キョン「ハルヒ、咥えろよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督の朝は早い

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 21:50:45.88 ID:WPTUAohw0

ハルヒ「ちょっと!いきなり何言ってんの!!」

キョン「いいから、ホラ!どうだ?」

ハルヒ「んぐ、あむ・・・んむんむ」


キョン「いいぜぇ・・・ハルヒ・・・最高だろ?」

ハルヒ「・・・んっ・・んっ・・・」

キョン「うまいだろ?俺の妹が買ってきたアイスキャンディー」


ハルヒ「>>5

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 21:52:05.44 ID:mWzL7hXU0

せっかくならキョンのアイスキャンディーがよかった

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 21:55:02.24 ID:WPTUAohw0

ハルヒ「せっかくならキョンのアイスキャンディーがよかった 」

キョン「え?俺のって・・・お前と同じオレンジ味だぞ?」


みくる「私のはいちご味です」

小泉「同じくいちごです」


長門「私は・・・・」

長門「>>10

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 21:57:31.82 ID:tl0v9IXf0

ミルク

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:00:22.74 ID:WPTUAohw0

長門「ミルク」


キョン「結局お前は何味がよかったんだよ?」

ハルヒ「えっ!?しっ知らないわよ!」

キョン「はぁ?お前が言い出したんだろ?」

ハルヒ「しっ知らないわよ!本当に!なんていうか・・・無意識というか、誰かに言わされたと言うか」

キャン「はぁ?」


ハルヒ「とにかく!私が言いたいことは!」

ハルヒ「>>21

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:03:29.86 ID:2j0kKOmj0

キョンの太くてアツいキャンディーが舐めたいのよ!

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:07:22.15 ID:WPTUAohw0

ハルヒ「キョンの太くてアツいキャンディーが舐めたいのよ! 」


・・・・。


キョン「今日は・・・暑いなぁ・・・アイスキャンディーが融けちまうぜ」
小泉「そっ、そうですね・・・あ、あははは・・・暑い暑い」

なんとかその場を流そうとするしたが

ハルヒ「キョンの太くてアツいキャンディーが舐めたいのよ! 」

キャン「なっ・・・何言い出だしてんだよ!暑さでやられちまったか!?」

みくる「とっとにかく!落ち着いてください!」

長門「>>30

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:08:37.98 ID:640tiwFs0

最初は酷いと思ったけど期待



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:08:44.17 ID:hnrQFzUW0

わっふるわっふる

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:12:01.16 ID:WPTUAohw0

長門「わっふるわっふる」


ハルヒ「いいから!早く舐めさせなさいよ!!」
キョン「だからなんでそうなるんだよ!」
みくる「とにかく落ち着いてください!」

長門「わっふるわっふる」

小泉「こっ、これは・・・困りましたね」

長門「わっふるわっふる」

長門「わっふるわっふる」


長門「わっふるわっ」

キョン「長門!お前まで壊れるな!余計混乱する!!」

長門「・・・気づいくれた」

みくる「とっ!とりあえず皆さん!」

みくる「>>39

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:13:15.75 ID:uXIPd4iS0

あたしのでよかったら・・・どうぞ////

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:17:06.25 ID:WPTUAohw0

みくる「あたしのでよかったら・・・どうぞ//// 」

ハルヒ「私が欲しいのはキョンのアイスキャンディーなの!みくるちゃんのじゃないの!」
みくる「でも・・・あの」

ハルヒ「私はキョンのアイスキャンディーを舌先でチロチロして奥歯でガリガリ噛み砕きたいの!」

キョン「なんで最後はそんな恐ろしいことを言うんだ!本当のアイスキャンディーと混同するんじゃねぇ!」

ハルヒ「いいから舐めさせない!これは団長命令よ!」

長門「わっふるわっふる」


小泉「わかりました皆さん!では・・・こうしましょう」

小泉「>>45

45 名前:CCXCI ◆cCXCI7U6Vs [] 投稿日:2008/07/22(火) 22:18:18.46 ID:sd0VV9Te0 ?2BP(4000)

