ハルヒ「キョン・・・あんた今国木田とチューしてなかった?!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門、早く食べなさい」

ツイート

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:41:49.29 ID:3JR3Rcpu0

キョン「えっ?」
ハルヒ「誤魔化そうったってそうはいかないわよ!」
キョン「おいおい、変な言いがかりはよせ」
ハルヒ「言いがかり? あたし、この目で見たんだから!」
キョン「そりゃそうだ」
ハルヒ「えっ?」

キョン「だってチューしてたからな」

ハルヒ「えっ?」

キョン「舌もガンガンいれた」

ハルヒ「……えっ?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:44:16.05 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「キョン、あんた何言ってんの?」
キョン「いや、チューしてたって言ったんだ」
ハルヒ「……ねえ、ホントなの?」
キョン「見てたんだろ」
ハルヒ「じ、実はそういう風に見えてただけかも知れないし……」
キョン「だから舌入れたっての」
ハルヒ「……」
キョン「他に何か質問は?」
ハルヒ「……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:45:59.15 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「……一つだけ聞かせて」
キョン「なんだ」
ハルヒ「なんで国木田くんとチューしてたの?」

キョン「そりゃ、ものっそいチューしたからったからだ」

ハルヒ「……そう」
キョン「いや、気持ちよかった」
ハルヒ「……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:48:53.02 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「……あんた、そんなに国木田くんとチューしたかったの?」
キョン「はっ?」
ハルヒ「……だから! 国木田くんとチューしたかったのかって聞いてんの!」
キョン「おいおい、そんなに大きい声を出すな」
ハルヒ「うるさい! 答えなさいよ!」

キョン「チューしたい時に国木田が近くにいた。だからチューした」

ハルヒ「……なによそれ」

キョン「……チューしたかったんだよ! それも、凄く!」

ハルヒ「!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:52:17.21 ID:3JR3Rcpu0

キョン「俺はチューしたいと思った時にチューをする」

ハルヒ「な、何よ……」

キョン「……ただ……それだけだ」

ハルヒ「何なのよそれ、アンタ頭おかしいんじゃないの!?」
キョン「……かもしれん」
ハルヒ「バカキョン! エロキョン! ホモキョン!」
キョン「おい、待てハルヒ」
ハルヒ「うるさい!」

キョン「チューしたい時、たまたま国木田が近くにいただけだ!」

ハルヒ「……はっ?」

キョン「俺はホモじゃない!」

ハルヒ「……へっ?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:55:13.95 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「えっ……じゃあ……」
キョン「……」
ハルヒ「アンタ、誰でも良かったわけ?」
キョン「! それは違う! それは違うぞハルヒ!」
ハルヒ「……じゃあ何なのよ」
キョン「国木田なら、チューしても許してくれそうだったから」

ハルヒ「じゃあ、許してくれる人だったら誰でも良かったわけ?」

キョン「ああ」

ハルヒ「……最低」

キョン「言うなよ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 17:58:47.66 ID:3JR3Rcpu0

キョン「まあでも、これで教室付近でチューしたくなっても問題なくなった」
ハルヒ「あ、あんたまさかこれからも国木田くんとチューする気!?」
キョン「は? 当たり前だろ」
ハルヒ「やめなさいよ!」
キョン「何故俺がお前に言われてチューをやめにゃならんのだ」
ハルヒ「そ、それは……」
キョン「団長命令ってやつか?」
ハルヒ「! そ、そうよ!」

キョン「だが断る」

ハルヒ「!?」

キョン「だって、チューはしたいからな」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:01:49.92 ID:3JR3Rcpu0

キョン「しかし問題が一つあるんだよなぁ」
ハルヒ「一つどころじゃないでしょ!?」
キョン「部室付近でチューしたくなった時、困る」
ハルヒ「!」
キョン「実際、今もちょっとチューしたい気分だしな」
ハルヒ「……だ、だったらあt」

ガチャッ!

