ハルヒ「マラソンするわよッ!古泉君!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なあ、古泉」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 18:18:59.67 ID:LXebkBKK0

ハルヒ「ねぇキョン?今年の24時間テレビみた?」
キョン「ん?ああ、ラストだけだがな」
ハルヒ「バ・・サラ・・・聴いたッ!?」
キョン「聴いたよ」
ミクル「あぁ、それ私も聴きましたよぅ」
長門「私も・・・・・」
ハルヒ「私・・・聴いてないの、見てないの・・・」
ハルヒ「・・・・・・あの感動を、味わいたいわ・・・」
ハルヒ「(そうだっ!!学校もまだ休みだし!
今からっ!!・・・・)
キョン?24時間マラソンって何キロだったけ?」
キョン「100キロだろ確か?」
ハルヒ(なら倍の200ねッ!!!)
ハルヒ「今から200キロマラソンを決行するわ!!!!」
キョン(なッ!)
ミクル(んッ!)
長門 (だッ!)
扉(ガット!!!!)
古泉「いや〜遅くなりました
失敬、失敬」
ハルヒ「もうクジができ(ry
あっ!!!!古泉君!!ナイスタイミッ!!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 18:42:48.09 ID:oYaQWrXzO

古泉「なんですか?そのクジは?」
ハルヒ「マラソンクジよっ!!!
ほら、引いた引いたっ!!!」
古泉「なるほど・・・おおずめ、あたりがでたらマラソンって所ですね?」
ハルヒ「さっっすがっ古泉君ッ!!!!
察しが良いわね!さっ引きなさいッ!!!」
スッ・・・・
キョン(神様・・・・・・)
ミクル(当たれ当たれ当たれ当たれ当たれぇぇぇえええええ)
長門(・・・・・バルスッ!!!)
スポンッ
古泉「おや、当たってしまいました
やれやれです、ニコッ」
キョン(やったあああああああ!!!)
ミクル(ふぇぇ、グスン)
長門(必然的なこと・・・・)
古泉「それで、校庭何周すれば宜しいんですか?」
ハルヒ「何言ってるの!?古泉君?」
古泉「へっ?」
ハルヒ「あなたには今から新宿を出発点としっ!
ゴールの富士山まで200キロを走ってもらうわッ!!!!」
古泉「なん・・だと・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 18:52:47.53 ID:oYaQWrXzO

古泉「200キロって、涼宮さん!!?
正気ですか・・・・・?」
ハルヒ「ええ!!!もちろんよっ!!!
はいこれ部費!新宿までは、新幹線で行ってちょうだいっ!!!」
ハルヒ「そこからはあなた一人の孤独なしかしっ!!!!
感動的な戦いよっ!!!
あっ、安心して頂戴!レポーターと実況は
私が探しだして、スタート地点に先に着いててもらうわっ!!!!」
それじゃあ頑張ってね古泉君ッ!!!
私達はレポーターを通じて、このテレビで
あなたの勇姿しかと見届けるわっ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 19:04:24.86 ID:oYaQWrXzO

キョン「古泉・・・・・お前・・・」
古泉「やるしかないんでしょっ!!もうっ!!!」
ミクル「ヒッ!!!が、頑張って・・下さい・・・」
長門「頑張って」
古泉(長門有希・・・この野郎情報操作しやがったなッ!!!・・・・)
ガチャ
ハルヒ「さぁ古泉君はスタート地点に向かったわっ!
私達はお泊まりセットの準備よ!!!!!
みんな一旦帰り、各自、泊まる準備を整えてここに5時に集合よっ!!!!」
ハルヒ「それじゃあ解散!!!」
バタン

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 19:10:55.12 ID:oYaQWrXzO

〜夕方五時〜
ハルヒ「みんなお泊まりセットの準備はできたようねっ!」
キョン(古泉には悪いが
なんだか面白くなりそうだな・・・・・)
ミクル「部室でお泊まりなんて、ワクワクしますね!
あれっ?長門さんは?」
ハルヒ「有希なら今屋根にアンテナをたてて(ry
ガチャ
長門「・・・・・・」
ハルヒ「どうやら終わったみたいね!!!!!」
ハルヒ「それじゃあ早速!!!!テレビポチッとなっ!!!」
ブゥウン

