国木田「キョンって腹筋割れてるね、触ってもいい?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!一緒にクリスマス過ごしなさい」

ツイート

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 15:07:20.40 ID:u8M02XK70

「キョンって腹筋割れてるね、触ってもいい?」
俺が国木田に聞かれたのは、体育のために着替えているときだった。
このとき、俺は答えに戸惑った。
相手は男の国木田だ。どこなりとも触れと応えられたはずだ……以前までの俺なら。
国木田似の女優が出ているAVを借りてから数日で、俺の常識はとんでもない方向に捻じ曲げられてしまっていた。
「ねえ、いい?」
ああ、そんな風に首を傾げないでくれ。お前が男なのか疑ってしまうじゃないか。
……はぁ、どうやら俺の常識は、理性の届かないところまで逝ってしまったらしい。さらば、俺の常識。
内面の葛藤と諦観を漏らさぬよう、務めて冷静に声を出した。
「ああ、いいぞ」
「わあ、ありがとう。じゃあ触るね」
日焼けしていない子供っぽい手、さらに言うなら女性のような手が俺の腹筋を這う。
むぅ……これは。

否定しようがない。俺は同性である国木田のことを、性的な意味で気になりだしている。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 15:29:35.34 ID:u8M02XK70

いかん。落ち着け。
国木田を見ていると、どうしてもAVの内容が頭に浮かんでしまう。
く……っ、仕方がない。
俺は横で着替えている谷口の顔を見て、なんとか気を鎮めた。
「……ふぅ、国木田、もういいだろ」
「え、あ、うん。ありがとう」
没頭していたようで、国木田は声をかけると驚いたような声を出した。
……そんな夢中になってたのか。
そう考えると、何故か、妙に、心臓が高鳴った。
国木田に触られて、俺はドキドキしている。国木田は、俺の体に触って、どんな風に思ったんだろう。
「どうだった? 俺の体は」
「へ?」
口をついた質問に、言ってから露骨すぎたと後悔した。国木田も困ったように俯いている。
冗談でうやむやにするかと考えだしたとき、国木田が口を開いた。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 15:47:13.82 ID:u8M02XK70

「えーと、逞しかった、よ。キョン」
「……! そ、そっか。ははっ」
「僕ってひ弱だから、男らしい筋肉って憧れるな」
少し頬に朱をさして、国木田がはにかむように笑っている。
……いかん、浮かれてる場合じゃない。気を鎮めなければ。谷口谷口っと。
しかし、周りを見ても谷口の姿はおろか、教室には誰もいなくなっていた。
どうやら、置いていかれたらしい。
「おい国木田、こんなことしてる場合じゃない。早く校庭に出るぞ」
俺は興奮を気取られぬよう、国木田に背を向けたまま教室から出ようとした。
しかし、後ろにいる気配は動こうとしなかった。
国木田?
「……ねえ、キョン。次はさ」
振り向くと、国木田は体操着姿のまま立っていた。
「僕をさ、触っていいよ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 16:17:46.44 ID:u8M02XK70

なにを言ってるんだ、国木田。
早く行かないと遅刻で、こんな所で体を触りあってる場合じゃなく、
何より、俺たちは男だろ?
そんな俺の混乱を他所に、国木田はそっと体操着の裾を捲くり始めた。
ゆっくりと露わになっていく白い肌に、いやがおうにも俺の目は釘付けになった。
国木田のへそ、女性のようなくびれ、わき腹に浮かんだ肋骨の影、全てがスローモーションで目に焼きついていく。
体操着を捲っていた手が胸元で止まる、そのときになって、ようやく俺は我に返った。
「な、なにしてるんだ、国木田」
「だから、触っていいよ、キョン。ねえ」
そんなこと……言いながら、俺の目は国木田から目を離せなかった。
俺がもはや限界だということを、国木田も解ったのだろう。
子供っぽい顔に悪戯な笑みを浮かべると、胸元で止めていた手を、さらに首元まで上げた。
……!
国木田の、胸が、ついに。
「国木田!」
もう、止められなかった。
俺はまるで獣のように、国木田の体にむしゃぶりついた。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 16:36:26.88 ID:u8M02XK70

