のび太「かがみちゃんのおまんこきもちいいいいい!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「……」ナデナデ 長門「……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 17:55:15.63 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「君はまたそういうことに使うんだから〜」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 17:58:36.30 ID:SPMWLhx90

のび太「そうだ!空き地でセックスしよう!!」


のび太「ふう〜〜、野外でやるのも背徳的でいいねーかがみちゃん!」
スネ夫「ジャイアン!のび太が女の子とセックスしてるよ!!」
ジャイアン「ホントだ!あんな可愛い子はのび太にはもったいない!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:03:08.89 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「おいのび太、ちょっとその女の子貸せよ!」
のび太「ええー!?僕まだイってないのに〜!」
ジャイアン「口答えするな!」ポカッ
のび太「わひ〜〜〜〜どらえも〜ん!」

ジャイアン「おー、これは名器だ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:05:29.56 ID:SPMWLhx90

スネ夫「ずるいよジャイアン!僕にも貸してよ!」
ジャイアン「うるせー、向こうでオナニーでもしてろ!!」
スネ夫「ひどいやー! シュッシュッシュッ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:09:27.59 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「ええーーっ!!?ジャイアンにかがみちゃんを取られたーっ!?」
ドラえもん「高かったんだぞ!」
のび太「別の女の子買ってきてよ!」
ドラえもん「無茶言うなよ。かがみちゃんを取り返そう」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:13:00.47 ID:SPMWLhx90

のび太「あ、スネ夫だ」
ドラえもん「スネ夫くん、ジャイアン見なかった?」
スネ夫「ジャイアンなら女の子連れて家に帰ったよ」
のび太「行こう、ドラえもん!」
ドラえもん「うん」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:17:12.73 ID:SPMWLhx90

のび太「ごめんください、たけしくんいますか?」
かーちゃん「たけしなら2階で遊んでるよ」
かーちゃん「でもさっきから地震が多いみたいだから、気をつけるんだよ」
のび太「地震だって!?」
ドラえもん「こいつは大変だぞー」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:18:54.51 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「ジャイアン!かがみちゃんを帰せー!」
ジャイアン「ど、ドラえも〜ん、うわぁぁん、助けてくれええええ」
ドラえもん「何があったの?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:20:51.21 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「さっきの女の子なんだけどさー、」
のび太「君が連れてったんだろ!?」
ジャイアン「それがな・・・ごにょごにょごにょ・・・」
ドラえもん「ええええっ!?強く突きすぎて壊れちゃったぁ!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:23:27.16 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「あんなにし締まりの良い子は初めてでさー、つい俺も本気になっちゃって」
のび太「勝手だなー・・・」
ジャイアン「悪かったよーゴメンナサイ!この通りだ!ドラえもん、のび太!」
ドラえもん「分かった。僕がなんとかしよう」
ジャイアン「わーん!心の友よ〜〜〜」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:25:54.69 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「タイム風呂敷〜♪」
ジャイアン「おおー」
ドラえもん「ジャイアンに突かれる前、いや、処女の頃まで戻そう!」
のび太「どうせならさ、7年くらい若返らせてさ!ぐへへ」
ドラえもん「ペド死ね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:28:17.28 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「ほあ、元に戻ったよ!」
ジャイアン「すげー!」
のび太「もうあんまり無理させちゃダメだよ、デカチン君」
ジャイアン「それよりさ、折角だから4Pでもどうだ?」
ドラえもん「さんせー!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:30:27.21 ID:SPMWLhx90

のび太「僕肛門担当ね!」
ドラえもん「それよりもまず服を脱がさなきゃ」
ジャイアン「任せろ!」


ガラッ!
かーちゃん「たけしー!おやつ持ってきたから皆で食べなー」
一同「・・・・・・・・・」


かーちゃん「たけし!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:34:57.53 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「しまった! ・・・とりあえずみんな、タケコプターで逃げろ!」
のび太「うん!かがみちゃんもタケコプターを!」
ジャイアン「どこへ行こうか」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:42:08.51 ID:SPMWLhx90

のび太「しずかちゃんの家を使わせてもらおう」
ジャイアン「そうしよう!」


のび太「しーずーかーちゃーん!」
ガチャッ
しずか「あら、のび太さん。それにドラちゃんもたけしさんも。どうしたの?」
ドラえもん「この子とエッチしたいから、部屋に入れてくれないかな?」
ジャイアン「宜しく頼むよー」
しずか「分かったわ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:44:48.05 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「よっこらせっくす」
のび太「ジャイアンの部屋と違って綺麗だねー!やっぱセックスはこういう所じゃないと!」
ジャイアン「うっせー」
しずか「待ってて、今クッキー焼いてくるから」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:46:45.33 ID:SPMWLhx90

のび太「ドラえもん、おもちゃ無いの?」
ドラえもん「全部置いてきちゃったよ」
のび太「肝心なときに使えないんだからー!」
ジャイアン「まー待てよ、女の子の部屋だ。探せばピンクローターの1つや2つ・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:49:48.68 ID:SPMWLhx90

のび太「あったー!!」
ジャイアン「それだけじゃないぜ!極太バイブも、ほら、向こうには三角木馬も!」
ドラえもん「これで楽しいセックスになるぞー」

しずか「みんな、クッキー焼けたわよー」
ドラえもん「しまった!これじゃさっきと同じ落ちだそ!」

ガラッ
しずか「・・・・・見たのね?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:53:09.87 ID:SPMWLhx90

のび太「ごめんしずかちゃん・・・偶然・・・」
しずか「生かして帰さないわ!そこの豚!」
ジャイアン「俺!?」
しずか「そうよ!豚!貴方木馬にまたがりなさい」
ジャイアン「わーん!何でこうなるのーーーー」

のび太「ジャイアン、君を忘れない・・・」
ドラえもん「この隙に脱出しよう。かがみちゃんも急いで!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 18:57:39.91 ID:SPMWLhx90

のび太「ふふふ・・・4Pより3Pの方が楽しいよね!」
ドラえもん「全くだ!」
のび太「でもこれからどこへ行こうか?」
ドラえもん「あと思い当たるのは・・・スネ夫の家かな・・・」
のび太「えええ!?またチンコが1本増えるのー?」
ドラえもん「贅沢言うなよ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:00:02.97 ID:SPMWLhx90

スネ夫ママ「スネちゃまならスネ吉さんと遊びにいっちゃったザマス」
ドラえもん「探しに行こう!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:04:53.41 ID:SPMWLhx90

スネ夫「このあどけなさといい、朗らかさといい、一級品の女の子だ!まさに僕にぴったりだよ」
スネ吉「だろう?この前ポルシェでドライブしてるとき、神社の境内でたまたま見かけたから、連れてきたんだ!」
スネ夫「僕さっそくこのつかさちゃんとセックスしてくるよ!」
スネ吉「それなら学校の裏山なんかいいと思うよ!車で送ろう」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:09:03.25 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「スネ夫が行きそうな所は・・・」
のび太「ひょっとすると学校かも!あいつ、女の子のリコーダー舐めるの好きだから」
ドラえもん「どこでもドア〜♪校門の近くまで」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:11:56.10 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「あれ、こんなところにポルシェが停めてある。随分いかした先生もいるんだなー」
のび太「違うよ!これ、スネ夫のいとこの車だよ!きっと裏山だ!」


スネ夫「こんな大自然の中でこんなことができるなんて、僕は神に感謝するよ!」
スネ吉「ははは、まずはボクに感謝してくれよ。あれ、誰か来た!?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:13:46.72 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「スネ夫だ!女の子を連れてる・・・」
のび太「ドラえもん!あの女の子欲しい!」
ドラえもん「なんだってええぇぇ!?」


スネ夫「わ、のび太とドラえもんだー!さっきの女の子も一緒だ」
スネ夫「兄さん、僕あっちの子も欲しいなー」
スネ吉「なんだってー!?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:18:57.38 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「しずか様・・・こんな裏山へ連れてきて何をしようってんですか?」
しずか「辱めを受けさせてるのよ!黙って蝋燭を浴びなさい!」
ジャイアン「うへぇっ!」

しずか「あ、蝋燭落としちゃった」
ボッ
しずか「ちょっとたけし!早く火を消しなさい」
たけし「無理ですよ!どんどん広がってく・・・」
しずか「精液で消しなさい!早く!!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:32:49.32 ID:SPMWLhx90

のび太「火事だーーーー!」
スネ夫「逃げるぞ!」
ドラえもん「みんな、早く!」
スネ吉「・・・ボクのポルシェ・・・」
スネ夫「スネ吉兄さん!早く行こう!」
スネ吉「ボクのポルシェを探さなきゃ・・・ポルシェ!ボクのポルシェ!」
のび太「時間が無い、行こうスネ夫」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:34:58.86 ID:SPMWLhx90

しずか「何とか非難できたわ」
ジャイアン「も、もう当分何も出ない・・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:46:22.67 ID:SPMWLhx90

