キョン「長門、最近は何に興味があるんだ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門とタバサが同居しているようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:31:02.39 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「最近、パソコンも本も読んでないよな?」

キョン「いくらなんでも、それじゃあ暇だろ?」

キョン「なにか面白い物を見つけたのか?」

長門「……」

長門「あなた」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:34:38.13 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「……は?」

長門「あなたに興味がある」

キョン「……」

長門「あなたに特別な感情を持ってる」

キョン「……」

長門「それはこの星では愛と呼ばれている」

キョン「そうか、お前冗談が言えるようになったんだな」

長門「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:38:32.61 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「はは、初めて会った時とは大違いだな」

長門「冗談ではない」

キョン「いや、いいんだ。照れ隠ししなくても」

長門「……」

キョン「今度はもっと面白い事言ってくれよ、じゃあな」

長門「そう」

長門「……目から水がこぼれている、何故?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:44:02.74 ID:Cl7+Ir9B0

長門「彼は私の発言を冗談だと思った」

長門「この感情は本物、冗談ではない」

長門「何故?彼は冗談だと思ったの?」

長門「私には感情がないと思ってるの?」

長門「それはありえない、彼は私の一番の理解者」

長門「私の事に興味がないのだろうか」

長門「この感情はなに?」

長門「……目から水が止まらない」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:53:03.14 ID:Cl7+Ir9B0

長門「……」

古泉「長門さん、見てましたよ」

長門「……いつから?」

古泉「最初からですね」

長門「そう」

古泉「しかし、長門さんが涙を流すとはね」

長門「涙、この水は涙なの?」

古泉「えぇ、そうですよ、寂しいとき、つらいときに流すものです」

長門「そう」

長門「……寂しい」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 11:57:52.77 ID:Cl7+Ir9B0

夜、長門宅

長門「私は涙を流した」

長門「私はあの時寂しかった」

長門「彼が私の気持ちを理解していなかったから?」

長門「私は、彼にとってただの人形なの?」

長門「彼にとっての私は何なの?」

長門「寂しい、とても」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:01:16.40 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「お、長門だけか」

長門「そう」

キョン「そうか」

長門「……」

キョン「……暇だな。誰か早く来ないかなぁ」

長門「!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:07:26.03 ID:Cl7+Ir9B0

長門「私は?」

キョン「は?」

長門「私が居ても暇なの?」

キョン「暇だな、お前と話してもつまらんからな」

長門「……そう」

タッタッタ

キョン「出て行ってしまった、どうしたんだアイツ?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:12:15.93 ID:Cl7+Ir9B0

古泉「遅れました、古泉です」

キョン「おう、古泉か。長門の様子が変だったんだよ」

古泉「ほう、変とは?」

キョン「長門が突然、部室を飛び出してな。そういや昨日も変だったな」

古泉「ほう、詳しく聞かせてください」

古泉(彼は長門さんの気持ちをわかってないんでしょうか?)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:20:08.86 ID:Cl7+Ir9B0

バキッ

キョン「古泉!何しやがる!」

古泉「それはこちらの台詞ですよ!」

古泉「貴方は彼女の気持ちを踏みにじったのですよ」

古泉「それを、貴方はヘラヘラと」

古泉「いくらなんでも酷すぎますね」

古泉「早く長門さんに謝りに行ってきてください」

キョン「……解ったよ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:29:09.63 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「ったく古泉の奴、おもいっきりぶん殴りやがって」

キョン「だいたい何が面白くて宇宙人に謝らなくちゃいけないんだ」

キョン「あいつの事だ、別に怒ってる訳じゃないだろ」

キョン「あん時みたいに、バグやらエラーが起こってるんだろう」

キョン「……謝らなくてもいいか、帰ろう」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:35:32.88 ID:Cl7+Ir9B0

その夜、長門宅

長門「私が居ても面白くない」

長門「私との会話は彼にとっては暇」

長門「図書館のときも、暇だったの?」

長門「寂しい、辛い」

長門「彼に嫌われたくない、嫌われたくないよぅ」

長門「また、涙が……」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:40:47.33 ID:Cl7+Ir9B0

