ハルヒ「…キョンまだかしら…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:L「月くん……はっきり言いましょう」月「……」ドキッ

ツイート

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 03:39:04.41 ID:NbTiRkRcO

――――銭湯にて――――

ハルヒ「もう! キョンのやつ、遅いわね」

ハルヒ「私が早風呂なのもあるけど遅過ぎよ!」

ハルヒ「こうなったら、ファミレスでたっぷり奢らせてやるんだから」


ハルヒ「・・・・・・・」


ハルヒ「一体どうしたのかしら・・・・・・のぼせたとか・・・・?」オロオロ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 03:57:29.54 ID:NbTiRkRcO

ハルヒ「何かあったのかしら・・・」ソーッ

キョン「〜♪っておわッ!? 何やってんだ、ハルヒ」

ハルヒ「お、遅すぎるから様子を見に来たのよ! 女の子を待たせるなんて、何考えてるの?」

キョン「ファミレスで奢るから勘弁してくれよ。なっ?」

ハルヒ「当たり前よ! 罰金!・・・・・って、ん?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 04:14:17.67 ID:NbTiRkRcO

ハルヒ「その顔の傷どうしたの? 血が出てるじゃない」

キョン「髭を剃ってる時に子供にぶつかられてな。痛ッ、まだ血が出てやがる・・・。止血したつもりだったんだが」

ハルヒ「絆創膏あるから、早く見せなさい」

キョン「いいよ。大袈裟なものでもあるまいし」

ハルヒ「いいから早く!」

・・・・・・・

ハルヒ「よしっ。これで大丈夫ね」スッ

キョン「すまないな」

ハルヒ「別にいいわよ。さあ、何を奢って貰おうかしら〜♪」タタタッ

キョン「おいおい、待てよハルヒ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 04:25:05.01 ID:NbTiRkRcO

長門「・・・・・・」ペラッ

長門「・・・・・・(彼はまだ?)」

長門「・・・・・・・」ペラッ

長門「・・・・・・・(喉が渇いた)」スッ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コポコポコポ

長門「・・・・・・・」ゴク

長門「・・・・・・・(苦い)」ケホッ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 04:38:00.15 ID:NbTiRkRcO

長門「・・・・・・」ペラッ

長門「・・・・・・(野球部員が帰り始めた)」ジーッ

長門「・・・・・・(そろそろ私も)」ガタ

コンコン ガチャ

長門「・・・?!」

キョン「すまん、遅れてしまった。んっ? 長門1人だけか?」

長門「・・・」コクッ

キョン「ハルヒのやつ、帰っちまったのか・・・。長門も、もう帰るのか?」
長門「・・・」コクッ

キョン「それじゃあ一緒に帰るか」

長門「・・・」コクコクッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 05:59:53.42 ID:NbTiRkRcO

保守がてら


コンコン ガチャ

みくる「すみません〜、遅れましたぁ」

みくる「私だけ? じゃあ今のうちにメイド服に着替えないと・・・・・・・」スッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コンコン

みくる「はい、どうぞ〜」

ガチャ

古泉「すいません。バイトがあるので、お先に・・・・・・・あれっ、涼宮さんは?」

みくる「まだ来てないみたいです。涼宮さんには、私から伝えておきますから」

古泉「よろしくお願いします。では」ニコッ

パタン

みくる(今日は長門さんもいないし、何だか寂しいなぁ)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 06:20:00.04 ID:NbTiRkRcO

コポコポコポ カチャ

みくる(何だか部室が広く感じる・・・)

ズズッ

みくる(そうだ。みんなが来ないうちに)ゴソゴソ


みくる(ふふっ。キョン君、喜んでくれるかなぁ)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 06:36:28.52 ID:NbTiRkRcO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スッスッスッ カタッ

みくる「・・・・・・できた〜!」

みくる(ふふっ。1ヶ月もかかったけど、キョン君が喜んでくれるなら・・・)


カチッ

みくる(みんな遅いなぁ・・・・・)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 06:47:57.25 ID:NbTiRkRcO

