ハルヒ「もうすぐクリスマスかぁ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ぶっちゃけ国木田が一番かわいい」

ツイート

1 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:31:38.80 ID:GZeR7cpMO

古泉「どうしたんですか突然、何か企画でもされるのですか?」

ハルヒ「企画ね、したいんだけど…うーん……」

キョン「珍しいなハルヒ、お前がそんなに考え込むなんて」

ハルヒ「うっさいわね、いいじゃない」

キョン「そうかい、だが企画内で朝比奈さんや長門を困らせるのはNGだからな」

ハルヒ「…わかってるわよそんなの、あたし今日はもう帰るから好きにしていいわよ」スタスタスタ

ガチャ バタン

キョン(どうしたんだあいつ)

2 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:36:26.22 ID:GZeR7cpMO

みくる「どうしたんでしょう涼宮さん」

キョン「そうですね、また馬鹿みたいな事を考えているかもしれませんから朝比奈さんは気をつけて下さい」

みくる「うーん…でもいつもと違う感じがするんですよねぇ」

古泉「朝比奈さんもそう思われますか、実は僕もなんですよ」

キョン「違ったか?俺にはそうは見えなかったがなぁ」

古泉「貴方がそう思うのならばそうなのかも知れませんね、しかし」

キョン「しかし?」

古泉「僕はこれからバイトに行かなくてはいけないようですね」

4 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:40:37.25 ID:GZeR7cpMO

キョン「機嫌がまたよろしくないみたいだな、困ったもんだ」

古泉「ふむ、何故か今回の閉鎖空間には機嫌が悪いから出現したと言うみたいではないのですよ
違和感がある、と言うべきでしょうか」

キョン「なんだそりゃ」

古泉「とりあえず閉鎖空間の神人をどうにかしなくてはいけませんので失礼します」

みくる「気をつけてくださいね」
キョン「気をつけろよ」

古泉「ありがとうございます。では」スタスタスタ

ガチャ バタン

5 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:44:18.22 ID:GZeR7cpMO

みくる「あ、キョン君お茶のお代わりどうですか?」

キョン「お願いします。わざわざすみません」

みくる「いいんですよ。わたしはお茶を汲む事がとても楽しいんです」コポコポ

みくる「はいどうぞ、熱いですから気をつけてくださいね」コト

キョン「いただきます」
キョン(長門がなにも行動を起こさないって事はまあ安全なんだろう)ゴクゴク


8 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:48:47.24 ID:GZeR7cpMO

長門「……」

キョン(一応長門に聞いてみるか)
キョン「長門」

長門「なに」

キョン「ハルヒはどうかしたのか?」

長門「異常はある」

キョン「異常?……やばいんじゃないのかそれ」

長門「平気、無視出来るレベル」

キョン(異常と言うのかそれは)

長門「しかし私にはどうする事もできない」

キョン「長門がどうする事もできない異常が平気とは言い難いな」


9 名前:>>6クリスマスキングに訂正してほしい[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:56:21.61 ID:GZeR7cpMO

長門「涼宮ハルヒの思考をトレースしてみた所すべてエラーになった」

キョン「エラー?ハルヒなんだからエラーで当たり前なんじゃないのか?」

長門「だから彼女が今なにをしようとしているか不明」

キョン「不明ね……長門でも無理なら仕方ない、危険じゃないんだろ?」

長門「そう、危険ではないと判断できる。何故かはわからない、エラー」

キョン「そうか、だが長門、あまり無茶はするなよ」

長門「了解した」

11 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 21:59:15.25 ID:GZeR7cpMO



みくる「そろそろわたしは帰りますね」

キョン「そうですね、俺も帰ろうとしますか
長門も帰ろう、今日はもう遅い」

長門「………」スクッ

みくる「行きましょうか」

キョン「ええ」

13 名前:>>12キューティーハニー[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:07:15.76 ID:GZeR7cpMO

キョン「じゃあこの辺で」

みくる「はい、また明日ですね」

キョン「気をつけて下さいよ、最近は物騒ですから」

みくる「大丈夫ですよ、わたしはこれでも未来人なんですから」

キョン(どういう意味なんだろうか)
キョン「じゃあまた明日学校で」

みくる「はい、さようなら」
長門「………」


キョン(そういえばハルヒが言ったとおりもうクリスマス、そして冬休みか
ハルヒになにか命令される前にクリスマスプレゼントをSOS団分買っておくか…
古泉は……まあいいか)スタスタスタ

14 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:10:04.27 ID:GZeR7cpMO

キョン「ただいま」

妹「あっ!キョン君シャミ捕まえて!!」
シャミセン「にゃあ」シュタタタタタ

妹「あ…お外に行っちゃった」

キョン「お前があんまりシャミセンを追い掛けるからだぞ
連れ戻してくるから家で待ってなさい」

妹「ごめんなさぁい…」

17 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:14:05.76 ID:GZeR7cpMO

シャミセン「にゃー」シュタタタタタ

キョン「あっ待てシャミセン!
日本語を話したお前ならちゃんと理解してるだろ!?」

おばさん「なにあのこ…不審者?」ヒソヒソ
ワイフ「日本語を理解できる猫なんて悍ましいザマス」ヒソヒソ

キョン(くっ、聞こえますよ奥様方)タタタタタ

シャミセン「にゃああ」シュタタタタタ

キョン(早過ぎだろ……いや猫だしな……)

19 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:20:26.75 ID:GZeR7cpMO

「ほら、こっちにおいで」

シャミセン「にゃー」トコトコ

キョン「……はぁはぁ、どこのどなたか存じませんがありがとうございます」

「馬鹿ね、追い掛けるから逃げるんじゃない
それと相手の顔ぐらいみなさい」

キョン「え?……ハルヒ!?」

ハルヒ「マヌケな声がしたと思ったらやっぱりあんただったわね」

キョン「マヌケで悪かったな、なんでお前がここにいるんだ?」

ハルヒ「散歩しちゃ悪い?」

キョン「悪くはないが、普通こんな所までこないだろ」

ハルヒ「散歩は自由にあるくから散歩なの、距離なんてどうでもいいじゃない」

キョン「はぁ、そういうことにしておくか」

ハルヒ「そうしなさい」

20 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/04(木) 22:25:15.29 ID:GZeR7cpMO

キョン「とりあえずシャミセンを捕まえたお礼は言っとく」

ハルヒ「言葉じゃなくて態度で示しなさい」

キョン「……やれやれ、暖かい飲み物でよければおごってやる」

ハルヒ「いただくわ、はいシャミセン」スッ

シャミセン「にゃー」

キョン「なんだコイツ急に大人しくなりやがった」

ハルヒ「猫は気まぐれなんだから気にしない」

キョン「お前みたいだな」
キョン(口が滑った…)

ハルヒ「あっそ、あたしは午後の紅茶ねストレート」

キョン「はいはい」チャリン

ガタン

21 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/04(木) 22:27:59.78 ID:GZeR7cpMO

キョン「じゃあ俺は帰るぞ」

ハルヒ「……」ゴクゴク

キョン「妹がシャミセンの帰りを待ってるだろうしな、正座で」

ハルヒ「正座なら仕方ないわね、じゃあねキョン」

キョン「じゃあな」スタスタスタ

ハルヒ(………レモンティーにしとけばよかった)ゴクゴク

22 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/04(木) 22:30:19.94 ID:GZeR7cpMO

キョン「無事帰還したぞ」

シャミセン「にゃあ」じたばた

妹「シャミ〜おかえりー」

キョン「ほら」スッ

シュタタタタタ

妹「まてーシャミ〜」

キョン「はあ疲れた、今日は早めに寝よう」

23 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:34:42.77 ID:GZeR7cpMO

翌日の放課後

ガチャ

古泉「どうも」

キョン「よう」
みくる「こんにちは古泉君、今お茶を入れますね」トコトコ

古泉「おや、涼宮さんはどちらへ?」

キョン「昼休み終わったくらいに用事があるとかで帰った」

古泉「そうですか、では昨日の閉鎖空間の事なんですが」

キョン「なんだ」

古泉「やはりいつもとは異なっていました」

24 名前:ぼちゃに入ってきます[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:43:01.76 ID:GZeR7cpMO

