こなた「え・・・私のことが・・・好き?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一!貴様によくないことが起きるスイッチじゃ」

ツイート

195 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:28:36.32 ID:hCmSreOQ0

こなたと付き合い始めてから数ヶ月が経った

こなた「それでさーかがみんったらね」
男「はははさすが柊さんだな」
こなた「でしょ?全くかがみんは私がいないと駄目なんだから」
男「ホントになーあっ……」
こなた「あっそいえばこの間も…でね…」
男「……」
こなた「でさぁーってちょっと聞いてる?」
男「こなた……後ろ」
こなた「へ?」
かがみ「ずいぶん楽しそうな話してるわね私も混ぜてくれる?」
こなた「おぉうかがみんではないか!いいよ一緒にかがみんについて話そうぜっ」
かがみ「『話そうぜっ』じゃないわよ!」
男「ははっ」
かがみ「男くんも笑うなっ!!」

196 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:38:51.21 ID:hCmSreOQ0

男「ごめんごめん」
こなた「まぁまぁかがみんいいではないか」
かがみ「あぁもう怒るのも疲れたわ……まったく」
こなた「さすがかがみ様」
かがみ「それはやめろ。にしてもあんたたちいっつも一緒にいるわね」
こなた「そりゃ男は私の嫁だからね」
男「いやそれはおれの台詞だろ」
かがみ「はいはい惚気はいいですよー」
こなた「かがみんもしかしてヤキモチ焼いてるの?」
かがみ「ばっばかそんなんじゃないわよっ」
男「こなたはあげないよ」
かがみ「だから違うってっ!……ただちょっと羨ましいなって思って」
男友「柊の言う通りだっ!!」

199 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:48:33.45 ID:hCmSreOQ0

こなた「おっ男友くん」
男「なんだよ急に」
男友「俺はお前らが実に羨ましい!!」
男「わかったからもう少し声を小さくしろ」
男友「いっつもいっつもいちゃいちゃねちゃねちゃしやがって」
こなた「いやぁそれほどでも」
男「こなた別に褒められてはないぞ。あとねちゃねちゃはしてない」
男友「とにかく!俺もいちゃいちゃしてみたい!!ってことだよな柊?」
かがみ「そこまで言ってないわよっ!!」
男友「はははっ謙遜するなって」
かがみ「だからー」
男「おい柊さんを困らせるなよ」
こなた「うむむ。男友くんと喋って困ってるかがみんも中々……」

202 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:58:08.91 ID:hCmSreOQ0

男友「じゃあ柊は何が羨ましいんだよ?」
かがみ「えっそれは……えと…つまり…」
男友「つまり?」
かがみ「……言わなきゃダメ?」
男友「言わなきゃわからんぞ」
こなた「実に興味深いですな」
男「俺も少し気になります」
かがみ「うぅ……たっ例えば学校一緒に登校したり」
かがみ「一緒にお昼ご飯たべたり…帰りにどっか寄り道したり…とか」
全員「……」
かがみ「えっ?私何かおかしいこと言った?」
男「いやぁ」
こなた「かがみんはやっぱりかわゆいの〜」
かがみ「えっ?」
男友「柊、そういうことを世間一般でいちゃつくって言うんじゃないか?」

204 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 13:15:23.71 ID:hCmSreOQ0

かがみ「うっ…でっでも……そう!私のは純粋なのよっ!!」
こなた「男よ聞いた?かがみんが私たちは純粋じゃないってさ」
男「ああ聞いたよ。正直ショックだ…」
かがみ「あっいや別にあんたたちが純粋じゃないって意味じゃなくて……」
こなた「私たちは汚れてるんだよ……」
男「便所コオロギ以下なんだな……」
かがみ「いやだから違うって!私がいいたいのはそういうことじゃなくて」
男友「柊は酷いこと言うなー」
かがみ「元はと言えばあんたが変なこと言いだすから悪いでしょ!!」
男友「えぇ!俺のせい?」
かがみ「突然会話に入ってきて」
男友「いや待て、むしろいちゃいちゃしてるこの二人が悪いんじゃないか?」
男「なんでだよ」
こなた「まったくかがみんと男友は仲がいいなー」
男友「だろー?」
かがみ「どこがだっ!」

208 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 13:26:15.86 ID:hCmSreOQ0