みくる「・・・・・・・zzz」

―――起―て――さい―――


みくる「・・・・・・zzz」

―――起きてください、朝比奈さん―――


みくる「・・・ふぇ!? き、キョン君?」

キョン「こんな所で寝てたら風邪引きますよ。早く帰りましょう」

みくる「で、でも涼宮さんと長門さんは・・・?」

キョン「ハルヒは用事があるって言うので、先に帰りました。長門は図書委員で、まだ図書室に残っていますよ」

みくる「ふぇ〜、そうでしたかぁ・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 06:59:11.09 ID:NbTiRkRcO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「こうやって2人で帰るのも、なんか久しぶりですね。はははっ」

みくる「は、はい♪」


みくる「あっ、そうだ。キョン君、これ・・・・・・」スッ

キョン「マフラー・・・」

みくる「最近寒くなってきたから・・・良かったら使ってください」


キョン「あ、ありがとうございます! 暖かい・・・」

みくる「ふふふ」ニコッ

みくる(キョン君に喜んでもらえた・・・嬉しい・・・)
――――――――――――――――
古泉編とキョン妹編も考えてたけど、限界だから寝ます

保守

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 13:40:18.30 ID:NbTiRkRcO

コンコン カチャ

古泉「すみません。遅れま・・・あれっ、誰もいない」
カタン
古泉(僕が一番乗りというのも、また珍しい)

古泉(長門さんは、図書委員の用で図書室にでもいるのだろうか・・・って、んっ?)ガタガタ


古泉「この椅子、調子が悪いみたいだ」ガタガタ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 14:11:53.50 ID:NbTiRkRcO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ガラララ

古泉「ありがとうございました。失礼します」パタン

スタスタスタ

古泉「ふぅ・・・」

古泉(職員室にパイプ椅子が余っていて良かった)

タッタッタ

鶴屋「やっほ〜。あれっ、古泉君だけかい?」

古泉「これはこれは・・・どうも」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 14:33:06.21 ID:NbTiRkRcO

古泉「部室に行けば、誰もいなかったので・・・。朝比奈さんとはご一緒ではなかったのですか?」

鶴屋「みくるなら急用があるみたいで、先に帰ったよ〜」

古泉「そうですか・・・」


鶴屋「重そうだねぃ。手伝ってあげるよ。よっと!」

古泉「す、すみません。ありがとうございます」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 14:53:23.32 ID:NbTiRkRcO

古泉「助かりました。ありがとうございます」ペコッ

鶴屋「いいよいいよ。じゃあね〜」パタン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

古泉(ということは、あとは涼宮さんと彼だけか・・・)

コポコポコポ カチャ

古泉(部室が広く感じる・・・ん?) ゴクッ

古泉「薄い・・・」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 15:14:56.13 ID:NbTiRkRcO

古泉「・・・・・・」パチン

古泉「と、ここでこう来たら・・・」パチン

古泉「・・・・・・」パチン

スッ
古泉「おっと・・・もうこんな時間」ガタッ


コンコン ガチャ

キョン「〜♪・・・って、古泉! おまえまだここに居たのか?」


古泉「どうも。涼宮さんとご一緒ではなかったのですか?」

キョン「あいつなら、とっくに帰ったぞ。聞いてなかったのか」

古泉「はい」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 15:34:14.69 ID:NbTiRkRcO

パタン ガチャガチャ

古泉「これで良し・・・」
キョン「よし、じゃあ帰るぞ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

古泉「それでは、私はこちらで失礼します」

キョン「おう・・・あっ、古泉。おまえビリヤードとか、したことあるか?」

古泉「はい、中学の時から少しだけですけど。それが何か?」

キョン「来週あたりに谷口達とビリヤードに行くことになってるんだが、いまいちルールがわからなくてな・・・。良かったら、おまえも来るか」

古泉「はい。喜んでお引き受けしますよ」

キョン「そうか。じゃあ詳しい予定が決まったら、メールで連絡するよ」

古泉「わかりました。では」

古泉(ふふふ。彼とビリヤードか・・・来週が楽しみだ♪)


以上で古泉編終わりです
保守

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 15:38:08.82 ID:NbTiRkRcO

よし、それじゃあ次は鶴屋さんをメインで書いていくか

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 15:59:15.91 ID:NbTiRkRcO

鶴屋(あ〜、みくる遅いなぁ。待ちくたびれちゃったよ)

