らき☆すたのギャルゲー 高良みゆき編


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・良い子にしてたのにプレゼントを貰えなかった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 18:28:47.12 ID:doz1yg190

僕は今日からこの学校に通うことになった
久しぶりに学校に通うので柄にもなく緊張している

円滑な人間関係は何かと役に立ってくれる
そのためにはまず自己紹介を成功させなければいけない

ドアの前に立つ僕に教室から声が聞こえてくる

?「先生ーコレはフラグ立つんじゃないですかー?」

よくわからない言葉が聞こえてくる
大丈夫か……?

な「ほんなら、入ってきてええでー」

「よし……」

僕は右手をドアにかけた

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 18:32:27.77 ID:doz1yg190

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
       /    |人    \ヽ     ノ|   l
        /    l| ゝ     ヾヽ  ハl     ヽ
       l     l  l  〇    〇l  l |       l
な「よーし、みんな席に着きー、転校生の紹介するで」

こ「転校生だってさ、これはフラグビンビンだねw」

つ「フラグ? 何それ」

み「旗ですか?」

こ「まぁまぁ、気にしないでw」

な「ほんなら、入ってきてええでー」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:34:53.45 ID:doz1yg190

僕が教室に入るのと同時に視線がこちらを一斉に向く
数十の瞳が僕を見つめている
僕は少し緊張しながら声を発した

「どうも、転校生の○○です」
「こちらに来たばかりで右も左も……いや、右と左くらいはわかりますが、他は全然なので色々教えてください」
「どうか、ヨロシクお願いします」

「…………」

う、この間が耐えられない
どういうリアクションが返ってくるのか……

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:39:32.44 ID:doz1yg190

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
こ「ぷっ……確かに右と左くらいは小学生でもわかるねw」

つ「右手がこっちで左手がこっちだよね?」

み「なかなかユニークなことをおっしゃる方なのですね」

クラスのみんなが笑っている
どうやら自己紹介は成功したようだ

な「それじゃあ……高良、お前が面倒みたり」

み「私でしょうか? はい、了解いたしました」

な「ほなら頼むで。 これにてHR終了っと」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:43:30.68 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
み「初めまして、クラス委員長を務めさせて貰っている高良みゆきと申します」

「どうも、○○です。 よろしくお願いします高良さん」

僕はどうやら運が良いらしい
労せずしてこのクラスの中心人物に近づくことができた
この子と仲良くしていれば、他の子ともすぐに友人関係を作ることが可能だろう

み「それでは私の友人を紹介しますね」

ほら来た

み「こちらが泉こなたさん、こちらが柊つかささんです」
み「つかささんにはかがみさんという双子のお姉さんがいらっしゃるので、昼休みにでも紹介しますね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:46:29.86 ID:doz1yg190

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
こ「泉こなただよ、よろしくね」
こ「ところで君はアニメとか漫画とか観る人?」

「……そうだね、結構観るよ」

こ「そかそか、なら良い友達になれるかもねーw」

泉こなたは漫画やアニメが好きな、所謂オタクと呼ばれる人種のようだ
話を合わせるために知識を蓄えておく必要がありそうだな

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:51:12.67 ID:doz1yg190

                 {\   /}
           ,. -‐>_`ニ´_<-.,
           ,..:.´.:.:.:.´´.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.:`:..、
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.;イ∧:.:.:i:.:.:.i:.:.  ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:/ |j ∨:|:.:.:.:!:.:....  '.,
       ,' ...:.:.:.:.:!:.斗‐/ j!   ',:!\‐|-:.:.:.:.:.:ハ
        i.:.:.:.:.:.:.:.|:.:/!/       i!  ヽ!.:.:.:.:.:.:.:.ハ
        |.:.:|.:.:.:.:.:|/ィチ行     iミx∨:.:.:.:i:.::.:!
        |.:.:|:i.:.:.:.:.!{ !、::ノ!    {、::ノj }.∨:.:.|.|、:.!
       |.:.:|:|:.:.:.:.:!弋zソ     弋z'ソ .∧:.:イ:| ヾ
.        |.:.:!:|:.:.:.:.|xwx     '   xwx/ !/l:.l
.      |/|.:|.:.|:.:.!、    r_っ    /<´:.:.i、!
        |イ.:.|:.:.|、> .,__  __,.. イ:./∨:,'
.        ヽj.:.:.| ヽ;r‐|  ̄ |‐ 、/i/  i/
             \l/ i'    `i \
          /   i____j   \
つ「柊つかさだよーよろしくねぇ」

「こちらこそ、よろしくね」

ふむ、なんだかつかみ所がないというか、思考が読み取りづらいな
こういう手合いは苦手だ、うまくごまかしながら付き合うのが得策だな

み「自己紹介が終わったようですね」
み「それでは次は移動教室なので行きましょうか」
み「案内させていただきますね」

「うん、宜しく頼むよ」

僕たちは移動教室へと向かった

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 18:57:28.04 ID:doz1yg190

〜昼休み〜
              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
か「あなたが、転校生さん? 私は柊かがみよ、よろしくね」

「よろしくね、柊さん」

か「柊さんだとつかさと同じでしょ? かがみで良いわよ」

「それじゃあよろしく、かがみさん」

か「よろしくよろしくー」

この子も高良さんと違った意味で委員長タイプだな
でも、こっちの方が気さくなタイプで扱いやすそうだな

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:02:58.78 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
み「○○さん、何か質問等ありますか? わからないことがあったら聞いてくださいね」

「そうだな、今は特にないからみんなの気になってることを教えてよ」

か「だったらさ、こんな話知ってる?」
か「……なんか最近市内で失踪事件が起きてるらしいわよ?」

こ「お、知ってる知ってるそれー、ニュースでやってたよ。 何でも女子高生ばかりが消えてるらしいね」

つ「ふぇぇー怖いねぇ」

こ「つかさは特に気をつけないとねw」

み「……○○さん? どうかしましたか?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:05:58.18 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
「……え? 僕? 別にどうもしてないけど」

み「なんだか、ぼーっとしているようでしたから」

「ごめんごめん、気にしないで」
「――ところでその失踪事件の詳しいことをもう少し教えて欲しいな。 なんだか興味出てきちゃったよ」

か「私たちだって詳しいことはわからないけどさ、なんでもこのところ女子高生が急に姿を消しちゃうんだって」
か「この学校の生徒も何人かいなくなってるって話。 まぁ真偽はわからないけどね」

「犯人の手がかりとかないのかな?」

こ「それが、全くないんだって。 警察も困ってるってニュースで言ってたよ」

「へえ……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:09:20.96 ID:doz1yg190

         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
こ「ま、わたしたちも気をつけないとね」

か「こなたは大丈夫でしょ? 高校生に見えないし」

こ「むきーっ! かがみうるさいよ!」

「ははは……」

報道されている程度の情報しか持っていないか
……まぁまだ全てを語っていると決まったわけではないからな

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:13:55.56 ID:doz1yg190

……ふぅ、そろそろさらうだけってのも飽きてきたな

次はもっとこう、趣向を変えてみようかな
そうだ、やるならもっと話題になるような狂気じみたものがいい
そうだ、それでいこう

この街をもっともっと狂気と恐怖にに染め上げてみよう――

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:18:03.92 ID:doz1yg190

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
か「ちょっと聞いた? 大変よ!」

つ「おねえちゃん? どうしたの?」

か「どうしたもこうしたも、殺人よ殺人! 失踪の次は殺人よ!」

こ「ああー、ニュースでやってたねぇ」

か「そんな人ごとみたいに……」

こ「確かに怖いけど、どうしようもないしねー」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:21:20.31 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
み「殺人……恐ろしいですね、どうしてそんなことができるのでしょうか?」

「さあね、本人にしかわからないと思うよ」

み「すぐに捕まってくれると安心なのですが」

「失踪事件の犯人も捕まえられない警察が頼りになるかな?」

み「無能というわけではないと思います。 きっとすぐに捕まえてくれるはずですよ」

「どうだろうね……」

そう、警察など全くもって役に立たない
あのときだってなんの役にも立ってくれなかったじゃないか――

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:26:18.52 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
み「○○さん、どうかしましたか?」

「……ちょっと昔のことを思い出してたんだ、気にしないで良いよ」

み「そうですか……何だか怒っているような、悲しいようなお顔をされていましたよ」

「うん、昔色々あったからね。 今はこの学校で過ごせてとても楽しいよ」

み「そう言っていただけるとこちらも嬉しいです」
み「これからも、ずっとこうやって楽しく過ごせたらいいですね」

「そうだね……」

どうだろう? もしかしたらこの幸せは仮初のものかもしれないよ? みゆきさん……

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:26:57.19 ID:doz1yg190

「今日のデッサンは男女ペアで行います」
「適当にペアを組んでくださーい」

美術の時間、デッサンを行うようだ
さて、誰とペアを組もうか?

1.みゆき
2.こなた
3.つかさ

>>27

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:30:55.18 ID:BjNzgq9D0

1

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:34:17.77 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
「高良さん、ペア組んでくれないかな? 僕知ってる人あんまりいないし……」

み「ええ、かまいませんよ」

何だかクラスの男子の視線が冷たくなった気がするがここは仕方あるまいて

み「それじゃあわたしからデッサンしますね」

「うん、ポーズはどうする?」

み「普通にこちらを向いてくださるだけでいいですよ」

「了解っと」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:37:39.50 ID:doz1yg190

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
「あのー、高良さん」

み「はい、何でしょうか? あとわたしのことはみゆきで結構ですよ」

「じゃあみゆきさん、暇だから何か話さない?」

み「デッサンの片手間でよろしいのでしたら」

「うん、全然構わないよ」

み「それでしたら、何をお話ししましょうか?」

「えっと、それじゃあ……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:43:24.36 ID:doz1yg190

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
み「事件の犯人、ですか」

「そそ、みゆきさんはどう思う? みゆきさんは頭が良いから是非その考えを聞かせて欲しいな」

み「そうですね、わたしの考えなんて大したことは無いでしょうが……」
み「わたしは、失踪事件の犯人と、殺人事件の犯人は同一人物だと思います」

「それは何故?」

み「ちょっとした想像ですよ、人をさらうような人間が、ただそれだけで満足するとは思えませんから」
み「今までさらってから殺害していたのが、今回は直接殺害するという手段に出たのではないかと」
み「その理由までは流石にわかりませんが……」

「僕も同意見だな。 確かに人をさらう奴がそれだけで満足はしなさそうだよね」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:46:28.37 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
み「完成しましたー」

「どれどれ……これは、うまいな……」

み「いえいえ、そんなに大した物では」

みゆきさんの絵は謙遜するとイヤミに聞こえるほどうまかった
これは僕のハードルが上がったな

み「次は私がモデルですね。 どのようなポーズをとればよろしいでしょうか」

「うーん、それじゃあ」

>>40のポーズ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 19:50:20.52 ID:lXEiIfB90

M字開脚

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:53:43.95 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
み「えっと、このような感じでよろしいのでしょうか?」

うおっ、まさか本当にやってくれるとか思わなかった
み、みゆきさんのフトモモがッ……タマラン!

み「あのー、デッサンは……」

いや、こんなのデッサンしたら先生に呼び出しくらいそうだ
それになにより、僕の精神が崩壊するッ!

「……ごめん、やっぱり素立ちでいいよ」

み「? わかりました」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:57:18.93 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
「一応完成……」

み「見せて貰っても良いですか?」

「いいよ、はい」

み「……凄いです。 わたし本人より、何倍も綺麗です」
み「これは最早わたしじゃないですよ」

「いやいや、そこまで言われると恐縮だな」

み「こんなに綺麗に描いてくださってありがとうございます」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 19:59:59.32 ID:doz1yg190

         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
こ「二人とも絵うまいねー」

つ「ホントだー、すごーい」

「二人のも見せてよ」

つ「いーよ、はい」

こ「ほれ」

つかささんのは……特徴をよく捉えてるな
アホ毛がとてものびのびと描かれている
こなたさんのは………・ノーコメントとしておこう

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:02:34.13 ID:doz1yg190

            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
              | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
              |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
              |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                   ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
か「ねね、私たちで調べてみない?」

こ「何をー?」

か「事件に決まってるじゃないの」

つ「えぇー、お姉ちゃん危ないよぅ」

み「そういうのは素人がやるべきではないのでは?」

か「だって気になるじゃない! それに安心して暮らすためには早いとこ犯人を捜し出さないと」

「……おもしろうそうだね、僕はやってみたいかな」

か「お? 中々わかってるじゃない、君」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:06:25.14 ID:doz1yg190

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
こ「確かにおもしろそうだけどさー。 アニメ観る時間をロスしたくないなー」

か「そんな理由かよ! 放課後ちょこっとでいいからあんたも協力しなさいよ」
か「あ、つかさは強制参加だから」

つ「ふええぇー! そんなの聞いてないよぅ!」

か「みゆきはどうする?」

み「わたしは……」

「みゆきさん、みゆきさんが一緒にいてくれたら心強いよ」
「きっとみゆきさんの頭脳が必要な時が来るよ、だから僕たちと一緒にやってみようよ」

み「……あまり賛成できないのですが、協力を拒むわけにはいきませんね」
み「微力ながら協力させていただきます」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:10:37.48 ID:doz1yg190

        ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
こ「それで? 具体的にはどうするのさ」

か「放課後事件現場見に行ったり、いろんな人に聞き込みしたりとか」

つ「なんだか、刑事さんみたいだねぇ」

み「ですが、聞き込みするには人手が足りないのでは?」

「確かに5人じゃ少ないな」

こ「それじゃあゆーちゃんたちも誘ってみようか」

か「じゃあわたしは峰岸と日下部引っ張ってくるから」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:14:25.87 ID:doz1yg190

             , :<´ ̄ ̄ ̄ : >^\    _
             /: : : : : : : : : : /: : : : : `ー' : i-、
       f´ ̄ ̄ ̄:}'⌒ : : : : : /: : : : : : : : : : : :│:ヘ__
      |: : : : : : : :| : : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : l: : :', ヽ
      |: : : : : : : :| : : : : : /: : : : : : : : : / / : : : :} : : :l: :ヘ
      | i: : : : : : :|ー―: :/: : : :/ : : : : / /{: : : : .′ : | : : :.
      | |: : : : : : :lミヽ、/: : : :/ : : : :./ / }: : : /: : : :.| : : ハ
      | |: : : : |: : | : ∨: : : :/ : : :/j:/  i : : ∧ : : : | : : : i
      | |: : : : |: : | : .′: : /: : /,x≦{  | : / │ : : :| : : j |
        j: }: : : : l: : |r┤: : :/ : : ,イ{_ノ::}   | /心イ : : :.l : :∧|
.     /:八: : : :h: :| r{: : :/: :/〈{ { : W   j/ん/:} : : : l/ }}
     /: ′ヘ : : |ヘ |ヽ|: :/:W }  ゞ-'    ム/: :|: : /   j′
         \:{ ヾ、W{: : : :|    __   }: : j/ |
          >ー―f^:ヘ : : :| 、  _ ,   イ | : :/}: }
           /⌒\ `  ヽ、:{    l>、 }: /j/ ,j/
         {     \   >く^ヽ }/^∨
         |      ヽ /`ヽ、\Υ/⌒ヽ
ゆ「うぅー、お姉ちゃん危ないよー、やめようよー……」

こ「だいじょぶだいじょぶ、いざとなったらそこのお兄さんが盾になってくれるよ」

「え、僕!?」

こ「男の子なんだからか弱い女の子を守らないとねぇ」

僕はこなたさんの従姉妹だという、小早川さんに目をやる
……小動物のように震えている
これは、確かに守ってあげたくなってしまう……

「ふぅ、わかった、精一杯守護させていただきますよ、お姫様方」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:17:07.52 ID:doz1yg190

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く
.       /,/|l   丁 ∧ ∧ |  l|∧ \
み「私もいる、安心してゆたか」

ゆ「みなみちゃん……ありがとう」

小早川さんの友人である岩崎さん
クールな印象を受けるが、友達想いの優しい子だそうだ

「岩崎さんも危なくなったら僕が盾になるから安心しなよ」

み「……ありがとうございます、先輩」

……照れているのだろうか?

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:19:58.71 ID:doz1yg190

          __,..-.‐──‐-.、_              __,.-‐─‐-.、_
        ,ィ´,-‐==ニ二ニ==i `ヽ、          ,ィ´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:`ヽ、
       /〈" 、ヽ、   ,〃,,_|   i: ハ       /:.:.:/..:.::./:.:.:.::.i:.:.:.:.::..i:.::ヘ
     |i  ::f´゛_ |~`´~|__ "|   |  |       /.:./:.:/.:.:::メ|、|:.:.:::|.:|;イ:.:.|:.:.:.λ
     |i :.:.| '´ !    ! `| :. |  |    /,イ´:./|.:.::/ リ|:.:.:.|´リヽ、:.|:.:.i::.:ヘ
     |i |:..|  _、    ,__ | :: |  |     '"j:.:/.::|.:./ __ ヽ::;{ ,__ `|:.:.:|:.:.:.:\
     j i |:.:j '´~`    '´~`|.:.i |):: |      |:/.:..:|.:ハ `"´ ` `~"´ |:.:.:|):.:{ ̄
      | | .|:.:{、   '__,   ,|:.:| |:.:. {     /7:.:/;:.::l、   '__,   , /:.:./.:.:λ
      | :い、:;;`>‐--‐<´j::|. |:.:.: |  〈^^^,jλ_j_::::W`>‐-‐<´/:.:/V´ ̄
      } ::ヽ ヽ、  |⌒./   ,|;リ./:.:.:: |  T γ ,‐':;/,ィ´  |⌒ /  j:;/ァ‐、
     j :.:.:∧`ヽゝ| /   |,,/ヘ;:.:..: |   `}  |´〈´\    | /  /  `ヽ、
     | :.::{  \  |,/ /ノ  ,}:.::.: |   |  |/ミ、 j \  |,/ /  ,/   ,〉
      |.:.:〈   }_\,,/__〈´  ,,〉:.::. |    |  jヽ、_`,|   \,,/_    |三三}
      |:.:.::::{三{_,,><__,,{三三}:.:..:.: |    ヽ_,,/~"| /´∧  `\  | |  |
    j:.:.:.:.:λ ヽ.} |  / / |:.:.:.:.:.:. |        j ヽ、/∧ヽ\,ノ  | |  |
     {.:::.:.:.:.:jヘ ヽ_|_ ./ /_|:.:.:.:..:.: |          |__,/ .|_| 〉____| |  |
    |:..i:.:.:..:7~ヽ ヽ/ / i λ:.:..:..:i: |        j i i∨ :∨  i λ |  |
     |:.:|.:.:..:j i ヽ,/ /  |  |:.:..:.:.|: |         | | :|   :|  |  ハ |  |、_
    レ'|: :.::| |   (  》   |  |:..:./|,ノ        | :| :|   :|  |   ヘ〈 っ ,>
み「あたしらも忘れんなよー」

か「ん、ああ、すっかり忘れてたわ」

こ「みさきちがあんまり背景に馴染んじゃうからいけないんだぞ?」

み「うっせーチビ、お前は背景にすら写らねーよ。 ミニマム過ぎてNA!」

こ「なにをう!?」

全く騒がしい集団だ、こんなのでまともに捜査できるのだろうか。 不安だ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:24:35.25 ID:doz1yg190

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
か「さて、まずどうしようかしら」

み「皆さん一緒に同じところを回っても効率が悪いと思うので、役割分担をしてはいかがでしょうか?」

か「そーね、じゃあ私とつかさ、峰岸と日下部は聞き込み、こなた、みゆき、ゆたかちゃんたちは現場検証にしましょうか」

み「えーあたしも現場行きたいぞ」

か「あんたは黙ってなさい! ○○君はどうする? どっちでも好きな方に行っていいわよ」

>>70どっちか

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:29:39.16 ID:rNEQzATs0

現場検証

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:32:53.19 ID:doz1yg190

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
「僕は現場を見てみたいかな」

か「じゃあ現場組ってことで」

か「集合は2時間後ってことで、それじゃスタート!」

いよいよ捜査が始まった
正直ガキのごっこ遊び程度だとは思うが、真相は思いも寄らないところから明らかになることもある
僕は期待を1%だけ持つことにした

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:36:13.63 ID:doz1yg190

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
み「着きましたね……」

ここが、殺人事件のあった現場だ
警察の捜査も終わったようで、現場には花束やお菓子、ジュースなどが供えられていた

ゆ「ここで人が……」

み「ゆたか、大丈夫?」

こ「いやー、実際来てみると中々雰囲気あるねぇ……」

殺人現場の独特の雰囲気というのだろうか
いつも飄々としているこなたさんまで、その雰囲気に呑まれているようだ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:41:57.08 ID:doz1yg190

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
み「さて、どうしましょうか?」

「うーん、警察も調べ終わったみたいだしなー。 何か手がかりが無いか調べてみる?」

こ「じゃあ、その辺見て回ろっか」

各々付近の探索を始める
僕も地面などを細かく見てみるが、とくにめぼしい物はみつからない
まあ、警察が調べた後に、そんなものが残っている方がよろしくないのだが……

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:47:06.53 ID:doz1yg190

                  -−-
            _.  ' ´        ` 、
           / /            \
         / //             ` ー-
.        //ィ'   ./ __ _,./  | |
        ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
       '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.        / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
       //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.       ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
         | ヽ|   |     '    ん /|  / |
         | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
         | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
         | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
        '. ハ.   |/   / /  , <   !
   ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
   /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
    }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )
こ「うーん、やっぱり何も見つからないねぇ」

岩「……こちらにも何もないです」

ゆ「何もないよー?」

みんなも特に何も見つけられていないようだ
やはり、手がかりなんて簡単に見つかるようなものじゃないか……

み「これ、何でしょうか?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:51:50.74 ID:doz1yg190

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
「どうしたの? 何か見つけた?」

み「はい、ここなんですが……」

「ん?どれどれ……」

みゆきさんの指さすところを見ると
血の痕だろうか? 何か書かれているようにも見える……

こ「何だろうね、これ?」

み「文字でしょうか……?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:55:26.90 ID:doz1yg190

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く
.       /,/|l   丁 ∧ ∧ |  l|∧ \
岩「……ヅ、工、三、二?」

ゆ「うーん、確かに言われてみるとそんな風にも見えるかな?」

み「でも、一体どういう意味でしょうか?」

こ「うーん、理解不能だねぇ」

「ヅ、工、三、二? 確かに訳がわからないな」

もしかしたらダイイングメッセージだろうか?
しかしまったく理解できない……

み「そろそろ時間ですね、いったん戻りましょうか」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 20:59:21.68 ID:doz1yg190

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
か「どう? 何か見つかった?」

こ「うーん、あったことにはあったんだけど……」

僕たちは、さっき見つけたダイイングメッセージのようなもののことを話した

日「うおーっ! それってう゛ぁダイイングメッセージってやつか!? やっぱりあたしも行けばよかったぜー!」

峰「みさちゃん落ち着いて」

か「うーん、それについては後で考えましょ」
か「とりあえずこっちでわかったことも話すわ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:05:52.67 ID:doz1yg190