毎日新聞猥褻記事の通りに話を進めるんです

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:21:23.67 ID:WPTUAohw0

小泉「毎日新聞猥褻記事の通りに話を進めるんです 」

キョン「お前も壊れるな!」

ハルヒ「さすが小泉君ね!言うことが違うわ!」
長門「・・・。」


ハルヒ「そうと決まればさっそくやるわよ!さあ毎日新聞の卑猥記事をPCで検索よ!」

キョン「俺は絶対に嫌だぞ!!」

長門「皆・・・落ち着いて・・・」

キョン「ん?どうした長門・・・もしかして正気に戻ったのか?」

長門「何かおかしい」

長門「>>52

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 22:22:55.32 ID:1sb9jZ980

ドアの向こうに誰かがいる

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:26:12.00 ID:WPTUAohw0

長門「ドアの向こうに誰かがいる」

キョン「なんだと?」

ハルヒ「さあ早速検索よー」


俺が目線をドアのほうへと向けると何か人影のようなものがドアから離れていった

キョン「おっ・・おい、もしかして今の誰かに聞かれていたんじゃ・・・」

長門「かもしれない」

キョン「くそう・・・これでは絶対にあらぬ誤解を招いてしまう」

長門「でも、おかしい」

キョン「なにがだ?」

長門「>>57

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 22:27:21.03 ID:VG1cFMdU0

あなたの頭が

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:29:48.93 ID:WPTUAohw0

長門「あなたの頭が」

キョン「・・・。」


キョン「ああ、・・・そうかもしれないな、この状況で冷静に判断できる奴は相当の天才に違いないだろうな」

キョン「そんなのと比べれば俺は頭が悪い奴の分類に入るだろうな・・・。」


みくる「あの・・・キョン君・・・」

キョン「なんですか朝比奈さん?」

みくる「あっ・・・あのですね・・・」

みくる「>>62

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:30:05.66 ID:lJkZ4feN0

マシッソヨ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:32:44.71 ID:WPTUAohw0

みくる「マシッソヨ」


キョン「え?マシッソヨ?」

みくる「えっと・・・あの・・・韓国語でおいしーよの意味だそうです」

キョン「はぁ・・・そうですか・・・」

みくる「・・・。」

みくる「あの・・・おいしいですよ」

キョン「・・・?えっ?何がですか?」

みくる「おいしいですよ!!」

みくる「>>65

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:36:42.97 ID:WPTUAohw0

みくる「私のミルク」


キョン「・・・。」

みくる「あっ、あの、その、」

キョン「分かりました。」

みくる「え?」


キョン「郷に入っては郷に従え・・・長いものには巻かれろ」

みくる「キョンくん?」

キョン「ええ!いただきますとも!その言葉を待っていましたとも!」

みくる「えええええええ!?」

キョン「ではいただかせていただきますよ!朝比奈ミルクのみくるを!」

みくる「逆です!」

その時だった

>>70>>73

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:37:12.02 ID:fYcVNqzQ0

安価が近いのに毎回うまくいってるwwwwwwww

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 22:37:19.92 ID:do7eHFDv0



