ハルヒ「くじ引きで一等をとったわよ!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:前原圭一が安価で行動する

ツイート

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:23:03.71 ID:GQdSjPp7O

もしよければ見てってください
文才ない、遅いうえに矛盾しまくりになるかもしれないけど
書いていきます

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:26:16.69 ID:GQdSjPp7O

……夢であってほしい

終わったんじゃなかったのか?
ループも楽しかった旅館での事も
…なぜここにいるんだ
ハルヒ、お前なのか?それともまた異世界の連中なのか

誰か、誰か教えてくれ

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:29:55.72 ID:GQdSjPp7O

長門「迂闊だった」

キョン「………」

長門「私のプロテクトが間に合わなかったせい」

キョン「………」

長門「………ここは私達が通る可能性があった一つの過去、なぜここに来たのかは不明」

キョン「ハルヒが、望んだんじゃないのか…?」

長門「不明」

アナザールート開始

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:38:18.69 ID:GQdSjPp7O

101号室、最初に案内された部屋
見たくもなかったが来てしまったんならしょうがない、そういえば古泉と朝比奈さん、それにハルヒがいないな

キョン「他のみんなはいないのか?」

長門「古泉一樹、朝比奈みくるは時間に誤差があるだけ、時間がたてば来る。
涼宮ハルヒはこの時間軸の人間、私達がいた時間の涼宮ハルヒではない
進化の可能性を秘めた彼女の保護は我々、情報統合思念体の最重要項目、涼宮ハルヒだけはプロテクトに成功した。
……」

キョン「気にするな、ハルヒだけでも元が無事なら大丈夫さ、なんとかやってくれるだろ」

長門「……」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:45:26.72 ID:GQdSjPp7O

ブン どさっ

古泉「これは手荒い登場の仕方でしたね、少しばかり手を捻ってしまいましたよ」

キョン「よく平然としてられるなお前」

古泉「慌てても仕方ありませんから」

ブン どさっ

キョン「ぐえっ」

みくる「いたいぃ……あれ?ここは……?」

キョン「俺の背中の上ですよ…」

みくる「あっわわっ……すみませ……」ぐりっ ゴキ

キョン「ぐぇっいたっ!」

みくる「○#+*=/|」

いいんですいいんです、朝比奈さんならなにをしても平気ですよ……
ああ、気絶したいくらいだ

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:50:53.70 ID:GQdSjPp7O


……

古泉「なるほど…また我々はループしていると、それも種類が異なる…」

ガチャ

ハルヒ「なんかわいわいしてると思ったら、みんなここにいたのね?誰もいなくなったからびっくりしたわよ!!」

キョン(ややこしい時にコイツは……やれやれ)

ハルヒ「とりあえずみくるちゃん、来なさい!可愛い服があったの!さっそく試着しにいくわよ!!」

みくる「ふぇ!?……ひょえぇぇ」ズルズル

キョン(朝比奈さんすみません、時間稼ぎをお願いしました)

バタン

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:54:22.65 ID:GQdSjPp7O

長門「…………」

キョン「おい長門」

長門「…………」

キョン「おーい」

長門「……?なに」

キョン「なんか変だぞ、大丈夫なのか?」

長門「……心配ない」

古泉「この事件の心あたりでも?」

長門「………ない」

キョン(どうしたんだ長門のやつ、いつもより険しい顔に見えるのは俺だけか)

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:59:21.71 ID:GQdSjPp7O

長門(これは私の責任、私が処理しなくてはならない。
情報統合思念体の意思に反するが結果は変わらないはず)

キョン「長門、疲れてんだろ?とりあえず休め、プロテクトだかなんだか知らんが力を使ったんだろ
休んどけ」

古泉「そうですね、あまり顔色……が、優れないようですから」

長門「平気」

キョン「いや駄目だ、せめてその布団に入ってよこになってくれ」

長門「………了解した」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:03:13.08 ID:GQdSjPp7O

キョン「なにか俺達にやれそうな事はないのか?」

長門「………できるだけ涼宮ハルヒには近づかないでほしい」

古泉「涼宮さんにですか?……なにかお考えがあるのでしょう、わかりました」

キョン「近づかないと言ってもアイツから近づいてきそうだな」

長門「その場合は許容範囲、問題ない」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:07:09.75 ID:GQdSjPp7O

キョン「とりあえず寝てるんだぞ長門」

長門「………」

キョン「俺は俺なりに調べたりしてくる」

長門「………」

古泉「なら僕は長門さんの看病をしています」

長門「病気ではない、あなたも彼と」

古泉「わかりました。しかし無理は禁物ですよ」
キョン「そうだぞ長門、なんかあったら連絡しろよ」

長門「………」コクッ

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:13:09.69 ID:GQdSjPp7O

キョン「さて、調べるといってもなにがある?」

古泉「とりあえず『今日』の時間をみてみましょう」

キョン「……?壊れてんのか俺の携帯は」

古泉「…僕も時間の表示はありません。
と、いうことはこの時間はあまり気にしないほうがいいでしょう」

キョン「そうだな、いま必要なのは時間じゃないからだな、必要ならハルヒがまたなにかしら無意識に教えてくれるだろ」

古泉「みえざる絆、いえ愛と呼んだほうが?」

キョン「殴るぞ」

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:53:47.17 ID:GQdSjPp7O

キョン「なあ古泉」

古泉「はい、なんでしょう」

キョン「長門の事なんだが、なんか変だったよな」

古泉「僕にもわかるほどですからね」

キョン「どうもひっかかるんだが、お前は何か思わないか?」

古泉「そうですね、涼宮さんに近づくなと言う言葉には違和感がありましたね」

キョン「なにかありそうだな」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:57:13.69 ID:GQdSjPp7O