かがみ「あぁなんか疲れたからもう自分のクラス帰るわ」
こなた「また来てねー」
男「お疲れ様」
男友「俺はまだまだいけたのに」

……

男「しかし面白かったな」
こなた「本当にね」
男友「まったくだ」
こなた「でも男友くん」
男友「なんだ?」
こなた「かがみんが欲しかったらまずは私を倒してからだよ」
男友「……」
男「おいおいこなた何言ってんだよ。なぁ男友?」
男友「…えっ?あっああそうだよ何言ってんだよー」
男「だよなー」
男友「で、何で俺が柊のこと好きってわかったんだ?」
男「えっ?」
こなた「なんとなくだよ」
男「そっそうだったのか」

211 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 13:36:15.94 ID:hCmSreOQ0

男友「なんとなくで……凄いな」
こなた「ふっふっふ恋する乙女の眼を甘く見ちゃいけないのだよ」
男「こなたの場合はエロゲのおかげじゃないのか?」
こなた「うっ…男はだんだんとかがみんに似てきたね」
男友「で、御二人さんはどう思う?」
男「何が?」
男友「いや成就すると思うか?」
こなた「うーんまずは私を倒してみないことにはなんとも」
男友「それは男に免じて許してくれないか」
男「わけがわからんわ」
こなた「しょーがないなぁ」
男「いいのかよ」

212 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 13:45:54.79 ID:hCmSreOQ0

こなた「まぁかがみんも悪い気はしてないと思うよ」
男友「本当か?」
男「でも怒ってなかったか?」
こなた「あれがかがみんの愛情表現なのだよ」
男友「男は本当に何も分かってないな」
男「知るかよそんなこと」
こなた「まぁでもかがみんは意外と鈍かったりするからね〜」
男友「それはもっと積極的に仕掛けていけと言うことか」
こなた「解釈はそちらにおまかせするよ。ところでさ」
男友「ん?」
こなた「男友はかがみんのどんなとこを好きになったの?」

215 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 14:03:07.15 ID:hCmSreOQ0

男友「秘密」
こなた「言わないとお父さんは認めないよ!!」
男「誰がお父さんだ」
男友「……実を言うとなんて言っていいかよくわからん」
こなた「……」
男友「でも好きなんだ。なんか一緒にいたいってか」
こなた「顔は?」
男友「顔ももちろん好きだ可愛いし!でもそれだけじゃないっていうか」
男友「強いて言うなら全部!!」
こなた「……そっか。男友くんの気持ちはわかった!」
男友「おぉ認めてくれるのか!ありがとうお父さん!」
こなた「まぁかがみんは倍率高いと思うけどせいぜい頑張りたまへ若人よ」
男友「はい!頑張ります!!」
男「……なんだこれ」

217 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 14:09:03.48 ID:hCmSreOQ0

ごめん学校いかなきゃならんのです。夜まで残ってたら再開します
というか>>1に何の断りもなく始めてしまってすみません
まさかホテルの人だとは思わかなったです

388 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:13:58.29 ID:h9NGeFuY0

>>215の続き

男友「でも頑張るっていっても何すればいいんだ?やっぱデートに誘うとか?」
男「普通はそうだろうな」
男友「ふむ。泉だったらどこ行きたい?」
こなた「私は男とだったらどこでもいいよ」
男「俺もだ」
男友「恐ろしいほど参考になんねぇ」
こなた「それじゃ無難に映画とか?」
男友「映画か……なんかこうもっと喋れるとこがいいな」
男「んじゃあ遊園地は?」
男友「遊園地か……いいかも」
こなた「男は本当に遊園地が好きだね。初めてのデートを思い出しますな」
男友「え?お前ら初デート遊園地だったの?」
こなた「そだよ〜」
男「懐かしいな」
こなた「あの頃は男はまだ初心だったもんね」
男「しょうがないだろ不安でしょうがなかったんだぞ」
こなた「ご褒美あげたときなんか」
男「こなたストップ」
男友「ご褒美?」

389 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:20:56.31 ID:h9NGeFuY0

男「そんなことより今はお前の話だ。ちゃんと誘えるのか?」
男友「お前俺を誰だと思ってんだよ」
男「男友」
男友「だろ?」
男「いや意味わかんねーよ」
こなた「男友くんはゲームのキャラみたいだね」
男「ただ馬鹿なだけだと思う」
男友「馬鹿にしか見えないものもあるんだぜ?」
男「で結局遊園地にするのか?」
男友「おう!アドバイスありがとな!いっちょ昼休みにでも誘ってくるぜ」
こなた「がんばりたまへ〜」
男「あんまり柊さん困らすなよ」