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
か「殺された女生徒ってのがなんと、私たちの学校の生徒らしいわ」
か「しかも、私たちと同じ学年なんだって」

こ「うわっ、かがみんそれマジ?」

か「うん、なんでもまだ身元がハッキリしてないそうだから、報道されてないんだって」
か「でも、ウチの学年に、事件の後からぱったりと学校に来なくなった子がいるのよ」
か「なんでも、殺されたのはその子なんじゃないかって」

み「まだ、噂のレベルということですね」

か「でも、親が警察官って子から聞いたから、信憑性高いと思わない?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:11:50.49 ID:doz1yg190

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
こ「でも、そういう捜査情報って家族にも話さないんじゃないのー?」

か「うっ、それを言われると……」

日「まぁこっちも確かな情報は無しってことだNA」

「でも、初日はこんなもんでいいんじゃないかな? いきなり犯人はわかったら警察は苦労しないよ」

つ「そだよね、○○君のいうとおりだよ」

み「とりあえず今日は遅いので、解散ということにしませんか?」

か「そうね、そうしましょうか」

こうして初日の捜査は終りを告げるのであった
しかし、”ヅ、工、三、二”とはなんのことだろうか?それに殺された子が同じ学年だというのは本当だろうか?
まだまだわからないことだらけだ――

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:18:18.55 ID:doz1yg190

〜翌日〜
             _  |   \       `\
               / `く|∧         \}  ヽ
           _/   !ヘ仏. \ー、\     \ ハ
            /   | ト'"""\ \ヽ、\/    \j
          //,′  | |__, ヽ } ヽ'´\     \\
       〃  |    | |      V    ⊂⊃ 、  :|_, 〉、\
           |    | 小 ⊂⊃////ハ  |\| Y   ̄
           | ハ ∨レヘ ハ      ,--、U  | l ヾノ_
           ∨ハ.   | j ∪  /⌒′ ^  , | | ̄.:.:.:.:)
                ',   l人 _______ , イ.:.:| |.:.:.:.:.:./
                ヽ  |ヽ∨.:.:.:.:.: |ヘ|__/ \V⌒`<
                \|くV.:.:x─〈  }-ヘ  /   /`ヽ
                  ∨    ヽ∧ /V /⌒{  |\
                  |      {⌒}  (/`Y⌒ヽ∨ \
な「えー、今日はお前らに悲しいお知らせがある」
な「もう、今朝のニュースで知っとるやつもおるかもしれんが、ウチの生徒が亡くなった」
な「これから全校集会やから、体育館に集合するように」

こ「かがみの言ってたことってマジだったんだ……」

そう、昨日かがみさんが集めてきた情報はどうやら本当だったようなのだ
殺害された身元不明の死体は、この学校の生徒に間違いなかった

み「私たちも気をつけなければいけませんね……」

学校全体を暗い空気が包んでいた――

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:22:38.45 ID:doz1yg190

〜昼休み〜
             /_: :/    /: : //: / |V: :|ヽ : : : : ', : : : : : ヽ
           ////:   : :/ : :/ ,|:/   | ∨| V: : : : | : : : : : : ',
    C     ′ //: : : : : :_| 斗  |{  │ |.:|\∨ : : |: : : : : : : |
 c   C      //: :,ィ: : : : :| / __」    | }/ __ `',ー: :|: : : : : : : |
  c     C    .': |: / |: : : :/{/,イ元x     イ旡x、: :|: : : : :|: :│
  c        |: {/ /|: : :∧ /rイ::ハ      frイ::: ヘ :|: : : : :|: :│
              |: : /:│: / ム{ |:トーイ|       |:トー'∨}〉: : : : .′ ′
              |: /  W{: f ハ ヾxン  .     ヾxン  |: :,': :/ : :.′
              X   |ヘ|: ヘ :}.:.:.:.         .:.:.u:./ /: /: : /
                  ',:.{ : : 小、:.:   {⌒)    :.:.:.:.イ:/:/^}: /
                  ',ハ: : :|: { {≧ 、.. ___ ..   < // :{  l/
               ∨ : :|: | ヽ;≦}    {ヘ:∧:j/|: :| /__
つ「お姉ちゃーん、もう危ないからやめようよー」

こ「確かにこれはシャレにならんからね、もしかしたらわたしたちが標的にされちゃうかも」

み「こなたさんの言う通りかもしれません、これ以上は危険なのでは?」

か「なによーみんな弱気ねぇ、いよいよこれからって時でしょうに」
か「○○君もようやく、やる気が出てきたところよね」

「僕? 僕は――」

1.こうなったら真犯人を突き止めてやる
2.危ないからもう止めた方が良い

>>110

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:26:46.85 ID:Lv/uO2C60

1

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:32:35.04 ID:doz1yg190

                   --‐- ............../.............................. _
             _ zZ ̄::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`...、
              ̄ ̄ ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\
               /::::::::::::::::::/::::,イ::::ハ\:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::\__ _
              /::/:::::::::::::/:::::::/│::l |l  ヽ::::|\::::::::::::::::::::::',ーニ}ノ~ヽ、 ̄ ‐-、
            /:://:::::::::::::/:: ̄/ヽ !::| |!  \-──--、:::::::::',::::│   \   冫
              / / /::::::::::::::::l|::::::/   l::| |l     ヽ::::::| 、:::::::::::::::::}::::j      \イ
           〃  /::::::::::::::::::::|::::/__  レ  |!     __\j__\::::::::::::レ'::!       //
             |::::::::::::::::::::小テ乏ミz、  リ  彡赱示〒ミヾ::::::::|::::|   /丁 /
             |:::::::∧::::ハ !i {::::::::::lf      ]|:::::::::::::}7 \::::::!::::!  /::::::::ト、/
             |:::::イ::::∨::::', { Vひyj!       Vひyjソ  |l ヽ::|::::レ´::!:::::::!
             |::/ W:::::::::::八 `ー'"        `ー‐'"  リ7W:::::::/:::|:::::::|
             レ  |::::∧::::|::::!ゝ      `    ,           ∨:/:::/:::,-、i
                  ∨ |::::|::八       ` 一'       , 个ー'"::::::::r‐'⌒  |!
                     l:::::::::〃> . _       r<´ ノ::::丿::::r‐'      lL__
                 丿::::::/ |:::::::::::::::_T ー ニ-┴─'":::::/ ̄|       _`)
              _ //::/  |:::::::::::/ / ̄:::::::::::/::::/`y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]\
か「それでこそよ!」
か「ほら、あんた達はどうすんのよ?」

こ「しょーがないなー、かがみを放っておくと何しでかすかわかんないからね」

つ「みんながやるならわたしも……」

か「みゆきはどうするの?」

み「……わたしも、続けます」
み「一度乗りかかった船ですし、やっぱり真相も気にならないと言えばウソですし」

か「それじゃ、これからも頑張りましょ!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:37:05.59 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
「みゆきさん、本当にいいの?」
「本当はやりたくないんじゃ……」

み「危険なことをするのは良くないと思います」
み「でも、友人のすることには力を貸してあげたいとも思うんです」
み「友達ってそういうものですよね?」

「みゆきさん……そうだね、友達はそういうものだよ」
「みゆきさんの友達は幸せ者だね」

み「○○さんも……大切な友人ですよ」

みゆきさんの考えに僕は心が温かくなるのを感じた
今時、友達とはいえ、他人にこんなに優しくできる人がいるなんて思わなかった

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:42:30.70 ID:doz1yg190

〜放課後〜
               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
               {:∧{ / :{__ / //ヽ、
             ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
日「今日はどーすんだー」

か「今日は聞き込み班とDM解読班に分かれましょ」

か「DMの解読は二人くらいで良いわね、あまり多人数やっても意味なさそうだし」
か「そうね、みゆきと○○君で良いんじゃないの?」

「み、みゆきさんと二人っきりで作業するの?」

か「そうよ、不服?」

1.滅相もない、全力でやるよ
2.外で体を動かしたい気分なんだ

>>125

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:47:12.07 ID:Lv/uO2C60



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:49:33.67 ID:doz1yg190

         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
か「そう? なら頑張ってね」
か「みゆき、後はよろしくね」

そうして、かがみさんご一行は聞き込み行ってしまった

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:51:27.14 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',

一方、僕は教室でみゆきさんと二人っきりだ

み「……」

「……」

なんだか緊張してうまく喋ることが出来ない
そもそも、何故こんなに緊張しているのだろうか?

とにかく話題を振らないと――

>>135の話題

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:53:25.73 ID:Phy9ZjtZ0

おっぱいを褒める

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 21:58:25.75 ID:doz1yg190

           __,.-‐──--、,ィヽ、ヘ、
           ,ィ´, .∧  ,      |  `ヽ、
          /  / (__;) ./  ,i  ; |  i::  |
       /  i/ ,  γ/⌒/|  i ,ト、 |:.:. {
         |   j /   / /、 |  i/ヽ リ:.:.  |
        |   {/ ,::' ,ィf:弍  |/fテマ∨: : :. λ
       }  /,イ´:: λ 込リ  }-{ {:hリ ハ:: : .: ∧
       | '" `∨、{` ‐-‐ '.::::..`‐-〈:': : :. :   〉
         | ,/ :.:. : :{.:`ヽ、  rっ  ,イ::|:/〉:人/
       jノ :. :. : : 人;.: ::`マ‐-‐,,´ァ ,|::..ト、 '"
     / :.:.:.:. ;:;f´  ,`ヽ、.`ヽ-、,-' | /., |

「そ、それにしても立派な胸だね、肩凝らない?」

み「……え?」

うわあぁぁぁっっ!
僕は一体何を口走っているんだ!
いくら緊張しているからって、こんなこと言い出すってどういうことだよ!
更に気まずくなっちゃうだろうがー!

み「あ、その、肩は結構凝ったりしますね、はい……」

「え、あ、やっぱり? はは……」

素直に答えちゃうのかよ!
それはそれでリアクションに困っちゃうよ!

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:02:34.42 ID:doz1yg190

           __,.-‐──--、,ィヽ、ヘ、
           ,ィ´, .∧  ,      |  `ヽ、
          /  / (__;) ./  ,i  ; |  i::  |
       /  i/ ,  γ/⌒/|  i ,ト、 |:.:. {
         |   j /   / /、 |  i/ヽ リ:.:.  |
        |   {/ ,::' ,ィf:弍  |/fテマ∨: : :. λ
       }  /,イ´:: λ 込リ  }-{ {:hリ ハ:: : .: ∧
       | '" `∨、{` ‐-‐ '.::::..`‐-〈:': : :. :   〉
         | ,/ :.:. : :{.:`ヽ、  rっ  ,イ::|:/〉:人/
       jノ :. :. : : 人;.: ::`マ‐-‐,,´ァ ,|::..ト、 '"
     / :.:.:.:. ;:;f´  ,`ヽ、.`ヽ-、,-' | /., |

み「……」

「……」

再び無言になる僕たち
僕は気分を落ち着けるためにDMに目を落とす
……ヅ、工、三、二
一体どういう意味なのだろうか……

み「皆目検討もつきませんね……」

「そうだね……」

み「そもそも、これは日本語なのでしょうか?」

「別の国の言葉って可能性も内とは言えないね」

DM解読に集中し出した僕らは、さきほどの空気を感じさせないほど、スムーズに話せるようになっていた

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:07:08.53 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
み「ふと思ったのですが、これは本当に”ヅ、工、三、二”と書かれているのでしょうか?」

「どういうことかな?」

み「今、正に命を落とそうとしているときに、はたして一字一句、正確に綺麗な文字を書けるでしょうか?」

「たしかに、手がぶれちゃってるとかありそうだね」

み「そう考えると、これは”ヅ”ではなく別の文字なのではないでしょうか?」

「そういう風に考えるのもいいかもしれない」

ようやく、糸口が見えたかもしれないときに下校の鐘がなってしまった

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:09:48.43 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
み「どうやら、今日はここまでのようです」
み「そろそろ返りましょうか。 かがみさんたちも戻ってこないようですし」

「そうだね……」

みゆきさんの言葉に、僕は何故か軽いショックを覚えていた
一体どうしたというのだろうか

み「途中まで一緒に返りましょうか?」

「え、あ、そうしようか!」

さきほどまでの感情はどこへやら、僕は無性に嬉しくなっていた

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:15:05.98 ID:doz1yg190

〜帰り道〜
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

み「それにしても怖いですね、人殺しがこの街にいるなんて」

「そうだね、怖いし、僕は怒りも感じるよ」

み「何故ですか?」

「だってさ、失踪した子の家族は心配でしょうがないだろ? 殺されてしまった子の家族なんてそれ以上だ」
「昨日までは何事もなく平穏な暮らしをしていた、それをいきなり壊されたら、壊された方はたまったものじゃない」
「……僕は、絶対に犯人を許さないよ。 必ず捕まえてみせる――!」

み「……○○さんは立派ですね、将来は警察官でしょうか?」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:19:08.15 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

「はは、僕はそんな立派な人間なんかじゃないよ」

そう、立派なんかじゃない
今だって義憤ではなく、私怨で動いている――

み「○○さんが頑張るのなら、私も全力で頑張らせていただきます」
み「一緒にがんばりましょうね」

「みゆきさん……」

僕はみゆきさんの言葉に、胸の鼓動が早くなり、体が熱くなるのを感じた
一体どうしたというのか。 風邪でも引いたかな?

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:20:20.70 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

み「それではまた、明日学校でお会いしましょう」

「あのっ! みゆきさん」

み「はい? どうかしましたか」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:22:51.84 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

「よ、よかったら連絡先教えてくれないかな?」
「ほ、ほら、捜査とかでわかったことがあったら、逐一報告できるしさ!」

僕は、どうしてこんなに緊張してどもっているのだろうか
たかだか女性の連絡先を聞くだけだというのに

み「くすっ……構いませんよ」

「あっ、そ、それじゃあ……」

僕たちは連絡先を交換し合った

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:24:45.86 ID:doz1yg190

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

み「それでは、何かあったら連絡してくださいね」
み「では、さようならです」

何とかみゆきさんの連絡先を聞くことに成功した
今日の夜早速メールでもしてみようか……

>>160
送るメールの内容

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:28:29.46 ID:O6Gdyj+G0

おっぱい見せろカス
犯すぞ

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:32:27.91 ID:doz1yg190

件名:おっぱい見せろカス
本文:犯すぞ

……え? これを送るのか?
正気か僕? だがどうしてもコレを送らなくてはいけない衝動にかられている

――ええい、ままよ!

僕は思いきって送信のボタンを押した

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:34:47.64 ID:doz1yg190

数分後、返信が来た

件名:どういうことでしょうか?
本文:いたずらにしては悪質ではないでしょうか?
    ハッキリ言ってショックです
    それとも、これは間違えてわたしに送ったものなのでしょうか?

どう返信したら良いんだろうか……

>>180で返信

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/15(土) 22:36:47.37 ID:4POUq85k0

ごめん、かがみさんへのメールと間違えちゃったよ

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:40:30.28 ID:doz1yg190

件名:ごめん
本文:かがみさんへのメールと間違えちゃったよ

これでいいのか? 更なる誤解を与えてしまう気がする……
だが、僕はコレを送らなければいけない

shouldではなくmustなのだッ!

僕は送信ボタンを押した

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:44:33.30 ID:doz1yg190

数分後返信が来た

件名:無し
本文:……間違って送ったのはわかりましたが
    これをかがみさんに送ってどうするつもりだったのでしょうか?
    ○○さんはかがみさんをそういう風に見ているのでしょうか
    だとしたら最低だと思います

やばい、どんどんみゆきさんを怒らせている
何とかしないと……

>>190で返信

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:46:40.43 ID:9ZYfWpT70

今のは双子の△△が送ったイタズラなんだ

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:50:40.43 ID:doz1yg190

件名:実は
本文:今のは双子の△△が送ったイタズラなんだ

これでごまかせるのか?
とりあえず送信だ…………

数分後返信

件名:無題
本文:ふぅ、いたずらなのはわかりました
    でも架空の弟さんをだしに使うのはよろしくないですよ?
    きちんと反省して、もうこんなメールを送らないようにしてくださいね


よかった、寛大なみゆきさんに全力で感謝しないと……
次送るときはもっとマシな内容を考えておかないとな


………

……



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 22:58:02.27 ID:doz1yg190

〜翌日〜

「そ、そんな馬鹿な……」

僕は朝のニュースをみて驚愕した
画面には信じられない内容が報道されていた


「峰岸さんが、殺されただって?」

画面では殺害現場の様子や、殺害方法について言及されているが
その内容はとてもおぞましいものだった

首を切断され、切断した首から上は峰岸さん本人の両手に抱えられるようにして
横たわる体の上に乗せられていたというのだ


「酷い、酷すぎる……」

高々知り合って間もない人だったとはいえ友人には変わりなかった
それを、それを――

「やはり、お前だけは許すことはできない……」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:04:15.87 ID:doz1yg190

             _  |   \       `\
               / `く|∧         \}  ヽ
           _/   !ヘ仏. \ー、\     \ ハ
            /   | ト'"""\ \ヽ、\/    \j
          //,′  | |__, ヽ } ヽ'´\     \\
       〃  |    | |      V    ⊂⊃ 、  :|_, 〉、\
           |    | 小 ⊂⊃////ハ  |\| Y   ̄
           | ハ ∨レヘ ハ      ,--、U  | l ヾノ_
           ∨ハ.   | j ∪  /⌒′ ^  , | | ̄.:.:.:.:)
                ',   l人 _______ , イ.:.:| |.:.:.:.:.:./
                ヽ  |ヽ∨.:.:.:.:.: |ヘ|__/ \V⌒`<
                \|くV.:.:x─〈  }-ヘ  /   /`ヽ
                  ∨    ヽ∧ /V /⌒{  |\
な「ウチは、ウチは信じられへんで」
な「立て続けにウチの生徒が殺されるなんて有りえへん!」
な「……これから全校朝会や、体育館に急ぎや」


この短期間に二人も死者が出たのだ
学校は騒然と、粛々としていた

「つかささん、かがみさんの様子は? 今日休んでるんでしょ?」

つ「うん、昨日はショックで暴れてて大変だったよ」
つ「今日は少し落ち着いてるみたいだけど、安静にしてたほうがいいから休みにしたみたい」

こ「かがみとみさきち大丈夫かな……? 心配だよ」

峰岸さんを殺したのは一体誰なのか、何故彼女は殺されてしまったのか?
事件は更に謎を深めていくばかりだった

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:12:50.60 ID:doz1yg190

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |
か「絶対に捕まえてやる!」

久々に登校してきたかがみさんの第一声だった

か「峰岸を殺した奴は絶対に許さないわ!」
か「あれ以来、日下部も火の灯っていない蝋燭のように静かだし……わたしは絶対に犯人を捕まえてみせるわ!」

「僕も許せない、絶対に捕まえてやりたいと思う」

こ「そだね、遊びじゃなく本気でやってみようか」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:20:38.66 ID:doz1yg190

             /_: :/    /: : //: / |V: :|ヽ : : : : ', : : : : : ヽ
           ////:   : :/ : :/ ,|:/   | ∨| V: : : : | : : : : : : ',
    C     ′ //: : : : : :_| 斗  |{  │ |.:|\∨ : : |: : : : : : : |
 c   C      //: :,ィ: : : : :| / __」    | }/ __ `',ー: :|: : : : : : : |
  c     C    .': |: / |: : : :/{/,イ元x     イ旡x、: :|: : : : :|: :│
  c        |: {/ /|: : :∧ /rイ::ハ      frイ::: ヘ :|: : : : :|: :│
              |: : /:│: / ム{ |:トーイ|       |:トー'∨}〉: : : : .′ ′
              |: /  W{: f ハ ヾxン  .     ヾxン  |: :,': :/ : :.′
              X   |ヘ|: ヘ :}.:.:.:.         .:.:.u:./ /: /: : /
                  ',:.{ : : 小、:.:   {⌒)    :.:.:.:.イ:/:/^}: /
                  ',ハ: : :|: { {≧ 、.. ___ ..   < // :{  l/
               ∨ : :|: | ヽ;≦}    {ヘ:∧:j/|: :| /__
                 \:.|: | /.:.:ヽ、    ',:.:.`く. |:/⌒) }_ _
                    >く.:.:.:.:.:.:.:.:\-―ヘ.:.:.:.:ヽ{/{ _/ ノ )
つ「でもでもっ、これ以上やるとわたしたちが狙われちゃうかもー」

つかささんの言うことももっともだ
もしかしたら、峰岸さんは犯人にとって不都合なことを知ってしまったんじゃないのか
だから殺された、……十分あり得る話した

か「つかさ、あんた悔しくないの!? 峰岸殺されちゃったんだよ!?」

つ「でも、これ以上危ないことして、それでお姉ちゃんとかこなちゃんとかゆきちゃんとかが、その……」
つ「殺されちゃったりしたら嫌だもん!」

か「つかさ……あんたの考えはよくわかったわ」
か「でも、わたしは諦めないわ、絶対に捕まえる。 これだけは譲れないの、ごめんね、つかさ」

み「つかささんは、もう捜査をやめてしまうのですか?」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:23:43.28 ID:doz1yg190

             /_: :/    /: : //: / |V: :|ヽ : : : : ', : : : : : ヽ
           ////:   : :/ : :/ ,|:/   | ∨| V: : : : | : : : : : : ',
    C     ′ //: : : : : :_| 斗  |{  │ |.:|\∨ : : |: : : : : : : |
 c   C      //: :,ィ: : : : :| / __」    | }/ __ `',ー: :|: : : : : : : |
  c     C    .': |: / |: : : :/{/,イ元x     イ旡x、: :|: : : : :|: :│
  c        |: {/ /|: : :∧ /rイ::ハ      frイ::: ヘ :|: : : : :|: :│
              |: : /:│: / ム{ |:トーイ|       |:トー'∨}〉: : : : .′ ′
              |: /  W{: f ハ ヾxン  .     ヾxン  |: :,': :/ : :.′
              X   |ヘ|: ヘ :}.:.:.:.         .:.:.u:./ /: /: : /
                  ',:.{ : : 小、:.:   {⌒)    :.:.:.:.イ:/:/^}: /
                  ',ハ: : :|: { {≧ 、.. ___ ..   < // :{  l/
               ∨ : :|: | ヽ;≦}    {ヘ:∧:j/|: :| /__
                 \:.|: | /.:.:ヽ、    ',:.:.`く. |:/⌒) }_ _
                    >く.:.:.:.:.:.:.:.:\-―ヘ.:.:.:.:ヽ{/{ _/ ノ )
つ「わ、わたしはそのぅ」
つ「……お姉ちゃんと最後まで一緒にいたいな」