鶴屋「んんっ〜〜! ふぅ・・・」(天気も良いし、今日は快晴だねぃ)ノビーッ

タッタッタ

鶴屋「あっ、みっくる〜〜〜〜〜! 用事は終わったのかぃ?」

みくる「ごめんなさい。用事は終わったんだけど、急用で家に帰らないといけないの・・・」

鶴屋「そうなの? 残念だにょろ。まあ気をつけて帰りなよ」

みくる「ありがとう! それじゃあまたね」タッタッタ

鶴屋「ばいば〜い♪」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:04:14.57 ID:NbTiRkRcO

鶴屋(急用ってことは、ハルにゃん達に伝わってないかもしれないね・・・)

鶴屋(よし、このことをハルにゃん達に伝えにいくにょろ)

タッタッタ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バタンッ

鶴屋「やっほ〜〜〜♪ みくるのことでちょっと・・・・・ってキョン君だけかぃ?」

キョン「・・・・・・・zzz」

鶴屋「しかも寝てるし」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:15:01.07 ID:NbTiRkRcO

鶴屋「こんな所で寝てたら風邪引いちゃうよ〜」 (よし・・・アタシのカーディガンを・・・)ファサッ

キョン「・・・・・・zzz」

鶴屋(それにしても可愛い寝顔だねぇ・・・そうだっ)ガサゴソ パカッ


チャリラリラーン


鶴屋(ふふっ、寝顔GETだにょろ)クスッ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:22:04.60 ID:NbTiRkRcO

キョン「・・・・・・zzz」

鶴屋(大分お疲れみたいだねぃ・・・そうだ♪)

ガサゴソ

鶴屋(確か体育用の髪ゴムがあったはずだ け ど・・・・・あった!)

キョン「・・・・・・zzz」

鶴屋(ふふっ、これをキョン君の前髪に・・・)キュッキュッ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:30:40.80 ID:NbTiRkRcO

鶴屋(前髪が短くて・・・・・・なかなか・・・・・思うように)キュッキュッ


キョン「・・・鶴・・屋・・さん・・」

鶴屋「ッ!?」ビクッ


キョン「う・・・ん・・・・zzz」

鶴屋(寝言か〜〜、焦ったにょろ。一体全体どんな夢を見てるんだろうねぃ・・・)ドキドキ

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:41:03.52 ID:NbTiRkRcO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
キュッキュッキュッ

鶴屋(できた! クスクスッ まるで女の子みたいだねぇ。それじゃあ、最後に写メで・・・)パカッ

チャリラリラーン

鶴屋(よし、ふふっ。良い記念になったにょろ)


鶴屋(・・・・・・・)


鶴屋「もう一枚別の角度から・・・」


チャリラリラーン

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 16:50:30.21 ID:NbTiRkRcO

鶴屋(あっちゃ〜〜。髪ゴムは取れたけど、前髪に変な癖がついちゃったよ〜)ペタペタ

・・・・・・・・

鶴屋(・・・とりあえず、これで良しっ! 置き手紙も書いたことだし、ひとまず退散だにょろ・・・・)ガチャ

長門「・・・・・・」

鶴屋「わわっ! 長門っち!?」

長門「・・・・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 17:07:55.69 ID:NbTiRkRcO

>>133

長門「・・・・・・」

鶴屋「な、長門っちは何時から、そこにいたんだぃ?」

長門「○○時○○分○○秒」

鶴屋(あっちゃ〜〜。アタシが部室に入ったくらいの時間だ・・・)


鶴屋「キョン君達には黙っててくれないかぃ? 今度ランチでもご馳走するからさ」

長門「・・・・・・・写メ」

鶴屋「えっ!?」

長門「写メ」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 17:20:42.60 ID:NbTiRkRcO

鶴屋「じゃ、じゃあ・・・この写真を長門っちの携帯に送ったら、黙っててくれるかい?」

長門「・・・・・・・」コクッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鶴屋(あ〜あ〜。結局、長門っちに写真取られちゃったにょろ・・・)


鶴屋(でも、まあいいや♪ 明日になったら、キョン君がカーディガン届けに会いに来てくれるしね♪)


