長門「ティガレックスが倒せない……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「もしもしキッド? 久しぶりー。今夜肝試しいかねぇか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/09(水) 23:46:13.17 ID:92Tv8u9L0

長門「閃光玉が切れた……」

長門「回復薬もあと一つ……」

長門「バインドボイスがくる……」

長門「……あっ」

報酬が0zになりました。これ以上復活できません 。

長門「………………」

翌日

キョン「ん?どうした長門?」

長門「ティガレックスが倒せない……」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/09(水) 23:55:41.69 ID:92Tv8u9L0

長門「そう」

キョン「それは村の緊急クエか?」

長門「そう」

キョン「でも村クエってのは一人用だし、やっぱり自力で四苦八苦してクリアするものだからな」

長門「……そう」

キョン「…………まぁ、」

長門「?」

キョン「代わりにクリアしてやることはできないが、適切な戦い方を教えてやるくらいはできなくもない」

長門「…………」

キョン「とりあえずオンラインで戦い方を教えるだけになるがいいか?」

長門「構わない。感謝する」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:11:03.96 ID:A91AAeXN0

ID変わっちまったがw


キョン「集会所の方の進み具合はどうだ?」

長門「現在のハンターランクは2。緊急のティガレックスはまだ出ていない」

キョン「だったらこっちで受注するからな。っと、ところで武器は何を使っているんだ?」

長門「双剣、ブレイドエッジ 」

キョン「双剣か……初心者の割には随分と難しい選択だな。無難に大剣とかにしたらどうだ?」

長門「テオとナナが……」

キョン「ん?」

長門「テオとナナが言っていた。「じぶんのすきなぶきでかてるようになるべき」と……」

キョン「…………」

長門「…………」

キョン「……まぁいい。とりあえず俺も双剣に代えてくるからちょっと待ってろ」

長門「…………わかった」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:18:57.33 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「キョン!黒い方のディアブロス狩りに行くわよ!」

キョン「うおっ、ハルヒ!?」

ハルヒ「ん?なによ、もう始めてるの?平部員の割には言い心がけね」

キョン「いや、入ってきていきなり叫ぶなよ。てかまた寄生する気かよ。

ハルヒ「いいじゃない、黒巻き角が出ないのよ!あ、でも一人で倒せないってわけじゃないからね」

キョン「集会所の左上ハンターかっての。悪いが俺はこれから長門とティガに行くんだよ。だからディアは後回しだ」

長門「…………」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:24:50.41 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「ふぅん……有希と……ね……。まぁいいわ。じゃあ私も行くわ!」

キョン「いや、長門が村クエの方を倒せないみたいだから倒し方を教えるだけだ。俺は途中でリタイアするぞ」

ハルヒ「いいわよ別に。ティガくらい私一人でも十分よ!」

キョン「はぁ……長門、ハルヒも一緒でもいいか?言っておくが村クエの方がクリアできるまで一緒には倒さないぞ?」

長門「構わない、私も最初は村クエの方を倒したい」

キョン「よし、わかった」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:35:14.14 ID:A91AAeXN0

キョン「準備はいいか?じゃあいくぞ」

モ〜ンハ〜ン♪
    『絶対強者』
クエストを開始します

ハルヒ「あ―――っ!」

キョン「うぉぅ!?ど、どうした?」

ハルヒ「キッチン行くの忘れた〜……」

キョン「………あのな」

ハルヒ「だって仕方ないじゃない!急いで準備してきたんだから!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:36:07.45 ID:A91AAeXN0

キョン「基本中の基本だろうが……じゃあ秘薬でも飲んどけよ」

ハルヒ「無いわよそんなの!ハチミツって貴重なのよ?そんなにホイホイ生産できないのよ!」

キョン「はぁ……。わかったよ、ほら……やるから……」

ハルヒ「むぅ……まぁ、いただいておくわ……」

キュピーン♪

キョン「じゃあ今度こそ準備はいいか?行くぞ?」

長門「少し待ってほしい」

キョン「どうした?」

長門「……私も忘れた」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:46:47.41 ID:A91AAeXN0

キョン「早くも秘薬を消費しきるとは……」

ハルヒ「さぁっ、準備もできたし行くわよーっ!」

雪山エリア6にて

ティガ「(゚Д゚三゚Д゚)  ( ゚Д゚ )! ( ゚Д゚)ゴァァァァァ!!」

ハルヒ「陰陽弾をくらえ〜!」

キョン「うおっ、まぶし!っておい!」

ハルヒ「え?ちょ!?わ〜〜!」

キョン「近づき過ぎだ!近すぎると光っても外れることがあるんだよ!」

ハルヒ「知ってるわよそんなこと!わわっ、こっち来た!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 00:55:47.84 ID:A91AAeXN0