か「つかさ……」
か「あんたは絶対にわたしが守るから安心しなさい」

こ「美しき姉妹愛だねぇ……」

僕は双子の、姉妹の絆というものは素晴らしいものだなと
心から思うのであった

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:29:58.64 ID:doz1yg190

さて、ここで状況を整理してみよう

この街では最近になって女子高生の失踪事件が頻発していた
それに加え、殺害される者まで出てきた

殺害されたのは僕たちと同学年の女子生徒と峰岸あやのの二人だ

ここまで大胆な犯行を行っているというのに
犯人はその痕跡を全く残すことがない

唯一、”ヅ、工、三、二?”というDMらしきものを発見したのだが
その解読には至っていない

要するに手がかり無しと言うことだ
一体ここからどうやって犯人を捜せばいいのだろうか……


か「とりあえず今日はみんなで聞き込みをしてみましょうか」

こ「そだね、バラバラに行動すると危険だし」


僕たちは一縷の望みをかけて聞き込みに向かったのだった

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:35:17.89 ID:doz1yg190

                     ,、
             /\,. --/ \ _
         ,  ´′ ヽ ′     ` 、
        /   i  ,、 /´丶 、      \
       /     l /''7´ ̄ ヽ ヽ   ヽ   \
     /   / l  ! i.  |    ヽ ト、 丶  、 ヽ
     i.  , i   | ,| 1⌒!       l l⌒ヽ i 、 ヽ 丶
     |  | |   | ハ |  {.       l !  ヽ ! ヽ ',.  ヽ
     l  l/!   ! ! -_-_、      !}, - _i,. |  } il\ !
     l / |   「Y「{__,ハ`     r_,フi ハ |   |  ヽ!
     ヽ{ |  ヽ`l !rーヘ!       トヘ.} ハ!    |
      ヽハ. |  |、代'zrソ      込ク i  、  l
       `_} |  ! N        '     }  ハ ,!
    ,. ´: : ヽ!、l. ト、     _    ,. ヘ! /  !/
   / : : : : : : : ヽ! K_i`_ ー--r_-‐ ' ヽ lイ  ′
   ヽ; : : : :_:___/l. !    ヽ l ,`i   〉!l
    {.: :/ ___`ヽ!   /、ヽl /、 l― '-l!、
    `{          ヽ/\>┴ 、N ̄ `  ヽ
な「お前ら何しとるんや」

み「黒井先生……」

な「最近物騒なんやから、さっさと帰り」
な「あんまり、ぶらぶらして家族を心配させたらあかんで」
な「わかったら、さっさと帰って家事の手伝いでもしたり」
な「ほな、気をつけて帰るんやでー」

か「……今日はもう帰りましょうか」

結局この日も何の手がかりも得ることが出来なかった――

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:39:51.59 ID:doz1yg190

――ん? 怖くなった?
馬鹿を言うんじゃないよ、ここまでやったらもう後戻りなんかできるわけない

そう、お前は私のいうことだけ聞いていればいいんだ
私に従っていれば、それでいいんだ
お前に自主性など求めてはいない

黙って従う奴隷以外私にはいらないんだ

ん? ああ、わかっている
お前が従っていればそれだけは保証してやる
だから、わかっているな?
逆らえばその時は――

よしよし、それでいい
くれぐれも馬鹿なマネはするんじゃないぞ……
理解したのなら帰れ


ふふ、いざとなればお前も消すだけさ――

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:50:59.61 ID:doz1yg190

僕の朝起きて一番最初にすることはニュースのチェックになっていた
事件の捜査になにか進展がないかを確認するためだ

「……集団失踪だって?」

この朝、事件は更なる展開を見せていた

ニュースによると、昨日の深夜の出来事のようだ
いつもつるんでいたグループが帰ってきていないらしい

繁華街で目撃されたのを最後に行方しれずらしい
最後に目撃されたのはあるクラブハウスのようだ

そこで別のグループと何か会話した後、一緒に店を出て行ったきり帰ってこなかったらしい
別のグループはその全てが女性だったらしい

今回失踪したグループには男性も含まれていたようだ


「いよいよ見境無くなってきたな……」

僕は何故か嫌な予感ばかりが募っていた

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:54:59.76 ID:doz1yg190

その日を境にして、集団失踪が相次いできた
しかも日増しにその規模を拡大していっている

わずか2週間足らずの間に、学区内全学生の約半数が消えるという異常事態になっていた

かろうじて僕たちは失踪せずに済んでいる
それは運が良いからなのだろうか……

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/15(土) 23:58:42.39 ID:doz1yg190

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
み「いくらなんでも、これは異常です……」

こ「流石にやばやば過ぎるかも……警察は何してんのさー?」

か「それが、その統率のとれた行動について行けてないみたい」
か「現場を発見しても、蜘蛛の子を散らしたように消えちゃうんだって」
か「何だか軍隊みたいだって話よ」

つ「これ以上は、私たちじゃ無理だよぅ! 諦めようよ!」

「確かに、ここまで話が大きくなると、僕たちだけでは厳しいかもしれない」
「……みゆきさんはどう思う? もう止めた方がいいと思う?」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:02:48.03 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
み「わたしは……続けるべきではないかと思います」

「その理由は?」

み「考えてみてください、これだけの生徒が消えているのにも関わらず、学校は通常通り行われています」
み「普通は学校を閉鎖して、自宅待機などを命じるはずですよね?」
み「それは行われないというのはちょっと考えられません」
み「それにいくら行動が読めないからといって、ここまで警察が翻弄されるでしょうか?」
み「私にはどうも、警察が本腰を入れていないとしか考えられないんです」

み「これは私たちじゃないと解決できない問題かもしれません……」

みゆきさんの言葉は確かに的を射ている。 しかし……

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:06:10.53 ID:rznv7vZK0

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\

こ「……とにかく今日は帰ろうか、もう下校時刻だし」

か「そうね、今日は解散しましょうか」

「そうだね、そうしよう」
「続けるかどうかは、明日考えようよ」

そうして僕たちは帰路についた

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:08:04.40 ID:rznv7vZK0

〜夜〜

「なんだか落ち着かないな……」

そうだ、気分転換にみゆきさんにメールしてみようか

>>255の内容を送信

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/16(日) 00:09:06.86 ID:VGMeAZUv0

犯人はお前だ!

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/16(日) 00:09:34.72 ID:VGMeAZUv0

>>252

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:12:29.89 ID:rznv7vZK0

件名:無題
本文:犯人はお前だ!

……不謹慎だよな、これ
でもうまくすればうまいこといく気がしないでもない……

「よし、送ろう」

送信した

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:13:42.74 ID:rznv7vZK0

返信が来た

件名:無題
本文:違います


一文のみで返ってきた! 怖い!
どうにかしないと……

>>270で返信

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/16(日) 00:15:26.52 ID:yB0iJ7LW0

すいません ぼくがどうかしてました 事件で頭がおかしくなっちゃったかな

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:19:32.72 ID:rznv7vZK0

件名:すいません
本文:ぼくがどうかしてました 事件で頭がおかしくなっちゃったかな

これで取り繕えるだろうか?
とりあえず送信しよう


数分後返信
件名:大丈夫ですか
本文:○○さんも疲れてるんですね
    今日はゆっくり休まれた方がいいのではないでしょうか?
    心配なことがあったら遠慮無く仰ってくださいね
                                  みゆき

みゆきさん、あなたは聖母のような方ですね
僕がどうかしてたよ……

――気分転換にゲームでもするか

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:27:39.70 ID:rznv7vZK0

「さて、シフを仲間にするにはどうすれば良かったかな……」

僕はロマ○シング サガの攻略サイトを見る

「シフ、シフっと……あれ? いないじゃん」

仲間にする方法一覧を見るのだが、そこに名前がない

「あっれー? 仲間にならないはずはないんだけな……」
「……? ツフ? これって……」

僕はその名前をクリックする
そこには確かにシフを仲間にする方法が書かれていた

「なるほど、シとツは似てるからな、そういうギャグか…………」
「まさか……!?」

僕は急いで紙に書いてみる

「ヅ、工、三、二っと……」

もし、コレを同じ要領で読むとするなら……!

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 00:31:48.34 ID:rznv7vZK0

「ヅはジ、工はカタカナのエか? 三はミ、二は流れ的にカタカナの二だな……」
「出来た……”ジエミニ”……ジェミニか?」

ジェミニとは確か双子座のこと……双子座!?

「まさか、柊姉妹が……?」
「はは、そんな馬鹿な。 何かの間違いだよな」

僕は馬鹿馬鹿しくなってシャーペンを放り投げる
しかし、一度生まれた疑念は、消そうと思っても簡単には消えてくれなかった

「明日みゆきさんに話してみようか……」

しかし、友人を疑っているとみゆきさんに言ってもいいのだろうか
みゆきさんはショックを受けないだろうか……

「ええーい! とにかく明日だ、明日」

僕はその夜中々寝付くことが出来なかった

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 01:49:31.13 ID:rznv7vZK0

翌朝、いつものようにテレビを点けた僕は自らの目を疑った

「失踪者が続々と帰宅だって……?」

なんと今朝未明から、失踪したとされる生徒達が帰宅し始めているという
生徒達は、今までどこで何をしていたのかという問いに

「友達の家に泊まっていた」
「街を遊び歩いていた」

などと話しているらしい

「そんな馬鹿な……」

友達の家に泊まっていた? そんなものはすぐに確認できる
街を遊び歩いていた? 警察が街中を捜索していたというのに?

「あり得ない、何かがおかしい……」

失踪者の帰還、それ自体は喜ばしいことなのだが
僕の不安は増していくばかりだった

「――とにかく、このことと昨日の考えをみゆきさんに話してみよう」

僕は急いで登校の準備を始めた

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 01:51:58.98 ID:rznv7vZK0

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |
か「おかしいわ!」

こ「確かに、急にいなくなって急に帰ってきて、しかも失踪理由が不明瞭だしねぇ」
こ「なーんかきな臭いよね」

つ「でもでも、これで一件落着じゃないかな?」

か「何も落着してないわ、結局峰岸を殺した犯人は見つかってないじゃない!」

つ「それは、そうだけど……」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 01:55:07.97 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ

み「とにかく、今は失踪事件のことは置いておいて、峰岸さんの事件の方を考えてみましょう」

「そうだね、これで失踪が止めば、とりあえずはそれは安心だしね」

か「……でも、正直なところ手がかり無しはキツイわね」
か「あのDMはまだ何もわからないの?」

「――まだ、わかってないな」

か「そう……」

かがみさんの質問に僕は思わずウソをついてしまった

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 01:58:01.10 ID:rznv7vZK0

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
「みゆきさん、みゆきさん」

み「はい、なんでしょうか?」

「後でちょっと時間いいかな? 大事な話があるんだ」

み「え!? あ、あの、その、……はい、いいですけど」

「じゃあ昼休みにでもちょっと時間作っておいてね」

み「了解……しました」

なんだかみゆきさんの顔が紅かったような……熱でもあるのかな?

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:01:19.95 ID:rznv7vZK0

〜昼休み〜
          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
み「そ、それで、お話とはなんでしょうか?」

「実は…………」

み「…………」

「ダイイングメッセージ、わかったかもしれない」

み「はいっ! ……え?」

「だから、ダイイングメッセージだよ。 あれ、わかったかもしれない」

み「え、あ、その話でしたか……」

それ以外にどんな話があるのだろうか? 少しみゆきさんのテンションが下がったような……

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:03:33.55 ID:rznv7vZK0

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
み「でも、先ほどまだわからないと……」

「あの場ではああ言うしかなかったんだ」

み「何故です?」

「それは…………」

僕は昨日わかったことをみゆきさんに話した

み「…………そうですか」

「みゆきさんはどう思う?」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:10:22.78 ID:rznv7vZK0

                           !......................................................._
                    ,--ー‐─┤:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
                /:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   }::::::::::::::::::::/::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::ヘ、:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 レ'´:::::::::::::/::::::::::::::l `、::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::|::::::::::::::::`、
               /::::::::::::::::,イ::::::::::::::::!   `、─-、:::::\::::::\::::!::::::::::::::::::::',
              /:::::::::::/γ⌒ヽ、:::::::|   `、:::::::\:::::ヽ:::::::\::::::::::::::::::::::,
            /::::,イ:::::/:::::::::/::::八:::::::::::|    _`、::::::::::::::::::`:::::::::\::::::::::::::::,
             //{:::::::|::/::::イ レ' __ヽ、::::|   i弍ミz、::::\::::::::::、:::::`ーz_::::,'
           〃   |:::::::l::|:::::::小 イ旡ミ、:::ヽ   lて_)`ヾ::::::::ヽ::::::::\:::::\:::::!
              {:::::::レ1:::::{.∧i! hrヘヽ:::::\  hfひv「`ヽ::::::::::::::::::!ヽ.:::::}:::l
              |:::::/ {:::::::|| 八 弋::] `ー┘ 弋:::::丿  }::ト、:::::::::::}:::::W:::|
               Y  ∨::::!乂ハ `ー'厂!     `ー'ノ  八リ|\:::::|:::::::::::::|
                V   \| jゝ、L_ノ ' ゝ. ___,/  ∧::::八::::V:::::::::::::::!
                       ノ:::::i>、  ゚      __/:::::ノ:::::ノ┐::::::::::::::|
                     r<::::::/´) >...‐-‐/:::::__イ_,イ l|::::::::::::::::|
                    丿 {/ / |::::://::::/ ̄ ̄¨\\ └、:::::::::::|
           ____,,.z彡/    ゙̄)  ∨/:::::::/       ヽ ヽ  \::::::|
み「……それだけではやはり信じられないですね、あくまでも、憶測でしかないわけですし」
み「それに双子座で言えば、こなたさんは双子座ですし」

「え? そうなんだ……」

うーん、やっぱり僕の勇み足だったのだろうか?

「……それならちょっと、一計案じてみようか」

み「……何をするんでしょうか?」

「こんなのはどうだろう……」

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:15:46.45 ID:rznv7vZK0

〜放課後〜
              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
か「今日も、みゆきと○○君はDMの解読、私とつかさ、こなたは聞き込みね」
か「それじゃあ今日もよろしくね」

かがみさんたちはそういうと聞き込みに行った

「それじゃあ、みゆきさんいい?」

み「こんなことをして、もし違ったら、その時皆さんに叱られないでしょうか?」

「その時はうまくごまかすか、僕の責任にしてもらってかまわないさ」

さて、これでうまく釣れてくれるといいけど……

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:19:37.28 ID:rznv7vZK0

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |
か「ん? ○○君から電話?」
か「もしもしー、どうしたの?」

「大変だ! みゆきさんが襲われた!」

か「なっ、何ですって! どういうこと!?」

「どうもこうも……とにかく一度戻ってきてくれ!」

か「わかった、すぐに戻るわ」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:21:30.71 ID:rznv7vZK0

         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
こ「んー? なにかあったの?」

か「みゆきが襲われたって!」

こ「マジで!? 急いで戻ろうよ!」

つ「そんな! どうしてゆきちゃんが!?」

か「とにかく戻りましょ!」

こ「うん!」

つ「……うん!」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:27:50.80 ID:rznv7vZK0

か「どうしたの!? 何があったの!?」

かがみさん達が帰ってきた
さて、うまくやらないとな……

「大変なんだ! 僕がトイレに行って帰ってくる少しの間に……」
「消えてしまったんだ……」

こ「携帯は? 連絡つかないの?」

「電源が切られてて……」

か「何てこと! まさか学校に直接乗り込んでくるなんて……」

つ「あれ、どうして、何でゆきちゃんが……」

か「……つかさ?」

つ「ウソだよ、言うこと聞いてたら安全は保証するって言ってたのに」
つ「おかしいよ、こんなの何かの間違いだよ、わたし誰にも喋ってないよ?」
つ「わたしは言われたとおりにちゃんとしてるのに」

か「つかさ? ねぇどうしたのつかさ!」

つ「わたし、行かないと」

そう言い残すと、つかささんは教室を飛び出して行ってしまった

「みゆきさん! 出てきて!」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:29:56.78 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「はいっ!」

か「え? ちょっと、これどういうこと?」

こ「わたしたちを騙してたってことかな?」

「説明は後でする、今はつかささんを追わないと!」

僕たちは急いでつかささんの後を追うことにした

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:37:26.83 ID:rznv7vZK0

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    職員室      |
 |________|

つかささんの後を追ってやってきたのは職員室だった
こんなところに何の用だろうか

耳を澄ませて中の様子を探ってみることにする

?「それで、お前はここまで急いでやって来たってわけや」

つ「話が違います! わたしがいうこと聞いてたら何もしないって!」

?「約束は守っとるで? ウチはなーんもしとらへん」

つ「それじゃあどうして!」

?「はぁ……お前、まんまと騙されたんや」
?「なぁ、そこで盗み聞きしとる諸君?」

その言葉に僕は全身の血の気が引いていくのを感じた
ここにいることがばれている……

?「ええから、出てきいや」

ばれているのなら、隠れている必要はない
僕らは意を決して、職員室の扉を開いた

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:42:25.32 ID:rznv7vZK0

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
「黒井……先生……」

つ「え? ゆきちゃん? どうしているの?」

な「ほら、言ったとおりや、お前はまんまとこいつらに嵌められたんや」

つ「ウソ、ウソだよね?」

「……これは、僕が仕組んだ芝居だよ、つかささん」

つ「そんな……お姉ちゃんは知ってたの?」

か「わたしだって……知らなかったわ」

こ「もち、わたしも」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:48:16.43 ID:rznv7vZK0

                          , -、   , - 、
                  , -‐'´/-‐ロ‐-', `ヽ、
                /´  ,/   ∧ ', ',    `ヽ、
               <    / ,/,'  ll ', ',     /、
                /\  ,/,.-/|,'  ll ',.-ヽ_/   ',
                // /ヽノ| ,/ |!    !  ',  |   i ',
           〃 //  ,|,/ |/-- 、   ,.-- 、 |   |  |
                /   ,〈 ,l:::::::::i     i:::::::::ヽ  |  |
             /     l∧{^,:::::::l     l::::::::ノ}  | ,'
                //l   {( ', `ー'    `ー' | l  |),'
                 |    `ーヽ.   ┌‐┐ ,ノ| | ,l| l
                  |  /ノ|  `7ー、`ー' イヽ.レ| ,/ l|
.                |/   | ,/l/  _'、ー '/   ヽ/
                  |//、  ,ヘ`ヽ<‐- 、 ,ゝ
つ「あは、あはは、あははあはあははあああっっはあはは!!!」

つ「こんな、こんなことって、あはははあはああっっはははあっ!!!」

か「つかさ……」

み「つかささん……」

な「はぁ、こいつもここまでやな」
な「おい! こいつら縛っとけ」

黒井先生がそう言うと、どこからかやって来た生徒達が僕らを組み伏せる

か「ちょっと、あんた達! 何してんのよ! どういうつもりっ……」

抵抗するが、人数には敵わない。 僕たちは縛られ、真っ暗な場所に閉じ込められてしまった

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 02:54:23.48 ID:rznv7vZK0

「みんな、大丈夫? 怪我とかしてない?」

か「ちょっとだけすりむいちゃったけど、大丈夫」

こ「わたしも平気だよ」

み「わたしも問題ありません」

つ「……」

つかささんの反応は無いが、どうやら一応みんな無事のようだ
そのことに、ひとまず僕は安心した

「いやー一芝居打っただけでこんなことになるとはね」
「僕もここまで盛大に釣れるとは思ってなかったよ」

「……さてつかささん、そろそろ話してもらっていいかな?」

僕の呼びかけに、つかささんはポツリポツリと語り始めた

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:03:27.45 ID:rznv7vZK0

つ「始めは大したことじゃなかったの」
つ「世界史でわからないところがあるから、それを聞きにいったの」
つ「そのときにね、黒井先生はお話してくれたの」

み「どのようなお話でしょうか?」

つ「日本の現状についてだよ」

か「……どういうこと?」

つ「黒井先生はよく言ってた」
つ「今の日本は腐ってるって」
つ「若者は明日への希望を失い、日々を怠惰に過ごしている」
つ「老人達は自分たちの権益しか目に入っていない」
つ「このままでは、遅かれ早かれ日本は崩壊してしまう」
つ「そうなる前に自分が何とかしてやるって」

つ「わたしは黒井先生はとても立派だと思った」
つ「だから言ったの、お手伝いをさせてくださいって」

(典型的なマインドコントロールを施された訳か……)

か「だから、犯罪の……誘拐の手助けをしてたってわけ?」

つ「犯罪じゃないよ! これは同士をふやすためだって言ってたもん!」

こ「つかさ……」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:17:38.27 ID:rznv7vZK0

「……峰岸さんたちを殺したのは何故?」

つ「あれは」
つ「あの子達は黒井先生の誘いを断ったから」
つ「それで、見せしめにって……」

か「見せしめですって!? そんなくだらない理由で峰岸は殺されたっていうの!?」

こ「かがみ、落ち着いて、」

か「落ち着けるわけないでしょ! そんな、そんなことで峰岸は……」

「つかささん、つかささんは人を手に掛けることを何とも思わなかったのかな?」

つ「だって、理想を受け入れられない人は不要だって先生が……」

「僕はつかささんの意見を聞きたいんだけど」

つ「わたしは…………」

「ねえ、つかささん、人を殺した先にある理想は、果たして本当にみんなの理想なのかな」
「それは誰かのエゴで作られた自分勝手な理想じゃないの?」
「気に入らないから、受け入れないから、そういう理由で人を殺した先にある理想は本当に僕たちが望む未来なのかな?」

「僕は、僕は誰かの身勝手で人が死ぬような未来は絶対にゴメンだ」
「ましてや、そうやって作られた日々を生きていくなんて絶対に嫌だ」

「……もう一度よく考えてみて、峰岸さんたちは本当に殺されなきゃいけなかったのかを」

つ「わ、わたし……」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:23:45.75 ID:rznv7vZK0

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\
         ヽ ,.. ┴イ-i ハ _,.-<ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
つ「み、峰岸さんを刺したときの感触、今でも忘れられない」
つ「まだ、この両手に残ってる」
つ「峰岸さんは苦しそうな顔をしながら、何度も何度も」

つ「助けて、助けてって…………」

つ「あの声が鼓膜にこびり付いて離れない」
つ「いつも寝るときに、目をつぶると、聞こえてくるの」
つ「峰岸さんの助けを求める声が」

「ハッキリ言わせて貰う、君は間違ったことをしたんだ」

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:30:29.74 ID:rznv7vZK0

「君が峰岸さんを殺した理由は正当化できるものじゃない」
「誤魔化しちゃダメだ、受け入れるんだ」
「峰岸さんの声が聞こえてくるんだろう? それは君の罪の意識だ」
「やってはいけないことをした。 きみは心の中でそう思ってるんだ」
「自分が過ちを犯したときはどうすればいいか、わかるね?」

つ「わ、わたし……」

「今更許されることじゃないかもしれないけど、君は言わなくちゃいけない」

つ「わたしっ、わたしっ……」

つ「ごめっ、ごめんな……ごめんなさぁぁぁぁい!!」
つ「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさぁぁぁぁいっ!!!!」

か「つかさ……」

こ「つかさ……」

み「つかささん……」

つ「うあっ、うあぁっ……うわあぁあぁぁぁぁん!」

つかささんはその後しばらく泣き続けた
過ちを認めた彼女を、いつかは赦してくれるかな? 峰岸さんは……

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:33:16.78 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「わたしたち、これからどうなってしまうのでしょうか?」