鶴屋さん編終わりです
言葉使いが難しいな・・・

保守

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 01:51:07.77 ID:szCKC0ucO

>>63の続き
一応少しだけ書き留めた
書き留め分が少なくなったら、すまんが遅くなる


みくる「大きさもピッタリですね。ふふふ♪」

キョン「あ、あの・・・朝比奈さん」

みくる「何ですか?」

キョン「今度の日曜日ですけど、2人で映画にでもいきませんか? マフラーのお礼もしたいですし」

みくる「えっ、そんな! いいですよぅ。大したものじゃありませんから・・・」

キョン「いいえ。こんな素敵なものをいただいて、お礼もできないなんて男が廃ります」

みくる「そ、そうですか? それじゃあ、お言葉に甘えて・・・」

キョン「わかりました。それじゃあ、また詳しい時間と集合場所が決まったら、メールしますよ」

みくる「は、はい♪」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 01:58:23.85 ID:szCKC0ucO

みくる(ど、どうしよう・・・。嬉しくて引き受けちゃったけど、もし涼宮さんに見つかりでもしたら・・・)

プルルルル
みくる「あっ、キョン君からメールだ」カパ

――――――――――――――
件名:こんばんは
本文:明日朝10に〇〇駅前に集合です

明日はよろしくお願いします
――――――――――――――

みくる「ふふっ、明日が楽しみ」

みくる「『こちらこそ、よろしくお願いします^^』。えいっ、送信♪」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 02:08:56.86 ID:szCKC0ucO

―――――日曜日―――――
「お待たせ〜。待った?」

「全然大丈夫だよ。それじゃあいきましょ」ギュッ

「おいおい、よせよ。恥ずかしいだろ」

「ふふふ〜♪」ギュッ


みくる(恋人つなぎ。いいなぁ・・・私もキョン君とあんな風に歩けたらなぁ)ジーッ

みくる(でも駄目なの。私はこの時代の人と付き合ってはいけないの・・・)

みくる(今日は、その点をよく考えて行動しないと・・・・)

みくる「キョン君、遅いなぁ・・・まだかなぁ」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 02:14:02.70 ID:szCKC0ucO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「いいだろ? 暇なんだしさ。遊びに行こうよ〜〜」

「や、止めてください! 人呼びますよ」

「お高くとまってんじゃねえぞ! 糞ガキ!!」ドカッ ガシャ-ン!!


ビクッ
みくる(向かいの歩道の人がナンパされてる・・・怖い。キョン君、早く来て・・・・・・)ブルブル

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 02:21:15.22 ID:szCKC0ucO

すまん・・・
書き留め無くなった\(^o^)/


「あの娘、すっげぇ可愛いくね?」

「胸も大きいしな・・・おまえ行ってこいよ」

「よし、へへへ」


みくる(こっちに来た・・・。きょ、キョンくぅん・・・・)

タッタッタッ

キョン「すいません! 遅れました」

みくる「・・・ッ!?」


「チッ、彼氏連れかよ・・・」

「行こうぜ」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 02:27:46.23 ID:szCKC0ucO

キョン「んっ? 何だ、あいつら・・・。朝比奈さん。すいません、寝坊しちゃいまし(ry」

ガバッ

キョン「なっ!?」

みくる「グス・・・キョンくぅん、怖かったよぅ・・・グスン」

キョン「朝比奈さん! お、落ち着いて。どうかしたんですか?」(む、胸が・・・・)

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 02:45:22.88 ID:szCKC0ucO

キョン「俺がいない間、そんなことがあったんですか・・・」

みくる「はい・・・もう、怖くて・・・グスッ・・・怖くて・・・」

キョン「しかし、許せん奴らだ・・・」(まあ、こんな綺麗な女性をナンパしようとする気持ちも、わからない訳ではないが)


みくる「グス・・・でも、キョン君が来てくれて気持ちが落ち着きました。ありがとう」ニコッ


キョン「安心してください。これからは、俺が朝比奈さんをお守りしていきます」

みくる「えっ・・・?」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 03:06:04.57 ID:szCKC0ucO

ありがとう、頑張る

キョン「もう、あんな奴らにナンパなんかさせません。俺が、ずっとそばにいますから」
キョン(だああっ! 遅刻しといて、何を言ってるんだ、俺は!)

