長門「ポーニョポーニョポニョ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「『シンジに一回だけ何でも命令できる券』貰っちゃった」

ツイート

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 00:29:35.61 ID:C62w/AkCO

長門「・・・・・・いつまで、見てるの?」

キョン「い、いや・・・・・・長門もジブリ作品が好きなんだな、って思って」

長門「ゲド戦記が酷かった・・・・・・だから、今回は期待している」

キョン「ジブリ作品で見たことがあるのは、ゲド戦記だけか?」

長門「・・・・・・」コクッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 00:53:54.04 ID:C62w/AkCO

キョン「そうか。俺の家に少しだけDVDがあるから、良かったら観に来るか?」

長門「いいの?」

キョン「ああ、おまえには色々と世話になったしな。大歓迎さ」

長門「・・・・・・そう」

キョン「ハルヒには内緒だぞ。あいつが家に来たら(ry」

ドン! ガチャッ

ハルヒ「お待たせ〜!! んっ? 何の話してるの、あんた達」

キョン「な、何でもない」(タイミング悪すぎじゃないか? 長門、黙っていてくれ。頼む!)ジーッ

長門「・・・・・・彼の家でジブリ作品を鑑賞する予定。なので、今、打ち合わせをしていた」

キョン(な、ながとおおおおッ!)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 01:11:20.98 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「ふ〜ん・・・・・・。よしっ! 今度の日曜は、キョンの家でDVD鑑賞ね!」

キョン「な、なんで、俺の家なんだ?」

ハルヒ「有希1人を連れ込もうとしておいて、何言ってんのよ。相変わらず、あんたはエロいわね。罰として、ジュースとお菓子を用意しておきなさい。いいわね?」

キョン「やれやれ」(めんどうなことになった・・・・・・)

長門「・・・・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 01:20:05.16 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「・・・・・・というわけで、次の日曜はキョンの家に集合ね。時間が決まったら、メールするから」

古泉「ふふっ、楽しみです♪」

みくる(キョン君の家・・・・・・)

ハルヒ「みくるちゃん、顔が真っ赤よ。どうかした?」ジーッ

みくる「へっ!? そんなことないですよぅ」

ハルヒ「・・・・・・ふ〜ん。なら、いいけど」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 01:34:03.73 ID:C62w/AkCO

――――――キョンの家――――――

キョン(ここでは、絶対に見つかってしまう・・・・・・ならば)ガサゴソ


キョン(駄目だ、駄目だ! ハルヒの洞察力を甘く見ると、痛い目にあう・・・・・・そうか、ここなら!)ガサゴソ

・・・・・・・・・・

キョン「よし! これなら安心だぜ。見つけられるもんなら、見つけてみろってんだ」

ガチャ
キョン妹「何してるの〜?」

キョン「どわっ!? 子供は早く寝なさい!」

キョン妹「変なの〜」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:04:31.59 ID:C62w/AkCO

――――――当日――――――
ピンポーン
・・・・・・・・・・

ピンポーン ピンポーン
・・・・・・・・・・

ピンピンピンピンピンポーン

ガチャ
キョン「だああッ!! うるさい、少しは加減しろ。トイレに行ってたのに・・・・・・」

ハルヒ「キョン、遊びに来たわよ! 居たなら、すぐに出なさいよ、バカ」

みくる「ご、ごめんなさい。こんな朝早くに・・・・・・」
古泉「おはようございます」

長門「・・・・・・」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:10:18.75 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「おっ邪魔しま〜〜〜すッ!!」

みくる「お、お邪魔しますぅ」

古泉「これ、つまらないものですが」

キョン「おっ、すまないな。とりあえず、入ってくれ」

・・・・・・・・・

キョン「ここが俺の部屋だ。ちょっと下に降りて、ジュースとお菓子を取ってくる」ガチャ タッタッタ


ハルヒ「・・・・・・ふふっ、行ったわね」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:16:43.59 ID:C62w/AkCO