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:39:52.56 ID:WPTUAohw0

安価が近いのに毎回うまく言ってるwwwwwwww「俺」


キョン「えっ・・・あの・・どちらさまですか?」

俺「あっwwww間違えたwww逆でしたwww」

俺「安価が近いのに毎回うまくいってるwwwwwwww」


キョン「どちらさまですか?俺は今ミルクを飲むのに忙しいんですが?」


俺「まあそう言うなよキョン、ここは俺にいい考えがある」


俺「>>85

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 22:40:36.07 ID:do7eHFDv0

死ね場いいと思うよ^^

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:44:18.98 ID:WPTUAohw0

俺「死ねばいいと思うよ^^」


キョン「・・・・・・。」

俺「ていうか死ね^^」

キョン「たしかに、俺はどうかしていたようだ・・・。」

キョン「俺はこの暑さと皆の混乱の性にして、俺は人の道を踏み外そうとしていた」

俺「・・・。」

キョン「ありがとう、どこの誰かは知らない人」

俺「分かればいいんだよ・・・おっともう時間だ、いかなければ」

キョン「ありがとう謎の人!」

俺「ハインドを出せ!有明に飛ぶ!」

けたたましいヘリのローター音と共に謎の人は去っていった

みくる「あの・・・キョンくん?」

キョン「>>95

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:45:05.05 ID:lJkZ4feN0

潮吹かせてあげます

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:47:58.20 ID:WPTUAohw0

キョン「潮吹かせてあげますよ」


みくる「やっぱりwwひどいぃぃぃぃ」

キョン「ここまで来たらもう後には引き返せないでしょう!いきますよ!いきますよ!」

キョン「俺は毎晩加藤鷹レッスンビデオを見まくってるんだ!!この程度のことで収まるはずがない!!」


みくる「いやぁぁぁぁぁ!」


???「まつにょろー!!!」

キョン「あっ!あなたは」

鶴屋「>>104

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:48:19.05 ID:jR/d0TWc0

変わろう

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:50:51.10 ID:WPTUAohw0

鶴屋「変わろう」

キョン「なっ、なんだと!?」

鶴屋「変わろうと言っているのだよキョンくん」

鶴屋「この暑さでしんぼうたまらないにょろー、もうこうなったら私の手で、げへへへ」


キョン「くっ・・・鶴屋さんも暑さでやられてやがる!」

キョン「朝比奈さんは俺のものだ!!渡すわけにはいかない!!!」


谷口「>>112

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:51:36.97 ID:huze3iPXO

全員相手してやんよ

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 22:56:23.02 ID:WPTUAohw0

谷口「全員相手してやんよ」


キョン「だまれ谷口!おまえにサンが救えるか!」

鶴屋「いくにょろよ!スモークチーズ神拳!ニョロロロロr」

キョン「ぐわあああああああ!」

鶴屋「もう一発!にょろろろr」

キョン「だが・・・!聖闘士に同じ技は通用しない!」


ハルヒ「見つけたわ!これの記事ならキョンのピノをナメナメできるわ!」
古泉「おめでとうございます」

ハルヒ「皆聞きなさい!今から団長命令を言うわよ!」

ハルヒ「>>136

一同「えええええええええええええ」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 22:57:52.26 ID:VG1cFMdU0

全員私と乱交よ!!