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 19:29:21.58 ID:oYaQWrXzO

???「あっ!喜緑さん、テレビ繋がったみたいよ!
自己紹介!自己紹介!!」
朝倉「皆さん今晩わ〜!今回SOS団主催のマラソン
S(SOS団の)・B(坊やが)・R(ランする)
S・B・Rのレポーターをやらせていただきます朝倉涼子です!ニコッ」
朝倉「実況には、どんな状況にも全く応じない事に定評のある
喜緑さんです〜パチパチパチッ!!!」
喜緑「今回実況をやらせていただきます、喜緑です」
〜SOS団〜
ハルヒ「本格的ね〜!!!テンション上がってきたあああああ!!!!!」
ミクル「私もさっきからワクワクが止まらないですぅ」
長門「おおいに期待」
キョン(古泉・・・・・死ぬなよ・・
また帰ってきたら一緒にチェスやろうぜ・・・・)
キョン(って!!!!!はあああい僕今死亡フラグ立てちゃいましたっ!!!!!
あああああテンション上がってきたぜぇぇぇええええ)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 19:38:13.75 ID:oYaQWrXzO

〜2時間後〜
朝倉「古泉君・・・なかなか来ないわねぇ?
喜緑さん、どう思われますか?」
喜緑「とんずらでしょう。」
〜SOS団部室〜
ハルヒ「とんずらッ!?こっちはもう二時間も待ってたのよ!!!!!
ふざけないで!!!!」
ミクル「ガッカリですね・・・」
長門「本当に、彼には失望」
キョン「くっだらない・・・みんなかえ(ry
テレビ
朝倉「たった今、古泉君が到着しました!!!!!」
SOS団員「きたあああああああああああ!!!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 19:50:17.42 ID:oYaQWrXzO

古泉「ハァハァハァ・・・・・」
朝倉「何故か、もの凄く息を切らしていますねぇ・・・
突撃レポしてみたいと思います!!!」
朝倉「古泉君?あなた何でそんなバテバテなの?」
古泉「ハァハァ、フゥ・・・・・
電車の切符の買い方わからないんでハァハァ
ここまでハァハァ、走ってきました・・・・・ハァハァハァハッ」
朝倉「・・なっ!・・・実況に回します・・・」
喜緑「学校から走って新宿まできたようですね。」
〜SOS団部室〜
団員達「ィィィイイイイイヤッハアアアアアアアアア!!!!!」
ハルヒ「流石古泉君!!!最高な演出よっ!!!!!」
ミクル「Oh〜it crazy!!!!ワオ!!!」
長門「祭りだ祭りだ祭りだよぉ〜〜〜」
キョン(ビクンッビクンッ)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 20:01:04.40 ID:oYaQWrXzO

古泉「あぁ、疲れた・・・」
ドサッ
朝倉「ッ!!!!!
実況の喜緑さん?これは!?」
喜緑「あれは1995年のウィンブルドンで、松岡修造が見せた大の字になり、空を仰ぐ表現ですね。」
朝倉「恥ずかしいので一旦距離を置きま〜す
新宿東口の人々の視線は今、古泉君に釘付けです!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 20:08:04.74 ID:oYaQWrXzO

ハルヒ「うわぁ・・・古泉君ものごっつ見られてる・・・・・」
ミクル「ふぁあ、写メ撮られてますよぉ・・・・」
長門「これは私も引く」
キョン「おい警察来たぞッ!!!!!」
ハルヒ「あっ!、交番までつれてかれてるわっ!!!!」
ミクル「どどど、どうするんですかぁ!?」
キョン(・・・・・ハルヒ・・・人選ミスだ・・どう考えても・・・)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 20:17:11.83 ID:oYaQWrXzO

朝倉「レポーターの朝倉です!!!
大量の野次馬の中から古泉君がたった今
交番から出てきましたっ!!!!」
朝倉「早速突撃レポートしてみたいと思います!!!
古泉君交番で何があったの!?」
古泉「いえ、ただどうしたんだいって聞かれたものですから
疲れて倒れたと言っただけですよ」
古泉「それでは、柔軟体操でも始めますかッ!!!」
朝倉「ハイ!恥ずかしいのでまた離れま〜す」
朝倉「それにしても、新宿東口の野次馬達がドンドン増えていきますねぇ
解説の喜緑さん、これは何でしょう?」
喜緑「柔軟体操です。」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 20:28:26.68 ID:oYaQWrXzO

〜SOS団〜
ハルヒ「何やってるのよ古泉君ッ!!!
スタートからもう三時間はたつわ!!」
長門「いい考えがある」
ハルヒ「!?有希その考え聞かせて頂戴ッ!!!」
長門「今からこのボックスに、各々が古泉一樹に役立つと思うものを
この紙にペンで書いて、その紙をボックスに入れる
そして、その中からランダムに一枚選びそれを与える。」
ハルヒ「いい案じゃない有希ッ!!!
みんなっ!早速書きましょう!!!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 20:35:47.38 ID:oYaQWrXzO