みくる「キャッ! 涼宮さん、何してるんですかぁ〜!?」

ハルヒ「んしょ・・・・・・いかがわしい本が出てこないか、チェックしてるのよ」ガサゴソ

古泉「ほほう、それは私も少し興味がありますね」

みくる「もう、古泉君まで」

長門(ナウシカ・・・猫の恩返し・・・もののけ姫・・・)ジーッ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:25:21.97 ID:C62w/AkCO

みくる(でも・・・ここがキョン君の部屋なんだぁ。何だか、胸がドキドキする・・・・・・)

古泉「そこの本棚の裏では?」

ハルヒ「う〜ん・・・ああ、もう! 見つからないわ! どこにあるのよ・・・・・・」

長門(・・・天空の城ラピュタ? 非常に興味深い)

ガチャ

キョン「何やってるんだ、おまえ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:34:22.92 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「な、何でもないわよ! あ〜、喉がかわいたわ」

古泉「ふふっ♪」

みくる「は、ははは・・・・」

キョン(残念だったな、ハルヒ。ベットの下や本棚の裏側を探したんだろうが、俺の大事なコレクションは、想像のつかない場所に隠してある。『想像のつかない場所』・・・にな。ふふふ・・・・・・)

クイクイ

キョン「ん?」

長門「・・・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:44:36.82 ID:C62w/AkCO

キョン「んっ? どうした、長門?」

長門「・・・・・・早く」

キョン「おお、そうだな。何から見る?」

長門「これ・・・・・>>35


・風の谷のナウシカ
・天空の城ラピュタ
・となりのトトロ
・蛍の墓
・耳をすませば
・もののけ姫
・千と千尋の神隠し
・ハウルの動く城
・猫の恩返し
・魔女の宅急便

安価を取ります
これ以外のものなら、自動的に「となりのトトロ」に決まります

では、>>41

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 02:50:43.23 ID:oevcWJWk0

もののけ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 03:01:20.94 ID:C62w/AkCO

長門「・・・・・これ」

古泉「ふふっ、『もののけ姫』ですね」

みくる「見たことないですぅ」

ハルヒ「えっ!? みくるちゃん、本気で言ってるの? 名作よ、これ」

みくる「そうなんですか? 楽しみですぅ♪」

キョン「よし、早速セットするか」ガチャ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 03:31:12.47 ID:C62w/AkCO

古泉「BGMが壮大でいいですね」

キョン「だろ? 映画館で見た時は、感動したぜ」

みくる「あっ、鹿さんだ。可愛いです」

ハルヒ「ヤックルよ、ヤックル!」


長門(・・・・・黙って、観ていて欲しい)

72 名前:途中で挫けそう・・・・・[] 投稿日:2008/07/19(土) 03:47:13.53 ID:C62w/AkCO

みくる「この男の人、かっこいいですね〜」

古泉「アシタカです」

みくる「あっ、ヤックルが危ないッ!!」

ハルヒ「大丈夫よ。この後、アシタカが弓で驚かせて、逃がしてあげるんだから」

キョン「こらっ、ハルヒ。ネタバレするんじゃない!」

長門「・・・・・・・涼宮ハルヒ・・・・・・少し黙って」

ハルヒ「わ、悪かったわよ・・・・・・」

80 名前:規制が怖いので、ナウシカで終わらせる[] 投稿日:2008/07/19(土) 04:20:23.01 ID:C62w/AkCO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みくる「ううっ、感動しました」

ハルヒ「でしょ? それにしても、あの『デイダラボッチ』っていうヤツ・・・・・・どこかで見たことあるのよね・・・・・・」

キョン「ゆ、夢でも見たんじゃないのか?」ドキッ

古泉「そうですよ。アニメの中の、お話ですからね」

ハルヒ「・・・・・・そうかしら」

長門「・・・・・・」

キョン(相変わらずの無表情だが、喜んでるようにも見える。楽しんで貰えたようで良かったぜ)ホッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 04:29:39.55 ID:C62w/AkCO

