ハルヒ「なんだか尻穴が痒いわね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「僕はサンタクロース」

ツイート

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/20(日) 08:58:13.25 ID:Jig9rTIZO

ハルヒ「良いこと思い付いたわ、キョン、わたしの中
   で小便をしなさい」
ってスレが昨日朝あって
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ここは、長門の部屋。付け加えるなら、寝室である
和室だ。七夕の件で、俺と朝比奈さんが何と言うか、
冬眠の様に時間を過ごしたあの部屋だ。
 今、俺とハルヒは、その部屋で、繋がっている。団
活を終える度に求め合う俺達だったが、ここ最近は、
長門の計らいで、この部屋を使わせてもらっている。

 そんなある日、つまり今日なんだが、俺がハルヒの
中で果てた後、
「良い事思い付いたわ」
ふう、なんだよ、不思議探索に遠征はご免だぞ
「バカねぇ、キョン、私の中で小便をしなさい」
は?、聞き違えたかもしれないが、小便て言ったか
「聞き間違いじゃないわ、小便って言ったの」

 ハルヒの性癖は、俗に言うMってヤツだ。SOS団
の団長とは、正反対で、行為の間は物扱いされるのを
歓ぶ。言葉こそ、団長のままだが、俺の下のハルヒは、
紐で両手足を固定され、脚を閉じられない様になっている。
とまでは書いたんだ。

251 名前:6-2[] 投稿日:2008/07/20(日) 12:33:30.28 ID:Jig9rTIZO

>>178
 新学期が始まって、団活の後、二人だけの不思議探
索、俗に言うデートを始めて五回目の事だ。
 駅で別れトイレに入った俺を、ハルヒが追ってきた。
ちなみに初体験は、四回目だ。
「ねぇキョン、あなたもその、オナホールって…」

 チャックを閉めた俺にいきなり話しかけてきた時は、
驚いた。全てを聞き終わる前に、個室に連れ込んで気
配を伺い、ハルヒに向き合う。
場所を考えてくれ、人に見られたら良くないだろう
「バカキョン、質問に答えなさい!だいたいモガモガ」
ボリュームを下げてくれ、頼むから、なっ
 塞いだ手を離すと、不満気にも了解したみたいで、
声をひそめてくれた。
「だ・か・ら、オナホールっての使ってるの」
 暫く考えて、恥ずかしい話を白状した。すると、団
長様は、赤い顔で、俺を非難して最後は、
「わたしの代理は認めないわ、必要なときは、わたし
がしてあげるから」
 そう言うと、膝立ちになり、チャックを下ろしにか
かった。出したばかりで休息していた俺のモノを、大
事そうに取り出す。細く華奢な指の感触に、たちまち
充血し、大きさを変える。

253 名前:6-3[] 投稿日:2008/07/20(日) 12:42:57.58 ID:Jig9rTIZO

>>251
 焦点定まらない眼で俺を見上げると、
「偽モノと、本物の違いを堪能しなさい」
 言い終えると、躊躇いもなく、くわえ込んだ。一瞬
喉を鳴らした様だが、根元までふくむと、舌を絡ませ
る。もうこれだけで、違いははっきりした。
 ハルヒは、吸引をプラスして愛撫を続ける。と思ったら、
「ぷはぁっ、何じっとしてるのよ!わたしばかり働か
せるんじゃないわよ」
じゃあ、やらせてもらうぜ
 ハルヒの頭を掴むと、ハルヒの口にネジ込む。呼吸
のタイミングが外れたか、咳き込む。
「…コッ、…コッ、…コッ、…コッ、あおああうおぉ」
オナホールは、文句言わないがなあ
 何かのスイッチが入った俺の言葉に、涙目で抗議し
ていたらしいハルヒは、大人しくなる。それはそれで、
よかったんだけどな。ハルヒの頭を、思うままに前後
させる。ハルヒはハルヒで、タイミングを合わせよう
と、舌と吸引をするが、わざと合わさせない。ハルヒ
の心地良さと、物扱いするギャップ、駅のトイレって
環境下、多分二分位だろう。ハルヒの口内に欲望を吐
き出した。全てを飲み干しながら、座り込むハルヒ。