第一部終了

ドラえもん・・・肝心なとこで役に立たない
のび太・・・性欲の塊
しずか・・・火事を起こした張本人
ジャイアン・・・しずかの奴隷
スネ夫・・・おぼっちゃまのくせに半ズボン
スネ吉・・・愛車を追って炎の中へ消えた

かがみ・・・帰宅
つかさ・・・帰宅

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:48:02.58 ID:SPMWLhx90

ママ「のび太ー、早く起きなさい!学校は?」
のび太「焼けた」
ママ「何を馬鹿なことを・・・」
パパ「ママ、大変だ!ニュースを見なさい」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:50:47.13 ID:SPMWLhx90

アナウンサー「昨晩、小学校が全焼するという事件がありました」
アナウンサー「今のところ、詳しいことは分かっていませんが、学校の裏山にドアのような物が落ちているのが確認されています」

ママ「まぁ・・・」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:54:59.52 ID:SPMWLhx90

アナウンサー「新しいニュースです」
アナウンサー「今、『ドアの持ち主を知っている』という電話が局の方に入ってきました・・・」

ドラえもん「これはまずいぞ・・・」

アナウンサー「では、電話の内容をうpします」

ザッザーーー
-----------------------------------------
スタッフ「もしもし」
???「あの、私、全焼した小学校の者ですが、落ちていたドアの持ち主を知っています」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 19:58:45.09 ID:SPMWLhx90

???「ドラえもんっていう狸みたいなロボットです。あいつが落としたんです」
スタッフ「え、それでは、そのドラえもんという方が放火した犯人だと?」
???「多分そうです。ドラえもんが犯人に決まってます」
スタッフ「もう少し詳しく聞かせてもらいたいのですが」

ガッ!
???「いてっタンスに脚の小指ぶつけた!ウワァーン!ママーン!」
ガチャッ・・・ツー・・・ツー

--------------------------------------------------------------------
アナウンサー「内容は以上です」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 20:00:53.25 ID:SPMWLhx90

ママ「ドラちゃん、これはどういうことなの!?」
ドラえもん「僕は知らないです!確かに裏山に居たのも、ドアを置いてきたのも僕だけど・・・」
ドラえもん「でも僕はただスネ夫君をさがしたり野外セクロスをしようとしてただけで・・・」
パパ「良く分からないけどドラえもんには家から出て行ってもらおう」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 20:04:31.50 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「ホームレスになっちゃった」
ドラえもん「そうだ、身体を売って稼ごう」

警察「君、ちょっと来てくれるかな?」
ドラえもん「お、早速!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:00:28.68 ID:SPMWLhx90

警察「ニュース見たでしょ?証拠も挙がってるんだから、吐きなさい」
ドラえもん「僕はただ野外プレイを楽しんでただけで・・・」
警察「野外プレイだって?けしからん、詳しく話しなさい!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


警察「そんな破廉恥なことを!?けしからん!実にけしからん!」
シュッシュッシュッ・・・

ドラえもん「今の内に逃げよう」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:07:36.79 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「それにしても許せないのはスネ夫だ!マスメディアに勝手なこと言いやがって!」

スネ夫ママ「スネちゃまなら部屋にいるざますよ。手短に話してすぐ帰ってほしいざます。この放火魔!」
ドラえもん「だから違うのに・・・」


スネ夫「やあ、いらっしゃい!」
ドラえもん「やあ、じゃないよ!どうしてあんなデマを流したの?」
スネ夫「僕なりの復讐さ!」
ドラえもん「復讐だって?スネ吉さんのことか・・・」
スネ夫「いや、それはどうでもいいんだけど。お前のせいでつかさちゃんが帰っちゃったんだぞ!」
ドラえもん「そんなー!!?僕だってあの騒ぎでかがみちゃんを逃がしちゃったんだよ!」
スネ夫「うるさーい!もし今日中につかさちゃんを見つけてこなかったらマスメディアにもっと色々流してやるぞ!」
ドラえもん「色々って?」
スネ夫「性癖とか」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:09:38.67 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「やれやれ・・・困ったなぁ」


ママ「のび太!いい加減おきなさい」
のび太「う〜ん、おはよう。ドラえもんは?」
ママ「出て行ってもらいました」
のび太「何で!?」
ママ「1人分の食費が浮くのよ?」
のび太「そりゃいいや!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:13:50.28 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「あ、ジャイアンだ!」
ジャイアン「おう!ドラえもん、お前、今大変な事になってるみたいだな?」
ドラえもん「そうなんだよ。でも僕は潔白で・・・」
ジャイアン「そんなことは分かってるさ。俺は真犯人を知ってるぜ」
ドラえもん「誰なの!?」
ジャイアン「・・・・・・しずかちゃんだ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:17:06.13 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「お前らは俺を見捨てて逃げたから分からないだろうけど、あの後は地獄だった」
ジャイアン「ずっと木馬にまたがってムチとロウを浴びさせられた・・・」
ドラえもん「それは可哀想に」
ジャイアン「それから、忠誠の証とかで金玉に5個もピアスを開けられた」
ドラえもん「お互い大変だね」
ジャイアン「ドラえもん、遠くへ逃げよう」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:25:40.82 ID:SPMWLhx90

スネ夫「ドラえもんの奴、ちゃんと探してるかな?まさか家に帰ってドラ焼きでも食べてるんじゃないだろうな・・・」


ママ「のび太ー、スネ夫さんよー」
スネ夫「やあのび太、ドラえもんは居るかい?」
のび太「追放されたよ。その方が経済的にも世間体的にもいいんだってママが」
スネ夫「そうか。それを聞いて安心した」


しずか「しまった!ちょっと目を離した隙に下僕がどこかへ行っちゃったわ!」
しずか「あいつは学校全焼の全てを知っている・・・野放しにしておくのは危険だわ・・・」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:27:59.47 ID:SPMWLhx90

のび太ママ「今度はしずかちゃんが来てるわよー」
のび太「はーい」

しずか「急にごめんなさいね。たけしさん見なかった?」
のび太「見てないけど、何か用なの?」
しずか「えっ・・・ええ、少しね」
スネ夫「・・・!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:29:39.69 ID:SPMWLhx90

スネ夫「しずかちゃん、少し話がある」
しずか「ええ、私もよ」
のび太「何々?」
スネ夫「のび太は関係ない!向こうでオナニーでもしてろ!」
のび太「そんな〜」
シュッシュッシュッ

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:35:10.45 ID:SPMWLhx90

スネ夫「だいたい検討が付いたんだ。犯人は君だな・・・?」
しずか「ええ、そうよ」
スネ夫「しかも、ジャイアンは君の犯行を知ってる」
しずか「馬鹿言わないで。あれは過失よ。私だって学校があんなになっちゃって、悲しいわ」
しずか「私からも質問させて。どうして私をかばってくれたのかしら?」
スネ夫「色々あって、ドラえもんの自由を奪う必要があったのさ」
しずか「それじゃあ、すべき事は分かってるのね?」
スネ夫「ああ、今あの2人が出会うのはあまりにも危険だ」
しずか「・・・探しましょう」


シュッシュッシュ・・・ドピュッ
のび太「あ〜きもちかった。お待たせ〜」
のび太「あら、2人とも帰ったのかしら」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:39:47.05 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「行くって、どこへ行くんだい?君はしずかちゃんから隠れればいいだけだけど、僕はそうはいかないんだよ」
ジャイアン「今考えてるよ。誰かの世話になるのは無理かな?」
ドラえもん「かくまってくれる人なんているもんか・・・」


のび太「しずかちゃんもスネ夫も、どうも様子がおかしかったな・・・」
のび太「学校の件と、関係があるのかな?そうだ、あいつに相談すれば何か分かるかも・・・!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:45:35.23 ID:SPMWLhx90

出来杉「今ののび太君の話、そしてニュースから分かることを照合すると、1つだけ変なところがある」
のび太「なんだって?教えてくれ」
出来杉「スネ吉さんだよ。ドラえもんのどこでもドアでさえ発見されたのに、車の破片なんて1つも出てきてないだ」
のび太「じゃあ、スネ吉さんはあの火事場から車で脱出できたってこと?」
出来杉「僕はそう思う。でもしずかちゃんとスネ夫君の行動との関連性は分からないなー」
のび太「他に分かることはない?」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:51:34.14 ID:SPMWLhx90

出来杉「特に他には何も・・・」
出来杉「そうだ!一度裏山へ行ってみよう」
のび太「そうしよう」
出来杉「可能性は殆ど無いけど、もしかしたらドラえもんの潔白を証明できる何かがあるかも」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 22:58:48.98 ID:SPMWLhx90

のび太「ドアはこの変に置いてきたんだ。もう警察が回収しちゃってるけど」
出来杉「この辺は校門だった場所だね。酷く焼けてるな・・・」
のび太「山に登ろう!何かあるかも・・・」
出来杉「そうだね・・・のび太君、これは!」
のび太「タイヤの跡・・・?」
出来杉「スネ吉さんのだと思う」
のび太「どうしてそう思うの!?」
出来杉「水冷エンジンって知ってる?」
のび太「聞いたことある」
出来杉「普通のエンジンで火の中を走ったら、普通はエンジン内の温度が上がりすぎて車が壊れてしまうはずなんだ」
のび太「なるほど、君は頭がいい・・・!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:01:03.31 ID:SPMWLhx90