キョン「次は、何を見るんだ?」

みくる「『となりのトトロ』なんか、どうですかぁ?」

古泉「『天空の城ラピュタ』も捨てがたいですよ」

ハルヒ「あんた達、何言ってるのよ。『魔女の宅急便』に決まってるじゃない」

キョン「待て待て、長門に選ばせてやれ。今回の主役は、こいつなんだからな」

長門「これ・・・・・・」

キョン「『風の谷のナウシカ』か。よし、セットするぞ」

ハルヒ「ぶ〜〜〜〜〜」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 04:41:17.16 ID:C62w/AkCO

キョン「ナウシカがまた、優しくて綺麗なんだよなぁ。まるで、朝比奈さんみたいだ」

みくる「き、キョン君ったら・・・・・・」

ギュー

キョン「痛ッ! 太股をつねるな、ハルヒ。痛ッ!」

古泉「ふふっ、あっ! ユパ様の登場ですよ」


長門「・・・・・・」(チョコボ?)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 04:51:33.50 ID:C62w/AkCO

キョン「小さい頃、メーヴェに憧れたよなぁ」

ハルヒ「この乗り物があったら、アンタの遅刻も少しは解消されるのにね」

キョン「よ〜し、ハルヒ。黙って観てろ」

みくる「きゃあ、蟲さんは苦手です・・・・・・」

キョン(朝比奈さん・・・可愛いなぁ・・・・・・)ギュー「あだぁ〜〜〜ッ!」

古泉(ふふっ、学習しない人だ)

長門「・・・・・・」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 05:01:32.24 ID:C62w/AkCO

古泉「腐海の蟲達の動きは観ていて、楽しいですね」

キョン「少し不気味だがな」

みくる「ああっ! 彼女、マスクを取りましたよ!?」ハラハラ

長門「・・・・・・」ジーッ


キョン「長門・・・・・・テレビに顔を近づけ過ぎだ。もう少し離れて観なさい」


長門「わかった」チョコン

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 05:14:21.93 ID:C62w/AkCO

キョン「巨神兵か・・・。初めて見た時は、トラウマになったもんだ」

ハルヒ「げげっ、腐ってるじゃないの。でも、なんかこういうのって、初見じゃない気がするのよ」

キョン「・・・・・・いい加減に忘れなさい」

古泉「ふふっ、王蟲がゴミのようだ」

みくる「古泉君、怖いですよぅ・・・・・・」

キョン「おまえはムスカか」

古泉「あなたなら、そう言ってくれると信じていました」

長門「・・・・・・」ジーッ

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 05:24:01.13 ID:C62w/AkCO

みくる「ああっ! このままでは、ナウシカさんが死んじゃいますぅ」

ハルヒ「大丈夫よ。主人公は助かるって、相場が決まモガモガ」

キョン「おまえっていうヤツは・・・・・・もう少しで終わりなんだから、我慢しろ」

古泉「しっ、お静かに」

長門「・・・・・・」ジーッ

キョン(しかし、アニメ映画に夢中になっている長門も、子供らしくて可愛いな・・・・・・)

99 名前:ありがとう、がんばる[] 投稿日:2008/07/19(土) 05:37:24.18 ID:C62w/AkCO

古泉「いやぁ・・・・・・最後のシーンは、何時観ても感動しますね」

キョン「それがジブリの良い所でもあるな」

長門「・・・・・・まだ、こんなにある」

みくる「とりあえず、今日は遅いですし、また今度にしませんか?」

ハルヒ「そうね。また来週、キョンの家に集合ね!」

キョン「また、俺の家かよ」フゥ・・・

バタン

キョン妹「キョンく〜ん! あれっ? ハルにゃん達だ〜」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 05:48:02.52 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「こんにちは、妹ちゃん」

