キョン「ハルヒ、お茶」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「僕がモテないのはどう考えてもアスカが悪いじゃないか!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 10:55:44.49 ID:Xyj2UrPt0

キョン「おいハルヒ、さっさとチェリオ買ってこいよ」

ハルヒ「わかってるわよ!」

そう言って、ハルヒは苦虫を噛み潰したような顔をしながら近くの自販機へと駆けていった
ああ、気持ちがいい、爽快だ

この1週間、ハルヒは俺の言う事を何でも聞くという
最初は冗談だと思っていたが、どうやら約束を守る気はあるらしい

なぜこんなことになったか、それはハルヒがまたバカなことを言い出したからだ

ハルヒ「腕相撲大会をするわよ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 10:59:18.94 ID:Xyj2UrPt0

またテレビ番組か何かに触発されたんだろう
ご丁寧にも赤と青のバーがついた台まで用意してやがる

キョン「・・・なんだこれは」

ハルヒ「決まってるじゃない!アームレスリングのリングよ!」

古泉「涼宮さんがお作りになったんですか?」

ハルヒ「当然よ!」

みくる「ほぇぇ〜・・・器用なんですねぇ・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 11:04:51.78 ID:Xyj2UrPt0

長門「・・・これは、なに?」

ハルヒ「だから、アームレスリングのリングよ!知らないの?」

長門「・・・知らない」

ハルヒ「そっか、有希はあんまりテレビとか見なさそうだもんね・・・キョン!」

ああ、あの眼はまた何かくだらないことを考えている眼だ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 11:14:17.10 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「さあ、キョン・・・構えなさい!」

キョン「はいはい・・・」

ハルヒ「負けたら1週間なんでも言う事聞くのよ!」

キョン「おいおい、大会をするとか言ってたのに、チュートリアルの段階で・・・」

ハルヒ「いいのよ!どうせあたしが勝つんだから!!」

とんでもない自信だ、まさかこいつは学力だけじゃなくて筋力も人並み以上なのか?
あの細い腕からはどう考えてもそんなことは想像できない、これは退くべきか・・・いや、相手は女だ

キョン「・・・わかった、いいぜ」

ここで逃げたら男じゃないよな

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 11:21:29.07 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「いい、有希?まずこのマットに肘を置いてね・・・」

長門「・・・」

長門が真剣にルールを聞いている、こんなものに興味を示すとは意外だった
いや、それよりも・・・負けたくない

古泉「えらく真剣な顔をしていますね、珍しい」

キョン「やかましい、負けたらろくなことにならんのだ、当然だろう」

説明も後半にさしかかってきた、ハルヒの手を握る
・・・やはり女の細腕だ、これであの自信?

ハルヒ「ふ・・・ふふふ、キョン、素人の握りね!もらうわ!」

素人の握り?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 11:28:47.05 ID:Xyj2UrPt0

みくる「それじゃあいきますよ〜!れでぃぃぃ・ごぉぉぉぉ!」

ぐぐぐぐぐ・・・

キョン「な・・・っ!」

ハルヒ「ふふふ・・・」

なんなんだこいつは、とんでもない怪力だ
これ握りとかの問題じゃないだろ?

キョン「ぐ・・・ぐぬぬぬぬ」

ハルヒ「情けないわねえ、それでも男なの?」


べきっ!

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 11:38:55.89 ID:Xyj2UrPt0

妙な音と共に一瞬だがハルヒの腕が緩んだ、チャンス!

キョン「うおおおおおおっ!」

ぺたんっ

ハルヒ「あっ・・・」

勝った!
ハルヒの甲がリングにべったりとついている

ハルヒ「ちょ・・・ちょっと待って!」

キョン「ん?」

ハルヒ「バーが折れたの!今のはノーカウントよ!」

バーが折れただと?
結構しっかり付いてたのに、折ったのかこいつは

古泉「ああ、確かに折れていますね」

みくる「凄い力です・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 11:46:22.80 ID:Xyj2UrPt0

だからといってノーカウントにしてしまったらまずい
普通にやったんじゃ負けるのはさっきの一戦でよくわかった

キョン「そんなこと知るか、負けたんだから言う事聞け!」

ハルヒ「ノーカウントよ!無し無し、今の無し!」

予想外の展開に少し動揺しているようだ
今なら押せる!気がする

キョン「ダメだダメだ!そんなこと言って約束を有耶無耶にしようとする気だろ!」

ハルヒ「だから・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:03:59.19 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「古泉くん!ノーカウントよね!?」

古泉「うーん、しかしハプニングはつきものですからねえ・・・」

ハルヒ「みくるちゃん!」

みくる「わ、わたしにはよくわからないですぅ〜」

ハルヒ「有希!」

長門「手の甲が付いたら、負け」

ハルヒ「む〜・・・!」


よし、いいぞ
完全にこっちに風が吹いている、押せ押せ、俺!

キョン「さあ、諦めて約束を守るんだ」

ハルヒ「・・・わかったわよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:11:23.48 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「じゃあ、キョン・・・何か命令しなさい!」

意外とアッサリ認めたが、特にさせることもないし、どうしたものか

キョン「うーん、それじゃあ・・・とりあえず1週間SOS団は活動休止だ、宣言しろ」

ハルヒ「うう・・・じゃあ今日は解散ね、また1週間後ここに集合!」

こんなクソ暑い中集められたんじゃたまったもんじゃない、我ながらいい判断だ

古泉「わかりました、では1週間後にお会いしましょう」

みくる「帰りましゅwwwwwwwwwww」

長門「・・・」

さて、俺も帰るか
さっさと帰って部屋をエアコンの風で満たさなければ

キョン「じゃあなハルヒ、また来週!!」

ああ、こんな時間に帰れるなんて!
こんな清々しい日は久しぶりだ!

そう思って歩き出すと、きゅっと袖をつままれた

ハルヒ「ま、待って・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:17:02.46 ID:Xyj2UrPt0

キョン「な、なんだ?」

妙に潤んだ眼でこっちを見てきやがる
なんだ、そんなにキツイこと言わせたのか

ハルヒ「あの・・・1週間、なんでも言う事聞くんだから、命令する人が残ってくれなきゃ・・・」

そんなところは律儀だが、俺はもうなにも考えていない

キョン「あー、えっと・・・命令ね」

ハルヒ「そうよ!さあ、命令しなさい!」

なんだかちょっと頬が赤く染まってるように見える
命令されるのが嬉しいのか?

キョン「なんでも言う事聞くんだよな・・・」

ハルヒ「そうよ!」

キョン「じゃあまずは・・・とりあえずメイド服を着ろ」

ハルヒ「わかったわ!」

キョン「俺の目の前でだ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:22:55.98 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ば、バカじゃないの!?目の・・・目の前なんて!」

どこまで言う事聞くのか、ちょっと試してやろうと思ったが、いきなりハード過ぎたか

キョン「いや、ほんの冗・・・」

ハルヒ「つまり脱げばいいのよね・・・」

あ、あれ?
本当に着替える気か?