キョン「俺が前にみた閉鎖空間とは違うのか」

古泉「外見的には…いえ内部ですから外見的と言うのも違いますね」

キョン「そんな事はどうでもいい」

古泉「これは失礼、まず何が異なっていたのかと言いますと
まず、閉鎖空間内の異様な雰囲気が全くしませんでしたね」

キョン「それで」

古泉「お次は神人についてですが、今回の神人は殺気やら狂気やらの気配が無く、ただ直立していただけでした。
もちろん廃除はしなければなりませんので廃除しましたが無抵抗となると少しばかり気が滅入りましたね」

キョン「もう終わりか」

古泉「そうですね、強いて今回の閉鎖空間はなにやらジレンマと言う言葉が適切だと表現できますね」

キョン「ジレンマねぇ、昨日ハルヒにあったが何も変わってなかったぞ」

26 名前:やっぱり風呂からでも投下[] 投稿日:2008/12/04(木) 22:57:21.48 ID:GZeR7cpMO

古泉「涼宮さんにですか?」

キョン「ああ、猫が逃げて追い掛けてたらハルヒがいたんだ」

古泉「どうしたんでしょうね」

キョン「散歩らしい」

みくる「あの…」

キョン・古泉「はい」

みくる「お茶が冷めちゃいますよぅ」

古泉「すみません、話しに夢中になってしまいましたね」スタスタスタ ストン

29 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 23:28:55.84 ID:GZeR7cpMO

古泉「その後の展開はどうなったんです?」ゴクゴク

キョン「シャミセンを捕まえたお礼に紅茶をおごらされて終わりだ」

古泉「それだけですか?」

キョン「ああそうだ、妹が家でシャミセンの帰りを待っていたからな、正座で」

古泉「そうですか、なら仕方ありませんね
それと涼宮さんがこういった閉鎖空間を創りだすきっかけなんかはご存知で?」

キョン「知るわけがないだろ」

古泉「些細な事でも構いません」

31 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 23:33:28.75 ID:GZeR7cpMO

キョン「些細な事か………そうだな、最近授業中は寝てるか上の空だな
しかし小テストやらの点数はいいんだよな、腹がたつな」

古泉「いつ頃からですか」

キョン「確か俺がハルヒに引きずられて他人の告白現場を見たあたりか」

古泉「告白現場ですか、もしよろしければ教えてもらえませんか?」

キョン「以外といやらしいなお前」

みくる「わたしも聞きたいです」

キョン「朝比奈さんはいやらしいなんて思ってませんよ!」

みくる「?」

33 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 23:39:43.77 ID:GZeR7cpMO

キョン「何処のクラスだかわからないが男子に女子が告白してたな」

古泉「女性から男性にですか」

みくる「勇気がありますね」

古泉「涼宮さんはどういったご様子でしたか」

キョン「病気ね、可哀相に…、これだけ言ってどこかに行っちまった」

古泉「そうですか、その時の涼宮さんの顔は見ましたか?」

キョン「いや」

古泉「なるほど、ここで一つ仮説が立てられましたね」

キョン「いったいどんな仮説なんだ」

35 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/04(木) 23:44:18.26 ID:GZeR7cpMO

古泉「この前のような閉鎖空間は貴方でしか完全になおせない
そういった仮説です。もっとも僕の個人的主観からですが…朝比奈さんはどう思います?」

みくる「ふぇ?えっと…古泉君が言ってる事はあっているんじゃないかと思います。たぶん」

キョン「仮説というか結論じゃないのかそれは」

古泉「そうですね、しかし答えは一つとは限らないもので」

キョン「で、そのお前がいったのが正しいなら俺は何をすればいいんだ」


37 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/04(木) 23:50:51.76 ID:GZeR7cpMO

古泉「貴方が行動に出なくとも答えはやってくるかもしれません
しかしその逆もまたしかり、クリスマスまでにどうなるのかは貴方と涼宮さん
貴方達が決めなくてはなりませんね」

キョン「俺とハルヒが?それに何故クリスマスなんだよ」

古泉「それはですね−−」
みくる「禁則事項でいいんじゃないですか?」

古泉「ふふ、そうですね…でもこの言葉は言わせてください
貴方に言うのは二回目ですね」

キョン「?」

古泉「どうか彼女が絶望しないようお願いします」
みくる「もちろん助けになるかわからないけど手助けはしますから」

キョン(…この悪寒はなんだ)ブルブル

38 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/04(木) 23:57:15.75 ID:GZeR7cpMO

キョン「………」スタスタスタ

ガチャ

古泉「どちらへ?」

キョン「考え事なら歩きながらするのが1番だからな」

古泉「ほう、素晴らしき姿勢ですね」

キョン「茶化すな、俺はまたハルヒが暴挙を防ぐ為に真面目なんだ
じゃあな」

バタン

長門「………何故」

みくる「!!」ビクッ
古泉「どうしました」

長門「私には理解出来ない。さっきの会話の説明をしてもらいたい」

古泉「わかりました」

39 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 00:01:23.94 ID:C0OD48sFO

古泉「と、いうわけです。もちろん確証などはありませんが…感というべきでしょう」

長門「………?」ヒョイ

古泉「首を傾げるのも無理はありませんよ
人間ですらわからない場合もありますから」

長門「そう」

みくる(納得してもらったんでしょうか?)


長門「わからない」

古泉「長門さんも、時期にわかるかと思います」

長門「………」

40 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 00:07:13.58 ID:C0OD48sFO

スタスタスタ

キョン(長門ですらわからないような事を古泉はともかく朝比奈さんですらわかっていた感じだったな
古泉、朝比奈さんにあって長門に無いもの
超能力者、未来人にあって宇宙人に無いもの
人間にあって情報統合思念体とやらに無いもの
……なんだこのあるなしクイズは、たくさんありすぎて答えが定まらん)

ドンッ

キョン「あ、すみません」

谷口「ようキョン、地面かんか見て金でも探してたのか?」

キョン「お前かよ」

谷口「言ってくれるじゃねぇか」

43 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 00:13:10.77 ID:C0OD48sFO

キョン「ちょうどいい谷口、お前にクイズだ」

谷口「あん?クイズだぁ?んなもん3秒で解いてやる」

キョン「そうか、未来人と超能力者にあって宇宙人にはないものってなんだ」

谷口「可哀相にキョン、完璧に涼宮Virusにやられたな」

キョン「いいから答えろ」

谷口「知るかよそんなもん、あるとしたら人間かそうでないかの思想の違いじゃねぇのか」

キョン「……そうか、その考えはもっともだな…谷口、お前を少し見直した。サンキューじゃあな」スタスタスタ

谷口「なんだあいつは」

45 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 00:20:16.27 ID:C0OD48sFO

キョン(なるほどな、感情論か…これなら長門は他と違うな
朝倉も変だったが長門も変だからな、喜緑さんは普通っぽいが
しかし長門だって感情はある、なけりゃあの時の世界改変は起こらなかったはずだからな)スタスタスタ

バッチーン

キョン「ほわっ!!」
鶴屋「暗いぞ少年!あっはっは」

キョン「はは…、鶴屋さんが明るすぎるだけじゃないですか」

鶴屋「そうかいっ?でもあたしが暗いなんて気味が悪いよ!」

キョン「たしかにそうかもしれませんね
ハルヒも鶴屋さんくらいストレートにいってほしいですよ」

鶴屋「ハルにゃんは剛速球だとおもうけどなっ」

キョン「もはや早過ぎてブレてますよアイツは」

46 名前:途中で寝るかも、睡魔エロス[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 00:27:15.80 ID:C0OD48sFO

鶴屋「早過ぎかぁ!なるほどねっ、もう少しみくるにも早さがあればなぁ」

キョン「いやいや、朝比奈さんはあの速度じゃなくちゃダメですよ」

鶴屋「それもそうだね、後キョン君はも少し早くなってもいいと思うにょろ」

キョン「俺がですか?」

鶴屋「そっ、じゃあたしは用事があるからまたね」タッタッタ

キョン(いつみても嵐のような人だなぁ)

