朝倉「涼宮さんってよく見るとかわいいわね…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「朝比奈さんが死んだ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:09:31.54 ID:eCJbjQqhO

朝倉「ゴクリ…」

朝倉「もう我慢できないわ」

朝倉「必ず落としてみせる☆」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:16:25.64 ID:eCJbjQqhO

朝倉「まずは話すところからしないと始まらないわ」

朝倉「普通に話してもダメね……よし」

朝倉「すっずみっやさ〜ん」

ハルヒ(キモッ)

ハルヒ「な…何よ」

朝倉「あたしね、実は宇宙人なの〜!」

ハルヒ(キモッ)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:21:31.93 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「はぁ?あんた何言ってんのよ」

ハルヒ「あんたと話す時間なんてないのよ、じゃあね」

スタスタ…

朝倉「ちょ…待って!」

朝倉「…なかなかの嫌われっぷりね」

朝倉「でも涼子頑張るもん☆」

国木田(キモッ)
谷口(キモッ)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:30:36.21 ID:eCJbjQqhO

朝倉「こうなったら他人にたよるしかないわ」

朝倉「早速SOS団部室へGO!」


ダンダンダンダンダンダン!!!!

みくる「(うるせぇな)は、はーい」

ガチャ、ベキッ!

朝倉「こんにちわんこそば!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:38:05.71 ID:eCJbjQqhO

朝倉「あら、ドアノブとれちゃった」

朝倉「でもDon't worry,Be happy☆」

みくる(キモッ)

みくる「あの〜何か用ですか?」

朝倉「キョンくんいるー?」

みくる「まだです、もう来るはずですけど」

朝倉「じゃあ待たせてもらうわ」

長門「朝倉涼子」

朝倉「はっ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:44:03.31 ID:eCJbjQqhO

朝倉「な、長門さん…」

長門「ここに何しに来た」

朝倉「あ、いや、あの、遊びに来ただけよ?」

長門「嘘」

長門「朝倉涼子は嘘をつく時必ず鼻をほじる」

朝倉「はっ!」

みくる(キモッ)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 12:53:07.08 ID:eCJbjQqhO

みくる「長門さん、この人誰ですか?」

長門「私と同じヒューマノイドインターフェース」

朝倉「あなたが未来人ね、よろちくびー☆」

みくる(もうマジうぜぇ)

長門「で、本当は何しに来た」

朝倉「実はかくかくしかじかなんたらかんたら」

みくる「えぇ!?涼宮さんが好き!?」

朝倉「That's right」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:04:05.97 ID:eCJbjQqhO

キョン「なんでドアノブないんだ…」

コンコン

みくる「あ、きっとキョンくんですよ!」

朝倉「私が出るわ!」

ガチャ、バキッ!

キョン「あ、朝倉!?」

朝倉「あ、ドアノブとれちゃった」

朝倉「でもそんなの関係ねぇ!」

キョン(今時それはないわ)

キョン「朝倉…なんでお前がここに」

朝倉「実は…かくかくしかじかなんたらかんたらチントンシャンテントン」

キョン「はぁ?ハルヒが好きだって?」

朝倉「Yes,I do」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:13:14.48 ID:eCJbjQqhO

キョン「それで俺に何の用があるんだよ」

朝倉「あのね〜涼子ね〜キョンくんにね〜涼宮さんのね〜好みとか〜いろいろ〜教えてほしーの☆」

キョン「普通にしゃべれボケ」

キョン「なるほどな」

キョン「でもあいつの好みなんか知らんぞ」

朝倉「使えねー」

キョン(こいつ死ねよ)
みくる(うぜぇ)
長門(ブフゥwww)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:20:23.58 ID:eCJbjQqhO

キョン「ま、まぁ、あいつと話したりして探れよ」

朝倉「涼宮さんは私となぜか話してくれないわ」

キョンみくる(だろうな)

朝倉「どうしようかしら…とりあえず一日中家を見張るしかないわね…」

キョン「おいコラ犯罪者になる気か」

長門「今度の不思議探索に来ればいい」

キョンみくる(なん…だと…?)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:25:23.76 ID:eCJbjQqhO

朝倉「え!いいの、長門さん!」

長門「涼宮ハルヒには私から伝える」

長門「任せて」

朝倉「ありがとう長門さん!」ギュッ

長門「////」

キョン(おいおい、マジか…面倒くせぇ)
みくる(長門さん…ひょっとして…)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:32:09.18 ID:eCJbjQqhO

朝倉「ヤッターヤッターヤッターマン!」

キョン「こんなとこで飛び跳ねるな」

みくる「長門さん、ちょっと…」

長門「?」

みくる「もしかして、朝倉さんのこと好きなんですか?」

長門「!」///

みくる「どうなんですか?」

長門「///…コクッ」

みくる「やっぱり…」

みくる(…どこがいいんだろう)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:42:06.14 ID:eCJbjQqhO

みくる「じゃあなんで不思議探索に誘うんですか?」

みくる「もしかしたら涼宮さんと付き合っちゃうかもしれませんよ?」

長門「…彼女には幸せになってほしい」

長門「彼女が幸せになるためには涼宮ハルヒと付き合うのが一番」

長門「だから私はあえて身をひく」

みくる「…長門さん」

朝倉「まゆげビーム!ツイスト!」

キョン(さっきから何言ってんだこいつ…)


古泉「ドアノブが…ない…だと…?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 13:53:32.43 ID:eCJbjQqhO

コンコン

みくる「あ、涼宮さんか古泉くんですね」

朝倉「キャ、恥ずかC☆」

キョン(ぶっ殺してぇ)

キョン「…つーかドアノブないから開かないな…」

朝倉「おいおい誰だ壊したの、学校のものは大切に使えと先生いつも言ってるだろ!」

キョン「お前はちょっと黙ってろ」

キョン「チェストォ!」

ベキィッ、グチャ!