390 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:30:42.54 ID:h9NGeFuY0

かがみ「あっあんた何言ってんのよ」
男友「無理か?」
かがみ「べっ別に無理じゃないけど」
男友「嫌か?」
かがみ「嫌…でもないけど…」
男友「じゃあ決定だな」
かがみ「でっでも心の準備が出来てないっていうか…」
男友「大丈夫大丈夫」
かがみ「根拠がまったくないわよ」
みさお「おいっ男友っ!柊は渡さねえーぞ!なぁあやの?」
あやの「柊ちゃん行ってきたら?」
みさお「!」
かがみ「うーん」
男友「退屈はさせないぜっ!」
みさお「そんないい笑顔で言っても柊はいかねぇってヴぁ」
かがみ「……まぁ減るもんじゃないし、どうせ日曜日は暇だし。いいわよ付き合ってあげる」
みさお「!!」
男友「そうこなくっちゃ!」
かがみ「でどこ行くの?」
男友「遊園地!」
かがみ「遊園地かわかった楽しみにしとくわ」
男友「それじゃあなー」
みさお「あやのー柊が裏切ったー」
あやの「よしよし」

391 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:41:43.01 ID:h9NGeFuY0

男友「行ってきたぜ」
男「どうだった?」
男友「もちろん余裕でおっけーだ」
男「凄いな」
こなた「私たちの時とはえらい違いだね」
男「うるせー」
つかさ「お姉ちゃん喜んでると思うな」
みゆき「頑張って下さいね」
男友「おう!ありがとう!」
男「……この二人が知ってることに対してなにも思わんのか」
男友「?そーいやなんで知ってるんだ?」
こなた「いやぁあはは。ついつい口が滑ってしまって」
男「すまん」
男友「ん?別に謝ることはないんじゃないか?事実なんだし」
こなた「おぉー男らしい」
男「そういうとこは無駄にかっこいいな」
男友「無駄って言うな無駄って」
つかさ「それにしても男友くんがお姉ちゃんを狙ってるなんてね〜」
みゆき「私も気付きませんでした」
男「俺も」
こなた「みんな甘いな〜私はすぐに気づいたよ」
男友「さすがは男の嫁だな」
こなた「まぁね〜」
男「意味はわからんが否定はしない」

392 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:51:21.61 ID:h9NGeFuY0

デート当日

トタトタ

かがみ「ごめんっ待った?」
男友「待った!」
かがみ「えぇ!でも予定の時間まであと10分はあるよ?」
男友「1時間前に来てたからな」
かがみ「……それはさすがに早く来すぎじゃない?」
男友「まぁ約束の時間を間違えてただけだからな」
かがみ「そんなことだと思ったわよ」
男友「じゃあ行くか」
かがみ「うんっ」

……

こなた「さすがに手はつながないみたいだね」
男「いくらなんでもいきなりは無理だろ」
こなた「どっかの誰かさんは初デートでつないできたけどね」
男「……」

394 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:04:48.89 ID:h9NGeFuY0

男友「そういえば柊」
かがみ「ん?」
男友「私服中々かわいいじゃん」
かがみ「えっそっそう?」
男友「あぁ良く似合ってる」
かがみ「あっありがとう」
男友「お洒落してきてくれたんだな」
かがみ「べっ別にあんたのためにしたわけじゃないわよっ」
男友「ははっ言うと思ったぜ」
かがみ「からかってるなら帰るわよ?」
男友「すみません帰らないでください」

……

こなた「おぉ!さすが男友くん早速かがみんのツンデレを引き出したね」
男「……」
こなた「もういつまで拗ねてんの?ほらっ」

ぎゅ

男(くっ…畜生……かわいい)

395 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:12:33.32 ID:h9NGeFuY0

遊園地

かがみ「さて何から乗る?」
男友「そりゃやっぱ速いのだろ」
かがみ「速いのってあんた…いきなりジェットコースターからか」
男友「ん?まさか柊乗れないのか?」
かがみ「いや乗れるけど、最初はもっと軽いやつからかなって」
男友「うーん柊がそういうなら他のでもいいけど」
男友「俺はショートケーキの苺は最初に食べる派なんだよな」
かがみ「好きなものは最初に食べるのね」
男友「思った時に行動しなきゃ、したい事や欲しいものは手に入らんだろ?」
かがみ「あんたらしい考えだわ……じゃあジェットコースター乗りますか」
男友「おぉ。さすが柊だぜっ!」
かがみ「はいはい。さっさと行くわよ」
男友「おう」