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:02:21.07 ID:WPTUAohw0

ハルヒ「全員私と乱交よ!!」

一同「えええええええ」


キョン「まっまて、今まで大人しいと思っていたら何を言い出す」

古泉「あれ?おかしいですね?この記事とは大分内容が違いますが?」

キョン「お前も勝手に指示出してるんじゃない!」
古泉「ふふふ、すいません」


ハルヒ「いいから私と乱交しなさい!なっ、何よユキ、袖を引っ張らないで」

長門「乱交は別にいい・・・でもその場合、私も含まれる、私にはできない」

みくる「あの・・・わたしも」

鶴屋「歓迎にょろー!」
谷口「おっしゃーー!!」


ハルヒ「どうやら意見が分断したようね・・・しかたないここは」

ハルヒ「>>151

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:03:25.31 ID:v+Dtw+gT0

うんこ

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:08:32.54 ID:WPTUAohw0

ハルヒ「うんこ」


キョン「はぁ?」

ハルヒ「うっ・・・うんこ」

長門「・・・。」

ハルヒ「うっ、うんこするわ!」

ハルヒ「ここでうんこするって言ってるのよ!!」

ハルヒ「いい?今から私はうんこをします!ホラみなさい!机の上に上っちゃうんだから」

キョン「おっおい、まて、さすがにその、スカトロはひくだろ」
谷口「おいおい、ブラジル産のスカトロAVを見たが5分で見るのを止めたぞ、それはやめるんだ!」


ハルヒ「あんた達が私の言うことを効かないからでしょう!これはある意味で制裁よ!」

ハルヒ「ホラ、パンツも脱いじゃったんだから!あとは力を抜いて一気に!」

キョン「やめてくれえええええ!!」

ハルヒ「くっ、くうううう・・・ちょっと、ユキ、その位置にいるとモロに掛かるわよ!危ないわよ!」

長門「>>164

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 23:09:15.82 ID:DJPhLFC40

ばっちこい

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:12:55.67 ID:WPTUAohw0

長門「ばっちこい」


キョン「やめろおおお!長門!!その位置は危険だ!!」
みくる「長門さんらめぇぇぇぇぇ!」


長門「構わない・・・私が死んでも替わりはいるもの」


ハルヒ「作品がちがうのよおおおおおおおおお!もう止まらない!!!」

キョン「終わった・・・何もかも・・・」


すぴ〜〜〜


キョン「ん?こっこれは・・・」
長門「不発」

キョン「助かったんだ〜!!!!」

ハルヒ「ありえない!この私が!ここまで来て不発ですって!?」

古泉「>>181

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:13:30.20 ID:tPhX5KZo0

それでは僕が

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:17:05.51 ID:WPTUAohw0

古泉「それでは僕が」


キョン「おもむろにベルトを緩めるのをやめろー!ズボンから手を放せ!!」

古泉「冗談ですよ、それより、涼宮さんが」


ハルヒ「ありえない・・・ありえない・・・ここまできて・・・」

長門「ドンマイ」
みくる「あの・・・その・・・」


谷口「なんとか危機は回避できたなキョン」


キョン「ああそうだ・・・これで世界は救われたんだ」


??「おおっと待ってもらおうか!!」

キョン「なっ!?今度は誰だ!?」

??「私の名は」

>>195>>195である」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:17:33.07 ID:pvROn+xf0

ぴょードル1世

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:23:35.01 ID:WPTUAohw0

ぴょーどる1世「ぴょーどる1世である」

ぴょーどる「我こそはロシア皇帝ピョートル1世のクローン、ぴょーどる1世である」


キョン「なっ、何言ってるんだ?」

ハルヒ「ちょっと!凄いじゃない!!クローン人間よ!クローン人間!」
ハルヒ「ええうそ!?本物なの?倫理道徳上の問題とかはOKなわけ?いいのクローンなんかいて!」

ぴょーどる「これ、小娘、気安く触るんじゃなーーい!ずがたかーい!」

ハルヒ「これは凄いわ!大発見よ!自然学上クローンが許されるのは一卵性双生児まで」

ハルヒ「これを人間の手で人工的に作り出すなんて神への冒涜よ!凄すぎるわ!」

キョン「・・・あれ・・・?」

ぴょーどる「やめなさーい ルネッサーンス!」

ハルヒ「すごい!ロシア人なのにルネッサンス言ってるわ!」

古泉「どうやら元に戻ったようですね」

キョン「>>215

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:24:44.81 ID:tPhX5KZo0

何はともあれ、一件落着だな

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:28:08.72 ID:WPTUAohw0

キョン「何はともあれ、一件落着だな」


答えはいつもわたしの胸に〜〜〜〜♪

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:30:26.60 ID:WPTUAohw0

どぅしゃらららったったったー〜♪


さて、OPを間違ってかけてしまったため、今までのは前フリ Aパート

これから本編いくよ!


キョン「一件落着だな」

古泉「機関に頼んで涼みやさんが喜びそうな方を呼んできてもらいました」

キョン「いやー、今回は助かったよ」

古泉「いえいえ」


長門「>>235

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:31:38.39 ID:zoHW/5qr0

ピクルスピクルス

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:35:37.86 ID:WPTUAohw0

長門「ピクルスピクルス」


古泉「おや?長門さんの様子が・・・」
キョン「おっ、おい・・・マジかよ・・・せっかくいい最終回だと思ったのに、まだ狂気は続くのか?」

古泉「どうやら・・・間違ってOP曲を流してしまったから、強引に続けなければいけないみたいですね」

キョン「ふざけるなよ!よくアニメの最終回でOP曲を最後にかけるとかそういう手法があるだろ!」

古泉「しかしですね・・・」

キョン「もういい!俺は帰るぞ!」

長門「まって!」

キョン「とめるな!離せ!」

長門「違う、今夜来て欲しい」

キョン「俺は行かん!」

長門「>>243

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/22(火) 23:36:43.82 ID:JAQUPFT40

