つかさ「こなちゃんに借りたDS壊しちゃった…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!あんた何してるの!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 18:29:16.73 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「何やってるのよ、全く」

つかさ「だってこんなイライラするゲームだと思わなかったから……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 18:33:16.49 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「どうしようお姉ちゃん…!」

かがみ「知らないわよ。あんたの責任でしょ?」

つかさ「そんなこと言わずに助けてよぉー!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 18:37:13.93 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「潔く弁償しなさいよね」

つかさ「でも私もう今月のお小遣い使い切っちゃったよ……」

かがみ「あっそ、それじゃあ知ーらない」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:12:41.45 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「そんなこと言わないでー、お姉ちゃーん……!」

かがみ「じゃあ私に何しろって言うの?」

つかさ「お姉ちゃんの貯金貸してよー……!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:14:50.64 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「そ、そんなのやなこった!」

つかさ「お願い、少しだけでいいから……」

かがみ「いくらよ……?」

つかさ「1万4千円……」

かがみ「いやよ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:17:44.13 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「でもこのままじゃ私、こなちゃんに絶交されちゃうんだよ!」

つかさ「そんなのいやだぁ……!!」

かがみ「だったらさ、バイトで働いて金稼げばいいじゃない……」

つかさ「バイト……?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:22:15.64 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「そうよ。これを機にコンビニとかでバイトしてみたら?」

つかさ「コンビニかぁ……いいかも!」

かがみ「まあ、いつ全額溜まるかはわからないけどやってみなさいよ」

つかさ「うん!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:24:33.47 ID:ZzF8Odm+0

――次の日
つかさ「こなちゃーん」

こなた「やっほー、つかさ」

つかさ「あのさあ、もうしばらくDS借りてていいかな……?」

こなた「DS?別にいいよー。今PSPやってるし」

つかさ「ありがとー!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:29:36.11 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「ところでこなちゃん」

こなた「なに?」

つかさ「もし、DSの上下の画面が分かれて取れちゃったら……」

つかさ「まだ使える?」

こなた「そんな訳ないじゃん。2画面で一機だよ、つかさ」

つかさ「そ、そうなんだ……わかったよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:54:24.69 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「つまり、修理は無理って訳ね?」

つかさ「うん……。壁に投げつけたのがいけなかったかな……」

かがみ「じゃあもうバイトするしかないわね」

つかさ「明日から色々バイト先あたってみるね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 19:57:29.12 ID:ZzF8Odm+0

――数日後
つかさ「お姉ちゃーん!バイト先見つかったよー!」

かがみ「おお。よかったじゃない?どこ?」

つかさ「近くのコンビニ」

かがみ「へえ。頑張りなさいよー」

つかさ「うん。わかったー」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:02:34.91 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「ええっと……」ピピピ

店長「君レジ打つの遅いね」

つかさ「ご、ごめんなさい…><」

店長「そろそろ、上達してもいいんじゃないか?」

つかさ「もうすぐ慣れますから、ちょっと待ってて下さい……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:06:47.05 ID:ZzF8Odm+0

店長「また遅刻かい?」

つかさ「すみません……」

店長「ここのところ多くないか?」

つかさ「明日からちゃんと来ます……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:12:03.95 ID:ZzF8Odm+0

店長「君なすことすべて遅いんだよな……」

つかさ「そうですか?」

店長「うーん……」

  「あのさあ言いにくいんだけど……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/02(日) 20:23:08.23 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「お姉ちゃーん!私クビになっちゃったよー!」

かがみ「あー、それは残念ね」

     「またバイト先見つけなきゃねー」

つかさ「はー、疲れるな……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/02(日) 20:26:21.30 ID:ZzF8Odm+0

――数日後
つかさ「はぁ……」

こなた「おんやぁ〜、つかさ。最近やつれてるねぇ」

つかさ「うん。今、色々バイト先探し回ってるところだから」

こなた「へえ、つかさもついにバイト始める気になったんだー。意外ぃ」

つかさ(こなちゃんのせいだよ……)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/02(日) 20:33:23.18 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「……」

    「もう働くのいやだ……」

    「どうして私がこんなことしなくちゃいけないんだろう……」

    「あ……そうだ」

    「こうなったらこのクラスの誰かのカバンから財布とって盗んじゃおう……」

    「そうすれば………そうすれば…………」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:40:24.00 ID:ZzF8Odm+0