古泉「ぶべらっ!」

キョン「あれ、なんか嫌な感触が…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 14:05:37.78 ID:eCJbjQqhO

みくる「ああ!古泉くんが下敷きになってます!」

朝倉「テクテクテクテクテクテク、今何時?ひじ!」

古泉「う…」

キョン「おい古泉、大丈夫か!?俺のせいだ」

古泉「あなたが…」

古泉「キョンくんがやったのなら許しちゃう///」

キョン「は?」

古泉「さぁ、今日もSOS団頑張っていくわよ〜☆」

キョン「古泉ぃぃぃぃぃ!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 14:18:32.77 ID:eCJbjQqhO

―30分後

キョンみくる長門「…」

朝倉「恋人を今か今かと待ち続けこぼれ落ちるは股の露なり」

古泉「キャーいやらしい☆」

キョン(古泉まで変になっちまった…)
みくる(なんか変な詩詠んでるし…)
長門(股の露てwwブフゥwww)

ハルヒ「…どっどうしてドアが粉砕してるのよ!」

キョン「ハルヒもっと早く来いよ」

朝倉「ああ、涼宮さん!」

ハルヒ「うわっ、なんであんたがここに?」

長門「私が連れてきた」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 14:29:26.44 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「有希が?どうして?」

長門「朝倉涼子はあなたと仲良くなりたいから今度の不思議探索に同行したいらしい」

朝倉「キャー恥ずかC☆」

ハルヒ(ウザッ)

長門「あなたは内心うざいとかキモイとか思っているかもしれないけれど」

朝倉「えー涼子ショック!」

ハルヒ(当たり前だろ)

長門「それは彼女の事をまだあまり知らないから、本当は素直でいい子」

ハルヒ「…まぁ有希がそこまで言うなら」

朝倉「やったーありがとう長門さん」ギュッ

長門「///」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 14:35:58.19 ID:eCJbjQqhO

古泉「よかったじゃないの涼子!」

朝倉「いっちゃんありがと〜!」

ハルヒ「こ、古泉くん?」

古泉「んもぅ、ハルちゃん」

古泉「あたしのことはいっちゃんって呼んでよ☆」

ハルヒ「…え?」

キョン「あー、ハルヒ、古泉の頭はさっきドアとともに砕け散ったぞ」

ハルヒ「…なんか疲れるわ…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 14:44:59.31 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「もう、今日は解散!」

朝倉「涼宮さん、帰りましょ///」

ハルヒ「あ、いや、あたし、きょ、教室にwawawa忘れ物が…」

ハルヒ「…ごゆっくりぃぃぃ!」

タタタタ…

朝倉「あん、涼宮さ〜ん」

ハルヒ「追いかけてくるな!」

長門「…」

みくる「…長門さん、一緒に帰りませんか?」

長門「…」コクッ

古泉「キョンくん、かーえろ!」

キョン「いやだぁぁぁぁぁぁ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:03:16.66 ID:eCJbjQqhO

―帰り道にて

みくる「…」

長門「…」

みくる「…長門さん」

みくる「本当にあれでよかったんですか?」

長門「…」

みくる「自分の気持ちも言わないで…」

長門「朝倉涼子には涼宮ハルヒと幸せになってほしい」

みくる「…それは本心で言ってないでしょう?」

みくる「自分の気持ちに嘘なんてついちゃダメです!」

みくる「朝倉さんが好きなら、自分で幸せにできるはずです!」

長門「………」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:17:43.63 ID:eCJbjQqhO

みくる「…そうだ、長門さん」

長門「?」

みくる「今度の不思議探索で、朝倉さんに告白してください」

長門「!?」

みくる「このままだともっと朝倉さんは涼宮さんを好きになっちゃいます」

みくる「でも今ならまだ間に合うと思うんです」

みくる「今のままなら長門さん後悔するに違いありません」

長門「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:24:04.12 ID:eCJbjQqhO

長門「…わかった」

みくる「!」

長門「朝倉涼子に告白する」

みくる「わかってくれて、よかったです」

長門「朝比奈みくる」

みくる「はい?」

長門「…ありがとう」

みくる「フフッ、どういたしまして」


古泉「疲れちゃったわね〜☆あそこで休憩していきましょ」

キョン「あそこってホテルのことかぁ!誰か、誰か助けてください!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:35:30.48 ID:eCJbjQqhO

―みくる家にて

みくる「…」

みくる「なんで私あんなこと長門さんに言っちゃったんだろう…」

みくる「本当は長門さんのこと好きなのに…」

みくる「…グスッ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:49:33.80 ID:eCJbjQqhO

―不思議探索の日
AM5:00

朝倉「おはらっきー☆」

朝倉「ってまだ私だけね」

朝倉「今日は涼宮さんの秘密をどーんと暴いちゃうぞ☆」

朝倉「暇だからスクワットしましょう」

AM6:00

朝倉「…1000…1001…星野死ね」

AM8:00

朝倉「3204…3305…」

みくる「なにしてるんですか…朝倉さん」

朝倉「スクワットよ」

みくる「なんでスクワットなんですか」

朝倉「スクワットなめんな!」

みくる(やっぱりうぜえ)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 15:56:18.53 ID:eCJbjQqhO