お前達に明日を生きる資格は無い

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:41:06.51 ID:WPTUAohw0

長門「お前達に明日を生きる資格は無い」

キョン「うっ・・・」
俺は長門の目がいつもより狂気じみていることにたじろいでしまった

キョン「しっ、しかしだな・・・」

長門「今夜来なければ、お前達に明日を生きる資格はない・・・もちろん私も」

キョン「なっ・・・」
古泉「どうやら重要な話しみたいですね?もちろん僕も含まれるんですよね?」

長門「その通り・・・朝比奈みくるも来てもらう」

キョン「・・・。もしかして、今回のこれは涼みやが原因で起こったからか?」

長門がうなずいたのでどうやら、今回もそのようだ

キョン「分かった・・・とりあえず夜にいけばいいんだな?」

長門「>>255

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:42:24.91 ID:GfVXfWuP0

エラーが発生 あなたが今夜きてくれたら恐らく解消される
だから? 御願い・・・

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:45:26.18 ID:WPTUAohw0

長門「エラーが発生 あなたが今夜きてくれたら恐らく解消される
だから? 御願い・・・」

キョン「分かった、とりあえず今は帰る・・・これいじょう付き合ってると体力を消耗する」

長門「そのほうがいい」

キョン「そんじゃ、涼みやがクローンの皇帝に気を取られてる隙に帰りますか」

古泉「朝比奈さん、ちょっとお話が」


それから夜

キョン「んで、来たぞ長門」
古泉「お邪魔します」
朝比奈「おっ・・お邪魔します」

長門「>>263

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:46:18.64 ID:1sb9jZ980

朝比奈みくるはスリッパを履いてほしい

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:50:09.18 ID:WPTUAohw0

長門「朝比奈みくるはスリッパを履いて欲しい」

朝比奈「えっ!あっ、ハイ・・・」


キョン「・・・・。んで?話しってのはなんだ?今度はハルヒがどうしたんだ?」

長門「今日の異常な光景は理解したと思う」

キョン「ああ、分かってよ(ああ、ハルヒの性とはいえ俺は朝比奈さんになんてことを!)」
みくる「(私もキョン君になんてことを・・・)」

古泉「それで、あの異様な状態を収めるのにどうしてキョン君が必要だと?」

長門「それは・・・」

長門「>>275

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:53:04.94 ID:WPTUAohw0

長門「見知らぬ戦乱の異世界に行ってから話す」

キョン「なっ!?」

古泉「どうやら、それほどまでに事態が深刻と言うことですね」
朝比奈「あっ・・あのう・・・スリッパが無いのですが」


キョン「とっ、とりあえずその世界に行けばいいんだな?んでだ、行くのはいいとして」

キョン「どうやって行くんだ?」


長門「>>281

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/22(火) 23:55:15.55 ID:pta4qHfX0

わっふる

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:01:52.76 ID:AeQQ5buE0

長門「わっふる」

キョン「・・・いや、だからどうやって行くんだ?」
長門「わっふる」
キョン「いや・・・だから、昼間のはいいから、行き方を」

古泉「そうか!わっふるか!」
キョン「突然どうしたー?古泉君ー?」

古泉「昼間のあなたがわっふる、わっふる言っていたのはこの事を伝えるためだったのですね?」
長門「その通り」

古泉「そうでしたか・・・やはり・・・ということは、もう既に?」

長門「順を追って話す、今はわっふる」
キョン「なっ・・なんだ?」
古泉「わっふるわっふる」

キョン「もしもーし」
朝比奈「・・・・わっ、わっふるわっふる」
キョン「ちょっ!朝比奈さんまで?」
長門「わっふるわっふる」

キョン「・・・・。分かったよ、言えばいいんだろ、わっふるわっふる」

そう言ったとたん、目の前がパーッと光って俺の意識は遠くなっていった

キョン「うっ・・・ここは・・・なっ!アレは!!」

キョン「>>291

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:02:59.64 ID:p7u23kjX0

いつぞやのカマドウマ!!!!

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:07:32.51 ID:AeQQ5buE0

キョン「いつぞやのカマドウマ!!!! 」

カマドウマ「落ち着いて欲しい」

キョン「なっ、あんた喋るのか?」


カマドウマ「話を聞いて欲しい・・・私はカマドウマではあるが君の知っているカマドウマではない」
キョン「じゃあなんなんだ?」

カマドウマ「性格には情報統合思念体の力を借りて一時的に再構築された」

キョン「よくわからん」
カマドウマ「分からなくてもいい」

キョン「ところで・・・長門や朝比奈さんたちの姿が見えないのですが」

カマドウマ「>>299

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/23(水) 00:08:10.60 ID:rDFeRJRs0