キョン「どうするか……」

古泉「二手に別れましょう、どちらかが涼宮さんに、とう片方は長門さんにと言うかたちで」

キョン「それがいいな、どっちがどっちにつくんだ?」

古泉「やはり貴方は涼宮さんだと思いますね」

キョン「なら長門の事は頼んだぞ」

古泉「はいわかりました、では後ほど」

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:04:35.17 ID:GQdSjPp7O

キョン「…それにしても広い旅館だな、何日もいたにもかかわらずまだ記憶できん
ハルヒを捜すにも苦労……ん?たしか朝比奈さんと服の試着とかいってたな
そのあたりから捜すか」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
古泉(いったい何を考えていたのでしょうか
長門さんの思考パターンのトレースなどは僕の超能力では不可能ですからね
出来たところで人間に理解できる内容とは限りませんね)

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:09:13.21 ID:GQdSjPp7O

キョン(このフロアからだと少し距離があるな、朝比奈さんも大変迷惑だっただろうに…
罪悪感が辛い)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コンコン

古泉「古泉です。長門さんいらっしゃいますか」

……

古泉(了承がとれたと判断してもいいんでしょうか……)カチャ

古泉(鍵はかけてないみたいですね)

古泉「失礼します」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:13:47.05 ID:GQdSjPp7O

キョン(やっとついたか、しかし服売り場すら無駄に広いな
大声をだすわけもいかんな、面倒だがしらみつぶしに歩くか)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
古泉「長門さん……?トイレですか?」コンコン

……カチャ

古泉「いない?……おや、なんでしょうこの紙は。
長門さんの置き手紙でしょうか」

ペラ…

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:24:59.17 ID:GQdSjPp7O

キョン「……どこいったんだ、全然それらしい気配もないし……ん、古泉?
なにしてんだあいつは……おい古泉!」

古泉「! 探しましたよ、長門さんの所にいったらこのような物が…」

キョン「なんだそりゃ」カサッ

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:32:05.18 ID:GQdSjPp7O

私を責めてもらってもかまわない

今、この状況を打破するにはこれしかないと思念体は答えをだした

実行するべき人間は問わないとのこと、ならば私が実行をする

涼宮ハルヒの抹殺


キョン「………古泉、長門かハルヒを捜すぞ、それも長門が実行しない内にだ」

古泉「わかっています。急ぎましょう」

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:35:43.90 ID:GQdSjPp7O

ハルヒ「お土産はこれで決まりね!」

みくる「こっちなんかも可愛いですよ」

ハルヒ「あら本当ね、キョンの妹ちゃんに買ってってあげるわ」

みくる「わたしも鶴屋さんに持っていきます」


長門(涼宮ハルヒ………)

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:49:07.67 ID:GQdSjPp7O

長門(……体が重い、何故)

キョン「長門!」

長門「!!」

古泉「長門さん、説明してください」

キョン「俺達にも納得できるようにな」

長門「…………」

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 23:56:00.78 ID:GQdSjPp7O

長門「この世界は言わば涼宮ハルヒに捨てられた過去
涼宮ハルヒはこの過去を消す事を望んでいる。そして我々はこの時間の涼宮ハルヒを抹殺する事を思念体から指示された
涼宮ハルヒが自分の無意識で世界を改変しないために」

キョン「最初から知っていたのか…」

長門「そう、貴方達がここに来たのは私にエラーが生じた時の保険」

古泉「どうしても涼宮さんを殺害しなくてはならないのですか?」

長門「…そう」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:01:46.69 ID:9y8aju9YO

キョン「それしか本当に方法が無いのか?」

長門「無い」

キョン「……そうか、なら長門、俺にやらせてくれ」

長門「貴方が?」

古泉「…いいんですか、人を殺すのですよ?」

キョン「ああ、それでも俺がやる。それがハルヒの望みならな
いつも俺だっただろ」

古泉「それならば僕はこの場から失礼します」

キョン「すまんな古泉」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:08:14.56 ID:9y8aju9YO

キョン「長門、どうすりゃいい」

長門「普通に生命活動を停止させる。手段は問わない」

キョン「………少し時間をくれ、夜に決行する。必ず、だ」

長門「……これ」スッ

キョン「…拳銃?」

長門「人間の死のイメージを具現化した。引き金を引けば弾が発射される
この世の仕組みとかわらないようになっている」

キョン「わざわざすまん長門」

長門「………辛いなら、辞めるなら、私に言って」

キョン「ああ、わかった」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:12:58.69 ID:9y8aju9YO