キョン「どうしたんだ? いきなり・・・・・・」

キョン妹「あのねぇ〜。友達が来たから、ニンテンドー64借りに来たの〜」

キョン(だああっ! 不味いぞ。あの箱の中には・・・)

キョン「げ、ゲームキューブでいいだろう。新しい方のスマブラもあるしな」

キョン妹「え〜! ゲームキューブはコントローラーが2つしかないから、無理だよ〜」

キョン「こ、交代ばんこでやったら、どうなんだ?」

キョン妹「やだやだ〜・・・。みんなで遊びたいよ〜」

キョン「ぐうう・・・・・・」

古泉「大丈夫ですか? 顔色が真っ青ですよ」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 05:55:35.96 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「怪しいわね・・・ちょっと、見せなさい!」

キョン「だああっ! 止めろ、ハルヒ! 埃だらけだから、手が汚れるぞ」

ハルヒ「古泉君」パチンッ

古泉「かしまりました」ガバッ

キョン「古泉、おまえまで・・・」ジタバタ

みくる「ふぇ〜・・・・・・」


ハルヒ「いい? 開けるわよ・・・・・・せえの!」ガバッ


キョン(節子ーーーーーッ!! それはニンテンドー64やない、エロ本やーーーッ!!)

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 06:08:18.44 ID:C62w/AkCO

ハルヒ「やっぱり・・・あったじゃない・・・」

古泉「健全な男子高校生ですからね」

みくる「ふぇ〜・・・キャッ!」(すごい・・・・・・)


キョン「妹よ・・・ニンテンドー64は、そこの棚の中だ・・・・・・」

キョン妹「ありがと〜」タッタッタ


キョン(ああっ、朝倉よ。今すぐ戻ってきて、俺を殺してくれ・・・・・・。頼むから、一思いにやってくれ)

長門「それはできない」

キョン「・・・・・・だよな」ハァ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 06:26:18.73 ID:C62w/AkCO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハルヒ「とりあえず、あんたの趣味はわかったわ。まさか巨乳好きだったとはね〜」

キョン「どこまで、俺を貶めれば気が済むんだ、おまえは」

古泉「ふふっ、持っていない男の子の方が珍しいですよ」

キョン「フォローになっていないぞ」チラッ

みくる「・・・・・・ひゃ! うう・・・・・・」(何だか、恥ずかしい・・・)

キョン(この人に限っては、目も合わせてくれない。嫌われたのか・・・・・・)ハァ

クイクイ
キョン「んっ?」(おまえも、俺をバカにするのか?)

長門「明日も来ていい?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 06:44:22.48 ID:C62w/AkCO

キョン「なっ!?」

ハルヒ「だ、駄目よ! こんなエロキョンと有希を2人っきりに、させられるもんですか」

キョン「俺は断じてエロくない! 標準だ」

ハルヒ「あんた・・・・・・目が泳いでるわよ」

古泉「それくらいにしましょう。彼が可哀想だ」

キョン「古泉・・・・・・おまえってやつは」(グーで殴ってやろうか)

みくる「そうですよ。私は気にしてませんから・・・・・・」

キョン(朝比奈さん、今、目をそらしましたね。そらしましたよね? か〜っ! 目をそらしてる姿も可愛いぜ。こんちくしょう!)


長門「・・・・・・早く残りの作品が観たい」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 06:58:52.30 ID:C62w/AkCO

キョン「そうか。それなら・・・・・・明日、部室で見るっていうのは、どうだ? それなら、ハルヒも文句ないだろう?」

ハルヒ「ふんっ! それで、いいわ」

みくる「楽しみですぅ」

古泉「そうですね♪」

長門「・・・・・・」コクッ


キョン「よし、じゃあ今日は解散だ」

ハルヒ「あ! あたしのセリフ〜」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 07:06:48.18 ID:C62w/AkCO

