ハルヒ「キョンくん!あのねあのね!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ブラックジャック「メソッド演技?」

ツイート

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 23:02:41.27 ID:ICHHXcWC0

初めの十数秒間は真面目に見ていた。
ハルヒの手前もあるしな。
だ が し か し !
「お、おい、これはなんなんだハルにゃん……?」
「へへぇっ、すごいよねえ!
 あ、ハルにゃんって呼び方いいねっ!」
段ボールクオリティ。韓国クオリティ。
原作は知らないが、正直言って打ちのめされた。

さて2分ほどでDVDも終わり、もうそろそろ窓の外が暗くなってきた。
とりあえず今日の調教はこれぐらいで終了だ。
徐々に馴らしていくのが大切だろうしな。
それにしても、この精神年齢のハルヒを一人で帰らせるのはまずいだろう。
「じゃあそろそろ帰るか? 送ってくよ」

だがハルヒはこう言った
>>432

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/25(金) 23:06:20.74 ID:H5qikvrM0

「お姫様だっこがいい〜」

440 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 23:23:02.54 ID:ICHHXcWC0

だがハルにゃんは
「お姫様だっこがいい〜」
と駄々をこね始めた。
それも、座ったまま上目遣いで頼んでくるからもうどうしようもない。
こいつは黙ってれば可愛いと思っていたが、こんなキャラになると逆に扱いに困る。
「それは恥ずかしいだろう、ハルにゃん」
「え〜、別にキョン君に抱っこしてもらえるならいいもんっ」
……全くこいつは。
もう調教の必要はないみたいだ。

という事で俺は
 A : 仕方がないのでお姫様だっこをして家まで送っていく
 B : 普通に手を繋いで家まで送っていく
 C : おんぶして家まで送っていく
 D : 耐えられないのでここでギシアンしたいと思った

安価>>447

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 23:26:54.23 ID:jI517u9c0



454 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 23:44:13.07 ID:ICHHXcWC0

「え〜っ、別にキョン君に抱っこしてもらえるならいいもんっ」
……全くこいつは。
もう調教の必要はない、俺好みに育っている。
ハルヒは相変わらず、潤んだ上目づかいで俺を誘っている。
という事で俺は、このままここでペロリといっちまう事にした。
「なあハルにゃん、おじさんと……じゃなかった。
 今夜は泊ってかないか? ほら、今夜はカレーみたいだし、妹の服貸すからさ」
窓からは、夕陽の最後の一筋が差し込んでいる。
驚きと喜びで笑顔になろうとするハルヒの顔を照らして最後、陽の光は雲に隠れた。

「って、何言ってるの馬鹿キョンっ」
ハルヒは突然顔を赤らめて俯いた。
「泊まるなんて、そ、そんなことできるはずないじゃないの!
 大体、一人で帰れるわよ家ぐらい」
ハルヒの仕草、声のトーンが元に戻った。
これは一体何なんだ。何が起こってるんだ?

とりあえず俺は、中途半端に元気な息子を静めることに意識を集中した。

そしてハルヒは帰って行き、俺はひとりベッドの上で悩んでいた。
これもハルヒが望んだ事なのか?
いやでも、こんなことを望む理由が分からない。
それなら何故、こんな風に性格が変わるようなことが起きているんだろうか?

と、そのとき、部屋のドアを開けて入ってきたのは
>>460だった。

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/25(金) 23:52:52.73 ID:G/8ftJng0

真緑さん

467 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 00:08:10.92 ID:AS0nkGiQ0

と、ぐだぐだ悩んでいた時、部屋のドアをノックする音がした。

「ん?」

妹だろうと思った俺は、間抜けな声をあげた。
ガチャリ、と音と共に喜緑色……違った黄緑色の髪房がちらりと覗く。

「き、黄緑さんっ!?」
「真緑だお! もう、名前なんて間違えないでようっ。
 おまいが困ってるってゆーから来てやったのにさあ。
 ところで、名前はなんだったお?」

こ、この世界は狂っている。
俺は天を仰いだ。上には薄汚れた天井しかない。

と思ったら天井には
>>475があった(いた)

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 00:15:14.24 ID:uy2MzYXFO

ドア

480 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 00:33:47.73 ID:AS0nkGiQ0