47 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 00:35:42.93 ID:C0OD48sFO

部室

長門「チェックメイト」カツ

古泉「いやぁ30連敗ですね」

ガチャ

キョン「ただいま」

みくる「お帰りなさいキョン君」

古泉「どうです?なにかまとまりましたか?」

キョン「まとまったというかめっと加速しろっていわれたな」

古泉「加速?」

キョン「こっちの話だ、気にすんな」

古泉「しかし何らかの収穫があったと御見受けします」

キョン「まああったと言えばあったが」

古泉「ならば一歩前進とし、めでたい事です」

みくる「が、頑張ってくださぁい」

キョン「え?あ、はい…がんばりますよ」

57 名前:今更だけどメット加速してどうするんだよ…[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 07:47:09.36 ID:C0OD48sFO

長門「………」カチャカチャ

古泉「すみません長門さん、僕が片付けますよ」

長門「……そう」

キョン「なんだ、長門とチェスしてたのか」

古泉「ええ、完敗でしたけどね」

キョン「勝てたら逆に凄いだろ」

古泉「ふふ、それもそうですね」

長門「……」

キョン「楽しかったか長門」

長門「わりと」

キョン「そうか、だが手加減くらいしてやれよ?」

長門「………配慮する」

58 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 07:55:51.85 ID:C0OD48sFO

古泉「来週から冬休みですね」

キョン「そうだな、今年は雪山はパスだぞ古泉」

古泉「そうですか?残念です」

キョン「そうだな、そろそろ俺は帰るとするよ」

みくる「今日は早いですね」

キョン「寄るところがあるんで」

みくる「そうなんですか、わかりました」

キョン「じゃあさようなら」スタスタスタ

古泉「ええ」

ガチャ バタン

古泉「ある意味、厄介な事件ですよ」
みくる「でもその分大切な事じゃないですか」
古泉「そうですね、しかし僕もどうアドバイスやら手助けをしていいか自信がないんですよ」
みくる「わたしもなんです」
古泉「やはりあの二人が行動しない事には始まりませんからね」
みくる「そうですね」

59 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[少し離れます] 投稿日:2008/12/05(金) 08:00:41.86 ID:C0OD48sFO

キョン(今回のハルヒはいったい何がしたいのか、とりあえず危険はないらしいが不安だな
いろんな事があったなぁ、……考えるのはやめだ、よろしくない思い出が鮮明に映しだされた)スタスタスタ

キョン「……寒いな、こりゃもしかすると雪が降るかもしれんな」

スタスタスタ

75 名前:>>74さようですか[] 投稿日:2008/12/05(金) 10:56:16.97 ID:C0OD48sFO

終業式

谷口「あー終わった終わった!ったく、校長の無駄な長話はいい加減嫌になるな」

国木田「そう?僕は楽しいと感じる時もあるけどな」

キョン「谷口はもう少し教養を学んだほうがいい」

谷口「そうかよ」

ガシッ

キョン「ぐぇ!」

ハルヒ「谷口、キョンは借りてくわよ」ズルズル
キョン「引きずる…なっ!」ズルズル


国木田「いいなぁキョン」
谷口「は?何いってんだ」
国木田「だって楽しそうじゃないか」
谷口「俺の目には魔女とその生贄にしか見えんがな」
国木田「ま、人それぞれだね」
谷口「まあ涼宮の奴が中学時代よりは楽しそうに見えるな」

77 名前:猫と一緒に鰹節ごはん食ってた[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:12:38.98 ID:C0OD48sFO

ハルヒ「クリスマスはあんたんちで盛大にやるからね」

キョン「俺に拒否権は」
ハルヒ「無し!!」

キョン「だとおもったよ、まぁいいかクリスマスは一人じゃつまらん
高校生なんだから友達とワイワイするのがいいもんだからな」

ハルヒ「ふぅん、楽しみにしてなさい!きっとサプライズがあるからね」

キョン「過激な事をするんじゃないぞ」

ハルヒ「馬鹿ね、ド派手にやるからいいんじゃない」

キョン「……じゃあお前に任せた」

ハルヒ「任せなさい!!」

78 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:17:04.50 ID:C0OD48sFO

キョン「で、今日は部室に来るのか」

ハルヒ「行かないわよ」

キョン「そうか、だが朝比奈さんや古泉は心配してたぞ
長門はわからんが」

ハルヒ「その分見返りはでかいわよ!あ、でもみくるちゃんは今日借りてくからね」

キョン「また朝比奈さんに乱暴するんじゃないだろうな」

ハルヒ「なにいってんの、みくるちゃんも絶対に喜ぶわよ」

キョン「イマイチ信用ならんな」

ハルヒ「信用なんかいらないわよ、あんたは黙ってクリスマスまでに下準備しておきなさい」

キョン「下準備は俺かよ…」

79 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:20:54.65 ID:C0OD48sFO

部室

ガチャ

ハルヒ「みくるちゃん!いらっしゃい」ガシッ

みくる「ひっ……」

ズルズルズル バタン

「ふぇぇ〜何処に連れてくんですかぁ〜」


キョン(……すみません朝比奈さん)
古泉「ふふ」ニコ

キョン「なんだその肩の竦める仕草は」

古泉「いえ、なんでもありませんよ」ニコニコ

キョン「なんだそりゃ」

80 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:29:05.20 ID:C0OD48sFO

古泉「涼宮さんとご一緒だったようですが」

キョン「ああ、今年のクリスマスは俺ん家でドンパチするらしい」

古泉「それはそれは、楽しみでしかたありません」

キョン「その楽しみがどういう楽しみなのかを説明しろ」

古泉「秘密ですよ、朝比奈さん的には禁則事項…
と、おっしゃれば理解していただけますか?」

キョン「……卑怯だな」

古泉「それは朝比奈さんに対してでしょうか」

キョン「お前以外に誰がいる」

古泉「そうですか、それは心が痛い…ふふ」ニコニコ

キョン「嫌な含み笑いだな、お前らしいが」

古泉「褒め言葉と受け取っておきますね」

キョン「ああ、そうしてくれ」

81 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:33:55.96 ID:C0OD48sFO

古泉「お茶はどうですか?」

キョン「正直なとこ朝比奈さんがいいがお前で我慢するさ」

古泉「ありがとうございます。長門さんはいかがです」

長門「………」

キョン「長門も欲しいそうだ」

古泉「そうですか、すぐにお持ち致しますよ」トコトコ

キョン(長門の表情を読み取るのも随分達者になったな)

コト

キョン「悪いな」

古泉「いえいえ、どうぞ長門さん」コト

長門「………」

古泉「しかし先に動いたのはやはり涼宮さんでしたか」

82 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 11:37:49.93 ID:C0OD48sFO

キョン「そりゃハルヒの行動力を超えられる人間なんかいないだろうな」

古泉「そうでもありませんよ、彼女はずっと待っていたんですから」

キョン「待っていた…ね」ゴクッ
キョン「苦っ………」

古泉「すみません…僕ではやはりお茶の魅力を引き出せないようです」

キョン「湯を足せばなんとかなるだろ」コポコポ

古泉「また機会があれば努力します」

キョン「そうしてくれ、まだコーヒーのブラックのほうがマシだ」


83 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 11:40:49.43 ID:C0OD48sFO

キョン「………」
古泉「………」
長門「………」

キョン「帰るか」

古泉「そうですね、今日はお開きということで」

長門「………」パタン

キョン(今日あたりにでも何か買っていくか)

古泉「では失礼いたします」

長門「………」スタスタスタ

キョン「じゃあな」

87 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:33:12.52 ID:C0OD48sFO

キョン自宅

キョン(飯も食ったし、ヘキサゴン見たしそろそろ行くか)スクッ

妹「あれ?キョン君どうしたの」

キョン「買い物だ」

妹「お土産〜」

キョン「クリスマスまで待ちなさい」

妹「はぁ〜い」

キョン「じゃあ行ってきます」

妹「気をつけてね〜」

キョン「ああ」スタスタスタ

89 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:41:03.59 ID:C0OD48sFO

キョン「どこもかしこもクリスマスツリーを飾ってるな
まだ気が早いだろうに」スタスタスタ

キョン(とりあえずまずはケーキだな、いいケーキがあればいいが……ん?)