キョン「っホイ!」

ティガ「(TДT)ゴァッ」

ハルヒ「ナイスよキョン!うおりゃああああ」

キョン「ったく……。いいか長門、閃光玉はモンスターに向かってより
    モンスターがこちらに振り向いている最中に自分の後ろに向かって投げた方がいい」

長門「把握した」

キョン「光るまで時間があるから突進中だとすり抜けられてしまうんだな」

長門「………別に失敗したことなどない」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:03:42.00 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「何してんのよ!あんたたちもさっさと斬りかかりなさい!」

長門「今行く」

キョン「いや、待て長門」

ティガ「(゚Д゚ 三(゚Д゚) 三 ゚Д゚)ゴァァァ!」

ハルヒ「ひゃぁっ!」

キョン「混乱中の一番の注意点の回転だな。ガードできない近接武器だとほぼ確実に被弾するし
    ハルヒみたいにガードが下手だと間に合わない」

ハルヒ「下手じゃないわよ!切れ味が落ちるのがいやなの!」

キョン「まぁ相手をよく見てればよけられるからな。結局肝心なのは事前の動きの観察だ」

長門「わかった」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:09:49.08 ID:A91AAeXN0

キョン「よし、じゃあ斬りかかりn」

ティガ「(゚Д゚)ゴァァァ」

ハルヒ「ああん、もぅ!あんたがもたもたしてるから閃光切れちゃったじゃない!」

キョン「いや、まぁ別に倒すわけじゃないし」

ハルヒ「っ!あんた、あとでおぼえてなさいn」

長門「バルス」

ティガ「(TДT)ゴァッ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:20:20.59 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「ナイスよ有希!そりゃあああ!」

キョン「まったく……。じゃあとりあえず長門は向かって右に移動してろ。正面だと攻撃を食らうからな」

長門「わかった」

キョン「ティガは左足が比較的安置なんだが、たまに攻撃食らうからな。で、」

長門「!!」

キョン「まぁちょっと難しいが懐に飛び込んでしまう、と。そうすれば回転以外は食らいにくい」

長門「……」

キョン「で、脱出時は前転で尻尾の方へ。しかし攻撃しやすいからと言って無理はしないようn」

ハルヒ「あ゛っ!」

ホームラン

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:28:21.43 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「ちょっと!なんでそこにいんのよ!」

キョン「居たら悪いか!まぁ事故だから構わんが……っと?」

長門「実践してみたい」

キョン「ん?まぁいいがそろそろ閃光が切れr」

ティガ「(゚Д゚)ゴァァァ」

ハルヒ「!ガードっ!」

ティガ「(゚Д゚ )  ○三⊂(゚Д゚ )ッパーン」

ハルヒ「きゃあああ!」

キョン「……な、下手だろ」

長門「………」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:36:35.58 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「あんたねぇ……」

キョン「あとは罠とかを使って頭に乱舞とかだな。爆弾なんかも下位なら割と効果的だ
    とにかく相手の動きをよく見てやってみろ」

長門「………やってみる」

ハルヒ「キョン!閃光!回復できないのっ!」

キョン「はいはいっと。ほら、長門行ってこい」

長門「エィィィィメン」

キョン「……………」

キョン「……ああ、古泉が貸してた漫画の影響なのか。双剣……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 01:48:32.71 ID:A91AAeXN0

中略)朝比奈さんが到着、キョンが抜けてハルヒ2落ち

キョン「二、三回飛びかかりしてきたら威嚇するからなチャンスだ」

ハルヒ「今度こそガードッ!よしっ!」

長門「突進……緊急回避……あっ」

ティガ「三(#゚Д゚)ゴルァァァァ!!」

報酬が0zになりましたこれ以上復活できません

長門「…………」

キョン「あ〜、リタ〜ンズか。まぁ仕方ないなそれは……」

ハルヒ「あ〜、もうっ!キョンが全然切らないからよ!」

キョン「仕方ないだろ。G装備だから俺がやるとすぐに倒しちまうんだよ」

長門「申し訳ない。私のミス……」

キョン「まぁ気にするな。がんばって村の奴を狩れるようになればいいさ」

長門「…………わかっt」

古泉「おやおや、皆さんお揃いのようで」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 02:01:44.72 ID:A91AAeXN0

