ハルヒ「…キョンまだかしら…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「よーし!今日はセックスしちゃうよー!」

ツイート

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 01:25:20.86 ID:gluu3/NVO

いつからこうなっちまったんだ?
終わらない今日。いや、終わらないってのは語弊があるな。
きっかけは多分俺だった。

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 01:27:30.15 ID:gluu3/NVO

いつからだろう、時期はわからない。
でも俺はいつからか、ハルヒのことをSOS団の一員ではなく、一人の女の子として見ていた。やがて雪山での一件を経て…自分の気持ちにハッキリと気がついた。
ハルヒと一緒に時を過ごすようになり、非現実が現実を侵食して。危険な思いを幾度となくするようになり、俺は決心してハルヒを部室に呼び出した。
言わずに後悔したくない。

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:29:07.47 ID:gluu3/NVO

だから、言ったんだ。
「ハルヒ、付き合ってくれ」
世界が、グンニャリと歪んだ
「!」
ハルヒが何か言っている気がしたけど、もう何にも聞こえなくなって…

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:30:26.44 ID:gluu3/NVO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ガタッ!

ハルヒ「ッ?!…なんだ、オセロのコマか」


ガチャッ!

「キョンッ?!遅かったじゃない!あと、入る時はノックぐらいしなさいよ!」
「ハルヒ、大事な話がある」
キョンは真剣な表情をしていた。
いつも浮かべている、どこか面倒臭そうな疲れたようなそれじゃなかった。
「な、なによ…」
じっと見つめられて、あたしは顔が紅くなるのを感じた。
「あのなハルヒ、」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:31:23.20 ID:gluu3/NVO

〜〜〜〜〜〜
ガタッ!
「オセロのコマがなんで鳴るのよ!」
あたしはビックリして飛び起きた。
身体中が火照って、汗ビッショリ。
パジャマが肌に貼りついていて気持ち悪かった。
胸がドキドキしておさまらない。


あれ?
パジャマ?なんで?
あれ?
…あれ?
ここ、あたしの部屋?

あたしは、部室でみんな、ううん、キョンを、待っていたんじゃなかったっけ。
どうして家にいるの?
どうしてパジャマで寝ていたの?
あたしのどうしてここにいるの?
あたし…
どうしちゃったんだろう?

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:32:42.75 ID:gluu3/NVO

身体をベッドから半分起こして、一つ、深呼吸した。
学校に行って、お昼に皆でご飯を食べて、放課後団活して、夜は休んで。
明日も、明後日も。来週も来月も、ずっと。
ずっとみんなで愉快に過ごすのよ!

ドキドキもベタついた汗も収まったみたい。
夜中目を覚ますなんてあたしらしくもないわ!

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:34:53.08 ID:gluu3/NVO

〜〜〜〜〜〜〜
沈黙。

「なによ、それ」
やっちまった。
呆然としていたハルヒが再起動してひねり出した言葉を聞いて、俺は内心頭を抱えたくなった。
「そんなの、なによ、」
「ハルヒ、あのな、俺は」
ハルヒが団長席から立ち上がってバンッ!と机を叩いた。

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 01:36:00.28 ID:gluu3/NVO

「ダメッ!ぜんっ、ぜん、駄目!」
ドスン、ドスンと足音踏み鳴らしながら俺の前に立つ。
「、だから」
「言い訳しない!」
べし、と鼻にデコピンされた。痛い。
「はいはい」
「…期待したあたしが馬鹿みたいじゃない…」
え?
「なんでもないわよ!帰る!みんなにもそう言っておいて!」
ハルヒはカバンを手にすると乱暴にドアを開けた。
「おや」
「古泉くん、悪いけど今日は団活中止にしてくれる?」
「わかりました、皆さんには僕から連絡しておきますね」
「ありがと。じゃ、あたし帰るわね!」
「お疲れさまでした」
まるでつむじ風のようにハルヒは部室を飛び出していった。

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/17(木) 02:03:44.29 ID:gluu3/NVO

だが、
ハルヒが立ち去ってから少しの間をおいて、朝比奈さんと長門が部室にやって来た。
長門はパイプ椅子に座り、ハードカバーの本のページをめくり。
朝比奈さんはお茶を淹れてくれた。
「座ってください、立ちっぱなしは良くないですよ?」
古泉の声に俺は我に返り、いつもの席に座る。
すまん、また失敗したようだ。

「そうでしょうか?」
古泉の声には責めるような色合いはなかった。
どういうことだ?
「これまでのように涼宮さんが帰ってからすぐ、朝に巻き戻っていないからですよ」
「今までと違う情報データが涼宮ハルヒに生じ、それが今日を進行させた。大きな進展。悪いことではない」
長門の俺を見る目がほんの少し暖かい気がする。
ありがとう、長門。

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 02:05:04.20 ID:gluu3/NVO

「今機関に確認してみたのですが…」
古泉は携帯をポケットにしまって、俺に向き直った。
「閉鎖空間の発生は今のところないそうです。少しは進歩があったのでしょう、涼宮さんの中で。変わらない日常を変えようとするきっかけを生じさせたんです、今回」
「キョン君だから出来たことなんです」
そうだといいんだが…
「大丈夫ですよ」
天使のスマイルを浮かべて、朝比奈さんはハッキリと言い切った。
「明日はやって来ます。(涼宮さんだって…)」
どうしてわかるんです?今日が終わるって。
「禁則事項です(涼宮さんのためにも、ね)」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/17(木) 02:06:01.45 ID:gluu3/NVO

あいかわらずの伝家の宝刀ですか。でも、今はその言い回しも悪くない。
「大丈夫」
パタン、と長門は本を閉じた。
「信じて、涼宮ハルヒを」
あぁ、信じているさ。
〜〜〜〜〜〜
学校の帰り道で、ハルヒからメールがきた。
『明日は早く来なさいよっ!遅刻したら罰金だけじゃ済まさないんだからね!』あぁ、待望の明日が来る。
俺とハルヒのこれからは、明日から進めればいいんだよな?

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:利根川「カイジ、そこに3つのボールがある。好きなのを選べ」