長門「………」

キョン(前はハルヒで今度は長門か、朝比奈さんや古泉にまで遭遇しそうだなこりゃ)スタスタスタ
キョン「よう」

長門「………」ジー

キョン「なにやってるんだ?」

長門「コンビニには置いてないサイズのケーキ」

キョン「まあ…これは無いだろうな」

長門「クリスマスに人間はケーキを食べる行事がある」
キョン「そうだな、まあ全員がそうって訳じゃないが」
長門「中にはコレを食べる人間がいる」
キョン「だから売ってるんだろうな」
長門「……」
キョン「食いたいのか?」
長門「…別に、興味があっただけ」
キョン(食いたいんじゃないのか)

90 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:45:14.22 ID:C0OD48sFO

キョン「これを買える財産は高校生には少し無理があるな」

長門「そう」

キョン「…古泉なら出来そうだが」

長門「そう」

キョン「これじゃなくて違うケーキなら買おうと思ってる」

長門「…それが貴方がここに来た理由?」

キョン「そうなるな」

長門「……」

キョン「選ぶか?」

長門「貴方がいいなら」

キョン「あまり高いのは無理だが…まあ長門のセンスで選んでくれ」

長門「わかった」

91 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:47:36.22 ID:C0OD48sFO

長門「……」ジー

キョン(以外だな、長門がケーキに興味をもつなんて)

長門「コレとコレとコレ」

キョン「……すまん長門さん、言い忘れた俺が悪かった
丸いやつを一つだけ頼む」

長門「了解した」

92 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:53:54.58 ID:C0OD48sFO

長門「………コレ」
キョン「いいんじゃないか、実にクリスマスらしい、サンタクロースの菓子まで乗ってるし」
長門「……」

キョン「すみません、コレください」

店員「はい、畏まりました」

キョン(……5000円か、必要経費だな)

店員「どうぞ、あ、彼女さんが持ちます?」

キョン「え?」

長門「何故」

店員「なんだかそんな気がしたんです」

キョン「持つか長門」

長門「……」コク

店員「はい、メリークリスマス」スッ

長門「……」ガシ

キョン「メリークリスマス」

店員「ありがとうございました。またお越しください」ペコッ

93 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 12:56:26.63 ID:C0OD48sFO

キョン「それは長門が持っていくか?
家だと妹がつまみ食いしかねないからな」

長門「わかった」スタスタスタ

キョン「帰るのか?」

長門「そう」

キョン「そうか、またな」

長門「また」スタスタスタ

キョン(後はクリスマスプレゼントだ、妹の分まで買うと今月は財布の中身が消えるな)

102 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:21:46.12 ID:C0OD48sFO

キョン(さて、デパートにきたわけだがやたらカップルがいるな
さすがクリスマスパワー、売上も上々だろう)

ワイワイがやがや

キョン(うーん……誰になにをやったら喜ぶか、しかし高い物だと全員分は不可能
難しいな…)

「やぁキョンじゃないか」

キョン「…?なんだ佐々木か」

佐々木「なんだとは中々失礼だね」

キョン「ああすまん、なんでここにいるんだ」

佐々木「家族へのプレゼント選びさ、キョンは涼宮さんと一緒じゃないのかい」

キョン「ハルヒ?ハルヒなら今頃朝比奈さんをオモチャにしてるだろうな」

佐々木「そうか、ちょっと以外だったな」

キョン「以外?」

103 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:27:09.77 ID:C0OD48sFO

佐々木「キョンのいる所には必ず涼宮さんアリ、僕の方程式ではそう成り立っていたんだが…
ハズレちゃったようだね」

キョン「ハズレが正解だ。そんなにハルヒと一緒にはいない」

佐々木「なら方程式をあらためておこう」

キョン「それがいい」

佐々木「プレゼントはもう買ったのかい?」

キョン「いや、何を買えばいいかわからなくてな
ちょっと迷ってたところさ、お前ならどんな物を選ぶ?」

106 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:33:49.06 ID:C0OD48sFO

佐々木「友人であれ、恋人であれ、家族であれ
クリスマスにプレゼントを貰えばどんな物でも嬉しいと僕は思うね」

キョン「なるほどな、それじゃテキパキ決めていくか」

佐々木「ここであったのも何かの縁、僕は一つ余計にプレゼントを買うとしよう」

キョン「それは俺にも言ってる気がするな」

佐々木「くっくっ、キョンの好きにするといい
僕はキョンじゃないからね」

キョン「……やれやれ、出費が増えたか」

107 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:41:11.58 ID:C0OD48sFO


キョン「よし、これでいいな」ガサガサ

佐々木「僕も決まったよ、時間はあるかい?」

キョン「ああ、後は寝るだけさ」

佐々木「夕食は済んだみたいだね、ならこの話はなかった事にするかい?」

キョン「なんだ、飯でも食いに行くのか
ケーキを見てたせいか小腹が空いたな、食べるならファーストフードがいいが」

佐々木「それで構わないよ、さすがキョン
付き合いはいいね」


108 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:45:00.46 ID:C0OD48sFO

キョン「経済的にコーラとハンバーガーでいいな」

佐々木「僕も同じ物でお願いするよ」

キョン「いいのか?」

佐々木「実はそれほど空腹じゃないんだ」

キョン「なら何故こんな所に」

佐々木「ちょっと話したい事があってね、まぁ君とここで会ったのは偶然だったが」

キョン「そうか、話ってのはなんだ?
あまり怖い話はやめてくれ」


110 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 15:51:15.72 ID:C0OD48sFO

佐々木「うん、君にとっては嫌な話になるかもしれない
閉鎖空間、この話さ」

キョン「確かに嫌な話ではあるな」

佐々木「だろう?僕もあまりこの手の話は好きじゃない」

キョン「とりあえず話してくれ」

佐々木「そうだね、一言で言うなら
僕の閉鎖空間に異常があったらしいんだ」

キョン「異常?ハルヒにもその異常とやらがあったな、同じものだとは断定できんが」

佐々木「橘さんいわく、異常には違いないけど危険な反応はでないらしい」

キョン「古泉と同じことを言うな、関連性がでてきたか」

111 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[また少し離れます] 投稿日:2008/12/05(金) 15:59:15.03 ID:C0OD48sFO

キョン「なんなんだ、いったい何がおこってるんだ」

佐々木「なんとなくだけど僕にはわかるよ」

キョン「本当か佐々木」

佐々木「うん、今日、今、ようやくわかったよ
その意味が多分だけどね」

キョン「教えてくれ」

佐々木「残念ながら、君が気付くしかないんだ
そうしないとこの閉鎖空間とやらはずっとこのままだね」

キョン「俺が気付く?……」

佐々木「そうだね」

キョン「ヒントは無いのか?」

佐々木「それは野暮ってもんさ
ヒントだすとしたら…」くっくっ

キョン「?」

佐々木「僕の一人称が変わったら…これでは駄目かい?」

キョン「……いや、それでもかまわんさ、いいヒントをもらった気がするからな」

129 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:07:11.75 ID:C0OD48sFO

佐々木「じゃあコレを渡しておいとまするよ」スッ

キョン「ん?花かそれも造花」

佐々木「不満かい?」

キョン「いや、枯れないってのは花として至高だからな
ありがたくもらうさ、そしてこれをやるよ」

佐々木「キョンらしいね、有り難く受け取るよ
でも造花だとしてもいつかは壊れてしまうんだ。それを踏まえてその造花を贈るよ」

キョン「わかった。大切に保管するさ、シャミセンと言う魔の手からな」

佐々木「じゃあねキョン、またいつか会おう」

キョン「ああ、じゃあな佐々木」

131 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:15:17.55 ID:C0OD48sFO

キョン(なんの花だこれは、……名札があるな
何々、シンピジウム?淡い色してるなコイツは)