「さて、拷問でもされるかな?」
「それとも公開処刑とか」

か「ちょっと、不謹慎よ」

こ「ちょっと笑えないねぇ、それ」


閉じ込められてからどれぐらいたっただろうか
昨日閉じ込められたのが放課後だったな

もう朝にはなっただろうか

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:38:49.83 ID:rznv7vZK0

そんな時だった
校内放送のベルが鳴ったのは

な「あーあー、聞こえるか諸君」
な「いよいよこれから、行動を開始するでー」
な「知り合いの隊員とは連絡を密にするよーに」
な「ウチらの国作りが今正にスタートや!」

「いよいよ、動いたか」

彼女はどうやら行動を開始するらしい
僕らもこんなところにいるべきではない

「よいしょっと」

僕はきつく縛られた縄から抜け出した
急いでみんなの縄を解く

か「え? ○○君? どうやって抜け出したの!?」

「こういうのはちょっと得意でね」

こ「縄抜けが得意って……マジシャンか何か?」

「まぁまぁ細かいことは気にしない気にしない」

そうして僕は全員の縄を解いた

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:42:12.30 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「○○さん、あなたは一体……」

「細かいことはあとあと! まずは学校から抜けだそう」
「いつまでもここにいたら、本当に命が危険だ」

僕は手探りでドアを探す

「ん、これか」

ドアはいとも簡単に開く
油断していたのか、施錠していなかったようだ

僕はドアから外を見渡す
どうやらここは空き教室のようだ
周りに人はいない、抜け出すなら今だな

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:47:42.71 ID:rznv7vZK0

          ,ィ´ . . ..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヘ、
        /.:/. . . . . . . . :.:./:.:.:.:.|:.:.:.::::.:.:.::.:|:.:.:.:.:.:.:i. . . . . . .ヘ:.:.::ハ
       /´,イ´: . . . . /. . . .:/:.:.:.:/ |.:.:.i::::..:.:.::|.::.:.:.:.:.:.i : : : : : : : ヘ:.:.:}
     / / . . . . .: :/:.:.:.:.:.::/:.:.:.:/  |:.:.i:::.:.:.:.::|ヽ:.:.:.:.:.:|:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨
        |: .:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:-‐‐/‐、 |:.λ:::.:.:.:| ヽ-‐-ト::::.:.:.:.:.:.:.::.:.λ
          |:.:.:.:i:.:..:.:|.:.:.:.:.:.:.::|:.:./     |:.| |:::.:.:.:|   V:.:|::::.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/|:/____,  |:| .|:::.::.:| ___|:/_ヽ、::::.:.:.:.:ト、:.:.:|
        |:.:.:./|:.:.:::|.:.:.:.:.:ハ 「ヤテ:ニ;オ リ ヽ:.:.:.|〒テチオ7 ハ::::.:.:.:| `ヽl
         |:.:/ |:.:.:::|:.:.:.:/:.:.i 込::ァ:;j     `ヽ| 込:z:;:;7 ハ::iヽ、:.:|
        |/  |:.:.:::|:.:./{|:.:::} `-‐~'        `‐-~´・λ:.:|ノ.:∨
             |:.:.:::|:/:::i:.:.:j、        '       {:::::::|:.:.:.:i|
           |:.:::/i:::::|.:..:.i::ヽ、     △     ,.ィ::i:::::::|:::::..:i|
              |::/ |.::::|:.:..:|:i:::i::`>‐-ォ--┬‐<´::l:::::|::::::|:::::::.:l|
             |.:::|:.:.:.|:|::::|::/´~‐┴─┴-‐~`}、__:i::::.:|::::::::.i|

こ「それならとりあえず家に来る?」

「そうだね、できるならお願いしたい」

僕たちは教室からそっと抜け出した

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:58:13.67 ID:rznv7vZK0

さて、どうするかな
少しの間思考していると再び放送が始まった

な「あーっと、忘れとったわ」
な「万が一、高良、柊姉妹、泉、○○を見かけたらしょっ引いてきいや」
な「抵抗するんやったらぶっ殺してもええでー」

「僕たちが逃げ出すのも想定のうちってことかな」

か「ぶっ殺すですって? 狂ってるわ……」

あまり猶予はなさそうだ
僕たちが取るべき行動は……

1.男らしく正面突破をする
2.裏口に行ってみる
3.校内に協力してくれそうな人がいないか探してみる

>>405

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 03:59:43.07 ID:X93oycV/0

1

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:03:28.11 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
「ここは正面突破行ってみるか」

み「ええっ? 危険ではないでしょうか?」

「大丈夫、裏の裏ってね」


正面玄関に向かった僕らはすぐに捕まってしまった
それはそうだよね、正面に人がいないわけないし

あーあ、僕はどうかしてたんだ、あんな選択肢を選ぶなんて……

                                   BADEND
>>415で再安価(2、もしくは3)

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:04:30.22 ID:gmIDlyh50

3

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:07:32.02 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
「正面突破はさすがに無理だろうな……」

選んだら、それこそエライ目に遭いそうな気がする

み「裏口に行くのはどうでしょうか?」

「裏口にも当然人を配置してると思う」

か「それじゃあどうやって……」

「校内にいる人全員が、黒井先生に従ってるわけではないだろう」
「誰か協力してくれる人がいるかも」

こ「誰かって誰が……」

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:12:39.02 ID:rznv7vZK0

               r―‐、__,r―‐へ―へーイ⌒ヽ
              / ̄/ ` ̄人     八 ヽ|   |\_
.             /  /   /  ',     | `、 |   !  |ヽ`ヽ
.              /  /   ,'   │}   |   廴{__  |ミニ| |  │
             (|  .| / 、_{__   |│  { ̄`_j   |ー‐| |  │
.              |  .|/  /「 ̄`W\ |   リ|   |ミソ}/  ! |
.              | ! リ  ハ」__   ヽ{≡=-Y  イ /  │|
.             lハ | ∧ミミニ .: }-く: :´ ̄ ノ| /W    l |
               ノ ', | |人 __ ,ノ  `ー― ' { 人/ {   ヘ|
/ ̄`ヽ           ヘ人 j(八    △    ∠く八ノ} 八  リ
     \          ヽ{     ` >― ィ  /  トr-、 j/  `j∧
.       \            く__  {  /   |   ト― 、
        くて\           / / l―{ ̄ヽ、/}.  |   / \
.\      ) ヽ/ ̄ヽ      / /   |  ト―く │   |  /   ヽ
  \  / 〃 / ̄`\   / /   /|  {::: ::/ |  ∠ .{      \
ひ「お前らそんなところで何してんだ?」

か「ひっ、ひかる先生?」

ひ「さっきの放送聞いたぞー」

み「……わたしたちを捕まえる気ですか?」

ひ「その通りだ! というのは冗談だ……大事な生徒を売るわけないだろう?」
ひ「ついてこい。 保健室に行くぞ」

このままここにいても事態は好転しない
ここはついていってみるべきだな

「わかりました、行きましょう」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:17:35.79 ID:rznv7vZK0

           ___
       .:. :." ´        `゛ : .:. 、
   /::.   /: : 八:    ',    : : ヽ
  /〃: : :|: |:: イ  |l    |: : :| : : : : ',
. / /.: : : : :.:{: |:/ |  || .:|‐-{___:l:| : : }: : ::|
/ /.: .:.:-‐十仗「{  !|  |│| ̄「ト‐-:|: : ::|
  !.:/:.l.:.:|: :{∧リ仁  {_LW_|:| . :.:|: : l
  |/:.:.|: :| |少示彳    チリ气W:  |: : /
. ハ: : |: :| lハっ:::リ     {っ:::刋| : : |:.:/
  !{_|_人ソ 廴zソ      弋z少L_|/
      |: :人r-、            /!:. 「イ{
      |:.:.{ │ {_   ‐ _.,イ::|: |ノ ;〉
      |::.:ヘ ヽ` ̄ヽ「¨  ¨仁くニ|: レ'
i´¨`ヾフ|: i:|>‐┐ {\_/ ̄ ヽ|.: .:[ ̄`ヽ、
{     }|: : l:|/二二二二ス\  |l:.:.:| \   >
ヽ _.,_ノ|: : |:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  \ノ{:: :|  `く
ふ「みんな、大丈夫だった?」

こ「天原先生……」

ひ「わたしたちは従ってる振りしてるだけだから安心しろ」
ひ「……クーデターなんて成功するわけ無い、あいつはおかしいよ」

ひ「まぁ見ての通り今のところはノーマークだ」
ひ「それでもいつここにあいつの手下が来るかわからんからな、早いとこお前達は逃げろ」
ひ「ここの窓から逃げると良い、警備も手薄だ」

み「わたしたちに協力したことがばれたら先生たちが……」

ひ「気にするな、生徒を守るのが教師のつとめだからな」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:20:44.90 ID:rznv7vZK0

               r―‐、__,r―‐へ―へーイ⌒ヽ
              / ̄/ ` ̄人     八 ヽ|   |\_
.             /  /   /  ',     | `、 |   !  |ヽ`ヽ
.              /  /   ,'   │}   |   廴{__  |ミニ| |  │
             (|  .| / 、_{__   |│  { ̄`_j   |ー‐| |  │
.              |  .|/  /「 ̄`W\ |   リ|   |ミソ}/  ! |
.              | ! リ  ハ」__   ヽ{≡=-Y  イ /  │|
.             lハ | ∧ミミニ .: }-く: :´ ̄ ノ| /W    l |
               ノ ', | |人 __ ,ノ  `ー― ' { 人/ {   ヘ|
/ ̄`ヽ           ヘ人 j(八    △    ∠く八ノ} 八  リ
     \          ヽ{     ` >― ィ  /  トr-、 j/  `j∧
.       \            く__  {  /   |   ト― 、
        くて\           / / l―{ ̄ヽ、/}.  |   / \
.\      ) ヽ/ ̄ヽ      / /   |  ト―く │   |  /   ヽ
ひ「さあ、早く行った行った」

「先生……ありがとうございます。 助かりました」

ひ「ん、さあ行け、捕まるんじゃないぞ」

一同「はいっ!」

こうして僕たちは学校から抜け出すことに成功した


ふ「ひかるちゃん、あの子達大丈夫かしら?」

ひ「うーん、あいつらなら何とかしてくれるんじゃないか? 根拠は0だが」

ふ「……ふふっ、期待してみましょうか」

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:27:24.87 ID:rznv7vZK0

           ____,i ー- ――-- 、
    -==ニ二_,. -      |          ` ヽ
         /        !   ::..     \  /`:...イ` 、
         / /    /  ハ  ∧:..    i:. \::::::::::V::::::::::::\
      / ,.-/     /  /  V  ! ',\::..  l_j   ヽ:::::::ハ:::::::::::::::::\
   /,. ´ /   /  |:  /   ', ', ヽ \::..    ヽ ヽ::::::',::::::::::::::/
  /  //   i   :| /     ヽ:', ヽ_ ,.\-‐   ト  !::::::',:::::/
    /:::/  i  | ‐/‐V- .,     ヽ'´ ヽ_,,.-X::.   i::ヽ':::::::i/
    `゙,'   l  | :/  ―-       '"_rオ示斤   :l::::/ ̄li
     i:.  ハ | :∧<f代テミ     ,イ/::::i } リ ヽ::.  |/.::  l',
     { /|::::i l i :ハ k i:::: }      ト y‐ j   ri  }.::  |:i
     |:/ `∧ |! :| i 辷 ン      ヽ廴ン  / l |::.:  ! l
     !   i ハ  |ヽl           """    _,| |:.::.  ,' |
        j  ヽ :|:./! '""            イ ̄:/|!::.:: /.::. l
        l  ::.::.ヽ// 、   ―-―‐  ィ´ /::/.::.:: /.::.::.  !
        |  ::.::./ /    `゙  ‐-‐ ´ l  //   /:|::.::.  l
        |  ::.::.ヽ ゝ"´}  _ _/     ヽ/    ,.ハ::l::.::.:  |
か「何コレ、酷い……」

街は普段の様子からはかけ離れた状態になっていた
街のあちこちから火の手が上がり、怒声や叫び声がそこら中から聞こえてくる

「黒井先生の手下が暴徒と化しているのか……」

こ「早いとこ逃げよ、ここはマズイって」

み「こなたさんの言うとおりです、急ぎましょう」

僕はもう一度だけ学校の方を振り返った
――かならずお前だけはこの手で……

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:30:55.49 ID:rznv7vZK0

〜泉家〜
               ,.. -―‐- 、
               / ,. -――- 、\
            //       \ ヽ
             |′       /`ヽ、 \!
               , ‐''´ ̄ ̄ ̄`|: : : :  ̄ ̄ ` '' ‐- 、  /`>
         , ‐'"/: : : : : : : : : !: : : : :|、 : i: : : : : : : : \`'´, -‐、
        ,. ‐´'"/ : : : : /: : : : | |: : : : | !: :|: : : : : : : : : : ヽ ヾ'"´
           /: : : : : //: : : :_:/:||:|: : : : | .!: lヘ: : : : : :ヽ: : : :ヽ lニコ
        / : : : : ://: : : :´ `/、:|: : : : | l_|__ヽ__: : : :|:ヽ: : : ハ
         /: : : : :,//: : : : : /:/ !:| ! : : | l :!  ',: `ヽ: l: :|: : : : l
       |: : : / l l: : : : : /!:|--| | l : : | l/   ヽ : : : |: :l : : : :|
       | : :/  /:|: : : : :/!´| ̄|`l |: : :| Tテミヽ'、 : : l: :| : : : :!
 r‐、 i´'! |: /   !:/!: : : /:,| ト、_|  ヽ; :|  |_  `∧: : |: l: : : :/
 { 、ヽ! | l/   |:| ! : :/:/:! . トり   ヽ|  r'、_,r'/ ∧: :l l: : :/
 l ヽ'i  l,  , ‐; |:! | : :|/: {  ̄         ` ‐-' /: :〉:l/: : :l
. { _ゝ  ... `´/  | l : :|: : ヽ'"'"  、__,、_,"'"'・ /: : !_ゝ |: :|
. ',   :::::  /    /:ヽ|: :::::::> 、 l    }  ,./: : :/::::::ヽ',:lヽ.
 ヽ、  i  l' ̄∧ /: :l: | ,. --┬‐` 丶--‐'<|∨: : / :::::::::|ヾ|: :\
   ヽ    ':、/  ! l : :| / |:| |:| |::::::::/___   /:/: : /:::::::::::::|: :|: : : :ヽ
   /':,. ‐'"/ /∧|: : i' /!| |:| |:::::::l  `ヽ,./:::!: : /\ ::::::::|: :|::::: : :
こ「良かった、この辺はまだ被害少ないみたいだね」

そ「うおおおおお! こなたああああああ!」

こ「ちょっ、お父さん! 急に抱きついてこないでよ!」

そ「お父さんは、お父さんは心配だったんだぞー!」

こ「この通り大丈夫だよー、だから離してぇぇ」

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:34:58.22 ID:rznv7vZK0

〜こなたの部屋〜
         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
か「さて、これからどうする?」

「とりあえずさ、つかささん、もう少し黒井先生について詳しいこと教えてくれないかな」

つ「わたしにわかることならなんでも話すよ……」

「それじゃあ、まず聞きたいんだけど」
「黒井先生はどうやってこれだけの人数を自分の仲間に出来たの?」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:42:35.10 ID:rznv7vZK0

          ,. :<: : : {    }: : /   ,/
       /: : : : : : : :,> 、 h/___.. -<
        ./: : : : : |,x≦-ー¬^爪^¬=- : :\
      .′/:∧:│: : :./ : :/ :}| Vハ : ヽ: : : :.ヽ
      i : :| 廴):|_;厶イ/j:/ | Vh、_;_'; ヽ : : '.
       | : :| : : : :|: :/L.;/ 〃 ,j  Y、: :│: '; : :ヘ
       | : :| : :i : |;/_j /-/      リ ヘ: :| | :| :i: :ハ
       | {: }: : l : {ィf乏守    f示ヘY h:| :ト,: :|
      } }∧ : '. :| {:トーリ      {ト-リ∧: }:リh| ヽ}
       j∧ ヘ : :';ヘ }f{「´   、   ¨" {ノ}∧ },j
       Yヘ: :ヽヘ    -     ノ: :/ j/
         ヾV\{ヽ{^f¬ーr―≦´}: :/
        f^ヽ, ヾ、 ^ヽ、___,/ /W
つ「最初は私を含めた数人にお話してたの」
つ「そして、そのお話をいろんな人にお話するように言われたの」

「どうして僕たちには話さなかったの?」

つ「黒井先生が話すなって、特に○○君には話しちゃダメだって」

「……続きを」

つ「……それでね、友達の話ってなんだかんだいって聞いちゃうよね」
つ「友達から友達に、その友達から別の友達にって、広まっていったみたい」
つ「熱狂的に話す友達を見て、それに感化される人はかなりの数だったみたいだよ」

こ「口コミの怖さだね……」
こ「友達の言ってることを無下につっぱねたくない」
こ「嫌われたくない心理とか、親友を信じたい気持ちとかも巧みに利用してたんだね」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:47:37.50 ID:rznv7vZK0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「ですが、従わない人たちも出てくる。 そう、峰岸さんたちのような」

つ「――そういう人たちは黒井先生が直接お話してたみたい」

「……それでも従わない人たちは?」

つ「その時は、峰岸さんたちみたいに……」

か「っ……」

「ということは、明るみに出てないだけで、他にも犠牲者はいるかもしれないね」

つ「わたし、どうして黒井先生の言うことを素直に聞いてたのかな……」

「……それはしょうがないよ、あいつは人心を操ることに関しては天才的だから」

439 名前:規制食らっちゃった[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:52:50.15 ID:3mboftjW0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「あいつ……?」

「っとと、何でもない何でもない」

「それより、黒井先生の手口もわかったことだし、これからどうするかを話し合おうよ」

こ「やっぱり警察じゃないかな?」

「――それは危険かもしれない」

み「何故でしょうか?」

「失踪事件の時の警察の動向、それ今現在の対応の遅さ」
「もしかしたら、警察もグルかもしれない」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 04:58:18.76 ID:3mboftjW0

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |

か「それじゃあどうするのよ!」

「……直接頭を叩けば」

こ「それは、黒井先生をやっつけに行くってこと?」

「頭を失った軍隊なんてちょろいものさ」
「ましてや彼らはプロじゃない、司令官がいなければただの烏合の衆さ」

か「それでも危険には変わりないわ!」
か「ダメもとで警察にいってみたほうがまだマシだと思うけど」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 05:00:43.77 ID:3mboftjW0

          ,ィ´ . . ..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヘ、
        /.:/. . . . . . . . :.:./:.:.:.:.|:.:.:.::::.:.:.::.:|:.:.:.:.:.:.:i. . . . . . .ヘ:.:.::ハ
       /´,イ´: . . . . /. . . .:/:.:.:.:/ |.:.:.i::::..:.:.::|.::.:.:.:.:.:.i : : : : : : : ヘ:.:.:}
     / / . . . . .: :/:.:.:.:.:.::/:.:.:.:/  |:.:.i:::.:.:.:.::|ヽ:.:.:.:.:.:|:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨
        |: .:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:-‐‐/‐、 |:.λ:::.:.:.:| ヽ-‐-ト::::.:.:.:.:.:.:.::.:.λ
          |:.:.:.:i:.:..:.:|.:.:.:.:.:.:.::|:.:./     |:.| |:::.:.:.:|   V:.:|::::.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/|:/____,  |:| .|:::.::.:| ___|:/_ヽ、::::.:.:.:.:ト、:.:.:|
        |:.:.:./|:.:.:::|.:.:.:.:.:ハ 「ヤテ:ニ;オ リ ヽ:.:.:.|〒テチオ7 ハ::::.:.:.:| `ヽl
         |:.:/ |:.:.:::|:.:.:.:/:.:.i 込::ァ:;j     `ヽ| 込:z:;:;7 ハ::iヽ、:.:|
        |/  |:.:.:::|:.:./{|:.:::} `-‐~'        `‐-~´・λ:.:|ノ.:∨
             |:.:.:::|:/:::i:.:.:j、        '       {:::::::|:.:.:.:i|
           |:.:::/i:::::|.:..:.i::ヽ、     △     ,.ィ::i:::::::|:::::..:i|
              |::/ |.::::|:.:..:|:i:::i::`>‐-ォ--┬‐<´::l:::::|::::::|:::::::.:l|
             |.:::|:.:.:.|:|::::|::/´~‐┴─┴-‐~`}、__:i::::.:|::::::::.i|
こ「○○君、どうするの?」
こ「警察に行く? それとも……」

「僕は……」

1.警察に行く
2.直接倒しに行く

>>450

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 05:02:17.65 ID:KgVn4mYF0



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 05:06:38.78 ID:3mboftjW0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',

「……僕は、僕はあいつに直接会って引導を渡したい」

み「……そういうことなら、お手伝いしますよ」

「みゆきさん……どうして?」

み「前に私は言いました、大切な人が頑張るときは力を貸してあげたいと」
み「今、○○さんが頑張ろうとしている。 それなら、私は手伝うだけですよ」

こ「うーん、それじゃあわたしも手伝っちゃおうかなー」

つ「私も、少しでも罪を償うために……」

こ「あとはかがみだけだよ? どうする?」

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 05:10:02.65 ID:3mboftjW0

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
か「わかった、わかったわよ! やればいいんでしょ、やれば!」
か「そうしないと、私だけワルモノみたいじゃない……」

こ「おーおー、素直じゃないかがみん萌えーw」

み「……くすっ」

か「あ、みゆき今笑ったでしょ? 笑ったな?」

み「いえ、……ふふっ」

か「むかっ! 笑うんじゃなーい!」

暗くなっていた場が少しだけ和んだようだ。 こなたさんに感謝しないとな

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:33:47.09 ID:C1Uw2ji40

             ,. --‐‐‐-- 、
              /:, -――‐- 、:ヽ
          /:/          ヾ
           |/          ,.-;
         _ ゞ -―――‐--'´: : |、------- ..__
      ,. ''´: : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : <´ ̄ ̄
     /: :/: : : : : : : : : :/: : :l: : : : :|: : :ヽ: : :\
    ,:': :/: : : : : : : : : _: /: /!: |: : : : |: : : : :\: : \
    /: :/: : : : : : : :/´,イ: :/ |: | : : : /、:l: : : : :ヾヽ : \
   ,': :/: : :/: : : : :/: :/ l: / |:/: : : ∧:`!: : : : : :ヽ \ ヽ
  //: : / : : : : /: /  |/   !' : : / ヽ |: : : : : : :ヽ \!
 / : / : : l : : : : /-/― 'T   !: : :/ __  '.!、 : : :|: : :ハ
./:,.イ: : : ,!: : : : /,イl_   l  /: / /. `ア'l: : : :! : : :l
.!/ |: : :/:|: : : :/:!  r'、__,ノ! //   r'、 ,.lト、! : : l ヽ: :|
|'  ,! : /,r|: : :/: :|  ゝ--‐'/'      !、´,/!: |: : /  ',: !
| 「:|: /::! l: : :!: : :l              `・|: !l: /   l/
  l::!/:::::ヽ|: :!: : : :!        △   ,ノ l |/
  ヽ::::::::::::∨|: : : :ト , ____ , < : |
   ヽ:::::::::/l: : : :|:.:.:\ .|ヽ::::::::〈: |l: : : ,!
    '!::::::::::::::!: : : ト、:.:.:.\,!:.ヽ::::::| |!: : :/
こ「でもさ、直接倒すって言っても、方法はあるの?」
こ「第一黒井先生の居場所とかわかる?」

か「まだ学校にいるんじゃないの?」

こ「移動してるかもしんないじゃん」

か「それもあり得るわね……」

な「あーあー、テレビを見ている諸君、ちゃんと聞こえとるかー?」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:36:17.30 ID:C1Uw2ji40

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「どもども、お騒がせしますー」

「なっ……!」

な「手短に済ますから、みんな耳をかっぽじってよく聞きや」

み「テレビ放送をジャック……!?」

こ「ウソでしょ……?」

「――とにかく、今は放送を聞いてみよう」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:40:32.64 ID:C1Uw2ji40

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「まず、今現在市内で起こってる騒ぎについてやけど」
な「ほんまにスマンなぁ、でもこれぐらいせんと国のお偉いさんはわかってくれへんやろ」
な「まぁ、今暴れとる若者達に罪の意識はないんや」
な「全員この国の未来を案じて動いとるだけなんや」
な「だから、怒らんとってや」

か「この人何言い出してんのよ!?」

「シッ……今は静かに」

か「…………」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:46:11.84 ID:C1Uw2ji40

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「それで本題やけど――」
な「日本政府は即刻、憲法廃止……ああ、どうしてもって言うんなら九条だけでもええでー」
な「それと、首相含め、閣僚は全員自殺でもしてくれや」


み「な、何を言ってるのでしょうか……? 理解が追いつきません……・!」

こ「あり得ない、こんな馬鹿げた要求……!」

か「狂ってるとかいうレベルじゃないわ!」

黒井から発せられた言葉は、理解の範疇を超えた言葉だった
こいつは本気で国家の転覆を望んでいるのだ――!