こ、この世界は狂っている。
俺は天を仰いだ。上には薄汚れた天井しかない。

と思ったら天井には、何故かドアがあった。
しかも、銭湯の浴場への入り口のような引き戸。
なんてこったい。

「おい、名前教えろお( ^ω^)」
「ジョン・スミスだ」
「嘘つくなよm9(^Д^)プギャー」
嘘だと分かるなら聞くな。

「ところであのドアはなんだ」
「む(・ω・)」

喜緑あらため真緑さんは、天井に張り付くドアに視線を移したとたん、目を険しくした。
ドアから長門がでてきた。

「離れて」
「おっ、有希たん来たね!
 一緒に遊ぶんだお( ^ω^) うぇwwwっうぇっwwwwっうぇっ」

空中戦の模様は省略しようか。
とりあえず俺は二人を置いて、引き戸の中へと入り込んだ。

え? どうやって入ったかって?
長門が俺の体の跳躍能力をあげてくれたから一飛びさ。

というわけでドアの向こうはこんなところだった。
>>485

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 00:47:10.02 ID:nksKklDk0

少し違和感のあるキョンの教室

489 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 00:55:38.62 ID:AS0nkGiQ0

ドアの向こうに広がっていたのは、いつもの教室だった。
ただ、何か違和感がある。

「あ、そうか」

直感的に分かった。閉鎖空間だ。
世界全体が灰色がかっていて、輪郭がぼやけている。
外は、前と同じように薄暗かった。
窓の外はよく見えない。

ただ、ひとつだけ違うのは
ハルヒが、近くにいなかった。

495 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:03:43.23 ID:AS0nkGiQ0

「あいつはどこに行ったんだ」
俺の席の近くの窓のカーテンを開け放し、外を見おろす。
すこし透けたような青い怪物が暴れまわっている。
赤い光の球がひゅうひゅうと飛び回っている。

あの中に古泉がいるのだろうか?
そういえば、さっき長門はここから出てきたが、何故ここに入れた?
謎はつきない。

その時、教室のドアを開けて入ってくる者がいた。

「キョン君はさみ貸してぇー!」

……なんでお前なんだ。

504 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:13:54.86 ID:AS0nkGiQ0

「ねえねえキョン君、はさみ貸してよーっ」

この妹、サイドポニーの位置がいつもと逆だ。
そして何故か妹の後ろから、人の波が押し寄せる。

「ふぇ〜? な、なんで私こ「アダムとイブですよ。産「めがっさ似合って「うん、それ無理。「WAWA」」」」」

喜緑さんもとい真緑さんも、長門も朝比奈さんも小泉も谷口も。
オールキャラ総出演。
なんというカオス。

俺は
反対側のドアから
逃げ出した。

508 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:18:26.06 ID:AS0nkGiQ0

廊下を猛ダッシュする。
なんでこんなことになってるんだ? おい。
この様子じゃあ、古泉も頼れそうにない。
そしてハルヒはどこへ行ったんだ?

頭の中を、疑問符ばかりがうずまく。

とりあえず俺は>>518に到着した。

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 01:25:58.98 ID:nksKklDk0

半分ほど粉砕された文芸部室

522 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:34:50.72 ID:AS0nkGiQ0

後ろからは、ゾンビのような古泉たちが追ってきていた。
だが足が遅い、何故だ!

とりあえずの習慣で俺は、文芸部室へとたどり着いた。
乱暴にドアを開け、鍵を閉める。
部屋が途中からないぞ、おい。
特にハルヒの机のあたりは跡形もない。
だがしかーし、俺の椅子のあたりは案外に被害が少ない。
神人は遥か向こうの方に見える。
とりあえず俺は、自分の椅子に座った。

「……キョン?」
部屋の、粉砕されていない方の隅っこに、ハルヒが丸まっていた。

そこでハルヒはこういった

528 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:49:11.95 ID:AS0nkGiQ0

「……キョン?」
部屋の、粉砕されていない方の隅っこに、ハルヒが丸まっていた。

「ハルヒ? それともハルにゃんかおい」

俺はもうどうでも良くなって尋ねる。
だがハルヒは、驚いたような顔をして呟いた。

「え……? どうしてキョンがハルにゃんを知ってるのよ……?」

「お前こそどうしてハルにゃんを知ってるんだ」

「だってあれは私が」

神人の猛烈なキックが、文芸部室を襲った。

530 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 01:59:37.11 ID:AS0nkGiQ0