キョン「冬休みか、……はぁ、息が白いと溜息にさらに磨きがかかるな」

133 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:20:20.75 ID:C0OD48sFO

キョン「ふぁ……あ」ムクッ

キョン(よし、妹にたたき起こされずに起きたな、偉いぞ俺)

ガチャ

妹「あ〜キョン君が起きてる〜」

キョン「なんだその悔しそうな顔は」

妹「えへへ、ご飯だよー」テコテコテコ

キョン(今日は何をするかな、部屋の飾りつけ……まだ気が早いか)

134 名前:>>132よくご存知で[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:23:48.83 ID:C0OD48sFO

キョン「お、佐々木から貰った造花が日にあたって綺麗じゃないか」スタスタスタ

キョン「これで造られた花なんだからな、こりゃ職人に感謝しなきゃならんな」


母「キョン!ご飯もったわよー」

キョン「今行きますよっと」スタスタスタ

135 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:30:50.91 ID:C0OD48sFO

ルルルルル ガチャ

妹「え?あ、古泉君!キョン君?納豆食べてるよ」

グイッ

妹「あーとっちゃだめー」

キョン「なんだよ」

古泉「おはようございます」

キョン「朝っぱらから爽やかな奴だな、なんか用か」

古泉「ええ、今から貴方様の御自宅にお伺いしたいと思いまして」

キョン「はぁ?なんか怪しいな」

古泉「高校生が友達の家に行くのが怪しいと?」

キョン「お前の場合なにかありそうだからな」

古泉「冬休みなんですからいいではありませんか
特別どうという事態にはなっていませんから」

キョン「わかったよ、せめて午後からこい」

古泉「わかりました。ブレスケアを片手に午後から」

キョン「うるさい、歯ぐらいちゃんと磨くっつーの」

136 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:32:41.99 ID:C0OD48sFO

妹「わたしもお話するー」グイッ

キョン「…古泉、電話かわるぞ」スッ

妹「わーい」

キョン「ちゃんと受話器を戻しておくこと」

妹「はーい」

137 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:35:45.26 ID:C0OD48sFO

午後

古泉「お邪魔致します」

キョン「俺の部屋で待ってろ、飲み物ぐらいだしてやる」

古泉「ありがとうございます。あ、これをどうぞ」スッ

キョン「………飲み物ださんぞ」

古泉「ふふ、そう言うと思いましてミントタイプ以外も−−」ガサゴソ

キョン「帰れよ…」

138 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:39:54.24 ID:C0OD48sFO

ガチャ

キョン「コーラしかなかったが我慢しろ」

古泉「どうもすみません」

キョン「で、なにしにきたんだ?」

古泉「まだ疑っているのですか、言ったと思いますがただの青春をですね」

キョン「なんだ、本当になにもないのか」

古泉「そういってるじゃないですか」

キョン「で、俺ん家でなにすんだ」

古泉「ふふ、これで一局」スッ

キョン「結局レトロゲームか、もうおっさんだな」

140 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:46:39.77 ID:C0OD48sFO



キョン「お前……弱すぎるぞ」

古泉「退屈でしょうか?」

キョン「そんな事はないが」

古泉「おや?」

キョン「どうした」

古泉「このシンピジウムの造花…いったいどちらで?」

キョン「ああ、昨日佐々木から貰ったんだ」

古泉「ギリシャ語で舟という意味の「キムベ」、形の「エイドス」という2つの言葉からシンピジウムと名づけられました。花の色が淡いことから、「飾らない心」という花言葉がこの花にはありますね」

キョン「よく知ってるな」

古泉「花言葉には関心がありますからね」

キョン「そうか、また花でも貰ったらお前に聞いてみるとするか」

古泉「ええ、その時はなんなりと」

141 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 19:51:40.77 ID:C0OD48sFO

キョン「お前が俺ん家に一人で、そして意味もなくって事は暇だな?」

古泉「平和で誠に喜ばしいものです」

キョン「なら手伝ってもらうか」

古泉「と、おっしゃると」

キョン「クリスマスの飾りつけだ」

古泉「少々早い気がしますがわかりました」

キョン「ハルヒに怒鳴られながらやりたくないからな」

古泉「僕はそれでもいいんですけどね、SOS団らしい」

キョン「俺が勘弁願いたいね、それと古泉」

古泉「なんでしょう」

キョン「お前も金をだせよ」

古泉「承知いたしました」

144 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 20:26:15.53 ID:C0OD48sFO

ちょっと遠出しなきゃいけなくなったから残ってたら書きます。すみません

数時間後

キョン「あ〜、やっとおわったか」

古泉「いやぁいい仕事をしました。これで完璧にクリスマス仕様になったわけですね」

ガチャ

妹「キョンく……わぁ」

キョン「散らかすなよ」

妹「わかってるよー あ、古泉君こんばんは〜」

古泉「お邪魔してます」ペコ

妹「えへへ、キョン君ここでお菓子食べていい?」

キョン「残念ながらそれは駄目だ」

妹「ちぇ〜」


149 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 22:10:01.38 ID:C0OD48sFO

古泉「そろそろ帰りますか、あまり長くいるのは迷惑でしょうし」

キョン「今日はあれだ、助かったぞ古泉」

古泉「このくらいであればいつでもどうぞ」

キョン「そうか、頼りにしておく」

古泉「では今日はありがとうございました」

キョン「気をつけて帰れよ、事故やらなんやらでお前がクリスマスパーティーに来れなくなったらハルヒがまた何かをやらかすぞ」

古泉「ええ、細心の注意をはらいますよ」

150 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 22:13:22.57 ID:C0OD48sFO

キョン(なんかこの部屋で寝るのは気が引けるな、できるだけ汚さないようにするか)

キョン「よし、風呂でも入ってサッパリするか」スタスタスタ


153 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 22:20:40.37 ID:C0OD48sFO

クリスマスイブ

ハルヒ「あ、それとって」
古泉「畏まりました」
みくる「長門さんそんなに食べて大丈夫なんですか?」
長門「………」モグモグ

キョン「で、なんでイブにパーティーをしてるんだハルヒ」

ハルヒ「いいじゃない、一日くらい早くなっても!それにあたしからのすんばらしいプレゼントがあるんだからね!」

キョン「はぁ…明日はどうすんだ」

ハルヒ「明日はそうね、まあ今日より盛り上がればいいわね」

キョン「やれやれ、これ以上盛り上がったら俺の部屋が破壊されちまう」

ハルヒ「クリスマスなんだから部屋の一つや二つぐらい破壊しても大丈夫よ」

キョン「………俺ん家をなんだと思ってるんだか」

155 名前:>>151まだ家じゃないんだ[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 22:29:06.47 ID:C0OD48sFO

古泉「少しばかりよろしいでしょうか」
キョン「なんだよ」
古泉「あの造花の事ですが、佐々木さんから頂いたと言うのは伏せてください」
キョン「わかった」
古泉「珍しい、そのような返答がいきなりくるとは思いませんでした」
キョン「忠告だろ?ならしたがっておくさ」
古泉「ありがとうございます」


ハルヒ「ほら男子二人!こっち来なさい!有希がみんな食べちゃうわよ」

長門「……」モグモグ

古泉「はい、ただいま」スタスタスタ
キョン「長門、抑えてくわないと喉に詰まるぞ」

長門「平気」

スポーン!!