古泉「話は聞かせてもらいました」

ハルヒ「こ、古泉くん!? 今の話聞いてたの!?」

パタン

長門「……早急にこの問題は解決するべき」

ハルヒ「有希!? い、いつからそこに!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:05:46.59 ID:3JR3Rcpu0

キョン「なんだなんだお前ら」

古泉「いえ、どうやら僕の出番だと思いましてね」
長門「わたしの判断では、貴方はわたしとチューするのが好ましい」

ハルヒ「ちょ、ちょっと二人共何言ってんの!?」
キョン「ほう、お前ら俺とチューしてくれるのか?」
ハルヒ「キョン!?」

古泉「ええ、僕で良ければ」
長門「……」コクリ

ハルヒ「!?」
キョン「こりゃ頼もしい限りだ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:11:47.31 ID:3JR3Rcpu0

キョン「だが、二人の申し出は遠慮しておく」

古泉・長門「!?」

ハルヒ「そ、そうよね。当然よね」
キョン「どっちか片方で十分だ」
ハルヒ「はあっ!?」

古泉「長門さんとチューする事は不順異性交遊になるのでは? 問題ありだと思います」
長門「古泉一樹は男。男同士ではいずれ周囲の目が厳しくなる。さらに、私は超絶テクがある」
古泉「嘘ですね。長門はチューの経験があるように思えません」
長門「………………ある」

キョン「超絶テクかぁ」

長門「……」ニヤリ
古泉「! 騙されては駄目です!」

ハルヒ「えっ? 何、何なのこの状況?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:16:25.94 ID:3JR3Rcpu0

キョン「よし長門、お前に頼もうかな」
長門「……」コクリ
古泉「長門さん! 卑怯ですよ嘘をついてチュー権を勝ち取るなんて!」
キョン「んじゃ、とりあえずその超絶テクを見せてくれ」
長門「……」コクリ
ハルヒ「えっ? えっ?」

キョン「んじゃ、目を閉じてくれ長門」
長門「……わかった」コクリ

ハルヒ「あ、アンタ達まさかここで……?」
古泉「仕方ありませんね。次は僕ですよ?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:20:31.18 ID:3JR3Rcpu0

キョン「……んっ」
長門「ん……ちゅ……ちゅくっ……」

古泉「ふむ」
ハルヒ「ほ、ホントにチューしてるし……」

キョン「んんっ……ん〜?」
長門「んっ、ふはっ、んんんっ!///」
キョン「ぷあっ」
長門「……はぁ……はぁ///」
キョン「おい長門」
長門「……何?」

キョン「超絶テク、ないじゃないか」

長門「……バレた」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:24:12.24 ID:3JR3Rcpu0

古泉「はは、やはり長門さんではあなたを満足させる事は出来ませんでしたね」
キョン「ん〜、期待してた分ガッカリしたな」
古泉「つまり! ここは僕の出番という事ですよ!」
キョン「ほう」
古泉「さあ、チューしましょう! 目はつぶりました! 服も脱ぎました!」
キョン「いや、服は着ろ」

ハルヒ「ゆ、有希……?」
長門「……満足」
ハルヒ「ね、ねえ」
長門「?」

ハルヒ「……気持ちよかった?」

長門「教えない」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:28:43.30 ID:3JR3Rcpu0

古泉「さあ、僕は長門さんと違ってあなたをリードしますよ!」
キョン「そうか、そりゃあ楽しみだ」
古泉「め、目はつぶりましたね? いいですね? い、いきますよ……!」
キョン「早くしろ」
古泉「ふ、ふん……ふんもっふ!」

古泉「はふ、ふっ、ちゅるぅ、ほひ!」
キョン「……」
古泉「ほふちゅっ、んふっ、たまんね!」
キョン「……ぷはっ」
古泉「? どうしたんですか? あまりの気持ちよさに耐えられませんでしたか?」

キョン「全然気持ちよくない。古泉、失格」

古泉「……えっ?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:32:05.86 ID:3JR3Rcpu0