古泉「みくるーん、おはらっきー☆」

みくる「こ、古泉くん、おはよう」

朝倉「…3444…3555…」

古泉「あら、涼子スクワットしてるの?」

朝倉「そうよ…35556…」

古泉「涼子ったら、女のあたしが惚れちゃいそーなたくましさ☆」

朝倉「やめてよー☆」

みくる(…誰か早くきてぇ)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 16:04:02.88 ID:eCJbjQqhO

AM8:30
ハルヒ「みんなおはよー!」

長門「…」

みくる「涼宮さん、長門さんおはようございます」(助かった…)

朝倉「…11111…1112…112…」

朝倉「あっ涼宮さん!おはらっきー☆」

ハルヒ「お、おはらっきー…(こいついるの忘れてた…)」

古泉「キョンくんマダー?」

みくる「…長門さん」ボソ

長門「…わかっている」ボソ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 16:15:04.13 ID:eCJbjQqhO

AM8:45

キョン「よう…ってまた俺が最後か」

ハルヒ「遅いわよキョン!」

古泉「キョンくーん!」

キョン「うわぁぁぁやめろ抱きつくな顔が近い気持ち悪い!」

朝倉「いっちゃんだいたーん☆」

古泉「これくらいしなきゃ取られちゃうわよ!」

ハルヒ「み、みんな集まったことだしいつもの喫茶店に行きましょう!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 16:26:23.49 ID:eCJbjQqhO

―喫茶店にて

ウェイトレス「ご注文何に致しましょう」

朝倉「君の涙で作った虹色カクテルを」

キョン「んなもんあるか!」

ウェイトレス「少々お待ちください」

キョン「あるんだ!」

古泉「あたしはキョンくんを!なんちゃって☆」

キョン「もうお前帰れよ」

ハルヒ「なんだよこいつら」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:29:31.07 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「じゃあ班決めね」

ハルヒ「今日は6人いるから2人ずつにしましょう」

朝倉「せーの、王様だーれだ!」

キョン「黙れ」

ハルヒ「私は無印よ」

朝倉「あー私と一緒だ!両思いだね///」

ハルヒ「最悪」

キョン「…俺なんて古泉だぜ」

古泉「やったー!キョンくんとあんなことやこんなことを…グヘヘ///」

ハルヒ「…」

長門「…」

みくる「…」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:38:51.42 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「…じゃ有希とみくるちゃんはあっち、キョンと古泉くんはそっち、私たちはこっち」

朝倉「海賊王に俺アナル!」

古泉「きゃー頑張ってね涼子☆」

ハルヒ「…」

キョン「…」

みくる「涼宮さんとキョンくん死にそうな顔してますね…」

長門「可哀想」

みくる「…じゃあ長門さん、行きましょうか」

長門「…」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:44:33.36 ID:eCJbjQqhO

みくる「…長門さん」

長門「…」

みくる「長門さん…さっきの班決めのとき」

みくる「情報操作しましたよね」

長門「!!」

みくる「涼宮さんと朝倉さんが一緒になるように」

長門「…」

みくる「…どうして」

長門「…」

長門「やっぱり朝倉涼子には涼宮ハルヒが」

みくる「どうして諦めちゃうんですか!」

みくる「そんな弱気な長門さんは長門さんじゃないです!」

みくる「…この前約束したじゃないですか」

長門「…」

長門「…勇気が出なかった」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 20:55:53.40 ID:eCJbjQqhO

長門「朝倉涼子に嫌われるのが怖かった」

みくる「…」

長門「でも今は違う」

長門「朝比奈みくるの喝で勇気が出た」

みくる「長門さん…」

長門「午後の班決めでは必ず朝倉涼子と同じ班になる」

長門「そして告白する」

長門「今度は必ず」

みくる「…グス」

長門「?」

長門「…なぜ泣いている?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:02:04.63 ID:eCJbjQqhO

みくる「…あっ、う、嬉し泣きです!」

みくる「じゃあ、と、図書館行きましょうか!」

長門「…」コクッ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:12:17.95 ID:eCJbjQqhO

朝倉「しあーわせのしゅんかんきっとあなたもかんじてっるー♪」

ハルヒ(なんで歌ってんのよ…)

朝倉「涼宮さん?」

ハルヒ「…なに?」

朝倉「テンション低いぞーあげてけあげてけー☆」

ハルヒ「うっさいボケ」

朝倉「冷たいな〜涼宮さん」

朝倉「もっと熱くなれよおおおおおおお!!!」

ハルヒ(誰か助けて…)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:22:36.80 ID:eCJbjQqhO

朝倉「あ、あんなところにサーティワンが!」

朝倉「私が涼宮さんの分も買ってきてあげる」

朝倉「私のいないスキに浮気なんかしちゃダメだゾ☆」

ハルヒ「さっさと行け眉毛」

朝倉「がってんしょうちのすけ!」

ハルヒ「はぁ…疲れた」

ハルヒ「でも結構優しいとこあるのね…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:33:07.50 ID:eCJbjQqhO

店員「らっさっせー」

朝倉「手を挙げろ」スッ

店員「ひっ……ん?」

朝倉「このバックにありったけのアイスをつめろ」

店員「…」

店員「店長」

店長「どうした?」

店員「バナナを武器に強盗が…」

朝倉「何グズグズしてんだ!頭ぶち抜かれてぇのか!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:42:26.08 ID:eCJbjQqhO