ハルヒ「エロキョン・・・覚えておきなさいよ!」

嫌がってたわりにテキパキと脱いでいく
こいつはやはりよくわからん

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:31:02.40 ID:Xyj2UrPt0

本当に目の前で脱いでしまった、しかしいい身体してるな

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なによ!」

キョン「神様はどうしてお前に口をつけてしまったんだろうな、喋りさえしなければ」

ハルヒ「うるさい!」

言う事は聞くが口答えはしそうだ
そんなことを言ってる間に下着姿だ、緑の縞々か・・・

キョン「ハルヒ・・・脱げ」

ハルヒ「はあ!?脱いでるじゃない!」

キョン「いや、下着だ、パンツも脱げ」

ハルヒ「あ・・・アホキョン!エロキョン!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:35:41.62 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「何考えてんの!?最低!バカじゃないの!?」

キョン「・・・とか言いながら手をかけているのはなぜなんだ」

ハルヒ「や・・・約束だからよ!別に見せたいわけじゃないんだから!」

キョン「嫌なら全然構わんが」

ハルヒ「脱ぐわ、脱ぐって言ってるでしょ!」

脅してもいないのになぜか悪者になった気分だ
露出狂なのかもしれない、意外な一面を見たような気がする

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:40:37.11 ID:Xyj2UrPt0

さすがに少しためらいながら下着を脱ぐ

キョン「ハルヒ・・・」

ハルヒ「なによ・・・」

キョン「隠すな」

ハルヒ「っ・・・!」

ああ、なんだろう
別にいやらしい気持ちとかそんなことは一切ないのに、欲望が沸々と湧き上がって来る

ハルヒ「さ、最低・・・!覚えておきなさい!」

とかいいながら、やっぱりすぐに隠すのをやめた
約束という言葉はこんなに強い力を秘めていたのか

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:44:01.29 ID:Xyj2UrPt0

キョン「ほほう・・・いい毛の生え方をしている、上物だな・・・」

ハルヒ「あんた昨日どんなビデオみたの!?バカじゃないの!?」

キョン「なあ、ハルヒ・・・」

ハルヒ「なによ!!!」

長年の疑問を今こそぶつけるとき
そう思って俺は聞いた

キョン「ガーターベルトってパンツが先かなあ、ベルトが先かなあ」

ハルヒ「はあ!?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:50:51.14 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「そ、そりゃあベルトが先じゃないの?トイレに行けないじゃない」

キョン「やっぱりそうなのかなあ・・・」

ハルヒ「あの・・・もういいでしょ?服着たいんだけど」

キョン「いや、もう少しだけ、このままで・・・」

ハルヒ「・・・」

見れば見るほど、服を着させるのがもったいない気がしてきた
この陰毛というやつはこれほどまでに人の気持ちをうほほほほほ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:53:44.64 ID:Xyj2UrPt0

そうか、別にガーターベルトに下着は必須じゃないんだよな

キョン「いいことを考えた」

ハルヒ「なに・・・?」

キョン「ガーターベルトを穿け」

ハルヒ「わかったわ」

うほほほ、下着が穿けると嬉しそうにしておるわい!

キョン「ただしパンツは穿くな」

ハルヒ「あんた本当にバカじゃないの!?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 12:58:30.28 ID:Xyj2UrPt0

キョン「これなら下着が後か先か悩む必要もない、俺は天才だな」

ハルヒ「ねえ、キョン・・・今日のあんたおかしいわよ」

キョン「さあ、早く穿け!」

ハルヒ「・・・」

キョン「その机に座って穿くんだ!股間が見えるか見えないかの角度でな!」

今日の俺はどうかしているようだが、もはやそんなことはどうでもいい

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:02:46.20 ID:Xyj2UrPt0

なぜか用意されていたガーターベルトとストッキングを手に、ハルヒは机に座った
・・・が、座り方が違う、椅子のように腰掛けられてもしかたがないのだ

キョン「違う!!!」

ハルヒ「へっ?」

キョン「普通に腰掛けてどうする!違うに決まってるだろ!」

ハルヒ「ど、どうしろっていうのよ!?」

こいつは男がどういうものかをわかっていないらしい
教育してやる必要がある、あれ?教育ってなんだ、どうしてしまったんだろう

・・・どうでもいいや、教育だ!

キョン「机をフルに使うんだ!モデルになった気持ちでいろ!」

ハルヒ「こ、こう・・・?」

キョン「馬鹿野郎!違うと言ってるだろ!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:06:19.86 ID:Xyj2UrPt0

キョン「なぜ机を机と思わないんだ!机は机なんだよ!!」

ハルヒ「ご、ごめん・・・」

ああ、なんだか気持ちがいい
ハルヒも眼を潤ませてごめんなんていいやがる、ああ、かわいいかわいい

キョン「上に乗って・・・そうだ!脚を持ち上げ・・・そうだ、筋がいいぞ!!」

ハルヒ「はい!ありがとうございます!!」

キョン「膝の角度が90度に近く・・・そうそうそうそう!いい、いいよ!!」

ハルヒ「こうね!?こう隠すのね!?」

キョン「そう!今のハルヒ世界一輝いてるよ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:10:50.95 ID:Xyj2UrPt0

ああ、暑い暑い
部室の温度計には40℃と表示されている

ああ、だからだ、だからこんなことになったんだな、きっとそうだ

キョン「そうだ・・・太股で隠された股間、見えそうで見えなくて・・・見える!」

ハルヒ「この角度・・・この角度がキョンの一番好きな角度なのね?」

キョン「ああ、そのとおりだ」

ハルヒ「・・・覚えとく」

あのハルヒがこんなに素直に
やはり時代はスポ根なのだろうか

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:15:08.91 ID:Xyj2UrPt0

そんなことをしてる間に穿き終えてしまった
楽しい時間はあっという間だなんていうが、そのとおりだなと思う

まあ、ストッキング穿くだけだから当然か

キョン「じゃあ、メイド服を着ようか・・・」

ハルヒ「うん」

しかし普通に着せたんじゃおもしろくない
なにか、なにかないか・・・そう思って部室を見回すと、縄跳びと折れたバーが眼に入った


これだ!

キョン「おい」

ハルヒ「なに?」

キョン「誰が普通に着ろといった」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:18:30.03 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「・・・まだ何かあるの?」

ふん、急に素面を装いやがって
お前が変態だということはすでにマルッとズバッとお見通しなんだよ!

キョン「これを見ろ!」

ハルヒ「縄跳びと、さっきのバーね・・・そのバー見るだけで嫌になるわ」

キョン「そうだ、これを使って・・・」

ハルヒ「縛るのね!?」

ふふ、もう嬉しそうに尻尾を振っていやがる
かわいい奴だ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:23:32.09 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ば、バカキョン!アホキョン!エロキョン!何考えてんの!?縛るなんて・・・!」

キョン「なぜ万歳をしているんだ」

ハルヒ「どうせ拒否権はないんでしょ!さあ、早く縛りなさい!!」

頬を紅潮させながら縛りなさいときた
ああ、ハルヒいいよハルヒ、期待には応えてやらないとな

キョン「ところでハルヒ」

ハルヒ「なによ!早く縛って!!」

キョン「このバーについてなんだが」

ハルヒ「・・・わかってるわよ、股間に沿わせろとか言うんでしょ」

キョン「縄だけかバーが必要か、どっちなんだ?」

ハルヒ「もう、諦めたんだから・・・早くバーと一緒に縛って?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:30:43.80 ID:Xyj2UrPt0

なぜだろう、俺がこんなに器用に縛れるなんて思ってもいなかった
見事なぐらいに割れ目にバーが沿ってやがる、グレイトだ

キョン「ハルヒ・・・お前、すっげーエロいぞ・・・」

ハルヒ「キョンのせいでしょ!キョンの、せいなんだから・・・」

キョン「じゃあ、服を着ような」

ハルヒ「うん・・・」


しかし服を着せたからといってなにがあるわけでもない
部室でスキャンダラスなことはこれ以上したくもないし・・・

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「俺んとこ、こないか?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:34:48.85 ID:Xyj2UrPt0

とにかくもう、行儀よく真面目なんてうんざりだった
捨て猫みたいな俺達が帰るところは自分の家しかなかった
9800円も払えないからな
俺達がやさぐれた理由なんてねえんだよ
ただ少しだけ、器用に縛りすぎたかもしれない

ハルヒ「キョンの・・・家に?」

キョン「そうだ、ちょうど家に誰もいなくてメシをどうしようかと思っていたんだ」

ハルヒ「わかった、約束だもん・・・行く!行ってご飯作るわ!!」

キョン「作れとは言ってないんだが・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:38:46.53 ID:Xyj2UrPt0

それにしても、なぜミニスカートのメイド服なんて用意していたんだろう
やはりハルヒにはフレアスカートよりこっちのほうがいい、そして何より・・・

キョン「おい、ハルヒ」

ハルヒ「な・・・なに?」

キョン「なぜスカートを押さえる」

ハルヒ「だ、だって風が・・・」

チラチラ見えるガーターベルトもいいが、縄跳びが見えそうなのがこんなに興奮するなんて!
ああ、ビバSOS団、地球に生まれてよかったー!!