――昼休み
つかさ「でもどうやって盗ろう……」

    「もし盗んでるところを見つかったら終わりだよ……」

    「とにかく慎重にいかなきゃ……」

    「できるだけのんびりしてそうな人がいいよね……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:48:22.36 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「誰かいなかったっけ……」

    「のんびりしてて……」

    「お金持ちで……」

    「近づきやすい人……」

    「………!!」

    「あは……いたいたぴったりのがぁー」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:53:43.73 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「こなちゃんだよ……!」

    「こなちゃんなら私くらい結構のんびりしてるし……」

    「普段バイトやってるからお金もいっぱいあるはずだし……」

    「こなちゃんのDSを買う為にこなちゃんのお金を盗むんだから……」

    「私は全然悪くないよね……」

    「私って天才かも〜!あはは……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:59:54.74 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「こなちゃん」

こなた「何、つかさ?」

つかさ「お姉ちゃんがさっき呼んでたよー」

こなた「私を?おお、それじゃあ行かなくちゃねー!」

つかさ「いってらっしゃーい!」

つかさ「フ……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/02(日) 21:04:12.26 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「さてと、早速あさろう」ゴソゴソ

    「………」

    「あったあった!財布にどれくらい入ってるかな〜♪」

    「………」

    「なんだたったの5千円か……」

    「普段そんなに持ち歩かないのかな……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:09:17.82 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「まあいいやー。とりあえずこの5千円は私が預かるね、こなちゃん」

    「すぐに新しいDSで返してあげるからね!」

    「よーし、一応これで残りは1万円だね」

    「また今度誰かから盗ろうっとー」   

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/02(日) 21:14:02.97 ID:ZzF8Odm+0

――帰りのホームルーム
ななこ「ほな、連絡事項はこれまでや〜」

    「お前らも何にもないなー?」

こなた「あれ……あれぇー?」

ななこ「ん?どないした、泉?」

こなた「私の財布に入ってたお金が無くなってて……」

つかさ(ドキッ。もう気付いちゃったー……)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:16:45.25 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「どっかで落としたんとちゃうか?」

こなた「いや、入ってた5千円札が綺麗に消えてるんですよー……」

ななこ「そいつは妙やなー……」

    「おい、誰か知らんかぁー!?」


シーン………

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:21:59.34 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「お前らな……泉の財布から独りでに札が消えるわけないやろ!?」

    「ウチのクラスの誰かが盗ったしか考えられんわ!」

    「泉も困ってるんや!」

    「今なら怒らんから盗った奴は正直に手ぇあげい!!」


シーン………


つかさ「……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:32:21.50 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「……」

    「おい、泉。金があるの最後に確認したのいつや?」

こなた「えっと……、昼休みの前の時限だった気が」

ななこ「じゃあ、昼休みあたりに盗られたんやなきっと」

つかさ「……」

ななこ「なあ、柊」

つかさ「!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:36:37.57 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「お前泉の席の近くやし、何か知らんか?」

つかさ「え、ええと……」

こなた「確か昼休み私が席立ったとき、つかさ教室に居たよね?」

つかさ「う、うん……」

こなた「その間誰か怪しい人とか見てない?」

つかさ「そ、それは……」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:39:01.49 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「どうなんや、柊?」

こなた「つかさ」

つかさ「ええと〜……」

つかさ「……」

つかさ「実は……実はね……私……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:45:17.52 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「ゆきちゃんがこなちゃんのカバンあさってるところ見ちゃったの!!」

こなた「え!?」

ななこ「なんやて!?」

みゆき「え、え、えええ!!私ですか……!?」

こなた「……みゆきさん、本当?」

みゆき「断じてそのようなことは!」

    「きっと何かの間違いのはずです……!!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:52:14.77 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「高良……やっぱりお前は猫被っとったんやな!」

みゆき「し、信じてください!本当に私じゃありません……!!」

こなた「それじゃあ、つかさの見間違い?」

みゆき「申し上げにくいことですが、そうかと……」

つかさ「そんなことないもん!!あれは絶対ゆきちゃんだったよ!!」

みゆき「つ、つ、つかささん……!?」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:57:57.76 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「そ、それだけじゃないよ、こなちゃん!」