翌日

キョン「はぁ、今日も長門だけかぁ…」

長門「……そう」

キョン「あ、長門。昨日はすまんかった」

長門「……そう」

キョン「お詫びに今度、図書館に連れて行ってやるからな」

長門「!、嬉しい」

キョン「だからな、長門。昨日謝ったことにしてくれ、な?」

長門「?」

キョン「いいから、いいから」

長門「わかった」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:46:04.55 ID:Cl7+Ir9B0

古泉「おや、あなたと長門さんだけですか」

キョン「あぁ」

古泉「ちゃんと謝りましたか?」

キョン「あぁ昨日ちゃんと言われたとおり謝ったぜ」

長門「!」

古泉「本当ですか?長門さん」

長門「……本当」

古泉「そうですか、それならいいんです」

長門「……」

キョン(ふぅ、危なかったぜ、ナイス俺!)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 12:54:41.87 ID:Cl7+Ir9B0

そして不思議探索

キョン「長門とペアか」

長門(彼と一緒、嬉しい)

キョン「じゃあ約束どおり、図書館にいくか?」

長門「そう」

キョン「……めんどくさいなぁ」

長門「!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:02:57.02 ID:Cl7+Ir9B0

図書館

長門(彼はずっと寝たまま)

長門(少し寂しい)

長門(本当は、本にはあまり興味は無い)

長門(本よりも彼のことが気になるから)

長門(彼と一緒にいたい)

長門(ずっとずっと……)


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:06:52.97 ID:Cl7+Ir9B0

その夜

長門「今日は彼の寝顔が見れた」

長門「嬉しい、それだけで十分」

長門「でも、私の願望がかなうのなら」

長門「彼が私のことを好きになって欲しい」

長門「……どうしたら彼に好かれるのだろうか」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:16:17.35 ID:Cl7+Ir9B0

部室

みくる「あ、今日は長門さんだけですか」

長門「そう」

みくる「お茶入れますね〜」

長門「朝比奈みくる」

みくる「は、はいなんでしょう?」

長門「どうすれば、彼に好かれるの?」

みくる「え、ええぇ!?」

長門「知りたい」

みくる「そ、そうですか…」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:21:45.51 ID:Cl7+Ir9B0

みくる「ず、ずばりキョン君に好かれる為には、甘えることです」

長門「甘える?」

みくる「そう。長門さんはクールですから」

長門「……」

みくる「そんなクールな女の子が甘えてきたらキョン君はビックリです」

長門「本当?」

みくる「本当です、もうキョン君は長門さんにメロメロですよ」

長門「メロメロ……」ゴクリ

長門「わかった、朝比奈みくる。甘え方を教えてほしい」

みくる「はい、もちろんです!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:32:58.55 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「お、今日は朝比奈さんが居るのか」

長門(私はノーカウント…)

みくる「あ、キョン君。お茶いれますね」

キョン「あ、どうも」

みくる(がんばってね、長門さん……)

長門(甘える、甘える、甘える……)

長門(……緊張する)

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:46:01.40 ID:Cl7+Ir9B0

みくる「すみません、今日はもう帰らせていただきます」

キョン「な、なんでですか?また未来からの……」

みくる「違いますよ。今日は友達と約束をしてるんです」

キョン「そうですか、解りました。ハルヒには俺から伝えときますよ」

みくる「はい、たすかります」

キョン「いえいえ」

ガチャ

長門(今がチャンス)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 13:54:54.91 ID:Cl7+Ir9B0

長門「撫でて」

キョン「……何を?」

長門「頭」

キョン「何故だ?」

長門「……エラーが発生したから」

キョン「撫でたら直るのか?」

長門「そう」

キョン「解ったよ、撫でたらいいんだな」

長門「!」

スリスリ

キョン「直ったか?」

長門(う、嬉しすぎて声が出ない…)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:04:50.37 ID:Cl7+Ir9B0