店長「…これは店長歴20年の俺でもびっくりドンキーだ」

朝倉「おいおい、こいつがただのオモチャだと思ったら大間違いだぜ?」

店長「なんだと?」

店員「まっまさかバナナ型拳銃とか…」

朝倉「こいつはな…」

店長「ゴクリ…」

店員「ゴクリ…」

朝倉「凍ったバナナだ!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 21:52:53.91 ID:eCJbjQqhO

店長「…」

店員「…」

朝倉「ハハッ驚いて声も出ねえようだな!」

店長「君…バックいっぱいは無理だけどカップ2つくらいならあげるよ…」

朝倉「チッ、しけた店だな」

朝倉「まぁ、今日はこれくらいで勘弁してやるよ」

朝倉「有り難くもらってくぜ、あばよ!」

ズザザザ…

店員「店長!いいんですか?」

店長「ああいう客を帰すにはこれが一番なんだよ」

店員「なるほど…」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:02:10.58 ID:eCJbjQqhO

朝倉「すっずみっやさ〜ん」

朝倉「涼子の愛情たっぷり!特製アイスですよ〜☆」

ハルヒ「サーティワンのだろが」

ハルヒ「でもありがと」

朝倉「ブホッ」

ハルヒ「うわ!何鼻血出してんのよ!」

朝倉(今だ!)

朝倉「涼宮さん好きです!」ポタポタ

ハルヒ「はぁ!?」

朝倉「出産を前提に結婚してください!」ドバァ

ハルヒ「それより鼻血拭け」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:13:05.09 ID:eCJbjQqhO

―10分後
朝倉「よーやくストッピング☆」

ハルヒ「それで、さっきのこと本気なの?」

朝倉「もちのろんろんよ」

朝倉「もうあなたしか見えない」

朝倉「あなた専用ザクになりたい」

ハルヒ「…(何言ってんだこいつ…)」

朝倉(決まった…もう私のものね)

朝倉(私のザクマシンガンに完全にやられてるわ)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:25:31.40 ID:eCJbjQqhO

朝倉「あなたの返事を聞かせて(わかりきっているけど一応聞かなきゃwww)」

ハルヒ「無理」

朝倉「へ?」

ハルヒ「だから、無理」

朝倉「え、あ、今すぐ返事するのは無理ってこt」

ハルヒ「いや、付き合うとか無理」

朝倉「どっどどとうしてよぉ!」

ハルヒ「生理的に無理」

朝倉「なん…だと…?」

ハルヒ「あ、もうすぐ時間ね、行くわよ」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:33:56.92 ID:eCJbjQqhO

古泉「今日はいっぱい買っちゃった〜!」キャハ☆

キョン「こいつ女物の下着なんか買いやがって…」

キョン「店全体からの軽蔑の眼差しが痛かったぞ!」

古泉「気にしちゃだ〜め☆」

古泉「そんなんじゃあたしみたいになれないぞっ!」

キョン「なる気なんかさらさらねーんだよ!」

古泉「そろそろ時間だわ!」

古泉「行きましょ☆」

キョン「腕を組むなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:45:39.84 ID:eCJbjQqhO

―図書館にて

長門「…」

長門「…」

みくる「長門さんどこ行ったんだろう?」

みくる「う〜ん…」

みくる「あ!いた!」

みくる「長門さん!」

長門「!!」ビクッ

みくる「何読んでたんですか?」

―女の子を落とす10の法則

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 22:51:44.05 ID:eCJbjQqhO

みくる「な…長門さん」

長門「これは、その…予習」

みくる「かわいいです!」

長門「!?」

みくる「朝倉さんもきっと振り向いてくれますよ!」

長門「…ありがとう」

みくる「じゃあもう時間なんで行きましょう」

長門「…」コクッ

みくる「…」

みくる(私、また…)

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:01:24.34 ID:eCJbjQqhO

―喫茶店にて

朝倉「どうせ私なんか旧ザクなのよ!」

朝倉「どうあがいてもシャアザクになんてなれないんだわ!」

古泉「ヤケ起こしちゃダメよ〜女なんて星の数ほどいるのよ!」

キョンハルヒ(やべーよ店員ガン見だよ)

みくる「…長門さん、朝倉さんフラれたようですね」ボソ

長門「…チャ〜ンス」ボソ

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:16:53.95 ID:eCJbjQqhO

ハルヒ「じゃ…班決めするわよ」

朝倉「みんな、オラに力を分けてくれー!」

キョン「大声出すなみんなみてるだろうが!」

朝倉「あ、私また無印!」

長門「…私も」

朝倉「長門さんなら安心タイガースだわ!」

みくる「私は涼宮さんとですね、よろしくお願いします」

ハルヒ「みくるちゃんか…よかった、よかった」グスッ

みくる「なんで泣いてるんですか!?」

古泉「あらっ、またキョンくんとだなんて///これは運命だわ☆」

キョン「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:27:12.71 ID:eCJbjQqhO

朝倉「長門さん、図書館にでも行く?」

長門「…さっき行った」

朝倉「じゃあwhereにLet's goしましょうか」

長門「あなたの行きたい所で」

朝倉「いいの!?」

長門「…」コクリ

朝倉「じゃカラオーケに行きましょう!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:38:35.88 ID:eCJbjQqhO