    「ほらみて、これ!!」

こなた「うわっ!私のDSがばらばらじゃん……」

    「どしたの、これ……?」

つかさ「これもゆきちゃんがやったんだよ!」

みゆき「そ、そんな……!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:04:37.80 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「こなちゃんに借りた後、ゆきちゃんにも貸したんだけど……」

こなた(また貸し……)

つかさ「その時ゆきちゃんが壊したの!」

    「それで新品のDSを買うお金が溜まるまで持っておけって言われて……」

ななこ「それが泉の金だったわけやな、高良?」

みゆき「違います!!誤解です!!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:12:36.26 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「あ、そういえば白石君も見たはずだよね!?」

白石「へ、俺?」

つかさ「ほら昼休み、ゆきちゃんがこなちゃんの席でカバンの中ごそごそしてたじゃん??」

白石「は?知らねえよ」

つかさ「見てたよね?」

白石「だから知ら……」

つかさ「ね?」

    「ね!?」

    「ね!!!?」

白石「た……確か見た気がするなー、わはは!」

みゆき「なんですって……!?」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:20:53.56 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「目撃者が二人もおるんなら、もう言い逃れはできへんな」

こなた「みゆきさん……」

みゆき「泉さん、本当に私ではありませんよ……!」

ななこ「とりあえずお前達は放課後職員室へ来い!!」

    「いいな!?」

つかさ(ふぅ……どうやらみんなゆきちゃんの仕業だと思い込んでるみたい)

    (あー、良かったー)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:33:59.66 ID:ZzF8Odm+0

――廊下
ななこ「ったく、こういうトラブルは大っ嫌いなんや……」

    「まあ高良、今日はこってり絞るつもりやから覚悟しときや!?」

みゆき「ウッ……私じゃありません……。ウッ……本当に私じゃ……」

こなた「ああ、みゆきさん。別に泣かなくてもいいんだよ……」

つかさ(これでもう犯人はゆきちゃんで決まりだね)

    (へへへ……)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:37:29.28 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「あれ?」

つかさ「!!」

こなた「ああ、かがみ」

かがみ「なになに、みんな揃ってどこ行くつもりなの?」

ななこ「職員室や……!」

かがみ「職員室!?」

つかさ(こんな時に何で出てくるの……!!バカお姉ちゃん!!死んじゃえ!!)

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:45:18.98 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「って、みゆきも泣いてる……」

かがみ「何よ!?何があったの?」

こなた「え。そ、それは……」

つかさ「お姉ちゃんには関係ないってー」

かがみ「気になるじゃない。教えなさいよ」

ななこ「ちょっと色々あってな……。まあ、話すに足らんことやから」

かがみ「そんなー!」

つかさ「そうですよね、黒井先生!!」

つかさ(お姉ちゃんのバ――――カ!!誰が教えるもんかー)

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:52:42.65 ID:ZzF8Odm+0

こなた「うん。本当に大したことじゃないから……」

    「それじゃあね、かがみ」

かがみ「ちょ、ちょっと……」

つかさ「ばいばーい。お姉ちゃん、先に帰っててね」


白石「高良が泉の財布の金パクったんだよ」


つかさ「……へ?」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:59:33.45 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「ちょっと、それ本当……!?」

白石「ああ、本当も本当。柊と俺でしかと見届けたんだぜ!」

つかさ「あ、ちょっと白石君!!」

白石「しかもなー、さらにタチの悪いことになー」

かがみ「うんうん……!」

つかさ「これ以上言っちゃダメ―――!!」


白石「高良の奴……泉のゲーム機デストロイしたんだぜ―――!!!!」


つかさ「わぁぁ――――!!!!」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:11:33.76 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「金……ゲーム機……?」

白石「わはは!!傑作だろ!?」

つかさ「……」

かがみ「まさかそのゲーム機ってDSじゃない……!?」

こなた「え、何で知ってるの!?」

かがみ「やっぱり……」

    「つかさぁぁ〜〜〜……!!」

つかさ「お、お姉ちゃん……。ど、どうしたの……?」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:20:04.86 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「それ全部アンタの仕業じゃない!!!」