スネ夫「ドラえもん達はどこにいるんだろう」
しずか「もしかしたら裏山へ戻ってるかも」
スネ夫「『犯人は、犯行現場へ戻ってくる』てやつかい?」
しずか「ジョークなら笑えないわ。行きましょう。何かマズイ証拠でも無ければいいけど」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:04:38.60 ID:SPMWLhx90

しずか「・・・誰かいるわ!」
スネ夫「まさか本当にドラえもんとジャイアン!?」
スネ夫「・・・いや違う。あれはのび太と、それに出来杉だ」


出来杉「のび太君、スネ夫君達が来たよ・・・。余計なことは喋らないようにするんだ」
のび太「・・・分かった」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:09:56.40 ID:SPMWLhx90

スネ夫「君たち、こんなとこで何してるの?」
出来杉「何か、事件の解決に役に立つものは無いかなと思ってね・・・」
スネ夫「そうかい。でもも証拠は挙がってるんだから、ドラえもんが犯人で決定だと思うよ?」
のび太「違うぞ!ドラえもんは何もしてない!君だってその場にいたじゃないか!」
スネ夫「どうだったかなー、僕はつかさちゃんに夢中だったから、分かんない」
しずか「何もなさそうよスネ夫さん、帰りましょう」


出来杉「良かった・・・タイヤの跡には気付かずに行ってくれた」
のび太「気付かれたらまずかったの?」
出来杉「分からないけど・・・とりあえず跡をたどろう」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:12:31.90 ID:SPMWLhx90

のび太「学校を出て・・・向こうまで行ったのか」
出来杉「うん。この辺でタイヤに付いた土は無くなってるけど、スネ夫君の家の方角ではないね」
のび太「どこへ行ったんだろう」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:20:35.71 ID:SPMWLhx90

ドラえもん「何とかしずかちゃんが犯人である証拠を見つけることができれば・・・」
ジャイアン「う〜ん、空き地に行ってみるか?」
ドラえもん「それは危険だ。今頃はスネ夫達が僕達を探してるはずだからね」
ジャイアン「おい、警官が付けてきてる!」

警察「ドラえもん、見つけたぞ!」
ジャイアン「この野郎!」ポカッ
警察「わひ〜〜!何をする!?」
ジャイアン「に、逃げろ!」

185 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/19(日) 23:38:34.13 ID:SPMWLhx90

ジャイアン「ヘン!これで俺も共犯者だな・・・」
ドラえもん「済まないジャイアン・・・」
ジャイアン「いいってことよ!それより思い当たる場所が1つあるんだ」

187 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/19(日) 23:40:29.19 ID:SPMWLhx90

ピンポーン

先生「おや、誰だろう」

ガチャッ

ジャイアン「先生!!」
先生「剛田君!そんなに慌ててどうしたんだね?」
先生「・・・それに横にいるのはお尋ね者の・・・」
ジャイアン「先生!こいつは何にもやってないんだ!」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:46:37.57 ID:SPMWLhx90

先生「何だって!?源君が犯人!?」
ジャイアン「俺、一緒にいたから知ってるんだ。先生、何とかかくまって下さい!この通りです!!」
先生「ま、まあ兎に角上がりなさい。私も学校が無くなってしまって悲しい。詳しく話しなさい」


先生「話は分かった。しかし学校の敷地内でセックスとは、あまり関心できないな・・・」
ドラえもん「申し訳ない・・・」
先生「いや、まあそういうエロゲもあるしな。ユーザーとして批判はできんさ」
ジャイアン「先生、何とか俺達を救ってくださいよ!」
先生「私が君たちを守ろう。そんな事くらいしかできないがね」
ジャイアン「ありがとう先生!」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:51:47.95 ID:SPMWLhx90

しずか「のび太さんが出来杉さんと組んでるとは・・・」
スネ夫「アイツ1人だけなら怖くないんだけどなあ、出来杉はキレモノだから注意しなきゃ」
しずか「そうね」
スネ夫「それより、しずかちゃん。君、自分が人を殺したことを知ってるか?」
しずか「は!?何よそれ?」
スネ夫「君が焼いた裏山で、いとこのスネ吉兄さんが逃げ遅れた」
しずか「・・・嘘」
スネ夫「君を恨んだりとかはしないよ、ただ、君はもう僕を裏切ることは出来なくなった」
しずか「・・・・・」
スネ夫「ジャイアンたちを探さないとね」
しずか「ええ」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/19(日) 23:58:02.29 ID:SPMWLhx90

のび太「出来杉くん、僕たちは大事なことに気が付かなかったよ」
出来杉「なんのことだい?」
のび太「さっき、スネ夫としずかちゃんが家に訪ねて来たことは話したよね?」
出来杉「うん。でも君がオナニーしてる間に2人とも消えていた・・・」
のび太「2人が家に来た理由を話し忘れていた」
出来杉「そう言えばそうだ!僕も気に特にならなくてそのまま流してたよ・・・。話してくれ」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:03:07.93 ID:gfEBbwUW0

のび太「まず、スネ夫が来た。ドラえもんに用事があるみたいだった」
出来杉「ドラえもんは留守だった・・・」
のび太「うん。暫くしてしずかちゃんが来た。ジャイアンを見なかったか?と」
出来杉「最後に剛田君を見たのはしずか君の部屋だったね?」
のび太「そう。何か関係があるかもしれない・・・」
出来杉「その後、2人で内緒話をしていたのか」
出来杉「うーん、僕はスネ夫君が気になるな・・・自らドラえもんを犯人に仕立て上げたくせに、何の用があったんだろう」

221 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:06:45.04 ID:gfEBbwUW0

先生「知らん。私は見ていない」
警官「この辺りで見かけたという声もあるので調べさせていただきたく・・・」
先生「知らん!」バタンッ!


ジャイアン「・・・」
ドラえもん「済みません、僕たちは目立ちすぎました」
先生「君たちは気にしなくていい。そろそろ寝なさい」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:08:48.82 ID:gfEBbwUW0

ジャイアン「・・・やっぱりダメだ。先生にこんなに迷惑掛けられねーよ
ドラえもん「気持ちは分かるけど・・・どうするの?」
ジャイアン「夜中になって先生が眠ったら、ここを出る!」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:12:51.88 ID:gfEBbwUW0

出来杉「ドラえもんはスネ夫君に圧力を掛けられてる」
のび太「そうか・・・心配だな」
出来杉「まずはドラえもんを探すことにしないかい?」
のび太「分かった。そうしよう!・・・でも今日はもう帰らなきゃ・・・」
出来杉「じゃあ、明日、午前8時に空き地で!」
のび太「分かった!バイバイ」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:18:37.63 ID:gfEBbwUW0

第二部 完

ドラえもん・・・学校放火事件の容疑を掛けられていて、警察に追われている
ジャイアン・・・しずかから逃げている最中、ドラえもんと出会う

のび太・・・ドラえもんを探している
出来杉・・・のび太の協力者

しずか・・・火を点けた張本人。スネ夫とは運命共同体
スネ夫・・・ドラえもんを容疑者に仕立て上げた男

先生・・・ジャイアンとドラえもんを家に匿っている
スネ吉・・・死んだと思われているが、脱出したようだ

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:20:43.44 ID:gfEBbwUW0

ジャイアン「・・・ドラえもん、起きてるか?」
ドラえもん「うん。先生は?」
ジャイアン「いびきが聞こえる・・・行くぞ」
ドラえもん「分かった」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:24:51.57 ID:gfEBbwUW0

のび太「わ、こんな時間だ!出来杉を待たせちゃ悪い!」


のび太「出来杉!ごめん、寝坊したよ!」
出来杉「まだ8時5分前だよ。おはよう」
のび太「ドラえもん、やっぱり家に帰ってこない・・・」
出来杉「ドラえもんが捕まった、というニュースは無いから、きっとまだ逃亡してるはずだ」
のび太「スネ夫と一緒にいる可能性もあるけど・・・」
出来杉「悪いようには考えないようにしよう」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 00:29:20.99 ID:gfEBbwUW0

しずか「おはようスネ夫さん」
スネ夫「おはよう。ジャイアンの事だけど」
しずか「ええ」
スネ夫「もうドラえもんと一緒だと思っていいだろう。アイツ1人ならこのまま僕たちから逃げていられる訳無い」
しずか「ドラちゃんが真実を知ったとしても、それを証明する手段は無いわ」
スネ夫「でも気をつけたほうがいい。出来杉達のことも忘れちゃダメだよ」
スネ夫「(はぁ・・・つかさちゃん)」
しずか「逃がした女の子のことでも考えてるのかしら?」
スネ夫「うるさいなー」