256 名前:6-4[] 投稿日:2008/07/20(日) 12:57:58.90 ID:Jig9rTIZO

>>253
 片足が、汚れた和室便器に落ちるのも気にせず、喉
を鳴らし最後まで飲みきった。溜め息を吐くと、上気
した顔を俺に向ける。苦しかったのだろう、涙の跡が光る。
「…どう、これから…、オナ…、ホールは…、使用…、
禁止…、わ…かった、わね」
わかった、これから性処理は、ハルヒ、お前でする
 ハルヒは艶っぽく、妖しく、呆けた笑みを浮かべた。
以来、団活後以外でも、家や学校、公衆便所等々でハ
ルヒを使った。ハルヒは、口調はそのままだが、オナ
ホール、いや便器と言った方がふさわしいくらい、従
順に応じ、俺を満足させた。そろそろ話を戻そう。

そうか、ちょうどいい、したくなってたんだ
「…えっ?ほ、ホントに」
 声は驚いているが、表情は、期待と悦びを隠さない。
俺は、萎えきらないモノを抜かないよう上体を起こす
と、膀胱に意識を向けた。白濁液に満たされたハルヒ
の中に、新たな液体を注ぎ込む。
「ああああん、入ってくるぅ、入ってくるわぁ」
 視線を游がせ、快楽に溺れるハルヒ。良さそうだな
、でもな膀胱って最大2g溜められるの知ってたか。
変わったことをしたくて、我慢してた甲斐があったぜ。

258 名前:6-5[] 投稿日:2008/07/20(日) 13:04:00.53 ID:Jig9rTIZO

>>256
「……ちょっと、いつまで出していっ━ぎいいぃぃ」
出せって言ったのは誰だ
 形のいい乳房を握り潰し、黙らせる。そして無理矢
理引き寄せ、耳元で
「子宮まで満たしてやる」
 言葉が届いたかどうかは、わからないが、痙攣と共
にハルヒはイッた。乳房を放すと、人形の様に後に倒れる。
 ハルヒの下腹部は、小便を注がれ、膨らみ、醜態を
晒す。このまま抜いたら、面倒だな。
長門っ!シビンは、あるか!!
 部屋の向こうの長門に声をかけると、呪文みたいな
呟きが聞え、シビンを持った長門が入ってきた。
「おう、すまんな」
 シビンを手渡しながらも瞳の輝きにだけ感情を表し
た長門を、無視するように努め、シビンを当てがいハ
ルヒから離れる。一呼吸おいて、俺の分泌物が勢いよ
く吐き出される。意識があれば良かったな、ハルヒよ。
身体だけは、反応して痙攣している。出した後も、開
いたままの穴は、ヌメリ、長門が見ているにもかかわ
らずまたハルヒを使った。三回、ハルヒを堪能したが、
その間、ハルヒが意識を戻す事はなかった。

 時刻は、もうすぐ日付の代わる頃。弛緩した手足で
モタモタと服を着るハルヒ。

260 名前:6-6[] 投稿日:2008/07/20(日) 13:16:15.90 ID:Jig9rTIZO

>>258
 フラフラしながら玄関に向かい、精一杯の笑顔で
「キョン、また明日ね、日曜日だしショッピングよ!」
送らなくて大丈夫か
「心配するのは団長の仕事!あんたも早く帰りなさい」
わかった、わかった、じゃあ朝にでもメールくれ
 そう言ってハルヒを見送る。ああ言ったが、送る気
など更々ない。キッチンで水を飲むと、ハルヒを使っ
た和室に入る。和室は、石造りの牢獄に改変され、犠
が木馬に供えられている。用意された、鞭とギャグボ
ールを取ると犠に近づき、
待たせたな
「どうか、存分に━がっああうおう」
 口上を述べる口にギャグボールを羽目込む。
「待たせたな長門…、壊してやる」
 パシィーーーーンッ
 まだまだこれからだ!
                     END
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 失礼いたしました。詰め込み過ぎたましたか?
 ご覧くださった方々、有り難う御在ました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門が背中にくっついたまま取れない」