神人の猛烈な踵落としが、文芸部室を襲った。
床が右斜め45度に傾く。
俺の椅子が体を乗せて滑り落ちる。
ドアノブに掴まっているハルヒの瞳が大きく見開くのがわかった。

「キョン……!」

プランA:キョンがこのまま死んでぬこになるEND
プランB:ハルヒの腕が長く伸びてキョンを助けるEND
プランC:ハルにゃんとギシアンEND
プランS:ここで段ボールハガレンもどき登場し(ry END

531 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 02:00:11.65 ID:AS0nkGiQ0

安価>>531-540で一番多かったやつにする

538 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 02:15:00.70 ID:AS0nkGiQ0

すまんよく考えたら人いないよな
というわけで全部混ぜて改変してENDさせる
ちょい待て

540 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 02:22:16.23 ID:AS0nkGiQ0

その時颯爽と現れた段ボールの甲冑をきたメガネ男!
段ボールの右腕がぐわらごわがきーんと伸びて、俺の首根っこを掴んだ。
おいちょっと待て、どうなってるんだこれは。
俺が座っていた椅子が、校庭に落ちて大きな音を立てた。

段ボール野郎はハルヒを左にかかえ、俺を右に抱え、校庭へと降り立った。
そして、消えた。

俺は問いかける。
「あの段ボールマン、お前が好きなやつだよなあハルヒ」

ハルヒは呆然と立ち尽くしたまま何も言わなかった。

そのまま、しばらく数分が経ったと思う。
相変わらず神人と赤い球は、無駄な争いを繰り広げている。
ハルヒは、ただただ立っている。
俺は、ハルヒを見つめている。

541 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 02:27:05.46 ID:AS0nkGiQ0

「ねえキョン、メイドインワリオって持ってる……?」
不意に、ハルヒが顔をあげて尋ねた。
瞳がちらちらと揺れている。

「メイドイソワリオなら持ってるぞ」

「バーチャルボーイは?」
「ああ、解体したさ」
「PS3は?」
「そのうち買うかもな」

「実写版鋼の錬金術師って知ってる、キョン……?」

「もちろんさ」

542 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 02:34:22.59 ID:AS0nkGiQ0

……妄想なのに

ハルヒが小さく呟いた。
「ただの妄想だったのにっ……!
 なんで知ってるの? 私って夢遊病だったりするの!?
 私、って、おかしいのかな?」

まずい。神人が2倍の大きさに成長している。

「おい、ハルヒっ」

俺は前と同じように、無理やり唇を近付けた。

545 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 02:38:58.12 ID:AS0nkGiQ0

ふにりと、ハルヒの柔らかな唇が触れる。
だがその表面はぱさりと乾いていた。

少し迷ったが舌はいれずに、顔を離す。

ハルヒの瞳には、絶望と涙が浮かんでいた。

「これも、……妄想かな?」


俺が何か言うまでもなく、
神人が数億倍になって世界を埋め尽くした。

546 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 02:52:44.07 ID:AS0nkGiQ0

今日も放課後、ハルヒが俺の家へ遊びにきた。

「ねえねえキョンくん、ツインテールとポニーテールどっちが似合うーっ?」
「そうだな、ハルにゃんはどっちも似合うがやっぱりポニーテールだな。
 ツインテールは可愛いが色気が少ない」
「えーっ、ポニーテールだとムラムラ来るの、キョンくん?」
「もちろんだ」

これ以降の会話は勝手に想像してくれ。

最近は毎日こんな感じだった。
――そう、世界が改変されたらしい。

変わったのは、ハルヒの性格だけだったがな。

551 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 03:08:39.44 ID:AS0nkGiQ0

え? 何故改変されたかって?
そんなの俺の知ったこっちゃない。

古泉に聞いても分からない〜♪
  「いやあ、我々機関でも把握できていません。
   ただそこにあるのは、改変されたという事実のみです」

長門〜に聞いても分からない〜♪
  「私たちにも分からない。
   改変されたのは事実」

みっくっるんるん〜、みっくっるんるん〜♪
  「禁則事項ですっ。というか、分からないんです」

ため息ついてばかりいる俺ですよ〜、っとそんな感じだ完全に迷子だ。


「ねえねえみんなーっ、今度の日曜日に不思議探しに行こうよ!」
「もちろんいいですよ、ハルヒちゃんっ」
「私も行く」
「いいですね、行きましょう」
「俺も行くよ」

そういえば、俺が乗り気になったな。

553 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 03:18:17.34 ID:AS0nkGiQ0