260 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:34:10.56 ID:gfEBbwUW0

先生「朝だ。2人とも起きなさい」
先生「・・・・・・・・」
先生「(全く予想できなかったわけでは無いが・・・何と責任感の強い子だ)」
先生「(無事でいてくれ)」


ジャイアン「ドラえもん、日中はあんまり動きたくないよな」
ドラえもん「何かいい道具があれば・・・」
ジャイアン「もう!女の子買うために未来の道具殆ど売っちまうなんてどうかしてるよっ!」
ドラえもん「それを言わないでくれ・・・」

270 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:38:57.00 ID:gfEBbwUW0

出来杉「のび太君、提案があるんだけど」
のび太「なんだい?」
出来杉「僕たちの力じゃ、ドラえもんを探すのはとても難しい・・・」
のび太「分かってるさ!でもやらなきゃ。警察より先に見つけないと」
出来杉「その警察と一緒に行動しようと思うんだ」

276 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:42:09.00 ID:gfEBbwUW0

出来杉「その方が絶対にドラえもんを早く見つけ出せるはずだよ」
のび太「確かに・・・そうかもしれないけど」
出来杉「警察と一緒に捜査して、居場所を突き止めたら誰よりも早くドラえもんを連れ出すんだ!」
のび太「分かったよ。君はどうするの?」
出来杉「僕はスネ夫君としずか君を探す。それに剛田君も心配だ・・・」
のび太「分かった、また会おう」
出来杉「うん!」

282 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:45:59.29 ID:gfEBbwUW0

のび太「僕はドラえもんの家族の野比のび太です。何かお役に立てると思って・・・」
警官「気持ちは有りがたいね、何か思い当たることがあれば話してほしいけど、捜査には加われないよ」
のび太「なんで!?」
警官「君は小学生だからね・・・なんならご両親に来てもらって・・・」
のび太「いえ、帰ります」


のび太「だめだったか・・・いや、僕1人でも絶対にドラえもんを見つけるぞ!」

284 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:47:56.45 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「あれ、あそこにいるのは・・・」
しずか「のび太さんね、出来杉さんはいないみたいよ」
スネ夫「丁度いい・・・! おーい!のび太ぁ〜」

のび太「ん?あ、スネ夫だ!!色々聞き出さなきゃ!」
のび太「スネ夫〜!」

289 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:52:37.50 ID:gfEBbwUW0

のび太「スネ夫!ドラえもんを見たか?」
スネ夫「僕たちも探してるところだよ!それよりお前は何をやってるんだ!?」
のび太「先に僕の質問に答えてもらう!いったい何でこんなことになった!?」
しずか「あら?私たちはドラちゃんに本当のことを言ってもらいたいだけなの」
のび太「僕もだ!しずかちゃん、ジャイアンがいなくなったのは君の仕業だな?」
スネ夫「のび太、お前は何をやってる?どこまで知ってる?全部言え!言わないと酷いぞ!!」

294 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:56:00.82 ID:gfEBbwUW0

のび太「(・・・出来杉が、余計なことはしゃべるなと言ってたな・・・)」
のび太「知らない!僕は何も知らない!!」
スネ夫「仕方ない、しずかちゃん、ムチを・・・」
しずか「のび太さん、吐ききったほうがいいわよ」
ペチン!
のび太「いてっ!なんてことするんだ!!」
スネ夫「ふふふ・・・さあ、お前は昨日、裏山で何をしてた?何か分かったか?」
ペシッ
のび太「いたっ・・・何も知らないよ!」
ぺしっ
のび太「ひぎいいいいいいい」

296 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 00:58:18.95 ID:gfEBbwUW0

のび太「す、スネ吉さんは生きてる!くっ車で裏山から脱出した!!後は知らないよ!ドラえもんのことも!」
しずか「・・・・・・」
スネ夫「分かった。ありがとうな、のび太」
しずか「行きましょう」

300 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:00:03.42 ID:gfEBbwUW0

しずか「スネ夫さん」
スネ夫「・・・・・・」
しずか「あなたの親戚のお兄さん、生きてるそうね」
スネ夫「・・・だからといって、君の立場が危ういのは変わらないんだぞ!」
スネ夫「(生きているのか・・・ありがとう、のび太)」

302 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:02:00.48 ID:gfEBbwUW0

のび太「うう・・・ごめん・・・・・・しゃべっちゃったよ・・・出来杉・・・」


???「こんなとこで倒れてどうしたの?大丈夫!?」
のび太「・・・うーん」

305 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:03:36.67 ID:gfEBbwUW0

かがみ「良かった、意識はあるのね?」
のび太「か、かがみちゃん!」
かがみ「・・・!あのロボットと一緒にいた・・・」
のび太「僕、のび太!」

314 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:08:34.90 ID:gfEBbwUW0

のび太「実は、そのドラえもんを探してるんだ」
かがみ「へー。でもアイツ、放火したんでしょ?」
かがみ「怖くないの?」
のび太「違う!ドラえもんは何もしてないんだ!」
かがみ「でも、しようとしてたでしょ!!私に・・・それにつかさにも!」
のび太「だって、あまりにも可愛かったから・・・・・・」

319 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:11:33.26 ID:gfEBbwUW0

のび太「それに君も知ってるだろ?ドラえもんは放火なんかしてない!」
のび太「突然山が火に覆われて・・・」
かがみ「・・・そうね。それに、私たちを避難させてくれたわね」
のび太「何か力になってくれないかな?」
かがみ「そう言われても・・・」

323 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:17:51.96 ID:gfEBbwUW0

のび太「何か知らない?スネ夫のことや、ドラえもんの事・・・」
かがみ「ごめん、あの後、特に何も無かったから分からないわ」
のび太「そうか・・・」
かがみ「でも、スネ夫って人の事はつかさがちょっと知ってるかも」
のび太「そう。つかさちゃんは?」
かがみ「今は家にいるわ」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:22:28.58 ID:gfEBbwUW0

のび太「家に行ってもいいかい?」
かがみ「いいけど、ちょっと遠いわよ?」
のび太「友達を助けたいんだ!」
かがみ「・・・分かったわ。それにしても、何でそんなにボロボロなの?」
のび太「スネ夫たちにやられたんだ・・・多分、あいつがこの事件の鍵を握ってる・・・」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:27:02.64 ID:gfEBbwUW0

かがみ「ただいま!いのり姉さん、お客さん来たからお茶お願い」
のび太「雰囲気が僕の家とどこか似てるなー」

つかさ「お姉ちゃん、この人・・・」
のび太「こんにちは・・・ちょっとスネ夫のこと、聞きたいんだけど」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:28:40.52 ID:gfEBbwUW0

かがみ「まず、お風呂でも入りなさいよ。道端に倒れてたんだから、汚いわよ」
のび太「いいの?・・・でも」
かがみ「一緒に入ってあげるから、ほら!」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:33:14.41 ID:gfEBbwUW0

ドラえもん「ジャイアン、1つ気になることがあって・・・」
ジャイアン「なんだ?」
ドラえもん「スネ吉さん。あの人、どうなったのかなって」
ジャイアン「そう言えば、何も聞いてないよな?もしかして脱出して家に帰ったのかな?」
ドラえもん「僕もそんな気がして・・・スネ吉さんなら犯行を見たかもしれないよね」
ジャイアン「ありえるかもしれない。探してみようか?」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:45:31.17 ID:gfEBbwUW0

のび太「何から何までありがとう。」
かがみ「いいのよ。じゃあそろそろつかさと話したら?」
のび太「うん!つかさちゃん、スネ夫とはいつ知り合ったの?」
つかさ「まず、スネ吉さんがちょっと前に私をさらいに来たんだ!それで車に乗せられて・・・」
のび太「?でもない人だな・・・」
つかさ「で、スネ吉さんと一緒にスネ夫くんの家に行って、そこで出合ったんだ」
のび太「スネ夫は何か変わったこと言ってた?」
つかさ「えへへ・・・何か恥ずかしいけど、私のことをいっぱい褒めてくれた///」
のび太「そう。スネ吉さんの事は何か知ってる?住んでるところとか」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:48:55.06 ID:gfEBbwUW0

つかさ「そうそう、伊豆に別荘があるとか・・・」
のび太「何で知ってるの!?」
つかさ「スネ吉さん、ずっと自慢気に喋ってたよ」
のび太「ありがとう。かがみちゃん、つかさちゃん!」
かがみ「もういいの?気をつけて帰りなよ」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 01:52:15.32 ID:gfEBbwUW0

のび太「とりあえず家に帰るか・・・今日はやらなければならないこともある」


ガチャッ
のび太「ただいまー」
ママ「お帰りのびちゃん。ご飯できてるわよ」
のび太「いらない!」


のび太「ふふふ」

シュッシュッシュッシュッ
のび太「今日はかがみちゃんとお風呂入ったぞー」
シュッシュッシュッ
のび太「でも目が悪いのと湯気のせいで良く見えなかったよ・・・」

ドピュッ
のび太「ふぅ・・・お休み」

357 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 01:58:40.67 ID:gfEBbwUW0

第三部 完

ドラえもん・・・警察やスネ夫から逃げるため、のび太とも連絡を断っている
ジャイアン・・・ドラえもんと共に逃亡を続ける
先生・・・ドラえもんとジャイアンを影で見守っている