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:46:50.33 ID:Xyj2UrPt0

キョン「今日は鰻にしたいと思うんだ」

ハルヒ「ば、バカキョン!鰻食べたからってそんなにすぐ精力はつかないわよ!!!」

キョン「お前は何を言っているんだ」

ハルヒ「だ、だって・・・すっぽんとか、そういうなのも一緒に食べるんでしょ!?」

キョン「おいおい、お前はそんなにしたいのか」

ハルヒ「なんでそんな冷静になるのよ・・・」

ああ、意外と下半身で物事を考えるタイプだったのか
かわいいぞハルヒかわいいぞ、今すぐベロチューしたいがさすがに外でそんなことはできない

キョン「鰻を食うにあたって・・・」

ハルヒ「買うのね!?縄やバーが魚屋のおじさんに見えないようにしながら買うのよね!?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:50:55.67 ID:Xyj2UrPt0

素晴らしい、ハルヒはもうこの状況に適応している

キョン「そうだ!見えないようにすることによって、お前は一段も二段も綺麗になれるんだ!」

ハルヒ「キョン・・・あたし、やるわ!やって綺麗になるの!!」

キョン「そうだ!いいよ!!今の一言でハルヒまた綺麗になった!!」

ハルヒ「当然じゃない!!」


そんなこんなで商店街に着いてしまった
途中子供に指をさされたりしたが見えたのか?

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 13:56:19.78 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ねえ・・・キョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「あの・・・むずむず、するの・・・」

キョン「どこが?」

ハルヒ「言いたくない・・・あそこ」

商店街の人がこっち向いてざわついている
聞こえたか?まずいぞ、さすがにここで変態とバレるようなことは

ハルヒ「みんな・・・見てるよね?」

キョン「そうだな」

ハルヒ「見えてるのかな・・・なんだかゾクゾクしてきちゃった」

キョン「なっ・・・まさか!」

そう思って必死で確認したがいたって普通だ、やれやれ

キョン「・・・見えてない、見えてない」

ハルヒ「けどみんなこっち見てるから・・・」

よく考えたらハルヒのメイド服が注目を浴びているようだった
そうか、もうすでに変態と思われたかもしれない

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:03:20.78 ID:Xyj2UrPt0

魚屋に着いた、うちが贔屓にしてるがメイド服の女を連れてきてしまった
これはまずい、実にまずい、親にバレるのも時間の問題かもしれないがハルヒだからわかってもらえるだろうか

魚屋「らっしゃああああいwwwwwwwwwwwwwwwwww」

キョン「ど、どうも」

魚屋「お、なんだい?今日は綺麗なお手伝いさん連れてよwwwwwwwww」

キョン「あー、はい、えーっと、これは・・・」

ハルヒ「ここの魚は鮮度がいいわね!!」

魚屋「おwwwww姉ちゃん眼がいいわwwwwwwwwwwwww」

ハルヒ「ここの魚見てるとなんだかあそこがうずくわ!!!」

魚屋「な・・・なに?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:08:36.43 ID:Xyj2UrPt0

こいつなんて事を言いやがるんだ!
世間体とか考えろ!バカバカバカ!!

キョン「あーっと・・・えー、鰻あります?」

魚屋「あ・・・ああwwwwwwww入ってる入ってるwwwwwwwwwwwwww」

ハルヒ「ぬるぬる・・・」

魚屋「当然だよwwwwww魚なんてだいたいぬるぬるだけどなwwwwwwwwww」

ハルヒ「ぬるぬる・・・」

魚屋「・・・姉ちゃん?」

ハルヒ「・・・」

魚屋「お、おい・・・大丈夫か?」

ハルヒ「・・・みたい」

魚屋「はっ?」

ハルヒ「入れてみたい」

キョン「ああああああああああ、それください!!!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:12:53.09 ID:Xyj2UrPt0

おかしいだろ!おかしいだろ!!
これはハルヒの羞恥心やらなんやら煽って俺が興奮するはずだったろ!!!

こいつ羞恥心とか通り越してやがる!
変態だ!モノホンの変態だ!

あ、教育したのは俺だったか

ハルヒ「キョン」

キョン「な、なんだ!?」

ハルヒ「あたしが持つ」

キョン「そ、そうか」

魚屋「は・・・はははwwwwwお手伝いさんだもんなwwwwwけどこういうものは男が・・・」

ハルヒ「生で」

キョン「はあ!?」

ハルヒ「沿わせて」

キョン「何言ってんだお前!?」

ハルヒ「魚屋さん!そのままでください!!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:16:30.07 ID:Xyj2UrPt0

魚屋「ね、姉ちゃんそれはちょっと無理だあ!落としておじゃんにしたくはないだろ?」

ハルヒ「いいんです!!ぬるぬるが・・・ぬるぬるがいいんです!!!!」

キョン「あああああああああこりゃいけねえ!熱中症だあ!!」

ハルヒ「欲しいの!キョン!!ぬるぬるなのよ!?」

キョン「大将!さあ早く袋にいれておくんなまし!!釣りはいらねえ!!!」

魚屋「し、しかし・・・」

キョン「早くしろー!!間に合わなくなっても知らんぞー!!!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:20:54.03 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ダメなのお!袋はダメなのよ!!!!!!!」

キョン「いけねえ!狐だ!狐に憑かれちまったあ!!まだ言うかこいつめ!」

魚屋「兄ちゃん、袋だな?袋でいいんだな!?」

キョン「かまいやしませんことよ!!!さあ、早く!!!!!!!」

魚屋「お、おう!」

キョン「これはちょっとした夢なんですよ!だから早く忘れてくだせえ!!」

ハルヒ「ぬるぬる欲しいのお!!!!!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:24:27.35 ID:Xyj2UrPt0

こいつは適応力とかいうレベルじゃない
どうやら俺は開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったようだ

ハルヒ「キョン・・・ごめんね・・・」

キョン「済んだことはしかたない」

ハルヒ「けど・・・けどあたしのせいで・・・」

キョン「魚屋を変えればいいんだ」

ハルヒ「ごめん・・・あの、せめて鰻はあたしに持たせて?」

キョン「それはダメだ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:29:32.09 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「どうしちゃったんだろう、あたし・・・おかしいよ、おかしい」

キョン「元々だ・・・ただちょっとベクトルが変わっただけだ」

ハルヒ「・・・キョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「帰ったら鰻沿わせてみたいの!」

キョン「・・・」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:32:01.99 ID:Xyj2UrPt0

これ以上面倒にならないうちにさっさと帰ろう
いや、もうこの上なく面倒になっているかもしれない

キョン「鰻も買えたし、さっさと帰ろうぜ」

ハルヒ「待って、キョン」

キョン「鰻なら帰ってからにしろ」

ハルヒ「ううん、そうじゃなくて・・・」

やっと冷静になったらしい、やれやれだ

ハルヒ「鰻だけじゃバランスがよくないから、八百屋さんに行きましょう!」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:36:09.01 ID:Xyj2UrPt0

こんなときに限ってバランスとか言いやがる!
くそっ、こんな女に誰がしたんだ!

キョン「い、いやっ!鰻があればメシは食えるぞ!!」

ハルヒ「ううん、それじゃあたしが我慢できないの!」

キョン「我慢しろ!」

ハルヒ「ダメ!キョンに、おいしいご飯・・・作ってあげるんだから」

く、しおらしい
かあいいよハルヒかあいいよ

しかしここは心を鬼にせねば

キョン「いいんだよ、その気持ちだけで・・・」

ハルヒ「気持ちじゃ野菜は摂れないのよ!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:40:20.13 ID:Xyj2UrPt0

ダメだ、こうなってしまったらハルヒはてこでも動かないだろう

キョン「・・・わかった、ありがとうな」

ハルヒ「さあ、八百屋さんに行きましょう!」


そうして八百屋に着いた
魚屋の騒ぎはもうすでに伝わっているだろうがしかたない

八百屋「あら、お手伝いさんの熱中症は大丈夫?」

キョン「おかげさまで」

八百屋「だめよお、こんなかわいい子に無理させちゃ」

キョン「ええ、気をつけます、実に気をつけたいと思ってます」

ハルヒ「・・・」

ハルヒがまじまじと野菜を見ている

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:45:53.34 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「おかみさん!」

まずい!こいつ今度は何を言う気だ?

