キョンとハルヒの子供が母親譲りのワガママ娘だったら


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒの余命が…あと半年…?」

ツイート

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:31:11.89 ID:qBp6+AzS0

「うわー、ぜんっぜん変わってないわねぇ」

8月も半ばを過ぎた頃、ハルヒは自宅にいた。
隣の部屋からは夫と娘の声が聞こえてくる。

「いきなり声かけて驚かしてやるわ!」

ドアが半開きだったので音は出なかった。
忍び足で夫の後ろに立つハルヒ。
思わず笑いが漏れてしまいそうになる。

「わっ!!」

「・・・・・・・」

夫はハルヒに見向きもせず、先日買ったばかりのデジカメをいじっていた。

「あ、そっか。あたし死んでるんだったわ・・・」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:31:51.45 ID:qBp6+AzS0

「毎年忘れちゃうけど・・・まさかあたしが幽霊になるとはねぇ。」

言いながら、彼女は寂しそうに笑った。
居間の隅に小さな仏壇があった。

「うんうん、ちゃんときれいにしてるじゃない」

整理された仏壇には、ハルヒの遺影があった。
遅い新婚旅行で撮ったときのものだ。

「もっといい写真なかったかしら」

それでも、写真のハルヒは笑っていた。

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:32:23.24 ID:qBp6+AzS0

「それにしても年に一度しか戻ってこれないなんて・・・
 日本のお盆制度には納得いかないわ」

などと愚痴をこぼしていると、夫と娘の会話が耳に入ってきた。

「頼むよ、来週の運動会でこのカメラを使わせてくれ!」

「イヤよ恥ずかしい。もうそんな年じゃないの!」

夫は新しく買ったカメラを使いたくてしょうがないらしい。
しきりに頼んでいる。
娘はというと、そっぽを向きテレビに見入っている。

「キョンも苦労してるわね。まったく誰に似たんだか・・・」

高校1年生になった娘は、在りし日のハルヒに瓜二つだった。
ポニーテールが似合う美少女だ。

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:32:55.48 ID:qBp6+AzS0

「大きくなったわね・・・。」
ぼそっとつぶやいた後で、悲しくなりそうな自分に気づいて、そしてこらえた。
もっと一緒にいたかった。
もっとみんなで遊びたかった。
家族でキャンプも、不思議探しだってしてない。

考えだすと止まらなくなる。

思わず、ハルヒはキョンに駆け寄った。
椅子に座るキョンの後ろから、その少したくましくなった背中を抱きしめた。

「キョン・・・」

「ハルヒ・・・・・?」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:33:20.09 ID:qBp6+AzS0

「え・・・?」
驚いたのはハルヒの方だった。

「どうしたの?キョンくん・・・」

不意に後ろを振り返るキョンであったが、彼女の姿は見えていない。
でも、懐かしい暖かさを感じた。

「いや。なんでもないさ」

すっと立ち上がるキョン。

「なぁ、運動会は諦めるよ。でも今1枚だけ一緒に撮ろう」

娘はちょっと考える素振りを見せ

「い、1枚だけよ?」

二人はテーブルにカメラを乗せ、その正面に立った。

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:34:01.63 ID:qBp6+AzS0

「あぁ。もう時間か・・・。今年も早かったわね」

何かを悟ったようにハルヒが言った。

「ふふ、家族写真なんだからあたしが入っても問題ないわね」

ハルヒは並んでいる二人の方へと歩みよった。
そして、娘をはさんでそこに立った。

カシャッ

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 03:34:37.48 ID:qBp6+AzS0

「キョンくん・・・なんか変なのが写ってるよ・・・」

撮影したデータを見ながら娘が声を震わせて言った。

「どれどれ?ん、ほんとだ・・・」

心霊写真なんかあいつに見せたら喜ぶだろうな、と一瞬彼は思った。

「こういうのも、たまにはあってもいいじゃないか」

彼はふふっと笑った。


「キョン、この子のことお願いね・・・」


後日、彼の家のアルバムに新しい写真が1枚加えられた。


おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「蝉はうらがえって死ぬ」