かがみ「ダメッ、日下部!イッちゃう!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:大井「あの人へのバレンタイン」

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 05:56:25.81 ID:bjNIUnQHO

ガラッ
こなた「かがみんいる〜!?」

かがみ「そんな大声ださなくても聞こえるわよ、恥ずかしいわねっ!」

こなた「おおっ、こわ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 05:59:30.75 ID:bjNIUnQHO

かがみ「それで、どうしたのよ?急に教室に飛び込んできて」

こなた「んあ〜、一緒に帰ろうかなって思って」

かがみ「へ、それだけ?」

こなた「うん」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:03:07.48 ID:bjNIUnQHO

かがみ「それにしちゃ急いでみたいだけど・・・?」

こなた「それはね〜、早くかがみんに会いたかったからだよ」

かがみ「なっ////!?」
こなた「照れたかがみもカワイイよー」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:07:28.94 ID:bjNIUnQHO

かがみ「バ、バカ!冗談ばっか言ってると先帰ちゃうんだから////!」

こなた「あ、待ってよ!かがみ〜ん」


みさお(チッ!気に入らね〜、気に入らね〜ぜあのクソオタク・・・)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:12:45.59 ID:bjNIUnQHO

みさお(こっちは中二の時から柊のこと狙ってたってのに、ポンと割り込んできて「かがみ〜ん」だと!?溶けろ!!)

あやの「み、みさちゃん、顔が怖いわよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:19:13.45 ID:bjNIUnQHO

みさお「へっ?あ、あやのいたのか?」

あやの「同じクラスだし・・・、それより機嫌悪そうだけどなにかあったの?」

みさお「いやー、柊と帰る約束してたのにクソオ、いやチビっこに連れてかれちゃってさー」

あやの(糞男・・・?)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:24:37.06 ID:bjNIUnQHO

あやの「それは残念ね(そしてお前は根性無しだから帰る約束は嘘ね)」

みさお「柊の奴、チビっことばっかいてさ」

あやの「みさちゃんったらヤキモチやいてるのね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:31:25.95 ID:bjNIUnQHO

みさお「ヤキモチとかじゃないけど、チビっこのこと見返してやりたいって言うかなんていうかあわよくば柊をふり向かせたいって言うかなんていうか・・・////」

あやの(本音が溢れ出してるし)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:36:34.84 ID:bjNIUnQHO

みさお「あやのぅ、何か良い方法ないかな〜?」

あやの「ん〜、そうねぇー、強姦なんてどうかしら?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:41:21.73 ID:bjNIUnQHO

みさお「ご、強姦・・・?」

あやの「ごめんごめん、ちょっとしたコリアンジョークよ」

みさお「な・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:47:13.57 ID:bjNIUnQHO

あやの「まぁ、根性無しのお前には到底無理な」

みさお「なるほどー!!」

あやの「はなしだが、ってええ!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:51:25.68 ID:bjNIUnQHO

みさお「柊を強姦すればチビっこをヘコマせれるし、かがみんともイチャヌチャ出来る!つまり一石二鳥!!」

あやの(ドサクサに紛れてかがみんって言ったな、こいつ)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 06:55:27.94 ID:bjNIUnQHO

みさお「やっぱあやのは頼りになるぜ!よし、そうと決まればさっそく作戦をつくるってヴァ!」

ダダダダダ!!!

あやの(そうだ、あいつアホだった・・・)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:02:34.17 ID:bjNIUnQHO

一方、その頃のこなたの部屋では

こなた「んー、プハァッ!ハァハァ・・・、かがみんのキスちょっとエッチ・・・」

かがみ「バカ・・・////それよりもう一回、ね・・・?」

こなた「ま、待って、ちょっときゅうけ、んっ!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:08:58.42 ID:bjNIUnQHO

かがみ「こなたぁ、そろそろベッドにはい」

こなた「あ、ごめんテレビ見るね」

かがみ「え・・・、まさかアニメ・・・?」
こなた「うん、もうすぐ始まるから!今日一日これが楽しみだったんだ!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:14:16.54 ID:bjNIUnQHO

かがみ(もう、こなたったらアニメ、アニメって・・・私だって健康な女子なんだから体を持て余すことだってあるのに・・・・)


こなた「地獄少女、微妙だな・・・」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:19:58.79 ID:bjNIUnQHO