「国木田! 国木田ぁ!」
「あはっ、キョンったらがっついちゃって」
もう国木田の白い肌しか目に入らなかった。
華奢な体に吸い付き、舐め回し、爪を立てる。
「いいよぉ、キョン」
優しくねっとりと愛撫すると、国木田は切なそうに吐息を漏らした。
激しく、力を込めて抱くと、国木田は悦びに嬌声を上げた。
「国木田……」
「キョン、我慢できない? ……フフ」
ズボン越しに、国木田の足に愚息を擦りたてる。
みっともない姿だが、たまらない快感だった。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 17:00:11.81 ID:u8M02XK70

「そこまで」
快感に酔いしれていた俺に耳に、冷たい呟きが聞こえた。
「これ以上、鍵である彼を誘惑するのは許さない。
 これは情報統合思念体、そして私という固体からの警告」
その声は、まるで水でも被せたように沸騰していた俺の頭を、一瞬で平時に引き戻した。
「長門!?」
「長門さん……」
俺は慌てた顔で、そして国木田は忌々しそうに声の主の名を呼んだ。
「そう」
「な、なんでここに」
聞きつつ、俺は足場が無くなって高みから落ちる錯覚に陥った。
見られた。男同士での情事を。
失墜。失望。冷笑。そんな言葉で頭がいっぱいになった。前後不覚。足元がふらつく。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 17:09:42.00 ID:u8M02XK70

しかし、先の長門の言った言葉が俺を呼び覚ました。
「鍵……? それに思念体って、長門それは」
「そこにいる彼なら聞かれても問題ない。なぜなら、彼もまた私と同じインターフェースだから」
「なに!?」
国木田は俺の腕にしがみついたまま、突然現れた長門に無表情で視線を向けている。
感情の揺れないその横顔に、以前、俺を殺そうとした元クラスメイトのものが重なった。
「性格には、彼の意識だけがインターフェースによって乗っ取られている
 今日の彼の行動は、彼自身の意識によるものではない」
「おい、そうなのか、国木田」
「涼宮ハルヒの能力を利用するため、鍵である彼を手駒にするのを
 主流派は推奨していない。この行動は、処罰の対象」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 17:31:25.86 ID:u8M02XK70

処罰と聞いて、今まで黙っていた国木田が口を開いた。
「……ちぇっ、ばれちゃったか」
その声は、長門の言葉を裏付けるものだった。
「時間をかけて、ゆっくりと鍵の感情を操作すれば
 ばれずにことが済むと思ってたのにな。
 敗因は、長門さんが予想以上に鍵の心に機敏だったってところか」
長門は威嚇するように、伸ばした手を国木田に向けた。
「待って待って。投降するよ。この男子生徒の体も返すからさ」
途端に、国木田の体から力が抜けた。それを危なっかしくも支える。
ホッ……気を失っているだけのようだ。
長門は視線を宙に向けている。国木田の体から抜けた奴がまだいるのか。
「そうだ、最後に一つ」
笑みを含んだ声が教室に響く。
「国木田君とお幸せに」
それきり声は消えた。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 17:46:20.72 ID:u8M02XK70

俺と長門、そして気を失った国木田だけの教室。
今更だが、俺は自分と国木田の乱れた着衣を元に戻した。
……俺と国木田は操作されていたのか。
インターフェース同士の話を統括するとそうなる。
その事実は、俺と国木田の関係を白昼夢のように曖昧なものにしてしまった。
「なあ、長門」
「なに」
「全部さ……嘘だったのかな」
「あなたと彼が操られていたのは事実。でも」
でも? ……そう、でもだ。俺はこの一件で、そこだけは信じたいと思ってる。
俺を誘惑するのに、国木田を使った理由。
俺は国木田のことを想っていた。
そしてもしかしたら、国木田も俺のことを想っていてくれた。
だから、そこをつけ入られた。
これは俺の都合のいい妄想なのか? 教えてくれ、国木田。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 18:01:22.38 ID:u8M02XK70

その後、国木田は操られていたことによる後遺症もなく、
目を覚ました次の時間から授業に出ていた。
乗っ取られていたときの記憶はないのか、それとも長門が操作してくれたのか、
休憩時間には俺に対しても屈託ない笑顔で接してくれた。
逆に、こっちが気後れしてしまって、怪しまれないかとハラハラしたものだ。
ただ、一つ気がかりなのは、妙に国木田からの接触というか、
的確なニュアンスでいうなら『ボディータッチ』が増えた気がすることだが……

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 18:14:47.60 ID:u8M02XK70

「国木田、もう少し離れて歩くのを俺はオススメする」

「なんでさ、キョン」

「いや、さっきから周りの視線が」

「いいじゃんいいじゃん。キョンだって、僕と一緒で嬉しいでしょ?」

……なんですと?