ハルヒ「じゃあ・・・引くわよ!!!」
バンッ!!!
『A・T』
ハルヒ「何これ?・・・
ミクルちゃん知ってる?」
ミクル「まったくもって知らないですぅ」
ハルヒ「こんな意味わからない事書いたのは・・・
キョンあんたねっ!!!!」
キョン「いや、俺が書いたのはじてん(ry」
長門「私が書いた」
ハルヒ「有希が!?
有希このA・Tって何なのよ?」
長門「エアトリック。見てればわかる」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:16:27.94 ID:oYaQWrXzO

スタッフ「何か届きました」
朝倉「あら?なにかしら?」
クパァ
朝倉「これは・・・A・Tッ!!!
解説の喜緑さんっ!!!!!」
喜緑「エアトリックのことです」
朝倉「それでは、古泉君に渡そうと思います」
古泉「えっ?これを穿くんですか!?
わかりました。では」
スポッ シュン――

古泉「こ、これは速い!!!!これさえあればゴールなんてすぐできますッ!!!

朝倉「森さん早く車出して!!!!!」
古泉「はいいろに〜♪つつまれたぁ〜♪」
朝倉「この歌は?!
解説の喜緑さん?」
喜緑「アニメエアギアのOPですね」
朝倉「はいっ、アニメエアギアのO(ry」
ドンッ!!! グシャアアア!!!!
古泉「ダンプカー・・だと・・・・・」
ガクッ・・・・・
朝倉「死にましたぁぁぁあああああ!!!
古泉君!!!ダンプにひかれたああああああああああああ
解説の喜緑さぁぁぁああああん!?」
喜緑「彼は死にましたね。」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:25:09.06 ID:oYaQWrXzO

〜SOS団部室〜
ハルヒ「死んだ・・・古泉君が・・・・・・・・」
キョン「こい・・・・・・・ずみ・・・?」
ミクル「キャァァアアアアアア、うげぇぇぇぇぇぇぇけほっ」
長門「・・・・・死んだ?彼が・・・」
〜中継〜
朝倉「たった今・・・・古泉一樹氏の死亡を確認いたしました。
解説の喜緑さん・・・」
喜緑「2008年10月9日21時23分死亡確認いたしました。」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:33:44.52 ID:oYaQWrXzO

ハルヒ「・・・・・・・・・・どうして?」
キョン「お・・ま・・・・・が殺し・・・・・だ」
ハルヒ「!!!?
キョンッ!!!!!!今あんた何て言った!?」
キョン「お前が古泉を殺したんだよっ!!!!!
お前がああああっ!」
ハルヒ「わ、私じゃないわ、私は・・・
ねぇ、み、ミクルちゃん?」
ミクル「涼宮さん・・・・・
あ な た の せ い で す 」
ハルヒ「ヒィッ!!!!ゆ、有希!有希っ!!!!」
長門「こっちによらないで
殺人犯」
ハルヒ「殺 人 犯 !??」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:42:22.60 ID:oYaQWrXzO

ハルヒ「有希!殺人犯じゃなくて殺人者よ!!!
らしくないわねえっ!!!!」
長門「・・・・・・・・・」
キョン(もう開き直っただと・・・・・)
ミクル(開き直りました・・・・・・・・)
ハルヒ「みんなっ!ニコッ」
キョン(ビクンッ!)
ミクル(ビ、ビクンッ)
長門(ビクンッ)

ハルヒ「第一走者が死んじゃったわね・・・
悲しいわね・・・・・
ねえッ!!!!!」
キ・ミ・長「ビクンッ!!!」
ハルヒ「次は第二走者の出番よ・・・・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:51:11.52 ID:oYaQWrXzO

キョン(ゴクッ・・・)
ミクル(グスン・・・・・)
長門(・・・・・殺られる)
ハルヒ「第二走者は・・・・・」
キ・ミ・長(神様ッ!)
ハルヒ「この私だッ!!!!!!」
キョン「へっ?!」
ハルヒ「ポリ何かに捕まってたまるかッ!!!
あんたらも覚悟しておくのね・・・・」
ダッ!!!
キョン「ハルヒッ!!!!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 21:58:46.21 ID:oYaQWrXzO

〜中継組と合流〜
キョン「実は、ハルヒが・・・・・・」
朝倉「そんな・・・・・・・
解説の・・・喜緑さん・・・・・・」
喜緑「先ほどの映像はドッキリです」
キ・ミ・長「はっ?!」
キョン「なら古泉は今どこにいるんだよっ!!!!!」
ガシィッ
ミクル「そうです!!!古泉君は今どこに?」
朝倉「わ、わかったから胸ぐらを離して・・・」
朝倉「ハァハァハァ・・・彼は、まだ走ってるわ・・・
富士山に向かって・・・・」
キ・ミ「ッ!!!!!!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 22:07:11.53 ID:oYaQWrXzO