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:50:05.39 ID:C1Uw2ji40

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「あ、今有り得へんって思ったやろ?」
な「馬鹿げてるって思ったやろ?」
な「――残念やけど、ウチは本気なんやで?」

そう言うと黒井はケタケタと笑った

な「伊達や酔狂でこんなことしでかすかいな」
な「現実を直視しいや、今この放送見てるお前達は窮地に立たされとるんやで」
な「言うなれば、数万人単位の人質やな」
な「数万人やで、数万人。 おかしくて笑ってまうわ」

「…………狂ってるな」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:55:07.05 ID:C1Uw2ji40

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「――さて、日本政府はん、コレで理解はできたか?」
な「さっさと決断しなあかんで?」
な「要求を呑まない場合は…………わかっとるよな?」

な「善良なる市民の皆様に、未来のための尊い犠牲になってもらうで」

な「さて、これにて放送は終了や。 お早い決断を望むで」

な「あー、あと、○○」

僕に対して呼びかけてくるだと……?

な「見ての通りウチは放送局や」
な「――来るんやったら早めになぁ」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 14:59:29.70 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

そこで放送は終了した

み「……あの人は、本気であんなことが通ると思っているのでしょうか?」

「通る、通らないじゃない。 あいつは本気で言ってる。 ただそれだけだ」

こ「黒井先生、マジでやばいよ。 あんな人に敵うのかな……?」

「敵う相手じゃないとしても、僕は行くよ」

み「どうしてそこまで……?」

「それは……」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:03:27.00 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「あいつは……黒井は僕の両親を殺している」

み「――え?」

僕の一言に、場は水を打ったように静かになる

「……今から8年前のことさ」
「当時大学生だった黒井は僕の両親を殺したんだ」

か「ちょ、え? どういうことよ!」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:11:14.85 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :'
,
「僕の両親は共に大学で教鞭を執っていた」
「その大学に学生として通っていたのが黒井さ」
「僕の両親は、”日本は閉鎖的だ。 もっと世界と共に歩んでいかなければならない”と常々語っていた」
「大学でも、そういう講義を積極的に行ってたみたいだ」
「ここで勘違いして欲しくないのは、決して左翼的な思想ではなかったということさ」
「両親は国を売り渡そうなんてこれっぽっちも考えてなかった」
「世界各国と共同歩調をとり、人種の垣根を越えて、未来を作っていこうと説いていたんだ」
「でも、そういう風にとらえてくれない人たち、勘違いをしてしまう人たちもやっぱりいたんだよ……」

「まぁ、そういう両親だったから、嫌がらせとかも結構あったんだ」
「売国奴だのなんだの罵られるのはしょっちゅうだった」

み「酷いです……」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:18:32.10 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「それでも、両親は考えを捨てなかった」
「嫌がらせにも負けず、自分たちの考えを貫いていた」
「――僕はそんな両親を誇りに思っていたよ」

「そんなある日のことだった、その日は僕の誕生日だった」
「その日は両親が、無理をして休みを取ってくれて、僕が学校から帰ってくるのを待っていた」
「僕は嬉しくてしょうがなかった。 いつも僕は家で一人だったからね」
「僕は学校が終わった後、全速力で家に帰ったよ。 両親を待たせたくなかったからね」
「家に着いた僕は、すぐさまドアを開いた」
「そこで目にしたのさ」

「血まみれで倒れる両親と、あいつの姿を――」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:22:41.02 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
み「そんな、そんなことって……」

「僕は目の前の光景に頭が真っ白になった」
「視界に入るのは、真っ赤に染まった両親だった肉塊」
「そして狂気を手にニコニコと笑うあいつ……黒井の姿」

「黒井は僕の方をみて笑いながら言ったんだ」

な「ありゃ、見られてしもたな」
な「ま、ええか、ただのガキやし」
な「……ゴメンな、ボク。 お前のおとんとおかん殺してしもたわ」
な「怒らんといてな」

み「……」

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:27:33.80 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「そして黒井は何事もなかったかのように去っていったよ」

み「警察は? 警察には言わなかったのですか、黒井先生が犯人だと」

「もちろん言ったさ、金髪の髪の長い、関西弁を喋る女性だったって」
「黒井はすぐに容疑者として警察に連行された。 正確には任意同行か」

み「それで逮捕はされなかったのですか?」

「黒井は取り調べには知らぬ存ぜぬの一点張りだったそうだよ」
「しかもだ、あいつはアリバイ工作から証拠の隠滅まで全て完璧だった」
「それに加え、巧みな話術で警察すら懐柔させてしまった」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:30:42.64 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「結果、やつは証拠不十分で釈放」
「そのまま、のうのうと学生生活を謳歌し、教員免許まで取って卒業していったとさ」
「……両親を殺した犯人は今でも見つかっていないってことになっているよ」

み「…………」

こ「こいつは……予想以上に……」

「それから僕は死に物狂いで努力した」

「――この手で必ず、黒井を殺してやろうと思ってね」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:37:11.90 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「殺す……ですって?」

「……僕は必死に勉強した。 あらゆる本を読みあさり、知識を蓄えた」
「縄抜けの方法やらもそれで覚えたよ」

「身体能力の向上も欠かせなかった。 毎日オーバーワークを続けたよ」
「時には、疲労だけで死にそうになったこともあった」
「それでも、僕は挫けなかった。 やつに復讐することが僕の生きる意味だったから」

「僕はこの8年間学校にも行かず、そんなことに明け暮れていた」
「後見人の叔父さんにもだいぶ迷惑をかけたよ」
「色々無茶もお願いした。 でも叔父さんは嫌な顔一つせず、僕を助けてくれた」
「あの人がいなければ、僕はここまでやってこれなかっただろうね」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:42:41.38 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「まぁ、そんなこんなであいつの手がかりを探してた僕はようやくその痕跡を見つけた」
「最初は偶然だった。 この街で怒っている失踪事件を少し耳にした程度だった」
「普段なら、物騒だなと思う程度で済ませてたかもしれない」
「でも、何故かこの事件が気になってしょうがなかった」
「色々調べていくうちにさ、この学校のことを扱った記事を見つけた」

「そこに、黒井ななこという名前の職員が載っていた」

み「……!」

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:47:03.88 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「果たしてこれは、偶然だろうか?」
「その記事には、ご丁寧に写真も載っていたよ」

「そこには金髪の髪の長い女性が笑って写っていた」
「片時も忘れはしなかったさ」

「世界で一番、誰よりも殺したい相手の顔だよ」

み「それで、この学校に転校を?」

「……そうだよ」

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:51:18.85 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「最初に学校にやって来たとき、はらわたが煮えくり返る思いだった」
「僕の両親を殺しておきながら、生徒に囲まれ、笑顔でのうのうと暮らしている」
「あったその場で殺してやりたかった」

「でも、それじゃ僕の怒りが収まらない」
「あいつに、両親を殺したことを謝罪させた上で、殺してやらないと気が済まない!」

「あいつが担任だと言われたときは正直、ラッキーだと思った」
「あいつの様子を伺うのが楽になるし、やろうと思えば、いつでも殺せる……」

み「私たちと積極的に事件の捜査を行っていたのも、全て復讐のためだったのですか?」

「……もちろんさ」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 15:58:58.54 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「そんな、それじゃああのとき言ってくれた言葉はっ!」
み「平穏な生活を奪うやつは許さないという言葉は……」
み「ウソだったというのですか……?」

「それはウソなんかじゃない!」
「ただ、私怨が優先されていたのは事実というだけだよ」

み「……」

「でも、今の僕には……」
「確かに両親の復讐だけじゃないものもある……!」

557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:03:32.24 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「え……?」

「あいつは友達を殺した!」
「知り合って間もなかったとはいえ、友人の峰岸さんを殺した!」
「それも友人である、つかささんを使ってだ!」

「あいつの卑劣な行動は許せない!」
「大切な友人達の生活を冒したあいつだけは許せない!」

「僕が復讐してみせるさ、かがみさん、つかささん、峰岸さんたちの分まで……!」

「……さ、昔話はここまでだ」
「僕は行くよ、みんなは無理してついてくる必要はない」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:06:59.90 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「ど、どうしてそんなことを言うのですか!?」

「さっきも話したとおりさ、これには僕の個人的な復讐も含まれている」
「僕の身勝手にみんなを付き合わせる道理もないかと思ってね」
「ここで待っててくれれば、みんなの分も僕が頑張るだけさ」

み「見損なわないでください!」

僕はその声に驚きを隠せなかった
これほど大きな声で叫ぶみゆきさんを想像などしたことがなかったから

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:09:17.58 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「わたしは先ほど言いました」
み「大切な方のためなら全力を尽くしたいと」
み「こなたさんも、かがみさんも、つかささんも、それに応えてくれました」

み「そんな想いをあなたは踏みにじろうと言うのですか!」

み「それこそ、わたしたちに対する冒涜です……」

こ「みゆきさん……」

か「みゆき……」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:12:58.66 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「でも、危険だよ」
「もしかしたら命を落としてしまうかもしれない」

み「覚悟の上です!」
み「――わたしは命を落とすことより、ここでじっとして、何も出来ずに、あなたを行かせてしまうことの方が怖いです」

「みゆきさん……」
「……こんな僕に、力を貸してくれるのか?」

み「当然ですよ」

みゆきさんは僕の問いに即答してくれた
みゆきさんの言葉は思わず僕の目頭を熱くさせた

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:15:10.10 ID:C1Uw2ji40

            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |

か「あーあーあー、しょうがないわね」
か「わたしもついていってあげるわよ」

「かがみさん……」

か「ま、さっきも行くっていったばかりだし」
か「峰岸のことはわたしだってケリをつけたいしね」
か「ま、そういうことよ」

「……かがみさん、よろしく頼むよ」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:17:38.56 ID:C1Uw2ji40

   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!
こ「もちろん、わたしも行くよー」

「こなたさんも来てくれるの?」

こ「こんな話聞いちゃって、後に引けるわけないじゃん!」
こ「それにこういうシチュは燃えるじゃん!」

こ「――やれるだけやってみるよ」

「……うん、ありがとう」

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:20:18.24 ID:C1Uw2ji40

.                        / !
                      /  |
            _ _ _   _ _/    l
          <´     `丶.,、./    ;
           >、     Y_ 7 _,. -‐′:\
         /: : : _>-‐: :':´:i: :"`ヽ.\: : : : : ヽ.
        / : ,: : : : : : :/: : : 小: : : : : ヽ.Y: : : : : ハ
       /: : : /: : :/: : : l: : : /.|. | : |: : :∧リ: : : : : : :',
.      /: :/:/: : : ,': : : /l: : ,' l | : |: : : : :l: : : : : : : :!
     /: /: :l: : : : |_,:斗イ: ,'  | ',`メ、_: : :|: : : : : : : :|
     ,': /i: : l: : : : |: : :| l: i  l  Yヽ` : |: : : : : :i : |
     |/ .|: : |: l: : :ハ: :,' __| {  l  ヾ \:|: : : : : :| : !
     |  |: : |/|: : |: V,. --、     - 、. l: : : :i: :,'.: :|
.      |: : : :.l : ハ ゞ'´ ̄`    イニ‐、.l : : ,' / : : l
.      |: : :ハ:\トi / / / , / / / `ヾ: :/:/ :_: : |
       ',: :| ',: : :ヽ    、__    u/: :,'/: / l: :!
       Y  ヽ: :ト、`>-、 _,.  -:'7 :/ : : :/  リ

つ「わ、わたしも行くよ」

「つかささん、無理は……」

つ「ううん、無理じゃない」
つ「わたしはどうしても行きたいの」
つ「お願いします、わたしも連れて行って……」

「いや、僕からお願いしたいくらいだ」
「一緒に行こうか、つかささん」

つ「うん! 精一杯頑張らせて貰うよ」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:25:45.85 ID:C1Uw2ji40

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\

こ「それにしても、ゆーちゃん帰って来ないなー」
こ「心配だよ……」

か「確かに心配ね……」

こ「みなみちゃんが一緒にいると思うから、無事だと思うけどさ……」
こ「それでも心配だよー!」

か「日下部とも連絡つかないし……」

み「家族のことも気になります……」

「今は無事を祈るしかできないか……」

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:32:19.85 ID:C1Uw2ji40

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

「みんなの安否も気になるけど、今はどうやって黒井を倒すか考えよう」

み「そうですね、出来ることをやらなければ」

「まずは黒井のいるテレビ局にどうやって行くかだな……」

か「そこら中に黒井先生の手下達がうろついてるから、歩きじゃ無理よ」

こ「でもこの人数で、テレビ局まで行く手段なんて、そう多くはないよ?」

「うーん、何か良い方法は……」

?「そこはあたしにまっかせなさーい!!」

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:35:33.51 ID:C1Uw2ji40

                           x-- 、
              __      ____ / /⌒ハ
             〃、了ア> ´      ‘<  ノ_}
             {{  >'´.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ソ
             ,ゞ'´.:.:.:.:.:.:.:.: /7^"^"ト、.:.:.:.:.:.:~ヽ
           /.:.:.:.:.:.:.:.//.:./ | / l |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
          / .:.:.:.:.:.⌒〃トV  l    i l | .:.:.:.:.:.:.:.:.l
           /.:./ .:.:.:/.:..ル心   !   _,斗 .:.:.:|.:l.:.:.:|
            /: イ .:.:.: |.:..j{ヘイ:ハ     ≦气 | :.:.:.:|.:l.:.:.:|
            ´ |/l.: |乂ヘ.弋リ } ̄ゝ __''ン|.:.:.:/|/)W
             Y.:.. `jー‐'´ r'´`ヽ  | :./-イ/
.                |.: /个 、_ゝ-‐允≦V  '´
                  ∨   ,ィー'´    ̄    入   n
                   {     __/  / }} >ーぐ {
                  ヽ_刃__/ /||/  }_ノ
                  てフ¨¨¨¨'弋Z〃^⌒’
ゆ「ゆい姉さん、さんじょーうっ!!」

こ「ちょ、ゆい姉さん! 何してんのさ!」

ゆ「いやいや、みんなのことが心配になってきちゃってさ、ここまで飛んで来ちゃった。 エヘ」

こ「エヘ、じゃないから! もう、危険なことを……」

ゆ「だがしかし、君たちも今から危ないことに首を突っ込む気でしょう?」

こ「う、そ、それは……」

575 名前:規制食らったよ[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:41:42.02 ID:BpTjl2m30

                           x-- 、
              __      ____ / /⌒ハ
             〃、了ア> ´      ‘<  ノ_}
             {{  >'´.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ソ
             ,ゞ'´.:.:.:.:.:.:.:.: /7^"^"ト、.:.:.:.:.:.:~ヽ
           /.:.:.:.:.:.:.:.//.:./ | / l |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
          / .:.:.:.:.:.⌒〃トV  l    i l | .:.:.:.:.:.:.:.:.l
           /.:./ .:.:.:/.:..ル心   !   _,斗 .:.:.:|.:l.:.:.:|
            /: イ .:.:.: |.:..j{ヘイ:ハ     ≦气 | :.:.:.:|.:l.:.:.:|
            ´ |/l.: |乂ヘ.弋リ } ̄ゝ __''ン|.:.:.:/|/)W
             Y.:.. `jー‐'´ r'´`ヽ  | :./-イ/
.                |.: /个 、_ゝ-‐允≦V  '´
                  ∨   ,ィー'´    ̄    入   n
                   {     __/  / }} >ーぐ {
                  ヽ_刃__/ /||/  }_ノ
                  てフ¨¨¨¨'弋Z〃^⌒’
ゆ「警察官として、あたしは君たちを止めるべきなのかもしれない」
ゆ「でも、行かないといけないんだよね?」
ゆ「詳しくはわからないけど、行かなくちゃいけない理由があるんだよね?」

僕たちは黙って頷いた

ゆ「……うん、お姉さん、君たちの決意を汲んであげるよ」
ゆ「人間には必ずやらなくちゃ行けないこと、時があるんだよね」
ゆ「君たちにとって、それが今だというのなら」

ゆ「お姉さんが全力バックアップしちゃうZO!」

こ「ゆい姉さん……」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:45:31.21 ID:BpTjl2m30

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
      /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧
こ「さんきゅーゆい姉さん! 愛してるよー!」

ゆ「あたしもよー!」

ふざけながら抱き合う二人
でも、そこには確かな絆があるように感じられた

ゆ「さ、あたしの車に乗って、乗って」
ゆ「せまいけど我慢してねー」


ゆ「さて、光速でぶっ飛ばしちゃうからしっかり掴まってなよ!」

僕たちは黒井がいるテレビ局に向かった

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:51:39.46 ID:BpTjl2m30

                           x-- 、
              __      ____ / /⌒ハ
             〃、了ア> ´      ‘<  ノ_}
             {{  >'´.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ソ
             ,ゞ'´.:.:.:.:.:.:.:.: /7^"^"ト、.:.:.:.:.:.:~ヽ
           /.:.:.:.:.:.:.:.//.:./ | / l |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
          / .:.:.:.:.:.⌒〃トV  l    i l | .:.:.:.:.:.:.:.:.l
           /.:./ .:.:.:/.:..ル心   !   _,斗 .:.:.:|.:l.:.:.:|
            /: イ .:.:.: |.:..j{ヘイ:ハ     ≦气 | :.:.:.:|.:l.:.:.:|
            ´ |/l.: |乂ヘ.弋リ } ̄ゝ __''ン|.:.:.:/|/)W
             Y.:.. `jー‐'´ r'´`ヽ  | :./-イ/
.                |.: /个 、_ゝ-‐允≦V  '´

ゆ「さ、近くまで来たよ。 これ以上近づいちゃうと、目立っちゃうからね」
ゆ「あたしのバックアップはここまで」

こ「ゆい姉さんありがと、ホントに助かったよ」

ゆ「いいっていいって、遠慮しないでよ」

「僕からもお礼を言わせてください。 本当に助かりました、ありがとうございます」

ゆ「うむ、名も知らぬ少年よ……」
ゆ「こなたたちを……守ってあげてね」

「はい、力の続く限り」

ゆ「それを聞いて安心したよー。 それじゃ頑張ってね!」

僕たちはゆいさんに見送られ、テレビ局へ歩を進めた

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:56:17.03 ID:BpTjl2m30

か「さて、あっさりと中に進入できちゃったわけだけど……」

こ「なんだか拍子抜けだねぇ」

そうなのだ
テレビ局の周りにはほとんど人員が割かれておらず
容易に進入することが出来た

(僕たちを誘っているのか……?)

だとするなら、その挑発に乗ってやろうじゃないか……!

か「それじゃ次の角は右に……あたっ!」

?「ふぎゃっ!」

先頭を歩いていたかがみさんが、角で誰かにぶつかったようだ
黒井の手下に見つかってしまったのか!?

?「あたたた……もー、誰だよ、気をつけろよー」

か「ん? その声聞き覚えが……」

確かにどこかで聞いたような――

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 16:59:11.93 ID:BpTjl2m30

               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
     (ヽ        {:∧{ / :{__ / //ヽ、
    (\〉r',      ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
   rー'  .:} 〉-、    ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.
   `こ、 / : ∧-、 /   ヾヘ、:! {/,/}     ヽ
      {/ : /: ノ ∨    { \∨/ /ノ       \

日「お、なんだ、柊たちじゃねーか」

か「って、日下部!? 何であんたがこんなとこにいるのよ!」

こ「みさきち!?」

み「日下部さん?」

つ「みさおちゃん……」

「く、日下部さん? こんなところで何を……」

目の前に現れたのは、かがみさん・峰岸さんの友人である
日下部みさお、その人だった

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:07:19.07 ID:BpTjl2m30

               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
               {:∧{ / :{__ / //ヽ、
             ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
              ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.

か「ちょ、あんたここで何してんのよ!」

日「お? おー、テレビ見たらさ、黒井先生映ってただろ?」
日「ちょっと懲らしめてやろうかと思ってさー」

か「懲らしめるって、あんた……」

なんと、日下部さんは一人で黒井を懲らしめに来たというのだ

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:09:09.84 ID:BpTjl2m30

               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
               {:∧{ / :{__ / //ヽ、
             ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
              ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.

日「何となくお前らもいそうな気がしたしなー」

か「まったく、あんたってやつは……」

こ「みさきちらしい無鉄砲さだねぇ」

日「誰が無鉄砲だって? チビスケ?」

こ「むかっ! 今はそういうこと言っていい状況じゃないよ」

日「ホントのこと言われたからって、怒んなよー」

こうして僕たちの仲間に日下部さんが加わることになった
……大丈夫だろうか?

