雛苺「ともえー!」 長門「……誰?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「歩美ちゃんの家への侵入に再び成功。安価で行動する」

ツイート

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 15:25:31.40 ID:10iOzf9PO

長門「………私は…「ともえ」では………ない…。」
雛苺「あれ?…ともえ……?どこなのー?」
長門「……(迷子?何故、高校に子供が?)」
雛苺「…う……ぐすっ……とぅもえ……ぐすん……。」
長門「……(こんな時、どうすれば……。)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 15:38:33.11 ID:10iOzf9PO

長門「………(こんな時、どうすれば…。)」
雛苺「……ぐす…駄目よヒナ…もう泣かないって…とぅもえと約束したんだから…うぅ…」
長門「……(職員室に連れていくべきか…?)」
雛苺「……(ゴシゴシ)ともえを……探しに行かなきゃ!!」
長門「……(でも、この子を「ともえ」に会わせてあげた方が・・・。)」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 15:56:34.61 ID:10iOzf9PO

雛苺「……ともえ…何処にいるのかな……?(トテトテ)」

長門「待って」

雛苺「(ビクッ!)ひ…ヒナに何か用……なの?」
長門「一緒に…来て……」」

雛苺「え…でもヒナ、ともえに会いに行かなきゃいけないの。お姉さんは
ともえが何処にいるか知ってるの?」

長門「知らない……でも…私の知り………友達に…知ってる人がいるかも知れない……。」

雛苺「本当!?」

長門「それに、あなた一人で探すよりか…効率が良い……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 16:14:45.09 ID:10iOzf9PO

長門「とりあえず…部室に行く……(ヒョイ)」

雛苺「うあっ…!ヒナ、一人でも歩けるのよ!?」

長門「……いいから」

雛苺「おねえさん、ありがとなの。」

長門「……私は…長門有希…。あなたは?」

雛苺「雛苺!ローゼンメイデンの第六ドールなの!」

長門「(…ローゼンメイデン?)よろしく、雛苺。」

雛苺「よろしくなの!ゆき!えへへ〜久しぶりの抱っこなのぉ〜♪」

長門「(かわいい…)…。」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 16:38:06.11 ID:10iOzf9PO

〜部室〜

キョン「……それで、ここに連れてきたのか?」

長門「…そう」

古泉「『カシワバ トモエ』さんですか…聞いたことないですね…」

みくる「私も知らないでしゅ。」

キョン「うちの学校、結構生徒数多いし、3年生かもしれないからなぁ。」

ハルヒ「金髪で目も碧色だから外人っぽいけど、日本語上手よねぇ…
ねぇ!お父さんかお母さんは外国人なの?」

雛苺「えっと…ヒナはお父様しか知らないのよ……」

一同「!!」

キョン「(おいハルヒ!変な事聞くな!)」

ハルヒ「(仕方ないでしょ、知らなかったんだから!!)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 16:59:18.93 ID:10iOzf9PO

ハルヒ「ヒナちゃんは今日は何をしにここへ来たのかな?」

雛苺「今日は、ともえの『けんどー』の試合を応援しに来たのよ!」

キョン「けんどー…剣道の事だよな?すると『ともえ』って人は剣道部の人か?」

ハルヒ「『ともえ』ちゃんと来たの?」

雛苺「ううん、えっとねぇ―――


ジュン「くそっ!雛苺……どこに行ったんだ!?勝手にリュックから抜け出して…

(いいジュン?ちゃんと雛苺の面倒を見るのよ?)
(そうですよチビ人間、世の中にチビ苺みたいなちびが大好きな『ろりこん』っていうのがいるですから。)
(高校にそんな奴がいるわけないだろ!!)

ジュン「(やべぇEEEEEEEE!!)」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 20:54:36.96 ID:10iOzf9PO

お待たせしました、再開です。
ジュンと巴は高校生になった設定です

ハルヒ「『サクラダ ジュン』って人と来たのね?……知ってる?」

キョン「知らないな」

長門「私も」

古泉「同じくです」

みくる「私もしらないでしゅ」

ハルヒ「はぁ〜余程この二人は影が薄いのね!!」

キョン「おいおい、そんないいかたはないだろう……。」

古泉「もしかしたら他校の生徒かもしれませんよ。それに今日は休日ですから、
部活の遠征で来てるかもしれません。」

ハルヒ「それもそうね!サクラダっていう彼氏もそこにいるかもしれないしね!」

キョン「彼氏?」

ハルヒ「剣道もたいして強くないうちの学校に、わざわざ応援に来ると思う?
この男は彼女の頑張ってる姿を見に来たにきまってるじゃない!!」

古泉「(それなら一人で来ると思うんですが…。)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:00:05.82 ID:10iOzf9PO