のび太・・・かがみとつかさの協力でスネ吉の手がかりを得る
出来杉・・・のび太とは別行動中
かがみ・・・のび太と再開。そして風呂へ
つかさ・・・のび太にスネ吉の手がかりを与える

しずか・・・ジャイアンが全てをばらすのを警戒している
スネ夫・・・つかさを欲するあまり、ドラえもんを放火犯に仕立て上げる


みなさんありがとう。
お休みです
スレが残ってたら明日の夕方、また書きます

456 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 14:29:12.41 ID:gfEBbwUW0

しずか「日本の警察って無能よね。ただの小学生とロボットを捕捉できないなんて」
スネ夫「そういうなよ。それより、のび太の行方だが・・・」
しずか「昨日の取っ組み合いの最中、のび太さんの背中に発信機を付けるなんてよく考えたわね」
スネ夫「たまたまのび太に出会えたのがラッキーだったね!」
しずか「で、どこへ行ったのか分かるの?」
スネ夫「それが・・・発信機が途中で壊れちゃって、1日の行動をずっと追うことはできなかったんだ」
しずか「まあ」

459 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 14:31:19.76 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「レーダーが最後に示した場所に行けば何か分かるさ。」
スネ夫「きっとそこで風呂でも入って壊したんだろう」
しずか「・・・」
スネ夫「気にしないでよ、また買えばいいさ。あんな安物」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:35:25.53 ID:gfEBbwUW0

のび太「おはよう。出木杉」
出木杉「やあ、おはよう。捜査の方はどうだい?」
のび太「警察に行ったけど捜査には加えてもらえなかったよ・・・」
出木杉「そうか・・・甘かったよ」
のび太「でもスネ夫たちには会ったよ。尋問されて酷い目に遭ったけど」
出木杉「それは災難だったね」
のび太「でも悪いことばっかじゃないよ!スネ吉さんの手掛かりがつかめたんだ!」
出木杉「本当かい!?」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:40:03.47 ID:gfEBbwUW0

出木杉「伊豆・・・かー」
のび太「うん!別荘があるんだって」
出木杉「しかしそれだけじゃ範囲が広すぎるな。伊豆の別荘を持ってる人なんていっぱいいるよ」
のび太「でも、行ってみようよ!何も分からないところから、ここまで発展したんだから!」
出木杉「ハッテンと言えば・・・」

467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:49:07.18 ID:gfEBbwUW0

ジャイアン「どうやってスネ吉さんを探すんだ?」
ドラえもん「スネ吉さんが車で裏山から出たとしたら、何かしらの痕跡があってもいいはずだ」
ジャイアン「そうだな。じゃあ裏山へ行くのか?」
ドラえもん「うん」
ジャイアン「危険すぎるぜ!警察とかいそうだ・・・」
ドラえもん「でも、行ってみなきゃ何も進まないよ」
ジャイアン「・・・。分かったよ、でもさ、透明マントとか、石ころ帽子とか使っていこうよ?」
ドラえもん「・・・売っちゃった」
ジャイアン「・・・・・・か・・・かがみちゃんのためにか!?」
ドラえもん「面目ない・・・」

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:51:53.35 ID:gfEBbwUW0

出木杉「ハッテンと言えばのび太くん」
のび太「うん、何?」
出木杉「どうして部外者の僕がこんなに君に協力するのか、分かる?」
のび太「え〜と、それは・・・君の正義感や、美学的な物がそうさせてるのかい?」
出木杉「間違っちゃいないけど、もっと決定的な物があるんだ」
のび太「それはズバリ?」

出木杉「僕が、ホモセクシャルだからさ☆」

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:54:58.55 ID:gfEBbwUW0

出木杉「さあのび太くん!この空き地でハッテンしようよ!」
のび太「な、何でいきなり!?」
出木杉「さあ、服を脱いで」バサッ
出木杉「のび太君!君の背中・・・」
のび太「キモいよ!しかも背中フェチかよ」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 14:59:08.30 ID:gfEBbwUW0

出木杉「いや、そうじゃないんだ!君の背中、何か付いてる・・・」
のび太「何?取ってよ」
出木杉「はい、これだよ・・・」
のび太「これは、なんかの機械?」
出木杉「発信機のようだ。もう壊れてるみたいだけど」
のび太「いつの間に・・・!」
出木杉「きっと昨日、スネ夫くん達にやられてるときに・・・」
のび太「ということはスネ夫は僕の行動を把握してるわけか」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 15:04:12.08 ID:gfEBbwUW0

出木杉「こりゃホモ☆セックスどころじゃなくなったな・・・」
のび太「昨日・・・!かがみちゃんの家がスネ夫たちに知れたら・・・」
出木杉「大変なことになるかもしれないね。今すぐ行こう!服を着るんだ!」
のび太「君が脱がせたんだろう」

533 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 19:30:32.69 ID:gfEBbwUW0

ジャイアン「ドラえもん!やっぱりタイヤの跡があるぜ!」
ドラえもん「本当だ。きっとスネ吉さんのだよ」
ジャイアン「こっちの方に続いてるけど・・・・あ、途切れた」
ドラえもん「どこへ向かったんだろう」
ジャイアン「とりあえず、脱出できたのは分かったな」
ドラえもん「ジャイアン、どこかスネ吉さんが行きそうなところって思い浮かばない?」
ジャイアン「う〜ん」

537 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 19:37:14.07 ID:gfEBbwUW0

ジャイアン「あの人、ラジコンやプラモ大好きだけど、流石に今模型屋に居るとは思えないし・・・」
ドラえもん「そうだよね。TVでもスネ吉さんのことは何も報道されてないんだから、この辺をうろうろしてるとは考えにくい」
ドラえもん「家とか知らないの?」
ジャイアン「家は分からないんだ。すまんな」
ジャイアン「ん!?待てよ?そう言えば夏休みにスネ夫と一緒にスネ吉さんの別荘に行ったんだ!!」
ドラえもん「そうなの!?で、何処?」
ジャイアン「伊豆だよ、伊豆!」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 19:38:59.62 ID:gfEBbwUW0

ドラえもん「でも、どうやって伊豆まで行けばいいのかしら・・・」
ジャイアン「どこでもドアは黒コゲになっちまったしな。でもちょっとくらいお金持ってないの!?」
ドラえもん「かがみちゃんに・・・」
ジャイアン「あー!!もうっ!!!!」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 19:43:30.42 ID:gfEBbwUW0

のび太「かがみちゃんの家に急ごう・・・出木杉!」
出木杉「分かった!」
のび太「絶対にスネ夫たちよりも早く着かなきゃ!」
出木杉「でも、スネ夫くんならもうとっくにスネ吉さんの家くらい知ってると思うんだけどなー」
のび太「そういう問題じゃないんだ!スネ夫に先を越されたら、僕のかがみちゃんとつかさちゃんが取られちゃう!!」
出木杉「君の動力源っていったい・・・」
のび太「他人の事言えた立場か!急ごう」

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 19:51:40.68 ID:gfEBbwUW0

???「剛田君にドラえもん君」

ジャイアン「おっ?」
先生「やはり、何か困っているようだね」
ドラえもん「せ、先生・・・」
ジャイアン「急に出て行ってごめんなさい・・・でも俺達、これ以上先生に迷惑かけられなくてさぁ!」
先生「・・・君たちの努力はよく分かってる。さっき、裏山で何やら調べ物をしていたようだな」
ジャイアン「何でそれを・・・?」
先生「私はたまたまこの学校に寄っただけだ。偶然君等を発見した。」
ドラえもん「いったい何をしに学校へ?」
先生「焼けてしまったとは言え、やはり長年出勤した場所だ。足を運ばないと何か違和感を感じてしまってね・・・」
ドラえもん「流石、のび太とはエライ違いだ・・・」
先生「どうやら、お金が足りない・・・というような顔をしているな」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:03:26.98 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「こっちの方だ」
しずか「もっと詳しく分からないの?」
スネ夫「安い発信機とレーダーだからな。これ以上精密な情報は出ないよ」
しずか「まあいいわ。のび太さんが来た形跡のある場所を探しましょう」
スネ夫「それに、もしかしたらのび太がそこへもう一度来るかもしれないね!」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:05:14.08 ID:gfEBbwUW0

出木杉「かがみさんたちの家は・・・」
のび太「ああ、この辺のはずだ」
出木杉「じゃあ、一刻も早く行かないと」
のび太「待って」


飯食ってきます

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:17:49.47 ID:gfEBbwUW0

のび太「今僕らが出て行って、もしスネ夫に見つかったらどうする?」
出木杉「ふむ・・・確かに、身動き取れなくなるだろうね」
のび太「うん。こんなこともあろうかと、ポケットにこいつを入れておいたんだ」
ミニドラ「ドラドラーwwwwwwwwwwwww」
出木杉「わ、こんなのが居たのか!?」
のび太「こいつはまだスネ夫見られてないからね。偵察に使えるよ!」
出木杉「のび太君!良く考えたな」