みくる「・・・・・・しい」

キョン「へっ?」

みくる「嬉しいです・・・グスッ」

キョン「あ、朝比奈さん?」

みくる「グスッ・・・男の子に・・・そんなこと言ってもらったことなかったから・・・嬉しくて・・・ヒック」

キョン「そうですか・・・」

みくる「グスッ・・・ヒック・・・」

キョン「朝比奈さんが喜んでくれるなら、何度だって言いますよ。『俺が朝比奈さんを守ります』」

みくる「・・・・・・」ガバッ

キョン「あ、朝比奈さん!?」

みくる「少しだけ・・・少しだけでいいから・・・このままでいさせてください・・・」ギュッ

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 03:23:15.78 ID:szCKC0ucO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
キョン「少し、気分が落ち着きましたか?」

みくる「はい」ニコッ

キョン「このままだと上映までに間に合いませんね。次の上映時間まで、喫茶店にでも(ry」

みくる「・・・・キョン君」

キョン「はい」

みくる「手・・・つないでも、いいですか?」

キョン「へっ?」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 03:50:11.34 ID:szCKC0ucO

いかん、もう限界だ・・・


みくる「嫌ならいいんですが・・・」

キョン「滅相もございません! よ、喜んで」ゴシゴシ スッ

みくる「ありがとう」スッ  ギュッ


みくる(何時か、自分のいた時代に帰らなければならない日がきっと来る・・・)

みくる(キョン君を好きになればなる程、帰ることが辛く、悲しくなることもわかってる・・・)


みくる(けど・・・・・・今だけ・・・・今だけは彼と一緒に、同じ時間を過ごしていたい・・・同じ道を歩いていきたい)

みくる(もう、自分の気持ちに嘘はつけないから・・・)

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 04:11:29.92 ID:szCKC0ucO

みくる「マフラー・・・着けて来てくれたんですね」

キョン「ええ。朝比奈さんの手編みのマフラーですから、毎日でも着けますよ」

みくる「ふふっ、嬉しい」
みくる「・・・そういえば、キョン君」


キョン「はい」

みくる「あの時の返事を、まだ貰ってないんですが・・・・」

キョン「返事って・・・何でしたっけ?」


――私がお嫁に行けなくなったら、貰ってくれますか?――

fin

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/15(火) 04:15:06.90 ID:szCKC0ucO

終わりです・・・
読んでくれたみんな、ありがとう!

投下速度遅くてすみませんでした

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 00:55:07.39 ID:bzbtJBeIO

保守がてら書いて行こう


ハルヒ「遅いわね・・・キョンのくせに生意気よ」

みくる「遅い方が都合がいいですよ〜」

古泉「そうですね。まだ準備が整っていませんから」

長門「・・・・・・」


ハルヒ「あ〜、もう! 早く来なさいよ、バカキョン」

長門「あと、もう少しで彼は来る」

ハルヒ「有希、何でそんなことがわかるのよ」

長門「勘」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 01:08:07.12 ID:bzbtJBeIO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ガチャ

キョン「し、失礼しました〜」

バタン

キョン(ったく・・・・・・赤点取ったくらいで、あんなに怒ることないだろうに)

キョン(まあ、散々な点数だったのは言うまでもないが。あ〜、また追試かよ・・・はぁ・・・)

キョン(早く部室に行って、朝比奈さんの淹れてくれた美味しいお茶にありつきたいもんだぜ)


キョン「あっ、いけねぇ! 教室に鞄置き忘れたままだ」

タッタッタッ

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 01:17:43.52 ID:bzbtJBeIO

みくる「それはもう少し右に」

古泉「わかりました」

長門「・・・・・・」ヒョイ ブンブン

みくる「あっ、長門さん。クラッカーを振り回したらダメですよぅ」


ハルヒ「あ〜〜〜〜、もう! ちょっと様子見てくるわ」

古泉「涼宮さん、少し落ち着いて」


パンッ!!

長門「・・・・・・」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 01:38:41.18 ID:bzbtJBeIO

ガチャ

ハルヒ「・・・!?」ビクッ

鶴屋「やっほ〜〜! 大分、作業が進んでるみたいだねぃ」

古泉「これは、どうも」

みくる「あっ、来てくれたんですね〜」

長門「・・・・・・」

鶴屋「よし、私も手伝うにょろ!」

古泉「助かります」ニコッ


ハルヒ「・・・・・・遅い」

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 01:55:46.16 ID:bzbtJBeIO

ガチャ
ハルヒ(今度こそ!)

