出された。

ハルヒ「んっ、出てる……キョンのが、いっぱい……」

キョン「はぁ、はぁ……」

 自らのものを引き抜くと、膣穴に入りきらなかった白濁液が溢れ出していた。



キョン「すまん」

ハルヒ「何謝ってるのよ」

キョン「初めて、なんだろ?」

ハルヒ「何急にしおらしくなってんのよ。さっきまで人に恥ずかしい命令してたくせに」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:19:55.53 ID:NTeRPQTY0

キョン「――ふっ、そうだな」


キョン「もう一つ命令だ」


ハルヒ「今度は何よ」


キョン「初めてのキスも、俺に奉げろ」


 ハルヒの返事を待たず、キョンは強引に唇を奪った。



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:27:13.65 ID:NTeRPQTY0

 キョンは自分の舌を強引にハルヒの舌と絡ませる。甘いハルヒの唾液が、キョン
のものと絡み合って糸を引いている。

ハルヒ「んっ……っ!」

 目を閉じ、喜びを噛み締める。処女だけでなく、ファーストキスもキョンに奉げ
ることが出来た。もう、いつ死んでも構わない。

 しばらくそうしていた二人は、やがて唇を離した。それぞれ目を見据え、ハルヒ
が先に開口した。

ハルヒ「キョン、大好き」

キョン「バカ、俺もだ」

 二人は抱き合い、幸せを分かち合った。

          

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:31:24.82 ID:NTeRPQTY0


――数年後

ハルヒ「ほら、起きなさい!」

キョン「休日くらいもっと寝かせろ」


キョン「それにしてもお前、腹デカくなったな」

ハルヒ「あんたとの赤ちゃんよ。しっかり責任取りなさいよね」

キョン「ちゃんと元気な子供生むんだぞ」

ハルヒ「当たり前よ――


ハルヒ「あ、今お腹の中で動いたわ!」

            ~Fin~

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 04:36:13.56 ID:NTeRPQTY0


























くらい言えよ。鬼畜になってきた流れを軌道修正させるの難しかったんだぞ(´・ω・`)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【2700】 綾波レイ「私はこのダンスをする」