―カラオケ店にて

店員「エアロスミスー」

朝倉「いつもので」

店員「は?」

朝倉「だから、いつもの」

店員「はぁ…」

朝倉「あなた新人?埒があかないわ、マスター呼んで」

店員「て、店長ー!」

店長「どうした?」

店員「お客さんが…」

朝倉「あら、マスターお久しぶり」

朝倉「いつものお願いしようかしら」

店員「店長、常連さんですか?」ボソ

店長「いや、見覚えがない…」ボソ

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:47:06.19 ID:eCJbjQqhO

長門(ブフゥwwwww)

朝倉「早くしてくれないかしら」

店長「どうもすいません」

店長「お部屋にご案内致します」

朝倉「流石マスター、話が早いわ」

店員「ちょ、時間どうするんですか?何も聞いてないっすよ」ボソ

店長「俺に任せろ」ボソ

店長「こちらへどうぞ〜」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/02(日) 23:57:24.35 ID:eCJbjQqhO

店長「こちらになります」

朝倉「マスター、いつもご苦労様」

店長「どうぞごゆっくり」

バタン

長門(店長…できる)

朝倉「さっ、長門さん、レッツ・シンギング!」

長門「…」コクリ

朝倉「私はどれにしようか」

長門「決めた」

ピピッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:08:06.63 ID:4GZytGVNO

〜〜〜♪

朝倉「こっこれは!」

長門「か〜わいた〜こころでかけ〜ぬける〜」

朝倉「まさかのGod knows…」

朝倉「流石長門さんといったところか…」

長門「ふ〜たりにGod Bless〜」

朝倉「うめえええええええ」

長門「ふぅ」

長門「ざっとこんなもの」

朝倉「こんちくしょう!負けてらんないのよ、このあたしは!」

ピピッ

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:18:30.65 ID:4GZytGVNO

〜〜〜〜♪

長門「!!…これは…」

朝倉「ろ〜っこうおろ〜しに〜さぁっそぉぉとぉ〜」

長門「…六甲おろし」

長門「朝倉涼子…ナメていた」

朝倉「は〜んし〜んたいが〜すふれ〜ふれっふれっふれ〜」

朝倉「ふぅ」

朝倉「実は私中日ファンなの」

長門「!?」

長門「燃えよドラゴンズでなく六甲おろしのチョイス…」

長門「本気でいくしかない」

ピピッ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:29:08.39 ID:4GZytGVNO

〜〜〜〜♪

朝倉「なっ…!?」

長門「YouはShock!あいでそらがおちてっくっる〜」

朝倉「愛をとりもどせ…だと?」

朝倉「アニメを完全に無視してやがる…」

長門「あ〜いをとりもど〜せ〜」

長門「ふぅ」

長門「北斗の拳一切見たことない」

朝倉「なにぃ…?」

朝倉「それなのにあんなに誇らしげに歌ってやがったのか…?」

朝倉「強い…が、まだだ、まだ終わらんよ!」

ピピッ

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:40:49.74 ID:4GZytGVNO

〜〜〜〜♪

長門「!?!?」

朝倉「お〜とのないせ〜か〜いにま〜いお〜りたI was snow〜」

長門「雪、無音、窓辺にて…」

長門「本人を目の前にしながらこいつ…!」

朝倉「でも、きいて」

長門「セリフ部分も完璧…」

朝倉「ふぅ」

朝倉「正直1、2回しか聞いたことない歌だわ」

長門「それでこの完成度…?」

長門「…強い…強すぎる」

―プルルッ

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:48:20.79 ID:4GZytGVNO

ガチャ

朝倉「はい?」

店長「残り10分でーす」

朝倉「あら、早いわねマスター」

店長「混んでるんで仕方ないんですよ」

店長「また今度安くしときますよ」

朝倉「…まぁいいわ…ご苦労様」

ガチャ

朝倉「もう終わりよ長門さん、私の勝ちね」

長門「最後にもう一曲」

朝倉「…いいわよ…どんとこい!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 00:59:19.46 ID:4GZytGVNO

〜〜〜〜♪

長門「これは、あなたに捧げる歌」

朝倉「これ…白石みのるのかおりんのテーマ?」

長門「そう、今はかおりんでなく、りょうこのテーマ」

朝倉「…長門さん…」

長門「ずっと探してたんだ
運命の人ってやつを
それはきっと君さ
根拠なんかはないけれど
略)
永遠に守るよ I promise you」

朝倉「…長門さん」

長門「朝倉涼子、好き」

長門「付き合ってほしい」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 01:15:08.74 ID:4GZytGVNO

朝倉「…う〜ん」

朝倉「今はまだわからないわ」

朝倉「とりあえず少し考えさせて?」

長門「把握した」

朝倉「では行くぜよ」

ガチャ、バキッ

朝倉「なんとドアノブがとれたではないか」

朝倉「ハハッワロス」ポイッ

ガチャン

「うわードアノブがぁ!?」
「テロだ、ドアノブテロだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

朝倉「うっせえ!ほかの客の迷惑だろうが!」

朝倉「ったく…最近の若いもんは…」

長門(やはりこいつはできる)

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 13:08:06.58 ID:4GZytGVNO

朝倉「まだ時間あるわね…」

朝倉「2:30…間に合う!」

朝倉「長門さん!」

長門「?」

朝倉「戦場に行くわよ…」

長門「…?」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 13:18:46.07 ID:4GZytGVNO