ハルヒ「あれ?キョンじゃない」
みくる「あ、キョン君」

キョン「……よう」

ハルヒ「なんか元気ないわね、まっ明日は楽しみにしてなさい」

キョン「明日?ああ、楽しみにしておく」

ハルヒ「ふふん、感謝しなさいよ」

みくる「よかったですねキョン君」

キョン「なんの事ですか?」

みくる「禁則事項です♪」

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:18:46.17 ID:9y8aju9YO

101号室

ガチャ

キョン「………よう」

古泉「どうも」

………

キョン「あれはハルヒじゃないんだよな」

古泉「僕は涼宮さんだと思いますが」

………

キョン「………」

古泉「僕は眠らせていただきますよ」

キョン「ああ」

古泉「信じたくありませんね」ボソッ

キョン「……」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:22:57.19 ID:9y8aju9YO

数時間後

キョン(考えるな考えるな考えるな考えるな考えるな考えるな、ハルヒじゃないハルヒはちゃんとした世界で待ってるはず)

キョン「古泉」

古泉「………」

キョン「寝たか、俺はこれでいいんだ」

……

キョン(そろそろか)

コンコン

ハルヒ「起きてる?」

キョン(……都合がいいのか悪いのか)

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:25:18.18 ID:9y8aju9YO

キョン「ハルヒか」

ハルヒ「起きてるんじゃない、あんた今暇?」

キョン「そうだな、暇じゃないといえば暇じゃないと言えるが暇と言えば暇だな」

ハルヒ「意味不明なこと言ってないでちょっと付き合いなさい」

キョン「ああ、だが早くするぞ」

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:28:30.67 ID:9y8aju9YO

ハルヒ「ここでいいわ」

キョン「ベランダかよ、ついてこいって言うほどじゃないな」

ハルヒ「どうでもいいのよそんな事、それよりあんた−−」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「話をくじくなんて団員失格ね、でなによ」

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:33:36.62 ID:9y8aju9YO

キョン「お前、今は楽しいか?」

ハルヒ「なによ急に、そうね楽しいっていえば楽しいわね」

キョン「そうか、なら覚えといてくれ俺を」がしっ

ハルヒ「痛っ!なにすんの……キョン?」

キョン「お前はお前に捨てられたんだとよ、よくわからんだろうがお前はもういらないんだと
本当に勝手だよな」

ハルヒ「意味わかんない、あんた頭大丈夫?」

キョン「ああ、今まで以上に脳みそは活動してるつもりだ」

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:39:06.28 ID:9y8aju9YO

キョン「脳を使った結果がこうなったんだ」カチャ

ハルヒ「なにそのモデルガン、どっきりなんてつまらない事……」

パスッ

ハルヒ「………えっ!?……き……キョン…!?」

キョン「痛みを与えないつもりだったんだが…次は動かないでくれ、いや動けないか」

ハルヒ「カハッ……キョ……ン、ど……して?意味わか……い」

パスッ

ハルヒ「……!!」ドサッ

キョン「……ハルヒ!……ハルヒ!!ああ、俺が殺したのか……」

ポロっ

キョン「なんか落ちた…?」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 00:44:44.95 ID:9y8aju9YO

「キョンへ、いつもいつも迷惑かけたわね!お詫びってわけじゃないけど、キョンにあげるわ、大切に使うのよ!?ありがとね」

キョン「あ……ああ………ハルヒ?」

ハルヒ「………」

キョン「もう一度起きてくれ、頼む!勝手なのはわかってる!!!もう一度……」

ハルヒ「………」

キョン「ハルヒィィィィィィ!!!!」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 01:12:53.29 ID:9y8aju9YO

キョン「なんだ、簡単じゃないか…ハルヒ、俺もそっちに向かう、待ってろ……
一人じゃ不思議を見つけられないだろ、二人なら大丈夫だ」

ハルヒ「……」

キョン「………」カチャ

パスン

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 01:14:55.24 ID:9y8aju9YO

長門「……!?」
みくる「キョン君!!……夢?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
古泉「なんでしょうこの胸騒ぎは…」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
キョン「………」ドサッ

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 01:19:16.58 ID:9y8aju9YO

みくる「ベランダから音が……」ガラガラ

長門「………」

みくる「え…?」

古泉「どうしまし……」

キョン『なんだみんな馬鹿面して』

みくる「     」

キョン『朝比奈さんが泣いてる?』

古泉「    」

キョン『古泉なにしてんだ血だらけだぞ』

長門「    」

キョン『長門まで不思議そうな顔してやがる』

キョン『ああ、俺は死んだんだったな』

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 01:24:42.68 ID:9y8aju9YO

キョン『ん?ハルヒか』

ハルヒ『………』

キョン『言い忘れたことがあってな』

ハルヒ『………』

キョン『そんな顔されてもな……』

ハルヒ『………』

キョン『まぁあれだその、ありがとうってやつだ』

ハルヒ『………』シュワ…………ァァ

キョン『ほら、一緒にいこうぜ?これからもよろしくな』

アナザールート完

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 01:26:44.46 ID:9y8aju9YO

これで終わりです
本当に保守すみませんでした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で事件解決する」