奴らなら・・・木っ端微塵になって・・・死んだ

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:14:08.21 ID:AeQQ5buE0

カマドウマ「奴らなら・・・木っ端微塵になって死んだ」

キョン「なっ!ふざけるなよ!!こんなところにまで来て、長門や朝比奈さんに古泉が死んだだと!」

カマドウマ「それはしかたがないことだ」


キョン「何がしかたがないだ!そう簡単に死なれてたまるか!」

カマドウマ「落ち着いて聞いて欲しい、性格にはアレは君の知る
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースではない、無論その他もだ」

キョン「なんだと?」

カマドウマ「正確にはかつての情報の重要部分だけを残し再構築された存在であり、実態は存在しない」

キョン「再構築?実態は存在しない?」

カマドウマ「君が体験した昼間の出来事・・・実はその時点で君と他のすべての事情は切り離されていた」

キョン「・・・。意味がさっぱり分からん」

カマドウマ「つまり」

カマドウマ「>>309

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:14:47.65 ID:ZjGKPssy0

はい。コードギアス

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:22:15.08 ID:AeQQ5buE0

カマドウマ「はい。コードギアス」

キョン「こっ、コードギアス?なんだそれは?」

カマドウマ「コードギアス、それはサンライズ製作のSFアニメであり2007年9月に放映され現在はその第2期が
TBSで毎週日曜日夕方午後5時、誰が見るんだよ?って時間に放映されている」

キョン「・・・・。んで?そのアニメがなんなんだ?」
カマドウマ「涼宮ハルヒはそのギアスの影響を受けて現在のような状態を引き起こした」

キョン「はぁぁぁぁぁ?アニメに影響されたってのか??」
カマドウマ「アニメに影響されたのではなく、アニメ世界と現実を統合しようとしたのだ」

カマドウマ「その結果、コードギアス、つまりアニメの世界がこちらに中途半端に繋がりアニメのキャラクターが
現実世界に影響を及ぼしてきた・・・」

キョン「なんということが・・・呆れて物が言えない」

カマドウマ「問題なのは現実に影響を及ぼしたキャラクターが問題だった・・・ルルーシュ・ランページ・・・この男の性で全てが狂った」

ルルーシュ「おっと、話はそこまでにしてもらおうか」

キョン「お前は!?」

ルルーシュ「>>323

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:23:21.13 ID:/m5l93TT0

いい男、阿部です

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:33:48.96 ID:AeQQ5buE0

ルルーシュ「いい男、阿部です」

キョン「たっ、たしかにいい男だ・・・しかし、なぜこの男が」

カマドウマ「気をつけろ!この男が今のような状況を作り上げた!」

ルルーシュ「フハハハハ!まったくもって感謝している!お前達の世界のワッフル、いや
涼宮ハルヒのおかげで、俺の野望はあと少しまで近づいているのだからな!」

キョン「なんだと!?」

ルルーシュ「ワッフル・・・涼宮ハルヒの世界を改変する力、実に素晴らしいぞ!その力さえあれば・・・
俺はブリタニア皇帝を滅ぼし!俺とナナリー・・・そして我が母マリアンヌをも生き返らせる俺の世界を作り上げるのだ!」

キョン「ったく・・・そんなことのためにこんなことを起こしたのか?」

ルルーシュ「最初はうまくいった、俺のギアスを発動させて俺の思い通りにしようと考えた、しかし
そこにいるカマドウマ、いや情報統合思念体達の力で一時的にワッフルを隠されたのだ!」

カマドウマ「その性で世界は君が体験した狂気とも取れる性欲の世界へと変貌した・・・アレは唯一涼みやハルヒを守るため
一時的に隔離したことで起こった、涼みやハルヒの本能の一部である性欲がもたらした結果だ」

ルルーシュ「おかげで、俺はこんな世界で待ちぼうけを食らわされた、しかし!ようやく片がつく
お前を・・・ワッフルではなく、わっふるを俺のギアスにより支配下に置くことで世界はいのままに操れるのだ!」

キョン「なんだってー!?」

ルルーシュ「俺の命令を聞け、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる」

ルルーシュ「>>346

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/23(水) 00:35:06.23 ID:A3O/N9wZ0