―東京競馬場

ワアアアアアアアア

朝倉「今だ!ヨシトミ!差せえええええええ」

実況「ゴール!一着はピップインパクト!」

朝倉「ヨシトミシネー」

長門「…当たった」

朝倉「マジデジマ?」

長門「…112万」

朝倉「びっくりドンキー」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 13:28:35.30 ID:4GZytGVNO

朝倉「次はG1天皇賞秋だわ」

朝倉「やっぱりヨシトミよね!」

実況「各馬一斉にスタート!」



実況「ウォッカダスカ並んでゴール!」

朝倉「ヨシトミシネー」

長門「…当たった」

朝倉「でも配当安いわ」

長門「三連単にさっきの112万全て賭けていた」

長門「したがって、112万×32,5」

朝倉「さん…ぜんまん…だと?」

長門「もう時間、帰る」

朝倉「…」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 13:39:29.82 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「…不思議ってなかなかないわね〜」

みくる(自販機の下に何の不思議を見つけようとしてるんだろ…)

ハルヒ「ちょっとみくるちゃん探してる?」

みくる「あっ、は、はい!」

ハルヒ「…ここもないわ」

みくる(足下ばかりみて…)

みくる(もしかして不思議ってお金?)

ハルヒ「あー、そろそろ時間ね!今日は0円だったな」

みくる(円って言った!今円って言ったよね!)

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 13:48:30.17 ID:4GZytGVNO

古泉「ワンツースリーフォー!ファイブシックスセブンエイト!」

キョン「はぁ…はぁ…何でエアロビ教室に…」

古泉「あら、キョンくんもうバテたの〜」

古泉「でもそんなキョンくんもカ・ワ・イ・イ☆」

キョン「お前殺してほしいのか?」

古泉「あら、もう時間ね!行きましょ!」ヒョイ

キョン「お姫様抱っこすんなあああああああああ!」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:00:05.14 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「みんな揃ったわね…って有希、そのスーツケースはどうしたの?」

長門「これは…」

長門「私の夢と希望と欲望が詰まっている」

ハルヒ「ふぅん…?まあいいわ、今日は解散!」

みくる「…長門さん」ボソ

長門「大丈夫、伝えた」ボソ

みくる「…」


朝倉「長門さん、今日はおでんくらいおごってくれるわよね」

長門「おでんでいいの?(笑)」

朝倉「くっそおおおおおおお」

古泉「キョンくん!今から新宿行きましょ☆」

キョン「新宿って二丁目のことかああああああああ」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:07:37.83 ID:4GZytGVNO

―帰り道

みくる「…」トボトボ

みくる「私、これでよかったのかな…」

みくる「長門さんにあんなに偉そうに言っといて…」

みくる「自分の気持ちは言ってないよ」

みくる「…長門さんと朝倉さん付き合っちゃったのかな…?」

みくる「…」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:20:41.11 ID:4GZytGVNO

―おでん屋にて

朝倉「親父!熱カン!」

おでん屋の親父「嬢ちゃんまだ高校生だろ!」

朝倉「まだ3歳やっちゅーねんwww」

長門「ブファwwwwwww」

朝倉「今日競馬で10万スッちゃってね」

親父「嬢ちゃんまだ高校生だろ!」

朝倉「まだ3歳やっちゅーねんwww」

長門「ブファwwwwwww」

親父「嬢ちゃんおもしれーなwww」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:29:58.55 ID:4GZytGVNO

―帰り道

朝倉「うぇ〜やっぱウィスキーはくるぜ」

長門「あれはウーロン茶」

長門「ところで朝倉涼子」

長門「告白の返事はいつ?」

朝倉「あー、そうね…」

朝倉「月曜日に放課後の屋上で待ってて」

長門「がってんしょうちのすけ」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:41:55.68 ID:4GZytGVNO

―長門家にて

長門「…」

あるーはれーたひーのこt)ピッ
長門「もしもし」

みくる『あっ長門さん…』

長門「何?」

みくる『あの…お話があるんです』

みくる『長門さんのマンションの前にいるんで降りてきてもらえますか?』

長門「…?わかった」

ピッ

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 14:52:15.00 ID:4GZytGVNO

長門「お待たせ」

みくる「あっ、す、すいませんこんな夜遅くに!」

長門「構わない」

長門「それで話とは?」

みくる「あの…私実は…」

長門「…?」

みくる「長門さんのこと、すっ好きなんです!」

長門「!?」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:02:18.02 ID:4GZytGVNO

みくる「今まで抑えてきたけど…もう耐えられなくて」

長門「…」

長門「…もう少し考えさせてほしい」

みくる「…そうですか…」

みくる「じゃあ次の月曜日に放課後の屋上で待ってます!」

長門「!!…あの…」

みくる「それではおやすみなさい!」

タッタッタッ…

長門「…ダブルブッキング」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:13:46.71 ID:4GZytGVNO

みくる「はぁ…はぁ…」

みくる「恥ずかしくて逃げてきちゃった…」

みくる「でも…告白したらなんかすっきりしたなぁ」

みくる「…」

みくる「…私の家の前に誰かいる?」

みくる「誰だろうこんな時間に?」

ハルヒ「あっみくるちゃん!」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:25:16.33 ID:4GZytGVNO