朝倉「だから私たちにはなにも(ry」
キョン「追いかけるぞ・・・・・・・」
みんな「えっ?」
キョン「古泉も、イカレちまったハルヒもっ!!!!!
これはS・B・Rを見て、笑っていた俺達の罰だ・・・・・」
長門「わかった・・・・」
ミクル「怖いけど・・・頑張ります!!!」
朝倉「そうね・・・・・
解説の喜緑さん?」
朝倉「喜緑さん?・・・・・・」
朝倉「はッ!!!
喜緑さんが居ないわッ!!!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 22:17:02.52 ID:oYaQWrXzO

キョン「なんだって!?」
朝倉「喜緑さああああああああん?
喜緑さああああああああん!?」
キョン「やられたッ!!!
ハルヒか古泉どちらかに拉致られたか・・・・
それとも・・・・・殺された?」
キョン「みんなできるだけ離れるなっ!
できるだけ近くに(ry」
ミクル「こんな殺人犯のいる部屋にいられないですぅ
私、もう帰ります!!!!」
タタタタッ!!!
キョン「あ、朝比奈さんッ!!!!!!!」

――現在――
SOS団〜キョン、長門、朝倉〜
行方不明者〜喜緑、ミクル〜
復讐者〜古泉〜
殺人犯?〜ハルヒ〜

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 22:36:42.94 ID:oYaQWrXzO

ミクル「ハァハァハァハァハ、ここまでくれば
は、早く家にかえろ(ry」
ミクル「グフッ!?
あ・・なた・は・・・・」
ガクンッ
???「ニヤリ」
〜朝比奈みくる死去〜
〜SOS団部室〜
キョン「とにかく、今はこの三人でハルヒを探そう!!!
アイツが今一番やばいんだ・・・」
朝倉「わかったわ、でもどこへ?」
キョン「富士山だ・・・・あいつはみんなが集まるのを待っている
その時穏便に話をつけよう」
朝倉「そうね。長門さん?異論はない?」
長門「把握した」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 22:45:57.22 ID:oYaQWrXzO

〜その頃古泉は〜
古泉「おら!おら!おら!えらっ!」
ドスバキ、パンパン、ドスン
古泉「ふぅ、このへんにしといてやるか」
古泉「・・・・・・もうお金無くなってきたし・・・」
古泉「やっぱ格ゲーは性に合わないようですね・・・・」
古泉「富士山なんて行ける訳ないですし・・・・
部室に帰ってみんなに謝りましょう・・・・・」

まだ新宿で遊んでいた

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 22:58:32.85 ID:oYaQWrXzO

朝倉「キョン君!教師の車盗むなんて
やっぱり止めましょうよ・・・!?」
朝倉「それにキョン君車なんて運転できるの?」
キョン「うるさいッ!!!早くしないとハルヒのやつが・・・
もう手段を選んでる時間は無いんだッ!!!」
朝倉「長門さん、あなたは、こんなキョン君でも付いて行くの?」
長門「コクン」
朝倉「そう・・・・・」
キョン「よしっ!!!エンジンが入った!!!!!
二人共っ早く乗るんだッ!!!」
朝倉「悪いけど、私はそれには乗れないわ・・・・」
キョン「まだ言ってるのか!!くだらないプライドは捨てろよ!!!」
朝倉「・・・・・私は・・・」
朝倉「委員長だから♪じゃあね」
タッタッタッタッタッ
キョン「長門・・・・行こう・・・・・・・」
長門「コクン」
ブルルルルルン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 23:06:17.03 ID:oYaQWrXzO

〜その頃喜緑は〜
喜緑「トイレだいぶ長引いちゃったわ!
みんな心配してるかな?
早く部室に戻らなきゃ」
ガラッ
喜緑「すいませんトイレにいって(ry
ッ!!!!!
誰も居ない・・・・・・」
喜緑「あ、コレもドッキリね!
いつ仕掛けてくるのかしら?
ん?あの一つだけ崩れてないパイプ椅子に座っていればいいのね」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 23:16:22.21 ID:oYaQWrXzO

喜緑「よっこいしょういち」
ガタン
喜緑(しまったこの椅子もやっぱりドッキリ!!!
ネジが取れて前に倒れてしま(ry
机の角!?それに床は剥がれたコンクリが剥き出しに)
ガン!! ゴツン!!!