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:20:20.43 ID:gfEBbwUW0

のび太「いいかいミニドラ、この近辺を歩き回って、スネ夫としずかちゃんがいないかどうか確かめてくれ」
ミニドラ「ドラ!wwww」
のび太「10分経ったらここへ戻ってくるんだ。分かったね!?」
ミニドラ「ドララーwwwwww」


出木杉「何かムカつくやつだ・・・」
のび太「仕様です」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:23:42.96 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「うーん、どこかなー」
しずか「スネ夫さん、あれ見て!」


ミニドラ「ドッ!ドララ・・・」
スネ夫「ミニドラだ!なんでこんなとこにいるんだろう?」
しずか「のび太さんのところから来たのかしら」
スネ夫「ドラえもんが送り込んだのかも・・・・・・。どっちにしろ厄介だ」
しずか「分かってるわ。任せて」

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:27:15.09 ID:gfEBbwUW0

ミニドラ「ド・・・d・・・・・」


しずか「破壊したわ」
スネ夫「ごくろうさま」
しずか「のび太さんが送ったのか、ドラちゃんが送ったのかは分からないけど、これで相当計画を狂わせることができたと思うわ」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:34:35.27 ID:gfEBbwUW0

のび太「遅いな・・・ミニドラ」
出木杉「まさか、スネ夫くん達に見つかって、何かされてるんじゃ・・・」
のび太「そう考えたほうが良さそうだね」
出木杉「のび太君、今から別々に行動しよう。」
出木杉「のび太君は今から周りに警戒しながら、なるべく早くかがみさんの家へ向かってくれ」
のび太「君はどうするの?」
出木杉「僕は・・・囮になる」
のび太「危険だ!」
出木杉「大丈夫。なるべく見つからないように気をつけるから」
出木杉「いいかい?一番マズイのは、2人一緒に見つかる事なんだ」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:37:33.52 ID:gfEBbwUW0

出木杉「じゃあ、お互い無事で会おう!」
のび太「・・・うん!」


のび太「1秒でも早く、かがみちゃんの家に行かなくちゃ!」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 20:43:31.75 ID:gfEBbwUW0

のび太「かがみちゃん!僕だよ!」
かがみ「その声はのび太君?待ってて!今開けるわ」
ガチャッ

のび太「かがみちゃああああん」
かがみ「うっ・・・!いきなり抱きつくなっ」
のび太「あ、ごめん。つい」

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:02:55.66 ID:gfEBbwUW0

かがみ「今日は何しに来たの?」
のび太「実はね!今君たちはスネ夫に捕まっちゃうかもしれないんだ・・・!」
かがみ「どういうことよ?」
のび太「この場所がばれるかもしれない。あの時、僕に発信機が付いてて・・・」
かがみ「で、でも家の場所が知られるとまずいことでもあるの?」
のび太「君たちはスネ夫に犯されるぞ!」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:09:26.52 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「(鷲宮神社・・・!)」
しずか「どうしたの、スネ夫さん?何か分かった?」
スネ夫「いや・・・」
スネ夫「(確か、ここはつかさちゃんの家だ・・・!)」
スネ夫「(思えばこうなったのも僕がつかさちゃんに会いたいという願望から始まったんだ)」
スネ夫「(もう、終わりにするか。つかさちゃんに会って)」
しずか「ちょっとスネ夫さん!聞いてるの?スネ夫さん!?」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:11:35.44 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「ん?なんだ!?」
しずか「出木杉さんよ!拘束しましょう!」
スネ夫「・・・・・・分かった」
出木杉「うわ、しまった。見つかってしまった!」
しずか「逃げられると思って?」
出木杉「(うぅ・・・済まない、のび太君)」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:13:57.73 ID:gfEBbwUW0

しずか「大人しく言いなさい!のび太さんはどこにいるの?昨日は何処で何をしていたの!?」
出木杉「僕は喋らないぞ!」
しずか「全て吐きなさい!そしてこの件から手を引きなさい!」
出木杉「だが、断る」

スネ夫「(この隙に、僕は消えよう・・・!)」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:17:00.53 ID:gfEBbwUW0

ポンポーン

かがみ「誰か来た・・・!もしかして・・・」
のび太「いや、大丈夫。多分出木杉だよ。落ち合う約束になっててるんだ」
かがみ「そうなの。無事に来れたのね」
つかさ「私、開けてくるね」

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:25:14.36 ID:gfEBbwUW0

ガチャッ
つかさ「・・・!お、お姉ちゃん」
スネ夫「・・・・・・」
のび太「・・・・・・スネ夫・・・」

スネ夫「怖がらないでくれ。僕は何もしない」

606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:36:22.76 ID:gfEBbwUW0

かがみ「それじゃあ何しに来たのよ!?」
スネ夫「つかさちゃんに会いに来たんだ・・・」
つかさ「へっ?」
のび太「嘘を言うな!ずっと僕を探してたんだろ!?」
スネ夫「ああ。お前がここに居ると分かるまでは、お前を捕まえて、その後ゆっくりドラえもんを捕獲するつもりだった」
スネ夫「そもそも、僕がドラえもんを犯人に仕立て上げたのも、執拗に追うのも、全部ドラえもんにつかさちゃんの居場所を突き止めさせるためだったのさ」
のび太「なんだってー!つかさちゃんが黒幕か!!」
かがみ「それは違うだろっ・・・」
かがみ「でもアンタ、もうここが分かっちゃったじゃない?次は何をする気なの?」
スネ夫「出木杉のことなんだが・・・」

611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:46:02.90 ID:gfEBbwUW0

のび太「つ、捕まった!?」
スネ夫「今頃しずかちゃんに拷問されてるはずさ・・・」
のび太「くそ・・・!出木杉・・・」
スネ夫「過失とは言え学校を放火したのはしずかちゃんだ・・・僕はもうやってらんないよ!」
かがみ「どうするのよ?」
スネ夫「のび太!この前、スネ吉兄さんは生きてると言ったな・・・?」
のび太「うん」

612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:51:15.65 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「生きているなら、きっと伊豆の別荘にいるはずだ」
のび太「うん、だいたい目星は付いてたよ」
スネ夫「そうか」
のび太「君は来ないの?」
スネ夫「行く。でも、その前にしずかちゃんを止める・・・!」
のび太「スネ夫・・・」
スネ夫「じゃあ、行くよ。出木杉も待ってる・・・!つかさちゃん、会えて嬉しかったよ。バイバイ!」
つかさ「う、うん」

614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 21:53:57.30 ID:gfEBbwUW0

スネ夫「・・・しずかちゃん」
しずか「あら、どこへ行ってたの?スネ夫さん」
スネ夫「のび太のところさ」
しずか「そう、何か分かった?」
スネ夫「それより、そろそろ出木杉を放してやりなよ」
しずか「ええ、もうとっくに動かなくなってるわ」
スネ夫「・・・貴様」

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 22:03:30.68 ID:gfEBbwUW0

しずか「珍しく勇敢だったわね、スネ夫さん。でも丸腰で勝てるわけ無かったわね・・・」
しずか「ポケットに何か入ってる・・・。これは、地図のようね。ありがとう、預かっておくわ」

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 22:07:11.16 ID:gfEBbwUW0

のび太「じゃあ、僕は行くよ。色々ありがとね!」
かがみ「私も行くわ。アンタ1人だけじゃ、またボロボロになって倒れちゃうかもしれないからね」
つかさ「じゃあ、私も・・・」
かがみ「つかさは留守番してて。そんなにずっと出かけるわけじゃないから!」
つかさ「分かったよ。気をつけてね、お姉ちゃん」


かがみ「出木杉君は大丈夫かしら?」
のび太「きっとスネ夫が上手くやってるさ!」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 22:21:19.10 ID:gfEBbwUW0

第四部 完
のびた・・・スネ吉を探しに伊豆へ
かがみ・・・のび太と一緒に伊豆へ
ドラえもん・・・役に立つ道具はもう殆ど無いが・・・
ジャイアン・・・知恵は回らないがドラえもんをよく助ける
出木杉・・・のび太の相棒だったがしずかにつかまり拷問にかけられる
スネ夫・・・のび太達に地図を託す
つかさ・・・家でかがみの帰りを待つ

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/20(月) 23:41:20.91 ID:gfEBbwUW0

ドラえもん「ジャイアン、伊豆に着いたけど、別荘の場所、覚えてるの?」
ジャイアン「うーん・・・しっかりとは覚えてないんだ。あのポルシェがあればすぐ分かるんだけどな」
ドラえもん「この辺が別荘地だ。地道に探そう」
ジャイアン「おう!」

663 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 23:55:54.91 ID:gfEBbwUW0

かがみ「ねえのび太君」
のび太「『のび太』でいいよ」
かがみ「うん。ねぇ、のび太」
のび太「フヒヒwwwwwwww」
かがみ「・・・・・・」
のび太「冗談です!なになに?」
かがみ「さっきから、誰か着いてきてるような気がするんだけど・・・」
のび太「怖いこと言わないでよぉーきっと気のせいだよ・・・」
かがみ「・・・きっとそうよね」


しずか「・・・・・・」

666 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/20(月) 23:59:48.98 ID:gfEBbwUW0

のび太「そんなことより、僕お腹空いちゃったよ。何か食べたいなぁ」
かがみ「じゃあ、あのレストランでご飯でも食べようか?」
のび太「さんせー!」
かがみ「デザート奢ってね♪」
のび太「え、小学生に奢らせるの?普通逆でしょ!!」
かがみ「冗談よ。入ろう!」

671 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:03:23.46 ID:Z12VQO8T0

かがみ「さて、何頼もうかな・・・(ダイエット中だから、なるべく軽いもので済ませよう)」
のび太「あ、僕ちょっとトイレに」


のび太「フフフ・・・今、僕あんな可愛い子とデートしてるんだ・・・」
のび太「タマラン!」シュッシュッシュッシュッ

ドピュ!