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:16:03.27 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「黒井先生は、この建物内のどこにいるのでしょうか?」

つ「……やっぱり放送スタジオじゃないかな?」

「ふむ、そこが可能性としては一番高いかな」

日「でもさ、でもさー案外屋上ってパターンもあるんじゃないかー?」
日「悪者って、高いところ好きだろー?」

こ「うーん、みさきちの言うことも一理あるかも……」

「確かにそれもあり得るなぁ……」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:17:28.88 ID:BpTjl2m30

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |

か「それじゃ、○○君が決めてよ」

み「そうですね、それがいいと思います」

「僕が決めて良いの? それじゃあ……」

1.屋上
2.スタジオ

>>600

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:20:31.22 ID:7jiatGhF0



604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:23:49.70 ID:BpTjl2m30

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

「やっぱり、スタジオじゃないかな」
「そこで放送してた訳だし、これからまた何か放送するかもしれないし」

み「それでは、スタジオを目指しましょうか」

僕の意見により、スタジオを目指すことになった

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:26:30.43 ID:BpTjl2m30

              _____
              \:.:.:.:.:.:.:.> - ‐ ‐ ‐- 、
                >.:.:.´:..    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
             ,..:.'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...   .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
              /.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./.:,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            'ー/.:.:.:.:.:.::::/.:.:.:.:.:.:/.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:./.:::::::/.:.:.:.:.∨.:/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ヽ
           /.:.:.:.:/.:.::::::::/.:.:.://X   ,'.:.::.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :.:.:.:.:i::.:.:.∧
.         ー--イ.:.::::::::::,'.:.:; '    \i.:.:.::::.:.:.:.:.:./.:.::;イ:.:.:... ;    ',
             /.::::::::/|.:./        !.:::::.:.:.:.:.:,イ.:.::/ |:.:.:.:.:.,':..     i
              ,'::::::,イ::::::|イ  \    |::::.:.:.:./7ーrー-|--:./.:.:.:.:..  .;
         /i:::;イ::Y.::::::/    \   |:::.:/ //  .|.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./
         '´ |//:::,'::::::/  ̄ ̄ ̄   j/       |.:/.:.:.:.::.:.:.|:./
             //|.:::八 :::::::           ___ j/:..:.:.:::.:.:..j/
      __/´ ̄_) 、 |.::::::∧   ___       \     /.:.:.:.:::::::::.:.:|
      /_: :`: . 、  )ノ |:.::;:'.j/\ i´‘′`ヽ     \ /.:.:.:::::::;イ:.:.:;'
.     /_: :`: : 、: :\)'r|.:/ / :¨`r_>、   ,!  ::::::::::: , ':.:::::::/|::|.::/
   ,.ノ‐ 、`: :、: :\: :ヽj/ / : : /‐- 、` ¨i´‐rー--‐/.:::::::/_,ノ:.:|/
.  /    \: :\: :ヽ/.' / : : /    .>'´: : :`ヽ/::.:::::;:イ:::/ヽ:::.:.|
 /        ヽ: : ヽ/: :i i : : ;'   /: : :;-r‐r=r-<´ |:/   \|
./        \/|: : | | : :i   /: : : :/____ノ
日「なーなー、えれべーたーつかおーぜー!」

か「また、あんたはアホなことを……」

日「階段で上まで登るのだりーよー」

か「ドアの前で待ち伏せされてたらどーすんのよ!」

「……いや、それも選択肢としてはアリかも」

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:31:01.21 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',

み「それは何故でしょうか?」

「待ち伏せされてる可能性は階段だって同じだよね」
「それに今、エレベーターは稼働している」
「これは、やつらが利用しているからだと思うんだけど」
「僕らが乗っている間に誰も入ってこなかったら、最短でスタジオまで行けるよね」
「連絡用に使ってるとしたら、エレベーターが移動してるのも不自然ではないしね」

こ「うーん、危険な賭ではあるけど、見返りは大きいか……」

つ「どうするの? 危険な賭は止めた方がいいと思うけど……」

「うーん……」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:33:16.37 ID:BpTjl2m30

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |

か「じゃあ、さっきみたいにまた○○君が決めればいいじゃない」

「え? また僕が決めるの?」

日「おーおー、どっちでもいいから早く決めてくれよー」

「えーっと、じゃあ……」

1,エレベーターを使おう
2.やはり危険だ、階段で行こう

>>620

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:46:21.98 ID:7jiatGhF0

3.テレポート

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:51:52.50 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',

「テレポートしてみるとか……」

み「…………え?」

か「……今は冗談言ってる場合じゃないはずだけど」

日「空気は読んだ方がいいんじゃねーか……?」

「や、やだな、ジョークだから、場を和ますためのジョークだよ」

日下部さんに空気読めって言われた、正直ショックだ……

再安価>>630

630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 17:53:37.43 ID:6o5epazk0

1

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:04:16.05 ID:BpTjl2m30

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
「エレベーターで行こう」

か「大丈夫? 危険じゃないかしら」

日「やったぜー! 歩くのダリーんだよな」

み「わたしは○○さんの考えに従いますよ」

「それじゃあ乗ろう……」

僕らはエレベーターに乗るという賭に出た
吉と出るか凶と出るか……

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:10:20.43 ID:BpTjl2m30

           ____,i ー- ――-- 、
    -==ニ二_,. -      |          ` ヽ
         /        !   ::..     \  /`:...イ` 、
         / /    /  ハ  ∧:..    i:. \::::::::::V::::::::::::\
      / ,.-/     /  /  V  ! ',\::..  l_j   ヽ:::::::ハ:::::::::::::::::\
   /,. ´ /   /  |:  /   ', ', ヽ \::..    ヽ ヽ::::::',::::::::::::::/
  /  //   i   :| /     ヽ:', ヽ_ ,.\-‐   ト  !::::::',:::::/
    /:::/  i  | ‐/‐V- .,     ヽ'´ ヽ_,,.-X::.   i::ヽ':::::::i/
    `゙,'   l  | :/  ―-       '"_rオ示斤   :l::::/ ̄li
     i:.  ハ | :∧<f代テミ     ,イ/::::i } リ ヽ::.  |/.::  l',
     { /|::::i l i :ハ k i:::: }      ト y‐ j   ri  }.::  |:i
     |:/ `∧ |! :| i 辷 ン      ヽ廴ン  / l |::.:  ! l
     !   i ハ  |ヽl           """    _,| |:.::.  ,' |
        j  ヽ :|:./! '""            イ ̄:/|!::.:: /.::. l
        l  ::.::.ヽ// 、   ―-―‐  ィ´ /::/.::.:: /.::.::.  !
        |  ::.::./ /    `゙  ‐-‐ ´ l  //   /:|::.::.  l
        |  ::.::.ヽ ゝ"´}  _ _/     ヽ/    ,.ハ::l::.::.:  |
か「ウソでしょ? 本当に着いちゃった……」

エレベーターは一度も止まることなく、目的のフロアに着いた
……ここまで順調だと、これは罠ではないのかと勘繰ってしまう

こ「……静かだね」

スタジオのあるフロアは静まりかえっていた
この静けさは不気味だ

日「とりあえず進んでみよーぜ」

日下部さんの言葉を受け、僕たちはスタジオの方へ向かった

640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:15:39.99 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「……ここでしょうか? 第一スタジオと書いてあります」

「……よし、みんな心の準備はいい?」

みんなはコクリと頷く

「じゃあ入るよ……」

僕はスタジオへのドアをゆっくりと開いた
そこで僕らが目にしたのは――

?「お待ちしていました、先輩方……」

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:21:25.71 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

み「みなみさん! 無事だったのですね」

こ「みなみちゃん! 無事だったの? 良かったよー」
こ「あ、ゆーちゃんは? ゆーちゃんは無事?」

「ちょっと待って、様子がおかしい」
「それに彼女がここにいるのは不自然じゃないか?」

ここは敵の本拠なのだ。しかも、ここは本丸候補である
こんなところに女生徒が一人というのはあまりにも不自然だと言わざるを得ない

み「そんな……みなみさんが敵だとでも?」

岩「……黒井先生はここにはいません」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:25:35.83 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

岩「これは先輩方を誘い出すだめの罠です」
岩「先輩方は、罠にかかってしまったということです」

み「そんな……ウソですよね……?」

岩「あの放送は録画です」
岩「先生がテレビ局にいると思い込ませるためのフェイクです」
岩「……先輩方を含め、反乱分子を一掃するための作戦だとのことです」

み「信じられません……みなみさんがどうして……」

岩「――ゆたかが人質に取られています」

652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:30:33.84 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

こ「ウソ……だよね? ねぇ! ウソだよねっ!」

岩「ウソではありません。 ゆたかは人質に取られ、わたしはこうして先輩方の前に立ちはだかっています」
岩「こうするしか、ゆたかの安全が保証されないから……」

「人質? あいつはどこまで汚いマネを……」

岩「先輩方の身柄を拘束させていただきます」
岩「先輩方と引き替えに、ゆたかを返してもらえるんです……」

「悪いけど、僕たちは捕まるわけにはいかないんだよ」

岩「抵抗しますか? ならば、これを使うだけです」

岩崎さんはそう言うと、懐から黒く光る……銃を取り出した

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:34:35.80 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

「そんな物騒な物はしまった方がいいんじゃないかな?」

み「みなみさん、やめてください! あなたはそんなことをする人じゃ……」

こ「そうだよ! そんなことしてゆーちゃん喜ばないよっ!」

岩「何を言おうと無駄です」
岩「私はゆたかのためなら、躊躇いなく、撃てます」

岩崎さんは銃口を僕らの方に向ける

……岩崎さんとの距離は2m弱
不意を突けばいけるだろうか

岩「さあ、どうしますか? おとなしく捕まってくれますか? それとも……」

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:40:22.87 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

岩「お願いします、拘束されてください……」

行くしかない!

「っあああああああッッッ!!」

岩「あっ!」

僕は岩崎さんの懐に飛び込む
反射的に岩崎さんは、銃の引き金を引いてしまう

銃口から発射された弾丸が僕の体を掠める
僕は、岩崎さんの手から銃をはたき落とす

銃は床を転がっていく

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:42:56.64 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

岩「っ……」

「これで、もう馬鹿なマネはできないね」

み「○○さん……」

日「ふいーっ、焦ったぜー……」

これで岩崎さんも、諦めて――

岩「甘いです、先輩」

「……ウソだろう」

岩崎さんは、懐から、もう一つ拳銃を取り出した

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:46:17.94 ID:BpTjl2m30

.   / : : : : : : : : : /: : : : : : :l: : : : : : : : : :.\
  / : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: : : :.:l : ヽ: : : : ヽ
  ,′: : : : : : : :.:.:|: : : :.|: : : :.|: : : :.:|: : :|: : : :ヽ: ',
  i: : : :.:|: : : : : :∧-─ト: : : :|: : : :┼ ‐ト: : l: : |: |
  |: : : :.:|: : : : : :|い: : ハ.: : :j: : : :∧: ∧: : : : l八
  |: : : :.:|: : : : : :|_ ∨ ∧: :/ : : / j/,斗:/: :/ :ハ
 │: : : :l: : : :.:<f矛テ卞 ∨: :' /イチ矛7: :/:.:.|ヽ:'、
. │: :l:∧ : : : : l r込zリ  ∨:/ r込zj// : :│ ヽ|
  |: : |{ '. : \:l        j/     /イ: : :j: │
.  | :∧ゝム: : :.:\::::.    _'   .::: ノ: : ∧:│
   l/ ハ: :∧ : : ト.:>    ´  . < : : / ∨
.      |: : ハ: : ∨/|`  ーr</j/|: :/
.       ∨j/ヽ : ∨ \  /  |\ j /
         /|lヽ、:\ ナ弋  ! l|`''く

岩「物事は、次の次まで考えておくものです」
岩「さあ、もう先ほどのような行為は通用しません」
岩「理解したのなら、私の指示に――」

岩「ゴフッ…………ぅえ?」

何が起こったのか、大きな音がした次の瞬間
目の前の岩崎さんが口から血を吹き出した

僕は音のした方を振り返る
そこには――

「つかさ……さん?」

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:49:46.36 ID:BpTjl2m30

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\

音のした方には、手に銃を構えたつかささんが震えながら立っていた

か「つかさ、つかさ……あんた何てことを……!」

つ「わ、わたしたちはここで捕まるわけにはいかないよね」
つ「それにあのままだと、○○君が撃たれちゃってたかもしれない」
つ「だ、だから、わたし……」

み「つかささん! あなたはまた人を――!」

「待って! 岩崎さんが何か……」

671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 18:55:42.71 ID:BpTjl2m30

                    -―――― ―-
                , '" : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶
              / : : /:/ : : : /: : : : :j : l : : : : : : :\
             / : : : /: :_:{ : : :/: : : ,: :-/| 、|: : : j : : : : : :
                / : : : : ,': :'´ハ : / : : : : : / :|:.∧: :/: : : : : : :
           /: : : : : :|: : /_ ∨ / : : / _j/ ∨: : : : : : : :
             / : : :|: : :ャテ=ァミ∧/: :/ィ代孑アア : : : : : : : :
          / : :/:│: / V込j  |/   ヒ込ン′/: : : : : : : : :
            / : :/: :│: l  ´   ,           /: : :/: : : : : ,′
        ///: : : :\|.::::::.        .::::::./: :/: : : : : ∧:
          /'  ,′ : : : l      (ヽ      //|: : : : : : /_ノ
         │: : : l : 人               /´ /: : : : : /: : :
岩「ゴホッ……わたし、死ぬんですね」

み「みなみさん! そんなこと言ってはダメですっ!」

岩「……これは当然の報いでしょうね」
岩「他人を犠牲にして何かを得ようとしたわたしへの罰」
岩「……先輩方、こんなことを頼める義理じゃないのはわかってます」

岩「それでもっ……っはっっ……ゆたかを、ゆたかを助けて」
岩「ゆたかを救ってあげてください……」

「大丈夫、必ず助けてみせるよ」

岩「そう……ですか、安心しまし……た……」

み「みなみさん、みなみさん! 返事をしてください! みなみさん!」

岩崎さんはそれっきり、目を覚ますことはなかった

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:00:48.31 ID:BpTjl2m30

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
か「つかさっ!!」

乾いた音が辺りに響く

か「あんた、あんたって子は、どうしてまた……」

かがみさんは涙を零している

か「どうして、罪を重ねるの! どうして人を撃つことができるのよッッ!!」

つ「あれが、わたしの役目だから……」

か「な、何を――」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:06:50.72 ID:BpTjl2m30

              ,. . . -‐‐‐-. . . 、_
            ,. :'´: : : : : : : : : : : : : :`: .、
.          /  . : : : : : :.;.ィ: : : : : : : : : \
.       , '  . . : : : : /: / l: :i: . . .     ':,
       / /:./: : 斗‐:;イ:./  !: |、:‐-、: : : : . . .i
.      /:./:/: : : : l: :/ l/    ヽ! ヽ: :i: :.i : : : : l
     /イ: l: ;ィ: : :l,ィz=x      x=z、|: :l : : l: : |
.     |: :l/:.l: 〃ん::ハ       ん':ハ∨: : :l : :!
.     |: :.:i.:.ヽ!| {: ー.:j       l:'ー;:j:.': : :.,' :.,'
       |: /l:.:.:.:.:i、` ‐'       ` ‐/: /: /: /
      l/ ∨:i、:.:.ヽ、. _  -  _ ,../:.;イ: //
           ヽ! \!ヽ!:.:.i  ̄ i:.:.//!/

つ「こういう時のために、わたしはお姉ちゃん達についてきたんだよ」
つ「お姉ちゃん達に人が撃てる? 撃てないよね」
つ「わたしは撃てるんだよ、もう戻れないところにいるから」

つ「あそこで捕まっちゃったら、わたしやお姉ちゃんは殺されちゃうかもしれない」
つ「わたしはお姉ちゃんやこなちゃん、ゆきちゃんや○○君が死ぬところなんて見たくないから」
つ「だからわたしが撃ったの、そうするしかないって思ったから」

か「つかさ…………」

かがみさんは膝から崩れ落ちてしまう
みゆきさんとこなたさんがかがみさんを支える

こ「……つかさ、つかさの気持ちは嬉しいよ」
こ「でもね、みなみちゃんも最後に言ってたでしょ?」
こ「誰かを犠牲にして何かを得ようとすると罰を受けるって」
こ「……つかさにも罰が下っちゃうかもしれないよ?」

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:10:41.50 ID:BpTjl2m30

              ,. . . -‐‐‐-. . . 、_
            ,. :'´: : : : : : : : : : : : : :`: .、
.          /  . : : : : : :.;.ィ: : : : : : : : : \
.       , '  . . : : : : /: / l: :i: . . .     ':,
       / /:./: : 斗‐:;イ:./  !: |、:‐-、: : : : . . .i
.      /:./:/: : : : l: :/ l/    ヽ! ヽ: :i: :.i : : : : l
     /イ: l: ;ィ: : :l,ィz=x      x=z、|: :l : : l: : |
.     |: :l/:.l: 〃ん::ハ       ん':ハ∨: : :l : :!
.     |: :.:i.:.ヽ!| {: ー.:j       l:'ー;:j:.': : :.,' :.,'
       |: /l:.:.:.:.:i、` ‐'       ` ‐/: /: /: /
      l/ ∨:i、:.:.ヽ、. _  -  _ ,../:.;イ: //
           ヽ! \!ヽ!:.:.i  ̄ i:.:.//!/

つ「覚悟は出来てるよ」
つ「わたしはこれが終わったら、地獄に堕ちるだけ……」

こ「……それなら、もうわたしが口を出す問題じゃないね……」

こなたさんは何かを悟ったように首を振った


「とにかく、ここを出よう。 いつまでもここにいてもしょうがない」

み「みなみさんの亡骸は……」

「僕が負ぶっていくよ」

僕は冷たくなった岩崎さんを背中に負ぶった

「さあ、行こうか」

691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:28:52.18 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
「ねえ、みゆきさん」

み「……なんでしょうか?」

「僕のやろうとしてることは本当に正しいんだろうか?」
「みんなを付き合わせて、結果的に辛い思いをさせてるだけなんじゃないだろうか」

み「……わかりません」
み「……でも、○○さんは自分を信じてあげてください」
み「わたしたちはあなたを信じている自分たちを信じて、ここにいるのですから」
み「だから、あなただけはいつも前向きでいて欲しいんです」

「……こんな僕を信用してくれる、君たちの期待は裏切られないな」
「……ありがとう、少し元気が出たよ」

み「いえ、わたしには何もできませんから……」

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:31:49.99 ID:BpTjl2m30

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Y : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
      /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

こ「ゆい姉さんと連絡ついたよ!」
こ「さっきの場所で待ってるって」

「僕たちのことを待っててくれたの?」

こ「かっこつけてたけどさ、ゆい姉さん心配性だからw」

み「でも、今は感謝するべきです」

「そうだね、感謝してもしたりないよ」

こ「とりあえずウチに戻ろう! 作戦立て直さなきゃ!」

694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:35:16.80 ID:BpTjl2m30

〜泉家 こなたの部屋〜
          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「結局、黒井先生の居場所もわかりませんでしたね」

「うん、これじゃ八方ふさがりだ」

日「でも、早いとこ何とかしねーとよ」
日「帰るときに見てきた街はひでーもんだったぜ……」

街は少しずつ、その損害の度合を大きくしていた
急がなければもっと被害が拡大してしまう

「でも、居場所の手がかりも……」

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:39:03.26 ID:BpTjl2m30

                 __
              / -―‐- 、:丶
             〃´      \:ヽ
             {{ __       }.::}
       _, - ―‐‐┤ \ー‐――'<
      /.::_/.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
______//_/____::/|.::{.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~|lll|'.::|.::|.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.l.::.::. ',
_             |lll「.::j.::l::.::.::l\⌒.::.::.::|.::.::.::l
│            |lll|::ハ.l:.::.:: |  ヽ.::.::.: |.::.::.::|
│            |lll|  ',.::.::.│  \.::.|.::.::. |
│            |lll|三 ヽ ::.:|三三7:ヽ|.::.::.`ヽ
│            |lll|"    \| ""・l.::.::|⌒l:ド、l
│            |lll|、 ‘ー'ー'     j.::.::|-イ.:|
│            |lll|:l>ー‐rーt< リ .::|.: l :|
│            |lll|:|_j;斗<_,>/.:: /! ::.: |
│            |lll|:| >、 __/.:: / ヽ.::. |
├‐tュ‐‐┬‐tュ――|lll|:| /     /.:: /   i.::.|
│ ‖  ‖ ll    |lll|:V      ,'.::.:/   .|.::.|
│ ‖  ‖ |!____ |lll|.::ヽ    i/.:/l    |.::.|

こ「お、メール来てるじゃん。 チェックチェックっと」

か「ちょっと、ふざけてる場合じゃないでしょ!」

こ「これくらいいいじゃーん……うおっ!」

日「うわっ! 急になんだよ! ビックリするじゃねーか!」

こ「黒井先生からだよ……」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:45:54.96 ID:BpTjl2m30

                 __
              / -―‐- 、:丶
             〃´      \:ヽ
             {{ __       }.::}
       _, - ―‐‐┤ \ー‐――'<
      /.::_/.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
______//_/____::/|.::{.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~|lll|'.::|.::|.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.l.::.::. ',
_             |lll「.::j.::l::.::.::l\⌒.::.::.::|.::.::.::l
│            |lll|::ハ.l:.::.:: |  ヽ.::.::.: |.::.::.::|
│            |lll|  ',.::.::.│  \.::.|.::.::. |
│            |lll|三 ヽ ::.:|三三7:ヽ|.::.::.`ヽ
│            |lll|"    \| ""・l.::.::|⌒l:ド、l
│            |lll|、 ‘ー'ー'     j.::.::|-イ.:|
│            |lll|:l>ー‐rーt< リ .::|.: l :|
│            |lll|:|_j;斗<_,>/.:: /! ::.: |
│            |lll|:| >、 __/.:: / ヽ.::. |
├‐tュ‐‐┬‐tュ――|lll|:| /     /.:: /   i.::.|
│ ‖  ‖ ll    |lll|:V      ,'.::.:/   .|.::.|
│ ‖  ‖ |!____ |lll|.::ヽ    i/.:/l    |.::.|

み「何と書いてあるのですか?」

こ「えーっと……○○ビルの屋上におるから、さっさと来いや、だって」

「○○ビルというと……この街で一番高いあのビル?」

み「そうですね、ショッピングから食事、運動や娯楽施設、など色々なテナントが入っているビルですね」

「そこに黒井がいるのか……」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:49:59.05 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
み「行かれるのですか?」

「……もちろん」
「行って決着をつける……!」

み「わたしも行きます」

「――みゆきさん、いいのかい?」

み「最後までお供させてください、わたしは結末を見届けたいんです」
み「あなたを見守っていたいんです……」

「……君は僕が守ってみせるよ」

み「……お願いしますね」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:53:10.58 ID:BpTjl2m30

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Wヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'W^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
か「雰囲気出してるところ悪いけどさー」
か「わたしも行くわよ。 このままじゃ腹の虫が治まらないからね」

日「あたしも行くぜー! なんだかおもしろそうだしな」

つ「わたしももちろん行くよ」

こ「もち、わたしも」

「みんな……最後まで一緒に頑張ろう!」

一同「オーッ!!」

711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 19:57:08.04 ID:BpTjl2m30

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',

み「また、あっさりとここまでたどり着けましたね……」

「僕らを誘ってるんだろう」
「あいつは、それでも勝てる算段がついてるんだ」

み「危険なのでは?」

「危険なのは百も承知、あいつの策ごと叩き潰してやるだけさ」

こ「いざ伏魔殿へGO!」

か「真面目にやりなさいよ……」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:04:34.16 ID:BpTjl2m30