〜喜緑死去〜

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 23:27:17.13 ID:oYaQWrXzO

〜その頃朝倉は〜
朝倉「車なんて乗れないわ・・・・
やっぱ今はバイクよねええええええ」
朝倉「ぬ〜すんだバ〜イクで走りだす〜」
古泉「おや?朝倉さんじゃないですかッ!!!」
朝倉「こ、古泉君!!?私を殺しに来たの・・・?」
古泉「はい?何を言っているんですか?
僕は今から部室に戻って、皆さんに謝りにいくんですよっ
このA・Tで」
朝倉「古泉君A・Tうまくなったのね・・・・・」
朝倉「でも部室に行っても誰もいないわよ」
古泉「何か訳ありそうな顔をしていますね・・・・・」
古泉「少しお話聞かせて貰えますか?」
朝倉「・・・・・ええ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 23:42:38.27 ID:oYaQWrXzO

古泉「なるほど・・・
僕が復讐者で涼宮さんが(仮)殺人犯・・・・・
そして朝比奈と喜緑さんが行方不明・・・・・
彼と長門さんは目的地の富士山へ・・・・」
朝倉「そういう事なの・・・」
古泉「あなたは何も無いんですね!」
朝倉「へ?」
古泉「僕は復讐者という
カッコイいミドルネームがあります
けどあなたときたら、フフフフッ」
朝倉「あ、あるわよ!!!ミドルネームくらいッ!!!!!」
古泉「へぇ〜何て言うんですか〜?」
朝倉「くっ!、新殺人鬼よッ!!!!
朝比奈さんも喜緑も両方私が殺したわ!!!!」
古泉「へぇ〜それは凄いですねぇ
まぁさっさと、行きましょうよ、富士山」
朝倉「私は新殺人鬼よ!!!ミドルネームがあるんだから!」
古泉「はいはい・・・・・・・」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 00:02:15.37 ID:3/KlrHACO

〜キョンサイド〜
キョン「待ってろハルヒ、すぐ真実を教えてやるからな・・・・・」
長門「ストップ」
キョン「どうした長門?」
長門「時計を見て」
キョン「十二時だが、それがどうかしたか?」
長門「もう寝る時間」
長門「プリンセス、ハオ」
キョン「よぉぉおおおし!!!寝るぞおおおおおおお」

続く

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[保守ありがとございました] 投稿日:2008/10/10(金) 19:01:56.46 ID:3/KlrHACO

朝倉「・・・・・はッ
長門さん達のチームを、先にゴールさせたらダメよッ!!!」
古泉「はい?何故です?」
朝倉「考えてもみて・・・涼宮さんは殺人を
まぁ、あなたの事なんだけど
その罪悪感によって今、彼女は完全にイカレてるの・・・・・」
朝倉「そんな彼女に物的証拠・・・そう、あなたを見せないで説得したって・・・
長門さん達・・・
イカレた彼女に殺されてしまうわ・・・・・」
古泉「難しい話はわからねえが、とにかく長門チームを倒せばいいんだな・・・?」
朝倉(説明しても無駄なようね・・・・・)
朝倉「ええ・・・・・そうよ
長門さん達より早く、涼宮さんにゴールすれば私達の勝ちよ・・・・」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 19:13:58.67 ID:3/KlrHACO

古泉「そうと決まれば!!!よしッ!行くぜええええええ!!!!!」
古泉「はいいろに〜つつまれた〜」
キーーーバカンッ
古泉「軽トラ・・・だと・・・・」
朝倉「古泉君んんんんんんんんんッ!!!」
朝倉「あっ、軽トラが逃げてくわ!・・・」
古泉「ペロン・・・コレは・・・・
轢き逃げの・・・味だぜ・・・・・」
ガクン
朝倉「古泉君ッ・・・はッ!!!
(まだ息があるなんて・・・・まるでゴキブリね・・・・)」
古泉「朝倉さん・・・もう僕の空の道(インホォニティロード)は途絶えてしまいました・・・」
朝倉(A・Tが壊れただけじゃない・・・・・)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 19:23:54.06 ID:3/KlrHACO

朝倉「もういいわ・・・
私のバイクの後ろに乗って・・・・」
古泉「えっ!いいんですか〜!!!
いやぁ〜助かりますよぉ〜!!ニコッ」
朝倉(・・・・・・・・・・・死ねばよかったのに)
朝倉「乗った?
それじゃあ行くわよ!!!」
ブルルルルルルル
朝倉「実は私、自腹で高速乗ってるの・・・
だから悪いけど、部費後で出してもらうからねっ!!!」
古泉「えっ?部費ならもう使い切っちゃいましたよw?」
朝倉「・・・・・・・へ?」
ブロン・・・・