みくる「涼宮さん?どうしたんですかこんな所で?」

ハルヒ「じ…実はみくるちゃんにどうしても言いたいことがあって…」

みくる「…?なんですかぁ?」

ハルヒ「私、みくるちゃんが好きなの!」

みくる「…えぇ!?」

ハルヒ「付き合って!」

みくる「え…あの…その……」

ハルヒ「へっ返事は今すぐでなくてもいいわよ!」

ハルヒ「月曜日に放課後の屋上で待ってる!」

みくる「っ!ちょ…!」

ハルヒ「じゃあね!」

タッタッタッ…

みくる「…ダブルブッキング」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:36:25.60 ID:4GZytGVNO

―新宿(二丁目)にて

古泉「可愛いでしょ〜この子☆」

IKKO「ホント可愛いどんだけ〜☆」

真島「あらあなた、みんなもうそれ言ってないわよ」

KABAちゃん「時代遅れって感じよね〜」

IKKO「あんたたちうるさいわよ!」

はるな愛「言うよね〜☆」

キョン「だ…誰か…」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:46:56.70 ID:4GZytGVNO

―そして月曜日

キョン「…」

国木田「…なんかキョン元気ないね」

谷口「そうか?いつもあんな感じだと思うが」

国木田「いや、いつもとは明らかに違うよ…僕にはわかる」

谷口(国木田…そんなにキョンのことを見てんのか)

谷口(!!…こいつまさか…)

谷口(…ギリッ)

谷口(国木田は渡さん!)

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 15:57:59.99 ID:4GZytGVNO

古泉「キョンきゅーん!おはらっきー☆」

キョン「…おぅ」

古泉「元気ないぞー☆もっとテンション上げないといつきが逃げちゃうぞ!」

キョン「あぁ…」

国木田(古泉…ギリッ)

国木田「古泉くん」

古泉「ん、なあに?」

国木田「古泉くんも放課後屋上に来てくれない?」

谷口「お、おい国木田?」

古泉「いいけど…あっ、わかった〜☆告白でしょ?でも私にはキョンくんが」

国木田「まぁ来てみればわかるよ」

国木田(フフフ…)

谷口(…国木田)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 16:13:05.68 ID:4GZytGVNO

―そして放課後の屋上

長門「…」

長門「…」

ガチャ

ハルヒ「お待たせ…ってどうして有希が?」

長門「…?あなたこそ」

ハルヒ「私…みくるちゃんに告白したのよ!その返事をもらいに来たの」

長門「!」

ハルヒ「有希は?」

長門「朝比奈みくるに告白されてその返事をしに来た」

ハルヒ「…え?」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 16:23:47.96 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「…」

長門「…」

ガチャ

みくる「どうも…」

ハルヒ「みくるちゃん!」

みくる「あっ…二人とも来てたんですね」

ハルヒ「どうなってるのよ…」
長門「説明して」

みくる「実は…かくかくしかじかというわけで…」

ガチャ、バキッ!

朝倉「ややこC☆」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 16:34:18.98 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「朝倉!?」

朝倉「ドアノブがとれちまったこんな世の中じゃ」

朝倉「ポイズン」

朝倉「話は聞かせてもらった」

朝倉「面倒臭いことになってるじゃない」

ハルヒ「なんであんたがここに?」

みくる「…もしかして」

朝倉「私長門さんの告白の返事をしに来たのよ」

ハルヒ「なっ…?」

みくる「やっぱり…」


キョン「…」

キョン「…ドアノブがまたない」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 16:48:59.24 ID:4GZytGVNO

コンコン

朝倉「なんかノックしてんだけど」

ハルヒ「あんたがドアノブ壊したからでしょ!」

朝倉「ハイハイ今出ますよ〜」

ガチャ、バキッ!

キョン「…やっぱり朝倉だったか」

朝倉「ドアノブが取れたわ」

朝倉「パターンドアノブ!使徒です!」

キョン「黙れ極太眉毛が」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 16:56:23.61 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「それでなんでキョンがこんなところに?」

キョン「谷口に呼ばれてな」

キョン「ハルヒたちこそ何してるんだよ」

朝倉「レズってんのよ」

キョン「お前に聞いた覚えはない」

ハルヒ「実はかくかくしかじかなの」

キョン「はぁ?四角関係だと!」


古泉「…」

古泉「どうしてドアノブがないのよ!」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 17:06:00.07 ID:4GZytGVNO

コンコン

朝倉「カーチャンが帰ってきた!」

キョン「ここをどこだと思ってるんだこいつは…」

キョン「ってまたドアノブがねぇよ」

キョン「おりゃあ!」

バキィ、グチャ!

古泉「ひでぶっ!」

キョン「前にも味わった感触が…」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 17:13:38.93 ID:4GZytGVNO

みくる「きゃああ!また古泉くんがドアの下敷きに!」

キョン「うわああ…なんか耳からドス黒い血が…」

キョン「大丈夫か?古泉!」

古泉「う…」

古泉「ここは…屋上でしょうか?」

キョン「古泉…?」

古泉「おや、皆さんお揃いでどうかされましたか?」

キョン「やったああああああああ古泉が元のイケメン古泉に!」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 17:23:46.39 ID:4GZytGVNO

ハルヒ「とりあえず各々返事をしていきましょう」

キョン「古泉に興味ゼロかよ」

ハルヒ「じゃみくるちゃん、返事を聞かせて」

みくる「…」

みくる「ごっごめんなさい!」

みくる「…やっぱり長門さんのことが…」

ハルヒ「…そう」

みくる「本当にごめんなさい!」

ハルヒ「いっいいのよ!」

古泉「これは一体どういうことですか?」

キョン「実はかくかくしかじかなんだよ」

古泉「…なるほど」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:03:51.30 ID:4GZytGVNO