のび太「ふぅ・・・戻ろう」

672 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:04:40.12 ID:Z12VQO8T0

のび太「お待たせ、かがみちゃ・・・あれ?かがみちゃんがいない」
のび太「大変だ・・・」

674 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:07:45.38 ID:Z12VQO8T0

出木杉「・・・・・・・・・」
出木杉「・・・ここは・・・ゴミ捨て場か・・・?」
出木杉「クソッ体が重い・・・」
出木杉「! そこに居るのは、スネ夫くんか!?」

676 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:09:36.09 ID:Z12VQO8T0

出木杉「おい!しっかりしろ、スネ夫くん!大丈夫か?」
スネ夫「・・・・・・出木杉」
出木杉「君もしずかくんに?」
スネ夫「ああ・・・。・・・そうだ!のび太を、のび太を追いかけないと!」

690 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:33:13.11 ID:Z12VQO8T0

のび太「・・・!かがみちゃんのカバンだ!これは僕が持っておいたほうがいいな・・・」

のび太「(パンツとか入ってないかな・・・)」
のび太「いかんいかん!そんな場合じゃない」

692 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:35:22.33 ID:Z12VQO8T0

のび太「良かった!携帯電話が入ってる・・・これでとりあえずつかさちゃんに電話しよう!」
プルルルルルル・・・・・・・・・
のび太「出ないや・・・」


つかさ「あー、またうっかりポッケにケータイ入れたまま洗濯しちゃったよ〜オヨヨー・・・」

693 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:37:17.96 ID:Z12VQO8T0

のび太「どこに連絡を付ければ・・・」
のび太「それにしても、やけに”こなた”って人とのやり取りが多いなー・・・この人にかけてみよう!」
プルルルルルルルルル

695 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:39:20.04 ID:Z12VQO8T0

こなた「お、電話だ・・・」ピッ
こなた「もしもし〜かがみー?」
のび太「えっと、ぼくは野比のび太ですけど・・・」
こなた「えぇっ男の人!?かがみにもついに春がきましたか・・・!」
のび太「そうじゃなくて、・・・兎に角、場所を言うからすぐに来て!!」

696 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:42:20.69 ID:Z12VQO8T0

こなた「なんだ、ちっちゃい人じゃん。いつの間にあの子はショタに目覚めたのかね」
のび太「君だって僕と変わんないじゃないか!」
のび太「落ち着いて聞いて。かがみちゃんは、さらわれた・・・」

699 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 00:46:40.18 ID:Z12VQO8T0

こなた「ふむふむ・・・あの小学校全焼事件がそんなことに・・・」
のび太「そうなんだ。大体かがみちゃんを連れ去った奴も予想が付いてる・・・君も協力してくれる?」
こなた「いいですとも。私にまかせたまへ〜」
のび太「ありがとう、こなちゃん!」
こなた「(なれなれしいな〜・・・)」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 00:53:03.83 ID:Z12VQO8T0

出木杉「立てるかい?」
スネ夫「このくらい平気さ!」
スネ夫「言うべきことは全てのび太に話した!地図も渡してきた」
出木杉「そうか。それは良かった」
スネ夫「だが、君に渡そうと思ってた地図は、しずかちゃんに盗られたみたいだ」
出木杉「しずかちゃんも、スネ吉さんの所に向かってるんだね?」
スネ夫「そのはずだ。アイツは危険だ・・・スネ吉兄さんも殺されかねない!」
出木杉「・・・のび太くんもね。じゃあ、行こうか」
スネ夫「秀才&天才コンビの僕たちだ!きっとしずかちゃんに勝ってみせるぞ・・・!」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:02:42.75 ID:Z12VQO8T0

ドラえもん「このポルシェ・・・間違いない」
ジャイアン「ここがスネ吉さんの・・・」
ドラえもん「入ろう」


スネ吉「君たち・・・」
ジャイアン「やあスネ吉さん。探したよ。こんな人目につかないところにいるんだね」
ドラえもん「あの火事で、今大変なことになってるんだよ」
ジャイアン「そう、ドラえもんが放火犯に仕立て上げられちゃってさー!」
ドラえもん「放火犯のしずかちゃんを見たでしょ?貴方が証言してくれれば僕は助かるはずなんだ」
スネ吉「僕は・・・もう俗世間が怖くなったよ。誰とも会いたくない。ずっとここにいるさ」
ジャイアン「そりゃ無いぜ・・・」

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:08:09.53 ID:Z12VQO8T0

こなた「ねえのびちゃん、かがみとはどこまでいったの?」
のび太「(せっくすしたって言ったら引かれるかな・・・でも今のかがみちゃんは処女だし・・・う〜ん)」
のび太「まだ、特に〜」
こなた「分かってるよ!冗談で訊いたのに〜w」
こなた「そろそろ伊豆に着くねー(全く余計な出費だよ!後でかがみになんか奢ってもらお)」

711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:12:37.13 ID:Z12VQO8T0

出木杉「スネ夫くん、そろそろ到着したよ。起きて」
スネ夫「う・・・ん。うたたねしていたみたいだ」
出木杉「無理も無い。大分疲れているんだね。だが、全てもうすぐ終わるだろう」


出木杉「あ、あれはのび太くん!のび太くんがいるぞ!」
スネ夫「本当だ!横にいるのはかがみちゃん・・・じゃないみたいだ」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:15:20.18 ID:Z12VQO8T0

のび太「やあ、スネ夫じゃないか!出木杉も!!」
スネ夫「無事だったんだな!」
のび太「でも、かがみちゃんが・・・さらわれた」
出木杉「しずかちゃん。だね?」
のび太「多分。また僕が目を離している隙に・・・」
こなた「あんんまり思いつめちゃダメだよ。かがみって結構つよいから、きっと元気でやってるよ!」
のび太「ありがとう、こなちゃん」

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:22:16.32 ID:Z12VQO8T0

スネ夫「しずかちゃんはもうここまで来たのかな?」
のび太「分からない・・・」
出木杉「のび太くん、これは僕の携帯電話。こなたさんの番号を登録しておきたくて」
こなた「いいよ!」
のび太「こなちゃんのアドレス帳、スカスカだね」
こなた「うるさいなー!!」

出木杉「僕とスネ夫くんはここで待機している!もししずかくんがここに来たら食い止める。そして君たちに連絡をするから」
こなた「私とのびちゃんは別荘へ向かえばいいんだね?」
のび太「もし向こうでしずかちゃんを見つけたら連絡するから、すぐ来てくれ!」
出木杉「ああ」
スネ夫「じゃあ、無事で会おうぜ」

716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:25:57.54 ID:Z12VQO8T0

こなた「地図だと・・・この家だね!」
のび太「間違いない!この車に見覚えあるよ」

のび太「スネ吉さん!」
スネ吉「・・・のび太くん」
ドラえもん「・・・のび太くん!?」
ジャイアン「おおっのび太!良くここまで来れたな!」
のび太「ドラえもん!ジャイアン!無事だったんだね!?」

こなた「感動の再会ってやつだね〜うるうる」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:33:13.65 ID:Z12VQO8T0

ドラえもん「何だって!?かがみちゃんが!?」
ジャイアン「ちっくしょう・・・!」
のび太「スネ吉さん、被害者はいっぱい出てるんです。何とかして事件の事をに公表してください」
スネ吉「しかし、もう僕は・・・」
のび太「スネ夫だって、命を懸けて此処まで来てるんです!」
スネ吉「なに、スネ夫が・・・」
ジャイアン「何!?スネ夫もいるのか!」
のび太「うん!スネ夫と出木杉は、しずかちゃんが現れるかどうか、見張っているんだ」
ジャイアン「そんな危ない事・・・俺も行ってくるぜ!」バタッ!