八百屋「なんだい?」

ハルヒ「これってズッキーニ?」

八百屋「そうだよぉ」

よかった、野菜について聞くだけだ
反省しているんだな、かわいいよハルヒかわいいよ

ハルヒ「ズッキーニって瓜なのよね?」

八百屋「そうだねえ」

ハルヒ「キュウリの仲間なのかしら」

八百屋「形が似てるからそう思われるけど、ズッキーニはかぼちゃの仲間なんだよ」

キョン「へえ、知らなかったな」

ハルヒ「そっか・・・だからイボイボがないのね」

八百屋「そうだねぇ、キュウリの仲間ならあったかもしれないねえ」

ハルヒ「残念だなあ・・・」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:50:36.92 ID:Xyj2UrPt0

キョン「残念・・・?」

八百屋「イボイボがないと残念なのかい?」

ハルヒ「おかみさん、突っ込んだことある?」

キョン「なっ・・・」

まずいぞ!この空気!

八百屋「はあ?」

キョン「いやあ、ほら、ミキサーに突っ込んだことある?って、ははは」

ハルヒ「太さもちょうどいいし、イボイボがあったら気持ちいいって思わなかった!?」

八百屋「な・・・なにが?」

キョン「おいっ、ハルヒやめろ!」

ハルヒ「ズッキーニとローション一つください!!!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:55:10.09 ID:Xyj2UrPt0

八百屋「ろ、ろーしょん?」

ハルヒ「ごぼうと、にんじんと、大根と、トウモロコシも!」

八百屋「えーっと、ズッキーニとごぼうとにんじん大根トウモロコシね・・・」

ハルヒ「太いのでお願いします!!!」

八百屋「太いの・・・」

ハルヒ「限界に・・・限界に挑みたいの!!!」

八百屋「はあ・・・?」

キョン「ああああああ、サラダの限界に挑戦したいんですって!この子料理好きだから!!」

ハルヒ「いいの!サラダなんて!!!冬瓜もください!!!」

八百屋「冬瓜も・・・」

ハルヒ「突っ込んでみたいのお!!!!!!!!!!」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 14:58:38.97 ID:Xyj2UrPt0

キョン「おいハルヒ!落ち着け!!」

ハルヒ「キョンも挑戦するの!ごぼうならいけるなって思ったことあるでしょ!?」

キョン「ねえよ!!」

ハルヒ「ねじ込んでみたいの!!!」

八百屋「え、えーっと・・・」

キョン「早く!早く袋に詰めて!!!急いで!!!!」

ハルヒ「今日の献立は野菜丸ごとスティック愛液ドレッシング仕立てなんです!!!」

キョン「うわっ!なんて日差しだ眩しいなあああ!!!!」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 15:34:11.27 ID:Xyj2UrPt0

ダメだ、こうなってしまったらどんなにうまく切り抜けたとしても10年は買い物できないだろう
とにかくこの場を離れないと・・・

ハルヒ「キョンのせいだよ!?」

キョン「はあ!?」

ハルヒ「あたしのこと・・・キョンがこんなふうにしたんだよ・・・?」

終わった、完全に終わった

キョン「ええい、その上目遣いをやめろ!」

八百屋「・・・お母さんには黙っておいてあげるから」

キョン「な、何を言ってんだいおかみさん!俺には親なんていねえ!天涯孤独の身の上よォ!!」

八百屋「そうだね、そうだったねえ・・・」

キョン「おおっといけねえ!空襲警報が聞こえやがるぜちくしょうアメ公が!」

八百屋「・・・」

キョン「ささっ、早く野菜を!!滋養をつけなくちゃあ、いけーねえーなあー!!」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 15:37:16.09 ID:Xyj2UrPt0

鰻なんて言うんじゃなかった・・・
いや、腕相撲に負けておけばよかった・・・

ハルヒ「その・・・キョン、ごめん・・・」

キョン「ごめんで済んだら斬鉄剣もこんにゃく斬るってんだ、は、は、は」

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「・・・なんだよ!」

ハルヒ「にんじん貸して?」

キョン「却下」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 15:43:50.96 ID:Xyj2UrPt0

そうしてようやっと家に到着した
・・・長かった、楽しい時間ではなかったということだろう

キョン「・・・っはあああああ」

ハルヒ「ねえ、キョン・・・」

キョン「なんだよ!!」

ハルヒ「命令して?」

キョン「な、何を・・・」

ハルヒ「服を脱げ!って・・・」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 15:47:03.33 ID:Xyj2UrPt0

うーん、まさかこんなことを言う女だったとは
極限の状況は人を進化させるということか

キョン「ななな、何言ってんだ」

なんだか嫌にドキドキしてしまうぜ、商店街のせいだな

ハルヒ「ねぇ・・・キョン、早く・・・暑いのよ、この服!!」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 15:57:30.35 ID:Xyj2UrPt0

ああ、なるほど暑いのか
しかし暑いから脱ぐとは、普段家でもこんな生活なんだろうか?

キョン「あ、ああ、そうか、よし、じゃあ脱げ」

ハルヒ「もう・・・エロキョン!」

嬉しそうに脱いでいやがる

キョン「・・・ぶはっ!」

忘れていたが下は縛っているんだった
うう、刺激的だぜ

キョン「ななななななんて格好だ」

ハルヒ「キョンがこんなふうにしたんでしょ!?」

キョン「そ、そうか、そうだったな・・・」

また興奮してきた、もう商店街での出来事は忘れてしまおう

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:01:38.00 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒを見ていると忘れていた感覚が蘇ってくる
ふ・・・ふふふ、そうだ、鰻だ、鰻だ!

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「なに?」

キョン「じゃあ約束どおり・・・鰻をこすり付けてみようか」

ハルヒ「な・・・何言ってるの!?バカキョン!アホキョン!」

キョン「そういいながら寝転がるな」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:06:01.70 ID:Xyj2UrPt0

キョン「おいおい、ハルヒ・・・」

ハルヒ「なによ?」

鰻をこすり付ける前にとりあえずバーを外そうと思ったわけだが・・・

キョン「鰻なんか相手にならないくらいぬるぬるじゃないか」

ハルヒの股間がこれ以上ないくらいぬるぬるしているのだ
ほーほほほお、これはいい変態じゃのう!

ハルヒ「だって・・・恥ずかしかったんだもん・・・」

キョン「恥ずかしいとぬるぬるになるのか」

ハルヒ「う、うるさい!バカキョン!早く鰻ちょうだいよ!」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:11:14.56 ID:Xyj2UrPt0

キョン「まあまあ、そう慌てなさんな・・・」

そうだ、時間はたっぷりとあるのだ
焦る必要は全くない

キョン「ではこの鰻を・・・おわっ!?」

べちょっ
当然、鰻を掴むなんてなかなか難しいわけで

ハルヒ「もう!何やってんのよ!?」

キョン「すまんすまん、だがこれがなかなか・・・」

まともに掴めん

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:16:13.76 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ねえ、キョン・・・」

鰻と格闘していると、ハルヒが呟いた

ハルヒ「あたし・・・その鰻よりもキョンの鰻がいい・・・」

キョン「誰が鰻だ」

ハルヒ「冗談よ!」

キョン「そうだな、俺のは鰻じゃないよな」

そうだ、俺の鰻じゃなく、魂のパイルバンカーをぶち込んでやるぜ!

ハルヒ「わわわ、そうじゃなくて・・・脱ぐな!バカキョン!」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:19:47.22 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「まだダメ!キョンはまだダメなの!!」

ちっ、なんだ!
この期に及んで心の準備ができてないとはな!興ざめだぜ!

ハルヒ「キョンは・・・その・・・後で・・・」

キョン「後ですか、そうですか・・・」

ハルヒ「だからにんじんをちょうだい」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:23:03.05 ID:Xyj2UrPt0

にんじんだあ?
おう、にんじんでどうするってんだよ!

ハルヒ「さあ、キョン!命令するのよ!!」

キョン「どういう命令だ?」

ハルヒ「そのにんじんでオナニーしろ!って叫ぶの!」

な・・・なんだと?
まさか俺じゃなくて自分の手を使うというのか!