ハルヒ「ちょうどいいところに来たわ古泉君。ティガ行くからついて行きなさい!」

キョン「黒巻き角はどうした」

ハルヒ「負けっぱなしで黙ってられるわけないじゃない!リベンジよリベンジ!」

キョン「勝手にやってろ……俺は行かないからな」

古泉「それは残念です。せっかく貴方に僕のフルボルトをお見せできると思ったのに」

キョン「それが嫌なんだよ。それに寄生ばっかりしてても強くなんて慣れないからな」

ハルヒ「なっ!いいわよ!別にあんたなんて来なくったって!みくるちゃん来なさい!」

みくる「ええっ、わたしもですか?」

ハルヒ「いつもどおり遠くから拡散撃ってればいいのよ!さぁナルガSの恰好に着替えなさい!」

みくる「え?あ?ひゃあああ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 02:11:13.62 ID:A91AAeXN0

古泉「セカンド……レイド!」

ハルヒ「どーりんけん!縦ッ!一文字斬りぃ!」

みくる「えーと……調合…カラ骨(小)とカクサンデメキン……あれっ?あれっ?」

キョン「朝比奈さん、カクサンデメキンじゃなくて竜の爪です」

長門「………」

キョン「ふぅ……なんとか落ち着いたか……。ほら、長門」

長門「?」

キョン「見ていてやるから、さっさとやっちまおうぜ」

長門「……………善処する」


                                  おわり

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 02:16:26.40 ID:A91AAeXN0

すまないがとりあえず今日のところはここで……
明日も朝が早いんだぜ……

たぶん長門かハルヒスレでまた立てると思うが
こんどはきちんと書いてから投稿してみる

正直遅筆ですまんかたorz

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 23:24:13.97 ID:A91AAeXN0

すこしづつ投下
長門は無事にティガを倒せました


長門「今度はディアブロスが倒せない……」

ハルヒ「奇遇ね有希。私も黒巻き角が欲しいのよね〜。なんでかねじれた角ばっかりなのよ」

キョン「物欲センサー絶好調だな。あと長門、倒せないからってすぐに諦めないでもう少し自分で頑張るべきだと思うぞ」

ハルヒ「うるさいわね。皆でワイワイやるから楽しいんでしょう!細かいこと言うんじゃないわよ」

キョン「頼むからもうちょっと根気強くなってくれ」

ハルヒ「いいからあんたも来るのよキョン!一人でも多い方が角折りやすいんだから!」

キョン「はぁ……、部位破壊ぐらい一人でやって見せろよ……」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 23:36:32.50 ID:A91AAeXN0

モ〜ンハ〜ン♪
「黒き角竜の猛攻」
クエストを開始します

長門「あ」

キョン「どうした?長門?」

長門「クーラードリンクを持ってきてしまった……」

キョン「ああ、砂漠でも夜だからな。しょうがない、支給品のやつ俺の分も取っていいぞ」

ハルヒ「じゃあ私は先にアイツを探しに行ってくるわね〜」

キョン「(エリア7にいるんだがな……)見つけたらペイントしろよ?」

ハルヒ「わかってるわよ!あんたたちも早く来なさいよね」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/10(木) 23:44:45.68 ID:A91AAeXN0

長門「……」

キョン「どうした長門?」

長門「あなたはなぜマフモフ装備?」

キョン「なんだかんだで性能良いしな。それに一応堅鎧玉までは強化してあるがな」

長門「でもディアブロスには不向き。しかもハンマーはガードできない。なのに何故?」

キョン「ちょっとしたハンデだ。上位以上の装備使うとあっという間だからな」

長門「しかし油断は禁物」

キョン「まったくだな。だがその言葉は真っ先に俺よりハルヒに言うべきだと思うぞ」

ハルヒ「居た―――!いっけ〜モンスターボール!」

キョン「ゲーム違うってのっ!」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 00:02:59.57 ID:LQGYj1f/0

長門「バルス」

ディア「(TДT)ゴァァ」

キョン「気に入ったのかそれ?」

長門「別に……」

ハルヒ「せ〜のっ、てぃっ!あぁっ、頭動かすな〜〜〜!」

キョン「ハルヒ、正面から少し離れた位置で切り上げと回転をしておけ。そいつに溜め切りは外しやすいぞ」

ハルヒ「わかってるわよ!えいっ、ってい!」

キョン「しかしお前まで掛け声は必要ないだろ」

ハルヒ「うるさいわね、気分の問題よ!」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 00:21:15.98 ID:LQGYj1f/0

長門「カットカットカットカットカットカットカットカットカット」

キョン「おまえはどこの吸血鬼だ」

ディア「(#゚Д゚)ゴアァ!