谷口「うぃ〜〜〜す」
国木田「手伝いに来たよ」
みくる「わぁ〜、ありがとう」

鶴屋「キョン君は人気者だね〜」

古泉「ふふふ・・・彼の驚いた顔が楽しみです♪」


ハルヒ「・・・・・・谷口! あんた、偵察に行ってきなさい」

谷口「おいおい、何で俺が(ry」

ゴッ ガッ

谷口「はい、喜んで!」ガチャ ダッ

長門「面白い人」

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 02:09:32.19 ID:bzbtJBeIO

谷口「こちら、マウンテンマウス! ターゲットは渡り廊下を移動中」

ハルヒ「ご苦労。ところで谷口」

谷口「馬鹿ッ! コードネームで呼べよ」

ハルヒ「あんた、いつから山口になったの?」


谷口「・・・・・・」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 02:37:32.19 ID:bzbtJBeIO

キョン(しかし、今年は色々な体験をしたな。同級生に殺されかけるわ・・・巨大カマドウマに遭遇するわ。ろくな事がなかったぜ)

キョン(まあ、それなりに楽しい高校生活をエンジョイできたから、良いものの・・・)

キョン(最近はこれと言って楽しいこともないしな。これがマンネリ化ってやつか?)


〜〜〜〜〜〜〜部室前〜〜〜〜〜〜

キョン(説教が長引いたせいで、結構遅くなったな。団長様に何て言い訳するか・・・)

キョン(あ〜、考えるのも面倒くさい。平謝りしておけば、問題ないだろう)

コンコン ガチャ

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 02:48:44.53 ID:bzbtJBeIO

パンッ! パンッ! パンッ!
キョン「・・・ッ!?」


――『キョン(君)、お誕生日おめでとう!』――


キョン「な、何だ!?」

谷口「何、間抜けな面してんだよ」

みくる「キョン君、お誕生日おめでとう」

古泉「おめでとうございます。ほら、立って」

キョン「お、おう」

ハルヒ「もう、遅いじゃないの! 罰金!」

国木田「ちょっと涼宮さん、誕生日に罰金は・・・」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 03:02:57.36 ID:bzbtJBeIO

キョン「・・・・・みんな、ありがとう」

鶴屋「そんなに畏まらなくてもいいっさ。はい、プレゼント」

みくる「キョン君。私からも、はい」

古泉「これ、つまらないものですが」

谷口「すまん。俺、手ぶらだ」

国木田「も〜、谷口ったら・・・」

キョン「ありがとうございます、ありがとう・・・」

クイクイッ

長門「・・・・・・」スッ

キョン「んっ?」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 03:18:02.20 ID:bzbtJBeIO

長門「・・・これ」

キョン「これって・・・手編みのマフラーじゃないか」

ハルヒ、みくる「・・・ッ!?」

キョン「ありがとな、長門。大切にするよ」

長門「・・・・・・」コクッ

国木田「涼宮さんは?」

ハルヒ「・・・・・・忘れた」

みくる「えっ? でも、涼宮さ(ry」

ハルヒ「忘れたの!」

キョン(な、何だよ・・・。いきなり怒らなくてもいいだろ)

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 03:28:16.85 ID:bzbtJBeIO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「それじゃあ、みんな、今日はありがとうな」

鶴屋「まったね〜〜!」

古泉「では、また明日」


ハルヒ「・・・・・・」スタスタスタ


キョン(ハルヒのやつ・・・一体どうしたんだ?)