雛苺「わー、メイドさんかわいいのー!」

みくる「ふふ、ありがとう。ヒナちゃんのお洋服も可愛いね。」

雛苺「ヒナの服はねぇ、お父様が作ってくれたのよ!」

みくる「へぇ〜すごいねぇ!私にも可愛いドレス、作って欲しいなぁ♪」

雛苺「う〜んと、お父様は……今はちょっと無理だけど、ジュンも洋服
作るのとっても上手なのよ!ヒナがジュンにお願いしてあげる!!」

長門「……私の分も……お願いしたい。」

雛苺「もちろんいいのよ〜♪ジュンは『まえすとろ』だからドレス2つなんて
あっという間に作っちゃうんだから。」

長門「……ありがとう」

みくる「…長門さんも着てみたいんですか?」

長門「……私も、あんなドレス……着てみたい……。」

みくる「長門さんも女の子なんですね♪(以外だ……)」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:06:41.94 ID:10iOzf9PO

ハルヒ「それじゃあ、武道場に行くわよ!」

キョン「俺は放送室に行ってくるから、先にハルヒ達は武道場へ行っててくれ。」

ハルヒ「何で放送部によるのよ?」

キョン「多分、サクラダって奴は今頃ヒナちゃんを探し回っているだろうから、
俺は放送室で適当にアナウンスしてくる。だから先に行っててくれ。」

古泉「なるほど、それはいい考えですね。サクラダさんが武道場にいるとは
限りませんからね。」

ハルヒ「何かあんたに指示られるのは癪だけど、分かったわ!後から来なさいよ!」

キョン「はいはいワロスワロス。」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:11:31.39 ID:10iOzf9PO

長門「……雛苺」

雛苺「なーにーゆき?」

長門「抱っこをする……来て……。」

雛苺「!…ゆき〜抱っこ〜♪」

長門「(ナデナデ)」

キョン「はぁ……(この休みの日にわざわざ学校来て何してるんだろうな俺は…)」

長門「もうすぐ……ともえに…会える…ジュンとも……。」

雛苺「うん♪」←それはもう満面の笑みで、おっきするくらいかわいい

キョン「まぁ、たまにいいかもな………(長門が抱っこすると余計に…マジ萌えるなぁ)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:16:35.75 ID:10iOzf9PO

〜放送室〜

白石「……あきら様遅いなぁ……。今日は来週のお昼の放送の打ち合わせする約束
なのに……約束の時間とっくに過ぎてるよ…あの三十路めいつも(ドンドンドンッ!

キョン「あの〜すいません、ちょっと放送したい事があるんですけど〜!!」

白石「WAWAWA……びっくりしたぁ〜、はいは〜い今空けますよ〜!」

キョン「ん?その声…谷口か?」

白石「違いますよ!僕は放送部員の白石です!……で何のようですか?」

キョン「ちょっと放送したいことがあるんですが……。」

白石「どんな事?」

キョン「実はかくかくしかじか…………」

白石「なるほど、いいよじゃあ、勝手に使っちゃっても。どうせ休日だし、
生徒もあまりいないだろうから(あきら様も当分来ないだろうし)」

キョン「ありがとうございます!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:21:55.02 ID:10iOzf9PO

ジュン「はぁっ、はぁ……どこにもいない………まずいぞ…あいつが
誰かに見つかったら『怪奇!生けるフランス人形』の噂が…。」

ジュン「それに早く見つけないと、柏葉の試合に間に合わない…。
(ともえたんの袴姿が見れなくなっちまう!!)」

ジュン「どこだ〜!!雛苺〜!!」

――ピンポンパンポン〜♪――

キョン「え〜と、なんて言おうかな…え?もう流れてるの!?マジでか?」

ジュン「何だ…このふざけた放送は……。」

キョン「え〜コホン。『雛苺ちゃん』という女の子を捜している『サクラダ ジュン』
さん、雛苺ちゃんを武道館の前で保護しています。子宮、武道館前まで来て下さい、
繰り返します………」

ジュン「雛苺!?誰かに見つかっちゃったのか!?でも、あいつは、服でも脱がない
限り、どっから見ても普通の女の子…………」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:28:02.36 ID:10iOzf9PO

(世の中にチビ苺みたいなちびが大好きな『ろりこん』っていうのがいるですから。)

ジュン「雛苺ぉぉぉぉぉぉっぉっ!!!!!!!!待ってろおおぉぉぉx!!!
すぐ助けに行くからなああああぁぁぁっ!!!」

ダダダダダダダダダダッッ!!!!