キョン「咆哮来るぞ」

ハルヒ「ふん、ガードできるから余裕よ」

ディア「ゴア━━━(#゚∀゚)━━━!!」

ハルヒ「ちょっと!吼えるの早すぎるわよ!ていうかなんであんた武器出したままなのに平気なのよ!」

キョン「タイミングさえ合えば避けられるんだよ。あと長門も緊急回避ミスるな」

長門「少しタイミングが早かっただけ。問題ない」

キョン「それを失敗だというんだ」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 00:25:19.03 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「よしっ、角破壊!そろそろ捕獲の頃合いよね!」

キョン「あれ?捕獲用麻酔玉なんて持ってきたのか?」

ハルヒ「もちろん!そっちの方が黒巻き角出やすいし。罠も調合分あと二つ持ってるわ」

キョン「よし、じゃあやってみろ」

ハルヒ「任せなさい。えっと……調合で、トラップツールと麻痺牙っと……」

ひゅ〜ん [もえないごみ]

ハルヒ「……ま、まだもうひとつ……」

きゅぴ〜ん [シビレ罠]

ハルヒ「よし、行くわよ〜」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 00:36:50.04 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「よしっ、角破壊!そろそろ捕獲の頃合いね」

キョン「あれ?捕獲用麻酔玉なんて持ってきたのか?」

ハルヒ「もちろん!そっちの方が黒巻き角出やすいし。罠も調合分あと二つ持ってるわ」

キョン「よし、じゃあやってみろ」

ハルヒ「調合で、トラップツールと麻痺牙っと……」

ひゅ〜ん [もえないごみ]

ハルヒ「……ま、まだもうひとつ……」

きゅぴ〜ん [シビレ罠]

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 00:51:00.40 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「罠設置したわ!こっちに誘導して」

キョン「よし、わかった」

ハルヒ「さぁ!こっちに来なさいディアブロス!」

ディア「(((( 。。)ガサゴソ  (´⌒;;;≡≡≡__ズザザザザザ」

キョン「まずい!総員退避!」

ハルヒ「え?わわっ!ひゃあ!」

ディア「('(゚∀゚∩ゴアァァ」

長門「損傷甚大……回復薬……回復薬G……」

罠あぼ〜ん

ハルヒ「あぁ、最後の罠だったのに……」

キョン「仕方ないって。捕獲は諦めろ」

ハルヒ「うぅ〜〜……あーっ、もぅっ!」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 01:00:56.33 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「おんみょーだんを喰らえ―――っ!!」

キョン「うおっ、まぶし!」

ハルヒ「今度こそ、せーのっ!チェストォォォ!」

キョン(チェストォォ!?)

ディア「('A`)ゴァァァ」

目的を達成しました

ハルヒ「やったぁ」

長門「俗にいう20分針。中々の好タイム」

ハルヒ「本当?やったわね有希」

長門「しかも死者なし。全部位破壊」

ハルヒ「ふふふっ、報酬が楽しみね」

キョン「お喜びの最中に申し訳ないんだが……。おまえら尻尾は剥いだか?」

ハルヒ・長門「「あっ」」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 01:08:02.71 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「さて、今度こそ黒巻きが………」

ハルヒ「き……きた……!」

長門「こっちも黒巻き来た」

キョン「こっちも確認。確か確立って七割ぐらいだったよな」

ハルヒ「え?だって三回やって1本くらいなのよ?33%以下に決まってるじゃない」

キョン「ん?あ〜。そうだった、かな…………」

長門「センサー乙」

ハルヒ「そ、そんなぁ〜……」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 01:13:58.86 ID:LQGYj1f/0

ハルヒ「ねんがんのダブルブロスソードをてにいれたわ!」

長門「ころしt」

キョン「物騒なことを言うんじゃない、長門」

ハルヒ「ふっふ〜ん攻撃力912よ!マイナス会心は消してあるし、これでもう怖いものなしよ!」

キョン「だといいがな。まぁこれでもう連れまわされなくなるかな」

ハルヒ「さぁ!早速試し切りよ!早く準備しなさいキョン!」

キョン「なに?おいっ、まだ行くのか?」

ハルヒ「あったりまえよ!どうせなら一気に砦蟹まで行くわよ!」

キョン「勘弁してくれ……ん?」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 01:17:28.77 ID:LQGYj1f/0

長門「キリン装備が作りたい」

キョン「は?」

長門「協力してほしい」

キョン「ちょっ、まっt」

長門「ダメ?」

キョン「いや、ダメではないがキリンはめんd」

ハルヒ「いいわねキリン装備。私も作ってみようかしら」

長門「決まり。準備して」

ハルヒ「40秒で支度しなかったら死刑だからね!」

キョン「お……お前ら寄生すんな〜〜〜っ!」


オッワーレ

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/11(金) 01:24:04.70 ID:LQGYj1f/0

長々とd
モンハン系のスレッドはあっさり落ちると思っていたから
残ってたのにはほんとにびっくりしたんだぜ

しかしみんなモンハン好きだなw



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:00時55分08秒、涼宮ハルヒ強姦ミッションスタンバイ完了