ハルヒをころせ 

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:39:45.76 ID:AeQQ5buE0

ルルーシュ「ハルヒをころせ」

キョン「なっ・・・・ビシューンコワワワワ」

カマドウマ「くっ!しまった!」


ルルーシュ「俺の勝ちだ!ワッフルはいずれわっふるを求める、その時にわっふるがワッフルを殺せば
世界を改変する力は暴走する、その時こそ俺がその力を手に入れるチャンス、これで俺の勝利は確定した」

カマドウマ「・・・・終わったか」

ルルーシュ「さあ、わっふるよ、お前の命令は決まった、後はここでワッフルに呼び出されるの待っていろ」

キョン「>>354

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/23(水) 00:40:52.09 ID:LiSTOz320

長門・・・

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:46:27.97 ID:AeQQ5buE0

>>354
キョン「長門・・・」

ルルーシュ「ん?どうした?」

キョン「長門・・・って言ったんだよこのヤサ男がぁぁぁぁ!!」

ルルーシュ「ぐぅぅぅうう!なっ何をする!?」

キョン「どうした?口だけは一ちょ前のクセに腕っ節はない見ただな?」

ルルーシュ「やっ、やめろ!くうう・・・くそう、体力がない俺に喧嘩は無理だ・・・たすけてぇ」

キョン「いいか!お前が俺にハルヒを殺せと命じてもな!お前を殴るななんて命令はないぜ?」

ルルーシュ「くそう・・・やっやめてくだしゃーい!スザクゥゥゥ、スザクゥゥゥ!たすけてよー!」

キョン「>>361

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:47:25.98 ID:0hY7hqoo0

「杉田智則が刻む〜

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:52:11.41 ID:AeQQ5buE0

キョン「杉田智則が刻む〜」

ルルーシュ「ひぃぃぃぃぃ!!」

キョン「智則じゃなくて智和だけどねー!パーーーンチ!!!」


ルルーシュ「うわらば!」

        リタ イヤ
ルルーシュ 再起不能

キョン「てめーは俺を怒らせた!」

??1「よくやったな!」
??2「このときを待っていたぜ!」

キョン「あんた達は?」

>>370「よう」
>>373「やあ」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/23(水) 00:53:14.59 ID:LiSTOz320

ひがしこくばるひでお

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:53:39.89 ID:g6rzuyyd0

ルイズ

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:56:46.05 ID:AeQQ5buE0

ひがしこくばるひでお「よう」
ルイズ「やあ」

キョン「あのー・・・あなた達は?」

ひがしこくばるひでお「宮崎県知事をやっております、ひがしこくばるひでおです」
ルイズ「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール と申します」

2人「初めまして」

キョン「ご丁寧にどうも・・・」


ひがしこくばる「では早速ですが・・・」

ルイズ「>>381

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 00:58:22.06 ID:/Hh5OUF80

あんたを使い魔にするわ!

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 01:01:35.75 ID:AeQQ5buE0

ルイズ「あんたを使い魔にするわ!」

キョン「何を仰ってるのですか?」

ルイズ「だからあんたを使い魔にするのよ!」


キョン「あのーカマドウマさんー?この2人は・・・はっ!?カマドウマが・・・死んでる」

キョン「正確にはひっくり返り足をピクピクさせている!!」

ひがしこくばる「あれー?さっき私が食べさせた地鶏に・・・農薬でも入ってたかな?」

キョン「あんたなんてことをー!!」

ルイズ「いいから!言うことを聞きなさい」

??「待ちなさい!」

ハルヒ「>>392

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 01:02:27.91 ID:EMdYrySu0

っていう夢をみたわ!

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>>392 マジ感謝ww] 投稿日:2008/07/23(水) 01:05:03.66 ID:AeQQ5buE0

ハルヒ「っていう夢をみたわ!」


キョン「・・・・・・」

古泉「・・・」

みくる「・・・」

長門「・・・」


ハルヒ「だからそういう夢を見たの!!!」

キョン「いっ・・・今までひっぱって来てそりゃねーだろ!!!」

ハルヒ「何よ?文句ある?」


なぞなぞーみたいにー地球儀を〜♪

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/23(水) 01:06:35.28 ID:AeQQ5buE0

あーーーーーーーーー

やっとおわったーーーーーー


明日金融論のテストなのに〜〜なにやってんのよわたしー!!

ルイズの本名覚えるよりCDとか覚えないと


んじゃ!おやすみ!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希の部屋でうんこするわよ!」