キョン「おい、ハルヒ・・・それじゃ俺はどうなる」

ハルヒ「だから・・・キョンはあたしを見てするのよ!」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:26:58.48 ID:Xyj2UrPt0

キョン「お前・・・とんでもない奴だな」

ハルヒ「なんとでも言いなさい、命令しないなら勝手にするわよ!」

キョン「待て待て、それはダメだろ」

ハルヒ「我慢できないのよ!早くしなさい!!!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:31:17.95 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「さあ、早く!!」

なんでも言う事を聞くというのに命令を聞くというのもなんだか気に入らない

キョン「じゃあ・・・」

いや、待て、自分でやり始めるまで焦らしてみよう

ハルヒ「早く・・・キョン・・・!」

キョン「しかし、濡れるっていうのはホントに濡れるんだなあ」

ハルヒ「キョンったら・・・!!」

キョン「お、なんかヒクヒクしてる、女体の神秘ってか」

ハルヒ「ば、バカキョン・・・!」

キョン「あ、なんか臭いもするのな」

ハルヒ「キョン・・・早くぅ・・・我慢できないの!!!!」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:34:48.68 ID:Xyj2UrPt0

キョン「我慢できないわりにすぐには突っ込まないのか」

ハルヒ「それはぁ・・・キョンの命令待ちだから・・・」

キョン「いいんだぞ、勝手に突っ込んでも」

ハルヒ「でも・・・それじゃ・・・」

キョン「ハルヒはいい子だなあ」

ハルヒ「う、うるさい・・・!」

キョン「じゃあお願いしてみようか」

ハルヒ「お願い・・・?」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:38:07.80 ID:Xyj2UrPt0

キョン「そんなたいしたお願いじゃない、ビデオみたいな馬鹿げたことは言わなくていいんだ」

ハルヒ「なんて言えばいいの?」

キョン「簡単だ」

ハルヒ「早く教えて・・・?」

キョン「オナニーしてもいいですか?だ」

これだ!これをハルヒに言わせてみたかったんだ
ビデオや漫画みたいに長々とおまんこにうんたらかんたらーなんて言わせなくても俺には十分だ

ハルヒ「うぅ・・・じゃあ、言うわよ?」

キョン「おう」

ハルヒ「お、オナニーしてもいいですか?」


ぎょぎょー!!!!!!!!!!

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:40:25.75 ID:Xyj2UrPt0

こ・・・これは効いたぜ・・・!
全盛期のタイソンなんて目じゃない

キョン「ふ、ふふふ・・・」

ハルヒ「じゃあ、するね?」

キョン「ダ メ だ」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:46:40.20 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「な・・・っ!お願いしたらしてもいいんじゃないの!?」

キョン「誰がそんなこと言った?」

ハルヒ「ひどい・・・けど、なんだかゾクゾクしてきちゃう・・・」

キョン「なんだ、却下されたかったんじゃないか」

そうだ、こんなおいしいセリフ一度で終わらせるのは惜しい
もう一度!もう一度だ!!

ハルヒ「キョン・・・お願いします、オナニーさせてください」

キョン「聞こえない!」

ハルヒ「オナニー、させてください・・・」

キョン「ダメ!全然聞こえない!」

ハルヒ「オナニーさせてください!」

キョン「そう、今のいいよ!!もう一回だ!!!」

ハルヒ「オナニーさせてください!!!」

キョン「・・・いい!!凄くよかった!!!これでまたハルヒ大きくなれたよ!!」

ハルヒ「じゃあ・・・?」

キョン「ダメだ」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:50:47.73 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「ねえ・・・どうすればいいの?」

眼が完全に潤んでやがる・・・なんだ、こいつもこんな顔できるんじゃないか

ハルヒ「キョン・・・お願い・・・」

キョン「・・・ゎぃぃ」

ハルヒ「へ?」

キョン「かわいいよおおおおおおおおおおお!!ハルヒかわいいよおおおおおおおお!!!」

ハルヒ「きょ・・・キョン?」

キョン「いや、なんでもない!いけ、ハルヒ!にんじんでイけ!!」

ハルヒ「うん!」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:54:06.41 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「んっ・・・ああ、いいよおキョン・・・」

キョン「そうか」

なんだ、女のオナニーってのは意外とおとなしいんだな
ここで俺がオナニーすると温度差が気まずい、ここは我慢だ!

ハルヒ「キョンは・・・しないの?」

キョン「ああ、俺はお前のオナニーを見届ける義務があるんだ!」

ハルヒ「キョン・・・」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 16:57:12.19 ID:Xyj2UrPt0

ふう、しかし・・・これは生殺しだ・・・

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なにぃ・・・?」

キョン「いやらしい音がしてるぞ」

ハルヒ「キョン・・・ビデオの見すぎだよぉ・・・」

確かにそうかもしれん

キョン「気持ちいいのか?」

ハルヒ「うん・・・あっ、いい・・・はぁ・・・」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「・・・晩御飯作るわ!!」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:01:37.78 ID:Xyj2UrPt0

な、なに?
なぜ突然晩御飯なんだ?俺は、俺はどうなる?

キョン「ハルヒ、もういいのか?」

ハルヒ「うん!キョンに見られてると思うと凄く気持ちよかったわ!」

キョン「あ、そうなの・・・フィニッシュは?」

ハルヒ「とりあえずしたわよ!これ以上してると晩御飯が遅くなっちゃうもん」

キョン「そうですか・・・じゃあ晩御飯頼むな」

あ、あれ?
なんか余韻とか、いろいろ・・・まあいいか、ハルヒだしな

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:05:52.52 ID:Xyj2UrPt0

しかし・・・縄跳びで縛られた女が晩御飯作るというのもシュールで落ち着かない
とりあえず服を着せよう、そうしよう

キョン「待て、ハルヒ!」

ハルヒ「なによ?」

キョン「とりあえず服を着るんだ!・・・ほら、肌はなるべく出さないほうがいいだろう?」

ハルヒ「キョン・・・わかったわ!じゃあさっきの服着るわね?」

キョン「ああ、だが・・・」

ハルヒ「だが・・・?」

キョン「にんじんを挿しておけ」

ハルヒ「・・・」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:10:40.37 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒの手際ときたら、それはそれは凄いものだった
あれだけ大暴れしたのに、未使用の鰻をためらいなく捌いたときには少し殺意が芽生えたが

ハルヒ「さあ、召し上がれ!」

キョン「凄いな・・・お前にできないことはないのか?」

ハルヒ「そんなのあるわけないじゃない!さあ、キョン、命令するのよ!」

キョン「・・・なにかすることあるか?」

ハルヒ「ほら・・・食べさせろ!とか・・・あるでしょ?」

キョン「自分で食うよ」

ハルヒ「・・・バカキョン」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:15:13.20 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「キョン?」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「その・・・おいしい?」

悔しいが、うまいし見栄えもいい
そうだよな、普段がさつでわがままで素直じゃないのも、個性だ

キョン「・・・あー、そうだな、ハルヒにしては上出来なんじゃないの?」

ハルヒ「それはキョン語でおいしいってことよね、素直じゃないんだから!」

キョン「うるさい!・・・ハルヒ、お茶」

ハルヒ「はいはい・・・」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:21:30.06 ID:Xyj2UrPt0

お茶を要求したらおもむろにハルヒが机に上り始めた
おい、なんだか嫌な予感がするぞ

キョン「ハルヒ・・・俺はお茶と言ったはずだが」

ハルヒ「そうよ!だからサービスしてあげるの!」

キョン「サービス?」

ハルヒ「そう・・・こうしてね・・・」

そう言ってハルヒはコップを股間に近づけていく

キョン「まさか・・・」

ハルヒ「はい、お茶よ!」

キョン「ばっ・・・やめっ・・・!」

こぽぽぽ・・・股間からコップに注がれていく液体

キョン「・・・」

ハルヒ「大丈夫、ほら、お茶だから!」

キョン「なんでお茶が股間から出るんだ!」

ハルヒ「入れ物を仕込んでおいただけよ、聖水風お茶注ぎ・・・キョン好きでしょ?」

キョン「普通でいいんだよ普通で!!」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:26:41.30 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「さあ、野菜もちゃんと摂らなくちゃね!」

光るにんじんが丸ごと一本食卓に登場した
これは・・・聞いておいたほうがいいだろうか

キョン「なあ、ハルヒ・・・」

ハルヒ「なに?」

キョン「このにんじんなんだが・・・」

ハルヒ「・・・キョンなら食べてくれるよね!?」

キョン「やめろっ!その潤んだ眼で見るな!!」

ハルヒ「キョンに・・・どうしても食べてほしいの・・・」

キョン「せめて洗って皮剥け!・・・だいたい誰が抜いていいって言った」

ハルヒ「・・・あたしのことお仕置きしてもいいから!だから食べて!!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:36:19.13 ID:Xyj2UrPt0

これは・・・少し食いたい!
だが、ここで食べたら俺が俺で無くなるような気がする・・・

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「むむむ・・・ええい、ままよ!」

ぺきっ

これだけの食事をしながら生のにんじんを食べることになるとは
しかもこれはハルヒの・・・ん?