キョン「じゃあ、また明日な」

みくる「今日は遅くまで、ありがとうございましたぁ」

古泉「では、また明日、学校で」

ハルヒ「いい? DVD忘れたら、罰金だから」

キョン「わかった、わかった。じゃあな」

クイクイ

長門「・・・・・・今日は、ありがとう」

キョン「お、おう。そうだ! 情報操作で、さっきの記憶を消すとかは・・・・・・」

長門「できない」

キョン「だよな・・・・・・トホホ」

〜〜〜〜〜〜fin〜〜〜〜〜〜

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 07:17:16.29 ID:C62w/AkCO

とりあえず、ここで区切ります。

続きが思いついたり、レスが残っていたら、また書こうと思います。

あと、キョンのことを気にしてるハルヒがエロ本を探してたのは、「そういうことしてるハルヒが可愛いなぁ」と思って書いただけだから、ハルヒのこと嫌いにならないでください。


暇があったらですけど、
・長門「火事でマンションが全焼した。だから…」
・キョン「何、読んでるんだ?」
も見てやってください。


最後に、保守・支援してくれた方、見てくれた方、安価に協力してくれた方、みんなに改めてお礼を言わせてください。

どうもありがとうございました。

126 名前: ◆vvN6YfUMf2 [sage] 投稿日:2008/07/19(土) 09:44:19.15 ID:C62w/AkCO

こんなに乙を貰えるとは思っても見なかった
嬉しくて涙が出てくる
読んでくれてありがとうな


次はもっと、がんばるから
またな

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 11:50:35.72 ID:Qm9OrBLk0

安価とってくれた>>41のために小ネタをちょこちょこ投下していこうと思う
>>49の続き

キョン「アシタカの弓を使うシーンがかっこいいんだよな。惚れ惚れするぜ」

みくる「キャッ! 腕が無くなっちゃいました・・・。こういうシーンは苦手だなぁ」

ハルヒ「みくるちゃんったら〜。臆病ねぇ」

キョン「こういうシーンを平然と観れる、おまえの方がすごい」

ハルヒ「何よ、これくらい普通よね?」

古泉「しっ、ジゴ坊の登場ですよ」

長門「赤鼻に厚底の下駄・・・、ユニーク」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 12:22:36.99 ID:Qm9OrBLk0

キョン「おっ? サンの登場だ」

みくる「大きいワンちゃんの怪我、見てて痛々しいです・・・・・・」

古泉「この時点では、あまり仲良くなかったんですよね」

キョン「古泉!」

古泉「これは、失礼致しました」

ハルヒ「こんな山犬がいたら、いいわね。ペットにしたいわ」

キョン「本気で望まないでくれよ・・・・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 12:32:07.76 ID:Qm9OrBLk0

続きはやはり断念するしか、なさそうだor2
自分の立てたスレだったら、資料見てから実行するけど・・・・・・
さすがにボロがでてきた


みくる「わぁ、森の妖精さん達がかわいいですね」

古泉「ふふっ、コダマです」

キョン「このキャラクターが大好きでな。ほら、グッズまで揃えてしまった」

ハルヒ「シャーペンにテレホンカードに・・・サンのお面まである。あんた・・・よっぽど好きだったのね」

キョン「・・・・・・冷たい目で俺を見るな」

長門「・・・・・・」ジーッ

キョン(長門・・・何故、今いきなり振り向いたんだ? グッズなら、やらんぞ)

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 12:47:21.15 ID:Qm9OrBLk0

キョン「エボシ様の登場だぜ」

古泉「多くの人々に人徳がある所とか、憧れます。強い女性ですよ、彼女は」

ハルヒ「何だかアタシに、そっくりよね。ねっ? みくるちゃん」

みくる「えっ!? そ、そうですね」

キョン「こらこら、睨むな。脅すな」(人徳がない、気が小さい、エボシ様とはほど遠いぜ・・・クスクス)