みくる「キョン君、早く涼宮さんを追いかけて!!」
キョン「えっ?」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 03:50:04.64 ID:bzbtJBeIO

キョン「どうしたんですか? 急に」

みくる「・・・・・・実は、涼宮さん・・・プレゼントを忘れてなんかいなかったんです」
キョン「えっ?」

みくる「プレゼントの中身は手編みのマフラー」

キョン「・・・ッ!?」

みくる「2ヶ月くらい前から、毎日のように私の家に通って・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハルヒ「ねぇ、みくるちゃん。キョンのやつ・・・喜んでくれるかな?」

みくる「はい! 涼宮さんの手作りですもの。きっと喜んでくれますよ」

ハルヒ「ふふっ、誕生日会が楽しみだわ」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 03:58:25.38 ID:bzbtJBeIO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
キョン「あいつ・・・」

みくる「今ならまだ間に合うわ。急いで!」

キョン「は、はい!」ダッ


みくる(ふふっ、キョン君・・・・・・涼宮さんとお幸せに)

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 04:10:37.40 ID:bzbtJBeIO

ハルヒ「グスッ・・・ヒック・・・」

?「〜〜ッ!!」

ハルヒ「・・・?」

キョン「ハルヒ〜〜ッ!!」

ハルヒ「キ、キョン!?」


ギャアアアア パァァァン!!

キョン「・・・・・・ッ!?」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 04:25:41.94 ID:bzbtJBeIO

「クソガキが! 気を付けろ!」ブルルルル


キョン「ふぅ・・・危ねぇ・・・」

ハルヒ「バカッ! バカッ! 赤信号で飛び出すバカがどこにいるのよ!」

キョン「痛ッ! 痛いって・・・」

ハルヒ「あんたが死んだら・・・私は・・・私は・・・グスッ」

キョン「ハルヒ・・・」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 04:37:21.94 ID:bzbtJBeIO

ガバッ
ハルヒ「・・・ッ!?」

キョン「朝比奈さんから、聞いたよ。手編みのマフラーを渡してくれるつもりだったんだろ?」

ハルヒ「・・・」コクッ

キョン「ごめんな。俺が早く気づいていれば、おまえに不快な思いをさせずに済んだのにな」

ハルヒ「・・・」

キョン「なぁ、ハルヒ。そのマフラー・・・俺にくれないか?」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 04:40:58.56 ID:bzbtJBeIO

ハルヒ「でも有希から貰ったマフラーが・・・」

キョン「大丈夫だよ、長門から貰ったマフラーも大切に・・・」

キョン(・・・ッ!? 長門から貰ったマフラーが透けていく・・・?)


長門「これで・・・いい。これで・・・」

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 04:52:46.86 ID:bzbtJBeIO

ハルヒ「キョン・・・、どうしたの?」

キョン「何でもない・・・」

キョン(長門・・・ありがとうな。お前には助けられっぱなしだな)


キョン「ハルヒ、マフラーを俺にくれ」

ハルヒ「う、うん・・・はい」

キョン「サンキュー」ファサッ

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 05:03:47.80 ID:bzbtJBeIO

キョン「よっと・・・2人で巻くには丁度いい長さだな」

ハルヒ「・・・ッ! キョン、こんな巻き方恥ずかしい・・・」

キョン「俺は恥ずかしいなんて、これっぽっちも思っちゃいないね」

ハルヒ「えっ!?」

キョン「俺はこの状態のまま、学校や街を歩き回ってもいいと思っている」

ハルヒ「き、キョン・・・」

キョン「ハルヒ、俺と付き合ってくれ」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/16(水) 05:46:59.67 ID:bzbtJBeIO

ハルヒ「キョン・・・」ポロポロ

キョン「おまえが好きだ。おまえとずっと、ずっと一緒にいたい」

ハルヒ「・・・・・・」ポロポロ

キョン「俺じゃあ・・・駄目か?」

ハルヒ「・・・駄目なわけないじゃない」ガバッ

キョン「おっと・・・」

ハルヒ「あんたは私にとって大切な、大切な・・・グスン・・・・ングッ!?」

キョン「・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・・」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/16(水) 05:57:18.50 ID:bzbtJBeIO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「ハルヒ、寒くないか?」

ハルヒ「マフラーが(ry ううん、あんたと・・・一緒だから」


fin

429 名前: ◆vvN6YfUMf2 [] 投稿日:2008/07/16(水) 06:02:54.15 ID:bzbtJBeIO

終わりです
>>58>>241の時よりは上手く終わらせることができたと思います

読んでくれたみんな、ありがとう

限界なので寝ます保守



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:毛利(コナン)「犯人はルフィ君、あなたです!」ゾロ「…!」