キョン「・・・ん?んん??」

ハルヒ「ぷっ・・・あはははは!騙された?騙された?」

妙な味は一切しない、これは普通のドレッシングだ

キョン「これは・・・」

ハルヒ「さすがにそのまま出せないわよ・・・洗ってドレッシングをそれっぽく」

キョン「挿してあったのではあるのか・・・おい、ハルヒ・・・」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:42:07.85 ID:Xyj2UrPt0

別に挿してあったのを出したことに怒りはしない
それよりも腹が立つことがあったのだ

キョン「どうしてだ!?」

ハルヒ「はあ?」

キョン「どうしてそんな中途半端をするんだって言っているんだよ!!」

ハルヒ「・・・ごめん」

キョン「出すならハルヒの汁でびしょびしょになったのをそのまま出せばいいんだよ!」

ハルヒ「はい・・・」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:42:43.64 ID:Xyj2UrPt0

キョン「俺は中途半端な内容が一番嫌いなんだよ!わかれよ!なあ!?」

ハルヒ「・・・ごめんなさい」

キョン「聞こえない、全っ然聞こえない!反省も見えない!」

ハルヒ「ごめんなさい!」

キョン「聞こえない!」

ハルヒ「ごめんなさい!!」

キョン「まだ聞こえない!!」

ハルヒ「ごめんなさい!!!」

キョン「もっと!!!」

ハルヒ「ごめんなさい!!!!」

キョン「・・・よーし、次から気をつけよう!」

ハルヒ「・・・キョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「ちょっと、嬉しかった・・・」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:50:24.47 ID:Xyj2UrPt0

想像以上にうまいハルヒのメシを食ったら、当然することは一つだ

キョン「さて、ハルヒ・・・」

ハルヒ「お風呂ね!?お風呂に入るのよね!?」

キョン「よくわかってるじゃないか」

ハルヒ「ふん、キョンのことならだいたいわかるわよ!!」

キョン「じゃあ・・・」

ハルヒ「命令は!?命令はまだなの!?背中を流せ!って、さあ、早く!!」

キョン「・・・一緒に入るぞ」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:54:03.59 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「じゃあ、あの・・・服、脱いでいい?」

キョン「ダメだ・・・といいたいが、処理が面倒なので脱いでいいぞ」

ハルヒ「じゃあ、脱ぐね・・・」

キョン「待て、ハルヒ!!」

ハルヒ「どうしたの?」

キョン「・・・ガーターベルトは・・・脱ぐな」

ハルヒ「・・・」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 17:59:01.97 ID:Xyj2UrPt0

ハルヒ「それじゃ濡れちゃうじゃない!処理が面倒とか言って・・・」

キョン「えーい黙れ黙れぃ!」

そうだ、ここだけは絶対に譲っちゃいけない
濡れ着衣は無理でも、濡れ靴下、濡れストッキングだけは・・・!

キョン「いいから、脱ぐんじゃない!これは命令だぞ!!」

ハルヒ「・・・エロキョン!変態!」

キョン「そう言いながらしっかり穿いたままじゃないか」

ハルヒ「だって・・・命令なんだもん・・・」

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 18:02:10.56 ID:Xyj2UrPt0

キョン「そもそもお前に変態呼ばわりされる覚えはない」

ハルヒ「誰のせいなのよ!!」

キョン「・・・俺なのか?」

ハルヒ「そうよ!!・・・もう、キョンがいないとあたし・・・」

キョン「は?」

ハルヒ「なんでもない!入るわよ!!」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 18:07:56.38 ID:Xyj2UrPt0

誰かと一緒に風呂に入るなんて、何年ぶりだろう?
しかもそれが赤の他人で、異性ときている

キョン「なあ、ハルヒ・・・」

ハルヒ「なに?」

キョン「さっきからずっと思ってたんだけど、穿くっていう感じなんかエロくないか?」

ハルヒ「はあ?何言ってんのよバカキョン!!」

430 名前: ◆.LMqmG8Hlg [] 投稿日:2008/07/17(木) 19:50:04.10 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「じゃあ、キョン・・・背中流すから、ほら!」

キョン「お、すまんな」

ゴシゴシとハルヒが俺の背中を洗い始めた
まさかこんな日がくるなんて・・・

キョン「なあ、ハルヒ」

ハルヒ「ん?」

キョン「こうやってメシ食って風呂入ってたら・・・なにかこう、感じるものがあるよな」

ハルヒ「こんなカッコで入らせといて何が『感じるものがあるよな』・・・よ!エロキョン!」

そうだった、この濡れストッキングが下半身に作用しやがる
ハルヒの脚がまた綺麗だからストッキングが映えてうほほほほ

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 19:52:24.56 ID:N75hvQwh0

む、いかん・・・石鹸が乗ったストッキングはリアルだとこんなに・・・

ハルヒ「・・・キョン、こっち向いて」

キョン「それはダメだ!」

ハルヒ「向いて!」

キョン「ダメだ!」

ハルヒ「向いて!!」

キョン「ダメだって言ってるだろ!!!」

ハルヒ「むー・・・」

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:00:09.10 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「・・・そんなに粗末なの?」

キョン「なんだと?」

ハルヒ「だってそんなに隠すから!」

キョン「うるせえ!女子供が見れる巨砲じゃねーや!!」

ハルヒ「見栄張っちゃって、今日から見栄晴って呼ぶわよ!!」

キョン「・・・どうやらお仕置きが必要らしいな」

ハルヒ「ふんっ、どうせお仕置きも粗末よね!全然どうってことないわよ!!」

こいつ、好き放題言いやがって・・・あとでたっぷりかわいがりだ

ハルヒ「ただ・・・キョンのが見たいだけなのに・・・」

キョン「なに?」

ハルヒ「早く向け粗チンって言ってんの!!」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:03:21.94 ID:N75hvQwh0

そんなに言うなら向いてやるさ、驚く顔が目に浮かぶぜ!

キョン「吠え面かくなよ!」

ハルヒ「やった!キョン、早く!!」

そうさ、向いてやるさ・・・おら!

ハルヒ「・・・」

キョン「・・・なんだよ」

ハルヒ「凄く・・・ベビーパンサーね・・・」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:07:28.75 ID:N75hvQwh0

な・・・これでベビーパンサー扱いだと・・・?
いったいどれくらいの大きさなら満足だというんだ、まったく女というのは怖いぜ

キョン「・・・だいたい、でかくたって邪魔なだけだ!これくらいが機能性も考えるとちょうどいいんだよ!」

ハルヒ「・・・ぷっ、ぷぷぷ・・・だってさあ!吠え面かくなよって・・・っあははは!」

キョン「うるさいうるさい!地獄の殺し屋ベビーパンサーなめんじゃねーよ!!」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:13:06.87 ID:N75hvQwh0

しかし・・・こうして見ると・・・綺麗な顔だな
なんで風呂場の女はこんなに綺麗に見えるんだろう、今まさに綺麗にしているからか?

ハルヒ「キョン?」

キョン?だとか言う顔が・・・むむむ、たまらーん!
よく見るとほとんど化粧しなくても綺麗な顔立ちなんだな、くそ、こいつ優遇されすぎだろ!