ギュー

キョン「ぐ、ぐるじい・・・や、やめ・・・・・・」パンパン

古泉「わっ、タップですよ。タップ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 13:04:23.28 ID:Qm9OrBLk0

『この娘、私が貰い受ける』

キョン「くぅ〜〜。何から何まで、かっこいいぜ。アシタカは」

みくる「そうですね。頼れる男性って素敵だと思います」

ハルヒ「あんたとは大違いね。しょっちゅう、鼻の下伸ばしちゃって」

キョン「あ〜。一々、つっかかってくるな」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『そなたは・・・美しい』

キョン、古泉「・・・・・・」ジーッ

ハルヒ、みくる、長門「・・・・・・」ゴクリ

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 13:26:02.92 ID:Qm9OrBLk0

キョン「『あの娘を解き放て、あの娘は人間だぞ』、か」

古泉「『黙れ、小僧。おまえにサンを救えるか?』、ここは名シーンですね。空でも言えますよ」

キョン「本当か? おまえも、なかなかやるな」

ハルヒ「古泉君も詳しいんだ。ちょっと、あんた達・・・目が怖いわ」


みくる「何だか・・・素敵です」

長門「・・・・・・」コクッ

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 13:52:38.74 ID:Qm9OrBLk0

キョン「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
古泉「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」


ハルヒ「ふぅ・・・。もう、話についていけないわ」

みくる(住む場所は違うが、共に生きよう、か・・・・・・私も、こんな生き方ができたらなぁ。キョン君・・・・・・)グスッ

長門「エンディング曲が素敵」


はりつめた弓を〜〜〜〜♪

キョン「あっ、これ歌ってるの、男って知ってたか?」

長門、ハルヒ「少し黙って(なさい)」


以上小ネタ終わりです
続きが思い浮かばないorz

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 16:28:03.89 ID:C62w/AkCO

とりあえず・・・・・・
【あらすじ】
 ハルヒ一行は、キョンの家で『もののけ姫』、『風の谷のナウシカ』を観た後、全員が帰宅。

 キョンはハルヒ達が帰った後、エロ本場所がバレたことを、死ぬほど後悔していた。妹は、この状況をよくわかっていない。

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 17:04:41.06 ID:C62w/AkCO

キョン「じゃあな、また明日」

バタン スタスタスタ

・・・・・・・・・・・

キョン「だああっ! 俺は、何て場所に、myコレクションを隠してしまったんだ。妹がニンテンドー64を取りにくるくらい、予想できたはずなのに・・・・・」ジタバタ


 冷静に考えろ、俺。エロ本を所持していて何が悪いというのだ。健全な男子高校生たるもの、アダルトグッズを所持していることは、全然恥ずべきことではない。
 明日は、何喰わぬ顔で登校すればいいのだ。そう、谷口のように、堂々としてさえいればそれで・・・・・・

―――あんたが巨乳好きだったとはね―――

―――私・・・気にしていませんから―――

キョン「ぐわぁ〜! 駄目だ。あの2人の言葉が、頭に、こびりついて離れない!」ジタバタ

ピンポーン

キョン「んっ? 誰だ、こんな時間に」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/19(土) 17:29:28.29 ID:C62w/AkCO

ガチャ
キョン「はい・・・あっ! 朝比奈さん・・・・・・」

みくる「あの〜。突然、すみません・・・・・・」


キョン「た、立ち話も何ですから、上がってください」

みくる「いえ、すぐに終わります」

キョン(この人は一体、何を言いに来たんだ? もう、俺のことはそっとしておいてください。お願いですから・・・・・・)

みくる「今日、色々あったけど・・・あれぐらいで私、キョン君のことを嫌いになったりしないから・・・・・・。それを言いにきたの」

キョン「あ、朝比奈さん・・・・・・」

みくる「明日は、とっておきのお茶を用意しておくから・・・その・・・学校に来てくださいね。待ってます」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 02:00:23.94 ID:hy0XYS63O