古泉「ま、まだ僕は全力を出してません!」
キョン「古泉!」
古泉「は、はいっ!」

キョン「お前がしたのは“キス”! 俺がしたいのは“チュー”!」

古泉「……えっ?」

キョン「まず、その違いに気付くところから始めろ」
古泉「ま、待ってください! 僕は、僕はまだやれます!」

長門「無様」

古泉「……くうっ!」

ハルヒ「……何か違いでもあるの?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:35:57.03 ID:3JR3Rcpu0

キョン「なんだハルヒ、お前もわからんのか?」
ハルヒ「う、うっさいわね!」

キョン「……仕方ない」

ハルヒ「?」
キョン「てっとりばやく教えてやる。目をつぶれ」
ハルヒ「えっ?」
キョン「チューするから」
ハルヒ「……」

ハルヒ「えええっ!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:39:05.53 ID:3JR3Rcpu0

キョン「なんだ、イヤか?」
ハルヒ「い、イヤってわけじゃ……」
キョン「じゃあ目をつぶれって」
ハルヒ「で、でも……」

長門「わたしも違いがわからない。先にわたしに教えるべき」
古泉「ぼ、僕も是非教えて欲しいです!」

ハルヒ「!?」
キョン「なんだなんだ、仕方ない奴らだな」

ハルヒ「あ、あたしが先よっ!」

ハルヒ「……あっ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:44:16.69 ID:3JR3Rcpu0

キョン「……ハルヒ、お前」
ハルヒ「う、うううっさい!///」
キョン「今うるさいのはお前だぞ」
ハルヒ「あんたは黙ってあたしにチューすればいいの! 団長命令よ!」

長門「独裁が始まった。SOS団も地に落ちた」
古泉「涼宮さん、正直あなたには失望しましたよ」

ハルヒ「くっ……!」
キョン「まあまあ二人共、確かにハルヒとだけチューしないのは、な」

ハルヒ「えっ?」
長門「……次、予約」
古泉「長門さん、その権利は譲れません」

キョン「ハルヒ、チューすんぞ」
ハルヒ「!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:48:56.71 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「……あ、あたしは、その……」
キョン「目をつぶれって」
ハルヒ「い、いい? これは別にそんなんじゃないんだからね!?」
キョン「そんなんって、どんなんだ」
ハルヒ「団長が団員に負けてたら、その……」
キョン「目、つぶれ」
ハルヒ「……う、うん」
キョン「そんじゃ、いくz」

ガチャッ!

みくる「間に合い……すみません遅れました〜!」

ハルヒ「み、みくるちゃん!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:53:22.44 ID:3JR3Rcpu0

キョン「朝比奈さん、遅かったですね」
みくる「ええ、ちょっと掃除に時間がかかっちゃって」
キョン「おつかれさまです」
みくる「うふふ、ありがとう」

みくる「それで、お二人ともこれからチューするんですか?」

ハルヒ「こ、これは違うのよみくるちゃん!///」
キョン「はっ?」

長門「涼宮ハルヒは彼にチューしてとねだっていた。とんだビッチ」
古泉「今さら言い訳ですか? 見苦しいにも程がありますね」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 18:58:56.91 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「あ、あんた達さっきキョンとチューしてたじゃない!?」

長門「言いがかりはやめてほしい。わたしは本を読んでいた」
古泉「僕は先ほどから神の一手に近づくために詰め碁をしていましたよ」

ハルヒ「!?」
みくる「えっと、それじゃあ涼宮さんだけがキョンくんとチューしようとしてたんですか?」
ハルヒ「それはちg」

長門「そう。その認識で間違いはない」コクリ
古泉「僕は男ですよ? 何故彼とチューしなければいけないんですか」

みくる「そうですよね。まさか部室でチューなんてこと、するわけないですよね!」

ハルヒ「……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:02:20.75 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「ちょっとキョン、あんたも何か言いなさいよ!」
キョン「ふむ」
ハルヒ「だってこのままじゃあたしだけ変態みたいじゃないの!」
キョン「自分が変態だって自覚はあるのか」
ハルヒ「そ、それは……」
キョン「まあいい」
ハルヒ「……」
キョン「朝比奈さん」
みくる「はい」