ドラえもん「行っちゃった・・・」
♪♪〜♪〜←ハレ晴レの着メロ
こなた「あ、電話だ!出木杉くんだよ!」

733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:38:26.91 ID:Z12VQO8T0

のび太「いったいどうしたんだ・・・しずかちゃんが現れたみたいだけど・・・」
ドラえもん「どうやらまずいことになったらしい・・・。こなたちゃんはここに残って」
ドラえもん「行こう、のび太くん!」
のび太「うん」
こなた「・・・負けないでね」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:45:43.10 ID:Z12VQO8T0

のび太「スネ夫ー!」
ドラえもん「出木杉くーん!」
ジャイアン「すまねえのび太・・・」
のび太「どうしたの?ジャイアン」
ジャイアン「しずかちゃんを止められなかった・・・。スネ夫と、出木杉はやられちまった」
のび太「そんな・・・」
ドラえもん「で、しずかちゃんは?かがみちゃんは?」
ジャイアン「かがみちゃんは見てねえ。しずかちゃんは奥へ行ったぜ」
ジャイアン「頼む、2人とも。しずかちゃんをとめてくれ。俺は倒れた2人を運ぶから」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:48:52.04 ID:Z12VQO8T0

ジャイアン「・・・」
こなた「お帰り・・・無事では、無いみたいだけど」
ジャイアン「ごめんよ」
スネ吉「す、スネ夫・・・!僕を探してここまで来て・・・ちくしょう」
こなた「かがみは・・・かがみはどうなるの!?」
ジャイアン「・・・・・・」
こなた「・・・そんなのやだよぅ!」バッ!
スネ吉「そ、外は危険だよ!」

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:51:54.63 ID:Z12VQO8T0

のび太「しずかちゃん!見つけたぞ!!」
ドラえもん「何をやっているんだ!?」
しずか「あら、見られちゃったわね・・・この大量の爆弾・・・」
のび太「どうやってそんな物を・・・」
しずか「逃げられないわよ!みんな爆風で塵にしてあげるわ」
ドラえもん「かがみちゃんはどこだぁ!?」
しずか「さぁね」
のび太「糞・・・汚いぞ」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:55:15.11 ID:Z12VQO8T0

しずか「幸いここなら人目につかない・・・この付近の建物と言ったら、スネ吉さんの別荘だけだもの」
しずか「時限爆弾よ。後3分ね。みんなで消えましょう」
のび太「どうにかならないのか・・・」

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 01:59:23.75 ID:Z12VQO8T0

こなた「かがみー!かがみーー!!」


のび太「ドラえもん、役に立つ道具は無いの!?」
ドラえもん「そんなこと言っても・・・」
のび太「ドラえもん!さっきからタケコプターとタイム風呂敷しか出してないじゃない!使えないなぁ」
のび太「タイム風呂敷・・・?」
ドラえもん「あるじゃないか」


ドラえもん「タイム風呂敷〜〜!!」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:04:44.26 ID:Z12VQO8T0

しずか「しまった・・・まだこんな道具が残ってたとは・・・」
ドラえもん「これで時間ができたね!」
のび太「全員が避難するには十分すぎるくらいのね!」
しずか「ふふふ、忘れたの?かがみさんのこと。まさか置いてくなんてことはしないわよね?」
のび太「・・・その通りだ。かがみちゃんを見つけるまでは僕たちは逃げられない・・・」
ドラえもん「・・・・・・」


こなた「かがみー!どこなのー!? ・・・グスッ かがみー!かがみー!」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:06:08.03 ID:Z12VQO8T0

ジャイアン「こんな状況なんだ・・・もう逃げるしかねえ」
スネ吉「しかし僕は・・・」
ジャイアン「あー!もう、じれったい!!」

762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:08:16.78 ID:Z12VQO8T0

のび太「・・・ドラえもん、僕はかがみちゃんを!」
ドラえもん「いないと思うよ」
のび太「どうして!?きっとどこかに閉じ込められて・・・」
ドラえもん「いや、いないさ」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:09:20.75 ID:Z12VQO8T0

ドラえもん「僕なら分かる。しずかちゃんが大量の爆弾を持っている理由もね」
のび太「どういうことさ!?」

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:13:08.42 ID:Z12VQO8T0

こなた「なんで、何処にいるの・・・かがみ・・・グスン・・・かがみ・・・」


ドラえもん「しずかちゃんはここに来る前、誰かにかがみちゃんを売ったんだよ」
ドラえもん「そうすれば、大量の金が手に入る・・・。あんな可愛い子、滅多にいないからね」
のび太「そ、その金で爆弾を購入したんだな!?」
しずか「ど、どうして分かったの・・・?」
ドラえもん「ふふふ。僕のポケットがからっぽなのと一緒さ。のび太くん、みんなを避難させるんだ!」

771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:15:33.46 ID:Z12VQO8T0

ジャイアン「頼む!車をだしてくれ!みんな、アンタも、スネ夫も、このままじゃ爆発に巻き込まれちゃうんだよ!」
スネ吉「・・・分かった。キーを取ってくる」
ジャイアン「・・・・・・。ありがとう」
ジャイアン「起きろ!スネ夫、出木杉。づらかるぞ!」

775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:17:34.76 ID:Z12VQO8T0

のび太「こなちゃん!ここから逃げるんだ!スネ吉さんの車に乗って!」
こなた「で、でも・・・かがみが!かがみが!うっ・・・グスン」
のび太「かがみちゃんなら大丈夫だよ。さあ、行こう」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:19:23.24 ID:Z12VQO8T0

しずか「私の負けね・・・どうやら消えるのは私1人だけみたいね」
ドラえもん「・・・」
しずか「私1人のためにこんな大量の爆弾買っちゃって、馬鹿みたいね!」
ドラえもん「・・・・・・しずかちゃんも一緒に逃げよう」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:23:01.18 ID:Z12VQO8T0

スネ吉「さあ、みんな早く乗れ!」
のび太「待ってよー!」
ジャイアン「おお!のび太、こなちゃん!早く乗れ!」
スネ吉「怪我人を優先させよう」
スネ夫「あ、ありがとう」
スネ吉「スネ夫・・・、いっぱい迷惑かけてしまったな」
スネ夫「本当だよ!」
スネ吉「済まない。許してくれ」
スネ夫「いいよ!その代わり、買ってほしいラジコンがあるんだ」

のび太「こなちゃんも乗って!」
こなた「のびちゃんはどうするの?」
のび太「僕はタケコプターで!」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:24:35.13 ID:Z12VQO8T0

出木杉「もうあんまり時間がないよ!」
スネ吉「仕方ない・・・車を出す!シートベルト締めろよ!」
のび太「ドラえもんが、まだ来てない・・・!」
スネ夫「信じろ・・・きっと追いかけてくる!」

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:27:58.49 ID:Z12VQO8T0

ドラえもん「おーい!のび太くーん!!」
のび太「ドラえもん!しずかちゃんも!」
ドラえもん「皆は?」
のび太「車で行ったよ。流石にタケコプターじゃポルシェの速度には着いてけないよ」
しずか「そろそろ爆発するわ。高度を上げましょう!」


ドラえもん「・・・・・・無くなったね。学校みたいに」
のび太「うん」

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:30:29.18 ID:Z12VQO8T0

翌日


こなた「ねえ、いったいかがみはどこにいるのかな・・・」
ドラえもん「思い当たるところがある」


のび太「ここ?」
ドラえもん「そうだよ」
のび太「ここは確か・・・」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/21(火) 02:36:37.21 ID:Z12VQO8T0

先生「おお、待ってたぞ、ドラえもん!それに野比も!」
のび太「せ、先生!?どうして先生が・・・!?」
ドラえもん「先生がしずかちゃんからかがみを買い取ったんだよ!」
先生「ドラえもんから、源くんを見張れと言われていてな。それとなく関わっていたら、ある日、『女の子を買わないか』と言われてね」
先生「その子が君たちから聞いた子にそっくりだったから、私は迷わず買い取った。そして君らの帰りを待っていた」
のび太「でもドラえもん、よく先生がかがみちゃんを買い取ったって、分かったね?」
ドラえもん「まあね。女の子を買うためなら一切の財産を捨てる馬鹿なんてそういないからね」
ドラえもん「この先生は、一目見たときからそういう変態臭がしてたんだよ」
こなた「ねえ、かがみに会わせてよ!」
先生「いいとも」

801 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 02:42:00.97 ID:Z12VQO8T0

かがみ「のび太・・・ !それに、こなた!こなたじゃない!」
こなた「かがみ、心配したんだよ!かがみ!グスッ」
かがみ「グスン・・・ごめん、ありがとう。こなた・・・」

ドラえもん「事件の真相も解明されたし、良かったよかった」
のび太「うん!早く学校、建て直るといいね!」


かがみ「こなたぁ アン・・・アン」
こなた「大好きだよかがみ・・・うぅ・・かがみん」
先生「以下、濃厚なレズスレになります。みなさん、こんな拙いSSにお付き合いくださってありがとうございました!」
先生「それから中間テストの人!頑張ってください!それではおやすみなさい!またお会いしましょう!!」
                                                                       -fin-

822 名前: ◆OW92n40iVA [] 投稿日:2008/10/21(火) 02:46:18.21 ID:Z12VQO8T0

見てくれてた人が多いのに感動した



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「女性ホルモンが異常に分泌されて胸が大きくなってきている」