僕たちがビル内に足を踏み入れた直後
館内放送が響く

な「ようこそ、諸君! よく来てくれたなぁ」

「黒井ッ……!」

な「ウチはこのビルの最上階におるでー」
な「さっさと上ってきいや」
な「あ、ただ上ってくるんじゃおもしろくあらへんから、道中に幾つか試練を用意しといたで」
な「死なないように気張りや」
な「そんじゃ待ってるでー」

放送はそこでストップした

「試練だと? そんなもの蹴散らしてやるさ」

こ「燃えてキター! RPG的展開!」

日「おもしろうそうじゃん! やってやろうぜ!」

一部の人間のモチベーションが上がっている
でも、こうしたやりとりが沸騰しそうな頭を冷却してくれている
……仲間にはいくら感謝しても足りないよ

「さあ、上ろう」

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:17:46.90 ID:BpTjl2m30

5/20F

な「あーあー、聞こえるかな? 諸君」
な「ここは”恐怖! 迫り来る炎と防火扉!”やでー」
な「今から火ぃつけるから急いで次の階に走るんや」
な「次のフロアの前には防火扉が設置されとる」
な「そこが閉まるまでにたどり着けへんかったら、アウトや」
な「ちなみに火が広まるスピードは速いでー?」
な「お前等が全速力で走ったところで、間に合わへんやろな」
な「それじゃあ健闘を祈るわ」

そこで放送は途切れた
それと同時にフロアのあちこちから火の手が上がり始めた

「急がないと!」

僕らは急いで走り出す
だが、火の手が回るスピードは予想以上に速い

「このままじゃ間に合わないッ……!」

日「……ふぅ、しょうがないなー」

か「日下部っ? どうしたの、走りなさいよ!」

日「いいから、お前等は走れよー」
日「あたしはここで火を食い止めてやるよ」

か「火を食い止めるってどうやって!」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:21:12.30 ID:BpTjl2m30

               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
     (ヽ        {:∧{ / :{__ / //ヽ、
    (\〉r',      ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
   rー'  .:} 〉-、    ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.
   `こ、 / : ∧-、 /   ヾヘ、:! {/,/}     ヽ
      {/ : /: ノ ∨    { \∨/ /ノ       \
      ヽこ;/   ⌒ヽ\/ > ^´<´ \      ヽ
日「それはほら……ふんぬっ!」

日下部さんは近くにあった消化器を取り出す

か「馬鹿っ! そんなので消えるわけ無いでしょ!」

日「時間稼げりゃいいんだろ? それだったらこれで何とかなるって」

か「あんた、ここで死ぬつもり!?」

日「んな訳ねーだろ? ただここいらでかっこつけよーと思っただけだ」
日「時間ねーぞ、さっさと行けッ!」

「――かがみさん、行こう」

723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:24:44.42 ID:BpTjl2m30

        、__ , . -<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ̄ >:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           / : : : : ,: : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ:ハ
.         /: : : : : : /: : 〃 : : : : : : : : !: : : : : :!: : : : :|: :|: :'.
         /: :.ィ: : : : /: :`メ」 : : : : : : : :∧_ : : | : : : : l: :|: : !
.        // /: : : : | : : / |ヽ| : : : :斗, ´' : : : : ! : : : : l: :|: : |
       /'  ..': : : :l: :|: :/   l: :'!: : : : //   '. : : | : : : : ト、|: : |
        |l: : : :|: :! .'   W∨: : 〃    \/: : .|: : |: :!: : !
          _」l: : ./! :}ハ    _ ∨.:.'  __     l: : : :|: : |: : : :ヘ
       .' |l: ::.' .! : : :} 乏ニ彡 V'   辷二孑! : : .': : .!: : : :「`
.      l  |l .': : l: : : :l     ,         |.: :/ : : .' : : : |
.      _r-! .|l'/ }l: : :八つ    ┌‐へ  ⊂つ|: .': : :/ : : : : |
.   r-「 .{ {. レ  .' V: : :ト > 、 _ ゞ、ノ   イ :イ}: : /: {\: : |
.   L人 _ヽ }  /  ∨: :l ヽ:|  _厂,` ー ´{⌒// l :∧: :!  ヘ{
    l       /   V :|  /:::::::/    /:::::::::ヽ}/  ヽ!
   ヽ     ノ.     ∨_.イ::::::::::::厂 ̄`/:::::::::/'_\
か「でもっ、日下部がっ!」

「彼女の決意を無駄には出来ない……ここで閉じ込められたら、それこそ意味が無い」

か「でも、でもっ!」

日「だいじょーぶだって、あたしは不可能を可能にする女だぜ?」

か「……絶対に死ぬんじゃないぞ! わかった!?」

日「おーおー、了解りょーかい」

日「……やっと、行ったか。 まったく、柊は心配性なんだよナー」
日「さてと、それじゃー精々かっこつけるか!」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:28:40.97 ID:BpTjl2m30

        , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | W |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
か「うぅっ……日下部ぇ……」

つ「お姉ちゃん、涙を拭いて」
つ「みさちゃんはきっと大丈夫だよ」

また、誰かを踏み台にしている
僕の行く先に、本当に未来はあるのか……?

み「信じましょう」

「みゆきさん……」

み「日下部さんはきっと大丈夫です」
み「そう信じて前に進みましょう」

「……そうだね、それが彼女に対して今僕たちができる唯一のことだ」

み「……はい」

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:35:26.10 ID:BpTjl2m30

10/20F

な「ここまで来られたんやな、感心するで」
な「頑張っとるお前達にご褒美や、ここはボーナスステージやで」

「ボーナスだと?」

な「このフロアのどこかに小早川が隠されとる」
な「探し出せたら連れて帰ってもええで」

こ「ゆーちゃん? ゆーちゃんがここにいるの!?」

な「ただし、捜索できる人間は一人だけや」
な「それ以外は上に進むこと」
な「守らへんかった場合はそのフロアはドカンや」
な「それじゃ、精々頑張りや」

「この階に小早川さんが……」

か「急いで探さないと!」

み「待ってください、先生は探して良いのは一人だけだと言っていました」
み「そうしなければ、このフロアごと……と」
み「あれは脅しではいないと思います」

「今までしてきたことを考えると、脅しではないだろうね……」

か「じゃあ誰がここに残るのよ!?」

こ「――わたしが探すよ」

731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:38:48.08 ID:BpTjl2m30

            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.、__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j::.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:. : : : : \:. : : :\
           / : : : : :/: : : :.:.:.:.:.:.ノ:.:::./ |::::.:.:.:: :| : : : :| : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘー-、::\
            |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:ノ:.:.:::.:.:.:.:/.:.::/  |:::.:.:.:.:.:|`ヽ:.:.:|、:::.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ、  ̄
         |.:.:.:.:.:/:.:.:::/.:.::::.:.:..:;メ、::/  |:::.:.:.:.:.:j  }:.:|´|::::.:.|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
           |.:.:.:.:/.:.::::/:.::::.:.:..://:.:/\  |::::.:.:.:./  /|::| |::::.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
          |.:.:./:.::::;イ.:.::::.:..://:/__ ヽ|::.:.:.:/ ∠__|:j__ |::.:.:l:.::|::::ト、:::::::.:.:.:|
         |.:/.::/.:|.::::.:.::/ヤテ;ア〒オ |:::.:./  'オテ:;マ:7 ハ::.:|.:.:|::::| `ヽ、::::.|
         //.:.:.::|.::::.::/:::|i {o:k::j::|  j;/   {okノ::j ハ:.V:.::7::::|    \l
         ´j.:.:.:.:.::{|:.:.:/:.:|:;j 、V:z:;;ソ,       V:z;;7,λ::::::.:./|::::|
         |.:.:.:.:.:.:.|::/|:.::::|:i   ̄       、  ̄ ・{::|::::.:/ |::7
         |.:.:.:.:.:.:.:ゝヘ:.::::`\         ,  ,    ノ::j:/i  |:7
         |.:.:.:.:::.:.:.i:.::.:ヘ.:.:.:::::\   `ー'´ ̄   ,.イ::::::::::::.|  リ
          |i.:.:.:::.:.:.:|.:.:.:.:.:.\:.:.:.:::\‐- _,-‐、τ´:::/|::::::::::::.|
           j:|:.:.::::.:.:.:|:.:.i:::.:γ⌒ヽ、:.:.:.:.:/  }ー-ィ、 |:::::::::.:.|
          |j:.:.:.::::::.::|.:.|:::./ `ー-、_ `ヽλ、 ,/    i| |:::::::.:.:l
           |.:.:.:.::::::.:..|:.:!:/〃ニニ〈` ー-'ヽ 〈    i| |::i:.:.:.ノ
            |.:.:.:.:::::::::::|.:.:j〃´ニニ〈ヽ、_,ノ )ヘ、 リ リ|:.:./
            |:.:.:.::::::::::::|:::| γ⌒丶ヽ   ) イ.ヽ、j;/  j:/
こ「わたしはゆーちゃんのおねーさんだからね」
こ「みなみちゃんとの約束守って、ちゃんと連れて帰らないと」

か「こなた……」
つ「こなちゃん」
み「こなたさん……」

「一人で大丈夫? ここは僕が……」

こ「安心してよ、わたし一人でも大丈夫だって」

733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:42:35.69 ID:BpTjl2m30

            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.、__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j::.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:. : : : : \:. : : :\
           / : : : : :/: : : :.:.:.:.:.:.ノ:.:::./ |::::.:.:.:: :| : : : :| : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘー-、::\
            |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:ノ:.:.:::.:.:.:.:/.:.::/  |:::.:.:.:.:.:|`ヽ:.:.:|、:::.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ、  ̄
         |.:.:.:.:.:/:.:.:::/.:.::::.:.:..:;メ、::/  |:::.:.:.:.:.:j  }:.:|´|::::.:.|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
           |.:.:.:.:/.:.::::/:.::::.:.:..://:.:/\  |::::.:.:.:./  /|::| |::::.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
          |.:.:./:.::::;イ.:.::::.:..://:/__ ヽ|::.:.:.:/ ∠__|:j__ |::.:.:l:.::|::::ト、:::::::.:.:.:|
         |.:/.::/.:|.::::.:.::/ヤテ;ア〒オ |:::.:./  'オテ:;マ:7 ハ::.:|.:.:|::::| `ヽ、::::.|
         //.:.:.::|.::::.::/:::|i {o:k::j::|  j;/   {okノ::j ハ:.V:.::7::::|    \l
         ´j.:.:.:.:.::{|:.:.:/:.:|:;j 、V:z:;;ソ,       V:z;;7,λ::::::.:./|::::|
         |.:.:.:.:.:.:.|::/|:.::::|:i   ̄       、  ̄ ・{::|::::.:/ |::7
         |.:.:.:.:.:.:.:ゝヘ:.::::`\         ,  ,    ノ::j:/i  |:7
         |.:.:.:.:::.:.:.i:.::.:ヘ.:.:.:::::\   `ー'´ ̄   ,.イ::::::::::::.|  リ
          |i.:.:.:::.:.:.:|.:.:.:.:.:.\:.:.:.:::\‐- _,-‐、τ´:::/|::::::::::::.|
か「――危なくなったらすぐに逃げるのよ」

こ「おkおk、自分の安全第一でいくよ」

つ「こなちゃん気をつけて……」

み「くれぐれも注意してくださいね……?」

こ「まっかせてよ! ゆーちゃん見つけたら、すぐに追いつくからさ」

「……ああ、待ってるよ」

僕らはこなたさんを残して、上へと向かった


こ「よーっし! ゆーちゃん待ってろよー!」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 20:51:14.06 ID:BpTjl2m30

11/20F

か「こなた大丈夫かしら……?」

つ「きっと大丈夫だよ、下には何も――」

その時だった、つかささんの言葉を遮るように下のフロアから爆音がしたのは


み「ど、どういうことでしょうか!?」

「おい、黒井! これはどういうことだっ!」


な「下の階に残ったのは……ああ、やっぱり泉か」
な「いやー、家族愛は素晴らしいなぁ」

な「……今お前等はどうして下のフロアが爆発したか不思議やろ? そうやろなぁ」
な「ハッキリ言うで、そうするとウチが楽しかったからや」
な「もちろん、下の階にはちゃんと小早川もいたで? 姉妹仲良く天国に行けて幸せやろうなぁ」

「このッ……外道がぁぁぁっっっっ!」

か「ウソ、ウソよ! 日下部の次はこなたなんてウソよっ!」

な「もっともっと、ウチを楽しませてや! ほな待っとるでぇ」

か「○○君……わたしもあなたと同じだわ、あいつを殺してやりたいッ!」

「……ああ、あいつは絶対に許さないッ!」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:02:56.24 ID:BpTjl2m30

18/20F

な「さて、ここまで来たお前等は凄いなぁ」
な「ここが最後の試練や、喜びや」
な「その階にはお前等を殺すように命令されとる連中がわんさかおる」

な「ガチンコ勝負や、そいつらを殺してウチのところにたどり着いてみぃ」
な「楽しみに待っとるで」

その放送が終わった途端フロアのあちこちから、手に凶器をもった連中が沸いて出てくる
皆一様に、荒い呼吸をし、目は血走っている
極度の興奮で我を忘れているのか……

つ「ようやくわたしの出番かな?」

そういうとつかささんは懐に忍ばせておいたらしい拳銃を取り出す

か「あんた、それ持ってきてたの!?」

つ「うん、いざというときのためにね」
つ「弾もみなみちゃんの制服からくすねておいたんだ」

み「つかささん……」

「つかささん……君だけにそんなことをさせるわけには……」

つ「行って!!!!!」

普段のつかささんからは想像も出来ない大音量だ
フロアの空気を揺るがすかのような声に、僕は思わず気圧されてしまった

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:11:01.91 ID:BpTjl2m30

              ,. . . -‐‐‐-. . . 、_
            ,. :'´: : : : : : : : : : : : : :`: .、
.          /  . : : : : : :.;.ィ: : : : : : : : : \
.       , '  . . : : : : /: / l: :i: . . .     ':,
       / /:./: : 斗‐:;イ:./  !: |、:‐-、: : : : . . .i
.      /:./:/: : : : l: :/ l/    ヽ! ヽ: :i: :.i : : : : l
     /イ: l: ;ィ: : :l,ィz=x      x=z、|: :l : : l: : |
.     |: :l/:.l: 〃ん::ハ       ん':ハ∨: : :l : :!
.     |: :.:i.:.ヽ!| {: ー.:j       l:'ー;:j:.': : :.,' :.,'
       |: /l:.:.:.:.:i、` ‐'       ` ‐/: /: /: /
      l/ ∨:i、:.:.ヽ、. _  -  _ ,../:.;イ: //
           ヽ! \!ヽ!:.:.i  ̄ i:.:.//!/
つ「ここでみんなでいるよりは、わたしが足止めしてるほうがよっぽど効率的だよ」
つ「これが、わたしがここにいる意味、わたしの最後の望みなの」
つ「お願い、みんなわたしを置いていってください」

み「行きましょう、○○さん」

「みゆきさん!? つかささんを置いていけっていうの!?」

み「もうつかささんの決意は揺らがないでしょう」
み「日下部さん、こなたさん、彼女たちを犠牲にしてきたわたしたちがここで倒れるわけにはいかないと思います」
み「もう止まれないんです、わたしたちは」

「くっ……! ……つかささん、頼む、死なないでくれ」
「生きて、それで罪を償って欲しい」

つ「努力してみるよ」

僕らはわき上がる感情をひたすら押し込めて、フロアを疾駆した

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:16:39.36 ID:BpTjl2m30

「クソッ! クソォッ!」

僕は悔しくて、申し訳なくて、涙が出そうだった
みんな、みんな倒れていく! 僕たちを前に進ませるために!
僕は怒りと哀しみで心が爆発してしまいそうだった

黒井への殺意だけが、今は僕の足を動かしてくれる

ふと、となりのみゆきさんに目をやる

――彼女は泣いていた
さきほどの決断を悔いているのだろうか
あるいは今まで積み重なってきた後悔全てだろうか

彼女も、僕と一緒に戦ってくれているのだ

彼女は、彼女だけでも僕が守ってみせる――!

「……? あれ、かがみさんは……」
「みゆきさん、かがみさん知らない?」

み「かがみさんなら、後ろに……いない?」

「…………まさか――!」

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:20:07.41 ID:BpTjl2m30

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\

つ「はぁはぁ……弾無くなっちゃった」

つかさは全ての弾丸を使い果たしてしまっていた
まだフロアには数人の手下どもが生き残っている

つ「っ……!」

つかさは近くで死んでいる男の手からナイフを奪う

つ「うああああっ!」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:26:07.81 ID:BpTjl2m30

つかさはナイフを構え目の前の男に突進する
しかし、あえなく躱され、すれ違いざまに鉄パイプの一撃を受けてしまう

つ「あっ……ぐぁっ!」

脇腹の辺りに激痛が走る
肋骨が折れたのだろう

つ「わ、わたしがやらないとっ……!」

つかさは両足に力を込め、立ち上がろうとするが
体が言うことをきかない

つかさに男が近づいていく
その手には先ほどつかさを殴った鉄パイプがしっかりと握られている

つ「わたし、これでお終いかな……?」

つかさはそのとき死を覚悟した
ゆっくりと瞼を閉じる……

つ「お姉ちゃん、ごめんね……」

鉄パイプがつかさに振り下ろされる

……がつかさにその衝撃はいつまでたってもやって来なかった

つかさはゆっくりと目を開ける

つ「……おねえちゃん……・?」

761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:32:07.27 ID:BpTjl2m30

        \、
      ___>` ー---|`ー -- 、
    ,ィ´ ァ:.: : : : : : : :.:.:.:|: : : : : : : \
   / / : /:.: /: :.,イ: :./|:.!: \: .: : : : :<⌒ヽ
    /:/: :/: :./___/ !: / .|:.|l: .:__ヽ: :.\:.:ヽ\ \
    /イ: :/: :./´:./` |/  |:.||ヽ: :`ヽ: : :.ヽ: :} \{
     /: :.': :.:i: :./  |   Y  \: :|: : : :.∨ /
.    ': : { : : |:./ ,_        _, ヽ!:.:: :.|:.:|ィ´
    |: :/|: : :|イ ィ=ミ    ィ=ミ } : : ト、!:|
    |;イ: ! :./`|           ム : : |:/: |
      |:|.:V:l`ri^ixx  、__,   xxrvィヘ : |: : :|
      |:|: : :l: :〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /:.:.:V: : : |
      |:|: : :l:/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}:!: : : :|
      |:|: : :l{.  /   /:.:l ./|   |: :/  |:l:.:. :.:.|
      |:|: : :l| /   ∧:.:|/:.l  |:/  .!:l: : :.:.|
か「大丈夫、つかさ?」

つ「おねえちゃ……ど……して……ここに?」

つかさは自分の目を疑った
そこにあったのは最愛の姉の顔だった
しかし、彼女は上に行ったはずでは……?

か「ばーか、あんた置いて一人で行けるもんですか」
か「あんたがどんなことしでかしたって、わたしが見捨てるわけないでしょうが」

つ「おねっ……おねえちゃ……」

姉の姿を見たからだろうか、先ほどはいくら頑張っても動いてくれなかった体が動いてくれる
まだ、立ち上がる力が残っている

764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:38:35.20 ID:BpTjl2m30

か「さ、こいつら蹴散らすわよ?」

つ「うん、お姉ちゃん!」

二人「うあああああっ!!」


姉妹の力だというのだろうか
二人はフロアに残っていた連中を次々と昏倒させていった

か「はぁっ、はぁっ……何よ、全然大したことないわね!」

つ「はぁっ、はぁっ……やっぱり、お姉ちゃんは、凄いね」

か「当たり前でしょ? わたしはつかさのお姉ちゃんなんだから」

笑顔を見せ合う二人、だが、彼女たちは油断していた
まだ完全に力尽きていない者がいたのだ

それは、凶器を手に二人に近づいていく

か「ははっ…………つかさっ、危ないッ!」

つ「――えっ?」

かがみはつかさを突き飛ばした
急に突き飛ばされたつかさは訳がわからず困惑した

つ「急になにするの、お姉ちゃん……お姉ちゃん……?」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:45:10.65 ID:BpTjl2m30

か「かはっ……大丈夫? つかさ?」

つ「え? お姉ちゃん……? お姉ちゃん!」

つかさをかばったかがみの腹部には、銀色に光るナイフが深々と突き刺さっていた

つ「お前っ! お姉ちゃんに何するんだっ!」

つかさはかがみにナイフを突き刺した人間を、鉄パイプで殴り倒す
そして、かがみの元へと駆け寄る

つ「お姉ちゃん! お姉ちゃん!! しっかりしてよ、お姉ちゃん!!!」

か「つかさ、良かった……無事なのね……」

つ「どうして、どうしてわたしをかばったの!? 刺されるのはわたしで良かったのに!」

か「馬鹿ねぇ、妹が刺されるのを、黙ってみてられる姉がいるわけないでしょうが……」

つ「でもでもっ、お姉ちゃんお腹からこんなに血が、血がっ!」

つかさはかがみの傷に手を当てる
だが、血は止めどなくかがみの体から溢れ出てくる

つ「やだっ! やだよ! 死んじゃやだよ、お姉ちゃん!」

か「つかさ、よく聞いて……?」

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:51:24.86 ID:BpTjl2m30

        \、
      ___>` ー---|`ー -- 、
    ,ィ´ ァ:.: : : : : : : :.:.:.:|: : : : : : : \
   / / : /:.: /: :.,イ: :./|:.!: \: .: : : : :<⌒ヽ
    /:/: :/: :./___/ !: / .|:.|l: .:__ヽ: :.\:.:ヽ\ \
    /イ: :/: :./´:./` |/  |:.||ヽ: :`ヽ: : :.ヽ: :} \{
     /: :.': :.:i: :./  |   Y  \: :|: : : :.∨ /
.    ': : { : : |:./ ,_        _, ヽ!:.:: :.|:.:|ィ´
    |: :/|: : :|イ ィ=ミ    ィ=ミ } : : ト、!:|
    |;イ: ! :./`|           ム : : |:/: |
      |:|.:V:l`ri^ixx  、__,   xxrvィヘ : |: : :|
      |:|: : :l: :〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /:.:.:V: : : |
      |:|: : :l:/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}:!: : : :|
      |:|: : :l{.  /   /:.:l ./|   |: :/  |:l:.:. :.:.|
      |:|: : :l| /   ∧:.:|/:.l  |:/  .!:l: : :.:.|
か「つかさ、あんたはちゃんと生き延びて、警察に捕まんなさい」
か「そして、ちゃんと罪を償うの。 いい? これはお姉ちゃんからの最後のお願いよ?」

つ「うん、うん! ちゃんと自首する! だからお姉ちゃん死なないでよっ!」

か「あたしも……死にたくは……ないんだけどね」
か「ゴホッ……つかさ、愛してるよ……」
か「お父さんと、お母さんと、お姉ちゃん達をよろしくね……」

その一言を最後に、かがみはピクリとも動かなくなってしまった

つ「お姉ちゃん? お姉ちゃん!? お姉ちゃん!!」
つ「いやっ……いやあああああああああっっっっっっ!!!!!!」

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:54:51.98 ID:BpTjl2m30

〜最上階〜

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「おお、やっときたか」
な「残ったのはお前達二人か、なかなか頑張っとるやん、褒めたるで」