……

こなた「おぉしょっぱなからジェットコースターに行くみたいですな」
男「実にあいつらしい」
こなた「私たちも乗る?」
男「んーせっかくだし乗ろう」

398 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:28:27.24 ID:h9NGeFuY0

男「……で見失うと」
こなた「男が乗ろうっていうから」
男「うぅ…まぁどうせだし普通に遊んで行かね?」
こなた「そだね。じゃあお化け屋敷行く?」
男「いやだっ」
こなた「そっか。折角今なら体触ってもいいのになー」
男「ほらこなた何してんだよ!早くしないとお化け屋敷しまるぞ」
こなた「単純なんだから」

……

男友「んー楽しかった」
かがみ「今時のは本当に凄いわね、さすがに少し怖かったわ」
男友「確かにな」
かがみ「両手話してたやつの言うセリフじゃないわよ」
男友「次は何行くよ?」
かがみ「うーんバイキングとか?」
男友「よっしゃそれだっ!」

400 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 15:26:10.19 ID:h9NGeFuY0

かがみ「小さいころはこれ結構怖かったけど今乗ると大したことないわね」
男友「あれは怖いというより気持ち悪くなるよな。次は何行くよ?」
かがみ「絶叫系ばっかだからちょっと休憩いしたいかも」
男友「じゃあメリーゴーランドとか?」
かがみ「さっさすがに子供っぽすぎない?」
男友「いや意外と大人も乗ってるって」
かがみ「私は大丈夫だけどあんたはいいの?」
男友「むしろ乗りたい」
かがみ「凄いな…」

401 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 15:32:52.01 ID:h9NGeFuY0

かがみ「やっぱちょっと恥ずかしかった」
男友「そうか楽しかったぞ」
かがみ「ねぇ次あそこ行かない?」
男友「……お化け屋敷か」
かがみ「もしかして苦手?」
男友「全然。むしろ好きなくらいだ」
かがみ「なーんだ」
男友「かがみこそ大丈夫なの?」
かがみ「悪いけど私は怖がらないわよ」
男友「よしじゃあ行こうぜ」

402 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 15:40:50.80 ID:h9NGeFuY0

かがみ「いっ以外に本格的ね……」
男友「そーだな」
かがみ「まあでも全部作りもんだから」
……
かがみ「あれ?男友?」
……
かがみ「おーい」
……
かがみ「ちょっちょっとーふざけないで出て来なさいよー」
……
かがみ「……」
男友「わっ」
かがみ「ひゃあっ!」

403 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 15:45:37.50 ID:h9NGeFuY0

男友「はっはっは!吃驚した?」
かがみ「……」
男友「柊が怖がらないっていったからちょっと怖がらせてみた」
かがみ「……ばか…」
男友「へっ?」
かがみ「なんで急にいなく何のよっ!男友のばかっ!」
男友「あっえいやだから驚かそーと」
かがみ「ばかっ!あほっ!」
男友「ごっごめん謝るから泣かないでくれ」
かがみ「ううっ」
男友「わかったもう急にいなくならないから」

ぎゅ

男友「これでいいか?」
かがみ「……」コクッ

405 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 16:42:31.32 ID:h9NGeFuY0

男友「ふぅ終わったな」
かがみ「……」
男友「本当にごめん。悪かった」
かがみ「……もうしないでよ」
男友「うん絶対にしない……多分」
かがみ「ふふっどっちよ」
男友「ははっ」
かがみ「あんた苦手な乗り物とかないの?」
男友「……ないよ」
かがみ「ホントに?」
男友「……コーヒーカップ」
かがみ「コーヒーカップ?」
男友「あれだけはどうしてもだめだ。あれは地球の乗り物じゃない」
かがみ「へぇ〜」
男友「なぁ柊その顔はなんだ。まさか乗るとか言わないよな」
かがみ「もちろん乗るわよ」
男友「……」

406 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 16:50:53.52 ID:h9NGeFuY0

かがみ「ふー今までで一番楽しかった」
男友「……」
かがみ「乗り始めてからずっと黙ってるけど大丈夫?」
男友「……鬼」
かがみ「さっきの仕返しよ」
男友「うわぁもうダメ本当にダメ」
かがみ「結構遊んだわね。そろそろ帰る?」
男友「そうだな。俺の三半規管もそうしたいみたいだ」
かがみ「じゃあ最後にあれ乗ってく?」
男友「観覧車か」
かがみ「ゆっくり出来るし」
男友「もうコーヒーカップいがいならなんでもいいよ」
かがみ「じゃ行こっ」