「フフ、キョンは僕のこと好きなんだよねー?」

「国木田、お前まさか、記憶が」

問う間もなく、国木田に引っ張られて転びそうになる。

そして、確かに聞いた。悪戯っぽい笑みで。

「僕も、キョンのこと大好きだからさ!」


おしまい

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 19:19:09.13 ID:u8M02XK70

もう人はいないが 読んでくれた人たち ありがとう

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/06(日) 19:33:00.42 ID:u8M02XK70

ではアフター書くよ

ノーマルがいい? エロがいい? それともアブノーマルがいい?

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 19:51:51.52 ID:u8M02XK70

ではアフターを

……
…………
北高の非常階段の一角で、何かをすするような水音が響いた。
「はぁ……キョン、キョン」
「んぅ、気持ちいいぞ国木田」
俺は壁に寄りかかり、かしずいて奉仕している国木田の髪を撫でた。
あの一件以来、俺と国木田は秘密の関係で結ばれた。
そして、操られていたとはいえ、一度あそこまでいってしまった俺たちが、
また肉体関係を持つのは、あっという間だった。
嫌悪感はなかった。それが、俺たちの気持ちが本物だったという証だと思いたい。
「ねえ、僕もう」
トロンとした目で国木田が俺を見上げた。そんな目で見られると、俺もたまらなくなるじゃないか。
「ああ、わかった」
俺たちは互いの服を脱がし始めた。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 20:21:48.21 ID:u8M02XK70

国木田のブレザーを脱がせ、ワイシャツのボタンを外していく。
男のものとは思えない白い肌と、そして胸元を覆う白い布――いわゆるブラジャーが露わになる。
国木田は学校外で俺に会ううちに、女装してくれるようになった。
理由を聞くと、そのほうがくっついていても怪しまれないからだと言われた。
確かに、スカートを履いた国木田は可愛らしい女の子にしか見えず、
しかも男の国木田が女性の格好をしているという背徳感で、俺は大変満足した。
当の国木田も女装にはまったようで、今ではこうして、学校に下着だけ女装して通うようになったのだ。
ベルトを緩めズボンを下ろさせると、不自然に膨らんだパンティが目に入った。
恥ずかしそうに俯く国木田を見て、俺はニヤリと笑った。少し虐めてやろう。
「舐めてただけで、もうこんなになってるのかよ」
下着越しにツメでかいてやる。
「うぅん……やめてよ、恥ずかしいよお」
「そうだよな、恥ずかしいよな。男なのにこんな下着つけて
 ……男のもの舐めて興奮してるんだもんな」
おっ? いまビクンと動いたぞ。
これは効果がありそうだ。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 20:42:21.28 ID:u8M02XK70

喘ぎ声を噛み殺している唇を指先でつつく。すると先の口陰の時のように、一心不乱にしゃぶり始めた。
「言えよ。僕は男なのに、チンポ舐めるのが好きですって」
「いや、だよ……ん、いじわる」
その通り、意地悪だ。でもその意地悪を、国木田の体は悦んでいるようだぞ?
しゃぶらせていた指を遠ざける。物欲しそうに指に見入る国木田の耳に、そっと囁いてやる。
「国木田は俺のことが好きなんだよな。男の俺のことが」
「うん、うん。好きだよぉ……」
「じゃあ言えるよな。聞かせてくれよ国木田のいやらしい言葉」
少し気恥ずかしさが出てしまったか。今のセリフを録音して後で聞いたら、恥ずかしさで卒倒できるだろうな。
それでも功を奏したのか、国木田が震える唇を開いた。
「僕……僕は男なのに、キョンの……チン……ポを舐めるのが、好きですぅ……!」
国木田はおずおずと言われたとおりの言葉を口にした。しかも俺の限定というオマケつきだ。
可愛い奴じゃないか。よし、今日は俺もサービスしてやろう。