みくる「あわわわわわわ……シャンパンが……」

キョン「いま拭くものをもってきますから待っててください」

みくる「あう、すみません…」
ハルヒ「ナイスドジよみくるちゃん!ガンガンやりなさい」
キョン「ハルヒ、お前も手伝えよ」

156 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 22:33:49.89 ID:C0OD48sFO

キョン「どうぞ」スッ

みくる「すみません」フキフキ

ハルヒ「そろそろいいわね、みくるちゃん例の計画を実行するわよ!!」

みくる「ふぇ……」

ハルヒ「いいじゃない、調度服が濡れたわけだし」ガシッ
みくる「わっわ……」ズルズル

キョン(すみません朝比奈さん……)

長門「……」モグモグ

キョン「あっ長門!それは俺の肉だぞ」

長門「………」

キョン「……わかったよ、やるからそんな目で俺をみるな」

長門「そう」モグモグ

157 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 22:39:36.90 ID:C0OD48sFO

キョン「そういえば長門、ケーキは?」

長門「今日はクリスマスイブ、クリスマスではない」

キョン「もってきてないのか」

長門「駄目?」

キョン「いや、ハルヒが明日もマジでやりかねんから助かった」

長門「そう」

古泉「そういえば機関から果物をもらったんでした」ガサガサ

キョン「そりゃいい、ハルヒが来る前に食べるか
だが、朝比奈さんの分は隠しとけよ」

古泉「大丈夫ですよ。ちゃんと全員分ありますから」ゴト

キョン「マスクメロン…?」

古泉「メロンはお嫌いで?」

キョン「そんなことはない、ただ驚いただけだ」

158 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 22:48:06.15 ID:C0OD48sFO

バンッ

キョン「!?」

ハルヒ「みんな注目!!」

キョン「いきなり開けるなよ、心臓に悪い」

ハルヒ「そんな弱い心臓なんてこれをみたら止まるわよ!!
さ、みくるちゃんいらっしゃい!」

みくる「恥ずかしいです……」コソコソ

ハルヒ「今日のみくるちゃんはサンタバージョンよ!!
プレゼントだって用意してあるわ!」

キョン(これはハルヒに感謝をするべきだな、朝比奈さんのサンタ姿…しかも露出度が極めて高い
他のサンタじゃこうはいかん、これなら今日死んでもいい)

古泉「かわいらしいですよ朝比奈さん」

みくる「あの……プレゼントは……その」
ハルヒ「みくるちゃんのナイスな胸の中にあります!みんなとっていっていいわよ!」

キョン「そりゃNGだハルヒ!神に冒涜してるようなもんだぞ!」

ハルヒ「内心はプレゼントを受け取りたいんじゃないの?」

162 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール議論中[] 投稿日:2008/12/05(金) 23:01:41.89 ID:C0OD48sFO

キョン「一般人が神に触れることは許されない、わかるなハルヒ」

ハルヒ「なら今ここにいる一般人はあんただけね」

キョン(なにも言い返せん…)

ハルヒ「ほら古泉君、無礼講よ」

みくる「ふぇぇぇ……」

古泉「涼宮さん、一ついいでしょうか?」

ハルヒ「なに?」

古泉「僕が胸の谷間からプレゼントを受け取ったとしましょう
しかしここで問題が発生します。受け取ったのではなくただ取っただけとなってしまうのです」
キョン「あとセクハラな」

古泉「そして僕達男性は女性から手渡しされる事がこの上ない至福の渡されかたなのです。
これでは駄目でしょうか」

ハルヒ「うーん、そこまで熱心に古泉君が言うなら手渡しにしましょ
みくるちゃんが泣くのもなんだし」
キョン「確信犯か」

179 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[寝るまで頑張ります] 投稿日:2008/12/06(土) 01:44:39.42 ID:97fKvxzVO

みくる「はいキョン君」スッ

キョン「ありがとうございます」

ハルヒ「よし、これであたしとみくるちゃんは渡しおわったから次はキョンと古泉君ね」

キョン(長門はいいのか)

古泉「では僕からでよろしいでしょうか」

キョン「ああ好きにしろ」

古泉「わかりました」

180 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 01:54:52.94 ID:97fKvxzVO


ハルヒ「さすが古泉君ね、女性が好みそうなプレゼントだったわ!」

キョン(人面魚が女性の喜ぶ物かよ、それはハルヒが変わってるだけだろ)

ハルヒ「で、キョンあんたは?」

キョン「お前にはマイナスイオンが発生するらしき芳香剤だ
ストレス解消にバッチリなハズだ、ほらよ」スッ

ハルヒ「なによコレ…まあいただいとくわ」

キョン「そして朝比奈さんにはお茶がさらに美味くなるキュウスです」スッ

みくる「不思議な形ですね」

キョン「そして長門には新作のSFの小説だ」スッ

長門「………」

キョン「古泉にはサボテンだ」

古泉「これは良質なサボテンですね」

182 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 02:01:34.92 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「とりあえずあんたにプレゼントの才能が無い事がわかったわ」

キョン「失礼な事をいうな、コレでも一生懸命選んだんだ」

みくる「わたしは大切にしますよ」
古泉「僕も大切にします」
長門「……」

ハルヒ「よく考えたら有希が1番まともなプレゼントね」

長門「………」

キョン「長門、後で感想を聞かせてくれ」

長門「わかった」

古泉「僕は観察日記をつけようと思うので後で是非」

キョン「枯らすなよ」

古泉「ギネスブックにのるくらい長寿にさせてみせますよ」

ハルヒ「あっ!それはいいわね、そうなったらみんなで集まって記念写真よ!」

古泉「大変よろしいかと」

184 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 02:07:15.45 ID:97fKvxzVO

キョン「朝比奈さん、暖房をもう少し効かせましょうか?」

みくる「あ、お願いします…」

ハルヒ「そうだ、酎ハイがあるけど飲む?」

キョン「今日くらいいいか、シャンパンにもアルコールは入ってるしな」

ハルヒ「じゃ、来年のSOS団の発展を祈って乾杯!」

「かんぱーい」

キョン(発展だけかよ)

211 名前:(:_;)[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:26:25.63 ID:97fKvxzVO

深夜

キョン「……」ムクッ

みくる「………ZZ」すやすや
古泉「……ZZ」
長門「………」

キョン「頭がくらくらする……長門、起きてたのか」

長門「睡眠は特に必要としない」

キョン「そうなのか、無理とはいわんが寝たほうが楽だぞ」

長門「そう」

キョン「あれ?ハルヒは?」

長門「でていった」

キョン「なにやってんだか…俺は便所に行ってくる」

長門「そう」

キョン(一応ハルヒを連れてくるか)スタスタスタ

214 名前:こんばんは[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:32:05.75 ID:97fKvxzVO

キョン「うぅ〜寒い…」スタスタスタ

ガチャ

キョン(便所じゃないみたいだな)


バタン

キョン「ふぅ、外か?」スタスタスタ

ガチャ

ハルヒ「………」

キョン(なんて表情してやがる…憂鬱真っ盛りみたいな顔だな
まるで昔のハルヒだ)

ハルヒ「………」

キョン「よう」

ハルヒ「わっ……なによビックリしたじゃない」

キョン「それは悪かった、こんな所で何をしてんだ。風邪ひくぞ」

ハルヒ「そうね、風邪なんてひいたら明日遊べないし」

キョン(やっぱり明日もやんのか)

215 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:39:22.11 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「キョン」

キョン「なんだ」

ハルヒ「あんたって今を楽しいと思ってる?」

キョン「そうだな、これまでいろんな事があった
大半はお前が関係してるがな、人並み…いや、高校生で1番楽しんでるんじゃないか?
過去に一回、心からそう思ったんだ」

ハルヒ「ふーん、気楽でいいわね」

キョン(いや、世界崩壊の危機、ナイフでグサッ、無限ループとなかなかヤバかったんだぞ
まぁお前はそれを知らないんだよな、1番不思議を望み、かつその望みを叶えちまう奴でも)

ハルヒ「私なんて不思議が見つからなくてイライラしてばっかりよ、最近は特に」

216 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:46:42.68 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「私のめのまえに宇宙人、未来人、超能力者…それに異世界人
誰もこないんだもの、失礼しちゃうわよ!こんなに招いてるのに」

キョン「なに言ってんだ、朝比奈さんや長門、それに古泉という団員がいるじゃないか」

ハルヒ「そうなのよね、だから今の私は…あまり望んでないの
私は満足してるのかもしれないわね、でもそれが嫌なのよ」

キョン「なりゃお前がやりたい事をすればいいさ、どうせみんなついてくるんだからな」

ハルヒ「………そうね」

キョン(まさか俺へんな事言ったか?ハルヒらしくない、このハルヒは苦手だな)