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 19:37:04.92 ID:3/KlrHACO

古泉「今から話すことは、少し長くなりますが、聞いていて下さい・・・・」
古泉「アレはドッキリの後でした・・・
暇を持て余した僕は、ドンキに入ったんです
そしたら目に映る等身大ぷるりんちゃん人形・・・・・
部費は25万8千円
一方ぷるりんちゃんは25万6千円・・・・
ええ・・・買いましたよ。買いましたさッ!!!」
古泉「でも安心して下さい!!!!!
ちゃんとクロネコで部室に届くようになっていますからッ!!!!ニコッ」
朝倉「・・・・・・落ちろ」
ドカッ
古泉「アベシッ!!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 19:54:34.40 ID:3/KlrHACO

〜長門チーム〜
???「おい、起きろ!!!」
ガンガン!!!
キョン「んぅ、何だ朝か?」
警察「ついさっき車強盗があってな・・・
キョン「ッ!!!!!」
警察「このバックナンバーを見てくれ?
君達の乗っている車と瓜二つだなぁ?・・・」
長門「・・・・・・」
キョン(ヤバい・・・ッ!!!こんなに早くばれるとはな・・・・・
しかたない、今は長門を守れるのは俺だけだ!
やれるだけの事はしようッ!!!」
キョン「本当だ!凄い似てますね!本当に瓜二つですね!
でもね?俺はそんなことは別にいいんじゃないかと!
最近思えるようになってきたんですよ!
そう、あの日僕の心は音も無く崩れさった。壊れてさ(ry」
警察「ちょっと署まで来いお前ら!!!」
キョン「なっ!!!!ちょっ!!!!
まだ歌ってる途中でしょうが!!!!」
キョン「離せ離せ離せぇぇぇぇええええええ!!!」
パンッ・・・・・
乾いた空気の中・・・その銃声は響いた

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 21:40:04.93 ID:3/KlrHACO

キョン「な、長門・・・・・・・!?」
長門「クラッカー・・・・」
警察「キャッ」
キョン「い、い今だ長門早く車に乗れッ!!!」
警察「あ、まてお前らあああああ!!!!」
パンッ
警察「キャッ」
長門「クラッカー」
キョン「ふぅ、何とかまいたな・・・・・」
キョン「長門、サンキュ(ry」
パンッ
キョン「キャッ」
長門「クラッカー」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 21:53:11.80 ID:3/KlrHACO

〜その頃ハルヒは〜
ハルヒ(・・・・・・・・・・・・・・)
ハルヒ「そろそろ部室に戻っても大丈夫そうねッ!!!!
それにしても、まさか逆ドッキリだったなんて!!!
きっとみんなビックリするわよね〜!!
みんな完全に私の演技に騙されてて!
思い出しただけで笑いが止まらないわっ!!!!」
ハルヒ「早くみんなのバカ顔を拝見するわよ!!!」
ガチャ
ハルヒ「オッス!馬鹿キョン!!!まんまとひっかか・・・・・・・・」
ハルヒ「あれっ?誰も居ない・・・・・・・・」
ハルヒ「あれ〜〜〜?言うとおりにしたのに!!!」
ハルヒ「どういうこと!?『朝倉さん』?」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 22:10:10.53 ID:3/KlrHACO

〜チーム朝倉〜
朝倉「もう少しで着きそうね・・・富士山!」
古泉「ヒューヒューヒュー、そ、そうですねハァハァ・・・・」
朝倉「まず富士山に着いたら、長門さん達と合流よ!
そこからはもう分かるでしょ???」
古泉「えぇ、物的証拠、尚且つ彼らから見たら
復讐者である僕が、彼らに何も敵意の無いことを示し
涼宮さんを探しだす。で、よろしいんですよね?」
朝倉「・・・・・・・・・・・・・えぇ」
古泉「それでは!!!急ぎましょう!!!!!」
古泉「はいいろに〜つつまれた〜」
キーーーー!!ドゴンッ!!!
古泉「また・・・轢き逃げ・・だと・・・・・・」
朝倉(・・・・・・・・・・・・)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 22:27:20.41 ID:3/KlrHACO

チーム長門
キョン「おい長門!!!富士山が見えて来たぞっ!!」
長門「きれい」
チーム朝倉
朝倉「古泉君!!!富士山が見えてきたわっ!!」
古泉「痛い」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/10(金) 23:22:18.31 ID:3/KlrHACO