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 20:59:28.73 ID:u8M02XK70

だが、国木田に強要させておいてなんだが、今からすることをいざ口にするのは、やはり恥ずかしいな
結果、口から出たのは曖昧な言葉だった。
「国木田、今日は……その、お前がしてくれ」
「え、いいの?」
ああ、と応えながらそっぽを向いてしまった。我ながら情けないな。
だから気付かなかった。国木田が小悪魔のような笑みを浮かべたことを。
国木田が俺のベルトを緩め、ズボンとトランクスを脱がす。
「じゃあ、キョン、壁に両手をついて」
言われるままに壁に手をつき、尻を突き出す格好をとる。
「よーくほぐさないとね」
尻にヒヤリとした感触がした。国木田がアヌスにヨダレを垂らし、指で塗りこめ始めたのだ。
むず痒いが、決して不快ではない感覚と、これから起きる性交への期待で、
俺の愚息は大きく膨れ上がっていた。

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 21:10:27.81 ID:u8M02XK70

「いいこと思いついた」
国木田の言ったそれは、吉報という響きを微塵も含んでいなかった。
なんだ、国木田。俺をバキュームカーにする気でも起こしたか。
「キョン、少し右足上げて。あ、こっちは見ないでね」
……まあ、それぐらいお安い御用だが。
「次は左足ね」
へいへい、と。これでいいか?
「うん、オッケー。ありがとう」
どういたしまして。次は右手か? 左手か? なんなら両方上げちゃうぞ。
そんな軽口の最中に、俺の両足にやわらかい感触が走った。
その感触は足先から根元に上がり、俺の腰を覆って納まった。
慣れ親しんだような感覚。しかしどこかが違う。
まさか……

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 21:23:32.15 ID:u8M02XK70

……なんてこった。
覗き込んだ視線の先、俺の股間は、白い女性用下着で包まれていた。
見慣れたはずの俺の下半身が、ぴっちりとしたパンティを履かされ、
女性のそれに変わってしまった感覚に陥る。
その中で下着に似つかわしくない愚息だけが、さらに硬度を増していた。
「どう? 僕の脱ぎたてのパンティは」
その問いには俺の愚息が雄弁に答えていた。
とても恥ずかしい。だが不思議とそのミスマッチさに興奮していた。
「キョンって、もしかしたら素質があるのかもね」
そう言って、国木田は俺の愚息とアヌスを攻め立てる。
ぐぅ……っ なんでだ。さっきより気持ちいいっ。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 21:39:18.50 ID:u8M02XK70

「アハハ、キョンって本当に素質あるよ、これは」
……さっきからなんだよ、素質って。
「受けのだよ。いや、女装のかな。だって」
国木田は、器用に俺の愚息に下着を被せると、そのまま扱きはじめた。
ああっ! そ、それ、パンティの感触がいいっ! 気持ちいいっ!
「僕のパンティ履かされて扱かれて、こんなによがっちゃうんだもん
 今までずっと受けだったけど、今度からは僕がキョンを虐めてあげるよ」
そんな、俺が女みたいなお前にいいように攻められるなんて……!
「あ、いま想像してたでしょ。キョンのチンポがビクッてなったよ」
そんなバカな……でも、ブラジャーにワイシャツ姿の国木田に攻められてると、
悔しいが、確かに、興奮してしまう。
「お尻がモジモジしてるよ。じゃあそろそろ……」
国木田は俺に履かせた下着をずらすと、どこから出したのか、アヌスにローションを塗り込んだ。
お前、まさかずっと狙ってたのか……?

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 21:53:01.59 ID:u8M02XK70

「いくよ、力を抜いてね」
国木田が俺に囁く。そして俺が恐れ、同時に期待していた瞬間が来た。
「んっ……きつい。キョン、大丈夫?」
俺を気遣う優しい言葉は、そのときの俺には聞こえていなかった。
「あ……ぁ……ふとぃ」
痛みと、予想以上の圧迫感。まるで自分の中身を根こそぎ吹き飛ばされ、
そこに相手が押し入ってくる感覚。自分が自分でなくなるような……。
「ね、キョン大丈夫?」
「ああ、なんとか、な」
とは応えたものの、俺はほとんど上の空だった。
国木田が入ってきた分、自分が押し出され、俺は自分がなんなのか解らなくなる。
ショックだった。後悔した。とにかく、早く、この時間が過ぎればいいと願った。
痛みを忘れるため、俺はギュッと目を瞑った。
だが。
「はあ、キョン、気持ちいい」
背中の国木田の言葉で、俺の中の何かが変わった。

