涼宮ハルヒの


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「こ、こ、これにはぼくの未来が・・・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:52:22.30 ID:CVUPpU6pO

キョン「いったいどうなっていやがる…」

俺は目を覚ました直後にそう叫んだ

俺が驚くのも無理はないだろう
何故かって?なら教えてやろう

俺は起きたら全く知らない場所にいた、しかも裸でだ
それだけだ、ただそれだけでも驚くには十分すぎる理由だろう

しかし俺が驚いたのはそこじゃない
俺の隣に女が裸で眠っているって事だ…

しかもその女がSOS団の団長、涼宮ハルヒ本人であると来たもんだ

ここまで来れば驚かない方がどうかしてる


これが夢であると信じたい…

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:53:26.22 ID:CVUPpU6pO

俺はとりあえず昨日の事を思い出してみた…

昨日はハルヒが酒を大量に部室に持ち込んで…

キョン「…駄目だ、思い出せない…」

それにしても酒は飲まないと豪語していたのに
まったく意思の弱い団長様だな、などと考えてるうちにハルヒが目を覚ました

俺はとりあえず昨日の事を聞いてみる事にした

ハルヒ「んっ…」

キョン「起きたか?俺は昨日の事が思い出せないんだが…
       何で俺はこんな所にいるんだ?」

ハルヒ「そ、それは…」

ハルヒはそれ以上何も言わずに俯いてしまった

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:55:07.36 ID:CVUPpU6pO

ハルヒの事はほっとくとして、俺は此処が何処であるかを調べる事にした
また閉鎖空間だったりしたらたまったもんじゃないからな

キョン「俺の部屋ではなさそうだな…
      俺の部屋にはピンクのライトは付いてないし」

しかしハルヒの部屋でもなさそうだ
いくら奇行が目立つあいつとはいえ部屋にブランコや回るベッドまでは置かないだろ…

キョン「とりあえず電気が通ってるか確認するためテレビをつけてみるか」

そう思った時にハルヒが俺にこう尋ねてきた

ハルヒ「キョン、本当に昨日の事覚えてないの…?」

キョン「ああ、誰かさんが持ち込んだ酒のせいでさっぱりだ」

ハルヒ「じゃあ、あんたは此処が何処かもわからないの?」

キョン「覚えてないのに知ってるわけないだろ」

などと会話をしつつ俺はさっき付け損ねたテレビをつけた
すると何やらテレビの内容がおかしい…とてもじゃないが地上波で電波に流すのは無理そうだ

しかし健全な男子なら一度は見た事があるような内容だった

俺は自分の額から一粒の汗が流れ落ちるのがわかった…

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:57:34.49 ID:CVUPpU6pO

嫌な予感がした俺は、ハルヒに此処がどこかを聞いてみる事にした

キョン「なあ、お前は此処がどこなのかわかるか?」

ハルヒ「し、知ってるわよ…」

キョン「じゃあ教えてくれ」

ハルヒ「ホテルよ、ホテル」

キョン「なんだホテルか…」

俺は閉鎖空間ではないとわかり少し安心した

しかし俺がなんでホテルにいたのだろうな
しかも全裸で、それにハルヒというおまけまで付いて来たときたもんだ

ハルヒも落ち着いたようだし聞いてみよう

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:59:10.06 ID:CVUPpU6pO

キョン「ハルヒ、昨日の事を詳しく教えてくれ」

ハルヒ「昨日は部室で飲んだ後あんたが酔っ払って
       あたしがあんたを家まで連れて帰ろうとしたんだけど…キョンがいきなりここで休もうって言って…」

キョン「なんだ、そういうわけか」

一時は驚いたが話しを聞けばそんな驚く内容ではなかったようだ

まあティッシュが散乱していたのには驚いたがな、ハルヒは花粉症だろうか?