 その晩、俺は悪夢を見た。体重100kgを越える巨漢に、上からのし掛かられ、幾度となく強姦される夢を・・・・・。

キョン「むにゃ、止めろ・・・・・・う、うん?」

古泉「ふふっ、お目覚めのようですね」

キョン「おわ〜ッ! 古泉、何故おまえが俺の隣で寝ているんだ。顔が近い、鼻息を立てるな」

古泉「映画鑑賞の後、あなたの家に泊まる・・・・・・覚えていらっしゃらないのですか?」

キョン「あ、ああ。そうだったな・・・・・・。とりあえず、そこをどけ。ベットは、おまえに使わせてやるから」

古泉「ありがとうございます」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 02:30:18.83 ID:hy0XYS63O

 時計を見ると、午前2時を指していた。
 こんな時間に起きてしまったのも、古泉が持って来た『淫乱テディベア』が原因なんだろうな。

 古泉の野郎、俺のベットで気持ち良さそうに、寝息を立ててやがる・・・・・・。油性ペンで顔に落書きでも、してやろうかね。


 っと、喉が渇いたな・・・・・・・。下に降りて、麦茶でも飲むか。

・・・・・・・・・・・・・・・

キョン「・・・・・・ッ! 朝比奈さん?」

みくる「あっ、キョン君」

288 名前:おう、がんばるぜ[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 02:45:27.35 ID:hy0XYS63O

ホモネタは面白いんだけど、書くのは苦手だorz


キョン「朝比奈さんも・・・・・・眠れないんですか?」

みくる「はい。友達の家でお泊まり会とか初めてなので、緊張してしまって・・・・・・。キョン君は?」

キョン「悪夢を見てしまいましてね。古泉の持ってきたDVDが原因ですよ。やれやれ・・・・・・」

みくる「ははは・・・・・・夢の内容は聞かないでおきますね」

キョン「そうしてください」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 02:57:51.94 ID:hy0XYS63O

キョン「朝比奈さんが淹れてくれたお茶みたいに美味しくはできませんが、どうぞ」

みくる「あっ、ありがとう。ズズッ、暖かくて美味しい・・・・・・」

キョン「そうですか? それは良かった。しかし・・・・・・これから、どうしましょうかね」

みくる「目が冴えてしまって、眠れませんね・・・・・・。困りました」

キョン「そうだ。2人でDVDでも観ませんか? 今から観ても、4時くらいには寝れますし」

みくる「そうですね、そうしましょう♪」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 03:06:47.30 ID:hy0XYS63O

キョン「どれにしましょうか。朝比奈さんが選んでください」

みくる「ええっ! でも、悪いわ」

キョン「俺は全部観ましたから。遠慮しないで、さあ」

みくる「それじゃあ、これで。タイトルが素敵だったから・・・・・・」

キョン「『耳をすませば』ですね。わかりました! じゃあセットしますよ」

みくる「はい♪」

297 名前:俺も朝まで保守がんばるよ[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 03:32:44.80 ID:hy0XYS63O

みくる「わぁ、綺麗な街・・・・・・。こういう街って憧れちゃうなぁ」

キョン「階段から下を見れば、景色が一望できますしね」


みくる「あっ、猫ですよ。可愛いですね・・・あっ、電車に乗った! わぁ・・・・・・」

キョン(鑑賞に夢中になってる朝比奈さんも、十分素敵です)

みくる「・・・・・・ッ! あまり顔を見ないで、恥ずかしいから・・・・・・」

キョン「す、すみません」

298 名前:耳をすませば は、なかなかダメージが大きいな・・・[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 03:45:58.06 ID:hy0XYS63O

みくる(考えたら、こんな時間に、真っ暗な部屋で・・・・・・しかも、男の人と2人っきりで映画を観てるんだ。でも、キョン君となら・・・・・・)