ジュン「って武道館ってどこだぁぁぁ!!!」

〜武道館〜

巴「……今の放送って、もしかして………!!(ダッ)」

部員「巴!?どこ行くの?もう練習試合始まるよ!?」

巴「ちょっと外の空気吸ってくるだけ!すぐに戻るわ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:35:14.94 ID:10iOzf9PO

〜放送室〜

白石「もう大丈夫なのかい?」

キョン「はい、先輩ありがとうございました!では私はこれで失礼します!」

白石「見つかるといいね!!」

キョン「はい!!(タッタッタッ)」

キョン「あ、先輩こんにちはー!」

あきら「こんにちはぁ☆廊下は走っちゃ駄目だよ☆」

キョン「しーましぇーん!!」

あきら「(聞いてねぇし)

白石「……!あきら様!!来ていらしたんですか!?」

あきら「白石〜?何だあのふざけた放送は!?放送部の格が落ちるだろうが!!」

白石「はいい!でも迷子の子を助けるという情熱に押されてしまいまして……。」

あきら「言い訳はいいんだよ!!覚悟はできてるんだろうな…?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:40:11.92 ID:10iOzf9PO

白石「ひいぃっ!す、すいません!どんな罰でも受けます……。」

あきら「今日、打ち合わせしている間………ずっと私を抱っこしてなさい。」

白石「…………………え
〜武道館前入り口付近〜

雛苺「………!!あ!!ともえなの!!(ピョン)」

長門「……あ」

雛苺「と〜も〜え〜!(ピョン)」

巴「(キャッチ)雛苺!どうしてこんな所に……」

みくる「あなたの剣道の試合を応援しに来たそうですよ。」

巴「あなた達は……」

ハルヒ「私達はSOS団!迷子になってたこの子を助けてあげたのよ!」

巴「そうだったんですか…ありがとうございます!」

古泉「いえいえ、当然のことしただけですよ。」

雛苺「巴、ヒナね、一人ぼっちになっちゃったけど、泣かなかったのよ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:45:46.80 ID:10iOzf9PO

雛苺「ユキがずっと側にいてくれたから!!

長門「……!…。」

巴「そうだったの…偉いね雛苺、帰ったらうにゅーあげるからね。」

雛苺「やったー!うにゅーなのー!!」

一同「(……うにゅー?……)」

キョン「お…?もうカシワバさんに会えたみたいだな。」

ハルヒ「遅いわよ、キョン!あんた感動の再開を見逃しちゃったわよ!」

キョン「それは残念だ。」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:51:31.78 ID:10iOzf9PO

ハルヒ「そういえば、巴さんの彼氏、まだ来てないわね!!」

巴「……私の…彼氏?」

キョン「え…サクラダさんはまだ来てないのか?」

巴「あ……雛苺、もしかして桜田君と一緒に……」

雛苺「ジュンと一緒に来たのよ!!」

ハルヒ「あんたの彼氏も来てるわよ(ニヤニヤ)」

巴「ち……違います!桜田君はただの幼馴染で…」

ジュン「雛苺おおおぉぉぉぉッ!!!!!(ダダダダダッ)」

雛苺「あ♪ジュンなのー♪」

巴「桜田君!」

ハルヒ「あれがサクラダ ジュン……ヘタレって感じね!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 21:57:24.62 ID:10iOzf9PO

その後、皆で巴の練習試合を見学しました。

巴「そおぉえええええぇぇぇッ!!!!!」

雛苺「ともえ……かっこいいのぉ〜……」

長門「……私も…剣道……始める。」

古泉「某キャラと被りますから、やめておいた方がいいですよ。」

ジュン「……巴の試合後の防具……くんくんしたい…。」

キョン「分かるぞ…!その気持ち…!俺もだ!」

ジュン「お前とは気が合いそうだな。」

ハルヒ「(…変態!)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 22:04:41.21 ID:10iOzf9PO

巴「それじゃあ帰ろうか雛苺、桜田君。」

ジュン「帰るぞ、雛苺。」

雛苺「うん…ハルヒ!キョン!イツキ!ミクル!

雛苺「ユキ!!」

雛苺「また…遊びに来てもいい?」

ハルヒ「もちろんよ!SOS団はいつでも大歓迎よ!!」

キョン「今度は3人で遊びにくるといい。」

古泉「僕でよければ、いつでも遊び相手になりますよ!」

みくる「今度はおいしいお菓子を準備して待ってるね!」

長門「……必ず…また来て……私は……雛苺が来るのを
………楽しみに待ってるから………。」

雛苺「うん♪みんな今日はありがとう!!バイバイなの〜!」

〜終〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ベジータ「怪盗キッドからの予告状だと!?」