〜富士山五合目〜
キョン「こ、古泉・・・お前・・・・・」
長門「下がってて」
古泉「いやいやwちょっと待って下さい
じつ(ry」
朝倉「キョン君!!!長門さん!!!助けてッ!」
古泉「へ??????????」
朝倉「実は今まで脅されてっ!無理やりここまで
バイクで連れてこられたの!!!」
古泉「朝・・・倉・・さん・・・・・?」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 00:24:56.98 ID:2D0DafHbO

キョン「古泉!!!朝倉を離せッ!!」
古泉「えっ!!!???」
タッタッタ
キョン「朝倉!」
朝倉「ハァハァハァ」
キョン「古泉、これで三対一だ。おとなしくしてくれ・・・」
古泉「そんな・・・・・・・・」
古泉「アサクラサンオンドルルラギッタンディスカー!!!!!!!」
長門「・・・・・・・・ッ!!!逃げ(ry」
キョン「えっ?」
ドス
長門「カハッ・・・・・・」
バタン
長門「朝倉涼子・・・どういうつもり?・・」
キョン「なっ!長門!!!
あッ!朝倉!何のつもりだ!!!!」
朝倉「逃げても無駄よ。もうこの富士山は私の制御空間。
プログラミングに3日もかかっちったけどね、フフフ」
古泉「・・・・・・・・・・・・」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 00:32:50.68 ID:2D0DafHbO

キョン「立てるか長門!?」
長門「コクン、傷は浅い、完治した」
キョン「いったん逃げるぞ!!!!訳がわからないッ」
朝倉「だから無駄なの」
キョン「痛っ、なッ!閉鎖空間!?」
朝倉「残念だけどみんなには死んでもらうわね、ニコッ」
古泉(朝倉さん・・・・・なぜっ・・・)
朝倉「古泉君きみはそこでこの二人が死んでいくのを黙って見てて・・・・」
朝倉「そうすれば・・・楽に殺してあげるから・・・・・」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 00:42:04.92 ID:2D0DafHbO

キョン(クソッ!俺には何もできない・・・)
キョン「長門ッ!!!チートを発動するんだ!!!」
長門「今やっている」
朝倉「それまでに私を止められるかしら?」
スパスパスパ
キョン「痛てえ!!!」
朝倉「あら、ただナイフが肩にさすっただけじゃない
まだまだこれからよ、フハハハ」
長門「あなたをこれ以上傷つけたくない
後ろに下がってて」
キョン「うぅ・・・・・・・」
古泉(・・・・・・ん?バイクの座席の下に日記帳?)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 00:59:35.28 ID:2D0DafHbO

〜4月某日〜
今日から、長門さんと共に涼宮ハルヒの観察を開始。
学校には初めて通う。上手くやっていけるかしら?
〜5月某日〜
長門さんに友達が出来たみたい
最近長門さんが楽しそうで、私も嬉しい。
〜6月某日〜
今日も長門さん達SOS団は町内で
不思議探索みたい。何だか羨ましいわ・・・・・
〜6月某日〜
長門さんの友達はとてもいい人ばかり。
キョン君は面白いし、ミクルさんは優しい
古泉君は紳士的だけど、ぱっとしないかな(笑)
〜7月某日〜
最近、長門さん達を見ていると、心が痛い・・・
今まで、こんなことはなかったのに。むしろ楽しい気分を長門さん達は私にくれていた・・・・
そうか、これが嫉妬というものなの?
〜8月某日〜
もう私は彼女達を見ている事ができない・・・
なんで私はバックアップなんだろう・・・
なんで私が・・・・

古泉「朝倉さん・・・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 01:12:59.97 ID:2D0DafHbO

朝倉「これで最後よ」
ザンッ!!!!
朝倉「さようなら」
キョン「長門ッ!!!!!!!!」
長門「終わった・・・・・」
朝倉「え?終わったって、キョン君達との楽しい時間が?フフ」
長門「朝倉涼子。あなたの時間が」
朝倉「えっ!?」
長門「あなたは所詮私のバックアップ。
情報統合思念体直に朝倉涼子の情報解除を申告した」

朝倉「そ・・・んな・・」
古泉「ふん!!!もっふ!!!!!!」
ドスカン!!!!!