ヒタッ

キョン、みくる「・・・・・・ッ!? ご、ごめんなさい!」


みくる(い、一瞬だけど、手が触れ合った・・・・・・。何だか、キョン君といると新鮮なことばかりだなぁ。ふふっ、2人で映画館にデートに来てるみたい♪)

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 04:02:31.81 ID:hy0XYS63O

みくる「雫さんと聖司君の出会いって、なんだか運命的な出会いですよね」

キョン「図書カードが、きっかけですからね。初めて、この映画を観た時はドキドキしましたよ。あっ、この後のシーンはオススメですよ」


〜〜〜〜〜〜〜〜♪


みくる「素敵な曲・・・・・・」

キョン「カントリーロードという曲ですよ」

みくる(何だろう、この2人を見てると、私まで胸が熱くなってくる・・・・・・)

303 名前:>>302 おいwwww[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 04:19:20.18 ID:hy0XYS63O

――「雫、好きだ! 俺と結婚してくれ!」――


みくる「・・・・・・」ポロポロ

キョン「あ、朝比奈さん!?」

みくる「あれ、あれっ? どうしちゃったんだろう、私ったら・・・・・・変ですよね・・・・・・ぐすっ」

キョン「朝比奈さん・・・・・・」

みくる(何だろう・・・一昨日見た映画の言葉が、頭から、こびり付いて離れない。涙が・・・止まらない・・・・・・)


――住む場所は違う。でも、共に生きよう――

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 04:36:40.62 ID:hy0XYS63O

キョン「少し、落ち着きましたか?」

みくる「・・・・・・はい」

キョン「もう、外が明るくなってきましたね。朝起きれないといけないので、そろそろ寝・・・・・・」

みくる「キョン君」

キョン「は、はい」

みくる「良かったら・・・ですけど今度の日曜日、一緒に(ry」

ガチャッ
キョン妹「むにゃむにゃ・・・キョン君、みくるちゃん、2人で何やってるの〜」
キョン「な、何でもないぞ〜。さあ、トイレは向こうだ」

みくる「ははっ、はは・・・・・・」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 04:45:34.27 ID:hy0XYS63O

チュンチュン

――起きなさい――

――起きなさい!――


キョン「・・・・・・zzz」

ハルヒ「すぅ〜〜〜〜〜、起 き な さ い !!」

キョン「うわ〜ッ!? ・・・・・・・ハルヒ、少しは近所迷惑を考えろ」

ハルヒ「すぐに起きないアンタが悪いのよ。みんな下に降りてるわ。早く来なさい」

キョン「へいへい・・・・・・」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 04:54:45.24 ID:hy0XYS63O

古泉「昨日は、よく眠れましたか?」

キョン「・・・・・・おまえの持って来たDVDのおかげで、なかなか寝付けなかったよ」

ハルヒ「あんたも気が小さい男ね〜」

キョン「女には、あのDVDの恐ろしさがわからん」

古泉「ふふっ。僕は男ですけど、怖くないです」

キョン「・・・・・・・」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 05:27:30.41 ID:hy0XYS63O

トントントントン 〜♪

キョン(んっ、この歌は・・・・・・カントリーロード?)

ハルヒ「みくるちゃんが朝御飯を作ってくれてるのよ。それにしても、みくるちゃん・・・機嫌が良いわね。さっきから、この調子なの」

長門「・・・・・・素敵な歌」

古泉「そうですね・・・・・・」
キョン「ああ・・・・・・」


 その場にいる全員が、朝比奈さんの歌う「カントリーロード」に聞き入っていた。
 歌っている朝比奈さんの姿は、まるで、世界中の男性を魅了し、虜にしてしまうのではないかと思うくらいに、美しかった。


fin

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/20(日) 05:30:12.77 ID:hy0XYS63O

遅レス&駄文ですまんかった・・・・・・

読んでくれた方々、保守・支援してくれた方々、本当にありがとう

次の書き手さんに期待保守



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「最近ハルヒが可愛くて仕方ない」