ハルヒ「キョン、顔が紅いわよ?のぼせちゃった?」

ダメだ、手が止まらない・・・ええい、抱き寄せてやる!

キョン「ハルヒ・・・」

ハルヒ「・・・っ!?ちょ、ちょっと、キョン・・・!?」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:18:09.97 ID:N75hvQwh0

脱げと命令したときより、商店街で暴れられたときより
どんなときよりも脈が早い、心臓が爆発しそうだ

キョン「ハルヒ・・・」

ハルヒ「キョン・・・凄く脈が早いよ、大丈夫?」

柔らかい胸だ、信じられないくらい形もいい
ああ、なんなんだこいつ、頭もよくて顔もよくてスタイルまでいいんだ
くそっ、死ね!ビューティーコロシアムに土下座しやがれ!

ああ、おっぱいおっぱいおっぱい・・・と、ストッキング
ストッキング・・・ああ、そうだ、こんなことしていちゃダメなんだ!

キョン「・・・ハルヒ」

ハルヒ「キョン・・・!」

キョン「お仕置きしなくちゃな」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:24:04.90 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「うん・・・えっ?えっ?お仕置きって、ちょっと・・・」

キョン「ハルヒの大好きなぬるぬるだぞー」

そうだそうだ、その場の勢いで大惨事になるところだったぜ
ハルヒにはもっと教育が必要なのだ、そしてその教育は俺にしかできないのだ、ふふふ

ハルヒ「ねぇ、違うでしょ!?今の感じは・・・その・・・好きだ!とか・・・」

キョン「お前は何を夢見ているんだ、ピーターパンか?・・・大人になるんだ」

ハルヒ「ちょっと!諭し方がおかし・・・ひゃっ!?触るなぁ!!」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 20:29:13.03 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「最低!バカキョンアホキョン!!」

キョン「かまうものか、中途半端に低いよりは最も低いほうが・・・いい!」

ハルヒ「ひゃあっ!・・・ぬるぬる・・・ぬるぬるだ・・・」

キョン「そうだな、ぬるぬるだよな」

ハルヒ「・・・うん」

キョン「ハルヒはぬるぬる好きかな?」

ハルヒ「・・・好き」

キョン「なんで好きなのかな?」

ハルヒ「気持ちいい・・・から」

なるほど、ぬるぬるは催眠効果があるらしい、今度から利用させてもらうか

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:01:44.42 ID:N75hvQwh0

キョン「なんだって?」

ハルヒ「気持ちいいから・・・」

キョン「もう一度言ってみよう」

ハルヒ「気持ちいいから」

キョン「もう一度!」

ハルヒ「気持ちいいから!」

キョン「はい!」

ハルヒ「気持ちいいから!!!!!」

キョン「よーし、そうだ!今日一日でハルヒすっごく綺麗になった!!」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:03:25.69 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「キョン・・・ぬるぬるなの・・・」

キョン「そうだな、ぬるぬるだ」

ハルヒ「命令・・・して?」

キョン「よし・・・じゃあ俺のベビーパンサーを綺麗にしてやるんだ」

ハルヒ「うん!」

キョン「待て、ハルヒ!」

ハルヒ「なに?」

キョン「・・・足で綺麗にするんだ」

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:05:28.22 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「うん・・・そう言うだろうと思ってた!」

キョン「そうだな!ぬるぬるだもんな!」

ハルヒ「足に石鹸をつければいいのね?」

キョン「ああそうだ、そのためにストッキング穿いたままなんだぞハルヒ」

ハルヒ「そうよね!わかってたわよ!!」

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:10:56.58 ID:N75hvQwh0

いつも蹴り入れられたり、舐めさせられたりしてた足が
こうやって俺の対戦車砲を挟んで綺麗にしようとしている
これほどグッとくるシチュエーションがあるだろうか?いや、ないだろう

キョン「そうだハルヒ・・・凄いな、お前はなんでもできるんだな」

ハルヒ「当然じゃない!」

この自信がまたたまらない
俺は今世界で一番の勝ち組だ!

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「ん?」

キョン「そこはかかとで・・・そうそう、そうだ・・・いいよ!」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:18:44.86 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「ねえ、キョン・・・?」

キョン「おお、なんだ?どうした?」

ハルヒ「あたしね・・・キョンが髪型について指摘してきたときにさ・・・」

キョン「ん?ああ、あれか・・・」

なんで急にこんな話をしだす?
まずいぞ、自力で術を解こうというのか?

ハルヒ「あ、コイツやるじゃないって思ったのよ」

キョン「まあ、ちょっとしたきっかけになりそうだったからな」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:21:54.41 ID:N75hvQwh0

なんだ?いったいどう展開させる気なんだ?

ハルヒ「それでね・・・」

キョン「お、おう・・・」

ハルヒ「この人ならいつかあたしを・・・」

キョン「・・・」

ハルヒ「奴隷にしてくれるんじゃないかと思ってたの!!」

キョン「そ、そうですか」

ハルヒ「だから今あたし凄く幸せよ!!!」

キョン「そうだな!今のハルヒは凄く綺麗だよ!!」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:24:43.45 ID:N75hvQwh0

ふう・・・どうやらまだ変態モードみたいだな
この状態で俺の桜島が噴火すると非常にまずい気がする

お楽しみはあとにとっておきたいのだ・・・

キョン「は、ハルヒ・・・!ストップ!」

ハルヒ「えっ!?まだキョン出してないわよ!?出しなさい!さあ、早く!!」

キョン「いいんだ!もういいんだ!!」

やれやれ・・・どっちが奴隷だかわかりゃしない

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:31:25.03 ID:N75hvQwh0

さて、風呂もあがってあとはのんびり寝る準備をするだけだ
ああ、長かったり短かったり、激動の一日だったぜ・・・

『ピッチャー寺原、フルカウントからの7球目・・・打ったー、金本のサヨナラ――』

ああ、またベイスターズが負けている
くそ、なんとなくテレビなんてつけるもんじゃないぜ

ハルヒ「あら?またベイスターズが負けたの?キョンみたいね!」

キョン「どういうことだ」

ハルヒ「そういうことよ」

キョン「・・・いや、今の俺はタイガースだぜ?」

ハルヒ「はあ?」

キョン「ハルヒと同じ布団で寝るんだからな」

ハルヒ「・・・バカキョン!」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:35:34.19 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「ところでね、キョン・・・」

キョン「ん?どうした?」

ハルヒ「パジャマがないんだけど・・・」

そうだった、ずっとバスタオルを巻いたままだ
しかし妹のパジャマを着せるわけにも・・・いや

キョン「大丈夫、用意してやろう」

ハルヒ「あるの?」

キョン「さっきの縄跳びを取ってこい」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:37:54.33 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「もう!なんでそうなるのよ!エロキョン!!」

キョン「縄跳び取ってきてからそんなこと言うんじゃない」

ハルヒ「もう・・・しかたないなあ!!」

キョン「そこはためらいなく万歳するのか」

ハルヒ「だってパジャマがないじゃない!」

キョン「わかったわかった、じゃあ縛ろうな」

ハルヒ「うん!」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:42:42.04 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「もう!狭いわよバカキョン!もっと布団を上手に使いなさいよ!!」

キョン「それはお前が端に寄ってるからじゃないか、もうちょっとこっちにくればいいのに」

ハルヒ「嫌よ!だって近寄ったら・・・またエッチな雰囲気になっちゃうじゃない・・・」

キョン「その格好で言うことか」

ハルヒ「パジャマがないからしかたないじゃない!」

ああ、かわいい奴だ

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:46:35.72 ID:N75hvQwh0

素直になったりエロかったり、忙しい奴だ
親の顔が見てみたいぜ!こいつをこんなふうにした奴も!

キョン「やれやれ・・・つまらない意地を張らずにこっちへこい!」

ぎゅっと、縄跳びを引っ張ってやる

ハルヒ「ひゃあっ!?バカキョン!!やめてよ!!」

キョン「うるさい、ほれっ!ほおれ!」

ハルヒ「ひゃああああ」

むひょう!布団の中で引っ張る縄っていうのは興奮するぜ!