ハルヒ「チェックアウトは10時だから早く着替えちゃいなさい!!」

キョン「わかったよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:05:46.87 ID:CVUPpU6pO

次の日、部室で俺は妙な事を言われた

古泉「いやぁ、まさか貴方がそんな手早い人だとは」

キョン「なんの事だ?あと顔が近いぞ」

みくる「キョン君覚えてないんですかぁ?」

キョン「すいません、酔っていたもので」

長門「…」

キョン「長門、どうした?」

長門「…なにもない」

俺は長門が少し寂しそうな顔をしたように見えた
まあ無表情には変わりないけどな

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:12:52.19 ID:CVUPpU6pO

あの日からハルヒは俺と目を合わせてくれなくなった

キョン「なぁ古泉、最近ハルヒの奴の機嫌が悪くないか?」

古泉「そんな事はないですよ…むしろ右肩上がりですよ最近は」

キョン「なら俺の気のせいか…」

古泉「貴方はまだ気付かないのですか?」

キョン「なにをだ?」

古泉「ホテルで年頃の男女がやることと言えば一つしかないでしょう」

キョン「まあな、寝るぐらいのもんだろ」

古泉「困ったものです…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:18:56.52 ID:CVUPpU6pO

…四ヶ月後

キョン「なぁ古泉、最近ハルヒの奴太ったか?」

古泉「いえ、別の理由でしょう」

キョン「?」

みくる「涼宮さんの為にグレープフルーツ買って来ました」

長門「…ひよこ倶楽部…読んで」

ハルヒ「みんなありがとう」

キョン「ハルヒって今日が誕生日だったか?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:29:05.26 ID:CVUPpU6pO

キョン「あいつ最近具合悪そうだな」

古泉「あなたが原因ですがね」

長門「…」

みくる「そうですよ」

キョン「あれ?俺何かしたっけ?」

ハルヒ「今日の活動は中止よ!!」

古泉「どうかされたんですか?」

ハルヒ「これから病院に行ってくるは!!キョン、あんたも来なさい!」

キョン「なんで俺が…まあ行ってやるよ」

俺の書き込み時間がコンマぞろ目なら赤ちゃん脂肪
コンマ00、99なら夢オチ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:38:01.94 ID:CVUPpU6pO

ちょっと疲れたから安価で決めようぜ

>>28の書き込み時間がコンマ00、99ならそいつにスレをたくす

ただのぞろ目なら夢オチ

それ意外だったら安価の内容書く

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:45:01.92 ID:zKeWCOsM0

長門もついて来る

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:51:53.31 ID:CVUPpU6pO

長門「私も行く…」

ハルヒ「なんで有希もくるのよ?まあいいわ」

キョン「それにしても何の病院に行くんだ?」

ハルヒ「産婦人科に決まってるじゃない!!」

キョン「お前の親御さんがおめでたか?」

ハルヒ「ち、違うわよ…」

長門「…ギュッ」

キョン「長門、どうした?手なんか繋いできて」

長門「何もない…」

次は>>37
ぞろ目なら夢オチ
コンマ99、00なら書き手交代

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/21(木) 18:45:13.78 ID:T+UrBMVK0

いい加減この鈍感野郎に現実というものを突きつけてやってくれ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:00:26.08 ID:CVUPpU6pO

長門「…貴方に話しておく事がある…」

キョン「なんだ?」

長門「涼宮ハルヒは今妊娠している…貴方の子供」

キョン「そんな…嘘だろ?俺はハルヒとは」

長門「貴方の記憶がないあの日…」

キョン「じゃあ俺は…」

長門「…」

ハルヒ「あんた達何してんの?早く来なさ〜い!!」

>>49
ぞろ目ならキョンが発狂、ハルヒSATUGAI
99、00なら書く人交代
それ意外は安価内容

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:24:39.48 ID:/bbMYnrT0

夢落ち

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:40:33.50 ID:CVUPpU6pO

ドン!!

キョン「痛ってぇ!」

妹「キョン君起きてー」

キョン「なんだ夢だったのか…ふぅそれにしても嫌な夢だったぜ」

妹「ハルにゃん来てるよー」

キョン「え?なんでだ?」

ハルヒ「早く起きなさいよ!行くわよ!!」

キョン「行くってどこへ行くんだ?
       あとお前が抱えてる子供は……」


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「なんでだろ」朝倉「あなたを選んだ私です」