218 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:51:52.37 ID:97fKvxzVO


ぽと

ハルヒ「あ、雪」

キョン「降ってきたか、家に戻るぞ」

ハルヒ「そうね、でももう少しここに残るわ」

キョン「風邪ひくぞ」

ハルヒ「なら傘くらい持ってきなさいよバカキョン!」

キョン「バカは余計だ、まあ待ってろ」スタスタスタ


220 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 12:59:32.07 ID:97fKvxzVO

キョン「ほらよ」バサッ

ハルヒ「前に私が言ったこと覚える?」

キョン「なんのだよ」

ハルヒ「恋は一種の病気、一時の気の迷いってやつ」

キョン「そのことか、前も言ってたな」

ハルヒ「なんでそんなものがあるのよね」

キョン「あったっていいだろ、逆に無いほうが不思議だ」

ハルヒ「なければ何も起きないじゃない、つらい思いもしなくて済むし、なによりも楽しいが継続するじゃない」

キョン「ならなんでお前は不思議を追い掛けるんだ?恋とは違うが求めるものは似てるじゃないか」

ハルヒ「…なんでだろうね」

キョン「見たいからじゃないのか?」

223 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:04:56.81 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「見つけたいってのはあるわね、誰も見つけてないものを見つければ嬉しいじゃない
人生得したわってなるし」

キョン「それは全面的に同意できるな」

ハルヒ「私が体験した本当の不思議は一回しかないけどね」

キョン「あるのか」

ハルヒ「あるわよ、悪い?」

キョン「別に、続けてくれ」

225 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:13:28.67 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「初めてあんたを見た時が1番不思議だったわ」

キョン「は?」

ハルヒ「なんてゆーかね、前に話した事がある気がしたのよね
…違うわね、気がしたじゃなくて絶対話した事があるのよ!」

キョン(七夕の時か)

ハルヒ「だからあたしはあんたを選んだのよ!我がSOS団の第一団員として」

キョン「なるほどな、お前にとっては最初の不思議は俺だったわけか」

227 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:20:18.29 ID:97fKvxzVO

キョン「他には昔の思い出やらはないのか」

ハルヒ「後は中学の時のミステリーサークルくらいね」

キョン(……俺か)
キョン「その時は何か感じなかったのか?」

ハルヒ「暗くてよく見えなかったけど女の子を背負った高校生がいたわね
名前はたしか……」

キョン(これは俺が言わないほうがいいだろうな)

ハルヒ「なんだったかしら?
…あ!ジョンよジョン!!ふざけた名前の高校生!!」

キョン(あの時は大まじめだったんだがな)

229 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:31:40.63 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「ま、北高に来たのはジョンの行方を探す目的もあったのよね
当然見つからないってわかってたけど」

キョン「…楽しそうだな」

ハルヒ「え?」

キョン「今話してるお前が楽しそうだと思ったんだ」

ハルヒ「…そうね、楽しいわ切ないけどね
あたしにとっての恋ってのはあの時だったのかもね」

キョン「恋?」

ハルヒ「うっさい!…でも普通の恋とは違う気がしたわね
ま、あたしが恋なんか語るなんてどうかと思うけどね」

キョン「ならしてみればいいだろ?今からでも遅くなんかない」

ハルヒ「……なんかあんたを殴りたくなったわ」

キョン「……それはやめてくれ」

230 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:48:05.20 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「あんたはどうせみくるちゃんにメロメロなんでしょ!
あたしが男でもみくるちゃんを選ぶしね、あ〜寒い、もう家に戻りましょ」スタスタスタ

キョン(……ああ、そういう事か古泉め…ふざけやがって…)

ガシ

ハルヒ「うわっ冷た!なにすんのよ!!」

キョン「多少だがお前の気持ちって奴が理解出来たのかもしれんな
もうポニーテールなんぞどうでもいい」

ハルヒ「なにいってんのあんた」

キョン「まあ聞けハルヒ、俺は世界が壊れるのは嫌だった
それが理想の世界でも俺は拒んだ、ならどうするべきか?
この世界を理想の世界にしちまえばいいじゃねぇかってな」


232 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 13:53:15.65 ID:97fKvxzVO

キョン「でだ、今更ながら気付いた。俺の理想の世界は朝比奈さん、長門、古泉、谷口やらEt cetera
全員が今の状態で、そしてお前がいればいいんだってな」

ハルヒ「………え?」

キョン「俺はお前に恋をしてるって事なんだな
俺は病気でもいいさ、今が楽しいからな」

バチン タタタタタ

キョン「いってぇ!!待てよハルヒ!!ビンタは予想外すぎる」タッ

234 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:00:43.23 ID:97fKvxzVO

ハルヒ「………」

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「無駄だったわね、あたしがずっと考えてたことって」

キョン「……」

ハルヒ「いいんじゃない?キョンにしては頑張ったと思うわよ」

キョン「返事はどうなんだよ、せめてこっちをみてくれ」

ハルヒ「あんたは威厳たっぷりなあたしの背中をみてればいいの!
あたしの返事が聞きたければ明日、プレゼントを持ってきなさい!
今度マイナスイオンなんていったらぶっ飛ばすだけじゃすまないわよ!?」

キョン「……わかった。期待してるんだな」スタスタスタ

ハルヒ「待ちなさいよ、部屋まで連れていきなさい!
団長命令よ!!そのまま後ろに下がる!早く」

キョン「やれやれ…サンタってのはいないもんか」

235 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:03:10.11 ID:97fKvxzVO


キョン「うぐっ」

ハルヒ「さ、歩きなさい」グッ

キョン「捕まってろよ」

ハルヒ「当たり前よ」

キョン(訂正するか、こんなサンタも悪くない)スタスタスタ

236 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:11:52.13 ID:97fKvxzVO

キョンの部屋

古泉「!」ムク

長門「……」

古泉「…長門さん、今僕が感じている違和感はあなたでも感じとる事ができますか?」

長門「涼宮ハルヒの能力の移動」

みくる「ひぇっ」ガバッ

古泉「朝比奈さんどうしました?」

みくる「怖い夢を……え?」

古泉「まさかとは思いますが緊急事態でしょうか」

みくる「…………」

古泉「朝比奈さん?」

みくる「未来が……わたし達の未来が………消えちゃい……ました」

長門「さっき起きた情報爆発が原因」

古泉「…彼に尋ねなければなりませんね」

238 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:16:56.10 ID:97fKvxzVO

ガチャ

キョン「なんだ、みんな起きてたのか」

古泉「涼宮さんは?」

キョン「寝てる、ほっといてやってくれ」

古泉「……緊急事態です」

みくる「わたし達の未来が消え……消えちゃ……」

長門「涼宮ハルヒの力の消失、そしてその力は移動している
詳細は不明、情報統合思念体もエマージェンシーモード」

キョン「……どういう事だ…?」

239 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:21:04.12 ID:97fKvxzVO

キョン「さっきハルヒのとんでもパワーが消えたっていうのか?」

長門「そう」

古泉「涼宮さんに何かあったのですか?」

キョン(……緊急なんだよな、朝比奈さんは号泣してるし…話さなければ駄目だな)

キョン「……実は−−」

240 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:28:49.85 ID:97fKvxzVO

古泉「……すみません」

みくる「…わたしのせいで……」ふらっ

バタッ

キョン「朝比奈さん!!」

「こんばんは」

キョン「あ、朝比奈さん…」

みくる(大)「キョン君、お願いがあります」

キョン「俺に出来ることなら…」

みくる(大)「………」

キョン「どうしたんですか朝比奈さん?」

みくる(大)「ごめんなさいキョン君……過去に……わたしと今日のキョン君が涼宮さんに伝える前に戻ってくれませんか…」

キョン「……ハルヒを諦めろと言うことですね」

241 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:36:41.20 ID:97fKvxzVO

みくる(大)「……はい」

キョン「わかりました…
それと長門、頼みがある」

長門「なに」

キョン「過去を変えても今の俺の記憶を保つことってできるか?」

長門「可能、しかしオススメはしない」

キョン「頼む」

長門「了解した、この時空の貴方の記憶を切り離し固定し変更された現在へダウンロードする」

キョン「すまんな長門、俺のわがままだ…戻った今になったらお礼はする」

長門「………そう」

古泉「無力な僕を殴ってくれませんか」

キョン「ふん、お前の記憶が変わった後で背中を叩いてやるさ」

古泉「………申し訳ありません」

キョン「じゃ、いきましょうか朝比奈さん」

243 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 14:41:00.87 ID:97fKvxzVO