相変わらず、放課後の坂道は長い。
そして賑やかだ。

さて今日はSOS団の活動日だったのだが、古泉や長門と話す時間は得られなった。
聞くなら今しかない。

「ねえねえみくるちゃん、今日ね、変な猫を見つけたんだぁ!」
「あら、どんな猫ですかー?」
「キョンにすごく似てるんだよーっ!!」
 それは俺が変だと(ry

とりあえず朝比奈さんとハルにゃんは話し込んでるようだ。

俺は、示し合わせたように隣を歩く古泉と長門に、小さな声で問いかけた。

555 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 03:26:48.97 ID:AS0nkGiQ0

(支援さんくすです、のろくてすまんお(´・ω・`))

「なあ、お前らって改変される直前の記憶があるのか?」

「ある」
「ありますよ」

これは謎を解く重要な手がかりになるかもしれないぞ。

「じゃあ長門に聞くが、お前や真緑……違う黄緑は、なぜ性格が豹変した?」
正直言って、一番気になっていたところだ。
坂下から吹き上げる風に、長門の髪とスカートが揺れている。

「すべて、涼宮ハルヒが望んだこと」
遠く海にきらめく夕陽が眩しくて、二人の表情がよく見えない。

「……じゃあ古泉、お前に聞くぞ。あの閉鎖空間が発生した理由はなんだ?」

「あれは、涼宮さんが望んだからできた閉鎖空間です。
 いつもの閉鎖空間とは訳が違う」

それはどういう意味だ。

557 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 03:32:24.81 ID:AS0nkGiQ0

「それはどういう意味だ」
俺は思わず大声をあげて、誰ともなく問う。

前の方で、ハルヒがにこりと笑って振り返った。
夕陽をバックに、オレンジのリボンと黒い髪が翻った。

輝くような、純粋な笑顔が俺の目に映る。

まるで写真のように、情景が固まった。


まだ何か起こるのか。

長門が俺へとまっすぐに視線を向けて言う。
「……時間の凍結をした」

560 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 03:55:03.73 ID:AS0nkGiQ0

「時間の凍結? ……っああ、朝比奈さんとの時の奴だな」
「そう、私たち以外は何も動かない」

ハルヒのリボンは宙に浮いたまま動かない。

「他の人に見られるとまずいと思ったから凍結した。説明する」
長門はそう言って、俺の前方10cmまでのそのそと近づいてきた。
古泉が乗り移ったのかよ、おい。

と思っていたら、何やら怪しげなブツを手にしている。
なんともインパクトのあるパッケージ。
それはあの実写版ハガ(ry のDVDだった。

「おい、なんでそれを長門が持ってるんだよ」
「黙って聞いて」
「はいすいませんでした」

561 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 03:56:19.50 ID:AS0nkGiQ0

長門はパカリと音をたてて、DVDのケースを開いた。
中に入っていたのは、見覚えのあるディスクと、ノートの切れ端のような紙切れだった。

「なんだこれ?」
尋ねると、長門はその紙を指でつまんで、俺の鼻先に突きつけた。

「あー、なになに。

 キョンの野郎は、甘えんぼな幼女っぽい奴の方が好きならしいぞ〜!
 ほら、妹に甘いだろ? だろだろ〜?
 DA・KA・RAさ! 狙ってるんなら、キャラ変えた方がいいかもね☆
 応援してるぜ(はぁと

 ……ばーい、谷口」

俺は沸々と怒りが湧いてきたぞ……。

――――――――――――――――――
コーヒー(゚д゚)ウマー支援さんくす
もうここまで来たら書き切るつもり
平気な人だけお付き合いいただけるとこれ幸い

564 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:11:48.39 ID:AS0nkGiQ0

「つまりこれは、谷口のせいだという事なのか」
「谷口にも責任はあるが、それだけではない」

なんだなんだ一体なんなんだ。
長門がついーっと俺に顔を寄せる。
顔が近い!