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 22:01:43.21 ID:u8M02XK70

「気持ちいいか? 国木田」
「うん、キョンの中、気持ちいいよぉ」
……俺はいま、国木田を受け入れてるんだな。
国木田に押し入られ、俺は自分を失ったと思っていた。
もしかしたら、これが処女の喪失感なのかもしれない。
でも、だからこそ俺はいま、全身で国木田を包み込んでいるんだ。
俺は……俺は、それが、嬉しかった。
「……国木田、もう動いていいぞ」
「い、いいよ、そんな無理しないで」
「いいんだ。大丈夫だから」
強く言うと。国木田は俺に気を使いつつ、ゆっくりと動き始めた。
「ぐっ……う」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 22:13:50.21 ID:u8M02XK70

「もっと激しく動いていいから」
俺の中で変わったもの。それは献身の情だった。
痛みが消えた訳じゃない。
でも、自分はいいから、国木田に気持ちよくなってもらいたい。
その感情が、俺に歓喜を呼び起こした。
「キョン、キョン!」
「国木田ぁ、あん! もっと!」
圧迫感と被征服感は、被虐の快感に変わっていた。
気持ちいい。国木田が俺の中に入ってメチャクチャにしてくれている。
俺は、いま、国木田のモノにされている!
「ぁん、もう、俺っ」
「キョンっ! 好き! 大好き! んくぅ!」
「うん、うん、国木田ぁ、好き、好きあああ!」
国木田の迸りを内に感じ、俺は追うようにして果てた。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 22:36:27.90 ID:u8M02XK70

数分後、俺たちは身を起こした。
「キョン、大丈夫? その……お尻は」
「大丈夫だ、と、思っていたが、終わってみると、とてつもなく、痛い」
ギクシャクと立ち上がる俺を見て、国木田は笑った。
「アハハ、そういうものだよ」
そうなのか? そうなると……なんだか今までのお前に申し訳なくなってきたぞ。
「いいよ、気にしないで。これからはキョンがずっと受けてくれるんだから」
……おい、待て。何故そうなる?
「さっき僕が言ったでしょ。それにキョンもまんざらじゃなかったし」
それは……確かにそうだが。でも毎回というわけには……。
答えあぐねていると、国木田はしめたという風に笑った。
「今度からは女装もしてよね。学校では下着だけでいいからさ」
ちょ、ちょっと待て! それは流石に勘弁してもらいたい。
俺にも男の沽券がと言いかけて、だが尻の痛みが言葉を飲み込ませた。
ぐ……なんて様だ。
「まあまあ、でも本当にさあ……」
不意に、国木田が人のよさそうな笑顔を引っ込めた。
「これからも、僕に虐められたいんだよね、キョンは」
口元に艶のある笑みを浮かべて、そう囁く。
ゾクリと、さっきの被虐感が背筋を走った。
返事は? と聞かれ、俺は思わず答えていた。
「……はい、よろこんで……」


おしまい

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 22:51:55.49 ID:u8M02XK70

最後に。出番が少なかったから。

「あなた達は少し静かにするべき」
うおっ! 長門、いたのか。
「いた。初めから終わりまで、ずっと」
なに? そーいうのは関心しないな。人の情事を盗み見るなんて。
「理由がある。あなた達の声を外部に漏らさぬよう、遮断していたのは私」
そ、そんなに声が大きかったか?
「肯定。もし私が遮断しなかったときを仮想すると、あなた達の声は職員室まで聞こえていた」
ぞっとしない仮想結果だな。
「だから今後も、私があなた達に付き添うのを推奨する」
……いや、そうはならないだろ。
「大丈夫。私は性別を自由に変えられる。あなたが望めば、攻めることも可能。
 むしろ、私という固体もそれを望んでいる」
あのー、長門さん? もしもし?
「臀部を出して。さあ、おとなしく……」
な、長門おうわああぁぁぁ……。

おしまい 読んでくれてありがとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希の本を床にドーンwwwwwwww」