次の日

かがみ「おっす、ひかべ・・・どうした、そわそわして?」

みさお「ひ、柊!べつになんでもないよー、全然問題ないよー」

かがみ「・・・?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:26:24.98 ID:bjNIUnQHO

かがみ「・・・なんか隠してないか?」

みさお「ギクゥ!い、いやだなぁ!私は手錠なんて持ってないし、ましてや媚薬なんてもってのほかですよ、ええ」
あやの「みさちゃん、ちょっとこっち来てー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:30:35.55 ID:bjNIUnQHO

あやの「ちょっとみさちゃん、いくらなんでも行動が早すぎるよ!?」

みさお「いや、柊とイチャヌチャ出来ると思ったら辛抱たまらんというかなんというか」

あやの「死ねよ!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:32:18.50 ID:bjNIUnQHO

ごめん、らき☆すた全然詳しくない
勢いだけでやってる
立つとは思ってなかった

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:36:17.05 ID:bjNIUnQHO

あやの「大体、そのびっくりアイテム達はどこで手に入れたの!?」

みさお「それは、アニキの机の中から・・・」

あやの「私用じゃねーか!!勘弁してくれよ、いろいろと!!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:42:28.11 ID:bjNIUnQHO

かがみ「ねぇ・・・、二人とも声が大きいわよ・・」

あやの「ハァハァ・・ごめんね柊ちゃん、ちょっといろいろありすぎて」

かがみ「大丈夫?顔色悪いわよ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:47:49.63 ID:bjNIUnQHO

かがみ「保険室、行った方が良いんじゃない・・?」

あやの「(今、私が保険室に行くと柊ちゃんの身が危ないんだけど・・・まぁ、いっか全員死ね)ありがとう、そうするわ」

みさお「すぐ行こう!いますぐ行こう、フヒヒ!!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 07:56:25.48 ID:bjNIUnQHO

みさお「付き添ってくれてありがとうね、二人とも」

かがみ「それじゃ、ゆっくり休んでね」

みさお「ゆっくりしていってね、フヒヒ!!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 08:02:22.04 ID:bjNIUnQHO

ガラララ・・・バタッ
みさお「ふぅ・・・やっと二人っきりになれたね、柊」

かがみ「いや、人はちょこちょこいるけど」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 08:06:35.92 ID:bjNIUnQHO

時間が来たので暇を見つけての投稿になります
でも出来るだけ頑張ります
まったくエロい展開に繋げることが出来ない

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 08:23:02.16 ID:bjNIUnQHO

みさお(しまったな・・・このタイミングで強姦すると止められるんじゃないのか?ていうか、TUHOされるんじゃ?)

かがみ「ちょ、ちょっと日下部!?いきなり立ち止まってどうしたの?あんた、今日かなりおかしいわよ?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 08:55:52.35 ID:bjNIUnQHO

みさお「ああーっと!!」

かがみ「ど、どうしたのよ!?いきなり」

みさお「大事なことを言い忘れていたぜ、柊」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:00:27.62 ID:bjNIUnQHO

かがみ「な、なに?」

みさお「さっき、ロッテ黒井先生が休み時間に科学準備室に来るよう言ってたぜ」

かがみ「そうなの?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:03:46.71 ID:bjNIUnQHO

かがみ「休み時間はこなたに会おうって思ってたんだけど・・・しょうがないわね、それで用件は?」

みさお「そ、それは・・・恋愛相談?」

かがみ「なんで私に!?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:08:06.16 ID:bjNIUnQHO

みさお「な、なんか知らないけどかなり悩んでるみたいだぜ
『もう、柊に相談するしかない・・・』とか」

かがみ「私はいつの間に恋愛マスターになったんだ・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:11:08.96 ID:bjNIUnQHO

みさお「そんなわけでよろしく頼んだ!」

ダダダッ

かがみ「ち、ちょっと待ちなさいよ!
・・・もう、訳分かんない!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:16:14.92 ID:bjNIUnQHO

休み時間

かがみ「なんで私が・・・
でも、黒井先生ずっと一人で寂しいのかな
生徒に相談なんてかなり追い込まれてるとしか・・・
っと、着いちゃった」
ガララ

かがみ「黒井先生、いますかー?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:19:36.83 ID:bjNIUnQHO