「……なんだよ長門」
「つまりはあなたが悪い。
あなたは、涼宮ハルヒが可愛らしくなることを嫌がらなかった。むしろ望むような素振りを見せた。
世界が改変されるのは当然」

 あまりの正論に、俺はぐうの音も出なかった。
 ひとつ大きなため息をついて空を見上げるが、雲はまったく動かない。

「ああそうだよそうだ!
 だーってハルヒ、普段はあまりに酷過ぎるじゃないか!
 確かにデレた時は可愛いけど、それ以外のときは虐げられてばっかりなんだぞ!
 俺は別にお前たちみたいに、使命があるからやってるわけじゃないんだって。
 ハルヒが扱いやすくなったんだから、この方がいいだろうお前らだって?」

口から、マシンガンのように言葉が飛びだしてくる。

567 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:22:07.14 ID:AS0nkGiQ0

長門は1mmくらい眉を寄せて言った。

「これは、あなたの為に言っている。
 あなたは、この涼宮ハルヒのままでいいのか?」

頭の中を、改変前の世界がフラッシュバックする。


 初めて会った時、長い黒髪を揺らして、とんでもないセリフを言い放ったハルヒ。

    曜日によって髪型を変えている事を指摘したら、少し嬉しそうにしていたハルヒ。

無人島では普通の女の子のように、とても楽しそうにしていたハルヒ。

       あっかんべーをしながらも、恥ずかしそうに相合傘で帰ったハルヒ。

 あの最初の閉鎖空間でのキス、翌日ポニーテールにしてきたハルヒ。


「いいの?」

「いや、ダメだ」

571 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:34:46.40 ID:AS0nkGiQ0

「だろうと思った」
「さすがだな、長門」
長門の胸のリボンが、さらと揺れた。

「世界を再改変する。……キョン、手伝って」
「はっ?」
 ネクタイをぐいと掴まれ、軽く唇を何かが掠めた。
 背伸びした長門の声が、耳元で聞こえる。

「――あのキャラ、まんざらでも無かった」


 とりあえず、再改変前の世界で覚えているのはそこまでだ。

573 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:46:42.17 ID:AS0nkGiQ0

さて今日も愉快なSOS団。
休日だというのに、朝から不思議探索とはなんなんだいったいよおハルヒ。

……だがそのワンピースは少し可愛いぞ。

相変わらず長門は制服だった。
なんとなく、この間の事を尋ねるのも野暮ったいので礼だけ言ったら、

「あの再改変は、情報統合思念体から指示されていなかった。
 現場の判断で行った」
「あー、なんか申し訳ない」
「いい。GJと言われた」
 情報統合思念体の上層部はどうなってるんだ。

「おい古泉、結局お前は何もしなかっただろう」
「いやだなあキョン君、きちんと活躍したじゃないですか!」
「いつだそれ。俺は知らんぞ?」
「僕は、だ・ん・ぼ・お・る・ま・んのお友達です。
 僕が段ボールマンを呼んだんですよふんもっふ」
「顔が近い!
 というかお前結局大して役にたってないだろう!」
「まあ涼宮さんが元に戻って良かったじゃないですか。
 僕だってあの時必死で、神人と戦ってたんですから」
「……そうだな。お疲れさまだよ、ほんと」

 二人でため息をついて空を見上げる。雲がゆっくりと流れている。

575 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:56:11.01 ID:AS0nkGiQ0

「そういえば朝比奈さんは、全然関係してこなかったなあー」
「もしかしたら裏で動いてたのかも知れませんよマッガーレ」
「お前はもう黙ってろ」

 雲が流れる。

 ちなみに谷口だが、少し絞ったらすぐ吐いた。
 学食の奢り三週間でFAしたよ。
 いくらなんでも、事情を知らないあいつを絞りすぎちゃ悪いかなと思って無。


「じゃ、くじ引きするわよっ!」

 ハルヒが笑顔で振り返る。
 輝く太陽の日差しを浴びて、オレンジのリボンと黒い髪が風に躍る。

 あの変な夏のような甘えた可愛らしい表情ではないけれど、

 期待に満ちて俺を見つめるその瞳を、俺はただただ見つめていたいと思った。

         ◆TRUE END

578 名前:>>417は鬼畜だと思(ry[] 投稿日:2008/07/26(土) 05:04:08.23 ID:AS0nkGiQ0

お付き合い頂きありがとう
とりあえず>>1とか他の奴らに謝っとくスマン(´・ω・`)
とぅるーえんどで仕上げたよgdgdだが。

最後にオマケな
ttp://imepita.jp/20080726/181530

……ああ、蛇足だすまない

んじゃ寝るノシ
後は頼んだ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「……Schickの髭剃り、か」