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:49:50.38 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「はーっ、はーっ・・・ねえ、キョン・・・」

キョン「ん?」

ハルヒ「引っ張られるのもいいけど・・・あたしは・・・」

キョン「よしよし、もっと引っ張られたいんだな」

ハルヒ「ひゃあんっ!ちがうの!!あたしは・・・キョンに・・・」

キョン「俺に・・・?」

ハルヒ「・・・優しく抱きしめてもらいたいなあ、なんて・・・」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 21:54:20.31 ID:N75hvQwh0

フオオオオオオッ!!
こいつ・・・なんて顔をしやがる!!

キョン「ハルヒ・・・なに言ってんだお前は!」

ハルヒ「あふっ、ふぁあ!擦れるからやめてよ!!」

なんだかわからんが、どうもさっきまでと雰囲気が違うことくらいはわかる
・・・観念しろってか

ハルヒ「ねえ・・・キョン、お願いします・・・縄、解いて・・・?」

キョン「・・・」

ハルヒ「それから・・・少しだけでいいから・・・抱きしめて」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:01:22.26 ID:N75hvQwh0

キョン「おいおい、ハルヒ、そんなお願いで・・・」

ハルヒ「キョン・・・」

う、うわああああああああ
まずい!俺のベビーパンサーにつきのいしを与えてしまったようだぜ!
桜島ファイヤーだ!畜生アメ公ども!俺の魂のロックがお前らのWe Will Rock Youなんだよくそったれ!!

キョン「まあ待て、ハルヒ」

ハルヒ「もう・・・待てない・・・」

キョン「お前はぬるぬるが好きだったろ?さあ、好きなものを大きな声で!」

ハルヒ「・・・」

キョン「聞こえない!全然聞こえないよ!ほら!!」

ハルヒ「・・・」

キョン「ほら!!どうした!?ハルヒ!!!」

ハルヒ「キョンが好きなの!!!」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:06:06.43 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「今日・・・ずっとひどいことされたけど・・・」

キョン「なっ・・・ひどいことって・・・お前・・・」

ハルヒ「それでも・・・キョンが喜ぶと思って・・・!!」

キョン「いや、商店街のときはガチだったろ!?なあ!?」

ハルヒ「やられっぱなしじゃ悔しいから・・・いたずらしてやろうと思ったの!」

キョン「じゃあ・・・バーが折れたのも・・・?」

ハルヒ「細工したのよ!」

なんてこったい、どうやら俺はお釈迦様の手のひらでダンスっちまったらしい

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:08:07.59 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「どこかで・・・お風呂場のときみたいに・・・抱きしめてくれるんじゃないかって・・・」

キョン「・・・」

ハルヒ「好きだ!って、言ってくれないかなあって・・・ずっと思ってた!」

キョン「まあ、待て、ほら、一週間って長いんだからさ?」

ハルヒ「ずっと一緒にいたら・・・我慢できなくなったの!!!」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:11:54.20 ID:N75hvQwh0

キョン「いや、待て・・・なんでわざわざこんな手の込んだことを・・・」

ハルヒ「あたし素直じゃないし、わがままだし・・・勇気が、なかったから・・・」

やめてくれよ、勇気だとか、どこかの魔法使いじゃあるまいし
それに、誰よりも勇気がなかったのは・・・俺なんだ

ハルヒ「鶴屋さんに・・・思いっきりぶつかってみろ!って、そう言われたけど・・・」

キョン「・・・」

ハルヒ「どうしても・・・無理だったから、こうして・・・!」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:16:30.81 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「おかしなこと言っても、わがまま言っても・・・キョンは、キョンはずっとあたしのこと見ててくれた!」

キョン「ハルヒ・・・」

ハルヒ「だから・・・ずっと一緒にいたくて・・・好きだなんて言ったら気まずくなるんじゃないかって・・・」

なんだ、コイツも同じだったんだ
ずっと、俺と同じこと考えてたんだ・・・
コイツもこんなふうに泣くんだな

キョン「そうか・・・」

ハルヒ「・・・ごめん、忘れて!今の、全部なし!!」

キョン「いや、それは・・・ダメだ」

ハルヒ「忘れてよ!」

キョン「ダメだ!・・・一週間は俺の言う事をなんでも聞くんだ、そうだろ?」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:20:02.90 ID:N75hvQwh0

キョン「だからな、ハルヒ・・・」

そうだ、今こそ勇気を振り絞るんだ!
よく考えたら目の前で縛られた女に告白されるとか凄い状況なんだが、この際それは忘れよう

キョン「だから・・・一週間は・・・お試し期間ってことで」

ハルヒ「へっ・・・?」

キョン「つきあうとかつきあわないとか、よくわからないから・・・一週間、ちょっと仲良くしてみてさ」

ハルヒ「・・・うん」

キョン「それから結論を出しても・・・遅くは・・・遅くはないはず」

ハルヒ「・・・いいの?」

キョン「今更良いも悪いもあるかよ」

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:25:00.05 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「・・・っ!キョン・・・!」

キョン「ハルヒ・・・ぐえっ!」

急に抱きついてきやがる、しかしなんつう力だ
縛られた女が抱きついてくるとかこれはこれで凄い経験をしているんじゃないだろうか
やれやれ、どこまで行ってもSOS団か・・・まあ、縛った奴のことは忘れよう、うん

キョン「ハルヒ・・・苦しい・・・縄、解かなきゃ・・・それから・・・」

ハルヒ「うん・・・」

キョン「シャミセン、見世物じゃねえんだ、あっち行ってろ」

シッシッとシャミセンを追い払う
何か言いたげだったが、どうせ喋れやしねえ、けど見られてたのは腹が立つな

611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:28:51.61 ID:N75hvQwh0

ハルヒ「ねえ、キョン・・・?」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「あたしパジャマがないの・・・暖めてほしいなあ・・・」

キョン「はあ?なに言ってんだ、このクソ暑いのに」

ハルヒ「ねえ、キョン・・・」

キョン「なんだよ、結局変態なのは本物じゃねえか・・・」

―――――――――――――――――――――――――
キョン「・・・大雪山おろし!!」
ハルヒ「あぁーダメー!ドリルアームー!!」

合体こそ、男のロマン!!ってか!!

―――――――――――――――――――――――――

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:35:21.08 ID:N75hvQwh0

・・・長い夢を見ていたのか
隣にいたはずのハルヒはシャミセンに変わってて
タイマーをセットしたはずの扇風機はガンガン回転してる

キョン「そうだよなあ・・・夢だ、そうだ、きっと夢だ!」

ハルヒ「あら!キョン、起きたのね!?」

キョン「うわっ!なんで・・・」

ハルヒ「なんでって、お試し期間・・・でしょ?」

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:38:33.01 ID:N75hvQwh0

そうか、やっぱり夢じゃないよなあ・・・
唇の感触とか、柔らかくて張りのある胸とか・・・いい匂いの髪の毛とか
夢にしてはよくできてたよな、忘れたくても・・・忘れられない!

キョン「ああ、そうか、そうだったな・・・おい、ハルヒ!」

ハルヒ「なに?」

キョン「俺は喉が渇いた!近所にチェリオが売ってるから買ってこい!」

ハルヒ「なっ・・・なんでそんなことあたしが・・・!」

キョン「一週間俺の言う事なんでも聞くんだろ?」

ハルヒ「うっ・・・だけどそれは・・・」

キョン「おいハルヒ、さっさとチェリオ買ってこいよ」

ハルヒ「わかってるわよ!」

そう言って、ハルヒは苦虫を噛み潰したような顔をしながら近くの自販機へと駆けていった
ああ、気持ちがいい、爽快だ

来週にはこんなことできなくなっているだろうから、今のうちに楽しんでおかなくちゃな!


おしまい

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 22:40:28.86 ID:N75hvQwh0

ごめんねつまんなくて
今日はスレ立てできるかなと思って立てたら立っちゃって、こんなのになった

本当に申し訳ねえ、朝から張り付いてたりした人お疲れ様

ゆっくり風呂でハルヒのストッキング脚を妄想してくれたらこれに勝る喜びはございません



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゴルゴ13「ドラえもん……」