みくる「…長門さん、返事を」

長門「…」

長門「…申し訳ない、朝比奈みくる」

長門「やっぱり朝倉涼子のことが…」

みくる「…そうですか」

長門「本当にごめんなさい」

みくる「いっいいんです!」

みくる「…自分の気持ちを伝えたら、楽になりました」

長門「…」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:09:45.78 ID:4GZytGVNO

長門「朝倉涼子」

朝倉「いっちゃん目を覚まして!」

古泉「あ、あの…」

キョン「古泉は目を覚ましたんだよ」

朝倉「えー涼子テレフォンショッキング!」

長門「朝倉涼子」

朝倉「何?長門さん」

長門「返事を」

朝倉「Oh」

朝倉「そうだったわね」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:16:24.83 ID:4GZytGVNO

朝倉「ごめんなさい私まだ涼宮さんの事wawawa忘れ物できないの!」

長門「…そう」

朝倉「君の気持ちに答えられないことを」

朝倉「…」

朝倉「本当にすまないと思っている」

キョン「バウアーかよ」

長門「…構わない」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:21:20.75 ID:4GZytGVNO

朝倉(涼宮さんもフラれてるのよね…)

朝倉(今がアタックチャンスだと児玉清も腕を震わせてるわ☆)

朝倉「立った!フラグが立った!」

朝倉「すっずみっやさ〜ん」

ハルヒ「なっなによ」

朝倉「お前の傷ついたハートを俺が癒やしてやるぜ☆」

ハルヒ「いや、無理」

朝倉「チクショー!」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:25:27.99 ID:4GZytGVNO

朝倉「私なんてアタックチャンスどころか一枚もパネルを取れずに終わっちゃう『お前何しに来たの』系出場者なのよ!」

キョン「うるさい上に意味が分かんねぇんだよ」

ハルヒ「あれ…もしかして」

みくる「全員…」

長門「フラれた」

ハルみく長「…」

みくる「…こういう時どうしましょう」

ハルヒ「…」

長門「…」

朝倉「ジャンケン!」

ハルみく長「!!!」

キョン「…」

古泉「…」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:33:09.75 ID:4GZytGVNO

キョン「おいおい、それはないだろ…」

みくる「…やりましょう」

ハルヒ「公平だわ!」

長門「インチキは、しない」

キョン「真性のアホだこいつら」

朝倉「じゃー勝った人が好きな人を選べる、拒否権はなし!」

ハルみく長「イエッサー!」

キョン「…」

古泉「…」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:42:57.80 ID:4GZytGVNO

朝ハルみく長「最初はグー、ジャンケンポン!」

朝倉 パー
ハルヒ グー
みくる グー
長門 グー

ハルヒ「なん…だと…?この私が負けた…?」

長門「…」

みくる「…ということは」

朝倉「…私の勝ちね…」

朝倉「フフフ…」

朝倉「…涼宮ハルヒ!君に決めた!」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…やっぱ無理!」

ダッ

朝倉「待て〜ルパァ〜ン」

ダッ

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:50:50.89 ID:4GZytGVNO

みくる「どこか行っちゃいましたね…」

長門「…」

みくる「…」

みくる「長門さん」

長門「…?」

みくる「わっ、私を…もらってくれますか?///」

長門「!!!」ズキューン!

みくる「嫌、…ですか?私なんか…」グスン

長門「!!!」バキューン!

長門「そっそんなことはない」

長門「よ、喜んで///」

みくる「あ、ありがとうございます長門さぁん!」ギュッ

長門「!!!」ドッギュ―ン!

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 21:57:03.61 ID:4GZytGVNO

キョン「なんとか一つにまとまったようだな」

古泉「ええ、一時はどうなることかと」

キョン「つか谷口たち遅いな…」

古泉「谷口くんも来る予定なんですか?」

キョン「…お前覚えてないのか?」

古泉「すいません、この数日の事が全く思い出せなくて…」

キョン「古泉…お前かくかくしかじかってな感じだったんだよ」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 22:02:59.76 ID:4GZytGVNO

古泉「なるほど、あっち系の人に…」

キョン「そうだ、大変だったんだぞ」

キョン「まぁ元に戻ってくれてよかったよ」

古泉「…それはあながち間違いでもありませんね」

キョン「え?」

古泉「それが僕の本性ですよ、キョンくん☆」

キョン「うわああああぬがすなやめアッ━━!」

〜完〜

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 22:05:01.10 ID:4GZytGVNO

番外編

国木田「だっだめだよ谷口!こんなの…」

谷口「体はそうは言ってないみたいだがな」

国木田「やめ…僕はキョンが好きなんだよ!」

谷口「そんなこと知ってるさ」

国木田「え…じゃあどうして!」

谷口「俺は国木田が好きなんだよ!」

国木田「!!!」ズッキューン!

〜完〜

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 22:13:26.70 ID:4GZytGVNO

初めてSS書いたがこんなに疲れるものだったのか…
>>288
ニガーイの人はリスペクトしてますが全くの他人です
>>294
谷口は国木田を屋上に連れて行っても振り向いてもらえないと思って国木田を襲いました

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/03(月) 22:20:19.28 ID:4GZytGVNO

読み返してみたがこれはひどいw
濃厚レズは童貞の俺には荷が重すぎます
読んでくれた人ありがとう!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「真希波の誘惑って何か足りないよね」