その夜

長門「今日は彼に頭を撫でてもらった」

長門「嬉しい」

長門「すべては朝比奈みくるのお陰」

長門「明日、お礼をしなければ」

長門「今日はもう寝よう」

長門「……」

長門「……」

長門「……眠れない」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:11:23.09 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「今日は長門だけか……」

長門「そう」

キョン「長門、お願いがあるんだが」

長門「何?」

キョン「お金を作ってくれないか?」

長門「……」

キョン「お前なら出来るだろ?」

長門「それは、貴方の為にならない」

キョン「そこを何とか、頼むぜ長門!」

長門「……わかった」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:14:50.75 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「流石長門だな。三万円ぐらい欲しいんだが」

長門「そう」

長門「高速詠唱中」

キョン「スッゲエ!本当に三万円出てきたぜ、じゃあな!」

バタン

長門「出て行ってしまった」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:18:52.56 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「今日も長門だけか」

長門「そう」

キョン「お願いがあるんだが……」

長門「……」

キョン「またお金を作ってくれないか?これが最後だからさ」

長門「本当に最後?」

キョン「あぁ本当だ!約束する」

長門「わかった」

中略

キョン「スッゲェ!本当に4万出てきたぜ、じゃあな」

バタン

長門「また出て行ってしまった」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:22:56.66 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「今日も長門だけか」

長門「そう」

キョン「お願いがあるんだが……」

長門「……」

キョン「またお金を作ってくれないか?これが本当の最後だからさ」

長門「昨日最後だと言ったはず」

キョン「すまん。もう絶対に本当の最後だからさ」

長門「絶対」

キョン「ああ」

中略

キョン「スッゲェ!本当に10万出てきたぜ、じゃあな」

バタン

長門「これが、本当の最後……」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:29:52.00 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「今日も長門だけか……」

長門「そう」

キョン「お願いがあるんだが……」

長門「断る」

キョン「そんな、頼むよ!お金作ってくれよ!」

長門「昨日が最後だと言ったはず」

キョン「このとおりだ!頼む」

長門「貴方の為にならない」

キョン「チッ!もういいよ。こんな奴に頼んだ俺が馬鹿だった!」

長門「!」

キョン「はぁ、せっかく利用できそうだったのに」

バタン

長門「私は、正しいことをした……」

長門「また涙が……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:36:25.48 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室前

長門「今日は来るのが遅れてしまった」

長門「彼は先に来ているかもしれない」

長門「……部室から声が聞こえる」

部室

キョン「朝比奈さん、お金貸してくださいよ」

みくる「そんな、キョン君の為になりません」

キョン「お願いですよ、本当に困っているんです」

みくる「しょ、しょうがないですね」



長門「……」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:41:09.17 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「今日は長門だけか」

長門「そう」

みくる「こんにちは〜」

キョン「あ、朝比奈さん!お願いが…」

みくる「もう、絶対駄目ですよ!」

キョン「そこをなんとか…」

中略

キョン「朝比奈さん!必ず返しますから!」

バタン

みくる「ほ、本当に良かったんでしょうか?」

長門「私にもわからない」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:47:18.05 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「お、今日は長門だけか」

長門「……そう」

キョン「もうな、パチンコや競馬に金使うのはやめたよ」

長門「そう」

キョン「俺にはギャンブルなんて向いてなかったんだよ」

長門「そう」

キョン「だからさ、長門。こんどは株取引で金をもうけようと思うんだ」

長門「……」

キョン「お金を俺に投資してみないか?何十倍にして返すぜ」

長門「……」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:54:39.19 ID:Cl7+Ir9B0

キョン「そうだ、いつでも頭を撫でてやるぞ」

長門「本当に?」

キョン「俺にお金を投資してくれたらな」

長門(彼の為にならないけど、彼に優しくしてもらえるのなら……)

長門「わかった」

キョン「流石長門。やっぱりお前は可愛いな」

長門「そう?」

キョン「ああ、じゃあ20万投資してくれ」

長門「わかった」

中略

キョン「スッゲェ!本当に20万出てきたぜ、ありがとよ」

スリスリ

長門「これでいい、これで……」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 14:58:30.27 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