キョン「お茶、煎れてもらえますか?」

ハルヒ「それ今言う事!?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:07:52.69 ID:3JR3Rcpu0

キョン「今言わなくていつ言うんだ」
ハルヒ「今はほら! 有希と古泉くんとチューしてた事とかいいなさいよ!?」
みくる「……えっ? 二人ともキョンくんとちゅ、チューしてたんですか?」

長門「していない。いいがかり」
古泉「おや、一手足りませんね」

みくる「二人共してないって言ってるんですけど……」
キョン「ええ、確かに俺とあの二人はチューはしてないですよ」
ハルヒ「キョン!?」

キョン「“チュー”は……ね」

ハルヒ・長門・古泉「???」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:12:53.46 ID:3JR3Rcpu0

ハルヒ「ねえ、それってどういう意味?」
キョン「そのままの意味だ」

長門「説明して欲しい。確かにわたしとあなたはチューをした」
キョン「あれはキス。チューじゃない」

古泉「ぼ、僕との事は遊びだったんですか!?」
キョン「顔が近いぞ」

みくる「えっと……事情がよくわからないんですけど……」
キョン「確かにそうですね、すいません」
みくる「結局したのかしてないのか……」
キョン「ん〜……ここから先は、実際にやってみせた方が早そうですね」
みくる「えっ?」

キョン「朝比奈さん、目、つぶってください」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:16:51.24 ID:3JR3Rcpu0

キョン「本当はハルヒの後に二人にもチューしようと思ってたんですが、
    説明もかねて朝比奈さんに最初にチューしますんで」
ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン!?」
みくる「はい、目をつぶりましたよ」
ハルヒ「みくるちゃん!?」

キョン「いいかお前ら、よく見ておけよ」

長門「……」コクリ
古泉「ええ、決して目を離しません」

キョン「まず、これがキス。……失礼します朝比奈さん」
みくる「はい……んっ、んんっ、ちゅ、ちゅくっ……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:22:31.73 ID:3JR3Rcpu0

みくる「んふっ、ん、んんっ……ぷあっ……」

キョン「……これがキスな」

みくる「はぅ……キョンくん///」
ハルヒ「……何よ。ただのチューじゃない」
長門「違いをもっと明確にして欲しい。わたしで」
古泉「いえ、その役目は是非僕に」
キョン「いや、朝比奈さんにチューする。その方が違いがわかるだろ」

キョン「んじゃ、チューしますね朝比奈さん」
みくる「はい///……んっ、ちゅ、ん……んんんんっ!!?」

ちゅるるるるっ、ちゅくうううっ、ちゅぶぶぶっ、ちゅ、れろれろれろれろれろれろれろおおっ、ちゅびぶううっ、ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅうううううぅ、ちゅ、ちゅうううう―――!

みくる「〜〜〜〜〜〜!!?///」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:25:55.98 ID:3JR3Rcpu0

みくる「ん〜っ! んんううふ〜〜〜っ!?」ビクンビクン!

ハルヒ「な、なんでみくるちゃん痙攣してるの!?」
長門「ジャンケンポン」
古泉「長門さん、後出しはずるいですよ!」

ちゅうっ、ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅううううぅぅぅ……

みくる「〜〜〜〜〜〜っ!」ビクンッ!

キョン「……ぷはっ!」

キョン「……いいかお前ら、これがチューだ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 19:30:33.43 ID:3JR3Rcpu0

キョン「わかっただろ? “キス”と“チュー”の違いが」
ハルヒ「……みくるちゃんを見ればわかるわよ」

みくる「ふぇ……えへ……へえぁ……///」ピクン…ピクン…!

キョン「そうか、それは良かった」
長門「次はわたし」
古泉「長門さん、今ジャンケンで負けたでしょう」
ハルヒ「ねえキョン。あんた、どこであ、あんなの覚えたわけ?」
キョン「そりゃ」

キョン「谷口に習ったに決まってるだろうが」


おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:小五郎「最近事件なくて暇だな」コナン(だったら俺が安価で)