407 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 16:55:39.52 ID:h9NGeFuY0

帰宅中

男友「いやそれにしても今日は楽しかったな」
かがみ「コーヒーカップが?」
男友「それ以外が」
かがみ「もう体調は大丈夫そうね」
男友「さすがにね」
かがみ「観覧車からみる景色綺麗だったね」
男友「おう」
かがみ「あんたさ……観覧車に女の子と二人きりで乗って緊張とかしないの?」
男友「俺が緊張していなかったとでも?」
かがみ「だって普通にはしゃいで、いつも通りだったじゃない」
男友「いつも通りに振舞うのがうまいだけだよ」
かがみ「……」
男友「まぁなんだとりあえず楽しかったな」
かがみ「私も楽しかった…ってことにしてあげる」
男友「お?デレが来たか?」
かがみ「うっうるさいわね!」
男友「はっはっは…なぁまた誘ってもいいか?」
かがみ「まぁ暇だったら付き合ってあげてもいいわ」
男友「さすがツンデレだなー」
かがみ「ツンデレって言うな!」
男友「褒め言葉なのに」
かがみ「別に嬉しくないわっ!」
男友「ははは」

409 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 17:03:07.99 ID:h9NGeFuY0

かがみ「今日はありがとね」
男友「おう」
かがみ「……」
男友「……柊あのさっ」
つかさ「あっお姉ちゃんと男友くんだー」
かがみ「あっつかさ。買い物?」
つかさ「そうだよーお姉ちゃんたちはデート帰り?」
かがみ「そうよ使われたわ」
つかさ「男友くん楽しかった?」
男友「おっおうっ!最高に楽しかったぜ」

……

かがみ「それじゃまた明日」
つかさ「また明日ね男友くん」
男友「おーそれじゃあな」

トタトタ

男友「……」

411 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 17:14:54.45 ID:h9NGeFuY0

翌日
男友「告白できなかった」
こなた「ほほう」
男友「俺はダメな男だ」
男「お前がへこむなんて珍しいな。ってか告白する気だったのか」
男友「なんかもう柊が可愛すぎたから」
こなた「言うね〜」
男友「でも機会を失った」
こなた「まあ次があるよ」
男友「でも俺こんなだから柊は多分嫌がると思う……」
男「お前らしくないな」
こなた「嫌だったらデートなんてしてないんじゃない?」
男友「デートと告白は別だよ……」
男「あぁもうっ!めんどくせぇいつものお前らしくしてりゃ大丈夫だ!!」
男友「俺らしく?」
こなた「そうだよ。あの無駄に前向きなところが男友くんのいいところなんだから」
男友「無駄っていうな、でもそうか。そうだよな!」
男「そうだ!」
男友「俺らしく!思った時に行動しなきゃ俺じゃない!!」
こなた「その意気だよっ!」
男友「二人ともありがとう!俺行ってくる」

ダダダダダッ

男「そんなすぐ行けとはいってないけどな…まぁやっとあいつらしくなったな」
こなた「だね」

412 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 17:24:46.76 ID:h9NGeFuY0

ガラガラッ

男友「柊っ!!」
かがみ「男友?」
みさお「また男友かー」
モブ1「おっなんだなんだ」
モブ2「柊さんと話してるの誰だ?」

ガヤガヤ

男友「好きだっ大好きだっ!!俺と付き合ってくれ!!」
かがみ「!!」
周りの生徒「おぉー!!」
かがみ「ばっばかこんな大勢の前でっ」
男友「関係ないっ!お前の気持を知りたい」
かがみ「わっ私も……好きだっ!!」
周りの生徒「おぉー!!」
男友「こんな俺でいいのか?」
かがみ「まぁ私じゃないとあんたは無理でしょ」
男友「そーだな」
かがみ「こっちこそよろしくね……たっ大切にしなさいよっ!」
男友「おうっ!」



おわり

413 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 17:26:33.48 ID:h9NGeFuY0

>>408
(´;ω;`)せめて終わらせるまではやりたかったんだ
自分でもグダグダなのは分かってる
もっとさっと終わらせればよかったのと遊園地かぶりすぎた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「バカシンジが1匹、バカシンジが2匹・・・」