みくる「キョン君。お金返してください!今ピンチなんです」

キョン「五月蝿いなぁ。今度返すよ、今度」

みくる「そ、そんな…」

キョン「そんなに金が欲しけりゃ体売れば?」

みくる「ひ、ひどい!キョン君の馬鹿ぁ!」

バタン

キョン「長門、もう30万俺に投資してくれ」

スリスリ

長門「……わかった」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:03:09.25 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

キョン「あぁ〜なにやってんだよ、また株価下落してんじゃん」

長門「……」

キョン「畜生、いくら不景気だからって此処まで下がるとは」

キョン「長門、もう40万俺に投資してくれ」

長門「わかった」

キョン「偉いなぁ、さすが長門」

スリスリ

長門(彼がほめてくれる、私は正しいことをしている…)

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:10:52.39 ID:Cl7+Ir9B0

翌日、部室

古泉「長門さん、すこし時間をいただけませんか?」

長門「何?」

古泉「とりあえず、場所を変えましょう。中庭でいいですか?」

長門「かまわない」

中庭

古泉「単刀直入にいいます。これ以上彼にお金をあげてはいけません」

長門「何故?」

古泉「貴方だってわかっているはずです。彼がどんどん駄目人間になっていることを」

長門「……それでも私は彼を愛している、彼も私を愛してくれる」

古泉「貴方は利用されているだけですよ」

長門「わかっている。でも彼に冷たくされるのはもう嫌」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:16:51.88 ID:Cl7+Ir9B0

古泉「そうですか…」

長門「用件はそれだけ?」

古泉「ええ」

長門「なら私は彼のところに戻る」

タッタッタ

古泉「……」

その頃

キョン「長門ぉ!何処だぁ!170万投資してくれぇ!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:23:09.91 ID:Cl7+Ir9B0

廊下

長門(古泉一樹に言うとおりだ)

長門(彼はどんどん駄目になっている)

長門(私のせいだ、私が甘やかしたんだ)

長門(それでも、彼に頭を撫でられたい、褒められたい)

長門(彼が好き、好き)

長門(どうしたらいいの……?)

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:29:09.27 ID:Cl7+Ir9B0

部室

長門「……」

キョン「お、長門!何処行ってた!金だ!金」

長門「……」

キョン「早くよこせ!早く!」

長門「もう止めて」

キョン「は?」

長門「もう株取引なんてやめて」

キョン「……」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:34:54.67 ID:Cl7+Ir9B0

長門「最近のあなたはおかしい」

キョン「……」

長門「昔のあなたに戻って、優しかったあなたに」

キョン「な、なにい、ってるんだ?お、俺は、おかしくないぞ…」

長門「全部私のせい、私が貴方を駄目にしてしまった」

キョン「そ、そうだ!お前のせいだ!!お前のせいで…」

キョン「慰謝料はらえよ!!」

長門「……」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:41:24.73 ID:Cl7+Ir9B0

長門「責任は私が取る」

キョン「な、長門?なにいってんだ?」

長門「ごめんね、私のせいで」

キョン「おい、なんでナイフもってんだ!、おい」

長門「貴方を元に戻す、優しかった貴方に」

キョン「ふざけんな!こっち来んな!」

長門「大丈夫、私はずっと傍にいる」

キョン「い、嫌だ!助けてくれぇ!!!」


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:47:12.72 ID:Cl7+Ir9B0

長門「これで貴方は元に戻った」

キョン「……」

長門「もう動かない。でももうおかしくならない」

キョン「……」

長門「あの優しかった彼はここに居る」

長門「ずっとずっと……」

長門「嬉しい、嬉しいけれど涙が止まらない」

長門「何故?」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/27(土) 15:48:58.46 ID:Cl7+Ir9B0

1です
俺は長門もキョンも好きだから
鬼畜に出来なかった
だからこんな落ちになっちゃた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「涼宮さんが最近ストレスを感じているようなんです」