キョン「質問なんですが朝比奈さん、どこの時代から焼き切られてるんですか」

みくる(大)「クリスマス後から全てです」

キョン「そうですか、なら急ぎませんといけないですね」

みくる(大)「はい…」

キョン「まったく…緊急事態だってのに呑気な奴だ」

ハルヒ「……ZZ」すやすや

キョン「じゃあな、ハルヒ」

274 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:07:36.33 ID:97fKvxzVO

みくる(大)「キョン君こちらへ」スタスタスタ
キョン「はい」スタスタスタ

バタン


……
長門「この時間から消失」
古泉「帰ってきた彼になんと声をかければいいか…」

ハルヒ「……キョン」スヤスヤ

古泉「僕は少し外で歩いてきますね」

長門「………」

275 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:12:43.00 ID:97fKvxzVO


みくる(大)「つきましたよキョン君、そろそろわたしは−−いられません−−でも
−世界−−戻り−−今のわたしが−−−来ると−−ます」


キョン「……ん?」ムクッ

キョン「朝比奈…さん?」

ガチャ

過去キョン「……うお!なんだ俺か!?」
キョン「用をたしおわった俺に申し訳ないんだが話がある」
過去キョン「話?」

277 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:17:44.43 ID:97fKvxzVO

キョン「ここなら誰にも見つからないだろう」

過去キョン「で、話ってなんだ?俺が未来から来るくらいだからよほど大変な事がおきたんだろうが」

キョン「ああ、俺の行動…いや、今のお前がする行動で未来が
俺達の未来が消えちまったらしいんだ」

過去キョン「俺の行動で…?詳しく説明してくれ」

キョン「ああ、俺が行った事を全て伝える。そしてその鍵を実行しては駄目だ
たとえ、俺の望みでも、万が一にハルヒの望みでも…だ」

過去キョン「ああ」

キョン「じゃあ説明する…………」

279 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:25:05.81 ID:97fKvxzVO

キョン「と、いうわけだ」

過去キョン「…そうか、お前の言う通りだな
俺は心のどこかでハルヒを待っていたのか、だから古泉やら朝比奈さんはああ言ってたのか」

キョン「俺よりつらいがやってもらわないと困る」

過去キョン「わかってるよ、朝比奈さんが見れない世界なんぞストレスを解消する要素が見当たらん
だがお前にも見ててほしい。もし俺が血迷ったりしたら止めてくれ」

キョン「……わかったが俺が血迷うかもしれんぞ」

過去キョン「そうなったら世界の終わりを一緒に付き合ってもらうぞ」

280 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:29:14.95 ID:97fKvxzVO

過去キョン「じゃあ行くか、世界の選択肢を決めに」

キョン「ああ、俺はBADENDだったからな、お前には期待する」

過去キョン「確証はないがな」スタスタスタ

キョン「違いない」スタスタスタ

ガチャ

キョン(さてと、隠れるか)

過去キョン「よう」

過去ハルヒ「わっ………

283 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:36:58.37 ID:97fKvxzVO




過去ハルヒ「あんたはどうせみくるちゃんにメロメロなんでしょ!
あたしが男でもみくるちゃんを選ぶしね、あ〜寒い、もう家に戻りましょ」スタスタスタ

キョン(……ここか)

ガシ

キョン(うわ…掴むな!ほっとけ!!)

過去ハルヒ「何よ」

過去キョン「見つかるといいな、ジョン・スミス」

過去ハルヒ「……そうね、あたし達の未来にきっとジョン・スミスは待ってるはずだからね」

過去キョン「ああ、きっとまってるだろうよ…
戻るか」

過去ハルヒ「さっ明日も騒ぎまくるわよ!」
過去キョン「日付は今日だが」
過去ハルヒ「うっさい!」

284 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 19:42:57.78 ID:97fKvxzVO

キョン「これでいいんだよな。で、どうすれば帰れんだ」

どさっ

みくる「いたぁい……」

キョン「なるほど……、朝比奈さんお疲れ様です」

みくる「キョン君!………あの…すみません」

キョン「気にしないでくださいよ、こっちの世界のほうがいいんですから」

みくる「キョン君…」

キョン「さ、戻りましょう」

みくる「はい、みんな待ってますよ」

キョン(世界は繋がったみたいだな、さてと…
今日は冷えるな、風邪ひいたなこれは)

289 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 20:03:04.87 ID:97fKvxzVO

クリスマス後日

キョン「ふぁ〜」ムクッ

シャミセン「にゃあ」

キョン「おはようさん、……ん?佐々木からもらった造花ってこんだったか」ヒョイッ

母「キョーン!!ご飯よ〜」

キョン「……名札はカンナ、前からこの花だったか?」

母「こらっはやくなさい」

キョン「わかってるよ」スタスタスタ

290 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 20:13:48.48 ID:97fKvxzVO

キョン(でもなんで世界が消えちまったんだ?
…ハルヒの力が消えてどこかにいったら大丈夫なんじゃないのか?)

プルルル

キョン(謎だ)

母「キョン、佐々木さんから電話よ」

キョン「佐々木?……もしもし」
佐々木「やあキョン」
キョン「前から思ったんだがなぜ携帯じゃないんだ」
佐々木「君がでる確率より自宅のほうが確実だと思ってね」
キョン「で、なんのようだ?」
佐々木「君に伝えたい事があってね」

キョン「俺に?どこにいけばいいんだ」

佐々木「私とあったデパートの駐車場でどうだい?」

キョン「わかった、飯食ったらすぐにいく」

佐々木「くっくっ」

キョン「なにを笑ってるんだよ」

佐々木「いやあ流石キョンだね、じゃあ私は待ってるよ」ガチャ

キョン「……?」

293 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 20:21:16.87 ID:97fKvxzVO

待ち合わせ場所にて

キョン「よう」

佐々木「やあ」

キョン「プレゼントが気に入らないっていうクレームは受け付けないぞ」

佐々木「うん、そんな事じゃないよ
まぁ私の言うことを聞いてほしいだけさ、とりあえずは一人称からだね」

キョン「……?」

佐々木「じゃあ言うよ、私は−−−−−−−−−






295 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 20:32:46.51 ID:97fKvxzVO


……
………

キョン(あの時佐々木はなんていったんだ?
思い出せない…ただ覚えているのはこのハナビシソウとか言う新たな造花をもらった事ぐらいだ
……なんで思い出せない大切な事だったはずだ)

古泉「どうしました難しい顔をしてますが」
キョン「気にしないでくれ」
古泉「涼宮さんがお呼びですよ」
キョン「ああ、わかった」スタスタスタ

ハルヒ「キョン!冬休みが終わったからってだらだらしない!
次の節分大会で−−」

キョン(やれやれ…俺の頑張りはいったいなんだったのか…
まぁこれでいいんだよな、この世界とこのハルヒとSOS団で
それ以上は望まない、だからお前もこうやって暴れられるんだよな。
そんなお前を卒業まで見てるとするか」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         完

297 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 20:35:37.36 ID:97fKvxzVO

その後

ハルヒ「ねえキョン、もうすぐクリスマスね
なんでか少し寂しい感じね。理由はわかんないけど」

キョン「そうだな、俺もお前と同じ気持ちだろうよ」

298 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票[] 投稿日:2008/12/06(土) 20:38:10.10 ID:97fKvxzVO

終わり
世界を消したのは佐々木で
その佐々木からの告白は長門が消したって事にしてほしい

うまくまとめられなかったけどこれで終わりです

あと佐々木の一人称を最後私にしたのはそういう理由って事で間違いでやった訳じゃないんでよろしくお願いします



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あんた、何勃起してるのよ!」