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 01:21:16.07 ID:2D0DafHbO

長門「古泉一樹。何故私達を攻撃する?」
キョン「古泉!!!お前利用されたのを怒って(ry」
古泉「もっふ!もっふ!もっふ!もっふもっふ!ふうううううもっふ!!!!!」
ドスカン! ドスカン! ドスカン! ドスカン! ドララララン!!!!!
朝倉「古泉君?・・・・・・・・・」
古泉「もっと熱くなれよぉぉぉぉおおおおおおおお!!!」
キョン(ビ、ビクンッ!)
長門(ビクッ!)
朝倉(ビクンッ!)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 01:33:18.54 ID:2D0DafHbO

古泉「長門ぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!!」
古泉「取りっ消し!取りっ消し!
とっとと取りっ消し!!もふ〜るぞッ!!!もっふ!」
ドスカン!
長門(・・・・・・彼を狙われたら
彼にあれが当たってしまったら、彼は死んでしまう・・・)
長門(朝倉涼子は弱っているが。今の私では彼を守りきれない
ここは条件を呑むしかない)
古泉「取りっ消し!取りっ消し!
とっとと取りっ消し!!もふ〜るぞッ!!!もっふ!」
ドスカン!
長門「わかった。申告は取り消す
だから攻撃は止めて」
キョン「グタァア・・・」
古泉「やりましたっ!!!」
朝倉「古泉く、グスン、君。なんで・・・」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 01:41:09.87 ID:2D0DafHbO

朝倉「ぱちっ」
といことなんです・・・・ですから彼女に悪気は!(ry
古泉「あっ、起きました?朝倉さん・・・」
朝倉「私は・・・・・」
キョン「何も言うな!」
長門「傷の手当ては終わってる。安心して」
朝倉「???????」
キョン「よ〜し帰るか!!!
団長様がお怒りだろうしな!!!」
古泉「朝倉さん、帰りますよ。私達の部室へ・・・・・」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 02:02:20.34 ID:2D0DafHbO

〜1ヶ月後〜
ガチャ
ハルヒ「みんなおっはよー!!!!!」
キョン「朝から騒がしい奴だ・・・」
ハルヒ「何よりバカキョン!!!久しぶりの朝練なんだからもっとビシッとしなさいッ!!」
キョン「何を練習するんだよ?!」
ハルヒ「つべこべ五月蝿い!ねぇ古泉君?」
古泉「ええ、たまには早起きもいいかと、ニコッ」
ハルヒ「ほらね!!!!!有希もそう思うでしょ!?」
長門「たまには」
ハルヒ「ふっふ〜ん!!!!」
キョン「何勝ち気になってるんだよ」
ハルヒ「本っ当!小五月蝿いわね!!
ああ、バカキョンの相手してたら喉乾いちゃったわ!」
ハルヒ「朝倉ちゃん!!!!!
お茶頂戴!」
朝倉「はいはい、只今っ、ニコッ」






ミクル「ううぅん・・・ぱちっ、ふぇ〜ここは?」
喜緑「気がついた?朝比奈さん?」
ミクル「喜緑さん?あの〜ここはいったい?」
喜緑「説明してる暇は無いわ!早くそこのガンツスーツを着て!もう転送が始まるわ!!!」
ミクル「ガンツ・・だと?・・・」

終わり

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 14:04:14.99 ID:2D0DafHbO

ハルヒ「最近、何か忘れてる気がするわ・・・」
キョン「どうした急に?」
朝倉「サライの事ですか?」
ハルヒ「いや・・・っていうかサライはもういいのよ!」
ハルヒ「何かもっと大切なものを・・・
ん〜〜〜〜!!!!あ〜〜〜〜!!!思い出せないッ!!!」
古泉「大丈夫ですよ、脳が記憶してるかぎり
その内嫌でも思い出します。」
ハルヒ「そうかしら・・・」
コンコン
クロネコ大和「すいませ〜ん、お届け物を届けに来ました〜」
ハルヒ「朝倉ちゃん、出てきて!」
朝倉「はいはい」
クロゥネコヤマト「こちらハンコお願いしま〜す。はい、ありがとごじゃじゃした〜」
朝倉「・・・・・・・・・・」
ハルヒ「朝倉ちゃん、そのデカい荷物は何?」
朝倉「・・・・・・・・・・さぁ」
古泉「あれはッ!!!!!!!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/11(土) 14:19:17.80 ID:2D0DafHbO

ハルヒ「あっ!!!!!!思い出したわ!!!」
古泉「ビ、ビクンッ!!!!!」
キョン「痛てっ!・・・思い出したからといって
俺の胸元を掴むな」
ハルヒ「そうよ部費よ部費っ!!!
あの時古泉君にわたしたんだったわ!!!!!
なんで思え出せなかったのかしら!
ふぅ・・・スッキリ!!!」
ハルヒ「という事で!古泉君、部費、返して!結局使わなかったでしょ!?」
古泉(グニャアアアアアア)
朝倉(どうする気なの!?古泉君?・・・)
古泉「え〜、コホン!!
あそこにぷるりんちゃん、1/1スケール人形があるじゃろ??
あれじゃよ・・・・・・涼宮君」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「この夏休みループしてる気がする」