かがみ「あれ、居ない・・?せんせー?」

?「動くな!!」
カチャ

かがみ「っ!?手錠?日下部なにやってんの!?」

みさお「もうばれた!!!?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:21:38.55 ID:bjNIUnQHO

みさお「背後から近づいたのに・・・柊、なんで分かったんだ?」

かがみ「いや、声で・・・」

みさお「しまったー!!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:31:23.98 ID:bjNIUnQHO

かがみ「何の遊びか知らないけど早く手錠外してよ!」

みさお「遊びなどではない!私は本気ヴァ!!」

かがみ「ハァ?」

みさお「私は本気で今から貴様を肉奴隷にするヴァ!!」

かがみ「ハァ!?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:36:41.65 ID:bjNIUnQHO

みさお「そのために媚薬も用意した、昨日一応実験してみたがそりゃすごかったぜぇ・・・」

かがみ「あ、あんた頭おかしくなっちゃんじゃないの!?」

みさお「おかしくなったのは下半身だぜ」

かがみ「死ねよ!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:41:19.78 ID:bjNIUnQHO

みさお「なんと言われようと今からこれを柊の下半身に塗る!塗りたくる!!」

かがみ「ちょ、やめっ!!」

みさお「ヴァ!ヴァ!ヴァ!やった!塗った!塗ったぞ!!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:46:11.26 ID:bjNIUnQHO

みさお「即効性のだからすぐにポッカポッカしてくるぜ」

かがみ「ふ、ふん!こんなの効くわけないじゃない、バカらしい!!」

みさお「といいつつ汗が出てきてるぜ、ひいらぎぃ?」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:52:22.75 ID:bjNIUnQHO

チョン

かがみ「アンッ!」

みさお「良い声出てんじゃないかよー?」

かがみ(何これ?本当にエッチな気分になっちゃう!?)

みさお「ヴァーヴァッヴァッヴァッwwwそりゃそりゃ」

アンッ!アンッ!アンッ・・・!

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 09:56:16.22 ID:bjNIUnQHO

あやの「ハッ!・・・外が暗い
あのミートボールバカのせいでこんなに疲れていたなんて・・・
柊ちゃん無事かしら・・・あんまり興味ないし帰ろ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:04:45.22 ID:bjNIUnQHO

テクテク

あやの「それにしても媚薬と手錠なんてハードすぎるわよ・・・あの人がそういことされたがってるなんて・・・ん、公園にだれかいる?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:09:54.89 ID:bjNIUnQHO

あやの「あれはもしかしてミートボールバカかしら?
横にいるのは裸に首輪の柊ちゃんね・・・」


ダダダッ!

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:13:49.64 ID:bjNIUnQHO

あやの「展開が早すぎるわボケッ!!!!」

みさお「あ、あやの!?」
かがみ「きゃあ!?」

あやの「なんで強姦した当日に野外露出してんだよ!?順序を踏め!
いや、踏むなそんな順序!!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:19:52.62 ID:bjNIUnQHO

みさお「な、なんか面白いくらいポンポン事が進んで・・・
これはやっぱり柊にそういう素質があったってことだろうな、ニヤニヤ」

かがみ「そんなこと言わないでください・・・////」

あやの(帰りたい)

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:25:06.91 ID:bjNIUnQHO

あやの「とりあえず、柊ちゃんは早く服着て!
TUHOされるから」

かがみ「ええっ・・・」

みさお「ひいらぎはもっと恥ずかしい目にあいたいんだろ?」

あやの「調教をやめろ!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:32:51.72 ID:bjNIUnQHO

あやの「もうっ、本当に何考えてんのよ二人とも!?
今日のことはなかったこと!
今後口に出すのも駄目だからね!!」

みさお「ちぇー、なんだよー
なぁ、ひいらぎぃ?」
かがみ「はい、御主人様ぁ」

あやの「それをやめろーーーっ!!!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:38:17.17 ID:bjNIUnQHO

あやの「というわけで、二人が逮捕されるのを未然に防いだ私は今、それを教訓にあの人の調教計画を立てているのでした、おしまい」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/06(木) 10:40:10.81 ID:bjNIUnQHO

クオリティ低くてごめんなさい
キャラをぶち壊しまくってごめんなさい
投下が遅くてごめんなさい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「国木田をレイプしたいわ!」