つかさ「ひぃ……!!」

こなた「え……どういうこと!?」

かがみ「どうもこうもないわ。数週間前、この子が私にこなたのDS壊したって相談してきたのよ!」

こなた「えええ!?」

かがみ「それでバイトでお金稼いで新しいのを買って補おうとしたみたいなんだけど、長続きしなくて……」

     「またバイト先探して頑張ってると思ったら……」

     「こなたのお金を盗んでいたのね!?」

つかさ「い、いや、そのぉー……」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:29:13.79 ID:ZzF8Odm+0

かがみ「それをあろうことか、みゆきに罪を着せるなんて……!!」

つかさ 「な、何のことかなー……?私知らないよー」

     「そもそも、私と白石君はゆきちゃんがカバンをあさってるところみたんだよー?」

     「そうだよね?」

白石「……」

   「スマン高良!!俺、実は見てないんだわー!!」

つかさ「どんだけ――――!!!!」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:36:38.94 ID:ZzF8Odm+0

ななこ「ホンマかいな白石!?」

こなた「ってことはみゆきさんじゃなくて犯人はつかさ?」

みゆき「本当なんですか、つかささん?」

かがみ「つかさ!!もう白状しなさいよ!!」

白石「そうだそうだ!!往生際悪いぞ!!」

つかさ「えっと……だから私は……」

    「なんっていうか……その……」

    「う……うう……ううう……」

    「うるさいんだよぉぉ―――――――――――――!!!!」

一同・「!?」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:45:38.08 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「何さ!!何!?途端にみんなで私を攻め始めて!!」

    「みんなだって悪いじゃないか!!」

    「そもそも、こなちゃんが私にあんなイライラするゲーム貸すからこうなったんでしょ!!」

こなた「そ、それは……」

つかさ「それに自分の財布ぐらい、いつも身に付けてなよ!!!!」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:49:59.02 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「お姉ちゃんだってお姉ちゃんだよ!!」

    「私がDS壊して困ってる時だって何も助けてくれやしない!!」

    「お姉ちゃんの癖にさ!!」

    「あの時助けてくれてたら何事もなかったかもしれないのに!!」

かがみ「そういわれても……」

つかさ「それに人が言いたくないって言ってる内容を、無理矢理聞きだそうとするなんて最低だよ!!!!」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:53:58.05 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「ゆきちゃん!!どうしてああやって弱弱しくしか言えないの!!」

    「もっとはっきり堂々と私じゃないって反対しなよ!!」

みゆき「し、しかし……」

つかさ「そんなんだから私の罪が増えちゃったじゃん!!」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:56:19.43 ID:ZzF8Odm+0

つかさ「それに黒井先生だって、ひどいよ!!」

    「あんなクラスのみんなの前で手を挙げろなんて!!」

    「無理に決まってるじゃん!!」

ななこ「……」

つかさ「先生ならもっと白状しやすいよう気を利かせてよ!!!!」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:03:29.47 ID:zMmyZ5OQ0

つかさ「白石!!お前が一番悪い!!」

    「話をどんどんややこしくして!!」

    「お前さえ居なければ私は……!!」

白石「ま、待てってば……」

つかさ「お前なんかクラスから消えちゃえ!!!!」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:09:39.72 ID:zMmyZ5OQ0

つかさ「だから……」

    「だから、だから……」

    「悪いのは私だけじゃないもん!!」

    「お前達が私をこんな風にしたんだよ!!」

    「だから悪いのはみんなお前達だぁぁぁぁ―――――!!!!」


パシンッ!!


つかさ「え……!?」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:18:55.09 ID:zMmyZ5OQ0

かがみ「あっ!!」

こなた「いっ!!」

みゆき「うっ!!」

白石「えっ!!」

つかさ「お……おお……痛い……黒井先生!!ぶったんだね……!?」

ななこ「………」

つかさ「これは体罰だよ!!」


パシンッ!!


つかさ「ひゃぃ!!ま、またぶった……!!」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:31:33.36 ID:zMmyZ5OQ0

つかさ「怒るよ!!黒井ぃ!!」

ななこ「……」

    「柊……確かにお前の言うとおりかもしれへんな」

    「ウチらにもそれなりの落ち度があったのかもしれん……」

    「だがな……」

    「つまり……お前も悪いんやろ??」

つかさ「……」

ななこ「それがわかれば充分や。ほな柊、職員室行こか?」
ガシッ! ズルズルズル…


つかさ「あ……走馬灯が見える……」


END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門(声が出なくなってしまった……)