「黙れっ! お前なんかに褒められたくないっ!」

み「わたしも同感です」

な「あーあー、高良までそんなこと言うなんて酷いなぁ」

「お前には聞きたいことが、山ほどある」

な「何や、何や? 今やったら冥土の土産に何でも答えたるで?」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:05:29.68 ID:BpTjl2m30

「まず、何故失踪事件を起こした?」

な「ウチの兵隊を作るため」

「何故、人を殺した?」

な「ウチの言うことを聞かへんかったから」
な「それに、ただ捕まえるのに飽きてたんや」
な「どうせなら、もっと派手に、恐ろしく、狂おしくしようかと思ってなぁ」

「何故、つかささんを手駒にした?」

な「別に特別な理由はないで? たまたまや、たまたま」

「……警察の対応の悪さや、学校が通常通り運営されていたのも、お前の差し金か?」

な「せや。 こー見えても、ウチ結構お偉いさんと知り合いなんやで?」

「一体こんな騒ぎを起こしてどうするつもりだ?」

な「放送で言ったやろ? あの通りや」

「そんな要求を日本政府が呑むとでも?」

な「呑まなければ、人が仰山死ぬだけや」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:12:48.41 ID:BpTjl2m30

「……では、最後にもう一つだけ質問だ」

な「何や、言うてみぃ?」

「俺の両親を殺したのは、お前か?」

な「………………」

「………………」

一瞬の静寂の後、黒井が口を開く

な「そうや、ウチが殺した」

「――――!」

な「いやぁ、中々やったで? お前の両親」
な「最後の最後まで命乞いをしてきてなぁ」
な「それを断った時の顔と言ったら傑作やったで」

み「なんて恐ろしいことを……」

「お前は俺が息子だと知っていながら入学させたのか?」

な「何や、さっき最後言うたやん。 ……まぁええわ、答えたる」
な「――結論から言うともちろん知ってたで」

「ならば、何故入学を許可させた。 お前の力なら、入学を取り消すことも出来ただろう?」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:20:45.15 ID:BpTjl2m30

な「だっておもしろいやん」

「な……?」

な「両親を殺された、息子が復讐の為にウチの学校にやって来る」
な「まるでドラマか漫画やで?」
な「お前がどこまで足掻いてくれるか楽しみにしとったんや」

な「……予想以上の悪運やったみたいやけどな」

「そうか、なら俺が聞きたいことはこれで終りだ」

な「それで? 次はどうするんや?」

「後はお前を殺すだけだ」

そして僕は拳銃を構えた

み「○○さん、どうしてそんなものを……!?」

「つかささんと、同じさ」
「僕も岩崎さんから一丁くすねておいたんだ」

「さあ、観念しろ、黒井」

な「……くくっ……あーっはっはっはっは!」

「な、何がおかしいッ!」

な「いやな? お前がまさかそんなものまで持ち出してくるなんて思わなかったんや」

792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:27:22.83 ID:BpTjl2m30

            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
な「ええで? 引き金引いてみいや」
な「ただし、その瞬間ウチは高良に向かって、引き金を引くだけやけどな」

黒井はそう言うと後ろに組んでいた手を解く
その左手には、俺と同じ銃が握られていた

な「さっさと引き金を引くとええ。 ウチは死んでもかまへんで」
な「ただウチが死ぬときは、高良も死ぬだけや」

「くっ……外道め……!」

な「今更何言っとるんや! こんなことしでかす人間が、善人やと思っとるんか?」

このままでは、黒井を殺したところでみゆきさんまで死なせてしまう。 一体どうすれば……

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:32:59.55 ID:BpTjl2m30

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
つ「ふぇっ……お姉ちゃん……」
つ「……っく、わたしも行かないと、まだ、間に合うよね」

つかさは何かを決意すると、ゆっくりと立ち上がる
その時だった、つかさの服から何かが地面に落ちた

つ「これ……」

それは一発の銃弾だった

つ「お姉ちゃん、これはお姉ちゃんからの贈り物だよね」

つかさはそれを握りしめ、ゆっくり、ゆっくりと階段へ向かった

798 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:36:16.03 ID:BpTjl2m30

                      / ̄`丶、
                 ___/: : : : : : :  ̄  ‐- _
     ◯            /´: : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶          °
         o        /: : : ´: : : :.| : : : :ヽ: : : : : : : : : :\: : : : \
                //: : : / : : | : : : : : \: : : : : : : : : :\: : : : ヽ
               /: : : : :/ : : : |:.l: : : : ハ \: : : : : : : : : :\: : : :ヽ
                /: : : : : /: : : / |:.l: : : : | ヽ \: : : : : : : : : :\: : : ',
          /:/ : : : : /:|: : :/ |:.l: : : : |ー-\<\: : : : : : : : : ヽ: : i
          /: /: : : : : :./ ┼: /-‐レヘ: : : :|  x行代心\ : : : : : : : : \!
            /: /l : : : : : ,': :/|:./x行外ヘ.: : :l   {ハト イlj゙ヾ\: : : : :\ : : ヽ
            ∨ .| : : : : : : /: lYハノトイ| ヽ : |   V込:: リ   |\: : : : 厂lヽ|      O
           | : : : : i / : : :l V少  ,\| ///`    |: : ヽ: : :| : |
           ', : : : :.|ヘ: : : :|. ////////     |: : :.: |∨ :│
            ヽ: : : |:∧: : :}      ^^         ,': : : : | : : :│
             \:|:l ヽ:.:ゝ                  /: : : : :,': : : 八
   O  。           ヾ{ ∧|: : :>          イ-/: : : : :/: : : : : :.ヽ
                  l: :|: : : : : : |> ー=r<   W: : : : :∧: : : : ヽ : 丶
                  l: :|: : : : : : |\:_/ }     //: : : : :/<\ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : : |/  _/__//: : : : :/ // \ : : : \: :\
み「○○さん、撃ってください」

「みゆきさん!? そんなことしたら君が……」

み「わたし一人の命でこの騒乱が収まるなら、安いものですよ」

な「おっ! 流石高良やな。 見上げた根性やで」

「お前は黙っていろッッ!」

な「おー、コワ」

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:42:34.66 ID:BpTjl2m30

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
み「気にしないでください」
み「今までわたしは、皆さんを犠牲にしてここまで上がってきました」
み「今度はわたしの順番だということですよ」

「そんな! そんなのは!」

み「いいんですよ、成実さんもおっしゃっていましたし」
み「人間には必ずやらなくちゃ行けないこと、時がある……と」
み「きっと今がわたしにとっての、その時なんです」

「おかしいよ! どうして急にそんなこと言うのさ!」
「人が犠牲になるのを一番嫌がっていたのは君じゃないか!」
「それがどうして、こんなとき犠牲になろうとするのさッ!」

805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:46:55.84 ID:BpTjl2m30

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
み「……何故でしょうか。 わたしにもよくわかりません」
み「もしかしたら、犠牲になっていった彼女達もこんな気持ちだったのかもしれませんね」

み「――さぁ、ためらわないでください」
み「引き金を引いて、終わらせてください」

俺の右手が震えている
引き金にかける人差し指に全く力が入らない

「う……あ……」

どうすればいいんだろうか。今まで散々人を犠牲にしてきたというのに
いざ目の前にすると、こんなにも心が揺らいでしまうなんて――

810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:51:58.42 ID:BpTjl2m30

な「さあ、どうするんや○○!?」
な「高良は自分なりの決意を見せたで!」
な「後はお前が決断するだけや!」

な「お前がその人差し指に力を込めればそれで終いなんやで!」

な「さぁ! 撃ってみいや! 撃て! 撃たへんのか!」

な「撃たへんのやったら、こっちが撃ってまうで? どうするんや!?」

「うるさいッ!」

うるさいうるさいうるさいうるさいうるさい――!

な「さぁ、撃て! 撃て! 撃て! 撃ってみろおおおおっ!」

「ぁぁぁぁぁあぁあああああああああっっっっっっっ!!!!!」

俺は引き金を引く指に力を込める
そして――――

一発の銃声が鳴り響いた

815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:57:21.10 ID:BpTjl2m30

な「ゴハッ……」

黒井はその場に崩れ落ちる

俺は引き金を引いていないというのに、何故――

み「つかささん……!」

「え……? つかささん……?」

銃弾が放たれた方を見やると、確かにそこにつかささんが立っていた

つ「…………」

な「……何や、柊妹かいな」
な「まさか、お前が、ここに来るとは……ゴフッ……思わへんかったで……」

つかささんは銃を手から放し、そのまま座り込んでしまう

俺は黒井の方へ歩いていく

824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:11:30.82 ID:BpTjl2m30

な「いやぁ……誤算やったで、まさかここで柊がウチを撃つとはなぁ……ゲホッ……」

「――何故、引き金を引かなかった?」
「俺が迷ってる間に撃つことも出来ただろう?」

な「お、お前も人殺しにしてやろうと思ってなぁ……」
な「最後にお前に最高でとびっきりの呪いをかけてやろうとしたんや」
な「消えることのない罪を……背負って、一生……苦しんで……もらおと思ってなぁ」

「お前はここで死ぬのが悔しくないのか?」

な「かまへんで……もともとっ……生に執着なんてあらへんし」
な「それにな、これでわかったやろ?」
な「今の日本は……ウチがちょこっと動いただけでっ……容易くこんな混乱に陥ってしまう」
な「誰も……未来に希望を持ってない証拠や」

な「ウチがやらんでもっ……いつか、他の誰かが、同じようなことやったやろうな……」

「…………」

な「ウチは一石を投じただけや……」
な「そのうち第二、第三のウチが出てくるはずや……」
な「その時が……日本の最後やろ……」
な「あはっ、あはははっ、あははははははっっっ! ……ゲホッ……ゲホッ」

「そのときは、そのときは今度こそ、俺が未然に防いでみせる」

な「……お前に出来るかな? ここまで幾多の友人を犠牲にしてでしかやって来られなかったお前に……」

「次は、もし次があるなら……その時は必ず……」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:19:08.75 ID:BpTjl2m30

な「ふはっ……その言葉、確かに聞いたで?」
な「地獄まで持って行って、必ず覚えとるからなぁ……」

な「じっ……地獄でお前を……待っとる……で」

「……ああ、待っていろ」
「俺は、死ぬまでこの信念を曲げない」
「犠牲になっていった、友人達の想いにかけて……」


み「黒井先生は……?」

「――死んだよ」

み「そうですか……」

「……つかささん、こんなこと言うのは間違いだってわかってる。 でも」
「お礼を言わせてくれ、……ありがとう」

つ「うん、うん……」

「帰ろうか……」

み「はい……」


僕らは、疲労困憊の体を引きずるようにして
その場を後にした――

838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:23:32.37 ID:BpTjl2m30

〜エピローグ〜
あの後、黒井が死んだことが伝わると、騒乱はあっという間に収束していった
黒井が死んだからだろうか
その後の警察・消防の動きも迅速だった

あの事件は幾人もの犠牲を出してしまった
僕らの大切な友人までもがたくさん死んでしまった

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
み「○○さん、お弁当食べませんか?」

「うん、そうだね」

昼休みの食事も、すっかり静かに――

840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:25:21.17 ID:BpTjl2m30

               ____,  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
            /´  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               / : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                /: : : : /: : /| : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : ヽ
              /: : /: :/: :{/  | : : : : : : /: : /: : : :│: : : : : : '.
          /: :〃: : :,': :.∧  |:l: : : : :./ | :ハ. : : : |: /: : : : : |
        \  /// : : /l: :/ __\ハ: : : : / j/ _,斗: : :j/: : : : :l: :|
.     ―‐-   /'´/⌒V:│;〃アf心ヾ: :Vー孑ゥ≠ミ: : / : : : : : l: |
.    --―     /    V:l小. {ト イ| ∨   f{ノ::Y ∨: : : :.j: : :| |
    _, -'´   {     V: : } Vヒソ     |トーイソ/: : : : ∧.:.:|: |
          ∧      '; : { ''    ' -―v` ー〃: : : : : :/ヽ'; :|: :|
          レ ヘ、   ヽ:ゝ ._  f     )′: : : : : /_ノ: V|\|
            \  j/⌒\>ゝ .. _//:.: :/∨: :/\ |
             `/     \ : : :_|厶-―< ^}/|/
           __/  /    マ'弋\ `ヽ\  ∨
          /   {  /   /  ∨ヘ    \\∧
           (____`ー{ _,/    |川     \ヽ|
                 `ーr‐ゝ、_,∠ ノ|川       ヽト,、
                  |  |   ノ//        l\\

日「うおぃっ! あたしが来るまで待ってろっていつも言ってるだろー!」

訂正、前よりもうるさくなっているかもしれない

「いや、あんまり遅いからさ……」

日「購買が混んでたんだよ!」

み「ふふ、それじゃあ食べましょうか」

844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:33:37.95 ID:BpTjl2m30

日「もぎゅもぎゅ……ところでさー」

み「はい、なんでしょう?」

日「柊妹、頑張ってっかなー?」

「……きっと頑張ってるさ」


つかささんはあの後、警察に自首をした
幾人もの人間を殺害してしまったつかささんだが
未成年であること、黒井に洗脳されていたこと、それに僕らの証言等もあって、罪は軽くなるらしい

み「つかささん、いつか必ず帰ってきますよね?」

「あぁ、きっと僕たちの所に戻ってきてくれるよ」


結局、僕たちの中で生き残ったのは、この4人だけだった
――こんなこと言うと亡くなったみんなに怒られるかもしれないけれど

今はこうして生きていられることが素直に嬉しい……

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:37:19.44 ID:BpTjl2m30

〜放課後〜
.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
「みゆきさん、途中まで一緒に帰ろうか」

み「はい、かまいませんよ」

夕暮れの道を二人で歩く

み「……あのとき、最後黒井先生と何のお話をしていらっしゃたのでしょうか?」

「ん、……もし、また自分のような人間が出てきたらどうする? って」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:41:04.39 ID:BpTjl2m30

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
み「それで、何とお答えになったのでしょうか?」

「そのときは僕がぶっ潰してやる! って言っておいたよ」

み「クスッ……○○さん、頼もしいです」

「はは……でも、冗談でもないよ」
「もし、そんなことになったら、僕は全力でそれを止めてみせるよ」
「――そのときは、さ、……僕を助けてくれるかな?」

み「――ええ、もちろんです」

「はは、良かった……心強いよ」

859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:44:20.02 ID:BpTjl2m30

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
「ねぇ、みゆきさん……」

み「はい?」

「もう一つお願いいいかな?」

み「わたしに出来ることでしたら、何でも」

「それじゃあ、さ」

み「はい、なんでしょうか」

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:47:04.75 ID:BpTjl2m30

                  ,、
            _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
            /        |   `ヽ、
          /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
          | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |
          |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
         〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
          V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
            j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |
            | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
           ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
          / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
        / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、
          〈 :/ : : ::|  |> `´ <|    ト、:. : : \
「僕の恋人になってくれないかな?」

み「…………」

「…………」

み「……・え!? え? あの、その」

「…………」

み「あ、あの、わたし、あの、いきなりでビックリして、その」

「うん、いきなり過ぎたね、ごめん……」
「いや、さらっと言えば恥ずかしくないかと思ったけど、死ぬほど恥ずかしいね、コレ」

み「そ、そうなんですか……」

867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:51:06.25 ID:BpTjl2m30

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
    / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |
「ああー……やっぱ言うんじゃなかったかなー」

み「……クスッ……そんなに困らないでください」

「いや、でもさ、やっぱりムードとか大切だったんじゃないかなーって」

み「いえいえ、わたしも嬉しかったですから……」

「え? 嬉しかった? ってことは――」

874 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:53:24.64 ID:BpTjl2m30

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
    / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |
み「不束者ですが、どうかよろしくお願いします」

「え、え? マジで? 本当に良いの!?」

み「はい、喜んでお受け致します」

「……やった、イヤッホオオオイ!」

み「そ、そこまで喜ばれると、わたしも複雑ですね……ふふ」

880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:57:24.59 ID:BpTjl2m30

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、U
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
「……みゆきさん」

み「はい」

「これからも、僕と一緒に、……歩いてくれる?」

み「……どこまでも、お供致します」

ありがとう……君と一緒なら、きっとどこまでも歩いていけるよ
どんな険しい道だって、二人ならきっと――

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:58:27.56 ID:BpTjl2m30

                         ィ、
                    __ /: : レ':^ヽ
           <ヘ     / : :: : : :! : :: : ',: :: ::` ー、___
                / : :/: :: : / ト、: :: :',、: :: :: :: :\-、:\   />
             (>   / :: : /: : : :/! /',j: :: :、iヽ,: :\ :: : \ヽ:j
               | : : // ,.ィ' l/ jiヘ : : |` 、! : :ヽ: :: :ヽ    <)
          </   l /: :'´/,r〒ミ'  | ノ''ヽ', : :: :ヽノ、::|   ヽ>
                 〉: : : : /Y ト’ァj ` 、_' ヒ‘リ ||/i : :: : ハ/
               /ネ: :: :/ヘ ``ー'   ,ノ '、` ’ ,l/| |: : /
               |j !',: :小 丶'ー‐''  -.、`¨´ 〉| |/
               | ヘj |: :\ヽ、 __(   \´| !\
               |/: :r‐\::\ヘヘ >、   \!: :ヽ`二ニニニ二 ̄ ̄ ̄\
            ,,.. ィ'": :/   \: :\久/`ー 、.....二二ニニニミュヽ、 \: :: :: : \
     ___/ ̄, : : : : /      \: : \   ゝ、: : \\__`ヽ、\\ : : |\i,r、/77
  / ̄: :: :: :: : _,,../: :: :/j    ヘ   〉、 : : \  } \| ̄\__,,...、ヽ--\\\| / >/)
// ̄ ̄ ̄ ̄/: :: ://j-  - 、 ヘ  |=\l\l=ヘ'´__,,..r--¨´  `ー―‐ヘ ヘ 「|' //'")´
: :|_____/: :: :: :: :/: : j\   ` ヽ´       ヘ            | ヘヘヘ//ーヘ、
: :|: :: :_____/: : : :|  `ー--、 〉===○○=ヘ           |  ヘ//\ ヘ \
: :| ̄: :: :: :: : : : : : : : : : : : |       \        ヘ           |  // ) \\}: : \
\\____,,.x――‐´|         ⌒ヽtー―――ヲ/ノ´⌒``ヽ、   `ー-‐"     \\j\|
 ̄\\       {   ヘ             ̄ ̄//´  f ´`ー、__ ヽ            \j
    ̄        {   ヘ              //   j ゝ、 <> `Y)               \
            {_________   // ̄\ ヘ  ` ー-z '´                  \
                              | | / \ \コュー" \____          \


                                                          -Fin-

897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:00:20.02 ID:VaddnQLq0

というわけで終了です

すみませんでした
自重しきれませんでした

反省してます、ゴメンナサイ

あと、恋愛要素少なかったのも、お詫びします
マジでスミマセンでしたw

905 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:02:32.13 ID:IhlgTVDz0

恋愛要素少なかった代わりにエロかいてくれ、頼む!

908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:04:03.75 ID:VaddnQLq0

何か質問等あったらどうぞ

>>905
一瞬書こうかと思ったけど、もうスレの残りも少ないからやめた

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 00:04:53.72 ID:h/WOG3maO

>>908
みさおはどうやって助かったんだい!

910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:05:17.40 ID:SVRNCnbT0

>>1乙でしたー
スレタイから想像できない超展開だったけどクオリティ高くて楽しく読ませていただきました。


テレビ局の選択肢で「階段を登る」「屋上にいく」とかはBADルートフラグだったのかな?
それとも誰かの死亡or生存フラグ……?


何はともあれもし次回作を書かれる予定があるのなら楽しみにしてます。

>>1さんVerのこなた編
つかさ編・かがみ編別ルート
はたまた他のキャラ編
今回みたいなシリアス展開物

・・・等、需要がありそうなのは沢山なのでw

いずれにせよ今は脱稿の疲れをお癒しになられる事を願っています。

912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:07:48.21 ID:cj9Xgg1e0

選択肢あんまり影響なさそうなのばかりだったけど
大体の話の筋(こんな展開で、誰が生存して誰が死亡等)
は最初から決まってたのかな?

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 00:07:49.73 ID:VGMeAZUv0

>>908
今までやったSSスレを教えて

914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:07:58.71 ID:8U1pZMjYO

>>908
パティとひよりんは、この騒動の間なにをしてたの

915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 00:08:30.83 ID:8Iiz2cfR0

気持ち悪い馴れ合いスタートですか?

916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:08:46.89 ID:k2yqbgxV0

>>908
最初からこういう結末考えてたのか?

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:13:00.10 ID:VaddnQLq0

>>909
普通に
運が良くて、事件解決まで丸焼きになってなかっただけ

>>910
特にそこでの分岐は影響無しかな
ちょこっと内容変わるぐらい

多分みゆきやり直すわw
もしくはみさおかな

>>912
まぁ、大体は

>>913
らきすた(かがみ、つかさ)・東方(早苗)・ストパン(エーリカ)

>>914
普通に学校行ってたんじゃないの

>>915
スマンね、でも俺だって評価気にしたりするんだよ
悪いかよっ

>>916
大筋はこんなもん
細かいところはその場しのぎでちょこちょこと

919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/17(月) 00:13:36.20 ID:muu9KONKO

厨臭くてクソつまんなかった。
これにこりたら二度とスレたてしないでくれな。

921 名前:中尾忠助 ◆O1KtUklvZI [] 投稿日:2008/11/17(月) 00:15:05.32 ID:iUGThmu20

>>1乙でした☆

素晴らしかった!

922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:15:30.83 ID:IhlgTVDz0

もう一回みゆきやってくれ、それもエロ付で!

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:16:31.91 ID:e6CgjgOp0

ヤダヤダエロシーンがなきゃヤダヤダ

927 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:18:00.15 ID:VaddnQLq0

>>919
不快になる人間がいるなら残念だけど
俺はまた懲りずに建てると思う
俺が楽しいからね

>>921thx

>>922>>924
できればいつかやり直したいな

926 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:17:55.52 ID:X4BnqyBu0

次は白石みのる編で頼む

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:18:01.49 ID:yT9eV3C00

次はエロシーンはいらないけどギャルゲー要素増やしてくれよなw

931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:20:01.40 ID:Y29Yi5R90

>>927
俺はレバーが嫌いだがレバニラ定食は未だに定食屋にある

935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:23:39.92 ID:VaddnQLq0

>>926
mjd?

>>928
努力する

>>931
じゃあ行かなきゃいいんじゃないの?

936 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:25:20.13 ID:VaddnQLq0

それじゃ俺は消えるとするか

もしコレを読んでおもしろいと思ったら
あかべえそふとつぅの『G線上の魔王』やるといいよ

>>1の250倍はおもしろいから

それじゃあまた会おうぜ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:橘「キョンさん。佐々木さんが普通の人間になっちゃったのです」